徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

刀語

刀語 第五話 賊刀「鎧」  

危ない危ない。放送期間が一ヶ月近くあいてしまうと、どうしても放映日を忘れてしまいがちになってしまう。たまたま寝る前に新聞を広げて何気なしにテレビ欄を見て、深夜の放送枠に視線をやらなければ、完全に見逃してしまうところだった。

さて、刀集めの旅も日本最強の剣士錆白兵を打ち倒し、薄刀・針を奪って四本目を手に入れるのだが、ここからそろそろ怪しい動きがそこかしこで蠢き始める。見事なかませ犬の座を揺るぎなく果たしていた「まにわに」だが、ここで十二頭領最強と歌われる鳳凰が動き出し、幕府の方ではとがめの仇敵・否定姫が。そして第四話を一人で持っていってしまった七実お姉さんが、本格的に動き始めるのだ。
主目的である集めるべき刀の方も、これまでは辛うじて刀と言われれば別に疑うべくもなく刀だったのが、この辺から「……刀って、なに?」とゲシュタルト崩壊を起こしそうな刀なのか何なのかよくわからないものが次々と登場してくることになる。
その走りとなるこの五話の賊刀は、まだ大人しい方と言えるのかもしれない。なにしろ、まだ刀と同じ武具は武具。でも刀の名前が鎧って、こんがらがるよねえ(苦笑

さて、いつにもましてイチャイチャしているとがめと七花。こいつらは何だかんだと毎回イチャイチャしているじゃないか、と言われてしまえば是非もなし。だけれど、今回は一緒に露天風呂に浸かるという、誰に対してのサービス問題なのかしら。恥ずかしがらないとがめもとがめだが、七花の無反応さには涙がちょちょぎれる。このお子様め。しかし、とがめは七花が反応したらどうするつもりだったんだろう。
ちびっこの癖に何気に胸が大きいとがめさんでございました。眼福眼福。

前回、主人公とヒロインのくせに全くと言っていいほど話に関わらなかったためか、この五話では二人の関係を改めてじっくりと醸成しなおす話になっている。同時に、とがめの本質が透けて見える回でもあった。
非情の奇策士を自認し、実際にその内面では常に冷酷な思考を巡らせているとがめだけれど、彼女は結局自分で思っているほど冷酷非情でも外道でも人でなしでもないのだ、残念なことに。いつも、彼女の感情は論理的で倫理的でない自身の思考を裏切り、辻褄合わせにその回転力を費やしてしまう。本来なら、七花の一本の刀に徹する在り方は、とがめの目的からしたら最上以上の何ものでも無いというのに、とがめは敦賀迷彩を何の呵責もなく平然と殺してしまった七花の非人間的な部分を憂い、この第五話でそれとなく七花が刀ではなく一人の人間としての心が芽生えるように手配りをして行く。
そこが、とがめの限界であり、悲劇であり、そして幸いだったのだろう。

チェリオー!! とか言っちゃってる時点で、色々ともう限界いっぱいいっぱいだったんだけどな!!
自分がド恥ずかしい勘違いを全国規模でお披露目してしまっていた事に気づいてしまって、恥ずかしさのあまりパニクるとがめ、すばらしすぎる(笑
原作でも相当にはっちゃけてしまってたけど、もうえらいことにww まあなんだ……頑張れ。
可愛いといえば、校倉にコクられてまあまんざらでもなさそうなとがめに、無意識に嫉妬してしまっている七花の無防備さには、思わずニヤニヤ。「なんだかわからんが、急にとがめのことを虐めたくなったんだ」には思わずキュンとしてしまったww
いや、そのいじめ方、何気にけっこうひどいんだがw 七花ってSだよなあ。

賊刀・鎧のデザインは、思ってたよりもおとなしかったなあ。いや、自分がちょっとものすごい想像をしすぎていたのかもしれないが。
いやね、もっとこう、まっ黒でぐわーーっ、としてギリギリギリッってな感じのギザギザっぽくて、凄まじく大魔王的なイメージで、ってなんだそりゃw
何気に兜が鯨型をしていたり、面白いデザインなんだよなー。オチが、けっこう酷いんだけどw
校倉先生、ちっちぇえなあ(苦笑


