徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

多崎礼

八百万の神に問う 1.春 3   

八百万の神に問う1 - 春 (C・NOVELSファンタジア)

【八百万の神に問う 1.春】 多崎礼/天野英 C・NOVELSファンタジア

Amazon

「楽土」は神々によって開かれた。そこには飢えも痛みもなく、怒りや悲しみもない。争いの存在しない地には、「音導師」と呼ばれる言葉で問題を解きほぐす者たちがおり----新シリーズ開幕!
今度の多崎さんの作品は和風異世界ファンタジー。あくまで和風、風味であってこれはまた独特な雰囲気だわなあ。確かに中華風でも洋風でもないし、日本語表記以上にこの牧歌的な郷の風景は和風のような気もするんだけれど、でも明らかに違う。まあそれを言ってしまうと、これまでの作品だってその世界観はあまりにも独特な空気が流れていて、洋風だなんだという括りでは捉えきれない起立したものがあったんですよね。それを、ここでも如実に感じ取ることが出来ます。こうやって自分の世界観を確固として構築できるからこそ、一流のファンタジー作家として名を成してるんだろうなあ。
さても、主人公は表紙にも描かれているイーオン音導師。音導師というのは音を操る音楽家、ではなくて弁舌を操って争いを纏める弁護士、或いは交渉人、といったところでしょうか。それも、誰かの利益の為に働く営利職業者ではなく、限りなく公人に等しい役割を担っているように目されます。勿論、頼まれて依頼人の代弁者となって働く人も居るようなので一概には言えないのですが。
しかし、このイーオン、見た目からすると男だと思ったのですが、実は女性のようでして。挿絵の登場人物紹介など見ますと、目つきは悪いというか眼の下に隈がはっていて、もはやガラの悪い「L」みたいにしか見えないのですが、これでも三十路前後の女性だというお話。主人公が三十路女とはまた斬新な、と言いたいところですが、むしろ主人公は若いサヨさんの方でして、翻ってみてみるとこの一巻は、一廉の音導師であるけれども心に傷を負い、後悔とトラウマに囚われているサヨ音導師のくびきが解き放たれる、いや自ら解き放つのをけったいで性格も悪い問題児、に見えてその実賢人なイーオンが導いていくという人生の障害を乗り越えるお話だったんですなあ。
さらに注目して見るべきは、この「楽土」なる暴力が否定された場所でして、一番奥まった里の方は神の判別によって自由に出入りできなくなっております。そこは、深く傷つき現世で生きられなくなったほど弱ってしまった人たちが癒されるために訪れる場所。まるで天国のように語られていますけれど、その実態をよくよく見ているとそこは人生の終端地点。穏やかに平和に人生を終えるための場所。言うなれば、終末医療の施設、みたいなところなのです。もっとも、冒頭から読む限り、楽土のもっとも奥まった人里ナナノ里にそんな時の止まったような静寂はありません。耐えない人の笑いがあり、生き生きとした村人たちの生活がかいま見えます。お陰で、最初は「楽土」の意味がよくわからなかったんですけどね。
どうやら、過去回想などを見る限りではナナノ里がこうなったのはごく最近。この村を見守ってきた方がそれ故に苦悩し続けてきた人生の終着点たる村の姿は、徐々に変わりつつ在るようです。
楽土に訪れる変化、それは既に起こり始めており、人間と神の関係を含めて大きくうねりはじめています。
この一巻のクライマックスで、ひとまず急激すぎる変化は否定されているのですが、面白いことにその否定した人によって、ナナノ里は徐々に変化を迎えている。同時に、楽土の外から外国の手が忍び寄り、近々の波乱は約束されてしまっているようなもの。イーサン音導師の出馬は、まさにその変化に備えてのもの、と言えましょうが、はてさて、「変化すること」そのものの良し悪しはどっちなんでしょうねえ。変わるべきものもあれば、変わらざるを良しとすべきものもあり。一概には言い切れず、見る位置、立場を変えれば様相は代わり、短期的と長期的という観点からも大きく異なっていくのでしょう。
「楽土」という特別な場所の行く末がどうなるか。まだ誰の口からも語られない、イーサン音導師の抱える一度世を捨ててしまった程の傷と闇は何なのか。まずもって人を揃え、世の在り様を捉えるところからはじまったこの第一巻。夏が来て秋が参り冬が訪れる。そこに「答え」を見る前に、まず「問い」から集めていくのが次以降か。
さてもはじまりはじまり、然してたのしみたのしみ。

