徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

仮面魔女の解放戦記

2016年4月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは基本的には来月送り。

読んだ本の数:36冊 うち漫画:7冊


【筺底のエルピス】の蹂躙戦が凄まじすぎて、もう息も絶え絶えです。これほど読んでてギタギタのズタズタにされた覚えはなかなかないだけに。
【竜は神代の導標となるか】は戦記モノとして、今一番好きなシリーズで巻を重ねるごとに盛り上がっていたのですが、続きが出るか不明なんですよねえ。まさにこれからが本番なのになあ。
【ゴブリンスレイヤー】は噂通りの面白さでしたが、予想以上に優しさを感じさせてくれる内容だったなあ。
【その無限の先】はついにあのスーパー変態紳士サージェスが登場して、全部持ってってくれました。今となっては、変態紳士というとこの男しか思い浮かばないくらいのインパクトだからなあ。これに伍せるのって、もしかして「変態仮面」くらいしかいないんじゃないだろうか。


★★★★★(五ツ星) 2冊

筺底のエルピス 3.狩人のサーカス】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫
竜は神代の導標となるか 4】 エドワード・スミス/クレタ  電撃文庫


【筺底のエルピス 3.狩人のサーカス】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
心がへし折れる、心が潰される。心がぐちゃぐちゃにすり潰される、そんな思わず悲鳴をあげてしまった、泣き叫びそうになってしまった怒涛の展開。まいった、助けて、もう駄目だ!!
凄すぎる。だからこそ、面白すぎる。死にそうで、泣きそうだ。


【竜は神代の導標となるか 4】 エドワード・スミス/クレタ  電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
大人たちの奮闘を背に、若い世代がそれぞれに才能を開花させぶつかり合う、なんてダイナミックでドラマティックな群像劇か。戦記モノでこれだけワクワクさせてくれる逸品は本当に稀少なんですよね。めちゃくちゃおもしろいよ!!

★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 4】 SOW/ザザ HJ文庫
この素晴らしい世界に祝福を! スピンオフ この仮面の悪魔に相談を!】 暁なつめ/三嶋くろね 角川スニーカー文庫
仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》 2】 すえばしけん/マニャ子 GA文庫

【戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 4】 SOW/ザザ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
これはもう、見事に作者の手のひらの上で転がされた、という痛快感と、それにもます喪失感に打ちのめされた。ダメージ大。


【この素晴らしい世界に祝福を! スピンオフ この仮面の悪魔に相談を!】 暁なつめ/三嶋くろね 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
意外におモテになるバニルさん。主人公が居なくても、ギャグの切れ味はキレキレだ。いや最近まじで往時の面白さが戻ってきてるよ。


【仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》 2】 すえばしけん/マニャ子 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
普通の人間としての在りようの中に、厳然と併存している魔術師としての異常さ。魔術師としての資質が、魔術の才能とかではなく、まさに狂気という他無い価値観にあることを背筋を寒くさせられながら思い知らされる話でした。恐るべきは、これ敵側の話じゃなくて、ほとんど味方の、それも主人公やメインヒロインの話なんだよなあ。


★★★★(四ツ星) 8冊

電波な女神のいる日常 3】 望月唯一/しもふりおにく 講談社ラノベ文庫
超飽和セカンドブレイヴズ ―勇者失格の少年―】 物草純平/こちも 電撃文庫
ゴブリンスレイヤー】 蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫
魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)14】 川口士/よし☆ヲ MF文庫J
その無限の先へ 3】 二ツ樹五輪/赤井てら MFブックス
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 10】 海空りく/をん GA文庫
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 15】 あわむら赤光/refeia GA文庫
異世界拷問姫】 綾里けいし/鵜飼沙樹 MF文庫J


【電波な女神のいる日常 3】 望月唯一/しもふりおにく 講談社ラノベ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【超飽和セカンドブレイヴズ ―勇者失格の少年―】 物草純平/こちも 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【ゴブリンスレイヤー】 蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)14】 川口士/よし☆ヲ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【その無限の先へ 3】 二ツ樹五輪/赤井てら MFブックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 10】 海空りく/をん GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 15】 あわむら赤光/refeia GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【異世界拷問姫】 綾里けいし/鵜飼沙樹 MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