刀語 第三巻 / 千刀・ツルギ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
刀語 第三巻 / 千刀・ツルギ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-02
売り上げランキング : 164


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刀語 第四話 薄刀「針」  

これは期待を裏切られたのか、期待通りだったのか如何ともし難いきもちにさせられる。
三話の次回予告でやる気満々だった、日本最強の剣士・錆白兵との巌流島決闘編。まさかアニメではあの日本最強との激闘が見られるのか、と仄かに期待を膨らませつつ、それをやっちゃうと原作のオチが台無しだよなあ、という何とも複雑な気分だったので、原作通り錆白兵との決闘をうっちゃって、お姉ちゃん劇場がはじまってしまったときは、ああやっぱりやりやがった、と思わず柏手を二回。

というわけで、今回とがめと七花の出番は、宿屋で、錆白兵強かったねー、ヤバかったねー、と決闘の興奮も収まらぬ中でイチャイチャしているだけ。とがめが着替えているとき、多すぎる髪を七花に巻いてよけているとか、何気にエロいシーンもサービスサービス♪ 出番が少ないからか?

実際の本編の方はというと、カタナを順調に集めているとがめたちから変体刀を奪取するため、七花の姉・七実を人質にとろうと孤島を訪れた真庭忍軍・虫組を襲うサスペンス・ホラー・絶海孤島変・そして誰もいなくなった、が開幕のこと。
いや、実際今回はバトルというよりもホラーの類だったし。お姉ちゃん、怖すぎ。強いというより怖い、異様に怖い、だからそれホラー。バイオレンスホラー。虫組の連中のキャラが、今までの真庭忍軍の雑魚丸出しなそれと違って、思わず感情移入してしまうような人間味が溢れすぎててどうよ? みたいな連中なだけに、何故か攫われそうになっているお姉ちゃんでなく、虫組のお兄さんたちを応援してしまう罠。
特にキモは、恐ろしい勢いで死亡フラグを積み立てていく真庭蝶々。普通これだけ死亡フラグを連発すると、それが逆に生存フラグになってしまうものなんだがねえ。容赦なく、用意された生存フラグごと、蝶々をブチ殺すお姉ちゃん無双。
お姉ちゃんの強さの秘訣は、一度技を見るだけでそれを体得してしまう見稽古、となっているけど、あれって見稽古というレベルじゃなくて、殆ど青魔法のラーニング、というレベルなんですよね。普通、見ただけで爪を伸ばせませんからw

そんなお姉ちゃん、この一件をきっかけにして島を出て自分も刀集めをはじめる決意を固める。その真意や如何に、といったところで次回に続く。


刀語 第四巻 / 薄刀・針 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アニプレックス 2010-07-07
売り上げランキング : 168

おすすめ平均 star
starちょっと待った!!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





刀語 第三話 千刀「鎩」  


四季崎記紀の完成形変体刀、三本目の千刀「鎩」の持ち主は、出雲国三途神社の長。敦賀迷彩。
彼女はこれまでの二人と違い、とても常識的な人物。
というよりも、これはかなり彼女を人間的に魅力的な人物として描くことに力を入れてきたようだ。彼女のこれまでの人生から、今の確固とした生き様を丹念に描くことで、その崇高な志に、優しい心。広くも穏やかな想いやりを存分に示し、とがめや七花とゆっくり交流させることで、余すことなく彼らにその人となりを伝えた上で、その彼女を対決の末に何の躊躇いもなく、悪意もなく、重さすらなく、ひどく簡単に殺してしまった七花の異常性が際立つ結果となる。

原作でも、敦賀迷彩をあっさり殺してしまった所に、けっこうショックがあったけど、アニメだとさらに敦賀迷彩が非常に魅力的な人物として描かれていたので、かなりキたなあ、これは。
原作完結まで見渡しても、この人ほどマトモで大した人物はいなかったもんなあ。マトモに見える人も、みんな、どこかしら変な部分を抱えてたし。

