境界線上のホライゾン

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 9(下) ★★★☆   



【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 9(下)】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon BOOK☆WALKER

いよいよ始まる本能寺の変!末世解決の手掛かりを得るため、トーリ、ホライゾン率いる武蔵勢は本能寺へと突入を掛けるが、その先に何が待ち構えているのか?その一方で同時展開する、柴田・勝家が起こした賎ヶ岳の戦いに端を発するP.A.Odaと羽柴陣営の“先輩後輩対決”も、ますます激化。聖譜記述に殉じようとする者、抗おうとする者、様々な思いのもと、本気を出した五大頂らの攻撃に、羽柴十本槍の面々は苦戦を強いられるが…。末世解決の鍵を握るという創世計画とはいったい何なのか?元信公の遺志もだけどネシンバラはボスに会う前に暗号を解読できるのか!?もう二度と「えっ」とか言わせない。よくわかる本能寺。数々の真相が、今明かされる!!全くカンタンだ…!第九話、後編!

やっと、やっと読めた。ずっと積んでしまっていた上に、何処行っちゃったか分からなくなって、発掘できても分厚すぎてちょっと読む時間確保できねえよ、となって止まっちゃってた【境界線上のホライゾン】の続き、連休を利用してようやく読めた!
と言っても、発掘は結局出来てなくて、電書買い直しての読破ですよ。いや、ちょい前にブックウォーカーでセールしてたものですから良い機会だ、と。
にしても、読み始めたら読んでも読んでもゲージが前に進まなくて参った。丸一日まるごと掛かりましたよ。
さて表紙は初お目見えの人、人呼んで織田・信長、満を持してシリーズ通算23冊目にしてようやくのお披露目初登場である。長いよ! 本当に長かったよ! ただでさえ普通の文庫本3冊分くらいあるシリーズの23冊目ですよ!? しかし、それだけ待たせて貰った分に相応しい正体でもありました。待っていた、という意味では彼女もまたずっと待っていたんですよね。武蔵の面々をずっとずっと待っていた。彼らと会うのを待っていたわけです。そう考えるとちょっとウルウルしてきてしまう。
というわけで、柴田勢と羽柴勢の激突である賤ヶ岳合戦と同時進行で、本能寺の変がついに開幕! 
羽柴の十本槍だけでなく可児や島・左近といった次世代の対等に、強大さを示しながらも後を託して若駒たちが走り抜けていくのを見送る柴田勢の先輩方。可児たちの成長著しさも注目に値したのですけれど、ここで舞台を降りることになる柴田さん家の先輩方のやり切ったような寂しいような姿が何とも胸に残るのでした。そして、自らに決着をつける柴田先輩とお市様。ああいう姿を見ていたくないからこそ「運命」が末世を起こす事になってしまったの、わからなくはないんですよね。
同時に、同じ戦いでこの上なく純愛ラブストーリーを見せつけてくれた加藤・清正と福島・正則のカップル。カップル恋人夫婦には事欠かないこのシリーズですけれど、ここまでガチですれ違いから劇的な再会でのラブシーンまで突入するような、トレンディドラマか学園青春モノかという熱いラブストーリーを繰り広げてたのって、この二人くらいのものじゃなかろうか。他のカップルってどこか熟年カップル的な成熟した関係や、もうちょっと手前の初々しい甘酸っぱさで形成されているものがあって、二人共が不器用でもどかしくも情熱的な青いラブはあんまりお目にかからなかったからなあ。青い、本当に青いよ!
でも、創世計画はそんなようやく成就した恋物語すらもまっさらなものにしてしまうというのを、この娘たち、織田勢の連中はわかっているんですよね。それほどの理由を、抱えているのか。
その一端を、まあこれだけ刊行から長いこと経ってしまっているので既に一部ネタバレは食らってしまっているのですが、彼らの経緯とか羽柴勢としてこの地に立った理由なんぞはまだ知らないので、このあと読み進めることで知っていきたいのですけれど。

ともあれ、ようやく戦国時代の歴史のターニングポイントとなる本能寺の変イベントに突入。
とりあえず、本能寺の変におけるMVPは右腕と左腕でOKですね? ね? 羽柴・秀吉と織田・信長を右と左で見事に一発ノックダウンですからね。いい加減、ホライゾンから独立して勝手に動き回って自立したキャラにならないでほしいですけど、両腕。
んで、次点がアデーレで。鉄球ならぬアデーレ玉の芯としての活躍からさらに進歩して、まさかの超高速アデーレですよ。アデーレが、疾い!?

そして本能寺の奥で待っていたのは、ホライゾンと瓜二つの少女。名を織田・信長。さすが最大のイベントというべきか。織田・信長に会うことでこれまで長きに渡って謎とされてきたものの秘密真実が明らかになることに。
創世計画のみならず、二杏紋を残しての公主隠しの怪異の真相、末世と呼ばれる世界の終わりの真実が一気に明らかになったのである。いやもう、一気過ぎない!? というくらいこれって何気に怒涛の展開だったんじゃなかろうか。
そして、本能寺で武蔵勢を待っていた織田・信長の正体も。創世計画で、本能寺の変で織田・信長が果たす役割も。
うん、これは武蔵勢が絶対に許容できない結末ですよね。死すべき定めを認めない、犠牲を許さない、それが武蔵勢の基本方針であり根幹なのですから。
それに、この創世計画って喪うものが多すぎるんですよね。そこまで全部喪ってしまって残るのは命だけ、ってそれもう生き残ってもその人当人と言えるんだろうか。言える、言えるしたとえ「そう」なっても生き残って欲しい、という願いこそが織田・信長の心からの願いであり、トーリたちへの親愛なのだろうけど。

――止めるぞ。

これが、武蔵勢の総意であり、決意である。応ッ!

シリーズ感想

境界線上のホライゾン、ついに完結。に伴いついに電子書籍化!  




はい、ついにこの11(下)巻を以って完結に至った境界線上のホライゾン。
BookWalkerにてついに電子書籍化されて配信されるとの模様です。

【コイン増量】GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン【29冊セット】


そのもはや文庫というには正方形すぎる分厚さでもっても話題を掻っ攫っていた本作。いやマジで分厚くてシリーズ積み上げると物凄い高さになり、横に並べても万里の長城と化し、という凄まじさでなんとなく持ってるだけでご満悦になってしまう代物だったのですが。
それはそれとして、分厚いと読むの大変!という事実も厳然としてございまして、電子書籍化は密かに待っていた部分もありました。ええありましたとも。
シリーズ最初の方、日焼けしてきてしまってますし背の部分ちょっと大丈夫かしらと心配になってきてもいただけに、この電子書籍化は良い機会なのかもしれません。
いや、実本の方も揃えているのですけど、それとは別に。ぶっちゃけ、分厚すぎて本能寺の変の前あたりで止まっちゃってるんですよね。あれ、腰を据えて読もうと思えるだけの時間があんまりなくて。でも、電子書籍ならちょっとその気になればページ開けることが出来るだけに、ハードルだいぶ下がるんですわら。
ならばいっそ、再読いつでも出来るように全部電子書籍の方も買い揃えてもいいんじゃない? という想いを後押しするように、セットで購入するとだいぶお得、という風になっているみたいですし。
それでも、相応にしますけどね! うへへへ、大人買い、大人買いだぜぇ。四十路のおっさんはこの程度怖くない、怖くない。車買った時に比べれば全然大したことないじゃないのよ。なので、勢いでポチッとな。



GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 8(下) 3   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)下 (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 8(下)】 川上稔/ さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon

「――明智・光秀の襲名権を、武蔵側へと譲って頂く事は可能だろうか」
 本能寺の変の歴史再現に介入を狙う武蔵勢。生徒会副会長、本多・正純は、首謀者、明智・光秀の“代行”を提案する。だがそれでは明智・光秀となった武蔵の生徒がその後の歴史再現によって失われてしまうのは必定。……正純に勝算はあるのか? 未だ姿を見せない現、明智・光秀は正純の提案に応じるのか――?
 夏休みも終盤になり、己の立ち位置を再確認する世界各国。賤ヶ岳の戦いへ向け研鑽する羽柴十本槍の面々、羽柴と武蔵の動きを見守る欧州主要国、そして未だに動きを見せないP.A.Oda……幾つもの思惑が交錯し、事態が思わぬ答えを導く――! 第八話クライマックス!!
ついに、というかとうとうというべきか、ミリアム・ポークウが表紙である。いつもは表紙裏に表のキャラクターの元になった歴史人物について語っているのだけれど、今回はどうしてもネタバレになるから、とミリアムが座っている車いすの話に終始していて、当人のついては一切触れられていない。そう、この巻に至ってもまだ彼女の正体についてはまだ謎のままなんです。彼女の元々の出自などは彼女の口からちょろっと語られてるんですけれど、まだこれ彼女が何者かについては絞りきれんよなあ。ただ、創世計画や公主隠し、謎の教導院など、織田・羽柴一党の最終目的、内裏と帝の秘密など、この8巻で一気に明らかになってきた情報をとりあえず遠くに置いて、そこにミリアムのことも一緒に置いて眺めてみると、彼女の正体はともかくとして彼女が何の役割を求められているのか、については何となく見えてきた気がする。これも、想像なんだけれど。でも、なんで彼女が武蔵に乗っていたのかがいまいちわかんないんだよなあ。ホラ子パパの仕込みではあるんだろうけれど、状況はどうやら彼の想定を逸脱しつつある、と幾人かは言及しているわけだし。
でも、彼女についてはね、もう東に任せましょうよ。とっくに夫婦同然だった二人ですけれど、ミリアムがあんなにもはっきりと言葉と態度で示してみせてくれたのには、キュンキュンしてしまいました。色々彼女は今後の展開について覚悟しているのかもしれないけれど、諦めてはいないというのがわかりましたし。それ以上に、心から東を信じているというのも伝わりましたし。
「私を忘れないで、追ってきてね」
ここまで言われるのは男冥利というものですよ、余。

思わぬデレと言えば、ホラ子が本当に珍しく直球ストレートでどまんなかに放り込んできたんですよね。この娘、基本的に危険球しか投げてこないのに。キャッチボールと言いながら、鉄球かボーリングの玉を全力投球して殺しにかかってくるくらい厳し目の子だったのに、思わず目を剥いて唖然としてしまうほど、普通の恋人みたいなことをしちゃって。びっくりですわー。なにこれ、クライマックス直前なの? いや、直前なんだけど。
でも、確かにトーリ、ここ最近見違えてるんですよね。まだ結婚していないはずなんですが、所帯を持った男のように落ち着いたというか、腰が据わったというか、子供から大人になったというか。不可能男の大馬鹿者という基本は変わらないまま、嫁さん三人をしっかり抱えられる大黒柱的な雰囲気が出てきてしまったような気がします。同時に、王様としての方向性も定まった感があり。いえね、最初から彼はブレてないんですけれど、王様として大きくなったなあ……と。今回、ネイトママがトーリの王様としてに本質について語っているんだけれど、それが非常にわかりやすくて、なるほどなあと得心したんです。
正しいかどうかより、幸いかどうか。

正しいとか悪いとか、出来るとか出来ないではなく、幸いであるかどうか、だ。

彼とともに歩めば、彼の指し示す方に進むなら、彼を支えて行くならば、きっとみんなが幸せになれる道をみんなで選ぶことが出来る。その信頼感が、彼を王様にするのだ。
だから、みんなが幸せになれるように、世界を征服してしまおう。みんな幸せになるために、戦争しようぜ、戦争♪
本能寺の変に介入して、織田・羽柴勢の歴史再現を止めるために……何故か明智・光秀に成り代わって本能寺を攻める配役を奪取しようというのは、実に華麗なる「戦争しようぜ」だと思うんですが、これ如何にw
ちょっと前まで、どう理由こじつけて本能寺の変に首を突っ込もうか、という話をしていたはずが、手とか首どころじゃなくて、もう一方の主役になっちゃってるんですが、これこれw
これでちょっかいかけるどころではなく、羽柴勢との正面対決突入ですよ。凄いな、正純。みんなが煽っているからではなくて、ガチに戦争に持ち込む能力は戦国最強なんじゃないだろうか。

と、話は少し戻るのだけれど、ようやく登場した明智・光秀。相変わらずデザイン、予想をぶっちぎりますなあ。もっと身なりも性格もきっちりした人だと思ってたんだが……まあ、そういうタイプ、この作品では希少生物なんですけど……いやある意味、彼はすごくきっちりした人だったと考えることも出来るんですよね。秀吉からすると、裏切りになるのかなあ。でも、自分で言っているようにこの人はみなに対してフェアでありたかったんでしょうね。だから、彼は陣営としては織田に属していたけれど、此処に至るまで元康たちの側であり、同時にその最後の人間として、状況にそぐわなくなりつつあった自分たちが敷いたルートを一旦打ち壊し、全員に対して自由な選択を示してみせたわけだ。
この、後は任せた、というのは他にも随所に散見できるんですよね。あの【終わりのクロニクル】の四号さんを彷彿とさせる、自動人形「冷泉」こと十八番。そして、どこぞの謎のヒーローのように一番いい所で一番イイ武器をさらっと送ってくれたあの人。某教皇総長!! 某教皇総長、影だけとはいえかっこよすぎます!!
他にもラストシーンを飾ってくれた海野さんのあのシーンも、なんか新婚生活堪能している北条・氏直にしても、後事を託してるんですよね。柴田先輩が可児にしていたことも、おそらくきっと。
託された想いが、今羽柴と武蔵に収束していっているのがわかる。

久々登場の三征西班牙も、広義としては同じなんじゃないかと。今回、傭兵として武蔵と戦うことになった彼ら。以前の戦いの時とは違って悲壮感なかったのは気のせいじゃないと思う。当時と立場や彼らが置かれた状況が違うとはいえ、白虎から朱雀に教導があったり、野球部の最後の夏があったり、メアリが三征西班牙との関わりが理由の一つとしてある三百人切りについてのケリだとか、何よりフアナさんの決着と贈り物。なんか、色々とたくさん預けられたなあ、と。一番大きな預かれものはきっと、立花夫妻なんでしょうけれど。ってか、この夫婦、一番はしゃいでたんじゃなかろうか。

クライマックス、最終局面がいままさに目の前に迫っている、そんな雰囲気をひしひしと肌で感じさせられる、夏休みの終わりでありました。

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 8(中) 3   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 8(中)】 川上稔/ さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon

本能寺の変へ向け白熱する、交渉戦という名の"嫌がらせ"! 学園戦国ファンタジー、最新刊!!