今月のピックアップ・キャラクター

エンブリオ (筺底のエルピス)
カティア (仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》)
マシアス・ハロン (竜は神代の導標となるか)
スコット・クロンダイト (竜は神代の導標となるか)
メリダ (竜は神代の導標となるか)
ヒルダ (戦うパン屋と機械じかけの看板娘)
スヴェン (戦うパン屋と機械じかけの看板娘)
バニル (この素晴らしい世界に祝福を!)
ダスト (この素晴らしい世界に祝福を!)
ウィズ (この素晴らしい世界に祝福を!)
星庭天音 (電波な女神のいる日常)
エステル (超飽和セカンドブレイヴズ)
サージェス  (その無限の先)
黒鉄一輝 (落第騎士の英雄譚)
石動迅 (聖剣使いの禁呪詠唱)
エリザベート・レ・ファニュ (異世界拷問姫)
コンスタンス (折れた聖剣と帝冠の剣姫)
エリザベート・レ・ファニュ (異世界拷問姫)
エリザベート・レ・ファニュ (異世界拷問姫)



以下に、読書メーター読録と一言感想。
続きを読む

仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》 2 ★★★★  

仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》2 (GA文庫)

【仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》 2】 すえばしけん/マニャ子 GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

秋輔の元師匠が帝国の将に!?

俺たちには、できるだけ多くの味方が必要だ。協力者を集めよう」
エティル王族が率いる抵抗勢力の噂を聞いた秋輔とカティアは、真偽を確かめ、共闘するためにサナレ村を離れる。だがその時、解放軍殲滅のため帝国は大軍で再侵攻してくる。しかも敵将は秋輔の師、樹神亜梨朱だった。
「この状況なら秋輔と全力で殺し合うことができる。なんて素敵な再会」

秋輔は、抵抗勢力を巻き込んだ奇策をもって帝国軍に立ち向かう!!
「ここで私が負けると、師匠に失格の烙印が押されるのですね?」
そしてカティアは、己の誓約のため、秋輔と仲間を護るため、無謀にも亜梨朱との一騎撃ちに臨むが……。
弱小解放軍の進撃譚、第二弾!!
ああ、そうか。秋輔が特別にイカレているわけでもオカシイわけでもないのか。魔術師という存在そのものが、そもそもこういう異常な在り方をしてるモノなのか。
いや、魔術を使えるだけならそれは魔術師ではないんですね。常識や倫理や善悪などを一顧だにせず、どれだけ自分の誓約に殉じることが出来るか。そもそも、自分の誓約とそれ以外のものを比べてどちらを選ぶとか、そういう発想すら生まれないのか。優先順位とか比較対象とか同列じゃないんですよね、完全に断絶している。誓約こそが、存在理由と言ってすらいいのかもしれない。
これはぶっ飛んでるわ。常人には決して理解が及ばない領域だ。どれだけ邪悪でも、どれだけ俗物でも、どれだけの怪物でも、それは条理の中での立ち位置の問題であって、魔術師のそれはそれと完全に隔絶している。
だから、雪火にも魔物とも怪物とも言える人間からハズレた存在であるマリカですらも、それは踏み込むすべがない領域なのだ。雪火の魔術師への解釈はやや偏見に歪んでいたとはいえ、その異常性については彼女の言うとおりだったのだろう。
亜梨朱が言うところの、あちら側とこちら側という比べ方こそが一番ふさわしいのかもしれない。魔術師という側に来れてしまう人間は、本当の意味で壊れてしまっているのだ。頭が狂っているのだ。人間をやめているのだ。
そう、秋輔だけじゃないんですよね。それは、彼の師匠である亜梨朱もそうであるし……そう、秋輔の弟子となったカティアもまた、魔術師としての資質を持つ人間だったわけだ。
カティアが、カティアのまま、あの純粋でひたむきでやや内気で優しいあの少女のまま、何も変わらないまま……まさに魔術師としか言いようのない常軌を逸した価値観に基づく発言をしだした時のあの背筋がゾクゾクするような感覚。彼女本人は当たり前のことを言っているつもりなのに、マリカたちが唖然と絶句する他なかった、あの断絶。ああ、この娘、外れたんだと如実にわかるシーン。
そうなんだよなあ、魔術師って意図してなるわけじゃないんだ。マリカがあれだけ望んでそちら側になれなかったように。むしろ、その当人の中に誓約となる願いが、狂気が生じたからこそ魔術師になってしまった、というべきなのかもしれない。そう、なろうとして狂人になれるもんじゃあないんだ。
このゾワゾワっとなる感覚を味わえる作品って、滅多ないんですよねえ。
そして恐るべきは、この価値観の断絶が人間関係の断絶に何ら至らない、というところなのでしょうか。誓約にまつわる魔術師としての考え方以外は、基本的な価値観や喜怒哀楽の感情なんかは何も普通の人と変わらないんですよね。ただ、生き方の指針が根本的に違うだけで。だから、カティアとマリカたちの間に芽生えた友情は何も変わらず深まっているし、新たに登場したカティアの従姉妹にあたるエルシーリアとの王族としての義務にまつわるすれ違いと身内同士ゆえの親愛と信頼関係なんかも、極々まともに進行するんですよね。
亜梨朱と秋輔の姉と弟ともつかない師弟関係も、二人の間に起こった出来事が変にもつれた結果としてより面倒くさいカタチで亜梨朱が誓約の順守の仕方を拗らせている、という側面があって、原因なんか見ても基本的に当たり前の価値観に基づいているわけなのですが……、根本的なところで魔術師の狂気が作用していて、不気味で理解不能なベクトルに言動がズレたり、すっ飛んだりするんです。その正気と狂気の並存がまたゾクゾクさせる面白さに連結されてるんですよね。
エルシーリアの無力感に苛まれながらの苦悩や、マリカがもどかしさに歯噛みしながら、自身の内にある自分の本当の気持ちを手繰りよせていく葛藤など、いわゆるマトモな側のキャラクターたちの真っ当な内面の掘り下げも丁寧にやっているだけに、余計に魔術師たちの側のアレな部分が引き立つのかもしれない。
うん、面白かったー。

