徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

問題児たちが異世界から来るそうですよ?

ラストエンブリオ 7.吼えよ英傑、甦れ神の雷霆! ★★★★  



【ラストエンブリオ 7.吼えよ英傑、甦れ神の雷霆!】 竜ノ湖 太郎/ももこ  角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

箱庭第二桁、ギリシャ最強の魔王・テュポエウスとの一戦を終えた「問題児たち」。辛くも一時的に撃退したものの、しかしアトランティス大陸の異変は収まることがなく――。
巨人族が溢れ大陸全土が混乱する中、第二次太陽主権戦争・第一回戦は終わりを迎えようとしていた。謀り企てる"ウロボロス"のゲームメイカー、奮戦する問題児たち、『王の在り方』を問われるアステリオス――激動の中で様々な想いが交錯し、遂に"大父神宣言"の真実が解き明かされる時、英雄英傑、そして問題児たちは再び魔王・テュポエウスとの決戦に臨む!!
竜ノ湖太郎の大人気シリーズ、アトランティス大陸編、完結!

なんだろう、ようやく様々な謎が薄っすらとだけれど一つに繋がって見える範囲まで浮き上がってきた気がするぞ。破局的大噴火(ウルトラボルケイノ)による人類史の終焉、星辰粒子体(アストラルナノマシン)の研究の暗躍者、血中粒子加速器(Blood accelerator)の存在、第二次太陽主権戦争が行われる意味、星霊の定義。多種多様な用語が飛び交い、そこに秘めたる関連性がずっと示唆されつつも実際に紐づけするには複雑に絡み合いすぎていて、全体像が掴めなかったのも確かなんですよね。大まかな意味において、十六夜たちは何を目指すのか。近しい視点観点においては目的は個人的にもコミュニティ的にも色々とあるものの、大局的な俯瞰的なマクロな視点としては十六夜たち、方向性こそ見出しつつあったものの、それそのものを見出すためにもこの今回のギフトゲームに参加している、という感もあったんですよね。
まだあまりにも、あまりにも謎でわからないことも多く、真意が掴めないキャラクターも多いのですけれど、一つだけ……少なくとも一つだけははっきりとわかったことがあるんじゃないだろうか。
敵はジェームズ。ウロボロスのゲームメーカーを名乗るあの男だ。
魔王テュポエウスが義憤により立ったように、絶対悪アジ=ダカーハが偉大なる悪であったように、殿下が救世の英傑として再起したように、敵として立ちふさがった者たちにもそれぞれに戦うべき理由を矜持とともに持っていた。
あのクリシュナの皮を被ったナニモノかですら、その意図が悪しきものであったとしても真正面から自らの意志を貫こうと襲いかかってきた。あれもまた、絶対に相容れぬ戦うべき敵なんだろうけれど、あれですらまだ戦いが成立する、とも言えるんですよね。
対してジェームズである。意図を隠し思惑を秘し虚言を弄し他者を陥れ騙し公然と利用して、愉悦する。もう邪悪極まるんですよね。あれだけみんなから胡散臭くて信用出来ないと思われているにも関わらず、彼を排除できず彼の言葉に踊らされざるを得ないこのもどかしさたるや。その上で、今箱庭も外界もまとめて悪い方悪い方へと持っていこうとしているナニモノか、その起点となっているのがどうにもジェームズっぽい、という証拠と言えるのかわからないけれど、つながりのようなものが見えてきて、芋づる式に今あれもこれも全部見事に繋がっているんじゃないか、という感覚が引き釣り出されてきたっぽいのが、今回の話の肝の一つだった気がするんですよね。ぽい、だったり気がする、と断言できないところにやっぱりもどかしさもあるのですけれど。それでも、はっきりと目に見える形で、こいつが悪い! という相手が確定したというのは随分スッキリしたわけですよ。的がついに確かになったんですから。盛大にぶっ飛ばすべき怨敵が。許されざる真の外道が。
ウロボロス自体は、旧知の人物や以前の仲間が加わっていたり、決してそのもの全体が敵、というわけではなく内部でも意思統一がなされていないような感じもあるので、まるっとあいつら敵、とはならずモヤモヤしていただけに、余計に元凶がはっきりしたというのは物語としても焦点があってきたんですよね。
それでもまた新たに謎や設定も増えて来ているのですけれど。

ともあれ、大父神宣言の真実はこのアトランティス大陸編の決着を決定づけるに相応しい大解答でありました。いやこれ、大神ゼウスの有名な女癖の悪さからくる悪名を根底からひっくり返してしまう話だったんじゃないでしょうか。この解釈だと、ゼウスのあのレイプ魔としか言いようがない因業が、まるで真逆の意味になっちゃいますもんね。一つの神話大系の主神に相応しい偉大さとして語れるものじゃないでしょうか。ついでに女神ヘラのアレも一緒に意味づけてほしいところでありますけど。
他にも先代?問題児の一人であるあのアルゴールがついに出番だとばかりに登場したり、アルマテイアがいきなりひげをつけて解説をはじめたり、ケツァルコアトルさんがやたらイイ人だったり、と見どころは沢山あったわけですが、やはり一番の見せ場はアステリオスの王としての決断であり覚醒であったのでしょう。なにしろ、サブタイからして「甦れ神の雷霆」なのですから。かつてミノス王が乗り越えられなかった壁を、今息子たるアステリオスが乗り越え、箱庭世界に名乗りを上げる。
一方でまた魔王テュポエウスももうひとりの主人公なんですよね。アバターとなっている実験体の少年が宿していた、父とも思った相手からの裏切りによる悲嘆と絶望、そして怒りに義憤を覚え戦うテュポエウスもまた、父であるゼウスに裏切られたもの。その傷ついた心を目の当たりにした十六夜の行動は、あの抱擁は……なんていうんだろう、十六夜くんって色んな意味でこの子やっぱり「お兄ちゃん」なんだよなあ。

次の舞台はどうやら「ローマ」。コンクラーベという単語が出てきたけれど、果たして二回戦はどんなギフトゲームが用意されているのか。ジェームズが本格的にノーネームを敵と見定めた節もあり、ここからどんどん核心へと突き進んでいきそう。さあ、ワクワクしてきましたぞ。

シリーズ感想

ラストエンブリオ 6.激闘!! アトランティス大陸 ★★★☆   



【ラストエンブリオ 6.激闘!! アトランティス大陸】 竜ノ湖 太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

"人類の敵"、殺人種の王を一時的に退けた「問題児たち」。黒ウサギや御門釈天とも合流した一同は、消耗した逆廻十六夜を無理やり休ませつつ、アトランティス大陸の謎解きを進める。
そして舞台は地下迷宮へと移り、最下層へ先行する春日部耀と石碑を探す残りの面々の二手に別れて探索を開始する一同だったのだが、突然の大噴火にて事態は一変し――
「人類を"世界の敵"にしてしまった罪を、かつて拳を振り上げられなかった者の義務を、今此処で果たそう」
地上に異変が起きた最中、最下層にて耀が遭遇したモノとは――。
竜ノ湖太郎が送る大人気シリーズ、禍乱が巻き起こる第6巻!!
あの十六夜くんをどついて気絶させて休ませるとか、すげえことするなあ耀。たくましくなった、というレベルの話じゃないですよ。いくら弱っているからって十六夜くんにそんなことが出来る人が神仏含めて幾人いるか。
耀って、問題児三人組の中でも一番リーダーとかそういう立場に似合わなそうだったのに、今ノーネームのボスになってる彼女を見ると、むしろ彼女がリーダーとしての立場を活かせる人間だったのか、と思えてならない。飛鳥も別のコミュニティ作っているとはいえ、飛鳥も十六夜も人並み以上に人の上に立つことは得意かもしれないけれど、同時にその立場に絡め取られて自由に動けなくなる、柵にとらわれるタイプであるようにも見えるんですよね。その点、耀はその立場を逆に利用して好き勝手出来るタイプというか。帝釈天を口八町で乗せてうまいこと権限を掻っ攫っていったのなんか見ても、彼女の自由人としての個性がイイ方に作用しているなあ、と。

これまで慎重に、というか無理やり飛鳥のことを避けまくってた彩鳥。ここまで徹底的に逃げ回っていたのだから、最後まで引っ張って逃げまくるのかと思ったら、簡単にとっ捕まって自爆したぞ、この女! 別に飛鳥の方から追求しているわけでもなかったのに! しかも、前世の記憶はありません、なんてどうしようもない嘘をついて。凄まじいポンコツっぷりである。
これがあのフェイスレスと同一人物? 全然キャラ違うんですけど、別人としか思えない、とのたまってる飛鳥さんの感想に完全同意である。生まれ変わって緩んだ、とかなんとか言われてたけれど、これ緩んだ鈍ったどころじゃないですよね。キャラが変わった、としか言いようがなく。本人にそれほど変わった意識がないあたりが惨劇を助長しているきらいもあるのでは。あくまで鈍ってる、と思ってる風なのがなあ。
あっさりここらで神域の技量を回復させているあたり、メンタルに左右されすぎじゃね? とも思わないでもない。どれほど強さを取り戻しても、フェイスレスの頃のような頼もしさが全然感じられないあたり、ポンコツという業の深さを感じてしまうのでありました。その分、尋常でなく可愛くなってしまった、というのもまた深い業じゃないですか。

しかし、ここに来てもウロボロスの暗躍が不気味すぎるなあ。ガイアの末子など、人類と明確に敵対する存在が湧き出しているけれど、それもこれも含めて「ウロボロスの掌の上」という言葉が深刻に響く。せめて、ジンがなにかウロボロスの思惑を超える形でアヴァターラを率いていたらいいのだけれど。特にジェームスなる男の胡散臭さと邪悪さが半端ないんですよね。だいたいジェームスって名前なんだよ。あまりにも特徴がなさすぎて、名前的に遡るしかないんじゃなかろうか、これ。ジェームス、ジェイコブ、ジャック、ヤコブ。あの懐かしきジャック・オー・ランタンと同じ名前というのも気に入らないし、ちょうど表の世界でローマ法王やキリスト教の話が出てたのも因縁を感じるし、ラストの十六夜くんの久々の痛快登場シーンのように、スカッと問題児たちがウロボロスの暗躍に対してやらかしてくれるのを期待しつつも、次がアトランティス編の最後か。

シリーズ感想

ラストエンブリオ 5.集結の時、暴走再開! ★★★★   



【ラストエンブリオ 5.集結の時、暴走再開!】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

「私は久遠飛鳥。箱庭に召還された異邦人の一人です」
アトランティス大陸の謎に挑んでいた鈴華は、その道中で久遠飛鳥、アルマテイアと出会う。意気投合する3人の前に、今度は「ラミア」と名乗る吸血鬼の少女が現れて!?
一方、十六夜の前には、春日部耀、そして飛鳥達が現れ、遂に「問題児たち」が集結する。しかし、懐かしむ間もなく、クリシュナと更なる怪物が彼らを襲撃し――
「極相の星剣、原典候補者、生命の大樹……そういう事か! 貴様らが、ミリオン・クラウンというわけか!!」
十六夜が親友について語る短編も同時収録。過去と現在が交錯する第5巻!!