「――本能寺の変が終了するまで、あの場所には、近づかないで頂きたい」
本能寺の変へ介入すべく行動を起こした武蔵。だがそこへP.A.Odaの重要人物、森・蘭丸が現れ、その動きを制止する。武蔵が京に近づくことによって、"戦闘とは別の理由"で皆に害がなされるというのだが……。
その一方で、羽柴への嫌がらせ行為――武蔵の関東入りに関する、武蔵と羽柴の首脳会議が幕を開ける! 生徒会副会長の本多・正純が繰り出した"先制攻撃"に対して、羽柴側、羽柴・藤吉郎と竹中・半兵衛はどう応じるのか――?
歴史再現のターニングポイント、本能寺の変が間近に迫り、動き出した世界各国。それぞれが目指す"最善手"へ向けて、交渉戦が火花を散らす!
『都市シリーズ』『終わりのクロニクル』の川上稔が贈る、大人気学園戦国ファンタジー第八話、中盤戦!
加藤・清正が乙女すぎる!! なんか、ここ、福島・正則と二人で青春グラフティーしてませんか!? 外道が標準のこの世界で、あまりにも純朴で純粋で初々しい青春的恋愛をしている二人を見ていると、心配で胃がしくしくしてくるよ。なんかあっちゃこっちゃでカップルがイチャイチャしている中で、告って逃げ出してしまいシクシク泣いてる清正と、告られて逃げられて魂抜けちゃってる正則がなんとも無垢すぎて、思わずアワアワと触れることも出来ずに両手を彷徨わせてしまう次第。海野ちゃん、もうちょっと気遣ってあげてー! 知らないとはいえ、傷口グリグリしないであげてー!! 思い出して顔を覆って泣き出しちゃう清正の可愛いことかわいそうなこと。
もうねー、ただでさえ織田勢と羽柴勢は殺しても死なない武蔵勢と違って全員幸薄そうなんだから。その中でも特に十本槍はわけありらしいし。まさか、二鏡紋関連でそこまでヤバい立ち位置に居るとは思わなかった。嫌な意味で覚悟完了してるっぽいのよねえ、この若者たちも。柴田先輩たちと同じベクトルで。十本槍と彼女らよりももう一つ若い世代の後輩たちとの間に、何故か明確な陰の有無があるのはなんでだろう、と思ってたんだけれど、ようやく見えてきた感あり。しかし、七人じゃなくて八人かー。成成成は多分違うにしても、もう一人が誰なのか。竹中か片桐か。

今回は本能寺の変を前にした最終局面に対しての準備段階編。つまるところ、本能寺の変に対してどう首を突っ込むか。それに対していかなる障害があるのか。ちょいと思わぬところから思わぬ要素が出てきて、巴午前の過去話や武蔵内のあの人などが絡んで一気に収束してきた感もあるんですよね。
なるほど、本能寺の変において「それ」については意識の範囲外にあったので、クリスティーナを介在させたこの事前の話し合いは大いに価値があった模様。わかっているのと居ないのとでは、備えが違ってくるし。備えなんてなくても戦争を仕掛ける正純にとっては、実はあんまり関係がなかったのかもしれないけれど。うん、正純のあの何が何でも戦争に持っていく強引にして華麗な手段はもはや芸術ですね! いや、まあ今回はまだ戦争には発展しませんでしたけれど、いざとなったら戦争すればいいや、という心の余裕は正純の成長というか、外道化の完了を実感させられて、感無量である。そしてその余裕の分の負担を全部おっ被されることになる大久保さん、ご愁傷様!!
とりあえず、最終局面を前に武蔵の方針の大前提にして基本理念である、失われようとしている人は助けるぜー、が再確認されたのは良かったんじゃないだろうか。クリスティーナについても、打算はあったとはいえ、それがなくても長太の要請をもぎ取って助けてただろうし。そして、その基本理念が機能しているからには、今後の本能寺の変にまつわるあれこれで失われるかもしれない人たちについても、絶対に見捨てないということですしね。どうも、武蔵内にもそのあたり、ヤバいかもしれない人がいることがはっきりしてきましたし。
同時に、その方針がやはり失われることを前提としている織田・羽柴とは決定的に対立するところであり、そしてさらに、どうやらこの世界の大本となるシステムともかち合う可能性が出てきた、というのはかなり大きな要素かと。
今回のクリスティーナと長岡・忠興のご夫婦の様子や、安定のメアリ様、幸せそうに頑張ってらっしゃるお久しぶりのフアナ様の姿を見れば、武蔵が如何に外道の集団だとしても、その理念は何も間違っていないのだと信じられるわけで、ラストシーンにおいて、ついに本格的に物語に関わりだすであろうことを示した、ミリアムについても、東ともども何とか良い形でまとめてあげてほしいものである。そういえば、あの夫婦のところの幽霊少女について、未だ何にも触れられてないんだよなあ。

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 8(上)3   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)上 (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 8(上)】 川上稔/さとやす(TENKY)  電撃文庫

Amazon

関東解放戦を終えた武蔵は、休息兼補給のため立ち寄った四国の上空で、今後を見据えた作戦会議を行っていた。
武蔵の是非を問うヴェストファーレン会議にて欧州各国の支持を取り付けるためには、P.A.Odaの弱体化が必須。
そこで生徒会副会長の本多・正純は、"本能寺の変"の介入と羽柴勢への本格的な嫌がらせを行う事を決定する!? 
その一方で、再考査になった期末試験もこなさねばならず、大忙しの武蔵勢。3年梅組の試験内容として担任オリオトライが提示したのはさて一体――!
石川数正、このタイミングで出てくるのか!! 忠義に厚すぎて若干頭がおかしい三河家臣団の中で、羽柴に転向した重臣石川数正。この特殊な立ち位置は、羽柴側との対立深まる中で美味しい役どころでもあるけれど、酒井のおっちゃんはじめとして四天王は全員けっこう年食ってましたし、徳川家の主力を担った武将たちは先輩として既に卒業しちゃってたので、石川数正も今更登場する余地ってあんまりないよなあ……と、本格登場は諦めていたのですけれど。そうか、教員枠で登場か。しかも、オリオトライに負けちゃってる枠か。しかも、なんか交渉でホライゾンにドツボはめられて良いようにあしらわれかけてたことからも、かなり残念枠と見た。
しかし、ここで先生と因縁のある石川数正が出てきたことで、オリオトライ先生にはやっぱり大きな謎があるっぽいのが確信出来たのは良かったぞい。
さて、本能寺の変への介入を当面の目標と見定めた「武蔵」だけれど、動き出すのは次以降で今回はおおむね準備編の様相。そんな中で際立って輝いていたのが、やはり福島・正則と加藤・清正による超甘酸っぱい純愛百合展開なのではないでしょうか。ぶっちゃけ、川上史上最高の純愛模様じゃないですか、これ。それが百合というのは、もはやさすがとしか言えないのだけれど、この世界、頑張れば同性でも子供作れるので無問題! 川上ワールドだと、どうしても各人に変態性が介在してしまうので、純愛のように見えてもどこぞに変質的なものが入り混じってしまうのだけれど、なんですか、このピュアすぎる二人の恋心は。綺麗すぎて、目が、目が潰れるッ!! 汚れ巫女の穢れが浄化されそうな勢いです。
最近、十本槍側が可愛すぎて、そのまま隔離して汚染から守り通してあげたくなってきてしまいます。もう、武蔵サイドと接触するの、辞めない? 近づくと感染っちゃいますよ? どれだけ真面目でも純真でも、染まっちゃいますよ? この子たちが染まってしまうのは、いささかなりとも忍びないです。まあ、存外織田家もあれなので、放っておいてもあっち側から染まりかねないのですけれど。
ところで、今回完全に幕間回、と言っても過言ではない内容にも関わらず……なんでさらっとこれまでの激戦をはるかに超える規模で「武蔵」撃沈! の危機が訪れてたんでしょうね。さり気なく、今までで一番の大ダメージ食らってるんですけど。洒落じゃなくて、武蔵大破しかけてたんですけどw
人狼女王がもうなんかおかしいw これ、実は人狼じゃなくて人間サイズのゴジラかなんかじゃないの? あんまりといえばあんまりすぎる展開に、感情がないはずの自動人形が、それも武蔵さんをはじめとする艦長クラスの人形たちが、若干反応壊れてたんですけどw

夏休み前の期末テスト。そこで繰り広げられたのが、あの第一巻冒頭で行われたオリオトライ先生との鬼ごっこ再び、というのがまた、再スタートを連想させる展開で興味深かったですね。あの時と違って皆、成長していると同時に、伊達・成実のように新たに加わった面々もいるわけで、あの時のように簡単にはいかないぞ、なんて思っていたら、それはこっちの台詞だと言わんばかりの助っ人惨状。誤字ではなく、惨状惨状w
ああ、はちゃめちゃ具合もこのようにどんどんぶっちぎっていってるのね、というのを改めて具体的につきつけられたかのようで、苦笑のような半笑い。さあさあ、このハチャメチャな勢いで、はたして本能寺の変へとぶっこめるのか。こっから、また本分厚くなっていきそうだなあ。

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(下)4   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (7)下 (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(下)】 川上稔/ さとやす(TENKY)  電撃文庫