ただ、この一件があったからこそ、とがめと七花の関係性にも変化が訪れるようになるんですよね。自らを人間以前に単なる刀として設定してしまっている七花を、これはいかんのじゃないかと思い、とがめは七花を人としての心を持ち得るように促していくわけだ。
彼女の目的を考えるなら、この時点での七花で充分以上であり、人にする必要などどこにもなく、むしろ害悪であったはずなのに。その甘い心根こそが、彼女の人生の憐れであり人生の幸いでもあったわけなのだが。


次回は4月28日か。って、一ヶ月後というよりも二ヶ月後と言った方が近似だぞ、その日にち。あー、順調に遅れずれていく。
いやまてなにこの次回予告。なんか、錆白兵とガチバトルしているように見えるんだが……。
いやまて、確か第四話にして薄刀「針」は、アレだったんじゃw ど、どういう構成にするんだろう。次回予告通りやっても原作通りやっても、何らかの形で暴動が起きそうな気がするw

刀語 第三巻 / 千刀・ツルギ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
刀語 第三巻 / 千刀・ツルギ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-02
売り上げランキング : 62


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刀語 第二話 斬刀「鈍」  

ちょっ、真庭白鷺の逆さ喋りすげえ!! 何言ってるかさっぱり理解できなかったが、あまりに滑らかなしゃべりっぷりに、思わず聞き惚れてしまった。まるで本当にそういう言語があるかのように、ペラペラと喋ってんだもの。
文章で読むならまだしも、本当に逆さに喋られてもなあ、どうせまともに聞けるもんじゃないだろうと思ってただけに、これは衝撃だった。すごいな、プロは。

というわけで、刀語の第二話。ヴァーサス宇練銀閣編である。なんだかんだと原作でのバトルで一番好きだったのはこの銀閣戦だったんですよね。銀閣かっけえなあ、かっけえかっけえ。
声に表情がつくと、これほど哀切が似合う孤高の侍だったのか、と惚れ直してしまった。この男、こうしてみると刀の毒にやられたというよりも、故郷に魂を縛られちまった哀しい男なんだよね、と原作を読んだときにはついぞ想いもしなかった侘しさに胸を痛めてみたり。

それはそれとして、延々と続く七花ととがめの掛け合いは、ほんとーーーにくだらなくてくだらなくて、ずっとニヤニヤして見続けてしまった。このくだらなさがいいんだよなあ。というか、このくだらなさこそが真髄というべきか。
そして、とがめはやっぱり一切役に立たない。このころになると頭がイイというのは実は大間違いなんじゃないかと七花も視聴者も真剣に疑念が湧いてくる頃でもある。なにしろこの女、頭の使っているベクトルがそっちじゃないだろう、という方向に一直線だもんなあ。奇策はどうした、奇策は。策を立てろ策を(笑

刀語 第二巻 / 斬刀・鈍【完全生産限定版】 [Blu-ray]
刀語 第二巻 / 斬刀・鈍【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-05-12
売り上げランキング : 43


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刀語 第一話 絶刀「鉋」  

うわあ、これは面白いわ!! コマーシャル見たときは、デザインがあんまりにも原作の竹氏の絵柄そのまんまで、これでアニメやるのかよ、と思ったんだけれど、動いているのを見せられると、これが実にアニメ映えするんですわ。
さすが、一ヶ月に一本ペースという余裕がある(んでしょ?)ペースで作っているせいか、動く動く。原作は、化物語よりもさらにスリムアップした非常に軽妙すぎるくらいの作りで、正直小説としてはちょっと物足りないくらいだったのだけれど、アニメの脚本と考えるとこれぴったりだったのかもしれない。
掛け合いのテンポはどうなんだろう。これは好み人それぞれかなあ。自分としてはもっとリズム感が高い?方が好みなんだけど、これはこれでイイリズムだったし。
ただ、技名の表示はちゃんと読めるくらいの時間はバンと出して欲しかったな。達筆なのもあって、速すぎてなんて描いてあるのかわからなかったし。

