如月水

スイート☆ライン 4.ユニット結成編4   

スイート☆ライン〈4〉ユニット結成編 (電撃文庫)

【スイート☆ライン 4.ユニット結成編】 有沢まみず/如月水(RED FLAGSHIP) 電撃文庫

Amazon

ちょっと訳ありな女の子が加わり、新たなプロジェクトが始動!?

 アニメ業界注目の「シックスティーン」の声優オーディションに参加し、大役をもらった新島永遠、山川舞、トンガちゃん。いったん落ちた神楽坂はるかも追加のオーディションでリベンジをはかる。
 そんななか、なにやら訳ありな女の子・友坂千秋が加わり、アニメプロデューサーの正午の姉から、新たなプロジェクトが提案されるが……。
 無口で男性恐怖症の新人声優と、熱血高校生のスイートラブコメディ、第四弾
2月の出版の時にちゃんと購入はしていたんだけれども、運悪く魔窟の奥に沈んでしまい、さらに次々と新刊が降ってくる中でついつい発掘を後回しにしていたら、すでに5月も中旬に差し掛かってしまいました。久々に魔窟を整理していたら発見できたので、最新刊にして完結編が来月に刊行を控えていることもあり、これ幸いと手にとった次第である。
さても前巻が出たのが二年前。結構間、空いてたんですよね。その間に、イラストレーターの人、絵の印象かわってないですか、これ? なんかカラーにしても挿絵にしても、ものすごく可愛くなってる気がするんですが。線のタッチが明快かつまろやかになったというか。前巻までそんなに絵のイメージ残ってなかったんですけれど、今回はどの挿絵も思わず何秒か固まって凝視してしまうほど良かったです。この巻では、はるかや千秋がもうやたらと可愛くて、押し押しなんですけれど、これ挿絵の方もかなり強力にその印象を後押しするブースターになってますよ。
と、いきなりイラストの話になってしまいましたが、語るべき中身はというと、前回までがエントリーで今回がスタートラインに並ぼうかという始動編、というべきか。
いや、改めて繰り返しになる気がしますが、この主人公の正午くんって……マジ凄いっすね。この子、本当にまだ高校生なんですか? 安定感というか、色々と話してみての安心感が桁違いすぎるんですけれど。これはもう年齢の問題じゃないですよね。いい年をした大人だって、こんなにどっしりとした安定感ありませんよ。
正直、ここまで「この人に任せれば大丈夫」という絶大な安心感を与えてくれる主人公見た事無いですよ。それもこれ、ついつい依存してしまうのではなく、自主性を重んじ、精神的にも自立させ一人で立てるようにしてくれる。厚かましくなく、押し付けがましくなく、聞けばちゃんとした答えを見せてくれるけれど、そこに手取り足取り引っ張っていってくれるんじゃなくて、常に、その人の意見や主体性を尊重した上で、ポンと背中を押してくれるんですよね。
振り返れば、そこに居てくれる。ちゃんと見守ってくれている。もし間違えたらちゃんと教えてくれる。いや、たとえ間違えていても、それが自分の選んだ道なら、迷わず応援してくれる。そんな安心感が、勇気をくれる。顔を上げ、前を向いて、余計なことに足を取られず、しっかりと踏み出していける力になる。
皆が挙って、正午のもとに集まってくるのも当然ですよ。自然すぎるくらいに当然。自分の不安を打ち明けて、胸の内をぶちまけて、話を聞いてもらおうとするのも当たり前。
誰だって、この子になら全部話してしまいたくなりますよ。
それでいて、上から目線でも一歩退いた形でもなく、親身に、対等に、気のおけない優しい位置に居続けてくれるのですよ。
惚れるわー。男女問わず、これは惚れる。
とはいえ、この段階でまさかはるかがこれだけ捲ってくるのは予想外でしたけれど。正午によって、これまでずっと自分を縛ってきた鬱屈を振り払う事が出来たはるか。少なくとも、自分を客観的に見つめた上で前向きにはなれたわけです。その前向きさ、勇気がまさか恋愛の方にも作用してくるとは。直球ですよ、直球。ちょいと助走をつけてからでしたけれど、自分の気持を偽らずに真っ向から表に出して、そして告白まで突っ走ったはるかの、そりゃもう可愛いこと可愛いこと。いやあ、はるかってここまで魅力的な子でしたっけ? と思わず目を疑うくらいの変貌でした。自分を変に繕う事をしなくなっただけで、ここまで見違えるとは。唖然呆然の領域ですよ。メインは永遠で間違い無いと思うんですが、この勢いなら正午と結ばれるのがはるかであっても全然おかしくない雰囲気でした。実際、ここで結果を求めずに三年保留にしたのも良かったんじゃないでしょうか。声優として一番大事な時期ですし、仕事と恋愛を中途半端に天秤させるのは良くないですから、ここで決着させずに保留して一方に打ち込むのは精神的にも異常な上下をせずに済みますし。ってか、三年間正午さんも誰とも付き合わないで、というのを約束させたのが最高でしたけどね。上手いなあ、はるかは。
まあ正午の反応も満更ではなかったですし、このままなら三年後、はるかと結ばれてもなんらおかしくない……のですけれど〜〜、前巻でもそうだったんですけれど、正午の女性の好みドストライクなのって、やっぱり千秋なんですよね。本格的に作中のレギュラークラスに入ってきて、正午と接触する機会も増えた千秋なのですけれど、これはるかに告白されてなくて、普通にこのまま接していたら、そのうち正午の方から告白してたんじゃないか、というくらいに千秋への反応がふわふわしてるんですよ。もう、好意が恋に化学変化する直前、みたいな。
その意味では、はるかの告白は絶妙のタイミングだったのかもしれないし、答えを求めず据え置きにしたのもナイスな判断だったと言えましょう。