Amazon

羽柴vs.関東勢の直接対決が始まり、白熱する関東解放戦。武蔵第六特務、直政と正木・時茂による因縁の武神対決が火蓋を切り、九鬼・嘉隆率いる鉄甲船艦隊と村上・元吉の村上水軍による艦隊戦も新たな局面を迎えようとしていた。自国の未来を見据え、歴史再現に殉じようとする者、抗おうとする者―それぞれの思惑が交錯するなか、里見家復興を目指す里見・義康の戦いがついに始まる。その一方で長岡・忠興の身柄を確保したトーリ率いる武蔵勢は、巴御前と忠興夫人・クリスティーナが担うネルトリンゲンの戦いの歴史再現にどの様に介入していくのか。そして副王ホライゾンの出番はあるのか―?第七話、完結!!
もうねー、最後のクリスティーナのあのイラスト見せられるとねー。助けに来てよかったね、長太、と肩叩いてやりたくなったね。うん、悩んだでしょう。クリスティーナ本人から助けることを拒絶され、所属している羽柴勢は歴史再現の為にクリスティーナの忠興夫人としての自決を推奨する立場である以上、これを邪魔することは裏切りになってしまう。味方も嫁も誰も喜ばない、でも死なせたくない。好きになってしまった人を失いたくない。その思いを燃料にして、足をもつれさせながらも倒れず諦めず、かなり武蔵勢に無理やりケツにロケット花火突っ込まれて火をつけられた感があったにせよ、無茶して助けに行った甲斐、あったよねえ。なんだよあんたら、もう結婚しちゃいなよ。いや、もう結婚してるのか。あれほど頑なに歴史再現に殉じようとしていたクリスティーナを、彼女の元まで辿り着いたとしてもいったいどうやって口説き落とすのか、メアリの時よりも難しそうだなあ、と思ってたんですが、あかんやん、この二十八歳かわいすぎますやん。うん、男女逆だったら犯罪扱いされるけどね、きっと。ゴリゴリアウトで削られますけどね。十四歳の男の子が二十八歳の女性に一目惚れするのもありだし、二十八歳の女の人が十四歳の少年に懸想してしまうのも、この際ギリギリありだとしても、二十八歳の男が十四歳の少女を嫁にしようとしたら基本アウトである。
でも、戦国時代の歴史再現的には別に普通にアリなのが微妙に怖い。その手のアウトな輩は今のところ居ないよね。秀吉ちゃんも前田利家もその辺りは無罪だし。
ともあれ、何とも真っ当すぎるくらい直球な告白でありました。よくやった、長太。
関東解放の方は、初っ端から復活した村上・元吉が地味な町役場の公務員みたいな顔していながら、やたらとカッコイイ艦隊指揮で九鬼艦隊にリベンジかましてくれる、という痛快なスタート。
武蔵勢の行き掛けの駄賃、というにはいろいろ酷い大暴れに、関東の雄北条勢の最後の意地。そして、武蔵での生活の中で、そして戦いの中で一皮も二皮も剥けた里見・義康がその新しい姿を、残してきた故郷や里見の仲間に証明する形で勇躍してみせた、小西・行長との激戦。うん、東日本におけるほぼ最後の戦いと目される大規模会戦に相応しい盛り上がりでしたとも。そして、義康もやっぱり汚染されてたのね、とちょっと遠い目になってしまった話でもありました。うん、義康はずっと真面目だったから大丈夫だと思ってたのにね。無理だったか。やはり武蔵の異常な人々の中に一度でも入ってしまうと、順当に頭おかしくなってしまうのか。
一見、普通に見えても外の人と比べると、顕著に汚染されているのがわかってしまいますね! 正純に比べるとまだマシな気がするけれど、程度の問題だよなあ。
大久保さんも大概な事になってるし。しかし、粘り強い瀬戸際の交渉を出来るのが正純以外にも出来た、というのは大きいよなあ。ネシンバラはあてにならんかったし。良いように使われてるだけ、みたいな気もするけれど。
さて、今回のフェイバリットは長太とクリスティーナのカップルも去ることながら、もう一組、あの島・左近と鬼武丸のコンビが素敵極まったんじゃないでしょうか。このネルトリンゲンの戦いのステージ、巴御前だけどうも立場的にキャラ浮いてるなあ、と思ってたのですが、神聖ローマ帝国側が送り込んできた前田・利家の作り出してきた決戦兵器がまたピンポイントで狙いすましてきてたんですよね。まさかの、木曾・義仲と源・頼朝の参戦。ちょうど、巴御前の口からクリスティーナに歴史再現の無体さを語る上で、自分たち源平合戦時の悲劇が話されていたので、巴御前VS木曾義仲にはかなりくるものがありました。えらい男前な巴御前ですけれど、話を聴く分にはこの人もキツイ悲恋を経験してるんですよね。それも、義仲と二人きりでの悲恋ならまだしも、もう一人、幼い頃から姉妹のように育ったもう一人の義仲の嫁との、複雑な三角関係込の話となると……。この世界、残念があれば死んでも亡霊として残る世界である以上、そのもう一人の嫁さんも義仲も幽霊にならなかった、という時点で巴御前としてはずっと思う所あったわけで、その果てに記憶も何も残っていない無理やり起こされた残骸である義仲との再会は、何とも胃が重くなる。この二人については、決着も付ききらなかっただけに、なんとか良い結末を迎えて欲しいところだけれど。
一方で、頼朝の方も史実でも悲劇とされてる大姫の話が歴史再現でも同じような顛末になってしまっていたんですね。その後悔や痛みが、今世で巡りあった島・左近との関係の中で昇華されていく様子にはじんわりとくるものがありました。左近を、小姫と呼んだ瞬間なんか、ねえ……。左近ちゃんもいい子、なのよねえ。
しかし、どうもちょうどこの源平合戦の頃から、歴史再現の厳密化による悲劇が増加しだしているようで、それまでのゆるい解釈とは決定的に差が出始めているようで、その原因についてチラホラと語られ出しているのですが……やはり、末世・公主隠しという裏で進む事案には、帝が絡んでくる、ということなんだろうか。

ともあれ、次回はついに決定的な歴史のターニングポイント、【本能寺の変】へと突入か。そろそろクライマックスにつま先が入ってきましたなあ。

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(中)3   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (7)中 (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(中)】 川上稔/さとやす(TENKY)  電撃文庫

Amazon

小田原征伐に続いて関東解放の歴史再現がついに始まった。江戸湾上空では羽柴の鉄甲船艦隊と村上・元吉率いる毛利艦隊がぶつかり、地上においては鍋島・直茂の機竜とMouri‐01の武神隊が激突する。それぞれの目的が明らかとなり、大きく変わりつつある各国の情勢。里見家復興のため奮起するペタ子、夫人の死が目前にせまり懊悩する少年、長岡・忠興。仲間達の決意を前に、トーリ達武蔵勢はこの歴史再現にどのように関わっていくのか―?川上稔が贈る、学園戦国ファンタジー第七話、中盤戦!
はい、上下巻じゃなくて上中下巻でまいりましたよ。直政やん、やっとこ表紙飾ったのはいいけれど、本番次の巻じゃないですかっ!
と、そういえば武蔵勢、まだナルゼとナイトとかも表紙飾ってないんだよなあ。あと、鈴さんとか、姉ちゃんとか。
賢姉はまだ「きみとあさまで」の方でデビューしてるんでいいんですけれど、スズさんはいつか表紙っデビューしてほしいなあ。
そのスズさんですが、冒頭から凄まじい艦船防衛戦の大盤振る舞い。ぶっちゃけ、武蔵が活躍できている理由の大半がスズさんの操艦にあるんじゃないかと思うんだ。他国見渡しても、スズさんの能力に匹敵する人は未だに見たことないもんなあ。賢姉さまとスズさんに関しては他の追随を許さないものがある。賢姉もこの人、攻撃力解禁したら、下手したら人狼女王に比肩する武を持っている気がする。
その人狼女王ときたら……え、なんでこの人、武蔵サイドなの? というEXボスっぷり。通常状態でもほぼ無敵なのに、そこからさらに覚醒して超絶無敵モードとか、完全に反則じゃないか。オメガとか神竜とか、そっちの類でしょうに、それが敵じゃなくて味方というのは、いい具合に狂ってるわなあ。
今回は、敵さんも中学生がメインの若手揃いなので、武蔵サイドはどちらかというと胸を貸すような対戦に。武蔵勢含めて、これまでの襲名者というのはある程度もう戦うための理由と覚悟をそれぞれ胸に秘め、滾らせている面々ばかりだったんですよね。武蔵の面々は1巻でそれを打ち立てたわけですけれど、羽柴サイドの中学生たちは、まだ襲名者になったばかりで未だに自分の中の理由というものを確固としたものにできていない、或いはしている最中の、まだ準備が整っていない子たちはわけです。勿論、若手衆の中にも差はあって、中でも鍋島ちゃんや、頑張り屋の可児ちゃんはすでに目標をもって走りだしていると行ってもいい子たち。浅野や池田なんかは、まだふわふわとした気持ちのまま、この武蔵との戦いを通じて自分の中の「本気」をようやく見出しはじめている段階なのでしょう。そして長岡の小僧は、自分の夫人となるクリスティーナが選ぼうとしている行く末に、この世界の残酷さを目の当たりにして、それに抗うことを自分の中の「本気」として位置づけようとしているのでした。そして、その「本気」が本物であることを自らに打ち立てるために、武蔵に対して一度自分の力を示す必要があった。立場とか後々の問題とかは結局後付なわけですよ、小僧にとっては。
不思議なのは、織田・羽柴の上層部があれだけ諦観に縛られているにも関わらず、次世代たちは末世に囚われず、すごく前を向いてるんですよね。こういう子たちを抱えている勢力が、どうしてこうも頑なであろうとしているのかが不思議で仕方ない。
真面目を拗らせてるのか?
だからといって、キ○ガイに世界の行く末を任せるのは、それこそ気が触れた選択にも思えるんだが、同じ超真面目の里見が、そのキチ○イ・サイドの一員として戦っているんだから、これこそ末世という他ない。義康も相当自分で疑問に思っているみたいだけれど。まあ義康いわく、平和なら共食いしているだけなので安全なんだってさ……なるほど!
ちなみに、立花夫婦も勿論、同類ですよ? 同類ですよ? あのバトルイチャイチャをみせつけられて、正常とか……。
さて、一方で、ネイトと対応する黒狼・糟屋がついにお披露目。この娘も、真面目というか真剣な子だなあ。確か、ネイトも登場した時は堅物の騎士さまタイプに見えた気がしたんだけれど、ネイトもどうしたってあの人狼女王の娘で、基地外の一員だからして、糟屋と比べるのが可哀想になってきた。胸的にも!
あとは、羽柴十本槍でまともに出てないのって、巫女巫女ぐらいか。とりあえず、アサマ、今から謝る容易な。全方位に向けて。自分、巫女ですみません、巫女とか名乗ってすみません、て土下座の準備な。

とまあ、本編殆ど関東解放戦の渦中で推移してしまったわけで、そりゃ長引くわー。しかも、表紙となった直政さんの本番はこれから。関東解放の主役となる里見・義康も本格出撃はまだしてなくて、気のせいかツッコミ含みの自問自答ばっかりしてたようなきがするぞ。次回こそ、いろいろ吹っ切ってくださいな。吹っ切ってしまうと、それはそれで正気を喪って朱に交わりかねないので、オススメしませんが。

最後に……長岡の小僧、あんな美人を嫁にする予定とか、忍者なみに殺意湧くんですがw

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(上)3   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(上) (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 7(上)】 川上稔/さとやす(TENKY)  電撃文庫

Amazon

小田原征伐と蟹江城の戦いを乗り切った武蔵は、続く関東解放を前に短い休息の時を得ていた。そんななか、ナイトや鈴や正純は、武蔵に関東解放の戦前交渉に訪れた毛利艦隊の中に、M.H.R.R.の艦が混在している事に気付く―。裏切りか。果たして誰が何の意図をもって行動をしているのか!?小田原征伐を経て大きく変わりつつある各国の情勢。トーリ達武蔵勢はどのように対応していくのか?川上稔が贈る学園戦国ファンタジー、第七話開幕!
キヨさんと正則がガチモード入ってるぅ!?
マルゴットとナルゼという前例が在り、実際女性同士で子供も作れる世界だけれどさ、ここまでガチンコで甘酸っぱい百合百合関係になってしまうとは。両方とも本気じゃないか!! おめでとう、おめでとうとお祝いしてあげるしかないじゃないこれ。いや、まだ甘酸っぱく好きという気持ちを持て余して、どうやって相手に接していいかわからなくなっている段階だから、おめでとうはまだ早いんだけれど。ってか、女性同士でそんな甘酸っぱい雰囲気出してんじゃないわよっ、照れるじゃないッ!
これに比べると、完全に肉食系なガッちゃんとナルゼも……ヨゴレ系なんだなあ。ヨゴレ系ばっかりだなあ、武蔵勢。
いやいやいや、そんなことはない。ただいま絶賛、メアリが無知ゆえのイケイケドンドンから恥じらいを知ってしまって、甘酸っぱいトキメキモードに突入しているので、初々しい恋愛模様では負けてないから、負けてないから。
そう言えば、氏直さんは家庭に入ってしまうのか。滅びたとはいえ、元総長が加わるというのはやっぱり色々と拙いんか。襲名解除しても、素直に戦力化は出来ない模様。その代わり、ノリキとは完全に新婚モードに突入したようですけれど。彼女もわりとネイトママ系な気がするので、ノリキ頑張れ。まあ、ノリキのデレを見れたので、それだけで十分堪能させていただきましたっと。史実でも、北条氏直は北条家滅亡後、病気で早逝しちゃったからなあ。その辺りも踏襲するのか。

さて、肝心の関東開放であるが、毛利が連れてきた意外な人物の登場と、それに関連する羽柴側の謀略によって、武蔵本船は関東解放に直接挑めず、別の場所に向かうことになるのだけれど、その目的……ある人物を死なせない……ホラ子やメアリの時と同じケースとなる今回の対象は、これまた意外な……細川ガラシャと来た。それって、関ヶ原前夜のイベントじゃないか。もう戦国末期の歴史は圧縮されまくって、本能寺の変が起こってないにも関わらず慶長の役が発生し、さらには秀吉没後となる関ヶ原戦役にまつわるイベントまで繰り上げて起こりつつある。お陰で、羽柴十本槍よりもさらに若い世代がどんどん登場することに。まあ十本槍と七将は世代的にはかなりかぶっているはずなんだけれど、実際は中等部から襲名者が出てきてるんですよね。そう言えば、かに玉ちゃんこと可児・才蔵も世代的には福島・正則や清正たちよりは一つ下になるのか。
つまり、これまでは一番下の世代の若者だった武蔵の面々に対して、同世代の十本槍が出てきただけに飽きたらず、さらにその下の後輩となる世代も出張ってきた、と言う事になるんですね。そうなると、自然に一番下の世代故の自由さがあった武蔵の面々も、相対するとはいえ自分たちよりも年齢が下の相手が出てきた事で、年上としての振る舞いもまた、必要となってくるのです。
今回、トーリがあの坊主、長岡忠興に見せた態度は、先輩という格式ぶったものではなく、近所の兄貴分みたいなそれでしたけれど、それはそれでちゃんと年上としてまだ子供でしか無い少年の面倒を見るという、ちゃんとそれらしい事はしてるんですよね。あまりにも気安くて、なめられるんじゃないかと思ったけれど、ああいう兄ちゃんって向こう気の強そうなガキンチョにも慕われるもんなのねえ。もっと反発するかと思ったら、意外に意気投合して懐いてたし。そう言えば、片桐くんもトーリには御執心だったなあ……え?


