徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

六道先生の原稿は順調に遅れています

六道先生の原稿は順調に遅れています 三 ★★★☆   



【六道先生の原稿は順調に遅れています 三】 峰守 ひろかず/榊 空也 富士見L文庫

Amazon
Kindle B☆W
文芸編集者の滝川詠見は、作家にして妖怪の六道〓馬(そうま)を担当中。新刊発売に文学賞受賞と、場数を踏んだ二人には、新作の立ち上げもお手のもの―ということもなく、相変わらず原稿は遅れていた。そんな折、六道先生の書いた昭和回顧エッセイが評判に。それなら先生の半生を描いた自伝小説も面白いのでは、と新作企画が立ち上がる。さっそく縁の地へ取材に向かう詠見たちだったが、やがて六道先生の記憶にない“六道〓馬”の足跡が見つかって…?編集女子と妖怪作家の、怪奇×お仕事物語、集大成!?

これまで編集者と作家のパートナーシップを中心に描かれてきた本作ですけれど、改めて詠見の立場から編集者とは、という在り方を見つめ直すような第三巻にして完結編でした。
と言っても、編集者としてどう働いていくか、どう作家と接していくか、どうやって協力して作品を作り上げていくか、という部分についてはこれまで六道先生との共同作業の中で探り探り見つけ出していき手応えを得てきたものですから、むしろここからは「編集」という仕事の苦しみや意義、クリエイティブに携わる仕事でありながら自ら創造するわけではない立場に対するモヤッとした思いに、詠見が向き合うことになるお話でもあったわけです。
尊敬する別の出版社の先輩女編集者の、折からの出版不況からくる志を折られた無情な末路。詠見の趣味であったハンドメイドアクセサリーが講師の人から認められ、プロとして働かないかと誘われることで生じる、モノを創るということへの自らの関わり方への疑問。
小説家視点から、本を作る、物語を描き出す、小説家として働き社会と関わってく、という主題について描かれていく作品は多々ありますけれど、そんな自分に置き換えて描ける小説家のお話と違って、対面にいる編集者を主役とした作品、そして編集者の立場や視点から業界や小説家たちとの関わり方を描いた作品って、比べるとやっぱり少ないと思うんですよね。
そこからすると、本作は穏やかながらその辺徹底して編集者視点で描かれた物語で、その意味でも新鮮なものでした。
自伝的小説を書いていくことで、自分のアイデンティティそのものと向き合うことになり、存在意義と自分の相反する側面に直面し、自己そのものを揺るがすことになる六道先生に対して、これまで生きてきた「小説家六道馬」を全肯定し、その存在を証明し認めることができたのは、この場合女性としての滝川詠見ではなく、文芸編集者としての滝川詠見以外はなかったんでしょうね。
物語の中で、あくまでこの二人が作家と編集者という関係で在り続けたのは、進展がなかったというよりも、それこそが重要であったから、と考えるべきなのでしょう。
もっとも、そんな作家と編集者という関係の中でもプライベートとして醸成されていく気持ちの部分は当然存在していて、ここからどう変化していくか、進展していくか、発展していくかについては六道先生の決定的な変質も加わって、ご両者に応相談というところでしょう。
見たところ、むしろ詠見よりも六道先生の方にこそ多く意識する部分があるようで、早晩なんらかの変化はあるのではないでしょうか。
でも、世間一般的には六道先生って孫が居てもおかしくない年齢ということになっているので、表向きには老いらくからの関係になってしまうのかw

シリーズ感想

六道先生の原稿は順調に遅れています 二 ★★★☆   

六道先生の原稿は順調に遅れています 二 (富士見L文庫)

