偽物語

偽物語 第4話 「かれんビー 其ノ肆」  


えーーっと、委員長スタイルから脱却してショートカットになり眼鏡も外し、失恋の痛手からも一先ずは立ち直って完璧度をいや増した羽川さんを差し置いて、今回は殆ど忍が一人で持って行ってしまったぞ。
その前に、あの風呂はない。あの風呂はない。イメージボロボロだよ!! 普通の家風呂のあの狭い空間で忍とイチャイチャするのが醍醐味だったのに、なんだよあの訳のわからない宮殿風の風呂は。全然醍醐味もあったもんじゃねえ!! アットホームな空間でベタベタと全裸でスキンシップしてるからこそ、月火ちゃん襲来の恐ろしさもまたインパクト増大するのに。あんな非日常空間で忍とイチャイチャやられてもなあ、やられてもなあ。
忍単体については、期待以上。化物語以来初めておしゃべりしてくれる忍の御姿、坂本真綾さんのお声は殆ど高得点だっただけに、あの余計で邪魔で鬱陶しい演出の水のさされ具合にはそろそろ幻滅を通り越しそうな勢いである。勘弁してくれ。
……Kanonとかみたい、別の制作会社でも作ったらいいのに。普通の演出で別アニメみたいになると思うから、住み分けにもなるだろうし。権利関係とかで無理だろうけどさ。

あれ? 忍が喋って嬉しいな、というような話をするつもりだったのに、なんかガッカリした話になってたぞ?

偽物語 第三話 かれんビー 其ノ參 ★★★★  


ガハラさんが羽川に叱られるシーンは、もっとガハラさんがあんたそんなキャラじゃないだろう、というくらいヘタレるのかと思ってたが、そんなにでもなかった。
確か原作ではこのシーンが最初でしたっけか。ガハラさんと羽川の上下関係がくっきりと表面化してしまうのは。ここのシーンを見るまでは、むしろ羽川の方がガハラさんに苦手意識を持ってるんだろうな、と思ってたんですよね。なにしろ、自分には出来なかった、阿良々木くんに告白して彼女になってしまう、というアグレッシブ極まる偉業を成し遂げて、自分から阿良々木くんをかっさらっていった相手なわけですから。
まさか、羽川の方がガハラさんの首根っこ抑えてしまっていたとは思うめえ。この時点ではまだまだ羽川というキャラクターを見くびってたんだろうなあ。

というわけで、真打ち「貝木泥舟」の登場である。貝木との遭遇編はあれ、阿良々木くんの心象風景なのか、と思いたくなるくらいに背景が赤黒くなって不吉に。あれは貝木が不吉というよりも、周囲が不吉だろうに。神原の家の外って大丈夫か? 死体とか転がってないか?

とりあえず、ハーレム巡りは神原の家で終わって、帰り道にガハラさんと遭遇することで締め。まあ、自分の彼氏が勉強サボって女の子めぐりしてた、と知ったらぶん殴っても訴えられないよねw
もうこの時点で監禁しても、別に何も不思議ではなかったりする。

ここで貝木と遭遇した話題が出たことで、ガハラさん阿良々木くんを拉致して保護してしまうことに、というところで第一話の冒頭に。ここまで回想シーンだったんだよな、そういえば。
やっぱり阿良々木くんと駄弁っていて一番テンポが気持ちいいのはガハラさんだなあ。他の子たちも悪くはないのだけれど、好みとして一番好きみたいだ。
「やばっ、超かっこいい」
デレたガハラさんが艶っぽくて実に綺麗です。

「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2012-04-25
売り上げランキング : 2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



偽物語 第二話 「かれんビー 其ノ貳」 ★★★☆  


神原はエロいなあ。

という訳で、引き続き阿良々木くんの阿良々木ハーレム巡回編である。
化物語で完成させた阿良々木くんのハーレムを一人ひとり探訪して回るのがこの「かれんビー」の趣旨であることを再確認。いったいなにをやってるんだか、この男は。彼女そっちのけで女の子めぐりしているのだから、そりゃあカノジョさんことガハラさんに拉致監禁されるのも仕方ないと思えてくる。何も知らずこの一連の御渡りを見てたら、ガハラさんが気の多い阿良々木くんに業を煮やしてついに監禁して閉じ込めて独り占めを始めてしまった、と思い込んでしまっても仕方のない流れである。