仕事の方も、皆それぞれに前向きなヤル気を得る事ができ、姉貴の提示したユニット結成にも弾みがついた。これから、どーんとみんなが弾けるんだ、と期待に胸を膨らませるところなのに、ラストで紡がれるのは不穏な気配。
次でもう完結なのに、そんな先行きを不安に陥れるような終わり方をされるとハッピーエンドで終われるのかまで恐れるようになっちゃうじゃないですか。正直、来月の最終巻が読むの怖いです。今回わりと順調だった分、余計に。

1巻 2巻 3巻感想

スイート☆ライン 3.オーディション編4   

スイート☆ライン〈3〉オーディション編 (電撃文庫)

【スイート☆ライン 3.オーディション編】 有沢まみず/如月水 電撃文庫

Amazon
 bk1


ああそうか、そういう事だったのか。
前巻の感想において主人公の正午の事を、私はこう触れていました。

彼の役割というか、立ち位置は。不思議といつのまにか、多くの人の土台、支え、大黒柱みたいな存在になってるんですよね。応援団長、というのは云い得て妙かも。

つまるところ正午の存在というのはこの【スイート☆ライン】という作品の主人公ではあっても、主役ではないわけだ。あくまで主役は声優である永遠やはるか、そしてまだ焦点があたっていないけれど舞に、友坂千秋。恐らくは将来的にユニット<スイート☆ライン>を形成するこの娘たちこそが、この物語の主役であり、正午はその彼女たちを支え、応援し、その全力を引き出すために尽力するサポート役として活躍することになるのだろう。
面白いと言うか、興味深いのは主人公をここまで明確にサポート役、補助者としての役回りを割り振っているというところ。正午は物語の中心軸ではあっても、重心ではないんですよね。多数の女の子と男一人という構図のライトノベルとしては、この重力分布は異色と言っていいのかも。
彼の役回りと言うのは、最近のエンタメ作品を見渡して似たようなのを探した場合、小説じゃないのだけれど、ゲームの【アイドルマスター】でプレイヤーが操作することになるプロデューサーという役割が、それに一番近いかもしれない。
さすがに活動方針や仕事を取ってきたりということはしないけれど、担当アイドルのテンション管理などは正午がやっていることと概ねかぶるんじゃないだろうか、これ。

