3歳以上 東京競馬場芝1600メートル。別定戦。

G2に格上げされて3回目となるわけですが、マイルチャンピオンシップの前哨戦として違和感なくなってきましたね。

勝ったのは藤岡佑介騎手鞍上のセリフォス。朝日杯フューチュリティステークス。NHKマイルカップで一番人気に支持されていた現3歳世代のマイルの雄が、ここで改めて実力を証明してくれました。
直線後ろの方で行く所なくなった時は大丈夫か!? と思いましたけれど、空いたルートから外に持ち出してゴール前で差し切り。
NHKマイルカップで敗れたダノンスコーピオンを下しての勝利、というのは大きいです。
だがしかし……セリフォスって中内田調教師の厩舎なのかー。ここって、休養明け一発目は良く走るんだけど、2戦目以降は成績が落ちて行く、というのを聞いたことがあるような。
今回、調教は抜群で仕上げも極まってたみたいなんですよねえ。ダノンスコーピオンを差し置いて1番人気だったくらいですし。
逆に本番はちょっと結論を急がないほうがいいかもしれません。

2着はソウルラッシュ。前走安田記念では此処ぞという時に前が壁になって爆発的な末脚を発揮できず悔しい思いをしましたが、ここはダノンスコーピオンをターゲットにして楽に競馬できましたね。
にも関わらず、ゴール前まで粘られたのはさすがスコーピオンというところですか。でも、ソウルラッシュもかなり長くいい脚を使い続けてゴール前できっちり差してたのですから、キレに加えて持続力も見せることが出来たんじゃないでしょうか。いかんせん、さらに外から来たセリフォスに持って枯れてしまいましたが。

3着はダノンスコーピオン。中団で脚を貯めて、残り200で抜け出して、という川田のお手本のような騎乗。ただソウルラッシュにピッタリと目標にされていたのが辛い所でしたね。かと言って、仕掛けのタイミングもここらへんがベストだっただろうしなあ。
5月のNHKマイル以来の競馬でしたが、しっかりと走れたと思います。本番マイルCSは舞台変わって阪神競馬場。こっちも得意ですし、まあこっちが本命ですよね。

4着には8番人気だったピースオブエイト。この馬も3歳馬で、結局参戦した3歳馬3頭は全馬上位に入ることに。この馬、勝ちは毎日杯含めて全部1800なのか。思いの外マイル向きだったんだろうか。いずれにしても、3歳世代侮れずですねえ。