さて、第二話となる今回のお話で阿良々木くんといちゃつくのは撫子と神原の二人である。原作読んでいた時には、撫子が只者ではないくちわなのような少女であることが露呈した回でもある。ここ読むまで、撫子は珍しく特徴のない無害な小娘だと思ってたんだよなあ。まさかラスボスだったとは。
ちゃんと部屋に入った時に、クローゼットは開けないで、と告げてますね。これ要注目です。伏線です。もっとも、アニメでその伏線が回収されるのはいつのことになるのやら。

掛け合い的に面白かったのは、やっぱり神原とのそれである。髪が伸びた神原は普通に可愛くて困る。へこんでいる神原も可愛くて困る。しかし阿良々木さん、裸のまんまの神原になにやってんだと怒りながら、自分部屋から出ていくでもなく、ガン見じゃないですか、ガン見。
しかしアニメの神原は言動よりも見た目の方がエロくて困る。チューブトップにハーフパンツとか、とてもじゃないが彼氏でもない男を部屋に招いた時の服じゃなかろうに。それ以前が全裸だったから、しばらく気にもならなかったが。気になりだしたら途端に上にバスケのユニフォームですよ。昔のやつのくせに、妙に丈が長くないか!? 裸Y状態なんだが!!

肝心要のかれんさんは、実はこのかれんビーではあんまり目立たないのだ! 初登場を逆立ちで登場したからと言ってそれだけで目立てるほどこのシリーズは甘くないのである。
もっとも、後半において「蹂躙」というほど大暴れしてくれるんですけどね、この娘。

さても楽しみは忍の登場である。それを楽しみに次回まで待つべし。

「偽物語」かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
「偽物語」かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2012-04-25
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「偽物語」 かれんビー上巻 予約開始  

まだ第一話しか放映されてないのですが、化物語シリーズは原作者脚本のキャラコメが面白すぎるのでチェック対象。最近増えてきているキャラコメですけれど、これについては今のところ化物語シリーズと境界線上のホライゾンが二強である。まあそれだけ原作者がオカシくないとキャラコメもハッチャケないもんなあ。


「偽物語」かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
「偽物語」かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2012-04-25
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



その【境界線上のホライゾン】の方だけれど、二巻の各種設定資料の試し読みが公式サイトの方で開始されております。
もう、川上節が全開だよ!! さらっと山椿さんの設定とかまで載ってるんですが。予想通り、内容の濃さが半端なさそうです。特典、小説じゃないのかよ、などと残念がる必要が全く無いことに一安心二安心。うへへへ、楽しみすぎる。
加えて、三巻特典の小説の表紙を飾るミト子のカラー版も初公開。おおっ、ロリネイト!!

境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 2 (初回限定版) [Blu-ray]
境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 2 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2012-01-27
売り上げランキング : 16


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



放映終了からしばらく経ったものの、まだアニメの興奮の熱が収まらないので、MADとか探してるのですが、やっぱりあんまりないですねえ。素材はたくさんあると思うのですが。






続きを読む

偽物語 第壹話 かれんビー 其ノ壹  ★★★★  

初っ端冒頭から、戦場ヶ原さん絶好調である。いろいろな意味でテンションが上がりすぎて、なんだか楽しくなってしまっているようにしか見えないガハラさんである。あれで本当は必死で切羽詰まっててもう一杯一杯なはずなんだが、どう見てもノリノリで阿良々木くんをいびって喜んでいるようにしか見えないのが何ともはや。さすがである。

