徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  9月前半の漫画新刊カレンダー  9月後半の漫画新刊カレンダー  9月のライトノベル新刊カレンダー
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
 

坂照鉄平

紫電の刃と慟哭の精霊姫3   

紫電の刃と慟哭の精霊姫 (一迅社文庫)

【紫電の刃と慟哭の精霊姫】 坂照鉄平/COMTA 一迅社文庫

Amazon

「日本人」が恐れられる剣と魔法の異世界。魔法王国の少女・ミラベルは、ひょんなことから侍の少年・陣八に助けられる。気の良い「日本人」が新鮮なミラベル。意気投合した彼らは一緒に旅をすることになるのだが、行く手には無法者たちの影が迫り―。失われた「ブシドー」の境地を求め、侍と少女騎士は荒野を駆ける!異色の西洋×日本ファンタジー!!!
こ、これはまたスチャラカな洋風異世界と和風ファンタジーの混合ワールドだ。真面目に世界観を融合させたものとは少しずれていて、そう…漫画の「銀魂」に似た路線、とでも言うんでしょうか。あちらは江戸時代に宇宙から異星人がやってきて、混ざった文化が素っ頓狂なことになっていましたけれど、こちらも現代日本ではなく恐らく戦国末期か江戸初期の日本がまるごと異世界に飛んできてしまって陸続きとなり、以来500年が経過して異世界ファンタジーが混ざったへんてこな文化が育ってしまった、と。もっとも、日本とは言っても日本人、倭技(ヤマトクラフト)なる天然の精霊魔法みたいなのを生来備えている人が多かったり、とどう見てもこっちも和風ファンタジーの世界の日本だったりするのですが、横文字の流入もお洒落とか粋とはベクトル真逆の、でも妙にツボに入るルビ振りで、これが結構楽しかったり。
しかしこの世界の日本人って、扱い完全に亜人蛮族だよな(笑 というよりも、オークとかエルフとかドワーフに混ざって、日本人が加わってる、みたいな。種族・日本人って感じでヒューマン扱いされてないw
このごった煮感はあんまり見たことが無いタイプな上に、全体的にノリが軽くてワイワイと大騒ぎしながらテンポ良く進行していくお話なので、このノリと味付けが気に入ったら読んでいてもかなり楽しい気分になってくる。主人公の陣八とお姫様のミラベルが完全に脳天気アーパー系で波長が合ってしまっていて、お供のグーデリアが二人に振り回されて、とりあえずぶちきれて蹴りを入れる係、になっているあたりも、ドタバタコメディとしての形ができているんじゃないだろうか。
一方で、脳天気でありつつもこの二人、一本芯の通った信念を胸に秘め、肝心なときには毅然とそれを振るう事が出来る子たちであり、同時に抑え役であり世話係であるグーデリアもそういう時には見事に主人の意思を体現しようとする剣となるので、締まるところはビシっと締めてくれるあたり、緩急がしっかりしているとも言えるのではないでしょうか。
加えて、主人公の陣八に与えられた話のテーマは受け継がれる魂に託される意志。師弟愛とも親子の愛情とも取れる少年がある意味本当の意味で独り立ちする成長のお話でもあるんですよね。

若干、内包している様々なテーマや要素の整理に手間取り、とっちらかってやや焦点がブレている感もあって完成度としては甘さもあるんですが、楽しくも読み応えのある物語としては十分な出だしだったんじゃないでしょうか。あと、どうもこのメインの三人、配置的に水戸黄門的な世直しの旅とか出来そうな塩梅で、てっきりそっち方面に話が展開するのかと思っていたくらいで、次回辺りはそんな方向に行くのかなあ、とチラ見で期待してみたり。あとは、もうちょっとグーデリアの方も持ち上げてほしいな。まだこう、三人のキャラの紹介、みたいな要素に留まっていて、三人の関係の掘り下げというところまではまだ至っていなかった気がするので。

坂照鉄平作品感想

黒鎖姫のフローリカ3   

黒鎖姫のフローリカ (富士見ファンタジア文庫)

