富士見ファンタジア文庫

王様のプロポーズ 3.瑠璃の騎士 ★★★★   



【王様のプロポーズ 3.瑠璃の騎士】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

瑠璃、突然の婚約! 兄の無色は女子校へ潜入!?

『この度良縁に恵まれ、結婚することになりました』

身に覚えのない自身の結婚の知らせを受け、不夜城本家に直談判へ向かったはずの瑠璃から届いた衝撃的な報告。
「彩禍さんに一言もないなんてあり得ません」
「そこですか」
瑠璃の真意を確かめたい玖珂無色だが、不夜城家当主が学園長を務める〈虚の方舟〉は魔術師養成機関唯一の、男子禁制の女子校で――。

特別講師の久遠崎彩禍として潜入することに!?「どうか俺と瑠璃を結婚させてください!」
「わたしと瑠璃は相思相愛さ。そうだろう?」

婚約を破棄させるため兄は妹に、魔女は騎士にプロポーズ!

続きを読む

断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。 ★★★☆   



【断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。】  紫 大悟/かやはら 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

「世界を救うためです――さあ、愛しあいましょう」

『判決。呼称番号FF03-100、伊良子燐音を死刑とする』
世界を滅ぼす〔災厄〕として、少女は【断頭台】へと移送された――はずだった。
奇跡か運命か、彼女を乗せた航空機は何者かに撃墜され、少年・太宰龍之介の眼前に《竜》が降り立った。
「人類の危機を救うために、私とケッコンしてください」「!?」
《竜》の少女・燐音の暴走を鎮め、人類滅亡を避く唯一の方法は、龍之介が彼女と《結合魂魄術式》-略称:ケッコン-を結び、愛しあうこと!?
かくして、世界を救うためのふたりの同居生活が始まっ――
「もはや我々は番〈つがい〉です。私のこと、好きにしていいんですよ」
……このドラゴン娘、毎晩ふとんに入ってくるので困ります。

続きを読む

転生王女と天才令嬢の魔法革命 5 ★★★★   



【転生王女と天才令嬢の魔法革命 5】  鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

ユフィと視察って、新婚旅行みたいなもんなんじゃ?

アニスの魔学に必要不可欠な資源――魔石。未開の地が多い東部に多く眠っているため、ユフィとエアバイクで視察に行くことに――これって、新婚旅行じゃ? 想いを確かめ合った二人の王宮百合ファンタジー、第五弾!


続きを読む

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 21 ★★★★★   



【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 21】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
絶体絶命のフェジテ決戦。そして、訪れる衝撃の幕切れ……!?

長きに渡って繰り広げられた死闘が、ここに決着を迎える。
「今からボクが、キミの”余計”を削ぎ落としてあげる」
全てを捨てた《剣の姫》と、捨てなかったリィエルの結末。
「貴方、まさか…殺したの……? アレは貴方の… !?」
パウエルの悪魔の所業に、アルベルトの頬をつたう一閃の跡。
「できるかどうかじゃない! やるのよ! 私はイグナイトだ!」
最強の魔術師・エレノアの闇を振り払う、最高の炎の輝き。
そして、彼らは帰還する。勝利を担う最後の鍵、希望を載せた一陣の風、すべての絶望を撃ち抜く光とともに。
フェジテを巡る戦いの舞台は衝撃のクライマックスへ――!

続きを読む

デート・ア・ライブ アンコール 11 ★★★★   



【デート・ア・ライブ アンコール 11】 橘 公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
過去と向き合い、今を乗り越え、元精霊となった少女たちは、エンディング後の輝かしい未来を生きていく。
「――ふふ、なんだか不思議な感じだな」
十香ひとりのためだけに行われる卒業式。
「ならば始めよう。あり得るはずのなかった、八舞の戦いを!」
三人目の八舞と耶倶矢&夕弦の決闘。
「結婚って、意外と未来の話でもないんじゃにゃーの?」
二亜の一言によって、将来の伴侶と新婚生活を想像し始める結婚式。
「……ど、どんな手を使ってでも……落選してやる……!」
高校生となった七罪の生徒会長選挙。
そして崇宮真士と澪が士道たちへ繋いだ『大切なもの』とは――。

続きを読む

幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 ★★★☆   



【幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。】 kattern/にゅむ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
知らなかった17歳の君に、また恋をする。

幼馴染と結婚し仕事は順調、貯金もそこそこ。平凡なリーマン鈴原篤は目が覚めると高校時代に戻っていた。妻といっしょに。

「見た目はJK、中身はあなたの人妻! 青春、やり直さない?」

そう――自意識をこじらせた陰キャだったせいで妻の千帆とは高校時代、絶交状態だった篤。
早速制服で平日の京都デートを満喫したり、一緒に登下校したり、バレー部のユニフォームを着た千帆と学校でイチャイチャしたり、あの時出来なかった恋人同士の時間を楽しむ二人。
知らなかった、知り得なかった17歳の彼女の素顔が愛おしい。
何度時が巡ろうと、あなたに恋をする。夫婦でやり直す共同タイムリープラブコメ、開幕!

続きを読む

王様のプロポーズ 2.鴇羽の悪魔 ★★★★   



【王様のプロポーズ 2.鴇羽の悪魔】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
無色の彼女の座を懸け、彩禍の絶対に負けられない戦いが始まる!

世界最強の魔女・久遠崎彩禍の生活にも何とか慣れ始めた玖珂無色だったが、〈庭園〉とは別の魔術師養成機関〈影の楼閣〉との交流戦代表メンバーに選ばれてしまう。
さらに魔術師専門動画サイト『MagiTube』の超人気配信者・鴇嶋喰良には彼ピとして、全世界に紹介され!?
事態の収拾を図るべく彩禍の姿で交流戦に参加しようとするも……。

「魔女様! むしピのカノジョの座を賭けて、アタシ様と勝負っす!」

〈楼閣〉側の代表メンバーだった喰良から宣戦布告を受けることに――。

自分(彩禍)で自分(無色)を争奪するという絶対に負けられない恋と魔術の戦いが始まる!

続きを読む

勇者、辞めます 2~次の職場は魔王城~ ★★★☆   



【勇者、辞めます 2~次の職場は魔王城~】 クオンタム/天野 英 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
最強勇者は仕事も万能――!! ボロボロ魔王城再建ファンタジー第二弾!

勇者を辞め、魔王軍の一員となったレオは、その知識を活かしエキドナの夢である魔界再生に乗り出す。
だが、ボロボロ魔王軍は準備だけでも大慌て!
ダンジョン化した城を攻略し、お肉がなくなったリリが駄々をこね、更には近隣諸国に暴走した竜が攻撃を開始!?
やっと手に入れた平穏を守るため、勇者歴三千年の技能を使って次々に解決していくレオ。
だが、一連の事件(リリ除く)には元凶が存在しており―引退勇者は、かつて憧れた『勇者』と対峙する!

続きを読む

勇者、辞めます ~次の職場は魔王城~ ★★★★   



【勇者、辞めます ~次の職場は魔王城~】 クオンタム/天野 英 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
役目を終えた最強勇者、その最後のひと仕事。魔王軍立て直しファンタジー!

勇者に敗れ、再起を図る魔王軍の前に現れたのは、かつての勇者レオだった。
剣術、魔術、古今東西あらゆる技術に精通し、たった一人で魔王軍を倒した最強の勇者。
だが彼は強すぎるために人間の国から追放され、魔王軍へとやってきたのだった。
正体を隠して魔王軍に入ったレオは、人手不足や台所事情、ボロボロの魔王城さえも、身につけたスキルと経験であっという間に立て直していく。
またたく間に新たな幹部にまで上り詰めるレオだが、彼の狙いは魔王軍再生だけではなく、世界全体の“立て直し”にあるようで――?
役目を終えた引退勇者の最後のひと仕事、ここに開幕。

続きを読む

妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は――? ★★★☆   



【妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は――?】 エパンテリアス/椎名 くろ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

最初は妹の友達だった。でも、そのままじゃいられなくなった

男女の友情に"その次”はありますか――?