ああ、やっぱりこの三人が揃うとイイなあ。十六夜にとって仲間や対等な存在、同格に近い協力者というのは今となってはたくさんいるんだけれど、その中で耀と飛鳥はまたなんか違う、特別なんですよね。なんなんでしょうね、この三人の関係って。まるっとひっくるめて「家族」と囲ってみてもいいのですけれど、家族扱いなら他にもいるでしょうし。同志にして好敵手、兄弟……とはまた違うか。それぞれにまた姉妹・兄弟はいますからね。
男女の仲を越えた本当に何とも表現し難く、しかし揺るがし難い不抜の絆で結ばれた三人。この三人が揃うとやっぱり雰囲気からガラッと変わります。一人でも果てしなく強い十六夜だけれど、でも彼だけだとどこからしくなかった、とも言えるんですよね。ほんとうの意味で背中を預けられる相手が、耀と飛鳥であるのかしら。
どこか燻っていた十六夜と違って、階層支配者としてメキメキと力とリーダーとしての諸々を備え始めている耀に、コミュニティの長としてこちらも成長を遂げていた飛鳥。飛鳥の方は何をしていたんかわからんけれど、あっちこっちでまた途方もない人脈を築いていたようで。なんか帰ってきたら超抜的な武器持ってるんですけど。RPGでいうと宝箱とかイベントでしか入手できない最強武具をどこかでもらってきたみたいな。
決して身体能力が超人化しているというわけではなく、肝心の武具を扱う腕前が他所様から「ぼ、凡庸」と呆れられてしまうのですから、そこらへんは飛鳥さまらしいというかなんというか。ただ、彼女の強みはその直接的な力とかじゃないのは、当初からわかっていたことですから、存分に自分の長所を伸ばしている、とも言えるんですよね。その凡庸な刀術で問題なく試練をくぐり抜けているのですから。
クリシュナの方はその正体を含めて引っ張るのかと思いましたけれど、思いの外早くというか取って返す勢いで再戦が行われて、彼の正体が引き出されることに。
またぞろ、ごっついのが出てきたけれど、逆に言うと正体見たりということで露見してしまえばどうとでも出来るんですよね。未知こそが恐ろしく、ぶん殴れるならなんともでなるとも言える。少なくとも、人類最終試練たるアジ・ダハーカ様のあの絶望感に比べれば。
それはそれとして、彩鳥ですよ。飛鳥の気配察知するやコソコソと逃げちゃって。これがあのフェイスレスだったかと想うとなんとも情けないというか。ラストエンブリオに入ってからいいとこなしだなあ。

印象的だったのは、やはり後半の番外編ふたつ。金糸雀とレティシアの出会いであり、吸血鬼一族が迎えた地獄の顛末の模様であり、十六夜とその親友となったIshiとの出会いと別れ。十六夜が世界の素晴らしさを教えてもらったエピソードである。
そのどちらにも金糸雀が絡んでいる。絶望の閉塞世界を突破して現れたかの少女は、正しく世界の救世主だったのだろう。ディストピアを打ち破った英雄は、その後も絶望する人々に打ち克つ希望を当て続けたのだ、と思えばその偉業には心打たれるものがある。
さらっと語られた斉天大聖孫悟空に生まれながらに与えられた運命と、その運命に異を唱え天に逆らったかの盟友たちの戦争についても、なかなか衝撃的な話でありました。ってか、孫悟空ってそんな破滅の運命背負ってたのか。生まれながらに存在が許されぬが故に監禁した天帝の意図も、決して意味のないものではなかった、というのもわかるんだけれど、それでも悟空……彼女の尊厳を守るために立ち上がった魔王たち、というのがやっぱり格好いいですわ。七天魔王のうち中華系が三人しかいなかった、というのも驚きだけれど。そういえば迦陵ちゃんの迦楼羅ってばインド系になるのか。
しかし、斉天大聖がこれだけキーパーソンだった、となると彼女の沈黙とちらっと登場した時の意味深な発言にもいろいろと思惑が生じてくる。
ともあれ、酔っ払ったとはいえ十六夜の膝枕でだらしなく眠る耀と飛鳥の甘えっぷりにほんわかする一幕でもありました。これ、彼女ら二人肩肘張って十六夜に追いつこうとしている頃だったらこんな風に出来なかったんじゃないかな、と思えばこうやって彼に甘えることができてるというのは二人の成長と自信の現れなんだな、とも考えられるんですよねえ。
次回は、本格的に彼女ら二人の本領発揮を見たいところであります。

シリーズ感想

ラストエンブリオ 4.王の帰還 ★★★★   



【ラストエンブリオ 4.王の帰還】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

人類の未来に“退廃の風”が吹き始める――。シリーズ待望の最新刊!!

いよいよアトランティス大陸に到着した焔たち。白夜王と黒ウサギによって新たなゲームルールが説明されるが、彩鳥はかつてのように戦えない自分の不甲斐なさに不安を隠しきれなかった。一方、廃滅者パラシュラーマとの死闘の果てに、十六夜は再び箱庭に帰還する。どうにか焔と合流する十六夜だったが、そこに“ウロボロス”の刺客が現れ!? やがて告げられる衝撃の事実。焔と十六夜の運命が決する時、再び“絶対悪”の御旗が揺れる!
これは無理ー! 人類史消滅のお知らせー! これはあかんわ、人理焼却とかポールシフトよりもこう、ダイレクトにダメかも知らん地球。むしろ、ここから地球を守る手段があることの方が信じられない。まさに神の配剤である。実際には、神はそういう関与の仕方はしていないのだけれど。むしろ、既にあった材料を無理矢理にでも手繰り寄せて実現させようとしてるんだよなあ、これ。
そうか、それが「理由」だったのか。
ウロボロス側のなんか、人材というか所属している人たちの思想や属性というのがものの見事に雑多でまとまりがないに等しいにも関わらず、肝心の「目的」に関してはどうにも一致団結というわけじゃないけれど、ブレなく目指しているっぽい様子がどうにも不思議だったんですよね。どう考えても、かつてのカナリアや今の十六夜たちを裏切って向こうにつくとは思えない人たちまで加わっていたわけですしね。ジン・ラッセルくらいだとなんやかんやと思惑抱えて動いてそうなんだけれど、そういう裏表のなさそうな人たちまであっちに居るケースもあったもんなあ。

でも、これが「理由」だとしたら、どれほど後悔し苦しむことになろうと、大事な人たちを裏切ってでも、その選択をしようという人たちも出てくるわなあ。
でもそれは「悪」なのである。
許されざる悪なのだ。それを選択することは、人類が悪そのものへと染め上げられることになる。再び人類は現在を抱えることになる。
それを人類が選択しようとしているのを、そりゃ人類の正義を誰よりも信じているからこそ「絶対悪」の御旗を掲げたあの方がそれを許せるはずがないわなあ。
しかしそうかー、焔がその対象だったというのも、閣下の在りようと焔が行うはずだった未来の罪を説明されたらなるほど、と思わざるを得ないんですよね。まさにその在りようは重なっているのか。
どうもウロボロスの側でも、なんか妙な動きをしている連中がいるようで、世界の危機を救うためというお題目とは別の目的で動いているっぽいんだよなあ。ってか、露骨に退廃の風とか匂わせてるんだけどそのままなのもしかして? 
ともあれ、世界を救う手段そのものは提示されたものの、どう見てもそれって無理ゲーなわけで、なにをどうやったらこれ実現できるんだ? 少なくとも、現在の十六夜と焔の持っている能力と伝手だけじゃ絶対無理なんだよなあ。箱庭世界に来たことじゃなく、そこで出会う人たち、違う時間軸の人たちとの出会いこそが重要だったのか?
なんかさらっと、今まで伏せられ続けていたノーネームの前身である滅びたコミュニティーの真名までさらっと明らかにされちゃいましたし。あれって、名前が喪われたことが本当に重要で、だからこそ今の今まで絶対に誰もその名前を口にしなかったのに……その名前を言っちゃったってもしかして本当にヤバイことなんじゃないだろうか。
十六夜の原点、生涯の親友との出会いと別れの話によって、このぶっ飛んだ男の類まれなる理性と価値観の根源を目の当たりにしたわけですけれど……やっぱり凄い男だよなあ、こいつ。アジ・ダハーカ閣下の目は決して曇ってはいないと思う。力を振るうその方向性が実に極まって格好いいんですよね。その意味では、かの大英傑ヘラクレスもまた見事な格好良さで、もう思い描くべき英雄ってこういうのですよね。
世界を救うための大きな正義ではなく、か弱い助けを求める声に応えるその姿にこそ、震えるような熱さを感じるのである。打ち勝つべき困難とは、きっと理不尽というものなのだ。十六夜は、まさにその理不尽と戦うために、そこに宿った力を奮っていた。その極限が今ここに試されている。
色々とバックグラウンドが明らかになって、ようやくすっきりとしてきた。一方で障害となるあれこれの高さが成層圏貫いていて、これほんとどうすんの!?という有様なのだけれど、いい加減十六夜くんだけではイッパイイッパイになってきたので、次で他の問題児たちとも合流するんですよね? やはり三人揃ってないと、こういう絶対無理の壁はダイナミックにぶっ壊せない気がするのであるが故に。

シリーズ感想

ラストエンブリオ 3.暴走、精霊列車! ★★★★   

ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫)

【ラストエンブリオ 3.暴走、精霊列車!】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

GWの“天の牡牛”事件から3ヵ月―。“生命の大樹”計画が動き出す中、遂に主権戦争の招待状が焔たちに届く。精霊列車には箱庭中の実力者が集結し、西郷焔はそこで“ノーネーム”の春日部耀、そして更に意外な人物たちと出会い!?同じ頃、外界で別行動中だった十六夜とプリトゥは、“廃滅者”を名乗る強敵と遭遇。いよいよ王群“アヴァターラ”が外界でも動き出す―!箱庭と外界に激震が走る、急転直下の第3巻!!

耀も二年も経ったら成長を、って見た目髪も伸びてすごく女っぽくなってるのだけれど、問題児としてはさらにひどくなってないか? 飛鳥と十六夜が居ないぶん、一人でやりたい放題やっている感がありありなんですけれど。同時に、今は一人でノーネームを背負ってるせいか、随分と大物感も出すようになってるんですよね。十六夜が窮屈なことになっているのに比べると、色んな意味で伸び伸びとやってるなあ。
しかし、外界編は片手間でメインは箱庭の方で進んでいくのかと思っていたのだけれど、思いの外外界編も重要なパートとして進行していくんですね。焔たちは外界と箱庭を行き来しながら状況を進行させていくみたいですし、十六夜は外から戻れないままプリトゥと背後関係を洗う地味な仕事を世界をまたにかけて駆けまわることに。
どうも黒幕というか、裏でなんかやってる勢力はいろんな実力者がそろっていて身動きが取れにくい箱庭よりも、むしろアバターしかいない外界の方で積極的に動いているようなので、十六夜が外に常駐しているというのはこの際しかたがないのか。いよいよとなると、外界の方でこそ激戦が起こりそうな気配もあるし。とはいえ、箱庭ではない外の世界では、まともに神さまたちが動くとあっさり世界が壊れかねないので、どう始末をつけるのかわからないのだけれど。
そもそも、主権戦争で命の保証がなされている、というのが逆に不穏なんですよね。外界での“天の牡牛”事件の被害の凄まじさや、パラシュラーマが叫ぶ人類の悪行なんかからすると、そんな穏便な話になるというのは凄く怪しい。少なくとも主権戦争の対象外である外界の方で凄惨なことにならないか心配。
しかし、未だに主権戦争がはじまらないのもそうだけれど、全体像がまだ全然見えてこないというのは、第二部のストーリー全体にギフトゲームが掛けられているようなものなのか。そもそも、どんなゲームが行われるのか、いったい何の話が進行しているのか、というところから考えなきゃいけないところなんか、実にギフトゲームらしいんだけれど、シリーズ物としては大胆な構成だなあ、と思う所。こういうやりたい放題なやり方は近年の窮屈な縛りを思うと、大いにやればいいと思うんですけどね。個人的に、こういう詰め込み式の膨大な設定群はテンション上ってウハウハなってしまう性質なんで、凄い好きなんですけれど。
とりあえずの注目は、ジンと焔とアルジュナの苦労性弟同盟の誕生でしょうか。アルジュナに関しては帝釈さんが思いっきり後手を踏んでいて、息子の存在が彼の致命傷になるのかと思ったら、まさかの賭博癖を利用して上手いこと自分のところに引っ張りこんだものである。帝釈さん、ほんと駄神もいいところの放蕩者なんだけれど、要所要所で絶妙の指し筋を見せるあたり、ただでは転ばないというかやはり只者ではないというか、それも人の情を擽る一手ばかりで、周りの連中、あれだけ迷惑かけられるわ盛大にポカするわで、怒り心頭になりながらもどうしてもこの人に甘い顔を見せてしまうんだなあ。実に人誑しの神さまである。
あと、三巻になっても未だに彩鳥お嬢様がなかなか元の調子を取り戻せないのは、どうしたものか。こうも何度も鈍っている、腑抜けている、気が抜けている様子を見てしまうと、当人が幾らシャンとしようとしても無理なんじゃないかと思えてくる。鍛え直したら云々じゃないんだよなあ。これはもう、飛鳥と再会しないことにはリスタートできないんじゃないだろうか。

ところで、上杉謙信ちゃんは、レギュラー化してくれるんですか?