【六道先生の原稿は順調に遅れています 二】 峰守ひろかず/榊 空也  富士見L文庫

Amazon
Kindle B☆W

文芸編集者の滝川詠見が担当するのは、怪奇を喰って物語を綴る、妖怪で作家の六道〓(そう)馬。なかなか原稿の上がらない六道から、詠見が努力の末にもぎ取った久々の新作が、なんと文学賞を受賞した。ところが六道は妖怪故に受賞式には出られない。詠見が代理で壇上に立つものの、同じ受賞者で気鋭の作家・踊場漂吉に怪しまれる始末…。とはいえ先生を売り出すチャンス!と新作を求めて日参する詠見だったが、またもや怪奇事件に遭遇して…?編集女子と妖怪作家の、怪奇×お仕事物語、第二弾。
これは作家と編集者の関係の理想形の一つだなあ。六道先生って作家としては数十年来の経歴を持つ大御所作家なのだけれど、妖怪としてはまだ若くて自分の生き方、在り方が定まっていない人でもあるんですよね。メンタルは老成していて幼いとは決して言えないのだけれど、それでいてひ弱というか未熟というか、自分にあまり自信を持っていなくて不安定な部分がある。決して頼もしい人とは言えないんですよね。でもやっぱり大人としての落ち着きもあり、しかし見た目はまだ十代後半の子供然とすらしている若者で、とこうしてみると編集者として付き合う滝川さん、大変だなあと思ってしまう相手なんですよね。まあ気難しかったり面倒くさかったりというところが全然なくて、非常に付き合いやすい人ではあるんだけれど、だからこそ繊細に触れなければならない相手でもあるというわけだ。
ここで滝川さんが直面するのは、編集者としていかに作家先生に作品を書いてもらうか、という依頼の段階ではなくて、どんな形で作家とともに作品を一緒に作り上げていくか、というところなんですね。書く作品の内容を要求して丸投げしてはい終わり、というわけでもなく、かと言って必要以上に内容にまで踏み込んでいくわけでもなく、そもそも編集者としてのスタンスとして作家に何を求めるのか。作家との共同作業って、どこまで踏み込んで、どんなふうにやるべきなの?というところで。
これにはもちろん正解なんてなくて、作家や編集者本人の性格や仕事の仕方、出版社としてのスタンス、その時の依頼内容や執筆状況、環境の違いなどによってやり方は全部違うだろうし、唯一の正解を求めるような話でもない。ただ、六道先生と滝川担当編集のビジネスパートナーとしての、そして六道先生の秘密を知る友人としての、そんな関係における仕事のやり方のピッタリとハマる形というのを、今回の話でたどり着くことになったんじゃないでしょうか。
長い六道先生の作家生活の中で、生み出した作品によって人生を変えられた人との出会いがもたらした衝撃。自分の書いた話によって、追いかける夢を見つけてそれに全力で挑んでいる人に出会えた感動。そして、かつて自分が書いたものによって生み出されたものによって、人に不幸をもたらしてしまった恐怖。六道先生は作家生活長いとは言っても、外との接触を極めて制限してきたせいか、自分の作家として世間にもたらす影響力を直接目のあたりにする機会が得られることはやっぱり殆どなくて、それらを直接見知った時の衝撃というのは作家としての経歴が長い文、もしかしたら新人作家が初めて感じるそれよりも、よっぽど密度も重さも濃いものを食らうことになるのである。彼当人のメンタルが打たれ弱いというのもあるのでしょうけれど。滝川さんは、もちろんメンタルケアに優れているという人ではなく、でも担当編集として、彼が妖怪であるという秘密を共有している友人として、それぞれの立場から真摯に親身に彼に言葉をかけることによって、本当に支えになってるんですよね、これ。一方で、作家のことを慮るばかりではなく、ちゃかり編集者としてあれこれねじ込む鬼な部分もしっかり持っていて、甘いだけじゃなくなかなか厳しくどぎつい面も兼ね備えているという根っからの編集者、みたいな側面も見せてくれて、六道先生も苦笑を禁じ得ないのである。でも、これほどやる気を掘り起こしてくれて、手助けしてくれて、弱った心を励ましてくれて、一緒に悩んで苦しんで、一緒に喜んでくれる担当編集が居てくれる、というのは限りない幸せであるんですよね。先生、これ噛み締めてるんだろうなあ。
そして滝川さんの方も、若さや未熟さから暴走したり見当違いのことをしでかしそうになったとき、落ち着きある先生の示唆や言葉によって、一呼吸置いて物事に取り組めたり、結構細かなフォローなんかも先生の側からしてもらってて、まさしく助け合う関係なんですよね。改めて見ても、いいなあと思える関係です。いや、一つ一つ積み重ねてそうなっていっているその過程を余すこと無く描かれている、と言えるのでしょう。今回は、六道先生とまったく正反対のスタンスで作家として活動している踊場漂吉先生の登場と介入によって、色んな意味で話にはずみがついてて、良い新キャラ投入だったんじゃないでしょうか。チャラくて押しの強い風貌とは裏腹にこの人もめっちゃいい人でしたし。良い意味で今後もこの人の介在によって話広がっていきそうですし。