糸原斗真は恋愛に興味がない。線引きをした人間関係が心地良く、それはそれで充実しているのは間違いなかった。
「――お兄さん、帰っていないのなら、一緒に帰りましょう」
だけど最近、少し変化が訪れた。間宮凛。妹の親友で、よく家に遊びに来る娘……最初はそれだけの関係だったのに、同じ学校に通うようになって、一緒に帰って、当たり前のように休みの日に遊ぶようになって、みるみる関係が深まっていく。それでもあくまで“異性の友達”として接する斗真だったが、その一方で凛はこの関係に対して思うところがあるようで……?
青春で、そしてラブコメです。


続きを読む

火群大戦 01.復讐の少女と火の闘技場〈帳〉 ★★★☆   



【火群大戦 01.復讐の少女と火の闘技場〈帳〉】  熊谷 茂太/転 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
復讐を誓う少女が辿り着いたのは、【火】で殺し合う戦場だった。

すべての人には加護がある。
しかしそのどれもが祝福されているわけではない。

「禍炎」と呼ばれ、忌み嫌われる【火】の精霊を宿す少女は、
自らの同胞を殺した仇を探していた。やがて彼女が辿り着いたのは、
共和国最大の祭典――通称<帳>。
少女と同じく【火】の精霊の加護を持つ人々を集め、殺し合いをさせ、
そして見世物にするという残酷極まりない狂宴だ。

同胞の亡骸のもとに、まるで招待状のように遺された<帳>への
参加票を手に、少女は激戦の舞台へと臨む。決勝トーナメント出場者、
全8名。暴き出せ。この中に、仇がいる……!?
第34回ファンタジア大賞《金賞》受賞作、開戦!!

続きを読む

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 20 ★★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 20】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
託した想いが、奇跡を起こすーー!

「天の智慧研究会」の最後の猛攻が、フェジテを飲み込もうとしていた。グレンたちが不在のなか。イヴ・アルベルト・リィエルーーそして、あの人物も。圧倒的な危機のなか、グレンの想いを受け継ぎ、誰もが戦い抜く!

続きを読む

デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット 8 ★★★★   



【デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット 8】 東出 祐一郎/ NOCO 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
さあ――わたくしの戦争も終わらせましょう

「さて、それじゃあ……死にますか!」 大切な人を応援するため、自らを犠牲にする少女。
「それでは紗和さん。最後のデートを始めましょう」 好きな人と再会するため、走り続ける少女。
「世界が滅んでもいい。あなたが滅ぶなら構わない」 親しい人を独占するため、隣界を滅ぼそうとする少女。

ついに辿り着いた第一領域にて、緋衣響、時崎狂三、白の女王の殺し合いは終わりを迎える。
戦い続けた少女たちが下す選択とは――。「長い時間が掛かりましたけど。ちゃんと、叶いましたわ」

時崎狂三のもうひとつの戦争、ここに完結!
続きを読む

デート・ア・ライブ アナザールート ★★★☆   



【デート・ア・ライブ アナザールート】  橘 公司・大森 藤ノ・志瑞祐・東出 祐一郎・羊太郎/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
さあ――豪華作家たちによる戦争(アンソロジー)を始めましょう

『デート・ア・ライブ』シリーズ10周年を記念した豪華アンソロジーがここに顕現!

羊太郎が描く十香のダイエット。
志瑞祐が描く七罪のレース勝負。
東出祐一郎が描くVRゲームで夢の対戦。
大森藤ノが描く六喰のトゥルールートと、人気作家たちによる特別な短編の数々!
そして原作者・橘公司が描くのは精霊たちが全員男性化した世界!?

魅力満載で必読なアナザー『デート』が集結。
さらに人気イラストレーター、森沢晴行、NOCO、はいむらきよたかの描き下ろしイラストも収録!
さあ――見たことのない特別な戦争を始めましょう。


続きを読む

純白令嬢の諜報員 改編 1.侯爵家変革期 ★★★☆   



【純白令嬢の諜報員 改編 1.侯爵家変革期】  桜生 懐/ファルまろ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
「こんな結末、馬鹿げている」愛読書の最終巻に憤激したまま、世界最高の諜報員・ラプターは散った。だが彼が転生したのは、まさにその小説内の世界。最愛の令嬢を救うため"最強の読者"は謀略を開始する!


続きを読む

武装メイドに魔法は要らない 2 ★★★★   



【武装メイドに魔法は要らない 2】  忍野 佐輔/大熊 まい 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
「お終いになんてさせません。わたし、欲張りなんです」

炎槌騎士団を退けた実力を買われ、マリナとエリザは講和のため王国へやってくる皇帝護衛の任に就く。しかし刺客の罠に引き裂かれる二人。その時、主従が下す決断とは――!? 異色の武装メイドアクション、第二弾!



続きを読む

クラスのギャルが、なぜか俺の義妹と仲良くなった。 「今日もキミの家、行っていい?」 ★★★☆   



【クラスのギャルが、なぜか俺の義妹と仲良くなった。 「今日もキミの家、行っていい?」】  佐波 彗/小森 くづゆ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ウチに入り浸るうち、いつの間にか彼女と恋人同士にーー!?

高校生の俺、名雲慎治には悩みがあった。家庭事情でやってきた義理の妹・紡希がよそよそしいのだ。距離が縮まらない2人暮らし。そんなある日、紡希が連れてきた「ネット友達」が状況を変える。それは、クラスで人気の美少女ギャル・高良井結愛!?
3人で過ごすうちに、心を開いていく紡希。さらに俺と結愛の距離も学校で、家で急接近!? 苦手だった結愛の優しさや寂しがりな素顔、家庭的な一面を俺だけが知っていく。
「私、名雲くんの通い妻みたいだね。そうなっていい?」「それいいよ! シンにぃ、3人で暮らそう!」いや、それはダメ……じゃないけど。

いっしょに帰宅して、いっしょに泊まって。結愛は俺の恋人、と紡希にも勘違いされて、なぜか嬉しそうな結愛。ウチに入り浸るたびに、その関係は次第に本物になっていくーー!?
ギャルと義妹。2人の女子との暖かくて甘い、アットホームいちゃラブコメ!
続きを読む

オーク英雄物語 3 忖度列伝 ★★★★   



【オーク英雄物語 3 忖度列伝】  理不尽な孫の手/朝凪 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

オークの英雄はドワーフの国で花嫁を手に入れるため、闘士となる――

「あたしの闘士になってくれ!」

オークの英雄バッシュは訪れたドワーフの国で、ドワーフの少女プリメラからプロポーズ(?)を受ける。勘違いであることがわかり、一度は話を断るも彼女が参加しようとしていた『武神具祭』で優勝すれば、あらゆる望みが叶うことを知り――
「女を手っ取り早く手に入れたいってワケか……」
鍛冶師プリメラの闘士となることを決意する。
「あんたは馬鹿力で、剣の腕も大したことない」
「……間違ってはいない」
バッシュのことを知らないプリメラの心配をよそに、英雄は武を示し、当然の如く大会を勝ち上がっていく!
前回のエルフの国編、あとになって振り返ってみるとバッシュはオークらしくエルフ好きでもあったから終始テンション高かった気がする。勿論、顔には出さないにしても。
それに比べるとこのドワーフの国では、ドワーフちょっと無理めです、になっているせいかわりとテンション低めだったように見えるなあ。人間とのハーフであるプリメラはバッシュの好みからしても可愛かったので彼女にプロポーズするために頑張ることになったものの、それでもサンダーソニアなどと比べると……となってましたもんね。
サンダーソニアさん、マジでドストライクだったんだよなあ。今からでもサンダーソニアさんてばいくらでも挽回出来そうなんだが。
それはそれとして、テンション上がりきらなくても手を抜かずにきっちりと与えられた役割を文句も言わずやり遂げようとするバッシュさん、マジ生真面目である。いや実際プリメラにかなり理不尽な物言いされているにも関わらず、バッシュさんてば謙虚ですし誠実に対応し続けてるんですよね。
彼の目的が女目的、嫁取りのためだとしても、下心があったとしても、彼の女性への誠実な対応はなんらくすむものじゃないんだよなあ。
バッシュがオーク英雄として各種族に畏怖されるのはその強さ故なんだろうけれど、ただ強いだけの粗暴で無軌道な輩なら決して英雄とは呼ばれないのである。種族問わず、このドワーフ編では皆から尊敬の目で見られ、闘士たちは彼と試合でも戦えることを歓喜し、職人たちは彼に武器を使って貰えるだけでも咽ぶほど、憧れ讃えられるのはバッシュの強さが威徳を伴っているからなのでしょう。
そしてバッシュは、嫁取りが目的とは言えその振る舞いも内心も、周りがオーク英雄として見ているバッシュとズレがあるわけじゃないんですよね。見てくれも中身もバッシュは見事なほど英雄なのである。お嫁さん欲しい、で頑張ってることすら愛嬌である。
だから、周囲の評価は決して勘違いや誤解じゃないんですよね。一周回って、正確な評価になっている。過剰に持ち上げられてるわけじゃないのである。
とはいえ、彼が童貞でそれを隠して嫁取りのために旅をしている、というのを英雄が世直しのために旅をしている、と勘違いされているのも確かで。でも、実際見てみると結果的に確かに世直しの旅になっているし、バッシュの行動は英雄のそれであり、内面の方もオークの戦士としての矜持があり謙虚があり勇猛さがあり、男としての女性に対する配慮があり優しさがあり、まあ一言で言って格好良いんですわ。つまり、誰もが想像するオーク英雄バッシュという姿は虚像ではなく実像そのものなのである。だから、勘違いされているにも関わらず、全然勘違いじゃない、という矛盾した結果になっているの、面白いなあと思うんですよね。