OPは……いいか、これ? 正直、つまらない。言い切ろう。このOPはつまらない。

さて、時間を巻き戻して阿良々木くんがガハラさんに監禁される前の行動にスポットがあたるのだが、一応タイトルが「かれんビー」にも関わらず、肝心の大きい方の妹ことカレンちゃんが一瞬足りとも登場しないのは原作からの仕様である。元々、メインになるほど出番が少なかったりする物語なのだ。変なの。
代わりに先着登場は小さい方の妹こと月火ちゃん。相変わらず着物の着こなしが中学生のくせにエロすぎる小娘である。ってか、ミニスカな着物なんてのはコスプレにしか実在しないやい。
で、この兄ちゃんは中学生の女の子の家に高校生の男が一人で遊びに行くことの審議状況についてはたして認識しているのだろうか。アウトである。審議の必要もないほどアウトである。あり得ない!!
まあ、その中学生の家に遊びに行く道程にて、通りかかった小学生を犯罪的な意味で襲うような変態である。わかっているはずがない。いや、変態だったらわかっていて然るべきか。変質者め!
……原作だと真宵に対して、わりとガチで変質者的に襲いかかっているので、まだマイルドな表現に終始していたというべきなのかもしれないが。あれで。

会話のテンポについては、前シリーズで慣れたかして良い感じで流れてましたね。案外と恐れずにパロネタまで突っ込んできたし。アニメ化云々についてまで突っ込むとは思ってなかったが、そこはそれ、そのままやるんじゃなくて知性を働かせてレスポンスを返してあげなきゃあ、と思ってしまった。芸がない。
ただ、相変わらずシャフト仕様の背景や演出にはうんざり。どうも自己主張が強すぎるんですよね。お陰でせっかくの掛け合いに集中できない。鬱陶しい。邪魔。
一度、別の制作会社が作った同じシリーズ見てみたい、と思ってしまう。きっと全然印象違うんだぜ。

なにはともあれ、早く忍に出てきて欲しいところである。

化物語(上下)・傷物語・偽物語(上下)・猫物語(白・黒)花物語・傾物語セット
化物語(上下)・傷物語・偽物語(上下)・猫物語(白・黒)花物語・傾物語セット西尾 維新

講談社 2011-05-01
売り上げランキング : 126606


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

偽物語(下)5   

偽物語(下) (講談社BOX)

【偽物語(下)】 西尾維新/VOFAN  講談社BOX

Amazon


やっべえ、これはやっべえよ。火憐ちゃんがマジ可愛いんですがッ!
上巻で、阿良々木ハーレムの面々を津々浦々と梯子して遊んでいた弊害か、肝心のメインヒロインであった火憐との掛け合いがめっきりと少なくなってしまい、初登場にも関わらずなんか印象薄かった背の高い方の妹様だったのですが、この下巻ではその分を取り戻すようにどっぷりしっとりと、火憐ちゃんとの掛け合いを堪能させていただきました、ええさせていただきましたとも。
誰だよ、上巻で妹には厳格に接するのだ、とか偉そうにのたまってた兄者は。阿良々木、てめえほんと口だけじゃねえか。何が厳しく接スルダ。何が妹たちとはあんまり仲が良くないだ。
…いかん、今回のこいつの乱行を黙々と追っかけてると、あの天上の変態こと、神原さんが至極まともで常識的な人に思えてきた。あいつ、変態だけど、ちゃんと我慢するもんな。阿良々木くん、一切我慢しないもんな。口では自分が一番常識的みたいなこと言っといてからに、一番無茶苦茶してやがるじゃないか、この野郎。
わりと理性が飛ぶの早いし。
今回、中学生の姉妹と小学生にしでかしたセクハラの数々を箇条書きにしてしまうと、論理的にこいつが性犯罪者だというのが立証されてしまうので、やめておこうと思ってしまうくらいに、ヤバいよ、阿良々木くん(笑

妹のおっぱい、ぷよぷよ七連鎖とか、もう自重してくださいw 如月千早の中の人のぷよぷよソングが頭の中を重奏してしまったじゃないか。
しかし、火憐ちゃんがこれほどのエロ要員としての類い稀なる素質を有していたとは、まったく自分の目がどれほど節穴だったかを思い知らされる勢いだゼ。
歯磨きシーンなんか、月火が現われなかったら、あれマジでどうなってたんだ?