今回、表紙を飾ってしまった里見だれど、実際この関東解放の主役は彼女になりそう。いわば見せ場中の見せ場なので、ここは頑張ってほしいなあ。狐さんの全面バックアップは頼もしい。このお母さんは、ほんと子煩悩というか、子供に尽くしてくれるというか、頼りになるよなあ。
一方で、この戦いには参加できないかと思われた武蔵も、そう簡単に相手の思惑に乗るわけでなく、これはまた豪快に一噛みしていきそうな予感。個人的には、村上大将の復活に興奮してしまった。この渋すぎるおっちゃん、好きなんだわ。そりゃ、毛利水軍にこの人がいないと話にならんわなあ。

カラー口絵の方は、今回完全にアウトでした。入ってる、入ってる。それ完全に入ってるから。何を入れてるんだ、という話になるかもしれないけれどw

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(下)4   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(下) (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(中)】 川上稔/さとやす(TENKY)  電撃文庫

Amazon

―これはちょっと想定外ですの。
ついに始まった小田原征伐。戦前会議を経て、北条、羽柴、毛利、最上、上杉、滝川、伊達、武蔵―全勢力入り乱れた“総合相対戦”形式を取ることになった。歴史再現の行く末を世界各国が見守る中、武蔵が毛利代表である人狼女王への刺客として送り出した人物は、誰もが想定すらしていなかったあの人物だった!?どいつもこいつも主張重視のバトルロイヤルが温泉街でついに始まる一方、六護式仏蘭西では真性全裸が光り出す。各国が本能寺の変とその先の未来を見据え動き始めた初の大規模歴史再現。その戦いに勝利するのは?そしてノリキと氏直の因縁は―?第六話、終盤戦!
最上・義光がなんか凄く「みんなのお母さん」していて、ちょっとウルウル来てしまった。大切な一人娘である駒姫を失ってしまったあと、この人のモチベーションってどうなるんだろうと心配していたところに、里見・義康が最上・義康を二重襲名する形で新たな母娘関係を結ぶことで一先ず義光の心の救済は得られたと思っていたのですが、彼女が駒姫に向けていた母親としての愛情は義康だけに留まらず、もっと大きな範囲で広がっているようです。この小田原征伐戦で相対することになった可児・才蔵とのやりとりには胸が温かくなりましたよ。思えば義光って、他の同盟国や好意的なシンパが国の背景や建前が邪魔してなかなか純粋に武蔵を支援出来ない中で、殆ど手放しで武蔵の味方となり支援者となり、今はこうして直接的に手を出して助けてくれているわけですけれど、今まで武蔵ってどうしても孤立していましたし、義光が味方してくれるのってホントに安心感があるんですよね。それ以上に、保護者というか見守ってくれているという抱擁感があって凄く気持ち的に救われていることに今回気づきました。それ以上に、敵対している織田側の人間であっても、可児ちゃんみたいな頑張っている娘には無償の愛を注ぐという姿勢は好きだなあ。駒姫がただ失われるのではなく、彼女自身の頑張りと成長で「巣立っていく」という形で去って行ったことは、そして新たに義康が寄り添ってくれたことが、義光の「母」としてのあり様を大きく広げてくれたような気がします。自分には娘がたくさんいる、という義光の発言には目尻が熱くなりましたよ。
そんな義光に目をかけられた可児ちゃんは、襲名者とは思えないくらい普通の家庭に生まれ、両親の愛情に恵まれ、ひねくれることなくまっすぐに育った女の子で、織田・羽柴の人間が持っている諦観めいたものを全然持ってない後ろ暗さが全然ない娘なんですよね。「頑張ります!!」の真っ直ぐさは眩しいくらい。この娘には織田の暗さには飲み込まれないでほしいなあ。
しかし、小田原征伐が思っていたバトル全開のバトロワとはかなり様相を異にしたものになったのは意外とは言えば意外であり、面白いといえば面白い。いきなりハッサンとミトママが相対したときにはどんな対決になるんだ、と度肝を抜かれたものですけれど、さらにその対決がハッサンによるミトママへの「カレーおもてなし」になるとか、これどんな料理漫画!?
いやすみません、ハッサンのカレーってゲテモノのたぐいだと思ってました。あかんこれ、読んでてお腹減ってくるガチで美味そうなカレーですやん! それも、ミトママの好みと要望に十全応え続けるという「お・も・て・な・し」の心がこもった最高のカレー三昧。ミトママなんか相手にしたら誰であろうとどうやったって勝てるはずないじゃん、という思い込みをひっくり返す意表をつく対決が、この後のハッサン戦以外にも続いてたんですよね。
義康と可児ちゃんのカラオケ対決とか、ミトママと義光のビッグママ対決とか、予想外の見応えでメインのメンバーが今回控えに回るからどうなるかと思いましたけれど、盛り上がりについては全く危惧に値しませんでした。毛利の世鬼さんとか、自動人形ながら熱い魂のある人で、この不具合さんも意外なほど目立ってましたし、繁子さんと成美もさり気なく大暴れしてましたし。大久保ちゃんの弄られっぷりは、酷いのなんの。確かこの間までヅカ本多くんが武蔵では良識者故に弄られ役だったはずなのに……いや、そんなのは遠い過去か。既にウォーモンガーの氷河ギャグ使い(強攻)として馴染んでいたヅカ本多くんですけれど、後輩いじりの外道っぷりは最近凄まじいレベルで、鬼畜外道の味方殺しとしては元のメンツと比べてもえげつないですよ、ほんとw
会計? うどん、美味しいですよね!!
とまあ、なんかもろに談合が行われていたり、と内々での駆け引きが重点的におこなれている小田原征伐に対して、ガチで戦争やっているのが巴里攻防戦。福島・正則が前回の一件で完全に一皮むけて、覚醒のレベルが半端ないことに。二代も長いスランプを経て随分と成長しましたけれど、同じく未熟者の範疇だった正則のそれは二代と比べてもめざましい。これは二人のガチンコ対決は思いの外楽しみになってきました。

ラブコメパートは、というともはや上限に達していると思われたメアリの点蔵へのラブラブ度が、さらに倍増するというとんでもない事態に、チッ。いやまだ上がるのかよ! メアリ様、実は攻められるのに弱い、というのは点蔵に口説かれた時の様子を見ても明らかだったのですが、ちょっと点蔵が誠実に積極的になっただけであんなめろめろになるとか、ほんとどんだけだよ!! よし忍者もげろ。
そして開き直ったというかついに受け入れてしまったのが、浅間さん。もうラストはウハーですよ、ウハー!! 蓋してたものをとっちゃったらこれですか、それですか。全裸も全裸ですよ、お前そんなエロゲの主人公みたいなカマし方しやがって、この野郎。幼なじみルート、ガッツリゲットです。
とまあ、こんなお盛ん状態の中に後発となるであろうノリキと面倒くさい女代表の北条・氏直さんがどうやって馳せ参じるのかと思ってたら……あかん、ノリキ先輩が男前すぎるw 全部一足飛びに行きやがりましたがな、この兄貴。兄貴なのに姫とはこれ以下にw これ、ガチで性別が逆だったとしても萌えただろうなあ、と思わないでもないけれど、ノリキがここまでハッキリと督姫を名乗るとは思わんかったなあ。これまで男の歴史人物を女性が襲名するのは全然珍しくもないことでしたけれど、女性の歴史人物を男性が襲名するケースは見たことがなかっただけに、これは新鮮すぎて何この感覚w

至るものアレば去るものあり。真田を中心に、今回は退場者も多く出てもの寂しい気持ちにされられることも道々なることか。世代交代、というのもあるんだろうけれど、滝川の姐さんを始めとして、やっぱり胸にくるものがあるよなあ。これから、まだまだ織田陣営などは聖譜としても退場を余儀なくされる人が列をなしているだけに、そろそろ覚悟も必要か。十本槍も、結局黒狼が糟屋・武則の襲名者であり、最後の一人は三成が入ることでようやく完成したようで、次は関東解放、さてクライマックスたる本能寺まで秒読み開始もいいところ? 

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(中) 4   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(中) (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(中)】 川上稔/さとやす(TENKY)  電撃文庫

Amazon

関東の地で行われる毛利の備中高松城戦と北条の小田原征伐。ついに対決するM.H.R.R./羽柴と欧州覇王・六護式仏蘭西/毛利―二つの決戦と歴史再現を前に、毛利と北条との戦前会議に臨んだトーリ達。各陣営の勝利とその先を見据えた策謀―六護式仏蘭西がぶち上げた思わぬ野望に、会議は大きく荒れる。しかし、武蔵副会長・正純の機転によって、二つの歴史再現、そして関ヶ原の合戦への展望が見えたかと思えたその時、羽柴陣営の大谷・吉継が現れ―。六護式仏蘭西、北条、そして武蔵は、この“望まぬ来客”に対し、どのように対応していくのか?第六話、中盤戦!
氏直さん、チョーやべえじゃん!! いやー、何気にこの人、女性として極めて面倒くさい人なんじゃないか? 牛直さんのあだな通り、おっとりとした天然で温厚な人だと思っていたのだけれど、この人に比べるとメアリーとか成実なんかは超イージーモード。シェイクスピアよりも道理が通じないかもしれない。これはよほど出来た旦那でないとかなりキツいんじゃないか? その意味でも、氏直の嫁がノリキというのは非常に納得せざるを得ない。武蔵組でもあれだけ出来た男は居ないだろう、というくらい出来た男だしなあ。いい意味で頑固な面があり地道で根気強い、というのもまさに氏直さんにピッタリじゃあるまいか。
途中、毛利の輝元さんを置き去りにしてのネシンバラと氏直さんの交渉戦は、お互いかなり力づくな所のある強引な論戦となり、普段の本多くんの交渉戦があれでなかなか洗練されたものだったというのがよく分かる。ってか、氏直さんがあそこまで無茶苦茶な力押しに出るとは思わなかったもんなあ。あれは政治交渉というよりも、癇癪を炸裂させたみたいな手法だったし。というよりも、損益分岐点とか考えてないという時点で理屈に合わないものだったし。と言っても、それを武器にした交渉、ということで完全に全部投げ捨てていたわけではないのですが。勇躍偉そうに登場して交渉の主役を乗っ取ったネシンバラが、颯爽と押しまくられてしまったところは笑ってしまったが。てっきり、決めポーズをずっと炸裂させているものだから、彼なりに目論見があって押し切られそうになっているふりをしているのかと思ってたら、わりとガチで思った通りに行かずに焦りまくってましたし。カッコつけたまま、というのがネシンバラクオリティw 何気にシェイクスピアが内助の功でしたよね、このあたり。何だかんだとネシンバラがピンチになると颯爽と駆けつけるよなあ、呼ばえてもないけどw

さて、本編の方は毛利・北条との会談をメインとした関東制圧の戦前会議・準備編。一方で、トーリを取り巻く人間関係の方は、大奥体制に対してネイトと浅間が本腰を入れることに。もっと二人ともぐだぐだと結論を先延ばしにするのかと思ったら、思いの外すんなりとホライゾンのウェウカムに応えましたね。勿論、大いに迷った末のことなのですけれど、布陣の中に夫人として組み込まれることをこれほど抗わずに承知するとは。これは、ネイトと浅間がお互いに良い影響を与えたのでしょう。一人だけなら、もうちょっと同じ所で自分のトーリへの感情も含めて迷走したかもしれませんけれど、自分の写し絵とも言えるもう一人の親友の姿を見ることで、同時に自分の気持ちや感情にも整理が行き届いたように見えます。ふーむ、ここらへん、【きみとあさまで】で浅間やネイトがたどった思考の経路が経験となって今度のスムーズな結論に至る糧になったのかもしれませんなあ。
というわけで、半ば輿入れ、という形でネイトと浅間はトーリの家に同居することになりました。