1巻感想

六道先生の原稿は順調に遅れています ★★★☆   

六道先生の原稿は順調に遅れています (富士見L文庫)

【六道先生の原稿は順調に遅れています】 峰守ひろかず/ 榊空也 富士見L文庫

Amazon
Kindle B☆W
中堅出版社に勤める文芸編集者の滝川詠見は、なかなか原稿が上がらないことに定評のあるベテラン作家・六道〓(そう)馬の担当をすることに。さっそく詠見は六道のもとへ挨拶(と催促)に向かうのだが、初老だと思っていた先生はなんと憂いを帯びた見目麗しい男子で、しかも街に潜む怪奇を喰って創作をする妖怪だと知ってしまう。出合い頭こそ驚く詠見だが、妖怪だろうと相手は作家。原稿をもらうため、取材代わりの怪奇事件に首を突っ込むことになり…?編集女子と妖怪作家のコンビが綴る、不思議×出版お仕事物語!

作家にとっては債権者の督促に匹敵するような心身ともに追い詰められる言葉。
「原稿をください」
でも、要求する、欲する、求めるという言葉だからこそ、それを持ち得る人そのものを肯定する台詞にもなり得るのだなあ、とラストシーンにおけるこの台詞の使い所に打たれたのでした。
それ以上に、滝川詠見という人は生粋のプロ編集者なんだなあ、と。あの場面において、愛を語るでも善を語るでもなく、原稿をくれと言えるのは編集者以外の何者でもなく、だからこそ作家と編集者という組み合わせは不可分なんだろうなあ、というのを実感できたというかなんというか。作家という存在を成り立たせる上で、編集者という立場の存在が如何に関わることが出来るのか。時に足を引っ張ることすらあり得る存在ですけれど、深い部分に関わるということはプラスになるにしてもマイナスになるにしても、何らかの影響を与えることは考えてみれば当然のことなのでしょう。その上で編集者という立場の人はどういうスタンスで本を作るということに対して向き合うべきなのか。
こうして振り返って見ると、本作は作家モノというよりもむしろ徹底して編集者という存在に対してスポットを当てた作品だったのでしょう。
40年来の大御所作家である六道先生ですけれど、ベテラン作家でありながら妖怪としては若い存在であり、老成したというよりも枯れたような部分と幼いと言ってすら良いかもしれないハツラツとした活力を相合わせ持った不可思議な、というか矛盾を内包したような先生は、だからこそ自分の作家としての在り方にまだ定まったものを有していなかったですよね。自分なりの作家論、というものを持ち得ないままあやふやなまま小説家をなりわいとしてきていた。大御所でありながら作家になりたての卵の殻を背負ったような幼生体。
そんな曖昧にして定まっていない存在だからこそ、自覚を持たずとも編集者としての確固とした在り方を備え持っていたものの、実績を持たず自信を持たず持ち得ている確信を体現する術を持てないまま右往左往していた詠見と、不思議なくらい噛み合ったようにも見えるのです。
どちらがどちらかを導く話ではなく、お互いの存在がお互いの作家としての、編集者としての成長を促すことになる化学反応の物語だった、というべきか。まあ、途中で大御所先生の方が盛大にヘタレてしまうのは、仮にも社会人として一端にやっていた若くも大人な詠見に対して、六道先生は大御所だろうが妖怪としてメンタル幼いお子様だったからなのかもしれません。中身子供な部分があるくせに、妙に分別がある分我儘とか無鉄砲とは縁がない性格だったからというのも大きいのでしょうけれど。
それでも、これも面倒くさい性格の作家、という分類になってしまうのでしょうか。トータルしてみると、扱いに関しては難しいどころか易しいくらいの人に思えるのですけれど。詠見さんとしても、これからはガンガン原稿を搾取できそうな勢いでしたし。

惜しむらくは、肝心の六道先生の「取材」のパートが詠見が殆ど介在しないまま影で片付いてしまっていたところですか。ある意味本作の見せ場ともいうべきパートのはずなんですが、全部影で進行してしまってラストまで詠見は蚊帳の外で進んでしまいましたからね。ラストの黒幕についても唐突感がありましたし。
もし続編があるなら、これからは詠見も全部事情知っているわけですし、作家の取材には編集もついていく場合は決して珍しくないのですから、一緒に行動してくれるともっと面白くなりそうなんですけどねえ。

峰守ひろかず作品感想
 
12月3日

(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索