【黒鎖姫のフローリカ】 坂照鉄平/鍋島テツヒロ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

「私はあなたを繋ぐ鎖の主。この聖堂で亡者を束ねる黒鉄の鎖。喜ばせたければ―フローリカ、と名を呼びなさい」不死の亡者―『落胤』に夜ごと脅かされる世界。“荊冠の背教者”の護法神官であるスタッグは、『落胤』討伐の任務に赴き、その命を落とした…はずだった。しかし、彼は不死の姫王フローリカの眷族として蘇らされる。聖職者でありながら、不死者となったスタッグは彼女を殺すことを決意するも、不死の姫を殺し得る唯一の方法は―彼女を愛する事で!?不死の呪縛に繋がれた時、少年は封緘聖堂に隠された世界の“真実”に辿り着く。
 前作【L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説】の完結からおよそ三年間音沙汰なかった坂照鉄平さんの、久々の新シリーズ。前作がなんだかんだとかなりの良作で、しかもファンタジーながら純愛に帰着したストレートなラブ・ストーリーだったので、次のシリーズも当然のように期待していたのですが、まさかこれだけ待たされることになるとは。でも、再び復帰してくれてよかった。おかえりなさい。
さて、満を持してか引っさげてきた新シリーズは……読んでみるとこれがドンドンと作品の印象がめまぐるしく変わっていく不思議な作品でした。初めはいきなり主人公が志半ばで死んでしまうという衝撃的な展開で、そこから不死者として蘇らせられるという骨太な本格ダークファンタジーかと思いきや、フローリカの眷属たちに出会ってみるとこれが実にスチャラカな連中で不死者にとっての天敵であった神官だったスタッグがどう扱われるのかと思ってたら、思いの外友好的でフローリカに拾われたこの少年の存在をむしろ喜んで迎え入れる始末。そこで繰り広げられる大騒ぎは、そのままドタバタホームコメディでかなりの急展開に目を白黒させてしまった。
そもそも、このフローリカの眷属たち。不死の怪物としては定番ともいうべき種族が勢ぞろいしているのだけれど、その種族に相応しいイメージというものを尽く蹴っ飛ばしている凄い奴らである。すぐに成仏したがる元女兵士の騒霊(ポルターガイスト)はまだマシで、猫の姿をした道化師みたいなリッチーに、泣き女(バンシー)にも関わらず男でジェントルマンでハードパンチャーという謎の紳士。首と胴体が別人で、それどころか駆け落ちした恋人同士という首なし騎士(デュラハン)、そして圧倒的な存在感を示す吸血鬼のパンダ。パンダである、パンダ! おい、このパンダ、【怪物王女】で見たことがあるような気がするが気のせいか!?
こんなスットボケた連中を相手にして、緊張感など保てるはずがなく、しかしこの連中が人の心を持たない不死の怪物でありながら、主であるフローリカを慈しみ、眠れぬ存在である彼女に安らぎを与えようと心を砕くその様子はアットホームと言ってすらよく、この怪物一座が温かな絆で結ばれた家族のように見えてくるのだ。
ホームコメディ?
と、ぬるま湯に浸った気になっていると、さらに話はどんどん進み、フローリカの不死者としての心の倦怠と絶望という核心が移行していく。
与えられた役目を、終わる理由もないからと淡々と続けていくだけの、無機質で心の置き場のない少女の奈落のような絶望感。そんなとき、不死者である自分を助けて死んでしまった本来敵であるはずの神官の少年。彼を気まぐれに命を与えて蘇らせてみると、何故か彼の存在は停滞していた彼女の心を揺り動かし、死んだように生きていた、死んだように存在していた少女を、ある意味蘇らせてしまうことになる。
物語は永遠という檻に縛られた少女を救うは愛し愛される事、という純愛物語へと再び変化していくのだ。
作品の雰囲気がコロコロと変わっていくのは、目先が次々と変わっていって退屈しないですし、一つの世界観に様々な方向性が内包されているというのは、可能性を伸ばすという意味でも悪くはないと思います。ただ、現状だとまだまだ中途半端と云われてもしかたがないかな、という忙しなさを無視できないんですよね。フローリカとスタッグがそれぞれに想いを寄せる過程にやや唐突感があり、説得力が感じられないという理由も大きいかと。
ただ、どこ展開に関してもこのまま行ったら面白くなりそう! という足元がしっかりして踏ん張りがききそうな要素が散逸していて、話が続けば続くほど上積みが増えていきそうな気配を感じるんですよね。前作での実績もありますし、個人的には先々に期待したい新シリーズです。
特に、もう少し“荊冠の背教者”側の描写が、特にフローリカの対抗ヒロインであるはずのハルの描写が増えてきたら、さらに充実してくるとおもわれるのですが。

坂照鉄平作品感想

L 4 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説4   

L 4  詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (富士見ファンタジア文庫)

【L 4 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説】 坂照鉄平/水谷悠珠 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1