でもこうしてみると、各国ともに戦後の混乱が戦時中の闇を引きずったまま現在に禍根を残しかねない状況になっているんですよね。せっかく訪れた平和を脅かす闇が、各国にはわだかまっている。
それを戦時中の英雄であるバッシュが、種族の枠をこえて解決して回っているという姿は、平和の価値を示すと同時に未来への希望ともなり、過去の英雄が平和になっても英雄として平和を守ってくれるというのは、戦争しか知らない世代が、兵士や戦士たちが過去の産物となって置き去りになって燻っていくその閉塞感をぶち破ってくれる象徴にもなるんですよね。
この『武神具祭』でも戦争で名を馳せた幾人もの英雄たちが選手として登場しますけれど、戦争という舞台を失った過去の遺物として錆びついて打ち捨てられていく、という恐れみたいなものが垣間見えたんですよね。でも、オーク英雄バッシュと相対することで彼らの錆は落とされ、彼らは胸を張って過去の戦いを誇れるようになっていった。恐れは憧れとなり、憧れは希望となってくれた。
バッシュは何もしていないかもしれない。彼は彼としてやるべきことを、やりたいことをやっただけかもしれない。彼らを救ったのは、彼ら自身なのだろう。でも、彼らが自らを救うことが出来たのは、バッシュの存在があったから。
プリメラが自分の技量に分不相応な肥大化した自信を抱いて盲目になっていたことに対して、バッシュは何もしていない。ただ言われた通り、プリメラの指示通りに戦っただけ。誠実に真面目に、謙虚に彼女の理不尽で理の通っていない見当違いの叱責に怒りもせず応え続けたのみである。
でも、その物言わぬ誠実さが、プリメラに自分の未熟さを自然と理解させ、彼女に自分の非を、恥知らずさを受け入れさせたのなら、やっぱりバッシュは英雄なんですよね。
勘違いだけど勘違いじゃない。胸のすく痛快できもちのよい英雄譚でありました。
ほんとに彼には最終的にはちゃんと嫁貰えてほしいなあ。





宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。 ★★★   



【宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。】 安居院 晃/美和野 らぐ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER


魔法士の少年は今日も大忙し! ……何故見てるんです? 姫様

宮廷魔法士レイズには一つ悩みがあった。それは何故か王国の姫様がずっと見つめてくること。目が合うと顔を真っ赤にして走り去る姫様に困惑しつつ魔法士として仕事をこなすが――ちなみに姫様。視線バレバレです。

おおっ、ホントにめっちゃ見てるな、お姫様。ってか、王宮内とはいえ仮にも王女様が一人で出歩いていていいんだろうか。誰かお付きの人とか一緒にいないのだろうか。結構、王宮内では自由というかフリーというか、誰にも縛られることなく好き勝手に動き回れるみたいなんですよねえ。
まあこの辺の王族の行動制限とか身辺警護は、国によって違うでしょうからこの国はそういう緩さがある、という国なのでしょう。
実際、姫様が自由に行動しているのは王宮内だけで、王宮の外にはほとんど出たことがないと仰ってましたしね。外に出ない限りは安全、という考えなのでしょう。まあその割に親衛隊員の行方不明事件とか起こってて物騒なのですけれど。
そして、王都の郊外には魔物がはびこっていて、頻繁に間引きしないと王都まで侵入してくる、というなかなかヤバい環境のようにも見えるのですけれど。あれ? これかなり人類に対して厳しい世界環境じゃないですか? 何気に人類の生存圏狭いんじゃないですか、これだけ魔獣の脅威がヤバいって。主人公のレイズ君、超長距離のロングレンジの魔法を得てとする狙撃系魔術師なのですが、幾ら超長距離狙撃がメインとはいえ、この人王宮から直接狙撃して魔物の駆除してるんですよね……。
届く方も凄いっちゃ凄いのですけれど、王宮から届く範囲で魔物の脅威が日常的にある、というのも相当怖いんですけれど。あくまで狙撃であって、数百キロ飛ばすような弾道弾魔法とか使ってるんじゃないですし。
というわけで主人公のレイズの得意技は超長距離射撃。逆に言うと、近接戦闘はゴミ、とまでは行かなくても一般兵レベルなので簡単に無双、という風には行かないんですよね。しかも、必然的にお姫様をかばいながらの戦闘、というケースが多くなってしまうだけに、尚更苦戦は免れない。そこは、工夫と発想の勝負となってくる。そこに距離を置けば一撃必殺、という強みも持っているのでなかなかメリハリのついた戦闘シーンになってるんですよね。
しかし、レイズを始めとした同じ兵室の面々、やたらと事務仕事押し付けられて明らかに労働過多で過労で死にそうになってるの、彼らの使いみち相当に誤ってないだろうか。いや、本来の使い方をしつつ事務雑務も押し付けてる、というのが正しいんだろうけれど。
かなりブラックな扱いすぎて、ヘイトばかり溜まっていきそうなんだが。そういう扱いをされて然るべき人材達、とも言えるのかも知れないけれど、その割に彼らに対しても自由度は高く設定してるんですよね。それが契約、であったとしても。
本来なら、王宮内であんなふうにお姫様と接触できるのって、彼らが管理対象になっている事を考えると、さらにあんな誓約まで課せられているのを考えると、随分と無防備な話だなあ、と思ってしまいます。厚遇するのか冷遇するのか、えらい中途半端な扱いなんだよなあ。
こういう場合、お姫様はどういうポディションになるんだろう。レイズたちが宮廷魔法士の中でも特殊な任務についている人間たち、というのを知った上で王族として何らかのアクションを見せてくれるんだろうか。たとえば、後ろ盾になってくれるみたいな感じの。
お姫様としても、柱の陰からこっそり覗いているばかりではヒロインとしてもおとなしすぎますもんね。彼女がレイズの事が気になりだした理由というのもまあ王道といえば昨今珍しいくらいの王道で、いやこれ逆にこれからどうするんだろうと心配になるほどでしたし。このまま覗き見して様子を見守って満足しているだけじゃ、話進まんでしょうw せっかく、ちゃんと仲良くもなったわけですし。ってか、お姫様今後どうするかとか特に考えてないんだろうなあ。まあ以前助けてもらったしカッコいいし優しいし、影から見守ってキャアキャアしてたい、という気持ちはよくわかる……かしら。でもそれから先はどうするとか、なにか思案あるんですかね?

ロクでなし魔術講師と追想日誌 9 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 9】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

私が生きている意味はーーこれだったんだ

「Project: Revive Life」から生まれ、グレンに救い出されたリィエル=レイフォード。しかし、彼女には生きる意志が消えていた。帝国に存在を偽り、彼女を育てることに決めたグレンは……


レーンの受難
あんまりクローズアップされないけれど、システィたちの下の世代、一年生たちもちゃんと学園にはいるんですよね。そりゃ、グレンの実態を直接知らず、その来歴だけみたらポンポンと学園のみならず国の危機まで救ってるとんでもない人物だもんなあ。そりゃ、人気も出るわさ。
そんな一年生の女子寮で発生している下着ドロを捕まえるため、セリカ特製の女性化魔法薬によって再び超絶美人女教師となって女子寮を警備することになったグレン。って、これグレン女性化する必要どこにあったんだろう。生徒たちにも極秘に、というわけじゃなく生徒みんなグレンが女となっているのを承知しているのですから。これって単にサービスなだけですよね?