「いいよ、兄ちゃん」


だからなにがイイんだよ!! 他に解釈のしようがない完璧なもうマルっとオッケーサインじゃないっすか。スイッチ完全に入っちゃってたじゃないっすか。そして、二回戦をおねだりする火憐ちゃんが可愛すぎたんですが、おかげさまでドウシテクレルッ!
ちなみに、【こころナビ】の昔より、私にとって「兄ちゃん」の認証こそ、至上にして至高の認証であることをここに表明しておこう。
何気に最後、兄ちゃんに言われたことを頑なに守ってた火憐ちゃんに、一番キュンと来た。ちくしょう、純粋一途でまじ可愛いじゃないか。
最初、妹をちゃん付とか変なのーとか思っててごめんなさい。火憐ちゃんは火憐ちゃんが一番だよ、ほんとに。

と、火憐ちゃんがピックアップされるのとは対照的に、本来のメインヒロインであるところの月火が、今回は逆にまったく目立っていないという羽目に(苦笑
ある意味、今回の一件で彼女がメインとなる事件でありながら、彼女がほぼ蚊帳の外に置かれてしまったというのは、まったく兄貴である所の阿良々木くんが、ほぼ完璧にお兄ちゃんとして妹を守り切ったという証左とも言えるので、これはこれで阿良々木くんを褒めるべきなんだろうけど。
うん、今回の阿良々木くんの見事なお兄ちゃんぶりには、感動すら覚えた。これぞお兄ちゃん。変態だろうと人間失格だろうと、妹にどれだけセクハラしようとも、これだけかっこいいお兄ちゃんぶりを見せてくれたら、文句言えねえなあ。
ファーストキスを奪われて、おっぱい揉まれて踏まれて、裸にされて着せ替えさせられても、文句言えねえなあ……いやいや。

「もうお兄ちゃん、妹のおっぱい触りすぎ!」


これはもう、何十年単位で後世に語り継がれる名言だよね。百年後、きっと教科書とかに乗るんだぜ。大学の国語の試験とかに遣われるんだぜ。

しかし、欠かさず八九寺イジリをして、シスターズにセクハラしてと、今回は他のヒロインズはほとんど登場しなかっただけに、一貫してロリコンだったね、阿良々木くん。
キャラが更生してしまったガハラさんが、具体的にどんなあり様になってしまっているのか(デレドロ?)、具体的に見てみたかったところだけど、その辺は次回作以降で目の当たりにできるのかしら。
アニメ化に関しての八九寺との掛け合いがメタすぎて、吹くとか吹かなかったとか。

さり気に嬉しかったのは、忍との相棒関係がこれでもかと強調されてたところですなあ。不思議で強固な信頼によって結ばれた、生涯のパートナー。以前語っていた償い合うような関係じゃなくて、お互いをとても大切に思っているような描写が端々に刻み込まれてて、うん、良かったなあと、嬉しく思ったわけですよ。彼女が相変わらずブッチギリで最強であるのをきっちり証明してくれたのも良かった。やっぱり、この子は無敵で痛快無比でないと。


ちなみに、プリキュアは初代が至上というのには同意せざるを得ないが、実のところ今放映してるフレッシュプリキュア!も、かなり面白いという点は強く主張したい。イース様万歳!!

偽物語(上)5   

偽物語(上) (講談社BOX)

【偽物語(上)】 西尾維新/VOFAN 講談社BOX


一応、アララギ君の双子の妹たちが話のタネの物語のはずなんですけど、完全にあららぎハーレムですね♪
これを読むと、まだ前前作の化物語はまだ一応物語の体裁を保っていたんだと分かる。さすがは趣味200パーセント。もはや完膚なきまでに掛けあい漫才本。アララギ君が、これまで登場したヒロインたちを梯子して掛けあい漫才倒していくそのさまは、戦慄すら覚える倒錯振り。
とりあえず、女子中学生の家にフラフラと一人で遊びに行くな高校三年生ww

