東京競馬場芝2000メートル。

さあ、凄いレースでした。これはリアルタイムで見たかったなあ。間違いなく伝説のレースの仲間入りですよ。

ここ数レース、スタートでの出足が行かなくて序盤に脚を使ってしまっていたパンサラッサでしたが、ここはすんなりとゲートを出ることに成功して、そのままスピードに乗って楽に行くことが出来ましたね。
てっきりバビットが先頭を譲らないと思ったのですが、バビットが外枠だったのもあるのでしょうけれど、スピードが乗ったパンサラッサには全然ついていけませんでした。
パンくんも無理に加速してるんじゃないですよね。伸び伸びと走っているのが伝わる走り。
向正面でバビットがついていくのを諦めた時点で、完全にパンくんと後方集団がちぎれてしまいました。
これで一気に難しくなったのが先行組。バビット横山典が実質の先頭として集団を引っ張ることになったのですけれど、自分達のペースがどうなってるのかこれわからなくなってたんじゃないのかな。
軒並み低順位となる馬まで軒並み33秒台で上がりタイム残しているのを見ると、これ相当にスローペースだったんですよね。
後方集団は切れ味勝負のレースとなっていたわけです。一方でだからといってどんどんと遥か彼方へと飛ばしていくパンサラッサを今更追いかけるわけにもいかない。それはそれで自殺行為だ。そんでもって、パンサラッサは逆噴射とは縁のない、新世代型逃げ馬。逃げて差せる快速急行なわけですよ。
逃げ、或いは前に一頭か二頭おいてそれをマークしプレッシャーを与え続けることで、自分自身がペースの主導権を握り続けることでレースを支配するジャックドールにとって、これは難解極まる難しいレースになったわけです。このレースに置いてはジャックドールは主導権の一切を失ってしまったわけだ。
ジャックドールにとっての正解はなんだったんだろう。あくまでパンサラッサについていくべきだったのか。はたまたバビットを気にせず、パン君も気にせず、第二ポツンの位置を掴むべきだったのか。直線に入る前に早めに仕掛けるべきだったのか。
何れにしても困難な騎乗を問われる事になったでしょう。
そして、結果として藤岡くんは仕掛けが致命的に遅れてしまった。イクイノックスやダノンベルーガとの末脚勝負になってしまった。ぶっちゃけ、この展開で4着に入れたのはジャックドールの際立った能力ゆえと言えるでしょう。並の馬なら勝負にもならなかったんじゃないだろうか。
これはシャフリヤールにも言えます。シャフも仕掛けどころを失敗した。でも、仕掛けをもっとはやくしていたからと言って、勝てたかというとどうだろうかなあ。果たしてパンくんに追いつけたかどうか。
もしかすると、早めに併せ馬になった結果としてパンくんの粘りが炸裂してしまった可能性も考えられるんですよね。
パンサラッサって、脚が残っていなくても競り合いとなると無茶苦茶根性見せる粘りが武器の馬でもあるんですよね。ゴール前での競り合いの強さに関してはG1を取ったドバイターフが物語っていますし、力尽きた宝塚記念でさえ2000メートルまでは抜かれても恐ろしいほど食らいついたものです。惜しくも2着だった札幌記念でも負け展開にも関わらずむちゃくちゃ粘りましたもんね。
今回に関しては、あまりに後方と差が広がりすぎていて、イクイノックスとは脚色が全然違いすぎた上に躱したのがゴール直前。競り合う要素が微塵もなく一瞬で抜き去られてしまったもんですから、いつもの粘りを発揮する余地がなかった。後方集団がもう少しペース早くて、後方から追いすがってくる馬たちの末脚がもう少しジリジリと余裕のあるものだったら、パンくん二の足あったかもしれない、なんて思ってしまったのでした。

いやそれにしても、残り200メートルであれどんだけ差がありました? 後方はスローペースだったとはいえ、全然ダレてないパンくん相手に32.7の鬼脚で見事にゴール前できっちり差して見せたイクイノックスとルメールがお見事でした、としか言いようがないです。ちょっとでも騎乗に無駄があったら追いつかなかったでしょう、これ。
イクイノックスは2歳の頃から世代を代表すると謳われ続けながら、皐月・ダービーで悔しい2着。体質の弱さもあるのか、多くのレースに出られずに常に本番で勝ちを要求され続けた苦しい一年でしたけれど、このG1初勝利。3歳での天皇賞秋での盾獲得によって、やっとその強さを証明できました。もう一度、ドゥデュースと最強を競い合える立場へと這い上がってくれました。
ここで負けてしまってたら、結局勝てなかった評判先行の馬として先細りになっていっててもおかしくなかったですからね。毎年、そういう馬には事欠きませんですから。

2着には粘ったパンサラッサ。いや、あんまり粘ったという感じはないですね。最後まで思うがままに走りきった、というべきか。もし疲れてダレてしまっていたら、ほとんどイクイノックスと同じ脚であがってきたダノンベルーガの急追を抑えられなかったでしょう。本当にゴール前、強いですよ。
あの沈黙の日曜日のサイレンススズカと同じ1000メートル57秒4で東京の馬場を、天皇賞秋の舞台を疾駆して、大ケヤキを越えて後方を置き去りにして直線へと入ってきたあの光景。
やはり胸に来るものがありました。すごい馬ですよ、こいつは。唯一無二のパンサラッサだ。
あと200メートル分のスタミナが彼にあったなら、ようよう逃げ切れたかもしれませんね。2000も十分。でも、ベストはやっぱり1800か。

3着には川田のダノンベルーガが。これも川田の素晴らしいコース取りで全力を発揮して、イクイノックスとほぼ同じ32.8というとんでもない末脚でぶっ飛んできました。彼もまたダービーで一番人気を獲得したように、その実力は世代ナンバーワンを争うものと言われ続けていましたが。皐月・ダービーで4着という苦杯を舐め、ここ歴戦の古馬が集う舞台に挑んだわけですけれど。並み居る古馬を押しのけて、このレースで3着に入ったのですから、やっぱり彼も本物なのでしょう。次のレースが楽しみです。

4着にはジャックドール。中距離を主戦場とする彼にとっては、こここそが取りたいG1だっただけに悔しいですよね。札幌記念ではパンサラッサの出遅れ気味なスタートもあったとはいえ、ピタリとマークしてパンくんを捻じ伏せただけに、本領を発揮できない悔しいレースとなりました。
実力は間違いなくG1級。この展開で沈まずにベルーガに躱されたとは言え4着に入っている時点でとんでもない馬ですよ。黄金竜の次走は、パンくんと同じ香港へ。

5着にはダービー馬にしてドバイシーマの覇者シャフリヤール。今回は悔しい消化不良のレースとなってしまいました。彼もまた全力を発揮しきれなかったレースになってしまいました。不本意でしょう。この悔しさを次にぶつけて欲しいです。

皐月賞馬ジオグリフは調子は良かったみたいだけれど、残念ながら9着。ただ、6着から10着までは0.1秒差でもつれ合ってのゴールインでしたから、ほとんど差はなかったんですよね。
先行組が苦しい競馬になった中ですから、この結果は仕方ないかと。
悔しかったのがマリアエレーナあたりか。スタートしてから向正面に入る2コーナーで岩田父のノースブリッジから凄まじい不利を食らってかかりまくったにも関わらず、根性見せましたからねえ。まだまだ上を目指せる馬ですわ。

いや、凄いレースでした。改めて見ても、記憶に残るレースでした。これほんとリアルタイムで見たかったなあ。