一方で、今回一番グダグダしていたのは、敵方にあたるM.H.R.R./羽柴の福島さんで、なんか深刻なスランプに陥ってたのね、この人。槍使いはスランプに陥るというジンクスでもあるんだろうか。ただ、二代があんまり誰も助けてくれず、スランプが長引いたのに対して、此方は加藤・清正という相方が密接かつ手取り足取り福島・正則に付き合うことでかなり早期にスランプを脱出することに。この二人って、作中でも一番濃度の濃い百合百合カップルですなあ。マルゴットとナルゼはガチすぎて脇においておくことにしても、どちらかというとサバサバしている羽柴側の魔女コンビと比べても、正則と清正のイチャイチャっぷりは目を引きます。

イチャイチャが目に毒、を通り越して犯罪レベルに達しているのは、ついに登場したネイトパパンとネイトママンの犯罪夫婦。……いや、ママン、その子は犯罪だ!! なにこの可憐なショタ少年!! これ、ネイトのパパンなの? 半ズボンが似合いそうな声変わりもしていない儚げなショタっ子じゃないか!! あうとーー!! これ食べちゃうのアウトーー!!
パパンとしては、コンテ伯としての方を普段の名前として使ってるんだろうか。あっちは、どちらかというと六護式仏蘭西ベースで行ってるように見えるし。清水・景晴という襲名元はちょっとわからなかったんだけれど、ネイトママンの益田元祥の相方みたいだった清水景治かしら。

肝心の関東決戦は、というと事前に想定していた以上の大規模の争乱、という形に。一応、相対戦ではありつつも、さらに関東以東の諸大名である伊達・上杉・最上を巻き込み、敵味方も錯綜しまくったバトルロイヤル形式というとんでもない形に。いや、バトルロイヤルというと勝ち抜け戦になっちゃうんだけれど、小田原征伐のみならず複数の合戦を織り交ぜた戦いとなるので、状況に応じて敵味方が入れ替わるというかなり把握が難しいことになってしまっている。参加メンバーもかなりしっちゃかめっちゃかになってるんだけれど、成実は伊達家として、義康は今回は最上・義康として参戦することに。最上・義光と義康、親子としてはまだ時間経っていないんだけれど、意外と馴染んでいて見ていて微笑ましい親子の姿でした。義光が喪ったものを思うと、義理とはいえ子供がもう一度出来たのは、心から良かったなあ、と思わずにはいられません。

さて、参戦メンバーは読んでのお楽しみ、なのですが武蔵側からは先々を見越して今回は主力の投入は控えて、サブメンバーの投入を本多くんが宣言します。……副次戦力? 副次? んん?
ぬぇええ!?

こ、これはちょっと想定外ですの!!

シリーズ感想

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(上)4   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(上) (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 6(上)】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon

『──欧州覇王は、君達を赦さないとも』
 歴史再現の名のもと巴里の水攻めを敢行しようとする羽柴勢。それに対し六護式仏蘭西は旗艦・狩猟館率いる大艦隊を北条と合流させ、関東の地で毛利の備中高松城戦と北条の小田原征伐という二つの歴史再現を同時に行うという奇策に打って出た。
 K.P.A.Italiaに代わり事実上の聖連代表となったM.H.R.R./羽柴と、欧州覇王・六護式仏蘭西/毛利――二大勢力の争いの行方は?
 その一方で、トーリ達武蔵勢は“移動教室”最終日に行う毛利と北条との戦前会議のため、自分達の方針などを確認していく。
 各陣営の集合と再配置、勝利とその先を見据えた策謀、それに対し、トーリ達武蔵勢はどのように動いていくのか? ほかにもホライゾンの「ウェルカム」宣言で意識し始めた人間関係や、母親の襲来に狼狽えるミトツダイラとか、様々な要素が動き出す、  戦国学園ファンタジー、第六話開幕!
戦争を、戦争を、一心不乱の大戦争を!
というわけで、関東と西国を股にかけた大戦争の幕が切って落とされる、ための戦争準備のプロローグ編というのが上巻の嗜みです。まあ上巻だしね。700ページ超える一冊を全部戦争準備に費やせるのはこのシリーズくらいの贅沢さだなあ、としみじみ思ったり。ただ、いつもなら翌月には続刊が出てくるので全然待たされる感はなかったんだけれど、今回は一ヶ月間があいてしまうがために結構な待てを食らわされた気がする。イイトコロだったのにいい所だったのに。分厚い割に読み始めると気がつけば読み終わってるからなあ、このシリーズ。
さて、このシリーズの場合戦争準備というと、とにかく正純があれこれ手を尽くして、戦争しようぜ! と狂乱しているのが常なのだけれど、今回に至ってはテルさん率いる毛利・仏蘭西と氏直さんの北条・印度連合も、ひいては羽柴陣営も揃って「戦争しようぜ!」とやる気満々なものだから、正純もテンションあがってか負けじと「戦争しようぜ! 戦争しようぜ!」と何時にも増して連呼する始末。誰か、平和非戦志向の人はいないのか。居ません!

しかし、こうしてみると西国の覇者としては織田や徳川の後塵を拝した印象の在る毛利だけれど、これが欧州覇王としての仏蘭西としてみると、やはりこの時期では随一の強国なんですよね。英国なんてまだまだにわかだぜ、と言い切ってしかるべきほどの。それほど、太陽王の成し遂げた威光は大きかったわけだ。快進撃を続けている印象だったOdaと羽柴も、仏蘭西が相手だとそうやすやすと蹂躙は出来ないぞ、というスケール感がある。それに加えて、先代のアンヌが遺したものを背負い次代に繋げようという決意や覚悟がルイとテルの夫婦には備わっていて、仏蘭西の国民全体も同じくアンヌの想いを担っているものだから、これは強いよなあ。そして、トドメには彼らなりの将来の展望を持っているというのを、交渉の中でテルさんが示したことで、武蔵や羽柴と違った末世への対抗策を練っている、という次の世界を背負っていく資格を見せてきたんですよね。織田でも羽柴でも松平でもなく、世界を担うのは仏蘭西だ、と。これは強敵ですよ。
ここで仏蘭西に傭兵として加わった竜のベルンハルトは、ベルンハルト・フォン・ザクセン=ヴァイマルのことか。三十年戦争でも屈指の名将の一人。天竜地竜の軍勢が加わったとなると、巴里もそう簡単にはオチないですよ。欧州サイドはマジで人材が厚い。

逆に北条の乏しさは何なんだろう。実質氏直さんしか出てないし。小田原戦役では毛利から人形を借りるみたいな話になってるし。確かに、北条の家臣って誰と聞かれるとここは意外とパッと出てくるような人がいないのだけれど……。


四聖武神最後の一体「日溜玄武」は、やはり羽柴十本槍にあり。あるとすれば、直政と相対させるためにまず十本槍だろうとは思ってましたケレど、持ち主はよりにもよって蜂須賀・小六かー。しかも、「小六」と書いて「しょーろく」と読むとか、どんなロリだ!!
これで十本槍は全員揃ったのかしら。いや、まだか。並べてみると、
一番 福島・正則
二番 加藤・清正
三番 不明
四番 加藤・嘉明
五番 脇坂・安治
六番 平野・長泰
七番 不明
八番 蜂須賀・小六
九番 竹中・半兵衛(黒田・勘兵衛)
十番 片桐・且元

となってるので、あとは二人か。一人は黒狼と呼ばれてる人なんだけれど、あと出てきてなさそうな羽柴家家臣というと誰だろうなあ。賤ヶ岳七本槍だと糟屋武則がまだ残ってるんだが。石田・三成に加えて今回大谷・吉継も出てきて、そちらは十本槍には含まれないみたいなんだけれど。ってか、コンピュータウイルスってなにさ!
五奉行はマウスサイドみたいなので、あとは蒲生氏郷とか浅野長政とか藤堂高虎、山内一豊あたりか。名人久太郎あたりは、羽柴よりも織田のイメージなんだけれど。
十本槍以外にも副官格として可児・才蔵とか出てきてるんですが、こっちサイドって純真なショタ少年多くないですか? ってか、片桐くんとかぶってるからw あかん、武蔵の悪人たちに虐められる様子が容易に想像できてしまって、今から可哀想な気になってくる。

その肝心な武蔵はというと、状況そっちのけでネイトママンを軸にしたガールズトークに終始していたような……(苦笑
ママン、何しに来たんだよ。と突っ込んだら、娘いじりに来ました、としか返ってこなさそうな完全に参観気分のママン。しかも、人生の先達、それも恋愛の先達ということもあって、いつもは賢姉が牽引しているネイトや浅間の恋愛意識を、今回はママンがガンガンに振り回して活性化させてるんですよね。特に浅間はいくつか至言をいただいて、ついに自分の気持に蓋ができなくなってしまったようで。あのママンの家事洗濯などを任せてくれることを「自分の生活をプレゼントしてくれたのよ」というように表現してみせたのは名言だったよなあ。これで浅間が陥落したようなものですし。全裸とホラ子も浅間抜きとか考えられない、みたいなことを明言してましたし、こりゃあもう大奥体制ほぼ決まりですな。布陣もほぼ決定ですか、そうですか。あとはここに鈴が加わるかどうか、ってところじゃないですか?
ただ、ガールズトークというわりには概ね下ネタだったような気もしないでもないけどな!! 実質夫婦が多いせいか、話題や比喩がいちいち生々しいんですけどw メアリの天然エロスが留まるところを知らなさすぎる。

むしろ、織田陣営の方が恋愛模様もほんのりと色づくような艶やかさと儚さがあって雰囲気があるんですよね。つまり、ふわ〜がフラグ立ててますよー、というお話で。あそこは常に悲壮感がつきまとってますし、不破ちゃんも襲名的にそろそろ区切りつけないといけない時期なので、微妙に危うい雰囲気があるんですよね。不破ちゃんは嫌なことにならないで欲しいけど。

フラグというと、ついにノリキが自分から氏直攻略に動きましたよ。これでやっと嫁ゲットの時期がきたか。ノリキだけは随分と引っ張ってたからなあ。

熾烈な交渉戦も何とかまとまり、つーか輝元が思いの外有能で驚いた。この人、ヤンキーみたいななりしてながら、実質天然バカな旦那を支える賢嫁そのものじゃない。むしろ、毛利・輝元というよりも小早川・隆景的だよな。
ともあれ、交渉もまとまり先々の協力体制を前提とした相対戦を行うことで小田原戦役は舞台を整え、ようといたところで再び羽柴が介入。以降、すぐに下巻じゃなくて中巻を挟むことになったあたり、まだ二三回どんでん返しが待っていそうな予感。

シリーズ感想

【境界線上のホライゾン】設定資料集ENCYCLOPEDIAが来たよーー!  



ぶはははははっ、なんじゃこりゃーーー!! すげえ、なにこれすげえ、やばいやばい(爆笑

リアル百科事典じゃないか!!

メディアワークスのオフィシャル通販サイトである「電撃屋」のみの販売として8月頃にか、予約注文していた【境界線上のホライゾン】の第一期アニメを情報ベースとした設定資料集が、この度一度延期した上でようやく発送され、本日受け取ったわけですが……。

もう、届いたダンボールを持った感触だけで大爆笑。もう、アホみたいに重いの。一瞬、何が入ってるんだ!? とフリーズしてしまったほど重いの。本が一冊入っているだけのはずなのに、訳の分からない重量感。
実際測ってないので正確ではないかもしれないけれど、明らかに3、4キログラムはある感じの重さ。

マジで、これで殴ったら死にます。ガチで鈍器にできます。そして、銃弾も受け止められるに違いなしw

で、箱を開いてみて出てきたのが……マジモノのエンサイクロペディア(百科事典)。

爆笑。いや、笑うしかねえよ、こんなの。

よく、漫画やラノベのシリーズもので、エンサイクロペディアと銘打って読本を出してますけど、あんなもんじゃありません。全然違います。本物の百科事典でした、装丁に至るまで(笑

そして中身を開いてみて三度大爆笑。なにこれなにこれなにこれwwww
ヤバイ、これまじヤバイ。
原作ファンはこれ、阿鼻叫喚じゃないか、というくらいに細かい設定資料がザックザック。ちょっと、細かいにも程がありすぎる!! 監督以下が、アレンジする余地がない、というのも納得。これだけ細かく完全に世界観が固まってたら、勝手な設定を挟む余地なんて微塵もないわーw
しかもこれ、大まかに一期分だけなんですよね。かなり基礎の基礎部分だけの設定資料と考えると、アニメスタッフが事前に受け取った資料の膨大さがようやく想像できて……ひっくり返った。
いやこれ、普通そんなところまで考えないだろう、というところまで極まってる。凄いわ、なにこれ、すごいわー。

これ一万円という値段だったんですけど、正直さすがにちょっと高いなあと思いつつ、お布施お布施と思って注ぎ込んだんですけど……もしかして1万円って安いくらいだったんじゃ、と思えてくるくらいの代物。
世界設定や武蔵のあれこれなど、おおまかな情報しか知らなかった項目まで、実に詳細かつ緻密に設定が解説されているので、原作を読んでいる人も初めて見聞きするような内容が満載です。その意味では、単なる既存の情報を整理してまとめただけのものなのではなく、本当に設定資料集でエンサイクロペディア。

重くて片手で持って読むとか出来ませんって。テーブルかどっかに広げてじっくり読むような代物。うははは、もうなんじゃこりゃー、状態。これで、まだ二期の情報とか入ってないんだよなあ。英国とかアルマダ艦隊とか、まだ明らかになってない情報は山ほどあるし、ここで明かされてる世界設定群も基本的に一巻の情報に準じているので、アニメ二期分や以降の原作で情報開示されたような内容について触れたり掘り下げたりは勿論していないので、これで言わば導入編なんですよね……これで導入編って!!(爆笑

これはもう、少なくとも二期分の第二弾は出さないと収まりませんよ。もう、値段が一万円だろうと躊躇ないですわー、いやこれも躊躇なかったですけど!
いやあ、ワラタワラタ。

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 5(下)4   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンV<下> (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 5(下)】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫


Amazon

羽柴vs六護式仏蘭西、武蔵vs滝川。
新たな歴史再現へ向けて動き出した各国の行方は!?