多崎礼作品感想

夢の上 3.光輝晶・闇輝晶4   

夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NovelsFantasia た 3-8)

【夢の上 3.光輝晶・闇輝晶】 多崎礼/天野英 C・NOVELSファンタジア

Amazon

サマーアの空を覆う神の呪いは砕け散る。そして----夜の王に提示された光輝晶はあと二つ。残されし想いや夢はどこに行くのだろう? シリーズ、ここに完結。
あとがきに書かれていた、この物語のモチーフになったという、ウィリアム・バトラー・イェーツの詩を読みました。その上でね、あの夜の王と夢売りの会話を読み直したら、もう泣けてきて泣けてきて。
それでなくても、あの夢売りの真意は戦慄モノだったんですよ。彼の意図を知った時の衝撃と言ったら。
自分自身の救済を(夜明けを)

……これを見た瞬間、全部が報われたのだと思いました。この三巻の間に描かれた六つの物語。そこで生き、そして死んでいった人たちは、決して幸いの中にあったわけではありません。それどころか、幸福な日常を失い、愛する人を奪われ、いだいていた夢を失い、辛く苦しい人生を歩んだのです。それでも、彼らは後悔などすることなく自分の信じるもの、大切なものを見つけ、夢をいだき、精一杯生き抜いた上で、夢を託していきました。
でもね、でもね、どれだけ彼らが満足していても、自分の生き方に納得していても、それがその人だけの中で完結してしまうというのは、やっぱり哀しい事だと思うんですよ。その意味で、夢売りが求めたものは簡潔にして絶大なものでした。
知ってほしい、覚えていて欲しい。そこで何があったのかを。彼らが、何を思っていたのかを。本当の真実を、本当の思いを。

これほどの、報いがあるでしょうか。これほどの、救いがあるでしょうか。与えるだけだった愛を、委ねるだけだった想いを、託すだけだった夢を、きっと一方通行でしかなく曖昧な感触でしか無く、錯誤や誤解や未知が入り雑じり正確には伝わらなかっただろうこれらの真実を、夢売りに見せられた記憶によって彼女は余すこと無く知る事が叶い、すべてを受け取ってくれたのです。彼らは別に真実など知ってもらわなくても構わなかったのかもしれません。でもね、これは残された者たちにとってもこれ以上ない救いなんですよ。
自分がどれほど愛情を注がれていたか、どれほどの想いを預けられたかを受け取った彼女は、自分が踏みしめるものの姿を知りました。故にこそ、歩いていける。
彼らの生き様を、記憶していて欲しい。彼らの夢の形を、忘れないで欲しい。
貴女は、彼らが敷いてくれた夢の上を、これから歩いて行くのだから。いつか、自らもまた誰かの踏みしめる夢となるまで。

やっぱり、ほんとうに重要なのは夢売りと夜の王のシーンだったんだなあ。
期待を裏切らない、それこそ結晶のように織り成された素晴らしい物語でした。感動。

1巻 2巻感想

夢の上 2.紅輝晶・黄輝晶4   

夢の上〈2〉紅輝晶・黄輝晶 (C・NOVELSファンタジア)