嵐の夜の悪夢
グレン先生、幼少からのトラウマである首なし騎士にビビリまくるの回。教師としての威厳も大人としての立場も男としての面目も投げ売って、ひたすら幽霊ならぬ首なし騎士にビビり倒すグレン先生の醜態W
いやまあ、霊障とかにトラウマある人からすると、怖いもんは怖いよなあ。徹底してシスティを盾にしてるのは笑ってしまうけれど、それだけ耐久力ある盾だと信頼してのことでしょうW
しかしあれだけ良い反応をしてくれると、ドッキリ仕掛けた方もやりがいあっただろうなあ。
そしてセリアは子供相手に深い心の傷を負わせすぎである。親としてはやりすぎです、それW


名も無きビューティフル・デイ
出るたんびに、神秘が薄れて単に突っ張った小娘(チョロい)という本性が発覚していくナムルスの、初めてのデート回。
いやマジで普通にデートしてもらってるだけじゃないですか、やだもう。口では偉そうな尖ったことをイイながら、本当にチョロい。作中随一のチョロさを露呈しまくるナムルス。おまえ、本当にただの小娘だなあ。
逆に言うと、本当ならただの小娘でしかないナムスルが重い役割負わされすぎている、とも言えるのだけれど。
あとちょっと感心したのが、グレン先生。この人やろうと思ったらちゃんとしたデートのプランニングから実践からそつなくやれるんですよねえ。このへん、その辺の経験不足の子供と違う大人だなあと感心してしまった。
ちなみに、ホテルの寝室に連れ込まれた場合、ナムルスちゃん身を任してしまいそうな流れだった件について。君、それがルミアの身体だというのを完全にスルーしてたでしょう。チョロすぎる。


君に教えたいこと
なかなか将来有望な娘が。グレン先生、才能豊かな天才児とその母である未亡人に引っかかる、の巻き。いや、未亡人ではないんだが。
いやまじでこのママさん、最強の刺客じゃないだろうか。13歳の娘がいる28歳のシングルマザーって……あんた、15歳で娘さん産んだんですか!?
政略結婚の挙げ句DV離婚したというのがまた生々しいというか。28歳って全然若いですがな。
このママさん相手だと、グレン先生本気で更生してしまいそうなのですが。イヴをライバル視している場合じゃないですよ、システィとルミア。
しかしここで将来の学院生を出す、というのは将来を感じさせてくれるのがいいですよね。未来において、グレンはまだ講師やっていてウルが入学してくるのを迎えてやれる、そういう希望が見えるじゃないですか。


迷子の戦車
「Project: Revive Life」によって生み出され、関係者の多くが無念の死を遂げる中、独りグレンに救われた人造生命であるリィエル。その人形でしか無い、自分の生きる意思を持たなかった彼女が、グレンと同じ特務室の一員となるまでの。何のために生きるのかを見つけるまでのお話。
と言っても、リィエルはほとんど無気力に横たわっているだけで、そんな彼女の身の回りの世話をして必死に彼女に生きる意思を持たせようとするグレンの霞を掴むような介護の様子をその奮闘と挫折の繰り返しを描く物語になっているわけですが。
しかしリィエルを助けたはいいけれど、彼女の身分保障の偽造やら何やら全部お膳立てしてくれたのってイヴだったんですねえ。グレンをリィエルの世話に専念できるようにしてくれたのも彼女ですし、お互い反発しながらどうしてかイヴが一番のグレンの理解者っぽいんだよなあ。
グレンは昔からイヴは嫌がらせしかしてこないろくな上司じゃなかった、みたいな言い方してたし、イヴの方もグレンのことをずっと反発してぞんざいに扱ってたみたいな述懐してたけれど、短編集だけ見ていると、なんだかんだグレンのフォローしてくれるし支援やら何やら手厚くしてくれてたりするし、かなり助けられてるんですよねえ。
グレンの切なる思い、生きてくれという願いに応え、ようやく生きる意志を得たリィエル。でも、その生きる目的はグレンのため、というただ一点。それは依存の先を変えただけの生き様。結局、グレンはそれを変えることが出来ないまま、彼女を放り出して特務室から消えてしまうのですが……。
こうしてみると、リィエルの成長はシスティのそれとはまた少し違って、独り立ちするための成長なんだよなあ。彼女は自分で守りたいものを見つけ、誰に寄り掛かるでもなく自分の意志で戦い生きる「人」になった。それはもう彼女の生存にはグレンは必要としなくなったということでもあり、そうしてようやくリィエルは一人の女の子としてグレンを追いかける事が出来るようになったのかもしれないのですね。




キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File 2 ★★★   



【キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File 2】  細音 啓/猫鍋蒼 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

アリスと燐の帝国潜入……という名のコスプレ大会!?――『波乱の仮装大会』 ニューイヤーレターを巡って使徒聖たちが大暴れ!!――『天帝直属、最上位戦闘員』など珠玉の短編集第二弾!


「キミと僕の最後の戦場、あるいは炎の芸術家」
部隊予算の使い方が雑すぎる! ってか、仮にも年間予算なんだからお小遣いみたいに使ったらだめでしょう! 事前に使う予定を決めてから予算案だして、実際の予算額引っ張ってくるんじゃないの? 決算ではちゃんと予算何に使ったのか詳細な報告書とか出さないといけないんじゃないの!?
なんか、話だけ聞いていると何に使うか確かめずに一定額を各部隊に与えて何に使うかはお好きにどうぞ、ってなってるように見えるんだけど!?
凄いな帝国軍!
そして、予算が足りなくなったら自弁で稼いでもいいよ、という副業可という内務規定。すげえな、予算使い込んだら自分で稼いで補填したりしてもいいんだ!
元々福利厚生の充実っぷりに瞠目させられていた帝国軍ですけれど、この場合の副業OKという規定はどう考えたらいいんだろう。足りなかったら自分たちで稼げ、というのは闇にも聞こえるけれど、自由に何でも出来るとも取れるんですよね。
まあ、軍隊としては自弁できるってのはヤバいなんてもんじゃないんですけれど。でも、その稼ぎ方が普通にアルバイトだもんなあw


「キミと僕の最後の戦場、あるいは試練の裏切り計画(スパイミッション)」
一部の部隊を敵側と設定しての、施設の防衛訓練。ある意味まっとうな訓練なんだけれど、だから自費で勝手に装備とか増強しないで! 自前の武器を自費で購入、とかは普通にあると思うけれど、高が訓練に金持ちな実家の財産を注ぎ込んで無敵要塞にしてしまうピーリエ隊長。
ミスミス隊長もそうだけれど、帝国の部隊長の選定ってポンコツじゃないとダメ! という原理原則でもあるんだろうか。


「キミと僕の最後の戦場、あるいは波乱の仮装大会(ハロウィンパーティー)」
わりと本編でもイジラレ役な事が多い燐ちゃん、当然短編集でもアリスに無茶振りされて半泣きになりながら恥ずかしい目にあうのでした。仮装はともかく、下着に包帯ぐるぐる巻き、というのは相当にエロいんじゃないだろうか。当初その衣装を着る予定だったアリスは、その豊満すぎる肉体からして完全に見た目でアウトなので、燐くらいでギリギリセーフ。ってそれを舞台上で晒し者にされた挙げ句に包帯までほどけてしまって、という目に遭う燐ちゃん。これはこれで美味しい役どころである。


「キミと僕の最後の戦場、あるいは完全無敵のお姉さま」
なんでか観衆の前でお姫様としての品格対決をすることになったアリス、シスベル、そしてイリーティアのロア家三姉妹。いやいやいやいや、あんたらそんな面と向かって張り合うような仲じゃなかったでしょうが。そもそも、アリスとシスベルに至ってはお互いの猜疑心からまともに会話すらもなく、避けていたでしょうに。短編特有の謎時空だろうか。
ともあれ、ここのイリーティアが加わったことで、妹二人から姉がどんな風に見られているのかが知れたのは良かったかも知れない。こと、異能力以外のすべて、美貌にしてもスタイルにしても教養にしても品格にしても、イリーティアってアリスもシスベルも尻尾を巻いて逃げたくなるほど完璧で完全無欠だったのか。まあ、品格なんぞに関しては、イリーティアがどうこうじゃなく、アリスもシスベルもまあ……なんだ、頑張れ……というくらいのレベルだしなあ。二人が手を結んで共闘したからと言って0.5に0.5をかけても1になるどころか0.25になるんですよ?という話である。
いやでも、半分喧嘩でも普段からこれくらい三姉妹でコミュニケーション取ってたら、もっと普通の姉妹仲になっていたんじゃないだろうか。こんな拗れることなかったんじゃないだろうか。アリスにしてもシスベルにしても、イリーティア姉様のことそれだけ一目も二目も置いていて自分たちではかなわないと痛感していたのですから。