シリーズ感想

ラストエンブリオ 2.再臨のアヴァターラ ★★★★   

ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ (角川スニーカー文庫)

【ラストエンブリオ 2.再臨のアヴァターラ】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

アンダーウッドを守るため、精霊列車“サン=サウザンド”号に乗り込む焔たち。しかし、疾走する列車の前に新たな襲撃者が現れる!すぐに鈴華を中心とした弩砲作戦で対抗するが、“天の牡牛”の猛攻も始まり大ピンチに。激しい雷撃と巨大な水流が迫る中、彩鳥が下した決断とは!?一方その頃、外界で調査を進めていた十六夜たちの前にも謎の敵が出現する。彼らは最強の王群“アヴァターラ”を名乗り―!?
釈天さんも結局はインドラかー。親の心子知らずというけれど、この場合は子の心親知らずですよねえ。彼の無念というか後悔、凝りとなって残っているものは言わばインドラのせいなのに、当のインドラはその件についてまったく頭に残っていない上に、息子は一点の曇りもない素晴らしい人生を送った、と思ってるんだから、これはむしろ息子さんの方に同情してしまう。それでもなお、父親に認め祝福されて心残りを晴らしたかった、と思ってる彼は健気で良い息子ですよ。その無念を利用されているのかもしれないけれど、こればっかりはねえ、釈天さんが悪かろうと思ってしまう。
ふと思い巡らせてみると、インドラと息子さんのみならず、今回は父と子、保護者と被保護者との反発と不理解というのが色んな所でみられるんですよね。焔、鈴華と十六夜もそうですし、アステリオスもその由来は父親によって切り捨てられたものですし、ついに登場した平天大聖・牛魔王もどうやらその正体、というのは変か、その現身からして深く焔たちと関わってるみたいですし。
てっきり、再びがっつり箱庭世界でのストーリーになると思ってたのですけれど、むしろ箱庭世界と現代に地球が密接にリンクした話になるのか。焔たちもどうやら、箱庭世界と現代を行き来しながら太陽主権の争奪戦に参加するみたいですし。って、まだこの段階でこれだけ壮大な規模でドンパチやりながら、まだ件の争奪戦、開会式すらはじまっていない予備戦段階、というのがとんでもないなあ。既に今の段階で尋常でない階梯の神仏や王、仙人や英雄、怪物が登場してるというのに。
今、顔見せしたメンバーだけでも、最強の王群“アヴァターラ”というのは伊達じゃないんですよね。盛りすぎだろう、と思うくらい。申公豹でも反則級じゃないかい? いや、インドラの息子さんの段階でアレなんですが。申公豹は、この無節操なトリックスターっぷりを見ると、本邦翻訳版ではなく正しく原作版のキャラクターみたいっすねえ。
どう考えても、焔サイドが劣勢どころじゃない弱小なんですけれど、今回まさかまさかのメンバーが仲間入りしたのを見ると、こちらもあっちゃこっちゃの神話伝承群から仲間を得ていく流れになるんだろうか。
一方で、あのジンくんが立派に成長して、立派に暗躍しているようですし、今の“アヴァターラ”って結局、殿下と一緒にジンがウロボロスから独立させた魔王連盟なんですよね。今や、第二次太陽主権戦争の優勝候補だってんだから。ペストがきっちりジンの脇を固めて元気そうなのに、ほっこり。昔は背丈一緒くらいだったのに、今となってはジンってだいぶ背が高くなってるらしく、並ぶとかなり差があるらしく、その絵図を想像するとさらにほっこりw

ぶっちゃけ、話がまとまってみると確かにこれ、本番前の前哨戦、或いはスタート前の準備段階、場を整え戦うための目的意識と覚悟とを得るための話だったんですよねえ。祭り前のワクワク感が募ってきましたよ。
あとはもうちょい、彩鳥さんのリハビリが必要か。本人が痛感していることだけれど、フェイスレスだった頃の彼女と比べると凄まじく鈍ってるからなあ、今の彼女。お師匠様が激おこプンプン丸なのも無理からぬ。ってか、お師匠様の一人って、あの人だったのか。他の作品では全身タイツ女やってる……。でも、なるほど女王騎士で師匠枠とれるような英傑って、確かにこの人レベルでないとなあ。



ラストエンブリオ 1.問題児の帰還4   

ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)

【ラストエンブリオ 1.問題児の帰還】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon

“少し”特殊な力を持った少年・西郷焔に届いた一通のメール。そのメールを開いた瞬間、焔は異世界に召喚される!そこは神魔の遊戯・ギフトゲームが支配する世界。素敵ウサ耳を持ったロリータ少女の黒ウサギに出迎えられた焔は、いきなり超巨大ギフトゲームに参加することになり!?一緒に異世界に召喚された彩里鈴華、久藤彩鳥、そして五年ぶりに再会した逆廻十六夜と共に、現実世界をも巻き込む修羅神仏のゲームに挑む!!
【問題児たちが異世界から来るそうですよ?】からタイトルも新たに再スタートとなったネクストステージ。初っ端から外界である地球に、箱庭からの余波でとんでもない災厄が。という風に、前回よりも遥かに外界とのリンクが強く描かれることに。って、問題児シリーズのラストで帝釈天が降界していたように、十六夜がいた時代・世界の地球が重要なファクターになってくることは予見できていたけれど、ここまで密接に箱庭とリンクしてくることになるとはなあ。ご存知のように箱庭世界というのは、多次元的に地球と繋がっているわけで、それは平行世界的にも時間軸的にも偏在しているといっていい状態だったのに、現状は十六夜が居た地球と時間的にもリンクしつつあるのね。なにやら孤児同士の義理の兄弟だったはずの十六夜と焔には秘められた関係があるようだし。いずれにしても、初っ端から謎満載である。
と、同時に地球滅びかけてるしーー!! それ絶対に台風の軌道じゃないですからっ。赤道をまたぐというありえなさよりも、殆ど地球を一週する勢いでヨーロッパに大被害をもたらした台風が巡り巡って日本まで辿り着くって、そっちの方が無茶苦茶さ加減を実感できるんじゃないだろうか。それに加えて、台風にウイルス散布機能が付属しているとか、殺意コメられすぎなんじゃないでしょうか、これ。
こんな余波が外界にまで及んでしまっている、箱庭で行われている太陽主権の争奪戦って、いったいどうなってるんだろう。断片的には語られて、それに十六夜も大きく関わっているのはわかったんだけれど、相変わらずスケール感については並外れている。
正直、この修羅神仏が跋扈して常識を遥かに超えたスケールで繰り広げられる神話規模のゲームに、ただの一般人が巻き込まれて、どうにか出来るとは思えない。その意味では、特殊すぎる焔や鈴華たちでようやく端っこギリギリなのだろう。どれだけ十六夜たちが吹っ飛んでいたかもわかるってもんだ。その彼らですら、箱庭に来た時はここまでえらいことになってなくて、一応落ち着いた状態だったものねえ。
しかし、彩鳥さんはフェイスレスとしての自分の記憶が保たれていることは公にするつもりはないのかー。転生前フェイスレスだった、ということについては積極的に隠すつもりはなくて、黒うさたちが察するのは想像に任せてるみたいだけれど。記憶についても積極的に自分から語るつもりはなくても、バレることにはあまり頓着していないのかもしれないけれど。飛鳥や女王と再会したらすぐにバレることではあるしなあ。にしても、当人も忸怩たるものがあるようだけれど、自分も彩鳥があそこまで鈍っているとは思わなかった。ぶっちゃけ彩鳥さんが居れば大概の場合大丈夫だよねー、という十六夜レベルに近しい安心感を持っていたので、ミノ戦からこっち結構焦ったじゃないですか。早いところ、女王騎士としての実力を取り戻してくれないと、今の三人組では唯一に近い前衛戦力なだけに。

まさかの前後巻編成ということで、今箱庭で何が起こっているのか。どうして、帝釈天をはじめとする護法十二天の有力武神たちが外界に降りているのか、などの詳しい説明はまだない。取り敢えず、はじめて箱庭を訪れた焔たちの目を通して、かつての混乱から新たな繁栄を取り戻しつつある箱庭の様子をアンダーウッドを舞台に描いているのだけれど、前シリーズからちょっとだけ時間が経っているんだなあ、というのがあちこちのシーンから窺い知ることが出来る。これが、ネクストステージのはじまりを実感させてくれてるんですよね。黒うさと、前シリーズと同じく最初の対戦相手である白雪姫は顔を見せてくれましたけれど、早くほかの面々も登場して欲しいものです。十六夜兄さんについては、思いの外早く登場してくれましたけれど。十六夜こそ、登場を引っ張ると思ったんだけれど、まさか外界まで突き破ってくるとはなあ。

ともあれ、いいところで終わってしまっているので、早いところ次出してください。そうして、この新シリーズの開幕を決定づけてくれないと。ああでも、この段階まででワクワクが止まらない面白さなのがたまらない。よし、行くところまで行ってしまえ、ってなもんですじゃ。

シリーズ感想

2015年4月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは来月送り。

読んだ本の数:52冊 うち漫画:7冊

最近平均1冊/1日ペースでしか読めていなかったので、今月はだいぶ数を読み崩せたのが実感としてあります。つい流し読みしてしまいそうな退屈な作品が少なく、読み応えがある良作が多かったのも読んだなあ、という実感を得られた要因かもしれません。しかし、ここしばらくは積んでいる本から崩していく事が多くて、どうも出版即購入即読破というのもままならず、今月ここに上げた作品の中でも先月以前に発売した作品なんかも散見されるように、即応性というのは著しく下がっちゃってるんですよねえ。そのあたりはご勘弁を。

四ツ星Dashの三作は、どれも完結を含めてそれまでの話に一区切りとなる切りの良さもあったんでしょうけれど、やはり歯ごたえが一等抜けてるんですよね。隅から隅までしゃぶりつくせるような味わいがある。
今月13冊にも及んだ四つ星作品ですけれど、その中でも特に光っていたのが【戦うパン屋と機械じかけの看板娘】でしょう。だいぶ評判にもなったようですが、さもらん。見た目から中身に至るまで「花」があったんですよね。人目を引き、引いた人を掴みとる流れと実を持つ作品でした。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

ナイツ&マジック 5】 天酒之瓢/黒銀 ヒーロー文庫
俺の教室にハルヒはいない 4】 新井輝/こじこじ 角川スニーカー文庫
問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

【ナイツ&マジック 5】 天酒之瓢/黒銀 ヒーロー文庫


感想はこちら
敵味方にやりたい放題やる相手がいて、双方でやりたい放題やってしまうと、そりゃもうえらい事になってしまうというお話。世界中が素晴らしい勢いでしっちゃかめっちゃかになっていく過程を目の当たりにしている。


【俺の教室にハルヒはいない 4】 新井輝/こじこじ 角川スニーカー文庫


感想はこちら
新井輝青春ワールド、堪能させていただきました。これにて完結というのが勿体無いくらい、こっから友達以上恋人並の並列関係を堪能できそうなんだけれど、ハルヒの主題はキッチリ片付けているので仕方ないのか。

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫


感想はこちら
第一部のエピローグにして第二部へのプロローグ。まだまだ果てのない多次元構造の作品の奥深さを感じさせてさらにワクワクさせてくれるカタパルトのような準備回。準備回でワクワクさせてくれる作品ってのはとびっきりなんですよ。


★★★★(四ツ星) 13冊

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉】 SOW/ザザ HJ文庫
灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ】 十文字青/白井鋭利 オーバーラップ文庫
異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル) 3】 語部マサユキ/ 明星かがよ 角川スニーカー文庫
異世界迷宮の最深部を目指そう 3】 割内タリサ/鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫
創世のエブリオット・シード 平和の守護者 1】 池崎数也/赤井てら ファミ通文庫
断末のミレニヲン 2.いつか還らざる者たちへ】 十文字青/ so-bin 角川スニーカー文庫
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7】 聴猫芝居/ Hisasi 電撃文庫
エスケヱプ・スピヰド/異譚集】 九岡望/吟 電撃文庫
シャルパンティエの雑貨屋さん 1】 大橋和代/ユウノ アリアンローズ
妹さえいればいい。】 平坂読/カントク ガガガ文庫
東京ストレイ・ウィザーズ 2】 中谷栄太/Riv GA文庫
彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ】 竹井10日/CUTEG 講談社ラノベ文庫
東京レイヴンズ 13.COUNT>DOWN】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫


【戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉】 SOW/ザザ HJ文庫


感想はこちら


【灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ】 十文字青/白井鋭利 オーバーラップ文庫


感想はこちら


【異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル) 3】 語部マサユキ/ 明星かがよ 角川スニーカー文庫


感想はこちら


【異世界迷宮の最深部を目指そう 3】 割内タリサ/鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫


感想はこちら


【創世のエブリオット・シード 平和の守護者 1】 池崎数也/赤井てら ファミ通文庫


感想はこちら


【断末のミレニヲン 2.いつか還らざる者たちへ】 十文字青/ so-bin 角川スニーカー文庫


感想はこちら


【ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7】 聴猫芝居/ Hisasi 電撃文庫


感想はこちら


【エスケヱプ・スピヰド/異譚集】 九岡望/吟 電撃文庫


感想はこちら


【シャルパンティエの雑貨屋さん 1】 大橋和代/ユウノ アリアンローズ


感想はこちら


【妹さえいればいい。】 平坂読/カントク ガガガ文庫


感想はこちら


【東京ストレイ・ウィザーズ 2】 中谷栄太/Riv GA文庫


感想はこちら


【彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ】 竹井10日/CUTEG 講談社ラノベ文庫


感想はこちら


【東京レイヴンズ 13.COUNT>DOWN】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫


感想はこちら



今月のピックアップ・キャラクター

スヴェルゲン・アーヴェイ (戦うパン屋と機械じかけの看板娘)
エルネスティ・エチェバルリア (ナイツ&マジック)
ハルヒロ (灰と幻想のグリムガル)
猫姫先生 (ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?)
竜胆 (エスケヱプ・スピヰド)
ジネット (シャルパンティエの雑貨屋さん)
シャルロッテ・アルセイン・マジスティア (ミスマルカ興国しない物語)
マナミ (俺の教室にハルヒはいない)
カスガ ( 俺の教室にハルヒはいない)
ユウ ( 俺の教室にハルヒはいない)
メアリ・アルバート (アルバート家の令嬢は没落をご所望です)
リリオン (カボチャ頭のランタン)
桜田志藤 (東京ストレイ・ウィザーズ)
須山雪近 (東京ストレイ・ウィザーズ)
忍者林瑠璃 (彼女がフラグをおられたら)
ステラ・ヴァーミリオン (落第騎士の英雄譚)
折木有里 (落第騎士の英雄譚)
混世魔王 (問題児たちが異世界から来るそうですよ?)
久遠飛鳥 (問題児たちが異世界から来るそうですよ?)
大道寺鈴鹿 (東京レイヴンズ)




以下に、読書メーター読録と一言感想。

続きを読む

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です! (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハとの死闘から三か月―。ようやく落ち着きをみせた箱庭で、十六夜たちは新たなギフトゲームに挑む。でも順調に勝ち進んでいく十六夜に異変が起きて!?一方、その裏では、箱庭全土を巻き込む一大プロジェクトが進んでいた。仲間たちにも転機が訪れるなか、十六夜、飛鳥、耀の下す決断とは!?そして、ついに地上へと降臨した“ある人物”の正体とは!?―いま、究極の進路相談が始まります!!異世界バトル第1部完結。

ヤバいなあ、やっぱり自分、この多積層次元構造な世界観、大好物なんですよね。スケールが大きい、という表現だとどうしても三次元レベルにとどまってしまう。この他に類を見ない時間と空間が見事に偏在している世界観をなんと言ったらいいものか。神話から科学的概念に至るまで、独自解釈によって再構成して、フォーマットこそ既存のものを踏襲しながら、それを読み解く読解ルールをほぼ刷新して新しい世界にしてしまってるんですよね。そのあたりをこれでもかと語り尽くしたのが、この第一部のエピローグであり第二部のプロローグなわけだ。
箱庭の階層、三桁とか四桁とかの本当の意味合いや、人類最終試練と呼ばれるモノの存在意義、外界との関係、これに限らず各種設定や登場人物の行動原理なんか、この巻を読み込むとある程度一貫したルールみたいなものが見えてくると思うんですよね。これまでよく意味がわからなかった発言や行動、設定なんか、改めて読みなおしてみると見えてくるものがあるかもしれない。こうしてみると、決して無軌道じゃなくてちゃんと一貫した解釈とルールがあったんだなあ、というのがわかる……気がする。いや、実際これ難しいと思うんですけどね。
この世界観そのものが、ギフトゲームのようなものであり、その根底に明確な真意があってちゃんと紐解ける謎である、と解釈すればわかりやすいかも。それを読み解く材料は潤沢に供給されていて、この第一部完結編は、最初の答え合わせみたいなもの、と思えばいいか。
そして、登場人物たちにもはっきりと次のステージにあがるべく、次の段階に向かう為のステップが必要となったわけで、十六夜の場合は彼自身も知らぬ彼の正体に、その因果に足を取られていたところを寄ってたかって背中押されたことになるのかな、これは。半ば、自力だったような気もするけれど。
いずれにしろ、問題児たちは今までの自分に一つのケリをつけて、次の段階に向かいに至ったわけだ。あの三人組だけじゃなく、殿下たち魔王組もそうだし、ジン・ラッセルもそれっぽいけれど。ジンは、マジでペストとこれ、心中…というと言葉が過激になるけれど、彼女の為に太陽を落とす気マンマンになっているのが、ゾクゾクするねえ。個人的には、今回一番熱かったのは混世魔王その人でしたけれど。原典では雑魚魔王にすぎないというのに、こんなに熱い男になってるとはなあ。なんだかんだと、シスコンな気もするけれど。そして、この作品の斉天大聖って、斉天大聖史上最高のイケメンなんじゃないだろうか。暴走しかけた白夜叉を制止した時の侠気あふれたあのセリフといい、かっこ良すぎますよ、気持ちよすぎですよ。でも、こっちの悟空は女なのよねえw

虚を突かれたのは、フェイスレスの正体ですか。まさか、ここで正体が明らかになるとは思っていなかったので、不意打ちですよ。しかも、シンプルに神話体系の著名な英霊のたぐいかと思ってたら、完全に予想外の人品で。ってか、飛鳥の家って冗談抜きで皇室関係だったの!? 
十六夜が去ったあとの外界の彼の家族たちも、ここに至って深く関わってきているみたいだし。金糸雀があのホームに居たのも、全然偶然なんかじゃなかったわけか。重要なのは、十六夜だけじゃなかったのね。リンが殿下とつるんでいたのも、どうも平易な理由じゃなさそうだし、第二部スタートに対して全体に張り巡らされた謎もさらに一段深みを増してきた感がある。面白い。
第二部スタート、ガチで楽しみです、これは本当に楽しみ。どうはっちゃけるのか、うひゃひゃ。

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く!5   

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く! (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

「―さあ、最終考察を始めよう」
打倒魔王アジ=ダカーハに向けて最後の作戦を立てる“ノーネーム”。その戦いで一人、また一人と散っていく同士たち。激しさを増す戦いの中で暗躍を開始する“ウロボロス”。主催者たちは徐々に追い詰められながらも決死の作戦に出る。“ノーネーム”は、逆廻十六夜は果たして“人類最終試練”を打ち倒すことが出来るのか!?連盟旗編&アジ=ダカーハ編の最終戦、開幕!
まさに試練! それは災厄などではなく、人類に課せられた試練だった。その「人類最終試練(ラスト・エンブリオ)」の名は魔王「アジ=ダカーハ」。
おのが絶対悪と定義することで、逆説的に正義を証明する者。
――“我、絶対悪なり。故に、正義は汝に在り”――
踏み越えよ、我が屍の上こそ絶対正義である。

倒される役割として用意された魔王という存在、それを自ら背負ったアジ=ダカーハ魔王閣下については「暴虐の三頭龍」でも熱く語りましたけれど、この最終決戦での閣下の気高く誇り高い絶対悪としての御姿は熱いなんてもんじゃなかった。まさに無敵、木っ端を蹴散らすように蹂躙する存在だった登場時よりも、むしろ主人公サイドが万全に態勢を敷き、戦術を練り、考察を深め、必勝を以って撃って出てきたのを迎え撃ったこの時こそ、さらにその雄々しさを、圧倒的なまでの存在感を感じさせられたように思う。まさに、格が違う。その力を以って、智を以って、理性を以って、主催者たちの必勝の策を文字通り上から叩き潰し、捻り潰し、真っ向から受けて立った上で蹴散らしていく。
それは元から備わったスペックの差によって無機質に叩き潰していくのとは違うのです。主催者側も限界を突破し、閣下の想像を超える形で力を発揮していくのですが、それをねじ伏せるのはまさにアジ=ダカーハの力ではなく、意思の力、絶対悪の旗を背負った者の気概であり、誇りであり、悪神としての自負であり、滅び行く人類の為に涙した大切な人への想いそのもの。だからこそ、主催者たちの限界を突破した力を、さらに限界を突破し、進化し、上回ることで彼らに更なる試練を課していく。これほど、人類を苛烈に愛した魔王が居るだろうか。
クライマックスに至ってから、そうジャックとの戦いで神の許しを見せた瞬間から、彼が体現しようとしていたモノの真の姿を目の当たりにした瞬間から、こみ上げてくるものに耐え切れず、泣きっぱなしでした。
彼こそ真の神であり、魔王であり、漢でありました。読み終えたあとの、カラー口絵で描かれたその異貌の後ろ姿、その背に浮かんだ絶対悪の旗印に、芯から震えるばかりです。
魔王も、それに立ち向かう者たちも、残らず全力を出し尽くし、命を燃やし尽くした史上に燦然と輝く熱戦でした。飛鳥も、耀も、もう十六夜に頼りきらず、己の血と涙を振り絞って戦いました。ジャックは……今回のサブタイトルである「撃て、星の光よりも速く!」、これはジャックを指したタイトルだったんですね。
マンドラも、誰も彼も、命、燃やしすぎだよ。魂からの咆哮が轟き渡る、物凄い決戦でした。
だからこそ、ラストシーン。そのままアジ=ダカーハが思ったように、十六夜に与える展開でも良かったのに。無敵であるからこそ、恐怖と、それを乗り越える勇気を知らなかった十六夜が、ついにそれを手に入れる展開でも良かったのに……どうやら、物語は彼にそんな報奨も与えてくれない、過酷な展開を要求しているようだ。何が起こったのか、まだわからない。想像もつかない。だけれど、これだけはわかる。ここから十六夜の本当の試練がはじまるのだ。

今回読んでいて、思わず「うぇ!?」と声が漏れたのが、「殿下」の仲間であり頭脳担当とも言うべき役割を担っていた少女りんの、その本名が明らかにされたシーンである。
なぜその名を持っている娘が、ここに居る!?
厳密にはまだ彼女当人かは定かではないんだけれど。それに、殿下の仲間たちと十六夜って、まだ対面してなかったんだっけ。なんか、耀と飛鳥と十六夜の関連性も含めて、悪辣な何かが横たわってる気がする。
最大の試練だった魔王アジ=ダカーハ閣下こそ退けたものの、ジンとペストは未だ殿下たちに囚われたまま。サンドラも、混世魔王の支配下に。遊興屋という怪しい存在が暗躍し、自体は混迷を深めていく。次で第一部完となるそうだけれど、果たしてどういう展開が待っているのか。想像も付かないや。

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?そして、兎は煉獄へ (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