永遠のように男性恐怖症から若干のコミュニケーション不全に陥っている娘を私生活から支えて、そのチカラを発揮出来るように尽力したり、はるかのように自分の進む道を見失っている娘の目をしっかりと見開かせたり、と彼の働きは獅子奮迅のそれである。
特に今回驚かされたのは、はるかに対するアプローチだ。彼女が陥っていた精神状態は、正論を説いても心まで届かず、おそらくどんな言葉を尽くしても受け入れられるものではなかったはずだ。どれだけ正しく、どれだけ真摯な想いが込められ、本当の救いとなるだろう言葉だったとしても、時に人間はそれを素直に受け入れられない状態がある。話しあえばわかるはずだ、なんてものは妄言でしかない。
そんな状態の侭坂道を転がり落ち欠けていたはるかに対して、正午が取った手段は、こいつ本当にただの高校生か? と思うような手の込んだやり方だった。正直、手段そのものについてはまだまだ拙いと言ってしまえるものだったように思うが、巻き込んだ人間の人選が同じ業界で働く人間たちからしたらきっと空恐ろしいもので、そんな人をうまく利用して場に引き込んだ時点で、伝える手段の拙さは補われて有り余るものになっている。
陸上選手として自分の限界を見切り、自らの力で戦う世界から一歩退いた正午にとって、今彼が尽力している、姉を通じて知り合い、大切な友人となった彼女たちを支えるという行為は、彼が好きでやっていることであり、その熱意は単純に彼女らの作り出す素晴らしい作品を楽しみにしているからというだけではなく、誰かを助け、支え、応援するという行為そのものが彼の天職なのだろうと予感させるものだ。
ただ、現状彼の立場を難しくしているのは、彼が今永遠たちに対して行っているサポート行為は、あくまで友人としてのものであって、いうなればボランティアの好意にすぎないわけである。
まだ表面化はしていないが、声優業界の中で彼はあくまで姉のおまけであり、カリスマ豊国のお気に入りであり、今アニメ化に向けて盛り上がっている作品の原作小説家の知人、という立場にすぎない。いうなれば、部外者だ。正午自身は、自分が部外者であることをちゃんと理解し、身の程を弁えて行動しているが、それでも何度かその場の流れから、仕事場に入り、永遠たちを助ける行為に出てしまっている。それで怒られ追い出されてはいないように、決してでしゃばりすぎた真似をしているわけじゃあないんだけれど、確かに部外者の余計な行為に眉を潜めている人たちが、何人かは間違いなくいるんですよね。
もし正午が声優の担当マネージャーなど、ちゃんとした役職につき、仕事として声優の娘たちについているのなら、問題は何も無いのだろうけれど、単なる部外者という彼の立場は、後々大きな問題になってくるのかもしれない。
ただ、今の正午にとって仕事じゃなく好きでやっている事だからこそ、自由に動けるという所もあるから難しいんですよね。仕事だったら、担当している娘以外にまで気を回している余裕はないだろうし、何より許されない。それに、仕事である以上、どうしてもビジネスライクになってしまう面は免れないし、所属している組織の意向を無視できなくなる。色々と制約が生じてしまうんですよね。
今の正午はただの高校生という立場だからこそ、今大車輪で動き回れている、という事は言えると思う。まあ、でも将来的には仕事としてそちらの方向に進むのがいいんでしょうけどね。

今回はオーディション編ということで、サブタイの通りオーディションの情景が描かれていたけれど、ほんとにこんなパッと出来るんですか? ほんとだったら、いや、凄いわー。
プロって、そこまで出来ないとやっぱりやってけないもんなんですかねえ。

順当に行けば、次は舞編になるんだろうか。彼女もなんか、私生活でえらい問題抱えてそうだし。ただ、はるかのような心持ちの問題ならともかく、彼女の場合はけっこう面倒そうだし、それこそ高校生に過ぎない正午の限界が試されているような……。
ラブコメパートは、今回の一件ではるかはもう完全に意識しちゃってますねえ。ただ、正午の方は相変わらず色恋にはまったく興味なし……かと思ってたんだけれど、あれ?
な、なんか千秋に対する態度だけはえらい違う気がしてきたんだが。他の娘が永遠含めて完全に「友達」という所に固定されちゃっているのに対して、千秋と対面してる時だけ妙にあたふたしている正午。というか、話しかけようとして頭で考えている内容が明らかにアレなんですがw
いやいや、これは面白い! なにこれ、どうなるんだろう。こっち方面でもなんか、面白くなってきたw

一巻 二巻感想

スイート☆ライン 2.オーディション準備編4   

スイート☆ライン〈2〉オーディション準備編 (電撃文庫)