天帝直属、最上位戦闘員
だから、アルバイトで予算を稼がないでw
ついに部隊ごとどころか、軍団ごとでアルバイトしはじめたぞ、この帝国軍。それも、年賀状の配達である。ミスミスたちのいる璃洒のところならまだしも、冥の機構校佞縫諭璽爛譽垢竜々渋茘沙佞泙撚辰錣辰討離縫紂璽ぅ筺爾らの雪の帝都を部隊にしたドタバタ劇。いや、雪降る帝都というシチュエーションなら、政変とか革命とかそういう雰囲気ある展開にならないものでしょうか。
璃洒ならともかく、ネームレスまでこんな話に乗ってくるとは思わなかったw
その挙げ句に大爆発オチである。そりゃ、面白いこと好きの天帝さまでも普通にお説教ですわ。


あるいは世界が知らない予言
イスカとジンと音々がクロスウェル師匠のもとで修行していた頃の話。のちの小隊結成の前日譚にあたるのか。頭が悪い、と名指しされていたイスカ。だが、その愚ゆえに弟子としてすべてを叩き込まれ、ジンや音々は賢いが故にストッパー役として支える役としての役割を与えられていたのか。
本来ならそんな彼らをまとめてくれる大人のリーダーが求められていたにも関わらず、なぜか彼らの隊長になってしまったのはミスミス隊長……いや、なんで本気でこの人どっから湧いて出てきたんだろうw



王様のプロポーズ 極彩の魔女 ★★★★   



【王様のプロポーズ 極彩の魔女】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

世界を統べる魔女の身体と力を手にした少年の、最強の初恋!

久遠崎彩禍。三○○時間に一度、滅亡の危機を迎える世界を救い続けてきた最強の魔女にして、魔術師が通う学園の長。

「――――君に、わたしの世界を託す――」

そして――玖珂無色に身体と力を引き継ぎ、死んでしまった初恋の少女。無色は彩禍の従者、烏丸黒衣から彩禍として誰にもバレないよう学園に通うことを指示されるのだが……。クラスメイトや教師にさえも恐れられ、再会した妹からは兄のことを好きという相談を受ける波瀾の生活が待ち受けていた!

「お静かに。手元が狂います。――いえ、口元が、でしょうか」
さらには油断すると男性に戻ってしまうため、女性からのキスが必要不可欠で!?

「デート・ア・ライブ」のコンビが放つ新世代最強の初恋!
大長編となった人気シリーズ【デート・ア・ライブ】を完結させた橘先生が、新たに送り出してきた新シリーズがこれ。おなじみ、イラストはつなこさん。
新しいシリーズはじめるのは久々なだけに、どうなるかとも思ったのですがそこはさすがベテランというべきか。盛り上げどころというのを把握しきっていて、この一巻の中に見所がどれだけあるか。その上でクライマックスには幾つもの予想外の展開を襲いかからせて、盛り上がる盛り上がる。
まさに怒涛の勢い。
これぞシリーズ開幕のお手本というくらい、理想的な第一巻だったんじゃないだろうか。正直、引き込まれました。現状で既にめちゃくちゃ面白く、これから広がっていくだろう物語はメチャクチャ面白そう、なのですから。
肝心要の主人公・玖珂無色は真面目にぶっ飛んでいますなあ。いや、変態とか異常者の類じゃないと思うんですよ、多少頭おかしいだけで。
デート・ア・ライブの士道はあれで基本無味無臭タイプだったんですが、それと比べると明らかに頭おかしいです。まあ橘さんの作品の主人公は基本頭おかしいので、それらと比べると大人しい部類なのでしょうけれど。ましてや、橘作品のガチの変態たちはガチの変態なので、それこそ比べるまでもありません。それと比べてしまうと大概のキャラは常識人になってしまうので、相対的に見ると無色も常識人に違いありません。
いきなり死にかけている女の人を見て一目惚れしてしまっている時点でどうかとも思いますが。
そして、自分も殺されかけた上で意識を取り戻したらその一目惚れした女性・彩禍に自分がなってしまっている、というとんでもない状況に驚く前に彩禍さんとお近づきになれた(融合してます)わーい♪ となっている時点でどうかしていると思いますが。
それだけでもとんでもない状況なのに、そこから久遠崎彩禍に成り代わり、周囲にバレないように魔術の学園の理事長になったり平均300時間に一回世界滅亡の危機が訪れているこの世界を救ったりしなければならない、という立場に追い込まれてしまった無色。
まるで知らなかった世界の現状に魔術という要素、そして突然世界守護の要として彩禍の代わりを勤めなければならない、という状況はかなり追い詰められたもののはずなんですが、無色ってわりとこれを卒なくこなしていくんですよね。普通ならパニックになって焦って周囲からどうしたんだろうと変な目で見られながら、自分の無力さに打ちひしがれて、なんていうイベントをこなしていくのがテンプレートだと思うのですが。
無色の場合、彩禍さんの代わりを見事務めたら彩禍さん喜んでくれますっ!というウキウキ感でサクサクっとこの辺軽くこなしていくの、彩禍しか眼中になくて、うんヤバいやつですね。
これで、自分のものになってしまった彩禍の身体とか自分で弄って喜んでたりしたら変態なのですが、そういう変態性は全然ないんですよね。無色くん、紳士である。究極的にお近づきになれたのに、彩禍を自分のものにしたという認識だけは絶無なわけだ。
後々、彩禍が戻ってきた時に良い印象を持ってもらえれば、くらいの控えめな立ち居振る舞いですし。その意味では、わりと傍観勢というか推しは積極的に絡まず距離をおいて愛でるべし、派なのかもしれない。その上で、よければお近づきになりたい、という気持ちもある、という体で。
そう考えると、妹の瑠璃と趣向はそっくりという事なんですよね。彩禍信者の瑠璃の、あの彩禍萌えで彩禍のことになると頭おかしくなるのに、ちょっと関われただけで大満足してるってな感じの瑠璃のあの彩禍への距離感というか態度みたいなの、まんま無色にも当てはまるんじゃないだろうか。
無色の場合はもっと達観しているというか、彩禍や黒衣が若干引いてしまったり置いてけぼりにされるほど、彩禍推し、彩禍ラブで突き抜けているのですけれど。
いずれにしても、頭おかしい方向性で無色と瑠璃って、確かに兄妹だわな。そっくりだわ!

この自分ではどうしようもない状況に放り込まれながら、振り回されるどころかわりと周囲を振り回しまくる無色。そんなマイペースにガンガン突き進む無色=彩禍の行状に魔術師養成機関<空隙の庭園>は大混乱、という学園コメディでありつつ。
世界は平均300時間に一回滅びの危機に襲われている、という「週刊世界の危機」を上回るペースでえらいことになっている世界の裏事情。それを陰ながら防いでいる魔術師という存在。
なにより、世界最強の魔女、誰も敵うことがない無敵の存在を殺したのは一体誰なのか。様々な謎が、その驚愕の真相と新たな謎を伴って怒涛の勢いで襲い来るクライマックス。
登場人物も主人公の無色をはじめ、見事に最初から個性的で色づいていてキャラ立ちしていました。
あのヤンキーみたいなやさぐれてガラ悪い兄ちゃんなのに授業内容めっちゃ真面目で堅実なアンヴィエット先生とか大好きですw と、現状唯一無色以外の男キャラだけどイイキャラしてますわー、アンヴィエット。うん、とそれ以外のヒロインたちも色んな意味で出揃ってますし……瑠璃は単純なコメディからラブコメから兄バカに彩禍信者という頭おかしいキてるキャラな上にシリアスなバトルまで全部一線級でこなしてしまうので、ちょっと万能すぎやしませんかね!?
そして、唯一彩禍=無色という秘密を知り、その傍らで彩禍の身代わりをする無色のサポートをしてくれる烏丸黒衣の見事なツッコミの数々w
うん、本当の面白かった。一巻から見事に掴んでくれました。物語の行く先として特大の爆弾を置いていってくれた一話の黒幕に、ラブコメとしては常に爆弾の導火線に着火しつづける無色くん。
これは続きが楽しみです。またぞろ、でっかいシリーズになりそうだ。


転生王女と天才令嬢の魔法革命 4 ★★★☆  



【転生王女と天才令嬢の魔法革命 4】  鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

結ばれた二人の、そのあと。

王位継承権を得て、王になる未来に向かうユフィリア。しがらみから解放され、研究を続けられるアニスフィア。望む未来を掴んだ二人の、王宮百合ファンタジー。イチャイチャに研究にと盛りだくさんの第四幕!