「お前が魔王か、アジ=ダカーハ―!!!」
最後の力を振り絞り“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハに挑む十六夜。しかし死力を尽くして放った拳は、思わぬ出来事に阻まれてしまい!?一方、耀とウィラは魔王マクスウェルの卑劣な手段によって追いつめられ、助けに駆けつけた飛鳥までもが戦い力を失ってしまう。ノーネームの仲間たちが絶体絶命の状況に陥る中、残された黒ウサギは仲間を庇うため煉獄にその身を投じて―!?
ふおーーっ、本編再開までだいぶ感覚があいたので、その間に熱も冷めてしまったんじゃないかと若干不安だったのですが、そんな懸念を吹き飛ばす、引き続きの爆盛り上がり!! クライマックス継続中!!
いやさ、この大ピンチに上層に行ってしまったとはいえ、白夜叉は何シてんだー!? とやきもきしてたら、ちゃんと白夜叉も上の方で帰ってこようとしてくれてたことが嬉しかった。ところが、救援にやってくるどころか、箱庭の上層では今回の危機を踏まえてえらいことになりかけてて、ただでさえお怒りの白夜叉様が大噴火。いや、ちょっと舐めてたわ、白夜王。その正体が「天動説」ということで時代遅れの存在かと思っていたけれど、ここでの説明が確かなら同じ太陽神格の中でも桁違いじゃないか。ってか、太陽主権の過半数を握ってるってだけで、その格も知れようってなもんだけれど。よくもこんなのが下層に、フロアマスターとはいえ存在してたもんだわ。
しかし、ほんとに話しのスケール感がパない、パないよ。時間軸が偏在しているせいか、もう過去も未来もある意味一括りで「人類史」として扱われているんだ。思ってた、箱庭と外界と天界の関係よりももっと複雑高次なんですよね、この作品の世界観……というか宇宙観。
そして満を持してか、まさかこっちにか、という斉天大聖孫悟空の登場である。あかん、惚れるわ。この姐さん、かっこ良すぎるわ。そりゃ、兄弟たちが仏門にとられたと今なお根に持ってるのがよく分かる。なんちゅう人誑し。ああいうセリフ、さらっと言えるとか、どんだけ格好いいんだよ。これは期待していた以上に良いキャラだわ。あまりに良すぎて、だからこそ下層じゃなくて白夜叉のサイドに出てきたんだろうけれど。

ラストエンブリオ。真悪アジ・ダカーハの強攻に十六夜はついに敗退。黒ウサギは耳を失い眷属としての力を失い、明日香や耀もまたマクスウェルの悪魔たちによって次々と倒されてしまう。ノーネーム壊滅!!
でも、それでも、膝屈するな、心を折るな、それでもなお、立ち上がれ。
逆襲編、である。
ちゃんとこのタイミングで助けが来るのは、やっぱり燃えるよ。もうね、なんでこの圧倒的なビジュアルをアニメで描けなかったのか。映像で魅せられなかったのか。この作品のどこまで目を凝らしても果てが見えそうにない、広くでかく大きく壮大で荘厳なビジュアル感を、どうしてアニメでは出せなかったのか今なお悔しい。
この第二章のスタートの光景は、ぜひ映像で見たかったよ。
そして、救援に訪れた人たちがまたほぼ現状におけるオールキャスト。混天大聖まで連れてくるとは、蛟の兄貴、ナイスナイス。
それでもなお、現状かき集められるだけの最強パーティーを集めてなお、アジ=ダカーハの強さたるは圧倒的で、さすがは魔王の中の魔王というべきか。やっぱり格が違いすぎる。この相手から一時でも逃れることが出来ただけでも御の字なのか。

さて、このタイミングで、と思う所なんだけれど、いやこのタイミングだからこそ、か。外界からクロアが戻るのに合わせて、かつてノーネームから旗と名前を奪った魔王、そしてかつてノーネームが名乗っていた名前が明らかになる。その誕生の由来も。
凄いわ。もうね、シリーズ始まった当初に思い描いた「魔王」とは、まったく発想が違っていて、同時にノーネームの原型も発足の端緒から目的の置き場所が普通のコミュニティと違っていたのね。ある意味、この魔王は絶対悪であり、倒されるべき悪であり、力によって君臨し対向するべき魔王アジ=ダカーハとは、根底から在り方が違うんですよね。ある意味、アジ=ダカーハは魔王と聴いて思い描く存在の在リようの極点そのものであり、こういう存在が黒うさのコミュニティをノーネームにしたんだと思っていたんだけれど、これって力でどうこう出来る相手じゃないですよね。凄いなあ、人類最終試練とか、白夜叉の正体である天動説なんかもそうだけれど、発想の立脚点が、どうしても物理で殴る系のそっちに流れてしまう一般的なそれと違っていて、ものすごいワクワクさせられる。
旧・ノーネームメンバーの幾人かの帰還に合わせて、これまで謎だった事実が明らかにされてきたのだけれど、今いるメンバーもまた本人たちのいざ知らぬところで謎だらけなんですよね。その中で、耀の素性についてはやや確信に迫ってきた感がある。
いずれにしても、仕切り直しで最難関の最終試練に再び挑む、箱庭の住人たち。フルメンバーのフルスロットルで送り届けられるであろう第一部の最終局面。今度は待たないでいいんですよね、今から滾って仕方ないんですけど!?

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! 箱庭の日常ですっ!4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  YES!  箱庭の日常ですっ!  (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! 箱庭の日常ですっ!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

「逆廻十六夜、久遠飛鳥、春日部耀の三人が箱庭の世界に召喚されて数か月。魔王との戦いの裏で行われていたゲーム“黄金盤の謎を追え”“スティムパリデスの硬貨”“箱庭のとある日常”など書下ろしを含む、他二本の短編。さらに箱庭世界を紹介する舞台裏番外編“教えて!白夜叉先生!”の計六本を収録した豪華蔵出し本です!」って黒ウサギが説明している間に、問題児様方がまたいなくなりました…お馬鹿様方ああああッ!
十六夜がスヤスヤと眠る飛鳥と耀を膝枕して読書しているシーン、なんだかほんわかを通り越して感動に近い心のゆらぎを感じてしまいました。この三人、恋愛臭は全くと言っていいほどしないのに、本当に仲がいいんですよね。十六夜に対する飛鳥と耀の、寄りかかり切らないけれど絶大な信頼と、十六夜側からの飛鳥と耀への触れ合い方。この関係って、本当に素敵だなあと思うわけです。まだこの三人の間には、壁でも溝でもないけれど確実な隔たりというものがあり、飛鳥と耀はそれを埋めようと躍起になり、十六夜にとって二人はまだ守るべき対象から外れない、という事情はあるものの、今のところこの関係は歪みを得ているほどではないんですよね。特に、飛鳥と耀は負の感情なく非常に前向きにムキになってますし。

さて、アジ=ダカーハとの決戦真っ最中である本編は未だあがらず、どうやら若干スランプにかかっているようで心配なのですが、なんとか乗り越えて欲しいものです。若干の不満と心配を抱えて、短篇集かと思って読み始めた本作ですけれど、いやあ面白いですわ。この作品、長編短編激闘日常関係なく、素晴らしく面白いですわ。
玉に瑕なのは、わりと重要なキャラがいつの間にか登場していたりいなくなっていたりして、あれいつの間に、と驚かされる所なんですが、フェイスレスって本編の前に十六夜とこんなところで初接触、というかガチンコバトルを繰り広げてたのか。彼女については強者にも関わらず、あまりはっきりした戦闘シーンがなかったのでキャラクターや特徴が掴みづらいところがあったのですが、今回十六夜と本気でカチ合っていたのを通じて、ようやくだいたい把握が叶いました。思っていた以上に玄人筋の研鑽を積んだタイプの武人だったのか。この人も、十六夜と伍せる時点で凄まじい強キャラだわなあ。
そして、彼女の属するクイーン・ハロウィンの設定がまた面白いなあ。ケルト系でありながら太陽神としての設定をそう持ってきたのか。普通、あの有名なルーをこういう形で整えるケースはないですよ。箱庭ではそういう事になるんだ。白夜叉みたいな概念すらも一個の人格として活動している世界だと、神話の扱い方もこうも縦横に出来るんだなあ。巻末に書かれている解説もまた興味深い内容で、単なる単語辞典とは一線を画しているので、これは一読の価値あり。箱庭世界の縦深をひたと感じられるんじゃないだろうか。

次は本編、じっくり待ってますよ。

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  暴虐の三頭龍4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  暴虐の三頭龍 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ?  暴虐の三頭龍】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

地獄の窯より現れた魔王アジ=ダカーハの攻撃から黒ウサギを庇い、致命傷を負った十六夜。ノーネームの仲間を逃がすため、命を賭け対峙したはずが、その圧倒的な力の差に距離を取ることさえ出来ない。さらには「ならば、こういう絶望はどうだ?」と、魔王は己を抉り、その血液で分身体を生み出し、飛鳥たちがいる“煌焔の都”へ追わせたのだ!アジ=ダカーハの攻撃で阿鼻叫喚の渦に巻かれた都で、耀と飛鳥の戦いの行方は―!?
か……かっくぇぇ。ちょっ、マジで痺れたんですけれど、アジ=ダカーハ先生の悪一文字宣言。いやあ、魔王アジ=ダカーハ、思っていたのと全然違った。この魔王、理不尽の体現者でありながら鮮烈なまでの秩序の導き手だ。その悪は暴であっても邪ではなく、いっそ清廉と呼んでもいいくらいの純粋な悪。

魔王とは、倒されるために用意された役割に過ぎない、という概念は昨今よく見かけるようになったもので、実際自分を倒されるべき魔王として規程して活動している魔王の人もチラホラと見受けられるのだけれど、そういう仕方なく魔王の役を引き受けているような輩とは、アジ=ダカーハ先生は格が違う、誇りが違う、存在が違う。
それを憐れむのは俗人の思考だ。それを嘆くのは的外れである。強いられたもの? 押し付けられたもの? 運命によって定められた逃れられない楔? 自己犠牲? 違う。それは絶対に違う。そんな甘やかな考え方に括られるような、貧相な存在とは格が違う。そんな戯けた物言い、軟弱な考えなど鼻で笑って踏みにじられるだろう。
見よ、振り仰げ、悪の一文字によって染め上げられたあの旗を。あれこそが、倒すべき悪である。
それこそが、絶対なる悪を以ってして正義を証明する者である。
震えたね、その在りように痺れたね。人間の甘い感情など入る余地のない、覚悟や決意だのといった意志を奮い起こす必要もないくらい、信念や思想などといった概念の介在しない完全無欠の在り方だ。思考停止とは程遠い、高みにあって全てを俯瞰する在り方だ。これほど完膚なきまでに悪でありながら、これほど純粋な正義という概念に近しい存在は見たことがない。
これが、本物の「魔王」かっ!!
これこそが、人類最終試練の真の姿か!! まさに「魔王」で、「試練」の名に相応しい存在だ。
もうたまらんかった。十六夜が、力だけではなくその舌戦を以ってして完膚なきまでに敗北するさまを目の当たりにするとは。
ギフトゲームと「魔王」という呼び名の本来の意味もようやく明らかになって、ますますこの箱庭世界のスケールの大きさを思い知らされる思いでした。

一方で、十六夜に大きく遅れを取っていた飛鳥と耀の成長がまた著しい。なんか、これまでの停滞が溜めだったんじゃないか、というくらいの飛躍ですよね、これ。これまで藻掻いて掴み損ねていたものを、ようやく掴んだというか、きっかけを手に入れた、というか。特に飛鳥は、ついにその真価が開花しはじめた、って感じだよなあ。すげえわ。
でも、それ以上に心震わされたのは、耀の十六夜と対等になって彼の横に並び立って戦いたい、という振り絞るような心の叫び。
これは、後半の短篇集でもかいま見えるんだけれど、この十六夜と飛鳥と耀の問題児三人組の関係って、ほんとに男女の性差というものを感じさせない、仲間であり友達同士なんですよね。短編のお話見てつくづく思ったんだけれど、この三人の仲の良さはちょっと類を見ない特別なものです。男友達、女友達、というのとも違うし、同性の親友関係とも違う。兄弟とも勿論違うし、家族的なものでもない。戦友とはまた異なる。一番近いのは「ライバル」なのかな。それも、直接干戈を交えて優劣を競い合うようなライバルじゃなくて、張り合うわけでもなく、一緒の方向を向いて一緒に歩いて行く、けれど慣れ合わずに、でも誰よりもお互いに自分を認めて欲しい間柄。そう言うと、十六夜だけちょっと立ち位置は違うのだけれど、彼は彼で飛鳥や耀をちゃんと自分と「おんなじもの」と捉えているようですし。
なんにせよ、どう言い表していいかわからないこの問題児三人組の関係って、見ててほんとに好きなんですよ。自分、ラブコメ好きでなんやかんやと恋愛要素がないとがっくりしてしまうたちなのですが、この問題児シリーズだけに関しては、というよりも問題児三人組の間柄に関してだけは、恋愛要素が絡まない方がワクワクドキドキさせてくれるものだと思ってます。この三人の間に恋愛感情が芽生えるとしたら、よっぽどのエピソードを入れて貰わないと。無いと思いますけどねえ。