【スイート☆ライン 2.オーディション準備編】 有沢まみず/如月水 電撃文庫

Amazon
 bk1

有沢まみずという作家の特異な才能の一つに、登場人物の感じた感動、興奮などといった感情の熱量を、ほぼダイレクトに、直列接続しているかのようにそのまま読者にシンクロさせる事が出来る、というのがあると思っているのですが、この【スイート☆ライン】という作品はまさに有沢さんのそのダイレクトシンクロニシティをふんだんに駆使していると言っていいんではないだろうか。
物事や人間の姿を余計な偏見なく、ありのまま素直に直感的に受け取り、それを論理的に解釈し、時に感動を、感嘆を、時に畏怖や寒心たらしめる心地をやや過剰なくらいの(こいつ、感動屋の類いだよな)情動によって出力する主人公の感覚をダイレクトに伝えられる事で、この作品に登場する人物たちは、それぞれが様々なオーラを漲らせて見惚れるような意気込みを握り込みながら闊歩し、作中において紹介される小説やアニメは此方もぜひ見たくなるような素晴らしい傑作の気配をたなびかせ、これから制作されるであろうアニメーション作品は、その制作段階から噴火寸前のマグマのような熱気をうず巻かせながら胎動している、そんなひりつくような熱量もまた、ダイレクトに伝わってくるのだ。
否応なく、そう否応なく高揚感が高まってくる。祭りを前にしたような、凄まじい嵐を待つような、このテンションの高鳴りが、また凄いんだ。
まったく、こればっかりは正午の高揚に中てられたとしか言いようがない。逆にいえば、正午がこんな風に感じていなかったら、決して感じとることのできない気配なんですよね。私はあんまり作中のキャラクターに感情移入しないタイプで、実際正午に対してもその考え方や他のキャラへの想いの在り方など、完全に外から見ているんですけど、ただその誰か、もしくは何かに対する感情の発露については思いっきり引っ張り込まれるんですよね。抵抗もなんもあったもんじゃない。彼がすげえ、と思ったらこっちもすげえ、と思ってしまい、彼が怖いと思った人は、こちらもなんかわかんねえけどこええ! と思ってしまう。彼が素晴らしい才能の発露を目撃して興奮しまくれば、同じように興奮し、彼が面白すぎる作品にのめり込めば、此方もビリビリと痺れるような思いに打ちのめされる。まったく、直列シンクロしてるとしか思えないじゃないですか。
【いぬかみっ!】でも、クライマックスで全員のテンションがあがりまくったときとか、思いっきり引き摺られた記憶があるけど、この人の書く話の感情回路の持っていかれっぷりは、毎度毎度参るわ、ほんと。
しかも、まだ前哨戦も前哨戦。準備段階で始ってすらいない状態。ようやく、キャストが揃いだしたという段階でこれなんだから、はじまったらどうなるんだと震えすら起こってくる。いやはや。

もちろん、登場人物みんなが前向きなのではありません。思いつめ、道なき道を行こうとしているもの。新たな段階に踏み出そうとしているもの。意気込みに身体がついていかないもの、様々な難事が今まさに始まろうとしている祭りの奥で蠢いているわけです。
本来ただの高校生で、アニメ制作とは何のかかわりもないはずの正午の、この存在感というのはホント何なんでしょうね。面白いなあ、彼の役割というか、立ち位置は。不思議といつのまにか、多くの人の土台、支え、大黒柱みたいな存在になってるんですよね。応援団長、というのは云い得て妙かも。
たとえばラストのはるかとのシーンなんか、並みの男じゃあんな対応できませんよ。カッコ良すぎます。そもそも正午に最後の意見を聞きにくるという時点で、どれだけ精神的な頼みとされているのかがよくわかるというものです。

そうか、彼の存在にこれまで一番助けられてきたのは、お姉さんだったんだな、きっと。だからこそ、前の巻で永遠の件で助けを求めてきたのか。やり手でキレ者、バイタリティにあふれたバリバリ働くキャリアウーマン、という様相の完璧超人系の流れをくむお姉さんだけど、一巻の頃からさりげなく無理してる部分は描かれてたんですよね。というか、身体は決して強くなく、我も他人を圧倒するような無茶苦茶な人とは違う、という風には触れられてた。多くの人に慕われ頼られるような完璧超人に見える人になっていったのは、それこそ正午の支えがあったからで、元々はもっと弱さに縮こまる人だったのかもしれないなあ、と今回ふと思ったり。
なんかこう、いい姉弟だよなあ、この二人は。

恋愛パートは相変わらず、永遠が拗ねたり嫉妬したりしてるけど、進展と言うものは殆どなし。まー、正午がまるで恋だの何だのというのは頭にないからな。仕方ないと言えば仕方ないんだが。まさかのトンガちゃんルートはまずないだろう。
そもそも、面白い事に正午の好みからは永遠は完ぺきに外れてるんですよね。お陰で、正午は永遠のこと、意識としてはまるで意識していない。パンツ見えたり無防備さに困ってたり、ちょと恥ずかしい思いはしてるけど、そこで永遠のこと意識したり、と言うのが完膚無きまでにないのが、まさに永遠のこと眼中にない、というのが分かってしまって、なんともはや。永遠からすれば前途多難である。

一巻感想

スイート☆ライン4   

スイート☆ライン (電撃文庫 あ 13-26)