1巻感想

仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》4   

仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》 (GA文庫)

【仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》】 すえばしけん/マニャ子 GA文庫

Amazon

「力を貸してください、秋輔様!」
異世界から飛ばされてきた魔術師の少年、阿由葉秋輔は、帝国に追われるエテイル王国の姫カティアと出会う。
カティアに請われた秋輔は、魔術で村に駐屯する軍勢を退けるが、帝国の再侵攻と村の包囲という最悪の状況を招いてしまう。絶望するカティア。だが、秋輔はそんな彼女に真逆の提案をする!
「『村一つ護れればいい』では、村一つも護れないんだよ。帝国そのものを消滅させなきゃね」
秋輔はカティアに常識を覆す意外な策を授け、共に戦うことを約束する。
「秋輔様が支えてくれるなら……、本物の護り手になれるかもしれない」
異世界から来た最恐魔術師と弱小解放軍の進撃譚、ここに開幕!!

現代から異世界への転移となると、そもそも持っていけるものは知識くらいのものでこれを実際に役立たせようとすると、相当の年月と基盤が必要になってくる。武器や道具の類は補給が続かなければすぐに消耗してしまいますから、継続的に使用できるものというのは必然的に限定されてしまう。異世界転移もので、現地に到着してからそこでチート能力を獲得する、というパターンはこうして考えてみると理に適っているのかもしれません。
ところが、昨今チラホラと見受けられるようになったパターンの一つがあって、これが現代からの持ち込みで徒手空拳にも関わらず、即座かつ継続的に身を守る武器にもなり、立場を得るための手段ともなり得るのが、異世界における魔術魔法の類とは術式大系を異にする、或いは世代が数百から千年単位で先進している最新魔術・異能を習得している魔術師・異能力者が異世界に転移してしまう、というケースである。
いわゆる、現代舐めるなファンタジーではなく、現代異能舐めるなファンタジー、とでも言うべきか。
転移する異世界が、おおよそ中近世時代が多いこともあってか、科学知識や社会の成熟度の差を以って現代人としてのアドバンテージを得ているのを踏まえるのなら、魔術魔法の類だって数百から千年の研鑽の差があるのなら、或いは現代科学とのコラボレーションなどから、それこそ魔術理論なども格段の差が出来ているのもありだろう、という考え方からくる設定様式だけれど、それこそ「魔術は古い方が強くて深く鮮明である」という世界観でもなければ、決して突飛な考え方ではないだろう。
でも、そういう魔術の捉え方は、魔術というものを単なる技術の一つとして捉えているだけとも言えるし、魔術師は技術者に過ぎない、と考えているとも言える。
では本作はどうなのか、というと……むふふふ。
いや、うん、面白いね。最初は、魔術師という存在を憎み、呪っている人たちが語る非人間的な魔術師という存在の在り方と、主人公の魔術師である秋輔が語り、その言動で指し示す魔術師の姿とは全然違っていて、彼ら魔術師を憎むものたちが考えている魔術師像は、彼らが目の当たりにした一部の極端、或いは過激な人倫から外れた魔術師像を、すべての魔術師がそうだと誤解し思い込んでいるものなのだ、と思ったんですよね。思うよね、ここらへん。