TVシリーズ終了に合わせたDVD付録付きの発売関連もあってか、どうも無理やり新刊を出すことになったようで、ここで短篇集だけって事もなくアジ=ダカーハとの最終決戦を途中までだけ持ってくる、というこれは暴挙なのか強烈すぎる掴みなのか。いや、こんな中途半端な形でアジ=ダカーハ戦の途中まで持って来ちゃって、次の巻ちゃんと盛り上がるの? と、聞くだけ野暮な話か。これだけ激燃えの展開をただの前降りにしてしまえるくらいの凄まじい展開がこの後待っているのだと、思っちゃいますからね? 信じちゃいますからね?
とりあえず、なんでこの盛り上がりの中でリリが表紙? という疑問は解消できました。さすがに切った張ったになると出番がなくなってしまうリリですけれど、このしっかり者の健気なケモナーは可愛いよなあ。十六夜もまあ随分と目をかけて可愛がってますし。十六夜は、態度が大きいからついつい印象が違ってしまうのですけれど、割合誰にでも優しいんですけどね。

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?    落陽、そして墜月 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

魔王連盟ウロボロスと対抗することになった“ノーネーム”。黒ウサギの素敵ウサ耳がなくなるという緊急事態のなか、十六夜VS殿下のギフトゲームが始まった!一千体を超える巨人族の攻撃で大混乱に陥る煌焔の都で、耀はウィラと共にマクスウェルの魔王に、飛鳥とジャックは混世魔王に戦いを挑む。そして“魔王”を名乗る者たちと正面対決する激しい戦乱の下―地下深く光も音も届かない地で、真の魔王の封印が解かれる―。
200ページ超と、随分薄いんでちょっと心配したんだけれど、中身の方は驚くほど密度が濃くてあれこれと伏線や情報、新展開が詰め込まれていて、薄い気は全然しなかったなあ。展開の進捗は遅いといえば遅いんだけれど、ラストのインパクトが凄すぎてそんな印象全部吹き飛んでしまいましたし。
黒ウサギのウサ耳は着脱式だったんだよ! と、黒ウサギ本人も知らなかった新事実が明らかになり、って着脱式では無いとは思うんだが、情報の受信端末として機能している事は以前から黒ウサギ当人が言及していたことだったので、なんか不思議器官ではあったんだよな。そもそも、箱庭の貴族であり帝釈天の眷属だという月の兎、という種族自体、あんまりよくわかんない謎のところがありましたし、黒ウサギってそれがそのまま名前なのか? と黒ウサギについては別に彼女自身が隠しているわけじゃないんですが、意外と情報不足で正体がわからんところがあったんですよね。それが、今回彼女の過去も含めて、いろいろ明らかになって多少スッキリした……って、月の兎、これ壊滅してるじゃないですか!w
やっぱり、黒ウサギってそれがそのまま名前ではなかったんだ、といろいろと納得するところはあったんですが、あの生皮剥いで、のインド叙事詩の英雄のエピソードを月の兎のエピソードにからめてきたのには驚いた。なるほどなあ、それで月の兎は帝釈天の眷属であり、同時にあれだけのギフトを扱えたわけか。インドラの槍と黄金の鎧が一緒に使ってはいけない、とされているのも納得。伝承を鑑みるならば、そりゃ使えんわなあ。

そして、在りし日の「ノーネーム」が名前と旗を失う前の全盛期の姿も垣間見ることになる。ノーネームの前身って、前はこの階層でも尤も繁栄していた大きなコミュニティだった、というくらいの認識だったのですが、そんなレベルじゃなかったぜ。いやでも、冒頭の黒ウサが助けられてコミュニティに加わったエピソードを見たときは、凄いところだったんだな、とは思ったんですが、それでもまだ理解の範疇では在ったんですよ。
ラストのあれの復活見て、呆気にとられましたがな。
あれのあまりの凄まじさに、逆にこれを仮にも封じたという旧ノーネームってのはどれだけ凄かったんだ、という話です。さらに言うなれば、アレをすら倒してしまった旧ノーネームを、完膚なきまでに滅ぼしてしまったという「魔王」って、いったいなんなの!?
ちょっと魔王、舐めてた。箱庭の内部における称号である魔王とは全く違う、神話伝承において名実共に魔王と号された「本物の魔王」は、パないわー。階層が四桁から三桁にあがったら、あれだけ桁違いになるのか。いや、まさに文字通りのケタ違いじゃないか。更にいうと、白夜叉こと白夜王も本来三桁以上の存在なんですよね。そろそろ話のステージが一桁上がり始めた模様。それは同時に、これまで無敵無双だった十六夜の能力に、敵の格や強さが追いつき追い越し始めたという事でも在る。
あんな弱音吐いた十六夜、初めて見た。
これって、彼に絶対の信頼を抱いている飛鳥たちが見たら衝撃以外の何物でもなかったろうなあ。無論、黒ウサだって、自身の家族を失い、またかつてノーネームが生まれてしまった惨劇の時を彷彿とさせる出来事でショックも大きいだろう。彼女には、さらに金糸雀の末路、ひいては奪われた仲間たちの行方という件の絶望も待ち受けているわけで、月の兎の御子の権限が失われてしまっているのと相まって、今黒ウサ一番厳しい時期なんじゃないだろうか。
ここで、出来るならば飛鳥や耀には巻き返して、十六夜の立っている場所まで追いついてきてほしいところなんですよね。特に耀は、春日部孝明の娘として父親が目指した場所に辿り着くポテンシャルは絶対に秘めているはずなので。

旧ノーネームの奪われてしまった仲間、の情報という観点からすると、今回ジンが何か掴んだと思しき「殿下」たちに対する情報は、えらく不穏なネタではあるんですよね。「殿下」がまだ生まれて三年しか経っておらず、彼の立場や存在が、旧ノーネームと深く関わりがありそう、というのがまた……。三年前って、もろに時期的にも合致しますしね。そもそも「殿下」なんて言われている以上、ちゃんとした正体もあるでしょうし。この辺りの情報はどこまで引っ張るんだろう。

正体というと、今回盛大に驚かされたのが、ジャックさん。ジャック・オー・ランタンの正体である。いやあ、ジャックさん、マジになるとかっけえなあ。年長者の余裕たっぷりなダンディなジャックさんもいいけれど、あんなふうに本気になったジャックさんもパないですわー。ここでの飛鳥のジャックへの気遣い方がまた粋で、この娘ってホントいいオンナだよなあ。ジャックさんの正体、あれは驚きでは在りましたけれど、あれが全部の正体ってわけでもないんですよね。彼が主催するギフトゲームの内容からすると、もっと複雑に真実は入り組んでいるみたいですし。
とりあえず、マックスウェルの悪魔はキモいのは確認したw
ウィル・オ・ウィスプがマクスウェルの悪魔に付け狙われてるって、ガチでそういう意味だったんかい!! これはあかんわーw でもお陰で、表紙にもなってる大悪魔、ウィル・オ・ウィスプのリーダーであるウィラ=ザ=イグニファトゥスにえらい親近感が湧くようになってしまったわけですけれど。本来かなり格上で実力も突き抜けてる大人物なのに、耀が保護者みたいになってしまった感もありますし。かわええなあ、おい(笑

とまあ、めまぐるしく変わる展開に次々と明らかになる情報、また敷き詰められていく伏線、と行き着く暇もない中で、最後の最後にシリーズ最大の脅威にして危機が到来。凄まじいスケールにして圧倒的なまでの今までにない絶望感。これまでなら、十六夜くんならなんとかしてくれる、という安心感があったのに、それをも根こそぎ吹き飛ばしてしまう最悪の展開。
激動の始まりである。

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗 4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?    ウロボロスの連盟旗 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

箱庭の下層が“魔王連盟”に襲われたことで、煌焔の都に“階層支配者”が集結することに。魔王を倒すコミュニティ“ノーネーム”も抜擢されるが、黒ウサギが休暇のため、問題児3人はフリーダムに遊び始める!そんななか主従関係を結んだジンとペストは、旧知の仲である北の“階層支配者”サンドラに出会う。だが彼女は顔をフードで隠し、黒ウサギもかつて負けたギフトを持つ、“魔王連盟”のリンと殿下と行動を共にしており!?
この作品のド凄いところは、とにかく誰も彼もが未だに「底」を見せてない所なんである。本来ならラスボスクラスであろう蛟龍に白夜叉といったその実力や一端を垣間見ただけで気が遠くなるようなレベルのメンツが味方側につき、レティシアや黒ウサギといった慮外のちからの持ち主が同じコミュニティの居り、さらには耀や飛鳥といった子らは現状こそ未熟なものの、信じられない並外れたスピードで成長を続けている。ネックと思われたノーネームのボスであるジンなど、その成長の筆頭かもしれない。彼の頭脳の切れ味は、今や十六夜のお墨付きだ。ジャック・オ・ランタンやウィラ、フェイスレスと言った同盟枠の連中だって、底知れない途方も無い力の持ち主ばかりである。今は力を失っているとはいえ、ペストだってあの8000万の怨霊を率いる黒死病の魔王。他にも未だ名前ほどしか出番のない斉天大聖や牛魔王をハジメとする面々や、まだ名も出てきてないだろう実力者が山ほど存在しているわけだ。
で、対する魔王連盟ときたら、それに増し増すラスボス揃いと来ただらーー!!

なんちゅうかもう、こんなんワクワクしっぱなしでどうにかなりそうに決まってるじゃん!!

そして、それらを置いて未だ「底」を見せていない筆頭こそが、我ら逆廻十六夜その人なのである。一気に燎原を焼きつくすように燃え上がった圧倒的なまでの絶望感を、その登場だけで一瞬だけで吹き飛ばすその頼もしさ。
いやあ、あの登場シーンの燃え滾りようは、飛鳥や耀が、彼が来たもう大丈夫だ、と安心する場面で最高潮に達しましたよ。そんじょそこらのヒロインじゃないんですよ、飛鳥も耀も。二人共負けず嫌いの塊で自分が絶対になんとかしてやるというプライドの塊みたいな誇り高い少女たちなのです。誰かに頼ったり任せきりにするのを良しとしない自立し、貪欲で在り続ける少女たち。その彼女たちをしてこれだけの信頼を寄せる逆廻十六夜という少年の絶大な存在感。
彼の自制心、自分を律し切る心の強さと賢者の如き聡明さの持ち主でありながら、此処ぞという場面、なんて言うんだろう、読者がこうして欲しいと思う場面で期待を裏切らずに、その感情を素直に爆発させてくれるところは本当に格好良いんですよ。彼の存在は鬱憤というものを見事なくらいになぎ払ってくれる。カッコいいったらありゃしない。それでまだまだ底の知れない限界が見通せない実力はワクワク感を否応なく高鳴らせてくれるわけです。
次回はついに魔王連盟を向こうに回した大決戦。際限知らずの大盤振る舞いが待っていそうで、もう今からたまらんですよ。

一方で問題児三人組の裏側ではジンたち年少組も精力的に動き回っていて、特にかつて最凶最悪の敵として立ちはだかったペストが、ここにきていい味出してきたんですよね。その胸に秘めた世界を敵に回しても叶えたい野望……いや、優しい夢。それを、臣従を誓った今なおジンたちに明かせず、野望を叶える方策に控えめな胸を悩ます日々。そんな彼女に再び魔王連盟の誘いが訪れ、野望とジンたちへの親愛に揺れ動く心。
そんなペストにジンが見せる、自身の可能性……そして、ペストの野望を飲み込む大きな器。
冷ややかな暗室で交わされた幼い少年と元魔王の少女の掛け替えのない誓いは、仄かで胸温まる温度ながら、それでもこれもまた熱い炎そのものでした。
十六夜という大きな渦巻きが在るとはいえ、本作って登場人物の一人ひとりが主人公を担っている物語でもあるんですよね。箱庭という言葉とは裏腹の世界観のスケールの半端無さとともに、その莫大なスケールを縦横に活用するだけの登場人物たちの活発で意欲的な動向、群像劇と呼んでもいいような拡充こそが、私がこのシリーズを特別大好きな要因なんだわなあ。
ある意味前哨戦もいいところだったにも関わらず、まったくもって盛り上がりっぱなしのこのシリーズ。ほんと、永遠にテンション斜め上に突っ走り続けてて、色んな意味でたまらんわー! 次回はさらに天元突破しそうで、今から鼻血でそうです、興奮し過ぎ!