 毛利領へ侵攻した羽柴勢に対し、武神を主体にした新たな戦術で六護式仏蘭西が反撃を開始した。
 歴史のターニングポイントとなる織田・信長自害の“本能寺の変”へ向けて、世界は徐々に向かい始める。
 一方、関東では、武蔵を強襲した北条勢を逆手にとって、武蔵は滝川・一益と北条による“神流川の戦い”の歴史再現を遂行したが、武蔵は校則法で定められた夏休みを目前に控え、遅れていた行事もこなさなければならず、更には真田の偉い人が……。
ものすごい勢いで登場した真田信之が、ものすごい勢いで撃沈されたーー!!! 駄目だこの人、ヘタレを通り越したへなちょこだ!
という訳で、史実では本多忠勝の娘である小松を娶った真田信之であるからして、もしかして二代に婿フラクなのか!? とハラハラしてこの下巻の到来を待っていたのですが、何故か信之がリアル嫁になって女体化しないと始まらない上に、本多×本多という新たでおニューな新機軸が誕生するという毎度おなじみ意味不明な流れに突入した結果として、フラグはあっさりと一蹴されることに。一体なんだったんだ、これはw
実際の真田信之はというと、有名な幸村こと信繁に負けず劣らず、というかむしろこっちの方が栄えある真田血族の集大成、みたいな人物、さらに苦労人の出来物、という感じの人だったので、どれだけの御仁が現れるのかと期待してたらこれだったよ(苦笑
いや、実際は結構これはこれで努力家みたいだし結構出来る人なのかもしれないけれど、頼りなさにおいては古今無双のぶっちぎりですもん。どないせいっちゅうねんw

とまあ、真田信之の乱入によってしばらく放置状態だった片桐くんの方ですが、こちらはこちらで期待の有望株。なんというか、織田・羽柴関連の人達は未来への展望が閉塞しているというか行き詰まっているというか、どうにも悲愴感に囚われている印象があったので、片桐くんを筆頭にして十本槍の面々が皆それなりに先のある若者、というのは微妙に嬉しくなりますなあ。特に、片桐くんは今が未熟なだけに逆に成長の予感をひしひしと感じさせてくれるので、なんだか微笑ましい気持ちにさせられます……回りがお姉さんばっかりのハーレム状態という点についてはいささかも微笑ましくないですけどね!!
まあ現状までを見る限り、片桐くん、未熟すぎて男扱いされてなかったっぽいんだよな。だからこそ、平気で着替えを手伝わされたり、片桐くんの入浴中にお風呂に乱入してきたり、という真似を他の十本槍の面々もしてきてたんでしょうけれど……なんという姉ちゃんとしようよ的ハーレム状態。
武蔵とのやり取りで一皮むけて段々と男らしくなっていくであろう片桐くんに対して、彼女らの反応がどう変わってくるかは見ものであり、楽しみでありますなあ。あれだけ猫かわいがりしていた弟分が一端の男になってきたら、やっぱりときめく部分とかあるんでしょうか。十本槍たちは、武蔵の住人と違って外道分はそれほど無さそうですし。チャットのやり取り見てると、まだちゃんと登場してませんけれど、平野・長泰あたりはアサマチ並に本人的にはこっそりと、傍から見ると公然と、片桐くんに入れ込みまくってるっぽいですが。
と、此処に来て十本槍の面々もようやく大方が顔見世してきたご様子で。対武蔵要員だけあって、全員が武蔵の誰かに相対する形で人員が配置されているみたいですね。てっきり、魔女二人組が顕著なのかと思ってたら、今巻のラストで度肝を抜く介入をしてみせた平野・長泰みたいなのも居るようですし、かなり相似形のキャラが揃ってるっぽいなあ。ただ、武蔵のほうが圧倒的に外道な分、真面目そうなこの人達は色々な意味で不利な気がしますけど!! ……片桐くんにセクハラして喜んでるこの人らを真面目そう、と思う時点でなんか価値基準が歪んできてしまっている気がする危機感!!

さて、ハーレムというと、武蔵の方でも大奥構想が、なんかやたらと具体化してきてますよ!? てっきり、喜美が茶化して騒いでいるのに、アサマチとネイトが反応するのを面白おかしく興じていて、段々と雰囲気をそっちの方に持っていくという遠まわしの所存なのかと思ってたら、考えている以上にアサマチとネイトがノリノリになってたために、えらい具体的に将来の「布陣」が語られるようになってしまった上に、既に現段階から準備はじめちゃってますよ、これ。
慣らし期間じゃないですけれど、何故か始まってしまったお泊り会での、アサマチとネイトのエロいことエロいこと。全裸の手がR元服な部分をまさぐってきても抵抗しないとか、あんたたち、ごちゃごちゃ言ってる割に完全に青信号、受け入れ態勢万全じゃないですか。すなわち、ウェウカム態勢w 

羽柴との交渉も挟んで、武蔵は修学旅行ではなく移動教室という形でイベントを消化することになり、その行く先として真田の地に向かうことになる。酒井学長がなんかやらかした、というかホラの親父さんである松平元康公と、その弟である信康公が残したものを見に行く事になったのだけれど……その過程において、真田の古豪たちと槍を交えることになる。そう、先代の真田十勇士……竜属と、だ。
って、真田の戦力、小規模の教導院としてはありえないほどの充実度じゃないですか、これ? 老兵ばかりとはいえ、竜属ですよ、竜属。なんだかんだと若い世代もいるみたいですし。それに、加藤・段蔵ってなんてそんなとんでもないのまで居るんだよw
これが丸々武蔵の側についてくれれば言うことなしなのですが、基本的に真田家というのは武蔵側である徳川には反骨するお家柄。信之派は、なかば亡命してくる形になっている以上、決して多くないんでしょうし。ただ、ようやく明らかになった、今の十勇士たちが自らを「要らず」と呼んで苦悩している事情を知ってしまうと、彼らがそのまま羽柴側につく、というのもすっきりしない話なんですよね。当人たちも未だに色々と抱え込んでいるみたいですし、そうなってくると海野 伊佐さんがああいう形で退場してしまった事も、「要らず」であったことが尾を引いたんじゃないかという事になってきてしまいますし……それに、段蔵さんがあんな形で十本槍に喧嘩売ったのを見てしまうとねえ……。先の巻でホラ子が勧誘した件は思いの外大きな伏線になるのかも。しかし、未だ登場せぬ真田・信繁はどういうキャラで、どういうスタンスなのかは気になるところだなあ……。お兄ちゃんがあれだけダメお兄ちゃんだと、弟よりもしっかりものの妹キャラの方が萌えるんだがw

というわけで、後半はガチガチの対竜戦闘。ドラゴンスレイヤーである。
とは言え、本作のガチバトルが、並のドラゴン戦になるはずもなく……とてつもないド迫力。いやあ、凄いの何の。巨大な竜との戦いって、普通は小回りのきく人間が機動力で翻弄しつつ、中心にデンと構えて動かないドラゴンの装甲を削っていく、みたいな展開なのが、古くからの王道路線。
ところが、本作はというと、そんな基本に収まらない。総力戦だった筧・虎秀戦はまだしも、先代の猿飛・佐助と霧隠・才蔵との対天竜戦は、もはや対竜戦闘じゃないでしょう、これ。さすがは巨大ロボットと人間サイズのキャラがガチで剣戟し合う世界である。竜との戦闘も、ジャイアント・キリングじゃなくてどこか対等でガチンコ、という感じなんですよね。霧隠れの名に相応しい隠形スキルを駆使する才蔵戦もそうですけれど、何より凄かったのが二代・襯灰鵐咾蛤棺との、高速機動戦でありましょう。巨大な体軀を感じさせない、とてつもない身のこなしとスピードで動きまくる、という従来の竜の戦闘スタイルを完全に逸脱した佐助の戦いっぷりは、ド迫力もド迫力。息があっているようで合ってなくて、合わなさ過ぎて逆に合ってきてしまったという感じがしないでもない、二代と襪瞭民コンビと、文字通りのスピード勝負。宗茂VS二代以来と言っていい加速に加速を重ねる高速機動戦は、映像化したらどんなシロモノになるんだろう、と想像しようとしたものの、何か尋常でない絵面になってしまい、動悸がえらいことになってしまいましたがな。
二代の無軌道さに振り回されっぱなしでガチでキレ出す襪気鵑またおもしろ可愛くて、普段の宗茂との夫婦漫才もいいですけれど、二代&襪離灰鵐咾發海譟⊃靴靴て良い感じだったなあ。

移動教室における真田の遺跡の探索も、謎があらたなる謎を呼び、という感じで進展しつつも深みにハマる様相を呈してきた中で、さらに西の地で織田・羽柴との抗争中だった六護式仏蘭西の主力に、北条連合が武蔵の前に現れる。
これで五巻終了だけれど、むしろここまでで上巻が終了したんじゃないのか、という次回への引っ張りようじゃあないですか。そして六巻は賑やか無双の大戦でございます。どっかーーんとまくってきましたよーー!

川上稔作品感想

境界線上のホライゾン 2 4   

境界線上のホライゾン 2 (電撃コミックス)

【境界線上のホライゾン 2】 武中英雄/川上稔 電撃コミックス

Amazon

これ、思っていた以上に良いコミカライズですわ。1巻もストーリーをなぞっていくという意味では、漫画化してよかったなあ、と思っていたんだけれど、2巻に入り三河動乱編に突入したことで評価もうなぎのぼり。アニメとは別の観点から、あの分厚い内容を適度にカットしつつ非常にコンパクトにまとめている上に、解りやすい展開に整えなおしているんですよね。その上、戦闘シーンがかなり良いんですよ。
きゃーー鹿角さーーん!!
武神VS自動人形、あのアニメの名バトルシーンが、このマンガ版でも映える映える。いや、アニメ以上に武神乗りの方のかっこ良さが引き立ってるんですよね。それに、人間サイズの鹿角さんと巨大な武神とのデカさの対比が非常に目に見える形で描かれているもんだから、迫力も大したもの。
その後の、立花宗茂と本多忠勝との戦いも、スピード感があって……というか、遥かにスピードに勝る宗茂に対しての、忠勝の足さばきや身のこなし、判断の鋭さによる「巧さ」がうまいこと表現されてるんですよね。
このあたり、アニメとは違う方向から、漫画でどう見せるか、という点をきちんと確立してきてるのが見て取れるんです。
正直、戦闘シーンとか動きのあるシーンについては全然期待しない方向でいたので、これは望外の喜びです。原作のあの分厚いの、手が出しにくいんだよ、と思ってる方はこのコミックスの方から入っていくのもいいんじゃないでしょうか。アニメ見た人も、このコミカライズなら買いですよ。シーンによってはより掘り下げられていたり、カットされていた部分が拾われたりしていますから。

あと、アニメプリントのシーツと枕カバーの新しい価値観が……新しい価値観が、インパクトすげえ(爆笑
新しい価値観すぎる!!


