富士見ファンタジア文庫

王様のプロポーズ 2.鴇羽の悪魔 ★★★★   



【王様のプロポーズ 2.鴇羽の悪魔】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
無色の彼女の座を懸け、彩禍の絶対に負けられない戦いが始まる!

世界最強の魔女・久遠崎彩禍の生活にも何とか慣れ始めた玖珂無色だったが、〈庭園〉とは別の魔術師養成機関〈影の楼閣〉との交流戦代表メンバーに選ばれてしまう。
さらに魔術師専門動画サイト『MagiTube』の超人気配信者・鴇嶋喰良には彼ピとして、全世界に紹介され!?
事態の収拾を図るべく彩禍の姿で交流戦に参加しようとするも……。

「魔女様! むしピのカノジョの座を賭けて、アタシ様と勝負っす!」

〈楼閣〉側の代表メンバーだった喰良から宣戦布告を受けることに――。

自分(彩禍)で自分(無色)を争奪するという絶対に負けられない恋と魔術の戦いが始まる!

続きを読む

勇者、辞めます 2~次の職場は魔王城~ ★★★☆   



【勇者、辞めます 2~次の職場は魔王城~】 クオンタム/天野 英 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
最強勇者は仕事も万能――!! ボロボロ魔王城再建ファンタジー第二弾!

勇者を辞め、魔王軍の一員となったレオは、その知識を活かしエキドナの夢である魔界再生に乗り出す。
だが、ボロボロ魔王軍は準備だけでも大慌て!
ダンジョン化した城を攻略し、お肉がなくなったリリが駄々をこね、更には近隣諸国に暴走した竜が攻撃を開始!?
やっと手に入れた平穏を守るため、勇者歴三千年の技能を使って次々に解決していくレオ。
だが、一連の事件(リリ除く)には元凶が存在しており―引退勇者は、かつて憧れた『勇者』と対峙する!

続きを読む

勇者、辞めます ~次の職場は魔王城~ ★★★★   



【勇者、辞めます ~次の職場は魔王城~】 クオンタム/天野 英 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
役目を終えた最強勇者、その最後のひと仕事。魔王軍立て直しファンタジー!

勇者に敗れ、再起を図る魔王軍の前に現れたのは、かつての勇者レオだった。
剣術、魔術、古今東西あらゆる技術に精通し、たった一人で魔王軍を倒した最強の勇者。
だが彼は強すぎるために人間の国から追放され、魔王軍へとやってきたのだった。
正体を隠して魔王軍に入ったレオは、人手不足や台所事情、ボロボロの魔王城さえも、身につけたスキルと経験であっという間に立て直していく。
またたく間に新たな幹部にまで上り詰めるレオだが、彼の狙いは魔王軍再生だけではなく、世界全体の“立て直し”にあるようで――?
役目を終えた引退勇者の最後のひと仕事、ここに開幕。

続きを読む

妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は――? ★★★☆   



【妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は――?】 エパンテリアス/椎名 くろ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

最初は妹の友達だった。でも、そのままじゃいられなくなった

男女の友情に"その次”はありますか――?

糸原斗真は恋愛に興味がない。線引きをした人間関係が心地良く、それはそれで充実しているのは間違いなかった。
「――お兄さん、帰っていないのなら、一緒に帰りましょう」
だけど最近、少し変化が訪れた。間宮凛。妹の親友で、よく家に遊びに来る娘……最初はそれだけの関係だったのに、同じ学校に通うようになって、一緒に帰って、当たり前のように休みの日に遊ぶようになって、みるみる関係が深まっていく。それでもあくまで“異性の友達”として接する斗真だったが、その一方で凛はこの関係に対して思うところがあるようで……?
青春で、そしてラブコメです。


続きを読む

火群大戦 01.復讐の少女と火の闘技場〈帳〉 ★★★☆   



【火群大戦 01.復讐の少女と火の闘技場〈帳〉】  熊谷 茂太/転 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
復讐を誓う少女が辿り着いたのは、【火】で殺し合う戦場だった。

すべての人には加護がある。
しかしそのどれもが祝福されているわけではない。

「禍炎」と呼ばれ、忌み嫌われる【火】の精霊を宿す少女は、
自らの同胞を殺した仇を探していた。やがて彼女が辿り着いたのは、
共和国最大の祭典――通称<帳>。
少女と同じく【火】の精霊の加護を持つ人々を集め、殺し合いをさせ、
そして見世物にするという残酷極まりない狂宴だ。

同胞の亡骸のもとに、まるで招待状のように遺された<帳>への
参加票を手に、少女は激戦の舞台へと臨む。決勝トーナメント出場者、
全8名。暴き出せ。この中に、仇がいる……!?
第34回ファンタジア大賞《金賞》受賞作、開戦!!