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  降臨、蒼海の覇者 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

いよいよ始まったアンダーウッドの収穫祭!飛鳥と耀は狩猟祭に参加し、十六夜は縁日荒らしを、ジンは“ノーネーム”の連盟旗を作るために動き出す。そんななか黒ウサギは、神格を返上したことで最強の“階層支配者”を退くことになった白夜叉に連れられ、魔王“平天大聖”の元に向かうが…!そしてお待たせしました!「水着着用が義務!!」(by白夜叉)の“ヒッポカンプの騎手”のメインゲームが始まりますっ。
ああーー、やっぱりこの作品の世界観って、大好きだわ。十六夜たちが召喚された時に感じた感動、あの四方全周すべてが地平線の彼方まで広がっているような開放感を、未だに感じ続けてるんですよね。もう刊行数は5巻に至ったというのに、全然行き止まりを感じないこの世界観の広大さは、まったく留まる所を知らない。
今回なんて、西遊記ですよ。元々、中華の天界・仙人界、そこに仏門が習合された世界観って、馬鹿みたいに野放図な許容力を備え持ってて、何でもありであると同時に厨二的なクラス分けがコマ目に成されていると同時に、それぞれの神様や妖仙には民俗学的な由来の積み重ねが重厚に織り成されているという、そりゃあもう実に遊び甲斐のある世界観なんですよ。
そして、この物語の世界「箱庭の世界」は、そんな中華の世界観を仏門寄り、道教寄りという括りなくフラットなスタンスで、丸ごと飲み込んじゃって、修羅神仏が闊歩する世界観の一翼をして機能させてしまってる。
ほんと、凄いよこの世界は。世界各国の神話や伝説の神々や妖魔の類が並列に存在し、それだけじゃなくペストやハーメルン、マクスウェルといった現象や伝承、概念的な存在をも、神や魔王として同等に扱い、それらが十六夜たち人間も含めて、すべてが対等の「箱庭世界」という舞台で遊ぶゲームプレイヤーとして扱われてるんですよね。
勿論、その力に応じて立場も視点も権力も名声も何もかも変わってくるけれど、逆に言うと力量さえ示せば、誰でも神にも魔王にもなれる。そう、何にだってなれるし、何処にだって行けるという心湧き立つ世界なんですよ。
それでいて、力さえあれば何をやってもいい、というわけでもなく、その世界にいる住人のほとんどが、共通の信義と誇りを旗として掲げ、非常にルールというものを大事にしている。遊びってのは、ちゃんとルールを守らないと楽しくもなんとも無いですもんね。
でも、遊びだからと言って、真剣じゃないわけじゃない。命を担保に、人生を捧げ、生涯を賭し、信念を貫く遊びがあって、何がおかしいだろう。
十六夜たちが全力で遊ぶゲームとは、そんな本気すぎるほど真剣なゲームなんですよね。だからこそ、彼らの活躍は痛快で、その破天荒で思い切りの良すぎる暴れっぷりは雄叫びを上げたくなるほどスカッとさせてくれるのだ。
これまで、十六夜たちにおんぶに抱っこのところがあった「ノーネーム」のリーダーである少年ジンも、コミュニティの頭首として、六本傷の若きリーダー相手に同盟締結交渉で見事な手腕を見せてくれたし、明日香や耀の飛躍的な成長、帰ってきたレティシアに新たに加わったペストたち。そこに、六本傷やウィル・オ・ウィスプとの同盟に、サウザンドアイズとの協力関係など、三人の問題児頼り、特に十六夜頼りだった「ノーネーム」が、グッと充実してきた感があって、高揚感もいや増すばかり。
さらに仲間もどんどん増えてきて、賑やかになってきた。賑やかさが、そく楽しさに繋がっていく。面白いなあ、面白いなあ。

今まで階層支配者という最強の実力者の一人という肩書きは知っていたものの、ちとその実力に実感のなかった白夜叉様も、神格返上して自由を得て身近になったせいか、その空恐ろしい実力のほどがようやく伝わってきた感がある。この人、本当にべらぼうに凄かったんだ。
そんな彼女と対等以上と白夜叉さま自らが認める【平天大聖】牛魔王。この人も結局登場はしなかったんだけれど、登場してないくせに伝言一つで物凄い存在感残していったんだよなあ。普通の牛魔王のイメージと全然違うよ。いや、むしろこの方が原点には近いのかもしれない。
そんな孫悟空や牛魔王と同格の七妖王の一人、蛟魔王……この人も実に面白いキャラクターをしていると同時に、敵じゃないってのがまた素晴らしい! 十六夜との真っ向からのガチンコ対決は、どちらも桁違いなだけに読んでるこっちまで煽られる煽られる。なにより、当人たちがあんなに楽しそうなんだもの。そりゃ伝染っちゃうって。
これほどの人を味方に迎えて対抗しなきゃならない、襲来予定の魔王ってどれだけとんでもないんだよ、と震え上がると同時に期待も増すばかり。

しかし、この世界では【斉天大聖】孫悟空は姐御だったのか! 三蔵法師が女性というのは古来からよくある発想でしたけれど、こっちが女性というのは新鮮だ!! すっごく新鮮だ!!

一巻 二巻 三巻 四巻感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 十三番目の太陽を撃て5   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  十三番目の太陽を撃て (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 十三番目の太陽を撃て】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

レティシアが連れ去られたことで始まったギフトゲーム“SUN SYNCHRONOUS ORBIT in VAMPIRE KING”。勝利条件がない最悪のゲームの開始とともに、地上では巨人族がアンダーウッドを襲い、天には最強種である龍の純血が雄叫びをあげる。絶対絶命のなか春日部耀は、レティシアがいる吸血鬼の古城に1人乗り込んでいった。十六夜も黒ウサギも手が届かない天上の城で、十三番目の太陽を撃ち、ゲームクリアは出来るのか―。
ちょっ、ちょっとちょっと、ちょっと待ってーーー!! え? なにこれ? いいの? この段階でこんなに面白くていいの!?

どうしよう、どうしよう、もう筆舌しがたいくらい面白いんですけど!?

明らかに物語の展開においてはヤマに至る前。精々、起承転結の起から承に足を踏み入れたくらいなんですよ。アンダーウッド編が始まってから入ってきた情報を鑑みる限り、この物語のスケールからすると明らかにまだ序盤を脱しきっていないんです。
にも拘らず、この段階でここまで盛り上がってここまで面白いって、どういう事なの?! や、ばい。これマジでヤバい。作品のポテンシャル、まじぱねえ。いやいや、はじまった当初からこれは凄い作品になる、スニーカー文庫の看板作品になる、と確信を抱いてはいたけれど、それどころじゃないかもしれない。
まだ過程に過ぎず、途中に過ぎず、場合によっては始まってすらいないのにここまで面白かったら、じゃあこれ以降本格的に話が山場に入ってきたら、どれだけ面白くなるって言うんだ!? 偶々今回が面白かったってんじゃないんですよ。確固とした上へと続いている階段が目の前にそそり立っている。絶対に話が進むにつれてさらに盛り上がっていくのが、もう目の前に道筋として完成している。確信どころじゃない、決定事項として成立している。不安を抱く余地もない、疑念を挟む隙間もない。期待すら抱く必要がない。規定の事実だ。ただただ、次が出てくるのを頭を真っ白にして受け入れるしかないよ、こりゃ。
こんな感覚、初めてだ。

「十三番目の太陽を撃て」
まず、このサブタイトルに引きこまれ、そして本文に入り、開示されたギフトゲーム「SUN SYNCHRONOUS ORBIT in VAMPIRE KING」の契約書類の文面を見て全身に電流走る。
まさにここから。あのギアスロールの文面が記載された2ページを開いた瞬間から、読んでるこっちまで「カチリ」とスイッチが入ったのがわかった。ゲームスタート。ここから、際限なく感覚の疾走が始まる。
あとは、奔流に流されるままに!!
ああ、読み終わった今もなお、まだ心臓がドキドキ言ってるよ。一区切りついたとはいえ、まだアンダーウッド編は終わってないっていうのに。

何が起こったのか。誰が何を感じ、何を見つけ、何を成したのかは、是非にこれを読んで直接目撃して欲しい。
この悪辣無劫なギアスゲームの謎解きを。囚われのレティシアに秘められた過去と吸血鬼種族の歴史を、十六夜の活躍を、飛鳥の決意を、耀の見出だす結論を、黒兎の、ペストの、ジンの、グリーやジャック、サラたちの戦いを、殿下と呼ばれる少年とリンたち敵側の暗躍を、余すことなく目撃してほしい。
これほど独り占めにしておきたくて、一人にでも多く見て欲しい面白すぎる物語は久々だ。可能性が、ポテンシャルが、スケールが、間欠泉みたいに噴き出していやがる!!

箱庭世界。十六夜じゃないけれど、なんて素敵で楽しく広々として留まるところも壁もない、最高の世界なんだろう。広い、広い、とてつもなく大きくて高くて深くて天井も底も時間ですらも届かない、自由で揺るぎのない世界観。箱庭世界という名称に、最初に抱いた狭くて窮屈そうなイメージは、今や胡散霧消して何処にもない。
これはどこまでもいける、どこにでもいける、何にでもなれる、解き放たれた最高のフロンティアでの、最高の問題児たちの物語だ。
ああ、ホントに最高に、面白いぞーーーっ!!!!

1巻 2巻 3巻感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  そう……巨龍召喚 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

幻獣が多く住むという南の“龍角を持つ鷲獅子”連盟から届いた収穫祭への誘い。問題児たち3人は南へ何日行けるかの権利をかけ、ゲームで争うことに!ゲームの結果、南へ向かった黒ウサギ一行は、新種の植物ブラック★ラビットイーターに遭遇した。黒ウサギが触手に襲われる!?なんて遊んでいたら、南を一度滅ぼしかけた魔王の残党である巨人が襲ってきて!そしてノーネームに残った問題児(誰だ!?)の秘密が明かされる。

これは、参った。十六夜のこと、この時点でもとんでもない奴だと感嘆していたつもりだったんだが、まだまだ見縊ってた。
規格外の力を持ちながら、そのパワーに振り回されない理性と知性。ただ暴れたいだけの野卑たる暴君ではなく、相手を立てるような心配りまで出来る処世と甘やかさない優しさを持った隙の見当たらない大気者としての十六夜は、既に二巻までで理解していたつもりだったんですけどね。
彼の凄さは、その才そのものじゃなかったんですね。むしろ、その心栄えにあったことをこの間で目の当たりにしてしまった。
彼の過去語り、箱庭世界に来る前のエピソードで彼が語った言葉は衝撃的ですらあった。十六夜は、彼の存在を受け止めきれなかった世界を拒絶せず、厭わず、忌まず、憎まず、呪わず、倦まず、嫌わずに、愛していたのだ。美しいものとして愛しみ慈しんでいたのだ。それどころか、その途方も無い力を、笑って胸を張って埋もれさすつもりだったのだ。退屈に欠伸を漏らしながら、彼を受け止め切れない世界の中で静かに埋没していくつもりだったのだ。愛する世界を壊さないために。

