冴えない彼女の育てかた

アニメ雑感   


【夜ノヤッターマン】
1話と2話を視聴。ロリっ子なドロンジョさまが本当に可愛らしいお子様で、どこがドロンジョ様なんだろうと思ってたんだけれど、二話でご先祖様の口調なんかを真似し始めたら本当に似ていたので驚いた。これでも幼児の頃再放送は見てたんだぜ。さすがに本放送見てるほどの年齢ではない。
何があったかわからないが、かつて戦争があってヤッターマンは北海道にヤッターキングダムという王国を作り、戦争に敗れたドクロボー一味は辺境の青森に追いやられてしまい、時代が流れ世代が進み一味の末裔であるレパード、ヴォルトカッツェ、エレパントスの三人が、レパードの母ドロシーと貧乏だが平和で幸福な日々から物語ははじまる。
面白いのは、正義の味方とされていたヤッターマンが完全に悪役として描かれているところ。ヤッターマンだから正義なのではなく、年月が経つ事で守ってきた正義の心は、心なき観念へと成り下がってしまったのか。正悪逆転、かつての悪党だったドクロボー一味の子孫であるレパードたちが、むしろ悪いことに対して嫌悪感を持ってるんですよね。
とはいえ、出てきたヤッターマンは人間ではなく自律機械。今週のビックリドッキリメカーがメカヤッターマン一号二号だったのにはさすがにびっくりどっきりだったよ!! そう、あくまで自動的に侵入者を撃退する機械。いや、ヤッターキングダムの住民の、もしかしたらレパードたち辺境の村よりも貧しそうな暮らしを見る限り、侵入者のみならず国民も弾圧する機械群なのかもしれないけれど。
2話のラストで出てきた少女。それから2話のEDを見ると……んんん? もしかして、本物のヤッターマンは敵じゃないのか?


【冴えない彼女の育てかた 第2話 「フラグの立たない彼女」】
ファミレスで加藤をキャラが死んでる!と罵っている後ろで、めっちゃキャラ立ててるモブのウェイトレス(笑
面白い、めっちゃ面白い。ただストーリーをなぞって映像化するのがアニメ化じゃないんだよ、というのを渾身の力で振りかざすような、趣向を凝らし見せ方というのを考え尽くしたような演出の数々。本当に面白い!! 実質、殆ど動かずに対面でしゃべっている場面が殆どだったにも関わらず、アニメとしては縦横無尽というくらいに動的でした。作画がすごかったとか言うんじゃないですよ。いや、かなり作画的にも頑張ってたと思うけど、単に良く動かせばイイ、という考えにとらわれない見せ方、見せ方、見せ方。これに尽きる。
しかし、加藤はあれはあれで凄まじくキャラ立ってるよなあ。


【アルドノア・ゼロ EP14】
あれ? もう宇宙来たの!? どうやって大気圏突破したの? あの戦艦、普通に飛んで大気圏突破できるの!?
作品初めての宇宙戦闘でしたが(前話でやってたけど)、あの高速ですれ違う軌道上の交錯戦は、SFっぽくてよかったなあ。好きですよ、ああいうの。
しかし、通常のカタフラクトではまともに命中させる事もできない軌道上反航戦で、イナホだけがあれだけバンバン当てられるということは、イナホの義眼に仕込まれたシステムって、カタフラクトに搭載されている火器管制システムよりも高性能ってことなのか? あの義眼、試作品らしいけれど、カタフラクトに詰めるサイズのFCSより高性能って、あれもアルドノアじゃないのか、と疑いたくなるぞ。






アニメ雑感  


【アニメ・艦隊これくしょん 第2話】
駆逐艦たちは一般隊員か学生で、軽巡が隊長・リーダー格。重巡たちが教官役で戦艦・空母は指揮官クラス、てな感じの大まかな分類なのかな。なんで学校形式になっているのかが謎だけれど。
なんというか、徹底して冒険せずに無難に無難に、というのが透けて見える第二話でした。うん、まあねえ、キャラ押しの作品としてはこれが一番危なくないでしょうし、ストライクウィッチーズも概ねこんなんでしたし(と言っても、私はストパンのアニメのああいう部分は本来の設定を活かしてないので好みとしてはあんまり……なんですけど)、方向性は間違っちゃいないんでしょうけれど。
まあ無難ですよねえ……無難。

面白いなあ、と思ったのはこの作品、背景のモブに名無しがいない事でしょうか。後ろの方で見物してたり、食事処で飯食ってたりしてるモブ、一人残らず艦娘なんですよね。全員、誰かわかるという。これは画面見てて楽しいです。

しかし、あの微妙に出番のある如月が不気味というか不安というか。なんかちゃんとした交流があるとも言えない微妙な接触具合。別に気にしてなかったんですけれど、次回がW島攻略作戦という事で一気に不安が……。どうみてもウェーク島だもんな、W島って。


【冴えない彼女の育てかた 第1話 「間違いだらけのプロローグ」】
アニメの問題点は、どう見ても加藤が見目麗しく可愛い、という事だろう。全然冴えてないことないよ!!
あの声の覇気の無さというか存在感の薄さは素晴らしいの一言なんだけれど。いや、わかるよ。逆に冴えないけど可愛くなくはない女子って、いざ描こうとなると難しいのはよく分かる。それを思うと、原作の挿絵の加藤の絶妙な微妙さはあれなかなか大したもんだったよなあ……と思えたのは最初だけで、すぐ可愛くしか見えなくなったような気もするけれど。