ユフィさん、エロエロすぎですぅ。完全に肉食と化し虎視眈々とアニスを(性的)に食らうその時を待ちわびているユフィさん。毎日同じベッドで寝てチュッチュと魔力を吸いながら最後の一線は我慢しているあたり大変な自制をなさっている事は理解できるのですが、ほらー我慢してるんですけどぉ、アニスはいつになったら許してくれるんですかねえ、とばかりにプレッシャーかけまくって目前で舌舐めずりをしながらペロペロチュッチュして摘み食いは欠かさないあたり、アニスが完全に陥落するまでの過程を楽しんでいるようにしか見えないのでした。
いや、一巻の頃のユフィを思い出してみると誰だよ、というくらいの攻めに回ってしまったユフィである。色んな意味で女王様だよ、この娘ってば。
いや、3巻読み終わった段階ではガールズラブと言ってももうちょっとマイルドで大人しい女の子同士の親友からの延長上にある愛情かな、と思っていただけにユフィのガツガツっぷりはさすがにビビりました。
アニスもビビってるじゃないかw
とはいえ、アニスも女王となるプレッシャーから解放され、ユフィともどもシリーズはじまって以来の二人してメンタルが安定している状態なんですよね。そういう意味ではようやく穏やかな日常パートがはじまった、と言えるのですが、ユフィの王位継承が決まりアニスがその補佐として働くことが決まって、精霊の真実が明らかになり、王国の政治改革魔法改革が本格的にはじまったことで、国内の緊張が高まっていて、早々呑気にしていられる状況でもないんですよね。
ユフィは既に各組織感の調整に走り回っていますし。

そんな中で特に反発が激しくなっているのが魔法省。軍部の支持が高いアニスだけれど、魔法が使えないことを端緒にして昔から魔法省とは深刻な対立が続いていて、感情的にももつれていたところに、今度の改革によって国内の精霊の位置づけや魔法使いという人種の地位の低下が懸念されることで、魔法省が内部で大きな混乱を抱えることに。
将来的に魔法の地位や存在価値そのものが失われてしまう、というのは魔道具の普及や魔法を使えない平民の地位向上なんかが起これば、いずれ地殻変動として起こるものなんだろうけれど、さすがにまだそれは将来の話で今から混乱する話でもないと思うんですよね。まだ魔道具の普及ははじまる以前の段階だし、現状王国の政治や各領地の運営を行っているのは魔法使いである貴族たち。文官、つまり官僚であり代官であり領主である彼らのスキルや経験は早々失われるものではなく、今から平民の台頭を恐れてバタバタするというのはさすがに過剰反応じゃないかなあ、と思うんですよね。
そりゃ、早いうちから身の振り方は考えていた方がいいのは確かですけれど、10年20年のスパンで起こることでしょうし、それでも早くてという冠がつくもので、現実的には50年、100年スパンなんじゃないだろうか。世代交代が2,3回進んだくらいで徐々に様相が変わってくるくらいの。
それなのに、今の段階から魔法省が実務から遠ざかって魔法を使ってしか出来ない儀式や儀典を執り行う部署、というえらい職掌の狭い、名誉職的な象徴的な実権を持たない役職になろうとしているのは、何はなくとも急ぎすぎなんじゃないか、と思ってしまった。
いや、別にユフィもアニスもそこまでせえ、とは全然言ってないのに、魔法省側がせかせかと事を進めてしまっている感じで。無意味な抵抗勢力を引退に追い込むのはユフィとしても大変助かるのでしょうけれど。
下手したら実務官僚が根こそぎこれまでの仕事から遠ざかってしまって、えらいことになってしまうとかないだろうか、と心配になってしまうくらい、なんか魔法省の面々の身の処し方が潔すぎて、危機感がありすぎるのもちょっと問題じゃないかなあ。
まあ、ユフィやグランツ公が使える官僚とか逃さないでしょうけれど。

さて、王国の政権体制が刷新され、ついにユフィが王位継承を受けて女王に即位することに。
現王から、本来王権を継ぐはずだったアニスへとまず王冠が渡され、そのアニスからユフィの頭に冠が被せられ、正式に王位が継承される式典……と、粛々と進んだ儀式がさいごのユフィの即位演説で……堂々と公の場でアニスに愛の告白をして生涯を誓ってしまうユフィニア女王陛下。
なんか、継承式がユフィとアニスの結婚式に様変わりしちゃったんですけど!
いいのか、二人のお父様方!?
いや、ユフィさんてば精霊契約者になった以上、不老長寿になったので実質後継者とか必要ない、或いは将来養子を取ればイイ、ってな事考えているのかもしれませんけれど、ここまで堂々と百合百合であることを宣言してしまうとは。前代未聞!
なんか、アニスの従者であるイリアとレイニまで百合が成立してしまって、いやイリアさん年齢差!
思えば、アニスとユフィの出会いからして、婚約破棄され糾弾されているユフィを、窓を割って現れたアニスが颯爽と掻っ攫っていく、というお姫様と王子様みたいなはじまりだったわけですけれど。
この二人はもっと普通に親友同士になると思っていただけに、本当にアニスがこの娘は貰っていくぜ、という言葉通りになってしまうとは思わなかったなあ。
まあ、お姫様と王子様の立場の方は見事に逆転して、ユフィの方が熱烈な攻め王子様になってしまったのですけれど。いや女王様ね、うん、女王様。
そして、ついに観念して女王様に食べられちゃうお姫様でした、めでたしめでたし。


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 19 ★★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 19】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

幾年の時を超えーー伝説の時代に、グレンが駆ける

ついに姿を現した魔王から逃れ、導かれたのは超魔法文明時代。失踪したセリカを取り戻すため、伝説の時代を駆け回るグレンとシスティ。圧倒的な実力差戦いに巻き込まれる2人は、この時代で新たな力を手に入れる!?

5853年という途方も無い時間を隔てた巡り会い。それは運命の出会いであり、きっと世界を救う出会いだった。でもそれ以上に、ただ一組の家族が生まれた出会いだった。
グレンにとって、セリカは大切な家族と呼んで憚らない相手だった。実際、グレンもセリカもお互いに公言して止まなかったし、お互いがどれだけ大事で掛け替えのない人なのかを、どんな深い想いを抱いているかを彼らはその言葉で、その態度で、その熱量で表し続けていた。
でも、その関係性をはっきりとした言葉で語ることはなかったんですよね。家族といいつつも、どんな家族なのかは言わなかった。もちろん、語らずとも言葉にせずとも、グレンがセリカをどう思っているのかは伝わってきていたんですけどね。グレンをセリカがどんな風に愛しているか、あからさまなくらいでした。
でも、それを言葉にはしてこなかった。
ずっと、この瞬間のためだったんでしょうね。これだけ長くシリーズ続いたにも関わらず、この瞬間のためにずっと温めてきていたのか。