続きを読む

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 20 ★★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 20】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
託した想いが、奇跡を起こすーー!

「天の智慧研究会」の最後の猛攻が、フェジテを飲み込もうとしていた。グレンたちが不在のなか。イヴ・アルベルト・リィエルーーそして、あの人物も。圧倒的な危機のなか、グレンの想いを受け継ぎ、誰もが戦い抜く!

続きを読む

デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット 8 ★★★★   



【デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット 8】 東出 祐一郎/ NOCO 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
さあ――わたくしの戦争も終わらせましょう

「さて、それじゃあ……死にますか!」 大切な人を応援するため、自らを犠牲にする少女。
「それでは紗和さん。最後のデートを始めましょう」 好きな人と再会するため、走り続ける少女。
「世界が滅んでもいい。あなたが滅ぶなら構わない」 親しい人を独占するため、隣界を滅ぼそうとする少女。

ついに辿り着いた第一領域にて、緋衣響、時崎狂三、白の女王の殺し合いは終わりを迎える。
戦い続けた少女たちが下す選択とは――。「長い時間が掛かりましたけど。ちゃんと、叶いましたわ」

時崎狂三のもうひとつの戦争、ここに完結!
続きを読む

デート・ア・ライブ アナザールート ★★★☆   



【デート・ア・ライブ アナザールート】  橘 公司・大森 藤ノ・志瑞祐・東出 祐一郎・羊太郎/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
さあ――豪華作家たちによる戦争(アンソロジー)を始めましょう

『デート・ア・ライブ』シリーズ10周年を記念した豪華アンソロジーがここに顕現!

羊太郎が描く十香のダイエット。
志瑞祐が描く七罪のレース勝負。
東出祐一郎が描くVRゲームで夢の対戦。
大森藤ノが描く六喰のトゥルールートと、人気作家たちによる特別な短編の数々!
そして原作者・橘公司が描くのは精霊たちが全員男性化した世界!?

魅力満載で必読なアナザー『デート』が集結。
さらに人気イラストレーター、森沢晴行、NOCO、はいむらきよたかの描き下ろしイラストも収録!
さあ――見たことのない特別な戦争を始めましょう。


続きを読む

純白令嬢の諜報員 改編 1.侯爵家変革期 ★★★☆   



【純白令嬢の諜報員 改編 1.侯爵家変革期】  桜生 懐/ファルまろ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
「こんな結末、馬鹿げている」愛読書の最終巻に憤激したまま、世界最高の諜報員・ラプターは散った。だが彼が転生したのは、まさにその小説内の世界。最愛の令嬢を救うため"最強の読者"は謀略を開始する!


続きを読む

武装メイドに魔法は要らない 2 ★★★★   



【武装メイドに魔法は要らない 2】  忍野 佐輔/大熊 まい 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
「お終いになんてさせません。わたし、欲張りなんです」

炎槌騎士団を退けた実力を買われ、マリナとエリザは講和のため王国へやってくる皇帝護衛の任に就く。しかし刺客の罠に引き裂かれる二人。その時、主従が下す決断とは――!? 異色の武装メイドアクション、第二弾!



続きを読む

クラスのギャルが、なぜか俺の義妹と仲良くなった。 「今日もキミの家、行っていい?」 ★★★☆   



【クラスのギャルが、なぜか俺の義妹と仲良くなった。 「今日もキミの家、行っていい?」】  佐波 彗/小森 くづゆ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ウチに入り浸るうち、いつの間にか彼女と恋人同士にーー!?