堪能した堪能した堪能させられた! 
これぞまさしく<パワー・オブ・ラブ!!>
いいなあ、昨今これほど直球の愛の力を感じさせる物語も珍しい。女の子がたくさん出てくる作品もいいけれど、めぐり合った男女の一途な恋物語もいいもんじゃないですか。
バーンが飲み込んでしまった<罪人竜の息吹>がとうとう暴走を始めた上に、自身が行ってきた鎮静化がバーンの生命そのものを削っていたことを知ったアーティアは、<アビスパス>に彼を預け、自分の生誕の秘密を知る村長と母竜に真実を聞くために故郷に戻る。
離れ離れになった二人。思えば、この物語が始まって以来、この二人がこれだけ遠くに離れてしまったのって初めてだったんですよね。逢えなくなった事で、声を聞けず、顔を見れず、触れ合えなくなった事で、余計にお互い相手のことがどれだけ大切で、大事で、大好きであったかを思い知るはめになった二人。そもそも恋という感情そのものを知らなかったアーティアが、抱えきれないほど溢れかえってくる想いの奔流におぼれていく様が、いっそ凄絶ですらある。
母竜たちに訴える、今まで知らなかった感情、湧き上がる思いの丈をぶちまける姿のなんと眩しかったことか。
これほど必死で、必死で、気が狂いそうな叫びの、なんと胸を締め付けられたことか。
そう、恋とは「落ちる」ものなのだ。

そして、恋は愛へと昇華され、力となる。

罪人竜の力を、最後まで最強の武器ではなく、二人が乗り越える障害として扱っていたのも良かったなあ。バーンは所詮口先任せの詐欺師であり、嘘つきで嘘のつけない好きな女の子のために頑張るやせ我慢の男の子なんだから、そんな星を滅するような力を振り回すようなキャラクターじゃないんですよね。だから、最後まで罪人竜が二人を苦しめる害悪であったのは、地味に徹底していて素晴らしかった。

素晴らしかったといえば、あの人の再登場もそうですね。あれは、バーンにとってもアーティアにとっても消せない傷跡だっただけに、そこにもちゃんと傷を癒すためのフォローを持ってきてくれたのは、素直にジンと来た。

そんでもって、最後のオチがまた最高なんですよね。故郷を旅立つアーティアのあれは、彼女の人間的な成長やなんやを含めて、無茶苦茶かわいらしかった。恋する女の子は、心に翼が生えているかのようで、その手を掴んでくれる人がいるならばきっと、この荒野をどこまでも飛んでいけるに違いない。
もう、ぎゅーーっと抱きしめてあげたくなるくらい、素敵な恋の物語でした、はい。

2巻感想 3巻感想

L 3 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説4   

L 3  詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (富士見ファンタジア文庫)

【L 3 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説】 坂照鉄平/水谷悠珠 富士見ファンタジア文庫

Amazon



しまった。完全に油断していた。なまじ前回が明るく前向きなノリだっただけに、忘れてしまっていた。
これが、<荒野>の物語だったということを。
そう、これは西部の。非情で無情な現実が横たわる、荒れ果てた大地の物語だったのだ。
思い起こしてみれば、一巻では死人こそ出なかったものの、アーティアは人間不信になりかねない手酷い裏切り。友情を切り捨てる人の欲に塗れた裏切りを受けてるんだよなあ。
そして、今回の悲劇。ただでさえ、この結末はアーティアにとっても辛い事だろうに、それを引き起こした原因の一端が、自分が敬愛し信じて疑わなかった人々にあったわけだから、彼女は今度は人間からではなく自分の身内から手酷い裏切りを受けたことになるわけだ。しかも、その結果アーティアは図らずも、今や自分が一番大事に思っている人を裏切ってしまってたという事になっちゃうんだよね、これ。こんな素直でまっすぐでイイ子が、なんでこんな境遇に置かれちゃうのかなあ。健気でひたむきで、ほんとに一生懸命なんだぞ。
バーンみたいな小心者で意気地無しで女好きの、クズと呼ばれても仕方無いような人間を、純心でなけなしの勇気を奮い起すただの恋する男の子にしてしまうような、そんなイイ子なんだぜ。
そんな子の穢れない魂を踏み躙るような彼奴らの行為には、ちょっと本気で虫唾が走った。まだ悪意だの欲望だのがある人間たちの方が、そういうモノと納得できる。むしろ、使命感や正義に忠実たらんとしているやつらの方が始末におけない。まったくよくある展開だけど、ほんとにこれは頭にくるね。

しかし、今回の結末はマジでへこんだ。不器用なモノ同士のすれ違い、拙くも必死に繋がろうとしていた結果がこれっていうのはねえ。当事者たちの誰もが悪くなく、周りの連中も一生懸命グッドなエンディングに向けて努力していただけに。なにより、この二人がとてもよいキャラクターだっただけに。ショックは大きかった。
バーンなんか、今回ほんとよくやってたよ。こいつ、何だかんだと義理固いんですよね。ちゃんと恩ある相手には報いようとする、決して女の子だけに甘いわけじゃないんだよなあ。この野郎は話が進めば進むほど株があがりやがるぜ。
アーティアは、まだ恋とは一体何なのかもわかっていない世間知らずの幼い無垢な少女なのだけど、このままそのバーンへの気持ちを屈折させずに育てていけば、とても素敵な恋になっただろうに。二人が置かれた境遇の重さが、何とも憎々しい限りだ。最近、ブロックの大将と副長のあんちゃんが頼もしいので、なんとか味方の役回りでこの二人を助けてやってほしいところだけど。
物語もわりと早く佳境に入ってきた感もあるけれど、突っ走るならこのまま加速してラストまで駆け上がって欲しい所です。