これの感想書くとなると、どうしてもキャラクターの感想になっちゃうんですよね。究極のキャラ小説だけある。
さて、メインヒロイン戦場ヶ原ひたぎのあの輝きっぷりは、なんなんでしょうね、あれ? アララギ君を監禁して虐げまくっている時の、あの楽しそうなこと楽しそうなこと。まるで欲しくてたまらなかったプレゼントを貰えてはしゃぎまくってる子供みたいで、なぜだか無性に微笑ましい気分に陥ってしまい、思わずニコニコと優しい笑顔で見守ってしまいましたよ。
やってることと言えば、監禁で虐待なのにな!(笑

しかし、こうやってヒロイン衆がまとめて登場すると顕著に、如実に浮き彫りになってしまうのだけれど。ひたぎってブッチギリでアブナいなあ(笑
ヒロインみんなぶっ飛んでいるけど、ひたぎはコミュニケーション自体が綱渡りと言うか、熱した火箸でチャンバラ三昧みたいな?
あれはあららぎ君でないと付き合えんわー。

そして、そのちゅららぎ君が一番輝いているのは、小学生にセクハラしているとき、というのは、こいつなんとかしないと。
あららぎ君が恋愛感情的に一番好きなのはひたぎというのは十分納得いくんですけど、単純に<好き>という括りで判別するなら、この野郎が一番好きで好きで、ちょっと正気を失うくらいに好きでたまらないのって、89寺ですよね? ワンコやぬこに対する接し方としてならともかく、それは人間相手にやると、というか小学生の女の子にやると本格的に変質者です。アホかー!
そのうち、家に連れ帰って飼いたいとか言いだしそうで、続編が怖い。
この監禁カップルめ。

何気に、今回一番地味にうれしくなってしまったのが、忍との和解だろうか。これがために傷物語があったのかと思ってしまうくらいに。正直、まともに喋ることができないくらいに人格が劣化してしまったのかと思っていたので、今回しっかりと以前のような姿を見せてくれたのは嬉しかったです。この二人の複雑で微妙ながらも誰よりも強い繋がりは、掛け替えないものでしたからねえ。

そして傷物語ではキスショットに並ぶメインヒロインだった羽川だけど、失恋を契機に、かなーり変わった感あり。とりあえず、ビジュアル面での変化は、ぜひ挿絵なり口絵なりで見せてほしかったですよ。
なんというか、以前はまだ不器用さというか純情可憐で繊細な部分もあったような記憶が無きにしもあらずだけど、今となってはなにこのタフネスガール?てなものである。
何度も彼女のことを<本物>と評しているけど、確かにもう完膚なきまでに隙のない、粗もない、完璧な本物に成長しちゃった感あり。あれは手に負えん。
それでいて、本命のあららぎ君を逃してしまったのは、彼女の<本物>であるが故、だったのか。

掛けあいという意味でなによりも楽しかったのは、やはり神原とのやり取りでしょうか。頭空っぽにして楽しいんですよね、あのエロ後輩との掛け合いは。
自他ともに認める下ネタ好きの変態でありながら、妙なところでノーマルというか、登場人物の中でもこいつ一番常識人じゃないのか? と思わせるところがあって、そこがやたらと大きな隙、脇の甘さみたいになってて、あららぎ君との漫才の攻め受けがクルクルと変わって、面白いんですよね。
結構ビジュアル面も女の子らしくなってるようなので、彼女のデザインも所望のこと。

さて、肝心の妹二人ですが、文化包丁の方は下巻の方が主体らしいのであんまり目立たず。
おっきい方も、あんまり強烈な印象ないなあ、なんでかなあ? と思ったんだけど、そうだ漫才が少ないんだ(w
このシリーズのメインである惚けた掛けあいが、この兄妹間ではあんまりなかったわけですわ。この兄ちゃん、妹に対してはけっこう厳格だかんなあ。
その分、お兄ちゃんお兄ちゃんしているわけですけど。正直、この男がここまで兄としての本分を常時有しているとは思わなかった。
ひたぎじゃないけど、かっけええ。
こんなのちゅららぎくんじゃねえ、ってくらいに。

化物語アニメ化、素直にとても楽しみなわけですけど。
作中であれだけ言われたら、もうダンシングEDは出来ないですよね?(苦笑




 

12月8日


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月5日

Amazon Kindle B☆W


12月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索