高校生の俺、名雲慎治には悩みがあった。家庭事情でやってきた義理の妹・紡希がよそよそしいのだ。距離が縮まらない2人暮らし。そんなある日、紡希が連れてきた「ネット友達」が状況を変える。それは、クラスで人気の美少女ギャル・高良井結愛!?
3人で過ごすうちに、心を開いていく紡希。さらに俺と結愛の距離も学校で、家で急接近!? 苦手だった結愛の優しさや寂しがりな素顔、家庭的な一面を俺だけが知っていく。
「私、名雲くんの通い妻みたいだね。そうなっていい?」「それいいよ! シンにぃ、3人で暮らそう!」いや、それはダメ……じゃないけど。

いっしょに帰宅して、いっしょに泊まって。結愛は俺の恋人、と紡希にも勘違いされて、なぜか嬉しそうな結愛。ウチに入り浸るたびに、その関係は次第に本物になっていくーー!?
ギャルと義妹。2人の女子との暖かくて甘い、アットホームいちゃラブコメ!
続きを読む

オーク英雄物語 3 忖度列伝 ★★★★   



【オーク英雄物語 3 忖度列伝】  理不尽な孫の手/朝凪 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

オークの英雄はドワーフの国で花嫁を手に入れるため、闘士となる――

「あたしの闘士になってくれ!」

オークの英雄バッシュは訪れたドワーフの国で、ドワーフの少女プリメラからプロポーズ(?)を受ける。勘違いであることがわかり、一度は話を断るも彼女が参加しようとしていた『武神具祭』で優勝すれば、あらゆる望みが叶うことを知り――
「女を手っ取り早く手に入れたいってワケか……」
鍛冶師プリメラの闘士となることを決意する。
「あんたは馬鹿力で、剣の腕も大したことない」
「……間違ってはいない」
バッシュのことを知らないプリメラの心配をよそに、英雄は武を示し、当然の如く大会を勝ち上がっていく!
前回のエルフの国編、あとになって振り返ってみるとバッシュはオークらしくエルフ好きでもあったから終始テンション高かった気がする。勿論、顔には出さないにしても。
それに比べるとこのドワーフの国では、ドワーフちょっと無理めです、になっているせいかわりとテンション低めだったように見えるなあ。人間とのハーフであるプリメラはバッシュの好みからしても可愛かったので彼女にプロポーズするために頑張ることになったものの、それでもサンダーソニアなどと比べると……となってましたもんね。
サンダーソニアさん、マジでドストライクだったんだよなあ。今からでもサンダーソニアさんてばいくらでも挽回出来そうなんだが。
それはそれとして、テンション上がりきらなくても手を抜かずにきっちりと与えられた役割を文句も言わずやり遂げようとするバッシュさん、マジ生真面目である。いや実際プリメラにかなり理不尽な物言いされているにも関わらず、バッシュさんてば謙虚ですし誠実に対応し続けてるんですよね。
彼の目的が女目的、嫁取りのためだとしても、下心があったとしても、彼の女性への誠実な対応はなんらくすむものじゃないんだよなあ。
バッシュがオーク英雄として各種族に畏怖されるのはその強さ故なんだろうけれど、ただ強いだけの粗暴で無軌道な輩なら決して英雄とは呼ばれないのである。種族問わず、このドワーフ編では皆から尊敬の目で見られ、闘士たちは彼と試合でも戦えることを歓喜し、職人たちは彼に武器を使って貰えるだけでも咽ぶほど、憧れ讃えられるのはバッシュの強さが威徳を伴っているからなのでしょう。
そしてバッシュは、嫁取りが目的とは言えその振る舞いも内心も、周りがオーク英雄として見ているバッシュとズレがあるわけじゃないんですよね。見てくれも中身もバッシュは見事なほど英雄なのである。お嫁さん欲しい、で頑張ってることすら愛嬌である。
だから、周囲の評価は決して勘違いや誤解じゃないんですよね。一周回って、正確な評価になっている。過剰に持ち上げられてるわけじゃないのである。
とはいえ、彼が童貞でそれを隠して嫁取りのために旅をしている、というのを英雄が世直しのために旅をしている、と勘違いされているのも確かで。でも、実際見てみると結果的に確かに世直しの旅になっているし、バッシュの行動は英雄のそれであり、内面の方もオークの戦士としての矜持があり謙虚があり勇猛さがあり、男としての女性に対する配慮があり優しさがあり、まあ一言で言って格好良いんですわ。つまり、誰もが想像するオーク英雄バッシュという姿は虚像ではなく実像そのものなのである。だから、勘違いされているにも関わらず、全然勘違いじゃない、という矛盾した結果になっているの、面白いなあと思うんですよね。