そして、なんと巻末には5頁にも及ぶ原作者・川上稔さんの書き下ろし掌編が。5頁っつっても、新書版みたいに1頁につき2列で書かれているので、実質のページ数はもっと上になるんじゃないだろうか。この人、BD初回版だけじゃなく、どこまでこの手の書き下ろしの手を広げていくつもりなんだ、ほんとに! なんか、漫画とは別のグッズにも、氏の書き下ろしが特典として、というニュースをどっかで見かけたぞ。
肝心の内容は、原作本編前。まだホラ子がP−01sと呼ばれてブルーサンダー亭の店員として働き始めた頃の、アデーレとの接触編。
P-01sが店の外で露天販売しているシーンを見て、アデーレ曰く
 ああ、とアデーレは思った。キ●ガイが武蔵には一人増えていたのだ、と。
初対面じゃないけど、ほぼ二度目の会いからキ印扱いです、あのブカブカ。うん、でもまあその気持、理解できるよ。
最初の頃、ホラ子はトーリに対してだけ当たりがキツい、という話になってたけれど、こうして見るとわりと全方位にエグいですよね。特に、アデーレやネイトみたいな受け担当は、喰らいやすい(笑

狂夢「風狂の夢(ドリームワールド)」  





やっちまったなあ、おい!  



ぎゃああああああああ!!(白目

なにをしてくれとんじゃいなーー!!wwww

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 5(上)4   

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンV<上> (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 5(上)】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon

 ──状況は静から動へ。
 関東、近圏の諸国が武蔵とP.A.Odaを天秤に掛け、遂に戦端が開かれた……!
 奥州三国の支持を得て、柴田勢を退けた武蔵。生徒会副会長の正純は、信長死後の歴史再現の鍵を握る北条に働き掛け、羽柴にプレッシャーを与えようと画策するが、その矢先、羽柴勢が毛利領内に侵攻したとの一報が届く!
 毛利領を治める六護式仏蘭西の迎撃は。そして連動して動き出す関東勢力の群雄に、武蔵もその一員として相対する。
 各国に分割統治された中世の神州・日本を舞台に繰り広げる、壮大な学園戦国ファンタジー第五話、いよいよ開幕!
伊達を出奔して武蔵に身を寄せることになった伊達・成実さんなんですが、実家を飛び出して男と同棲しているようにしか見えない! 見えない!! メアリと点蔵の所みたいなフワフワしたラブラブな感じとはまた違っていて、「いい洗髪料見つけたから帰りに付き合って」、とか平常運転でメール送ってるあたり生活感のあるカップルというか、小さなアパートの一室を借りて身を寄せ合って暮らしてる感があるというか。
もろに「同棲!」って感じの生々しさがあって……むむむ、ウッキーやるなあ。ところどころ、さらっと惚気るあたりが実に男前である、この半竜。メアリのおぱーいを掴んで離さず、その上皆に合意の上ですから大丈夫です、とカノジョに言わせる鬼畜忍者とは桁違いだなww

さて、今回の表紙を飾るのは印度諸国連合の総長兼生徒会長である北条・氏直。この印度諸国連合の制服は、薄い布を何枚も重ねたようなデザインで、ちょっと民族衣装のサリーをイメージしてるんだろうか。なんにしても、オパーイの柔らかさを強調しているようなデザインで、なかなかエロい。
しかし、表紙を飾っているとはいえ、あんまり出番はないんですよね、北条・氏直。本格的にノリキとの絡みがあるのかと思っていたんですが、今のところ北条とはまだ直接交渉はなく、関東に在中している滝川・一益との歴史再現を目論む、三つ巴の綱引きと相成りました。氏直としては心情的には完全に武蔵側、というかノリキの方にあるようなのですけれど、後々羽柴に下ることになる北条という難しい立場に居るために難しい選択を迫られることに。

と、その前に

ネイトママン、自重! 自重!!

喰ってます、食べちゃってます! 肉食ですよー、肉食系女史ですよーー! 現役娘が現役すぎる! うあぁ、これはなんというか、お食事以外の何物でもないですねー。さすがは人狼女王。性欲も食欲も不可分ですか。
ってか、これはもう旦那さんが凄いわ。よくまあここまで貪られ搾取されて、生きていられるもんですわww

そんな二人の娘さんと言えば……なんか嬉ションしてますよー? 嬉ションってなんだよ、嬉ションって!!
ちょ、おま、どんなイケナイ子なんですか、ネイトさん。ワンコにも程がありますよ? 
なんか、喜美の戯言段階だった大奥システムが冗談じゃなくなってきたみたいですし。ネイトはわりとその気になってきてますし、浅間も何だかんだと自分から遮断せずにつなごうとしてますしねえ。布陣布陣。布陣って言い換えると夫人ですよね、特に意味なし。


西国の方ではついに六護式仏蘭西とP.A.Odaが激突。毛利と織田が直接戦火を交えるということは、本格的に本能寺の変―織田・信長暗殺が迫ってきたということになり、いよいよクライマックス感が高まってきた。そんな中で、ついにあの「竹中・半兵衛」が登場。羽柴・秀吉の軍師についてはどうするかと注目してたんですけれど、竹中・半兵衛と黒田・官兵衛の二重襲名で来たか、やっぱり! しかも、タレ目眼鏡のお姉さんですよ! 
とどめにこの人、えろえろですよ。えろえろえろえろえろえろ〜〜。なにしろ、しょっぱな最初の台詞からして「えろえろえろ」ですからね。エロじゃないですよ? えろえろですよ? 竹中っていうから病弱な喀血キャラかと思ったら吐くは吐くでも船酔い胃の中リバースキャラでしたよ! いみわかんねえ!!
駄目だ、この人も良い感じでダメだw


一方で、武蔵は六護式仏蘭西を援護するために、北条と交戦し歴史再現を進めようとする。正純の外交必殺技
「戦争しようぜ!」の炸裂である。一連の流れ、一応理屈はわかるんだが、表面だけ見てると北条と矛を交えておきながら、突然矛先を変えて北条の代理で滝川・一益に喧嘩を売る、というなんて正純ウォーモンガー(笑
でも、此処に至ると武蔵側の戦力も非常に充実してることが判るんですよね。いつもの一味に加えて、英国王女メアリ・スチュアートに立花・宗茂、詆徂悄Nじ/最上・義康に伊達・成実という新戦力が加わった武蔵の戦力は圧巻と言っていいくらい。長らく怪我の影響があった宗茂もほぼ完全復活。同じくスランプだった二代も復活し、色々と迷いの多かった義康も、最上・義光との懇談で一つの道を得て、と今、武蔵って主砲の完備も相俟って、これまでにないくらい万全なんですよね。今までで一番最高、と言ってもいいくらいかと。尤も、現段階が上限じゃ勿論ないんですよね。まあまだ、味方は増えていく要素はタップリある。
とはいえ、現段階でも見応えあったなあ。新戦力が加わった跡で、全員が万全に状態で、それが一同に介して戦うのって初めてだったんじゃないですか?
復活した途端、ネタキャラとしても復活する二代さんはどうかと思うけれど。あんた、懲りずにセックスセックス見境なさすぎw

白鷺城を擁した滝川・一益と、真田十勇士の筧・十蔵、海野・六郎、望月・幸忠との交戦も、こうなってはP.A.Oda側の方が分が悪い。それでも勇戦してみせるP.A.Odaがまた凄いんだけれど。
でも、こうして直接対決が増えてくると、自然とP.A.Oda側と武蔵側の違いが浮き立ってくるんですよね。それは、当事者であるP.A.Odaの面々にも徐々にだけれど意識され、疑問されるようになってきた。失われることを覚悟している悲愴のP.A.Odaと、失うことを諦めずひたすら賑やかに突き進む武蔵。P.A.Odaの連中は、作中でも皆が語っているように……イイやつらなんですよね。仲間同士仲いいし、お互いを大事にし、親身になって想い合っている。それだけに、彼らが常に抱え持っている悲壮感が見ていて辛くて仕方がない。神流川の戦いを最後に、敗北の道をゆくことになりいずれ消えて行く事を覚悟している滝川・一益。それでもなお、敗走ではなく栄光を持って、皆のもとに帰ろうとあがく彼女の覚悟と想い、そんな彼女の今と行く先を思い心配する佐々たち。ビキィィッっとなって硬くなってる森くん。みんないいやつなんですよね。最後の、触手ですけど。
撤退する筧・十蔵たちにホライゾンが送った言葉は、このP.A.Odaと武蔵の相容れない相対への一つの鍵となると思うんですよね。武蔵が、逃げ場じゃなくて、答えが辿り着く場になれればなあ……。
でも良いこと言いながら、ホライゾンさん。思いっきり追い打ちズドンしてるあたり、幾ら宗茂砲一号二号だからて。アナタセメント鬼畜すぎww 
と、このまま快進撃を続けられるか、というと、まさかの校則法が立ちふさがる。正純がヒャッハーしすぎたせいで、学校イベントが消化しきれておらず、しかもすべての対外行動が禁止される夏休みに突入せざるを得ない、という為す術ない詰み状況。
思わず、片桐くんにごめんなさいしてしまいそうな勢いです。しかし、この片桐・且元くんはまたイイキャラだなあ。ってか、羽柴十本槍って片桐くん以外全員女性なのか。しかも、このショタっ子他の女性陣にいい具合に可愛がられてるみたいだし。目の前で平気で着替えされたり、あまつさえ着替えの手伝いさせられたり、なんですか? 片桐くんは十本槍はれむーデスカ? オマエなんか、森くんの親友になっちまえ! 触手BLって新境地じゃね? どうですか、ナルゼさん?

さあ、色々な意味でどうするんだ、これ!?

とか言ってる間に、ラストになんか凄いのきたーー!?
え? これが引きなの? 次回に引っ張る物凄い引きというのは珍しくない手法ですけれど、こんなアッパーにはっちゃけたのは滅多見ないぞ!?


シリーズ感想

境界線上のホライゾン 第二期Blu-ray予約開始だーー!!  


境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012年9月21日)

Amazon

よっしゃあああ、きたーーーーー!!
さすがに、放映前に全巻購入予約したのはこれが初めてだ。
第一巻は見ての通り、ギンさんだでや。
そして、当然のごとくシリーズZERO話であるところの「GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン きみとあさまで」の続編が!!
にゅらららあん♪ 第二期は誰がジャケットを飾るのかも楽しみなところだよなあ。とりあえず、ヨウジョ、傷有り、ファナ、シェイクスピアあたりは確実か!?

内容紹介

圧倒的クオリティと再現度で大ヒットを記録した壮大な学園戦国ファンタジー、第2期堂々開幕! !


貴女が嫌だと抵抗しても、自分が必ず貴女を奪って行くで御座る……!


◎仕様◎
【初回特典】
原作・川上稔書き下ろし小説 「GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン きみとあさまで」III<上> 【初回封入特典】
■スペシャルCD1
※特典小説に登場する楽曲を収録!
※歌詞は原作・川上稔書き下ろし!
■特製ブックレット(8P)
【初回映像特典】
■武蔵アリアダスト教導院学園祭
■オールナイト上映イベント ~きみとあさまで~
■ノンテロップOP
■PV
■CM
■<音声特典>原作・川上稔書き下ろし第1話キャラクターコメンタリー
【他、仕様】
■キャラクターデザイン・藤井智之描き下ろし特殊パッケージ
■三方背クリアケース

◎内容◎
【1話収録】
遠い未来。「聖譜」と呼ばれる歴史書をもとに歴史をやり直す世界。三河争乱を経てホライゾンを聖譜連合から奪還したトーリたちは、
ホライゾンの感情=大罪武装を求め、航空都市艦・武蔵で次なる目的地、浮上島・英国へと向かうことに。しかし同じ頃、英国とのア
ルマダ海戦に向け、三征西班牙も行動を開始していた――。妖精女王の統べる英国で、トーリたちの新たな戦いが幕を開ける!

■第1話『朱の場の部員達』

夜符「ミッドナイトバード」  




よし、もげろ!!

PSP『境界線上のホライゾン PORTABLE』 予約開始!!!  



境界線上のホライゾン (初回限定版:ねんどろいど"浅間・智"、スペシャルファンブック同梱) (今冬発売予定) 特典 PSP用ミニゲームダウンロードコード付き
境界線上のホライゾン (初回限定版:ねんどろいど
角川ゲームス 2099-01-01
売り上げランキング : 16


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



特典のスペシャルファンブックが案の定、並の文庫本並にぶ厚そうなんだが(笑
なんちゅうか、あれだ。【奏(騒)楽都市OSAKA】以来の衝撃! って、OSAKAやったことないんすけどね。
やーでも、ジャンルからして非常に興味深い。ってか、やってみたい内容ですよ、これは。PSPを買う理由を増やしてくれただけでもありがたい。

境界線上のホライゾン KKT(極東)総選挙!!  


二期を前にして、なんか企画きましたよーー!!