【アブソリュート・デュオ 第2話「絆双刃(デュオ)」】
トラの「行け!」には素直に惚れてしまった。実質、トラをほっぽり出していったようなものなんだけれど、このケースだとトラを蔑ろにしたというよりも、トラを信頼している、という感じが出ててよかったなあ。
いやほんと、展開はオーソドックスを通り越して見飽きたテンプレもいいところなんだけれど、見せ方がいいのかなあ、普通に面白いなあと思うのです。そして、ユリエの可愛いこと可愛いこと。あのキュルンとした儚げで小動物ちっくな声は素晴らしい。大絶賛。無茶苦茶かわいい。


冴えない彼女の育てかた3   

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)

【冴えない彼女の育てかた】 丸戸史明/深崎暮人 富士見ファンタジア文庫

Amazon

これは俺、安芸倫也が、ひとりの目立たない少女をヒロインにふさわしいキャラとしてプロデュースしつつ、彼女をモデルにしたギャルゲームを製作するまでを描く感動の物がた…「は?なんの取り柄もないくせにいきなりゲーム作ろうとか世間なめてんの?」「俺にはこのたぎる情熱がある!…あ、握り潰すな!せっかく一晩かけて書き上げた企画書なのに」「表紙しかない企画書書くのにどうして一晩かかるのよ」「11時間寝れば必然的に残った時間はわずかに決まってんだろ」「もうどこから突っ込めばいいのよ…このっ、このぉっ!」…ってことで、メインヒロイン育成コメディはじまります。
エロゲ・ライターのラノベ進出は昨今珍しくはなくなりましたけれど、それでもこの人の登場には、満を持して、という言葉が思い浮かびました。丸戸史明、シナリオライターの中でも紛うことなき第一人者の一人として列挙される方でありましょう。私の場合、『パルフェ 〜ショコラ second brew〜』『この青空に約束を―』しかプレイしておらず、この人の作風についてあれこれ語れるほどには習熟しているとは言えないのですが、それでもこのヒロイン配置、ある意味すでに物語が始まっていて終わっているのに続いているという関係の女性が事前配置されているあたりは、私がプレイした両ゲームでも見られたもので、ついついこの人らしいな、と思ってしまった。全年齢版じゃなかったら、行くところまで行ってたんじゃないですか?w

しかし、てっきりタイトルにもある「冴えないヒロイン」の加藤恵が表紙を飾っている女の子なのかと思ってたら……全然違うじゃないか!! いや、野暮ったいメガネを持ってるわ、ジャージを羽織っているわ、と冴えなさそうなアイテムをお持ちになっているものだから疑いもしてなかったのですが……違うし! 恵ちゃん違うし! 既に改造済みの子だったし!!
一応、タイトルからしても、内容からしても、主人公がご執心なのもメインヒロインの恵ちゃんなので、それなのに表紙が幼馴染の英梨々だというのは斬新だなあ。もっとも、それだけ加藤恵がメインヒロインだ、というのは確実性のないただの印象なのかもしれない。一巻の内容を共通ルートだと考えると、既に一度ノーマルエンドを迎えてそうなまでに一度関係が出来上がってしまっている英梨々と詩羽先輩をサポートメンバーとして、新キャラとして主人公の世界に新たに現れた加藤恵をまずは中心に据えて物語を動かし出す、というこの冒頭の流れはなんらおかしいものではない。詩羽先輩がラストでおっしゃっているように、ここからの展開で誰のルートに突入してもまだおかしくない段階ですからね。
それに、この主人公の特性をよくよく注視してみると、今は加藤恵というキャラクターに夢中になっていますけれど、それが恋かどうかというとまだ怪しい所である。なにしろこの男、既に二回前科がある。夢中になっている間は信じられないバイタリティを発揮して盛り上がるくせに、ある一定の満足を得てしまうと平然と未練なく熱を失って待機モードに入ってしまうのだ。それで、ある意味はしごを外されてしまったご愁傷様な女性が二人ほどいらっしゃる。ふたりとも、ハシゴの上で踊り続けるに足る冥府魔道に堕ち済みであったのは幸か不幸か、と行ったところだけれど、現状に納得しているからとは言え、その原因となった男への怨み辛みは消せるものではないはずだ。オマエ責任取れよな、と恨みがましいジト目な視線が折々から感じられて、なかなかに身をつまされる。尤も、肝心の当人には一切通じていないあたりが、この男が性懲りも無く似たような事を繰り返し続ける由縁なのだろう。決定的に憎まれること無く、イビられながらも関係が続いてしまっているには人徳というべきか主人公補正というべきか。
今のところ、このまま行っても加藤恵は哀れな三人目にカウントされるだけ、という気がしないでもない。
さて、ルートが一つしか許されない小説という媒体においては、果たして誰のルートに転ぶのか。長期シリーズ化するのなら、もうしばらく共通ルートとして英梨々サイドと詩羽先輩サイドの掘り下げがありそうなものだけれど……でも、まだ加藤恵というヒロインのキャラクターが霞を掴むようになかなか正体を見せてくれないので、しばらくはこの娘に引っ張り回されそうだなあ。引っ張り回されるというか、暗中模索が続くというか。近づこうとするとスルリと指先をすり抜けて、距離を置こうとするとスルリと寄り添って傍らに佇んでいる。見ようとすれば見えなくて、目をそらそうとすると視界の中に入ってくる。
これを「冴えない」などと表現するのはどうも妥当とは思えない。じゃあなんなんだ、というとウムムと悩んでしまうところだ。これ、結構難儀そうだな。加藤恵というヒロインは、こういうキャラだ、という枠を作ってしまうと途端に色あせてしまう気がするし、かと言ってこのまま正体不明のままだとヒロインとして立脚することが叶わない。
どうするんだ、この娘?
まず第一に加藤恵というヒロインの扱い方、そして英梨々と詩羽先輩を含めた話の転がす方向、共に実に興味深い。どんな絵図を描いてくれるんだろね?

 

6月18日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

6月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月30日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

5月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索