でもこうしてみると、各国ともに戦後の混乱が戦時中の闇を引きずったまま現在に禍根を残しかねない状況になっているんですよね。せっかく訪れた平和を脅かす闇が、各国にはわだかまっている。
それを戦時中の英雄であるバッシュが、種族の枠をこえて解決して回っているという姿は、平和の価値を示すと同時に未来への希望ともなり、過去の英雄が平和になっても英雄として平和を守ってくれるというのは、戦争しか知らない世代が、兵士や戦士たちが過去の産物となって置き去りになって燻っていくその閉塞感をぶち破ってくれる象徴にもなるんですよね。
この『武神具祭』でも戦争で名を馳せた幾人もの英雄たちが選手として登場しますけれど、戦争という舞台を失った過去の遺物として錆びついて打ち捨てられていく、という恐れみたいなものが垣間見えたんですよね。でも、オーク英雄バッシュと相対することで彼らの錆は落とされ、彼らは胸を張って過去の戦いを誇れるようになっていった。恐れは憧れとなり、憧れは希望となってくれた。
バッシュは何もしていないかもしれない。彼は彼としてやるべきことを、やりたいことをやっただけかもしれない。彼らを救ったのは、彼ら自身なのだろう。でも、彼らが自らを救うことが出来たのは、バッシュの存在があったから。
プリメラが自分の技量に分不相応な肥大化した自信を抱いて盲目になっていたことに対して、バッシュは何もしていない。ただ言われた通り、プリメラの指示通りに戦っただけ。誠実に真面目に、謙虚に彼女の理不尽で理の通っていない見当違いの叱責に怒りもせず応え続けたのみである。
でも、その物言わぬ誠実さが、プリメラに自分の未熟さを自然と理解させ、彼女に自分の非を、恥知らずさを受け入れさせたのなら、やっぱりバッシュは英雄なんですよね。
勘違いだけど勘違いじゃない。胸のすく痛快できもちのよい英雄譚でありました。
ほんとに彼には最終的にはちゃんと嫁貰えてほしいなあ。





宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。 ★★★   



【宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。】 安居院 晃/美和野 らぐ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER


魔法士の少年は今日も大忙し! ……何故見てるんです? 姫様

宮廷魔法士レイズには一つ悩みがあった。それは何故か王国の姫様がずっと見つめてくること。目が合うと顔を真っ赤にして走り去る姫様に困惑しつつ魔法士として仕事をこなすが――ちなみに姫様。視線バレバレです。