L2 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説4   

L 2  詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (富士見ファンタジア文庫 は 1-1-2)

【L2 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説】 坂照鉄平/水城葵 富士見ファンタジア文庫


これは面白かった。第一巻で主人公のバーン・フラットランドとヒロインのアーティアのキャラの紹介、確立、関係性の構築が終わっていたためか、この第二巻では最初から二人の思わずニヤニヤしてしまうようなやり取りが見られたように、キャラがガシガシ動いてて、初速から飛ばしていけたのが良かったんだろうか。
なんにせよ、メインの二人が魅力的と言うのが一番大きな武器なんでしょうねえ。この主人公、ヘタレで小心者で口八丁の軽薄モノ。女性を口先でだまくらかして貢がせるのを生業としていた詐欺師まがいのろくでなし。というどうしようもない人間なんだけど、確かにどうにも愛嬌があって憎めないんですよね。口から先に生まれてきて、最初に発した言葉が大嘘みたいな出まかせとハッタリだけでできているような男のくせに、アーティアなる少女に生まれて初めて恋をしてしまったのが運のつき。彼女にだけはどうにも嘘がつけなくなって、出てくるのは精々相手をおちょくる軽口ぐらい。女性を落とすことに関しては百戦錬磨のくせに、彼女に対してだけは子供みたいな接し方しかできない辺りが、どうにも根本のところでこいつ純情青年みたいに見えて、妙に可愛らしいんですよんね。
小器用に世の中舐めて渡ってきた男が、アーティアのこととなると途端に不器用になって、泣きごとを喚きながらもひたすら愚直に頑張る男になってるわけで。
でも、その子供じみた愚直さが、今の彼の魅力そのものなんですよね。素直に、頑張れと応援したくなる。基本的にヘタレで三下で真面目さとはかけ離れた人間、というのもあるからなんだろうけど。そういう普段から逃げ腰のやつが肝心どころでグッと踏ん張って頑張ってしまう、しかもその理由が好きな女の子のため、となったらもうツボそのものだったりする。
そういう行動は、当事者であるヒロイン以外の人間にもやはり好ましく映るらしく、本来なら他人に好かれ周囲に人が集まるような性質の人間ではないにも関わらず、今回のバーンの周りには事件を通じて様々な人間が集まり、当初は反発、敵対しながらも、最終的には彼を助けることになる。
今の彼には、確かに人を惹きつけるものがあると思う。もっとも、率先して人を引っ張るようなカリスマ性とかではなく、見てると危なっかしくて情けな過ぎて、ついつい手助けしたくなるようなソレ、なんだろうけどww

アーティアも当初の人間種族に対しての敵愾心・警戒心丸出しだったころに比べて、非常に素直な目で人間たちや、その社会に接してて、この娘も変わったものです。前作で、初めての人間の友人となった女性から手酷い裏切りを受けて、ちょっとはまた人間に対する不信感を生じさせてるかとも思ったんですが、彼女との交友で育んだ柔らかい心は、裏切りと言う痛みを受け止めきったのでしょうか。それどころか、痛みが逆に彼女に成長を促した感すらある。
それだけに、今回のサブヒロインのフェイとの新たな友情には、なんだかホッとさせられました。彼女が選ぼうとしている竜徒と人間との関係が、決して間違いではないように思えるので。
バーンに対する恋心も、初々しくて実に可愛らしい。世間知らずで恋愛方面にはとんと幼くて、自分の気持ちを漠然と恋なのだと認識しながら、恋というものがどんなものかよくわかってなくて、湧き上がる感情の正体がなんだかさっぱり理解してなくて、戸惑ってる様子とか変に無防備に振る舞ったりするところとか、同性のフェイが思わず抱きしめてネコ可愛がりしたくなるのもよくわかるw
お母ちゃんの雪竜さん、なんか男性関係にトラウマがあるか知らんけど、娘さんを箱入りに育てすぎじゃないですか?(笑
 
10月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(ウィングス・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月21日

(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
10月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W

10月19日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月18日

(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

10月16日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W

10月15日

(ハルタコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


(コロナコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

10月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

10月12日

(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
10月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

10月8日

(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ニュータイプ100%コミックス)
Amazon


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ヴァルキリーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヴァルキリーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(アルファライト文庫)
Amazon


(アルファライト文庫)
Amazon

10月7日

(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

10月5日

(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W

10月4日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


9月30日

(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(楽園コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(楽園コミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月28日

(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月27日

(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月24日

(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon

9月22日

(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索