そんな風にグレンが、セリカを呼ぶときは。その関係が終わるときだと考えていたのだろうか。
母さんと、グレンがセリカを呼んだ瞬間、様々なものが決壊した。それはわかりきっていながら、決して二人共表に出さなかったもの。図らずも、セリカを母と呼ぶことでグレンは巣立つ事になったのだろう。親離れで、子離れだ。いつも、最後の最後のラインでグレンのことを見守り続けてくれていたセリカ。時々、最後の最後どころか過保護なモンスターペアレント並にラインオーバーしまくって前に出てきたときもあった気がするが、それはそれとして、本当に最後のところでセーフティーネットとして、グレンの庇護者で居てくれてたんですよね。グレンが心を壊したときも、セリカが守り続けてくれた。
すでに自立し独り立ちしたグレンだけれど、帰る所はずっと在り続けていたのだ。安らかな気持ちで眠ることのできる場所を、セリカはずっと守り続けてくれていた。
そこから、彼はついに巣立つことになる。その胸に、本物の正義の魔法使いの姿を宿して。誰よりもカッコよく憧れた、あの女性の姿を焼き付けて。
グレンにとっての、生涯の命題であるのだろう「正義の魔法使い」としての在り方についても、この超古代文明時代を駆け抜ける中で、一つの答えにたどり着くための道筋を見つけたみたいだし。

グレンにとって、大きな区切りであり、リスタートとなる回だったんじゃないだろうか。
過去の世界に実際訪れることで、これまで謎とされていた部分、様々な伏線がぐるりと円環を描いて繋がった部分もたくさんありますし。だいぶ、ストーリーラインの設定周りもスッキリしたんじゃないでしょうか。ナムルスの正体はもとより、その態度についてもその発端がこの時代に起因していた事がよくわかりましたし。
しかし、イグナイト家はちょっと長く続きすぎじゃないですか!? 実質6000年近く連綿と続いたことになるぞ、あの一族。

そしてもうひとり、ついに魔将星の領域にまで至ることになったシスティ。成長物語として見たら、間違いなくこの娘がこのシリーズの主人公なんですよね。あの、初めての実戦でべそかいて心折れまくって泣きじゃくって何も出来なかった娘が。才能としても、おそらく一般的な秀才の域を出なかった娘が。挫折を繰り返し、努力を重ねて、実戦をくぐり抜け一つ一つ、一段一段着実に堅実に階段を登り続けてきたんですよね。決して一足飛びに段を飛ばさず、本当に一段一段丁寧に。システィがここに至るまで描いた成長曲線は、掛け値なしに美しいと思います。名実ともに、作中でも最強ランクにたどり着いたんだよなあ、この娘。もうすでに特務分室でも十分やってける実力になってましたけれど、ここでガチに次のステージに駆け上がったもんなあ。さながらそれは、星が天に昇るようにして。

ちなみにセリカ、まだワンチャンあると思ってるんですよね。どうにもそれらしい伏線が、この19巻の中にありましたし。
さて、舞台は現代に戻ってついに復活した魔王との決戦に。着々とラストに近づいてきたのが実感されます。


公女殿下の家庭教師 6.慟哭の剣姫と南方戦役 ★★★☆   



【公女殿下の家庭教師 6.慟哭の剣姫と南方戦役】  七野りく/cura 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

あいつが隣にいない世界なんて、私はいらない

アレン、生死不明。凶報を受けた彼の教え子たちは、それぞれ王国を巡る陰謀が動いていることに気づく。リディヤがいる南都でも、侯国との開戦が近づき――。アレンの隣に立つため、リディヤは自ら剣を握る!

この表紙のメスガキっぽい娘さん、リディヤだったの!? 髪切ると途端に見た目幼くなるんですね。ある意味、見た目相応だった、という事なのかもしれませんが。見た目もティナたちの方に寄ってしまった感がありますし。

東都動乱でリチャード公子と近衛騎士団と共に獅子奮迅の働きを見せるアレン。獅子奮迅というよりも、死に体になりながらの決死行というべきか。
取り残されていた獣人の領民たちをなんとか救出してくるも、彼に向けられたのは嫌悪と罵声でしかなかった。と、言ってもそれを行ったのは族長クラスの保守派の老人たちだけなのですけれど、彼らは獣人族の指導者層である事は間違いなく、長らく彼らのそうした意思こそが獣人族全体の意思でもあったんですよね。アレンにとっては、彼らこそが自己否定の象徴だったわけだ。
人間でありながら獣人の両親に育てられた存在。でも、人間としても認められず、獣人としても受け入れられず、ずっと中途半端に虐げられ突き放されてきた存在。
彼の自己肯定感の低さの理由がようやくわかってきた気がします。正直、両親や獣人の友人たち、親身になってくれた獣人の大人たちをはじめとして、アレンを全肯定してくれた人達は枚挙にいとまがないと思います。人間の社会の方に出てからも、リンスター家やハワード家のように全面的に彼を受け入れ、それこそ家族同然に受け入れてくれた人達は本当に本当にたくさんいたんですよね。肯定しすぎだろう、というくらい彼の能力も人柄も人格も全部まるごと受け入れて認めて称賛して肯定してくれていた。
にも関わらず、彼にはどうにもそんな肯定が響いていた様子がなかった。穏やかに笑っていながら、心のどこかで自分に与えられるそれに実感を感じていないようだった。自分に向けられる温かい感情を尊く感じながら、どこかでそれを受け取る権利がないように思っているようだった。
確かに、アレンへの肯定は彼を救っていたのだろう。でも、彼にかけられた呪いは厳然として彼を犯し続けていたのだ。
それを植え付けたのが、あの元族長達の罵声に象徴される「否定」だったのだろう。
結局、誰も彼にかけられた呪いは解けなかったのだ。悔しいだろうな、虚しいだろうな。どれほど言葉を尽くしても、心を寄せても、本当の意味で彼の根源には届かなかったのだから。
アレンの両親の慟哭が、リチャードの悲痛な叫びが、胸に突き刺さる。
ハワード公爵家やリンスター公爵家の面々が、アレンMIAの報告にあれだけブチ切れた理由の片隅には、同じくこの「悔しさ」があると思うんですよね。
アレンが与えてくれたものに対して、自分たちはそれに見合う「報い」を与えてやれていなかった。彼を本当の意味で「救う」ことが出来ていなかった。結果として、むざむざと彼を死地に踏み出させてしまった。それが必要な決死だったとしても、自分の価値を低く見て捨て駒にする形で放り捨てさせてしまった。君が大切だ、君を大事に思っている、君を愛している。家族のように思っている。その想いに彼は確かに応えてくれたけれど、その応答がこんな形であったということが。愛情に報いるために、自分を投げ捨てる形であったなんて事は。
悔しいじゃないですか。
彼をこんなつまらない事で喪わしめようとした相手は当然万死に値するし、彼にそんな選択をさせてしまった自分たちには怒りを禁じえない。
ブチ切れる要因としては、煮えたぎる原因としては、十分以上でしょう。一族まるごと、完全に火がついてしまうあたりに、リンスターもハワードも逆鱗に触れられた龍と尾を踏まれた虎の如き、完全にヤベえ一族だというのがよく伝わってきます。
個人的には、リディアにこそ何やってたんだ、と言いたくなる所ですけどね。アレンがいなくなってぶっ壊れてしまうほど依存しておきながら、結局アレンを引き止められるだけのものを彼に刻めていなかったんですから。
アレン様なら絶対大丈夫、と無事を疑いもしていない人達もそれはそれで信頼というよりも信仰に近いものを感じ取ってしまい、どうかと思うのですけれど。
自己肯定の低さから、惹きつけるだけひきつけ魅了するだけ魅了しておいて、釣った魚には餌をあんまりやらないアレンも悪いっちゃ悪いのですが。責任ちゃんととって関係中途半端にしていなかったら、もう少し彼女たちも覚悟みたいなものが定まっていたんじゃないかなあ、と思わずにはいられないのでした。

せめて、アレンの破滅的な献身を目の当たりにしてようやく心改め、彼と運命をともにして謝罪した元族長たちの言葉が、根源であり起源である彼らの拒絶と絶対否定が終わりを告げ、獣人種族がアレンを受け入れたことで彼の呪縛を解けてくれていたら、と願うばかりです。

七野りく・作品感想
 

9月28日

Amazon Kindle B☆W

9月27日

異識
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひさまくまこ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Koi
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


相崎うたう
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


セトユーキ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


こめつぶ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


福きつね
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


メイス
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月26日

えすのサカエ/宇野朴人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


相野仁/市倉とかげ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


平未夜/之貫紀
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


大和田秀樹/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


今ノ夜きよし/イノノブヨシ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Ark Performance
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


石田あきら/東出祐一郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


前田理想/沢村治太郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


鏡/丘野優
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東方Project/芦山
(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


笹倉綾人
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


苗川采
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Dormicum
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