KKT(極東)総選挙

公式サイトも大幅更新されて、英国のメンバー含めてキャラクター紹介も大量更新。今更ながら、キャストが凄いことになってますなあ。なんか、空前絶後のキャスト数になるんじゃないか?

シェイクスピア、咲のステルス桃とかWORKINGのなずなの人か。よしよし。トマス・キャベンティッシュ=柚木涼香、グレイス・オマリ=豊口めぐみ、ウオルシンガム=後藤邑子、あたりはかなり強力。ってか、英国側がかなりメンツ豪華だ。グレイス・オマリ、もうちょいごっつい姐さんというイメージだったので、このデザインはキましたよ? グレイス・オマリは後々もちょいちょい良い出番ありますし、うしゃしゃしゃ♪
あと、確かにジョン・ホーキンスの素顔には度肝を抜かれた。マジかよ!!

風符「風神一扇」  




境界線上のホライゾン きみとあさまで 2(上)4   

境界線上のホライゾン (Horizon on the Middle of Nowhere) 5 (初回限定版) [Blu-ray]

【境界線上のホライゾン きみとあさまで 2(上)】 川上稔/さとやす 特典文庫

Amazon

三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春。衝動に駆られて雅楽祭にバンド出場しようかと思い悩んだ浅間・智は客観的に見ればミトツダイラの朝の告白で深揉みされてマーキングを促したところをマル……、ナイトに録音されたりもしたが、女だらけのデート大会で立体的に憤りを感じられたりお互いに白いものを掛け合ったりもしたが三人の中で格差社会の犠牲者であるミトツダイラの運命や如何に。
 しかしそれでもいいじゃないか。薄いには薄いなりの利点がある。ハイじゃあ先生それ解らないから他の人答えなさい。いや鈴、無理に答えようとしなくていいから。アンタ薄くなくて細いだけだし。あと女装は手を挙げるな。泣かない。
 誰よ隙間家具の利点とか言うの。
 アデーレ隙間家具説。いやアデーレまだ名前出てない。これからだわ。こっち見んな。まだ描いてないから大丈夫よ。
 ともあれ何だ。そろそろ風呂に入りたくないかしら。デートついでに風呂で一発。一発何だ。そんな感じで「きみとあさまで」供幣紂縫好拭璽
そんな感じってどんな感じだよ!?
回を重ねるごとに訳のわからなくなる粗筋である。もはや粗筋というより三日完徹明けの脳内垂れ流しと言った感じである。きっとそういう感じ。そして、アデーレdisるのは諦めない!!
しかして、「きみとあさまで」2の上巻である。特典小説もこれで三巻目。ページ数は泰然自若の191ページ。これは前巻と確か同じページ数なので、流石にページ厚の上昇はこれが上限なのか、これ以上勘弁して下さい、ブルーレイパッケージに収まりきりません、と泣きを入れられたのか。話がわりとバッサリと途中で断ち切られているのを見ると、どうも泣きを入れられた気がするのでした。そして、最終巻では軽々と泣きを無視して上限値がさらに上昇する予感!! 何しろ上限決めてないもんね、と明言してるもし。

さて、三人娘の姦しデート。デートなのであるはずが、何故風呂入りしているのかは定かではない。デートコースに風呂が入っているのって、ぶっちゃけお泊りコースですよね? さすがにホテルINではなく、湯屋へゴーなのですが、そういえば鈴の家って湯屋だというお話なのでした。イラストには鈴の助六姿が。エロエロです。エロエロと云えば、直政の横乳にアデーレがめり込んでいるの図が。めり込んでます。顔と乳が同じサイズです。いえむしろ乳の方がデカいです。なんということでしょうw それに比べて、アデーレ隙間家具!!
さらには、武蔵における乳一位二位を誇るきみとあさまでムレムレヌレヌレサンドイッチというイラストまで。完全にナイちゃんの新作です! ってか、マジでエロいな、これ。喜美の表情が完全に肉食です。そして完全に浅間が食べられてます。美味しくいただかれてます。ナイちゃん、今回殆ど描きっぱなし。筆が奔る奔る。
むしろこの話をアニメ化すべきだろうというくらいに肌色が飛び交っておりました。ビジュアル的にも、まさかの武蔵女性陣のオール巫女服という、本編ではまず見られない壮観の光景が。挿絵といえば、この挿絵こそ見たかった。
そういえば、これだけ完全に女性陣だけでキャッキャウフフとバトルかましているシーンも本編ではありませんよね。いきなり対竜戦闘とかはじまる怒涛の展開も混じえつつ。ってか、いきなり竜来たーー!!
なるほどなあ、ここらあたりでアデーレやミト、ナイトとナルゼの戦い方のスタイルが本編へとつながっていくのか。そして、狙撃せずとも浅間神社の巫女として存分に力を振るう浅間の同期のなかでも卓抜した腕前と、さらにその上を行く喜美の安定感が、未だ試行錯誤を続けているミトたちと比べて目につく所。喜美はこの時点である意味完成してるんだなあ、と納得したり感動したり。
さりげに「奥多摩」さんがお茶目さんで、ちょっと和んだw 艦長シリーズの中ではわりと抜けてる人なのか。

艦長シリーズというと、武蔵さんってめちゃくちゃ酒井学長のこと好きですよね、うんうん。武蔵さんのお尻丸見えとか、かなりドキドキ。実は登場人物中一番美人なんじゃないかと思ってる武蔵さんのあられもない姿にドキドキです。そんな武蔵さんにさり気なく長衣を脱いで着せる酒井学長、マジ紳士。この二人って、夫婦というよりも落ち着いた熟年の恋人同士という風情があって、好きなんだなあ。

1(上) 1(下)

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン きみとあさまで 機焚次4   

境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 3 (初回限定版) [Blu-ray]

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン きみとあさまで 機焚次法曄\郛緻/さとやす 特典文庫

Amazon



三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春、安芸に到着した武蔵は、春期学園祭の一環として、安芸と武蔵の協働による雅楽祭を開こうとしていた。
 それはさておき、浅間・智は、武蔵の神道代表である浅間神社の跡取り娘で、浮く側の人間であった。浮く人生は我望まずそうなったものであるが、水中での抵抗が一切ない場合、人類は水中生活が可能な生物になっていったのではないだろうか。アデーレはそこらへんどうなのか。よく走ってるが、マグロも一生泳いでいると言うのだ。アデーレマグロ説。
 話を戻すと、浅間は、浮かないサイドのトーリや、同じ浮くサイドに属する生徒会長兼総長の鳥居・元忠tの紆余曲折から雅楽祭にバンド出演してみようかと考えて鈴に乳揉まれてナルゼが出血したがミトツダイラの中ではこれから橋の下でミトツダイラに告白することになっているらしい。
 喜美は空気入れもって愚弟のチンコを浮かせようとしているが、ヘリウムの方がいいのではないだろうか。そんな感じで下巻スタート。


何言ってるかいみわかんねえよ!!

あらすじの体をなしているのかなしていないのか、ってなしてるわけねえ! ってか、あらすじでチンコとか言うな! と、今更喚いても仕方ないのが川上クオリティィ。上巻の段階ではまだあらすじはあらすじだったんだけどなあ。ふりーーーだむ! ってか、脈絡なくマグロ扱いされているアデーレであった。
相変わらず裏表紙にまでビッシリと掌編が書いてあるのでお見逃しなく、というところのアニメ版ブルーレイディスク第三巻の特典文庫【きみとあさまで 1(下)】のはじまりはじまり。
ついに200ページの大台まであと9ページというところまで到達してしまっている。上巻が150ページだったから、軽く40ページほど増えているのだ。特典文庫まで巻を重ねるごとのページ数が右肩上がりかいな。この調子だと最終巻は普通に300ページ弱まで行きそうな勢い。そこまで行くと本当に普通よりやや厚めのライトノベルのレベルである。

肝心の内容はといえば、アサマチが人気のない橋の下でミトツダイラに襲われて、乳を揉まれて悶えているという通常運行。どこでも発情するな、このワンコ。そもそも何故アサマチに呼び出されて自分これから告られるんじゃね? という発想に至るのか。ついついエロ方面に思考がすっ飛んでいくのは射殺巫女の方だと思っていたが、ワンコもその辺変わらないようである。さすが水戸黄門である。なにがさすがだ? そもそも、ワンコもアレな趣向の持ち主である。どうやらワンコにとって主従関係とは愛玩関係であるということが暴露され、全裸やホラ子に愛玩動物、ペット扱いされている本編現状は当人にとってもどんと来いだった模様である。お幸せなことだ。まさか、飼われたいという願望があったとは。全然まさかじゃなかった。
紆余曲折あって、バンドを組むためにアサマチがネイトと喜美をデートで満足させなくてはならないということになった。3Pである。いいからベッドに連れ込めよ、と言いたい所だが、そうなると喜美の独壇場になってネイトが発情するので普通にデートするがよろし。ナイちゃん(ガッちゃん)がそろそろ多量出血で生存できなくなりそうだし。今回、何回墜ちたか、ナイちゃん(ガッちゃんね)や。
三人娘のデートの想定相手はどうやら同じ人物のご様子。でもある程度自覚のあるネイトと違って、アサマチはこの時点では心に棚を作ってそこに仕舞って忘れたふりをしてる様子。それを喜美は気に入らなくて、でも面白くて、結局いじり倒す方向に行くのだろう。そうして何だかんだと導いて引き出してさらけ出させるのが賢姉の賢姉たる由縁なのである。
誰も彼もが準備期間なのだ。下ごしらえの時期であり、先のために今の足場を固めている段階なのである。その意味では皆が皆皆試行錯誤の段階だ。でも、試行錯誤をしているという時点で、皆無意識に、或いは漠然と、もしかしたら何らかの予感を持って待っていたのかもしれない。
あの日、全裸が告白するぜ、とのたまって、三河が吹き飛んで、世界の行く先が一変してしまった時、彼らが勇んで全裸の隣に並んで歩いていけたのは、みんなちゃんと「準備」をしていたからというのが、この前日譚を見ていると実感できてしまうのだ。
戦う準備を。勝ち取る準備を。未来に挑むだけの心構えを。

山椿さん、かっけえなあ。
と、いきなり漏らしてしまったが、双嬢のテスター権奪取に纏わるあれやこれやにも、色々と試練や想いやテンションの上げ下げがあった模様でございます。ナイちゃんとガッちゃんのモチベーションの違いが面白い。やる気ってのは、見ている先によっても違ってくるものなんだろうな。そう言えば、ここで出てくる魔女の「海兵(マリネ)」って、アニメで提督に抱きついてたあの人なのかなあ。多分おそらくそうなのだろう。そのへんの設定はガッチリしてそうだし。しかし、箒の速さってマジ凄い。こんなに速かったんか、こいつら。魔女たちが空の武神に伍し、対艦戦闘さえ熟すという制空権の勇に足る種族だというのもこれなら理解できるわー。ここにウッキーみたいな航空系半竜や、機竜が加わってくるんだから、見栄えも映えるなあ。アニメ、話が進めば進むほどアクションすごくなってくぞ。

『フフ、ミトツダイラ! アサマがチンーコ生やして泉に浮かせて軍艦ごっこやってるっていうから、これから私達は潜水艦になって沈めに行くわよ!』
「え? 筍じゃありませんの」
「比喩! 比喩表現よ! ぐんぐん伸びてスパァンって切るのよ! ――え? 何よ愚弟、スパァンって言われると縮む? そんなこと心配してないで型取りしなさいって』
「ちょ、ちょっと待ってください喜美! 型取りって何です!?」
『ククク、やあねえ、何をいやらしい想像してんのよ。まずはチョコからね愚弟!』

なにやってんだ、賢姉ぇ!?

迷符「半身大悟」  

【MAD】境界線上へと至る道【境界線上のホライゾン】



 
5月18日

川岸殴魚
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


境田吉孝
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬条一(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虹元喜多朗
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月17日

吉河美希
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


赤衣丸歩郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


阿部花次郎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


音羽さおり
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


こはるんるん
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月14日

福成冠智/柊遊馬
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


abua/ナカノムラアヤスケ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ありのかまち/箱入蛇猫
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


烏間ル/紅月シン
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


酒月ほまれ/アルト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


かじきすい/左リュウ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


青辺マヒト/十夜
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


名苗秋緒/九頭七尾
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


沢田一/夾竹桃
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


檜山大輔
(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W DMM


ワタヌキヒロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


いしいゆか
(まんがタイムKRフォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


瀬尾 つかさ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


川口 士
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


とーわ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


柑橘 ゆすら
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


マサト 真希
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紅玉 いづき
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


近江 泉美
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月21日

小杉光太郎
(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


荒井チェリー
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


森高夕次/足立金太郎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀達郎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


白浜鴎(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


三原和人
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉本浩二
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


田素弘(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤宏海/白浜鴎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


オキモトシュウ/藤川よつ葉
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索