ところがですよ、途中から段々と「あれ?」となってくるんですね。
秋輔くんは、すえばしさんの作品の主人公としては珍しいくらい素朴で善良。しかし、意思は強く、柔らかい性質とは裏腹にさすがは巨大な組織の長へと担ぎ出されただけあって、度胸も肝も据わっていて頼もしい、いわゆる真っ当な方向に芯が通った主人公、に見えたんですね。
おそらく、彼に助けられ彼を師事するようになったカティア、そしてはからずも異世界で同行することになってしまった魔術師殺しのテロリストである少女も魔術師への不信感から警戒は解いていないものの、さてどこまで違和感に気づいているか。いずれにしても、彼の、秋輔という魔術師の性質を見た目通りにしかまだ認識していないっぽい。
だけれど、なんかね、変なんですよね。見ていると、段々肌が粟立ってくるわけです。言っていることも、やっていることも一貫していて何も変わってないんですよ? 一切、ブレてないし、最初に宣言したとおりに彼はとてもやさしい笑顔を、きっと内面も優しい気持ちで満たしながら、カティアの背中を支え、見守っているのですけれど、それを見ている読者のこっちからすると、当初と最後では場に流れている空気感が、その冷たさが全然違うわけですよ。
いつからだろう、こんなに「ゾッ」と寒気を感じていたのは。
そして、最初に魔術師喰らいの雪火が語っていた、いささか憎しみ余って思い込みが強すぎて、秋輔のような魔術師を見ていると、滑稽にしか聞こえなかった非人間的な魔術師像が、段々と色彩を帯び、肖像を結んでそこにいる温厚そうな少年の姿に重なっていったのは、いつからだろう。
いや、雪火の語るような邪悪で利己的で欲深なわかりやすい悪いやつ、というのが魔術師というものの在りようだというのなら、むしろ安心できただろう。
彼女らは、自分たちが憎み恨み許すまじと怒り狂っている対象が、どんなものなのかを本当にわかっているのだろうか。それとも、あまりにも彼が異端すぎるのか。少なくとも、彼の周囲にいた彼の仲間たちは、話を聞く限りでは「同類」の匂いがプンプンするのだけれど。

ともあれ、秋輔にとって魔術師として誓ったものは、その存在意義そのものである。それはきっと、自己満足ではあっても善意に近しいものなのだろう。だが、それは果たして善悪の括りの中に則っているものなのか? 人倫というものを介しているのか?
彼をして魔術師の代表と見るのは、やはり間違っているのかもしれない。その真の在り方を見て脳裏に思い浮かんだのは、魔術師などではなかった。

それは正しく<悪魔>の在りようというものだよ、秋輔くん。

幸いなるは、その悪魔と契約を結んでしまったのが、哀れな贄などではなく、強き意思と信念を持ち、自ら考える力を持つ「王」であったことか。
すえばし作品の特徴の一つとして、主人公こそがラスボスであり、生徒たる少女は教師であるその主人公を上回り乗り越えて、逆にその人が抱え持つ破綻や虚無から救い出す、というのがあるんですよね。その意味においても、カティアはライトスタッフの持ち主であろう片鱗を随所に見せている。いつ、秋輔がラスボス化するかはまだ予断を許さないけれど、それがそう遠くない未来だとしても十分間に合いそうな成長の気配を見せているのが頼もしい。

いずれにしても、本作はすえばしさんの物語りの髄の部分をしゃぶりつくせそうな匂いがプンプンしている作品なので、期待大でありますよ。

すえばしけん作品感想
 
1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索