【スイート☆ライン】 有沢まみず/如月水 電撃文庫

Amazon



力こそパワーッ!!
と、なんか意味不明なことを口走りたくなるほど、この作品に出てくる登場人物たちのエネルギッシュなこと、エネルギッシュなこと。
いやあ、これだけ活力にあふれた人たちの姿を見てると、なんか圧倒されちゃうよね。でも、それが圧迫やプレッシャーにならないのが、有沢まみずという作家の絶妙のサジ加減、というところか。
コミカルな雰囲気でこのハイテンションな熱量をマイルドにしている、というのはむしろ表層的な部分の話で、面白いのは主人公にしてもあの大物プロデューサーにしても、自分自身が発している暴力的なまでのエネルギーを、実のところ完全に理性のもとにおいて制御しているところなんですよね。その熱量の起源から方向性、その活用法まで驚くほど完全に掌握し、コントロールしている。
有沢まみず作品の主人公の多くにこれは共通するところで、奴らが完璧超人だと思うのは、こういうところなんですよね。やつら、自分という人間の最適な使い方というのを非常に論理的な形で(感覚的ではない、というところがみそ)理解し、手のうちに入れている。
こういう輩は強いですよ。油断も隙もなく、あれよあれよと徹底した形で目的を達成してしまう。
この物語の主人公である花沢正午は、ある意味その究極的な形の一つなのかもしれない。
この男、熱血であり、情熱と感情を原動力としているものの、その迸るエネルギーによって動き出す行動の論拠となる部分は空恐ろしいほど冷静な理性によって管理され、目的達成までのルートを緻密に構築している。
熱血ではあるが、間違っても熱血バカとは程遠い人種だ。ヒロイン、新島永遠に対しても感情移入すると同時に、客観的な人間観察を繰り返し、姉を含めた周辺の人間に聞き取り調査をすることで、彼女の男性恐怖症の原因などの、目的達成のための問題点を洗い出し、その解決法を検案しているあたり、むしろ周到な人間であることが伺える。
とはいえ、リミットが少なかろうと怯むことなく自らを奮い立たせて立ち向かっていくあたり、情熱の人、熱血の人である事も間違いなく、熱さと冷たさを理想的な配分で内包している人物であることがわかる。
正午の姉ちゃんは、自分の弟の事をよく見てるんだなあ。というよりも、人を見る目がある、というべきか。よっぽど正確に自分の弟の才能を評価していなかったら、自分の将来すらかかったこの懸案を、本来なら無関係の弟に任せようとは思わんだろうに。
無論、不安や心配はあっただろうことは、言動の端々から見て取れる。弟に丸投げしてがんばれー、なんて心境とは程遠いものがあっただろう。でも、任せたからには信頼し、信用し、ドンと構えて待つそのでっかい姿勢。たまんないね。これはこれで、この姉ちゃんからも迸るようなエネルギーが漲ってるのが伝わってくる。
それは、男性恐怖症で野生動物みたいに逃げ回り、怯えた挙句にスタンガンまで取り出すようなマイナス方向にぶっちぎってるヒロインの新島永遠ですら同様なのだ。人見知りで内向的で男性恐怖症、と熱量とは程遠そうなキャラクターに見えるけれど、ところがどっこい。声優という職業にかける思い。そのためには自分のトラウマと戦う事を恐れない、歯をくいしばっても這いつくばってでも前に進もうという激烈な意思。自分に手を差し伸べてくれた正午への信頼感の強さ。そして、正午の応援魂に火をつけ、聴く人の魂を奪い去り、天才を山ほど見てきたプロデューサーや同業者をものけ反らせる、その声の演技の才能のぶっぱなされる瞬間。そのどれもが、他のキャラクターに負けないほどの活力に満ち溢れていて、自己の存在感を主張するパワフルなエネルギーが漲っている。
他にも、ライバルであり友人でもある同じ世代の声優少女たちの雌伏された想いといい、どこを見てても中てられるような躍動的な活力に満ち満ちていて、なーんか読んでるこっちまで元気になってくる感じですよ。

恋愛パートに関しては、今のところあくまで正午は永遠のことを応援し、その才能を存分に発揮させることばかりに頭が行っていて、彼女たちが自分たちに向ける感情の変化には、まったく注意を払ってないので、まだまだ動き出す前の段階ですけど、決して鈍感というわけではないみたいですし、女の子たちの方も既に鞘当てが始まっているみたいなので、続いたら面白いことになりそうなんだが。
 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索