【夢の上 2.紅輝晶・黄輝晶】 多崎礼/天野英 C・NOVELSファンタジア

Amazon

眼前で解かれる夢の結晶。誰よりも激しい夢に身を焦がした『復讐者の遺言』、そして夢見ることを恐れた男が辿り着いた『夢の果て』----夜の王が呟く。叶わぬ夢はどこに行くのだろう、と。
てっきり、新しいキャラクターが出てきて語り部をつとめるのかと思っていたんだが、これ徹底してこの時代の歴史のうねりを様々な人の視点から描こうというのか。同じ事件でも、それぞれの人の立場によって見ている光景はまるで違う上に、一巻の二人の語り部の視点では何が起こっていたのかわからなかった部分、その時各々がどんな思いを抱いていたのかが次々と明らかになっていく。様々な事実と真実が交錯し、多くの想いが時にすれ違い、時に結びついて結実していく。一話一話でも充実した物語が、凄まじい濃度となって熟成していく。
これは群像劇と呼ばれるジャンルの作品なのかも知れないけれど、こんなにも同じ時間と空間を多様な視点から詳らかにし、人々の切なる想いをくり返しくり返し塗り重ねていく物語があっただろうか。
息を飲むような濃密さである。
紅輝晶の夢の主は、愛する人と家族と故郷を光神王に奪われた一人の女性の復讐者。そう、あのイスガータが自身の人生をねじ曲げてまで助けようとした人。アイラスの母、ハウファの物語。そして、黄輝晶はシアラの姿を通して自分の夢を見つけた影憑きダカールの物語。
特にハウファの物語は、光神王という存在の謎と時空晶が浮かび太陽を覆い隠しているこの国の謎と真実に迫る話であり、アイラスが王城から逃亡しなければならなかった理由とともに、一巻ではまだ不鮮明だったこの物語の全容が概ね明らかになったという意味で、とても重要な話だった。
ハウファが凍れるような復讐の炎を滾らせるに至った想い人との真相には、最後の最後までまったく気づきもしていなかっただけに、驚かされたなあ。てっきり、あの女性は亡くなった彼の母親だった、というオチを夢想していただけに、愕然とさせられましたよ。
復讐は何も産まない虚しい行為だ、と少年漫画や朝のアニメなんかだと諭されるのでしょうが、それを彼女の復讐に宛てがうのはやはり的外れでしょう。彼女の呪いは、復讐の炎は、すべてを滅ぼす破壊ではなく、闇に光を灯し、希望を生み出し、次代に続く明日を紡いだ、気高くも誇るべき復讐となりました。道半ばで旅を終えた彼女ですけれど、この人もまた、翠輝晶で語られたあの夫婦と同じように最期まで生き切った人でした。
それでも、彼女を掴めなかったツェドカにとっては、痛恨だったのでしょうけど。愛は与えるものだと、この物語では常に語られ、実践され続けている。でも、ツェドカは愛する人に何も出来なかったんですよね。それはどんなに辛いことだろう。結ばれない運命であっても、愛を捧げ愛を与えることは出来るだろうが、既に亡き人にどうやって愛を捧げればいいのか。
それこそが、次の三巻。光輝晶と闇輝晶の夢で語られる二人の王子の物語なのかもしれないが。
最後にこの二人が持ってこられるということは、やはり一番の主役たるのはアイラスとツェドカだったのかなあ。
問題は、幕間で語り合う夢売りと王がそれぞれ誰と誰なのか。どうもこれ、一見して思い描く人と実際が巧妙にずらされてる気がするんだよなあ。多崎さんには【煌夜祭】でも【<本の姫>は謳う】でも、予想だにせぬ心地良い驚愕を戴いているので、今回もその辺大いに期待しております。

1巻感想

夢の上 1.翠輝晶・蒼輝晶4   



【夢の上 1.翠輝晶・蒼輝晶】 多崎礼/天野英 C・NOVELSファンタジア

Amazon
 bk1

夜の王に「夜明け」を願い出た夢売りが取り出したのは、六色の宝玉。封じられし夢の結晶。夢は語り始める――結晶化した女の『夢のような人生』を。夢を見ない男の『沈黙の誓い』を......


ため息が出てしまう。やっぱりこの人、すごいなあ。もう、ハイファンタジーという領域での第一人者と言っていいくらいなんじゃないだろうかと思ってしまう。
此処で描かれるのは、二編の物語。幾多の苦難に見まわれながらも、苦しみも辛さも理不尽も笑って踏み越え、愛する人と手をとりあって走り抜けた短い人生を、素晴らしい人生だった、幸せな一生だった、全力で生き切った悔いのない人生だったと言祝ぐ女性の物語。
そして、愛する女性への想いを胸に留め、彼女が彼女らしく生きることをその影で支え続けることを誓った、沈黙する男の物語。
どちらも切なく、決して大団円のハッピーエンドとは言えない結末が待っているのですけれど、それでも渦中にいる人達は、哀しみや苦しみに心を掻き毟られ、切なさに惑い、叶わない想いに苛まれながらも、全力で愛する人のために、想い人がその人らしく生きられるように、全霊を尽くすことで自らの人生に満ち足りた想いを抱いていくのです。
彼らの生きざまは、視点が変われば不幸と呼ばれるものかもしれません。でも、彼らはその道を自ら選び、その選択に胸を張り、満足を得て居るのです。
愛するということは、決して一般的な視点から見ての幸せが得られるものではないのかもしれません。それでも、当人たちはそれを幸福と呼ぶのでしょうか。
わかりません。
でも、代わりに泣いてくれる人がいるなら、きっと救われるのかな。