というわけで、鑢七花ととがめの出会いと旅の始まり、加えてシリーズ全般を通してのマスコットであるところの真庭忍軍、別名まにわにの初顔合わせ。
そうなんだよなあ。奇策士という実に頭良さそう、腹黒そう、深慮遠謀に長けていそうな名乗りと裏腹に、最初に出てきたとがめって、一貫してダメッ娘だったんだよなあ。ぶっちゃけ、ドジばっかりしてて、何にもしてないしw 頭がいいはずなのにコウモリに出し抜かれてるしw 七花への口説き文句は頭悪すぎるしw そりゃ、蝙蝠も思わず手裏剣投げちゃうよw
まあ、とがめは、シリーズ通して一貫してダメっ娘だったような気もするし、これでいいんだけれど。
それよりも、七美姉さんってアニメで見るとちっさいなあ。とがめは圧倒的にチビっ娘というイメージがあったけど、実際はそうでもなかったのか。まあ、七花がでかすぎていつも対比的にとがめが小さく見えてたと言うのもあるんだろうけど。こうしてみると、七美姉さんまともっぽく見えるんだよなあ。伏線としてところどころおかしい描写はあるわけだけど。
蝙蝠はあまりにイメージ通り、というよりも想像を遥かに上回る蝙蝠っぷりで吹いた! 喋り方といいテンションといい、素晴らしすぎる。
せっかくの技名「報復絶刀」は、どういう技だったのか、結局よくわからんかったけどw
単なる大ジャンプからの斬り下ろし?
それよりも、口から手裏剣マシンガンや変身がインパクト強すぎて、肝心の鉋がわりとどうでもいい扱いなんですよね。まあ、この鉋って十二本の中では一番まともというか、刀として正統な在り方をしているものの一つですからねえ。次の斬刀くらいまでで、その後はどんどん刀という範疇を余裕でぶっこぬいて行く代物ですからなあ。
でも、この鉋も実際に映像としてみると、なかなか面白い見てくれしてるんですよね。直前で、とがめが普通の刀を抜いてその刀身を見せてくれているのですが、その刀と鉋ってどうも材質からして違うっぽいんだよなあ。ま、見た目の印象だけなので断言はできないのですが。

いや、なんにせよこれは期待していた以上に面白かった!
一ヶ月に一本と言う形式でこの一年間十二話で放送されるという、原作小説が発売された形式をモジった放映スタイルも面白いけど、このスタイルだとクオリティも保たれそうだし、もしかしたらこの方式を真似た作品も出てくるかも知れないなあ。
ちなみに、第二話は今度は早め、うちの地域では2月10日みたいなので、期待して待ちます、はい。
次は銀閣だ。


刀語 第一巻 絶刀・鉋【完全生産限定版】[DVD]
刀語 第一巻 絶刀・鉋【完全生産限定版】[DVD]川田剛

アニプレックス 2010-04-07
売り上げランキング : 207

おすすめ平均 star
star絶妙!!
star12本の刀を集める物語。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刀語 第十二話 炎刀・銃  

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)

【刀語 第十二話 炎刀・銃】 西尾維新/竹 講談社BOX


読了。
なんとなく、完走、という言葉の方がしっくりと来るような読後感。
12か月連続刊行という長丁場。最初の頃はその値段の高さと、内容の薄さに何度か放り出そうかと迷ったものですが、中盤を超えた頃にはとがめと七花のコンビにも愛着を覚え、結局最後まで二人の旅路に付き合ってしまいました。
彼らの旅の結末は、本編をご覧じてもらうとして。
うん、やはり作者にも、読者にも、主役の二人にも、完走ご苦労様でした、と云い添えるのが一番しっくりくるような語り締め。
ある種の無常観と切なさ、それでいて主人公の成長と淡い希望の光を伴った、なんとも胸に残る終わり方で。
本当に、戯言をああいう形で終えてからの西尾維新氏の作風は、厳しくも優しいものになったなあ。

とがめも好きだったんだけど、最後の七花と絡む素の顔の否定姫が意外なほど快活で可愛かったのには、不意打ちされた。やられた。
西尾維新の書く女の子って、どいつもこいつもなんだかんだでカワイイんだよなあ、悔しい。
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索