【伝説のおねえさんたちが、勇者のいうことを聞いてくれないのですが】 嬉野 秋彦/ てつぶた  ファミ通文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

伝説の武具だと授かったのは――美女×2!?

「わらわのために戦ってくれるか、勇者ハルドール?」
各異世界に召喚され続け、最強となった勇者ハルの新たな召喚先は、魔王たちが大暴れする世界だった。召喚主は自分の平和な治世を守りたい“万能の魔王”じゃじゃさま。彼女はこの争いを勝ち抜くための望みをかけて宿敵である異世界勇者を呼び出したという。さらに伝説の武具を授けてくれるはずが……現れたのはとがり耳の美女二人!? 「勝負してもらおうか」と挑戦的な眼差しのクロ。「そういう怖いのやなの」とゆるふわに懇願するシロ。対極な二人を従えて、ハルは魔王乱世を勝ち抜けるのか!?

いうことを聞いてくれなくても全然気にしない勇者ハルドール。
てっきり、主人公の勇者がお姉さんたちに振り回されながら弄ばれてしまう系のお話かと思ったら、むしろお姉さんたちが良いように振り回されて、誘導されて、弄ばれてしまう系のお話でした。いや、弄ばれるというのは言い過ぎか。手のひらの上で転がすくらい。
よく考えたら、作者の嬉野さんはヒロインがどんなワガママを言おうがバッサリと切り捨てて好き勝手させない主人公を長年描き続けた人である。振り回される優柔不断系主人公はまずないよなあ。
そもそも、この世界では召喚されて肉体年齢若返って子供になってしまったハルドールですけれど、実際はダンディを売り物にしている渋みのありそうな壮年の男性だそうなので、そう思えば常に余裕を崩さない態度はベテラン感が出ていて、貫禄があるんですよね。いや、実年齢アラサーだそうなので、28,9でこれだけ落ち着きが在るというのも凄いんですが。それだけ重ねてきた経験が違うのでしょう。
貫禄と言えば、ハルドールを召喚した万能の魔王ジャマリエールことじゃじゃ様も、見た目完全にロリっ子なのですが、為政者としての貫禄と魔王としての威風にちょっとした茶目っ気も持ち合わせた、中身大人の女性なんですよねえ。
いっぽうでおねえさんなシロとクロ。マシュローヌとグローシェンカの二人はというと、見た目とは裏腹に言動は若くて尖っている。いや、二十前後の年齢からするとこの落ち着きの無さも短絡さもむしろ年相応なのかもしれないけれど、お姉さんキャラでは全然ないんですよね。
ハルに手のひらの上で転がされ、じゃじゃ様に言い負かされ、それでも記憶から消えてしまったご主人を求めて言うことを聞くまいとして自分勝手に振る舞おうとする様は、親に置いていかれた幼い子供めいたところも感じさせる。
なので、見た目とは逆転しておねえさんたちふたりが、幼い魔王と子供な勇者に反抗しながらも良いように使われてしまう、という話だったりするんですねえ。
と言っても、そこまでおねえさんなクロとシロが利用されまくる、という感じでもないのですけれど。一応最強の武具扱いなお姉さんズですけれど、与えた魔王からしても拾い物でしたし、もらったハルドールもほぼほぼ素手でも無敵に近い強さなので、そこまでシロクロにはこだわっていなくて、逆らっても言うことを聞かなくても、そこまで気にしていなくてわりと放置気味ですらあるほどで。
ハルなんか、本来のご主人さまを見つけたら解放するよ、とまで明言しているくらいだし。それでも突っかかってくるクロをついつい誘導して働かせてみせたり、グズってやたらと性格悪い発言ばかりするシロをイジるのを自然にやってのけるあたり、この勇者随分と女慣れしていると言えるのだろう。
いや、やってる事は女性への接し方というより、従順ならざるペットに構って遊ぶ感じなのだけど。報酬は美女のキッスとかほざいているわりに、女性相手にエロい視線とかあんまり向けないからなあ。クロやシロに対しても、あれだけ熟れた身体している相手に対して、やんちゃな子供の相手しているような素振りだけで、セクハラめいたことは一切しないし。性欲がないというんじゃなくて、ほんとに相手にしていないような。
こんな勇者とあらゆる意味で対等に渡り合っているじゃじゃ様。思考の深さや高さも釣り合っているし、乱世の到来で一気に動乱の世となっている世界で目指すべき方向性も一致しているし、パートナーとしてはまさにぴったりは二人なんではないだろうか。

そんな中で、ちゃんと見た目通りなケモミミメイドのケチャが、完全にマスコットで癒やし。いやこの娘、王宮の侍女としては自由すぎて放し飼いのワンコな何かなんじゃ、と思うくらいのお子様なんだけど、これが喋り方といい妙に偉そうな所といい、実に可愛いのな。なんか、ヒロインみんなペット系に思えてきた。
いや、脳筋で短気なクロと違って、あの性格ひん曲がっているシロはどう捉えても可愛くないんですけどね。あんな卑しい性格をヒロインに持ってくるの結構凄いなあ、とすら思うほど。でも作者からすると、むしろクロみたいなのよりこっちの方が扱い得意だったりするかもしれないので、シロのキャラにどうスポット当たっていくかはちょっと楽しみですらありますねえ。

嬉野秋彦作品感想