それぞれの短編は独立して、主人公も異なっているのですが、同じ世界観の同じ時系列上にあり、登場人物もまた重なっていきます。
【煌夜祭】で、【“本の姫”は謳う】の各作品で見せてくれた、クライマックスでそれまで紡がれていた幾多の物語が、パノラマが広がるような何倍にも広がり、すべてがダイナミックに結びついていくあのカタルシスは、必ずやこのシリーズでも見られることでしょう。
既に「夜の王」と「夢売り」の会話は、二人が夢利きによって語られる物語に深く関連した人物であることをうかがわせ、この世界の秘密と彼らの置かれた状況が、すべてを紐解く鍵となっていることを予想させています。【煌夜祭】と似たこの幕間劇は、いかなる大ドンデン返しの素を担っているのか。
全三巻だそうですが、こう明らかに名作決定、な作品は待ち遠しいを通り越して逆に待つことに余裕が出てくる不思議。でも、多崎礼さんっていつも全部書き切ってから本にしているっぽいので、あんまり待たされる事はないんですよね。その分の安心感もあるのかもしれない。

<本の姫>は謳う 45   

〈本の姫〉は謳う 4 (4) (C・NovelsFantasia た 3-5)

【<本の姫>は謳う 4】 多崎礼/山本ヤマト C★NOVELSファンタジア

Amazon


クライマックスに入ってから、もう泣いた泣いた。純粋に素晴らしい物語を目の当たりにした感動だけで、これだけ泣けたのっていつ以来だろう。
デビュー作の【煌夜祭】でもそうだったけど、多崎礼先生の語り部としての力量は常軌を逸してる。キャラクターはそれぞれ魅力的だけど、図抜けているという程じゃないんですよね。文章も決して特徴的でも芸術的に際立っているわけでもない。ストーリーもどうだろう。眼のさめるようなとてつもないもの、というわけでもなかったと思う。
だけど、この人の手によって綴りあげられたこの作品は、【物語】という在り様において、一つの奇跡のようなものなんじゃないだろうか。
とにかく、完成度が半端ない。それでいて人工物の匂いがまるでしない。人の手が加わっていないにも関わらず、完璧な調和を得ている生態系だとか、遺伝子の螺旋構図だとか。そういう自然な完全性。だいたい、この手の構成美を突きつめた作品って、窮屈さが垣間見えてしまうものなんだけど、この物語にはそれが皆無。

これは後から考えてみるなら、定められた運命の上を走り抜ける物語だったのかもしれない。けど、読み終えすべての真実が明らかになったあとですら、そんな感動が間違っているものだと確信は揺らがない。
過去は既に終わってしまい変えようのないもの。過去と現在と未来は断絶し、常に一方方向に流れ落ちていくしかないモノ。
そんな認識を、現在において綴られるアンガスと姫の旅。過去の中のアゼザルとリバティの戦いが、終極に結実していくその物語が、粉々に打破してくれた。
過去は未来に導きを残し、未来は過去に希望をもたらす。
過去の物語と未来の物語は並列として存在し、過去が託した祈りを未来が受け取り、その未来が果たした行動によって過去が変わる。
そう、変わったのだ。
観測されていた悲劇と滅亡は、アンガスと愉快な仲間たち(涙)の生きざまによって覆され、絶望の淵に終わるはずだった過去の物語は祝福を得る事となる。
時間の概念からも解き放たれた、これはきっと本当の自由を勝ち取る物語。その奇跡的な調和のとれた、美しく素晴らしい物語に、今もなお感動がおさまらない。泣けてくる。

素敵な時間でした。素敵な出会いでした。
アンガス、セラ、ジョニー。姫。アゼザル。クロウ。その他にもこの物語に生きていたすべての人々の幸いを願います。
そして、逝ってしまった多くの大切な人々の安らかな眠りと夢を願いつつ。

大傑作でした。

煌夜祭  

煌夜祭
【煌夜祭】 多崎礼

 これは、いいなあ。いいなあ。
 中央公論の新書ノベル『C・NOVELS Fantasia』の新人賞大賞作品。
 世界各地で話を集め、他の土地へと伝え歩くことを生業とする語り部達。そして今日は、年に一度の語り部たちの祭り【煌夜祭】の冬至の夜。廃墟と化したとある島主の館で、二人の語り部が語りだす人を喰う『魔物』の物語。
 二人の語り部が交互に自分の持つ物語を語り合う、という形式で話が進んでいくんだけれども、これが見事な構成の妙で。
 ちょっと内容に触れようと思ってつらつら書いたんだけど、消しました。うん、これは事前にある程度知っていても決して遜色のない作品だと思うけど、この染み入るような哀切、優しさ、愛情を受け止めるにはやはりまっさらな状態で読んで欲しい。
 傑作。
 
 
1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索