シリーズ冒頭の、箱庭世界に来る引鉄になった手紙の内容と十六夜の反応から、てっきり十六夜は自分の器に収まらない世界に見切りをつけて、見捨てて、振り返るものもなく嬉々として飛び出してきたと思ってたんですよね。そこには、元いた世界に対する不満、倦怠、嫌悪を抱き、窮屈に自分を押し込めていた事に対する仄かな憎しみすら持っているものだと思っていた。元いた世界には、未練も後ろ髪惹かれるような相手も居らず、そこに残してきた過去は彼にとって膿んだ記憶でしかなかったのだと思っていた。
それなのに、この子は、一生涯を腐って過ごしてイイと言ってのけるほどにこの世界を好きだと言ったのだ。
参った。正直、痺れた。
この少年の心を、ここまでに育て上げた金糸雀という人は、本当にとんでもない人だったんだな。黒ウサギが尊崇し、十六夜が今なお敬愛し続けているのもよくわかる。
そして、この人は結局、十六夜とノーネーム両方に贈り物を与えた事になるのだろう。十六夜には、自分の限界を底の底まで楽しめる次の世界を。そしてノーネームには自分の代わりに新たな希望を。まさにギフト――贈り物であり、祝福だ。
大好きな世界と大切な人たちを残し、箱庭世界へと旅立った十六夜――そう、この少年は元居た世界を捨ててきたわけでも逃げ出してきたわけでもなく、ちゃんと別れを告げて旅立ってきたんだな。だからこそ、彼は強い。置いてきたものは良い思い出ばかりだから、彼の足取りに重石となるものは何も無いのだろう。
無敵だよ、この子は。

そんなある意味、もう金糸雀によって完成されている十六夜と比べて、飛鳥と耀はむしろこの箱庭世界に来てからこそがスタートラインだったのだろう。同じ位置からスタートしたんじゃなくて、きっと最初から差があったんだな。力の差ではなく、きっと心の置き方で。だから、彼女たちの成長はこれからであり、ずっと先をゆく十六夜を悔しさに歯を食いしばり、追いかけていくしかないのだ。負けたくないなら、追いかけるしかない。そして、この娘さんたちは、とっても負けず嫌いなのである。
耀に最後に示された彼女のギフトの可能性。それは多分、単純なパワーアップの要素じゃなくて、彼女の心のあり方が定まったときにこそ、その力の使い方がわかるような、そんな感じの代物のような気がする。
負けるな、女の子たち。

結局、サブタイトルの話は最後の最後に開陳。これって、ある意味前後編ってことじゃないのかしら?
いずれにしても、盛り上がってまいりましたーー!!

1巻 2巻感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ?4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ?】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

【打倒!魔王!】を掲げた弱小チーム“ノーネーム”に届いたのは、北の“火龍誕生祭”への招待状。魔王襲来の予言があり、東のフロアマスターである白夜叉から参加を要請されたのだ。「それ、面白そう!」と黒ウサギを置いて北へ向かった問題児たちから「今日中に私達を捕まえられなかったら、3人ともノーネーム脱退するから!」という手紙が!?な、何を言っちゃってるんですかお馬鹿あああ――!!! どうする黒ウサギ!?
あれ!? あれれれ!? なにこれ、めちゃくちゃ面白いんですけど!? いえ、第一巻の段階から新人作品としては稀に見る、いや新人作だからこそか、パワフルにドライブをきかせまくった凄まじい勢いの面白い作品だったのですが、逆に言うと勢い重視すぎて物語をすすめる上での前提となる舞台装置の構造部分が果たしてこの勢いについてこれるのか、ややも不安な部分があったんですよね。どれだけスピードの出る車を用意しても、道路を整備していなかったらまともに走れないのと同じような意味で。
魅力的でエネルギッシュなキャラクターたちと、彼らが大暴れする舞台となる箱庭世界。これを如何に空転させずに走らせる事が出来るのか。滅多と見ないくらい突っ走りそうなキャラ揃いだけにどうなるかと思ってたんですが、まさかこれほど一瞬にしてインフラを整備してしまうとは、呆気に取られてしまうくらいでしたよ。
そういえば、一巻の感想を見返してみると、意外とこれ舞台設定は頑丈に出来ているのかも、という風に見てたんだな。どうやらその感触は間違いなかったらしい。それも、何となくの感覚で整えるのではなくちゃんと計画性に基づいたシステムとして整えていっているのが好感触。

そもそも、あれだけ十六夜たちにチートすぎる能力を持たせたにも関わらず、それに頼り切って力任せのパワーゲームで障害をぶち破っていく形式にせず、かと言ってせっかくの能力を活かすこと無く封印したり制限するでもなく、まずそのチートな能力を武器として実際に振るえる状況を作り出すところからはじめなければならないように話が進んでいくのです。そもそも、ゲームのルールを決めるところから、いやそれよりも前、ゲームが実際に行われると決められる前の段階から謀り事と駆け引きが始まっているのですから、相当に深度のある知略戦ですよ、これ。
一巻ではルールを問題にしない強力な力を持つ三人の大暴れが痛快感を醸しだしてた以上、ルール縛りを強化するのは窮屈さを感じさせるかと思ったら、全然そんな事ありませんでしたしね。これは、一方的にルールを押し付けられてそれに縛られるような展開じゃなく、相手との駆け引きでルールの内容を決めていく、という形が大きかったんだろうなあ。いや面白い面白い。実に面白い。

そして、相手に対する勝利条件を見つけるためには、まず相手の正体を見極めなければならない、と来た。一巻で敵陣営がペルセウスに連なるものだったり、他にも黒ウサギの神話や白夜叉の正体など、傾向はあったけれど、ここまではっきりとまず神話や伝承を手掛かりとして相手の正体を分析解体し、その氏素性を暴いていくスタイルのバトルになっていくのは予想外だった。こういうウンチク話が好きな身としては、【カンピオーネ!】もそうなんだけどハマるんですよね。
今回の相手はハーメルンの笛吹き男がキーワードとなるチームだったのですが、ハーメルンの伝説にそういった解釈の数々があるとは全然知らなかっただけに、大変面白かったです。
それにしても、十六夜の博識さには驚かされる。こいつの最大の強みって、野放図な力でもギフトブレイカーという特殊能力でもなく、この知識と知能と洞察力じゃないか。バトルジャンキーの野生児みたいなノリしてからに、ココぞという肝心な時にはこの子完全に理性派なんですよね。自分の欲求に忠実なのかと思ったら、状況を鑑みてちゃんと自分を抑えるところは抑えて立てる相手は立てるし。無邪気なヤンチャさと義理人情に厚いところが同居しているし、三人の異邦人の中では確かに頭ひとつ抜けている。

一方で、飛鳥や耀は能力的には一歩も二歩も十六夜には劣るんだけど、人間的には若いなりに非常に出来ているし、稚気や余裕もある。その上で、非常に貪欲な向上心もあり、心を正方向に保つ矜持と義侠心も持っている。今はまだ中途半端な強者だったとしても、この二人ってそりゃもうガシガシ伸びまくるタイプですよ。ある意味完成している十六夜よりも、その伸びっぷりは見てて楽しいと思うくらいになるかも。この巻でも、既に飛鳥は一つ大きな武器を手に入れますしね。

そして、今回の敵となるチームの連中も、このままドロップアウトしてしまうには惜しいと思うくらいにキャラ立ってましたよ。
惜しむらくは、まだ味方側のキャラを立てきれてないところか。特にサンドラあたりなんかかなり美味しい立ち位置だったのに、何か目立たないまま終わっちゃいましたしね。坊ちゃんも、彼の知識が打開策となる場面は幾つかあったのだけれど、いまいち目立てず。彼とサンドラの関係なんか扱い用によったらだいぶ華やかに出来ただろうに。ちょっち詰め込みすぎの弊害がこの辺に出てるのかなあ。元魔王の吸血姫も、その正体から伸縮自在の特性やら、見せ所は多かったはずなんだが、もうちょいインパクトに欠けた感もあったもんなあ。カノジョのキャラのキャパからしてもっと出来るはずという期待も大きいですから。

ともかく、期待していたものよりさらに発展した形の特上の品を二巻で見せてくれた以上、こりゃさらなる期待を膨らまさずには居られないですよ。でっかいの来ましたよ、これ。

1巻感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! ウサギが呼びました!3   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! ウサギが呼びました!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

魔王を倒そう!
うざぎはそんな大それたこと頼んでおりませんっ!


世界に飽きていた逆廻十六夜(さかまきいざよい)に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を読んだ瞬間――完全無欠な異世界にいました! そこには猫を連れた無口な少女と高飛車なお嬢さま、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。ウサギが箱庭世界のルールを説明しているさなか「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!? そんなこと黒ウサギは頼んでないのですがっ!! 超問題児3人と黒ウサギの明日はどっちだ!
これはまた、商業作品としては望外なほど突き抜けた大風呂敷を広げてきたものだ。箱庭世界という精緻に行き届いたルールの整備された世界を舞台にしながら、主人公たる三人にそれらのルールを問題にしない絶大なまでの力を持たせた上でフリーハンドを与え、さあ好きなように好き放題思ったようにやってみろと解き放つその小気味よいまでも潔さ。前提からして暴走上等、小賢しさを放棄してシッチャカメッチャカにしてやんよ、とばかりに勇んだ主人公三人組のキャラ設定。
よくぞまあ、ここまで突き抜けた作品を創りだそうと思い立ったもんだ。普通はある程度手綱を取っちゃうものなのに、実に楽しそうに放し飼いにしちゃってまあ。
ただ、さすがに主人公三人ともが三人とも、完全チートだと制御を失ってしまうと思ったのか、本当になんでもありなのは取り敢えず逆廻十六夜一人だけだった、というのはちと残念だった気もする。いっそ、久遠飛鳥と春日部耀にも十六夜クラスの力と野放図さがあったら、もっとシッチャカメッチャカになって面白かったのに。それを物語として制御できるかは定かではないけれど。でも、少なくとも力関係についてはまだ飛鳥も耀も行き着くところまで行くだけの余地がありそうなので、その辺は今後覚醒編とかありそうだなあ。現段階でも相当アレなのに、さらに覚醒って何よ、という話何だけど。
まさか、十六夜がパワー馬鹿だけでなく、智にも長けているとは思わなかったので、せめてそういう方面は飛鳥たちに担って欲しかったのだけれど……いや、それじゃあ十六夜がそれこそ単なる力で押し切るつまらない無敵ちゃんになっちゃうか。力だけじゃないあの享楽的な陰険さこそが彼の魅力に繋がっているのだろうし、ウサギが弄られる絡みにも繋がっているのでしょうしね。
今のところ、弱小コミュニティーを率いるお坊ちゃまは自分の望みにしがみつくだけで、それを貫くだけの資質をまだ見せられておらず、旧来の仲間や新たに加わることになった三人組をまとめて率いるだけの器を示せてないのだけれど、その辺期待できるんだろうか。現段階だと舐められて見下されても仕方ないと思う程度なのが勿体ない。少なくとも、現段階だと十六夜たちがコミュニティ「ノーネーム」に在籍しているのは単に面白そうだから、という以上ではなく、リーダーである坊ちゃんに対して付いていくだけの魅力を感じたわけじゃないですしね。十六夜なんかは積極的に彼にリーダーと成り得るだけの資質を持たせてやろうと、強引に色々と画策しているあたり、何気にお節介というか世話焼きなところがあるのかもしれないけど。いや、単に弄って面白がっているだけなのか?
一応コレ、女性陣は飛鳥と耀もいるけれど、メインヒロインはウサギになるんだろうか。十六夜とのやり取りや関係性を見る限り、そんな感じがするけれど。

メインの三人がチートと呼ばれて仕方ない力を持っていて、それを好き勝手に使いまくって大暴れしているにも関わらず、この箱庭世界の舞台設定が破綻していないのは結構凄い気がする。けっこう大雑把に見えてこれが実は舞台設定は頑丈に出来ているのかもしれない。この箱庭世界という神造空間もゲームともファンタジーともつかない独特の雰囲気を纏っててなかなかいい感じですし、ストーリー展開も悪党をぶっ飛ばし、仲間を見つけ、弱小コミュニティーを大きくしていく、という爽快感あふれる痛快なものですし、これは勢い良く楽しい作品でした。さて、どこまで暴走していくのか、まだまだ十六夜含めて底は全然みせていない段階なので楽しみ楽しみ。
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索