山路新
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


宝乃あいらんど/震電みひろ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


小早川ハルヨシ/金斬児狐
(アルファポリスCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


くろの/永島ひろあき
(アルファポリスCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月25日

涼樹悠樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


迷井豆腐
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ネコクロ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ネコ光一
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


白米 良
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


白米 良
(オーバーラップ文庫)
Amazon


でんすけ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


出井 啓
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


一分 咲
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


筧千里
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


カヤ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


波多ヒロ/あまなっとう
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


やもりちゃん/じゃき
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


もちろんさん/猫子
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉川英朗/月夜涙
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉乃そら/ネコ光一
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


卯乃米/桜あげは
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


綾北まご/冬月光輝
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月24日

棚架ユウ/丸山朝ヲ
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天乃咲哉
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


洋介犬
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


かくろう/石神一威
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/五十嵐あぐり
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/五十嵐あぐり
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/めきめき
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


長田悠幸/町田一八
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/めきめき
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


福田晋一
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田尾典丈/三雲ジョージ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


戌森四朗
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田澤裕/友井太郎
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月22日

十文字 青/原作・プロデュース:Eve
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


総夜ムカイ/原作・監修:みきとP
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


両生類 かえる
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


木緒 なち
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


川口士
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


川口士
(ダッシュエックス文庫DIGITAL)
Kindle B☆W


川口士
(ダッシュエックス文庫DIGITAL)
Kindle B☆W


赤金武蔵
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/尚村透
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/斎木桂
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


昆布わかめ
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


サラ イネス
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


ハナツカシオリ
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


江口夏実
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


瀧下信英/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


藤本正二/Juan Albarran
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


千嶌オワリ/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


森高夕次/足立金太郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


一乃ゆゆ/佐島勤
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


杉井光/篠アキサト
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


ぐう/水無瀬
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


柏木郁乃
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


倭ヒナ/ぷにちゃん
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月21日

Amazon Kindle B☆W

9月20日

大和田秀樹
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


クール教信者
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


いとうえい
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


小宮地千々
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


一色一凛
(GCN文庫)
Amazon


風間レイ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


やしろ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


もちもち物質
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


夕立悠理
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


鳴沢明人
(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


はぐれメタボ
(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W

9月19日

Amazon Kindle B☆W

9月16日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


長岡 マキ子
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


羊太郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


いつきみずほ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


ラマンおいどん
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


ラチム
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


紫大悟
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


朝陽千早
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


コイル
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W



イダタツヒコ/広江礼威
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


やまむらはじめ/広江礼威
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


坂崎ふれでぃ
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


了子
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


神内アキラ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/じろあるば
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


内藤マーシー
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


久世蘭
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


裏那圭/晏童秀吉
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


むちまろ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


硬梨菜/不二涼介
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


さゆこ
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


あるてぃ/染井由乃
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


原泰久
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中村力斗/野澤ゆき子
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


峰浪りょう
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小瀬木麻美/宮田ダム
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


キナミブンタ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大河原遁
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


子新唯一
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


グレゴリウス山田
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤマザキマリ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


スガワラエスコ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


スガワラエスコ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瀬尾つかさ/bomi
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


川口士/的良みらん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月15日

コトヤマ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山田鐘人/アベツカサ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


畑健二郎
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


福地翼
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


青山剛昌
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


青山剛昌/阿部ゆたか
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


かんばまゆこ/青山剛昌
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田中現兎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


川田暁生
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


ひな姫/猫又ぬこ
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひととせひるね
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


杜乃ミズ/餅月望
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


中島鯛/ほのぼのる500
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


まいたけ/生咲日月
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


わかさこばと/春の日びより
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


羽尻伊織/鉄人じゅす
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ハム男
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


柚原 テイル
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


七沢 ゆきの
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W

9月14日

鳥羽徹
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


神田暁一郎
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯さん
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯さん
(GA文庫)
Amazon


海空りく
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


海月くらげ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


柚本悠斗
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon


守雨
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


金明豪×KJ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


こだまはつみ
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W

9月13日

横島日記
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W


わらいなく
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月12日

荒川弘
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


河添太一
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮澤伊織/水野英多
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


南海遊/村山なちよ
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高津カリノ
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オジロマコト
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ゆうきまさみ
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田岡りき
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


源素水
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七尾ナナキ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


空谷玲奈/昴カズサ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


高野裕也
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


礼島れいあ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


長岡マキ子/カルパッチョ野山
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


森貴夕貴
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


咲メギコ/師裏剣
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


瑚澄遊智/漂月
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


檜山大輔
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


浜田よしかづ
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ピロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


火曜
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


カエルDX
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


霜月絹鯊
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


そめちめ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月10日

餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


もちだもちこ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


岡崎マサムネ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


ニシキギ・カエデ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


榛名丼
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

9月9日

アサウラ/Spider Lily
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


アサウラ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯庸介
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


西 条陽
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


宇野朴人
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


三河ごーすと
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐島 勤
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬
(電撃文庫)
Amazon B☆W


駒居未鳥
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


逢縁奇演
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


ミサキナギ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


岬 鷺宮
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏 みのる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


遠野 九重
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


明。
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


流優
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


ヤマザキコレ
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ツクモイスオ/三田誠
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


住川惠/甘岸久弥
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


yoruhashi
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W



(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


横山コウヂ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


福原蓮士/つちせ八十八
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


稲葉白
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


二式恭介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


遠野ノオト/流優
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


はっとりまさき
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


神谷ユウ/桜木桜
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛/菊池政治
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


唐澤和希/藤本れもち
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


皇ハマオ/月夜涙
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


緒原博綺
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


げしゅまろ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ヨシラギ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


RYOMA/カンブリア爆発太郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


レフトハンド/伽藍堂
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


窪茶/涼暮皐
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ゼロキ/雪村ゆに
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


蟹丹/トネ・コーケン
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


TYPE−MOON/中谷
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Team RWBY Project/スエカネクミコ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


コトバノリアキ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


金田陽介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/青井聖
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月8日

エターナル14歳/御子柴奈々
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤチモト/resn
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤスダスズヒト
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


茅田丸/丁々発止
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


内々けやき/あし
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


くうねりん
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


光永康則
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


芳橋アツシ/延野正行
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


亜希乃千紗
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W

9月7日

赤堀君
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


伊口紺/保志レンジ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


LEN[Aー7]
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


深山鈴/茂村モト
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


森田季節/出水高軌
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ/松浦はこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


羽柴実里/zinbei
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


常磐くじら/桃山ひなせ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


串木野たんぼ/ぽんこつわーくす
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


鈴木竜一
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


初枝れんげ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


十夜
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

9月6日

西尾 維新
(講談社)
Amazon Kindle B☆W


智弘カイ/カズタカ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


二階堂 幸
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月5日

和成 ソウイチ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


白水 廉
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


釜田/六つ花えいこ
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


御守リツヒロ/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


轟斗ソラ/柏てん
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


ORKA/Spice&Kitty
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

9月2日

(TYPE-MOONBOOKS)
Amazon


浅野りん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ナカノ/八木羊
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


日月ネコ/渡辺恒彦
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


バラ子
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


赤羽ぜろ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


三部けい
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


縞野やえ/MB
(角川単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


葦原大介
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マポロ3号
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


権平ひつじ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


助野嘉昭
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


空もずく/十森ひごろ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


猗笠怜司
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


横山左
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


矢吹健太朗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲岡和佐
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


叶恭弘
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


LINK/SAVAN
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


桂イチホ/ふか田さめたろう
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


むらさきゆきや/春日秋人
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


空埜 一樹
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


延野 正行
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


都神 樹
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


天宮暁
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


カラユミ
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W

9月1日

枯野 瑛
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


入栖
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


穂積 潜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


海道左近
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


藤木わしろ
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


榊一郎
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


結石
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


坂石遊作
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


海野アロイ
(アース・スター ルナ)
Amazon Kindle B☆W


井上みつる
(アース・スター ルナ)
Amazon Kindle B☆W


長谷川哲也
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


保志あかり/大木戸いずみ
(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


白川祐/チョコカレー
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


森野眠子/みたらし団子
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


浅葱洋/ニシキギ・カエデ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


きららファンタジア製作委員会/鴻巣覚
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


白尾こじょ
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ミナミト/六升六郎太
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

8月30日

Kindle B☆W


佐遊樹
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索