おおっ、ホントにめっちゃ見てるな、お姫様。ってか、王宮内とはいえ仮にも王女様が一人で出歩いていていいんだろうか。誰かお付きの人とか一緒にいないのだろうか。結構、王宮内では自由というかフリーというか、誰にも縛られることなく好き勝手に動き回れるみたいなんですよねえ。
まあこの辺の王族の行動制限とか身辺警護は、国によって違うでしょうからこの国はそういう緩さがある、という国なのでしょう。
実際、姫様が自由に行動しているのは王宮内だけで、王宮の外にはほとんど出たことがないと仰ってましたしね。外に出ない限りは安全、という考えなのでしょう。まあその割に親衛隊員の行方不明事件とか起こってて物騒なのですけれど。
そして、王都の郊外には魔物がはびこっていて、頻繁に間引きしないと王都まで侵入してくる、というなかなかヤバい環境のようにも見えるのですけれど。あれ? これかなり人類に対して厳しい世界環境じゃないですか? 何気に人類の生存圏狭いんじゃないですか、これだけ魔獣の脅威がヤバいって。主人公のレイズ君、超長距離のロングレンジの魔法を得てとする狙撃系魔術師なのですが、幾ら超長距離狙撃がメインとはいえ、この人王宮から直接狙撃して魔物の駆除してるんですよね……。
届く方も凄いっちゃ凄いのですけれど、王宮から届く範囲で魔物の脅威が日常的にある、というのも相当怖いんですけれど。あくまで狙撃であって、数百キロ飛ばすような弾道弾魔法とか使ってるんじゃないですし。
というわけで主人公のレイズの得意技は超長距離射撃。逆に言うと、近接戦闘はゴミ、とまでは行かなくても一般兵レベルなので簡単に無双、という風には行かないんですよね。しかも、必然的にお姫様をかばいながらの戦闘、というケースが多くなってしまうだけに、尚更苦戦は免れない。そこは、工夫と発想の勝負となってくる。そこに距離を置けば一撃必殺、という強みも持っているのでなかなかメリハリのついた戦闘シーンになってるんですよね。
しかし、レイズを始めとした同じ兵室の面々、やたらと事務仕事押し付けられて明らかに労働過多で過労で死にそうになってるの、彼らの使いみち相当に誤ってないだろうか。いや、本来の使い方をしつつ事務雑務も押し付けてる、というのが正しいんだろうけれど。
かなりブラックな扱いすぎて、ヘイトばかり溜まっていきそうなんだが。そういう扱いをされて然るべき人材達、とも言えるのかも知れないけれど、その割に彼らに対しても自由度は高く設定してるんですよね。それが契約、であったとしても。
本来なら、王宮内であんなふうにお姫様と接触できるのって、彼らが管理対象になっている事を考えると、さらにあんな誓約まで課せられているのを考えると、随分と無防備な話だなあ、と思ってしまいます。厚遇するのか冷遇するのか、えらい中途半端な扱いなんだよなあ。
こういう場合、お姫様はどういうポディションになるんだろう。レイズたちが宮廷魔法士の中でも特殊な任務についている人間たち、というのを知った上で王族として何らかのアクションを見せてくれるんだろうか。たとえば、後ろ盾になってくれるみたいな感じの。
お姫様としても、柱の陰からこっそり覗いているばかりではヒロインとしてもおとなしすぎますもんね。彼女がレイズの事が気になりだした理由というのもまあ王道といえば昨今珍しいくらいの王道で、いやこれ逆にこれからどうするんだろうと心配になるほどでしたし。このまま覗き見して様子を見守って満足しているだけじゃ、話進まんでしょうw せっかく、ちゃんと仲良くもなったわけですし。ってか、お姫様今後どうするかとか特に考えてないんだろうなあ。まあ以前助けてもらったしカッコいいし優しいし、影から見守ってキャアキャアしてたい、という気持ちはよくわかる……かしら。でもそれから先はどうするとか、なにか思案あるんですかね?

ロクでなし魔術講師と追想日誌 9 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 9】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

私が生きている意味はーーこれだったんだ

「Project: Revive Life」から生まれ、グレンに救い出されたリィエル=レイフォード。しかし、彼女には生きる意志が消えていた。帝国に存在を偽り、彼女を育てることに決めたグレンは……


レーンの受難
あんまりクローズアップされないけれど、システィたちの下の世代、一年生たちもちゃんと学園にはいるんですよね。そりゃ、グレンの実態を直接知らず、その来歴だけみたらポンポンと学園のみならず国の危機まで救ってるとんでもない人物だもんなあ。そりゃ、人気も出るわさ。
そんな一年生の女子寮で発生している下着ドロを捕まえるため、セリカ特製の女性化魔法薬によって再び超絶美人女教師となって女子寮を警備することになったグレン。って、これグレン女性化する必要どこにあったんだろう。生徒たちにも極秘に、というわけじゃなく生徒みんなグレンが女となっているのを承知しているのですから。これって単にサービスなだけですよね?


嵐の夜の悪夢
グレン先生、幼少からのトラウマである首なし騎士にビビリまくるの回。教師としての威厳も大人としての立場も男としての面目も投げ売って、ひたすら幽霊ならぬ首なし騎士にビビり倒すグレン先生の醜態W
いやまあ、霊障とかにトラウマある人からすると、怖いもんは怖いよなあ。徹底してシスティを盾にしてるのは笑ってしまうけれど、それだけ耐久力ある盾だと信頼してのことでしょうW
しかしあれだけ良い反応をしてくれると、ドッキリ仕掛けた方もやりがいあっただろうなあ。
そしてセリアは子供相手に深い心の傷を負わせすぎである。親としてはやりすぎです、それW


名も無きビューティフル・デイ
出るたんびに、神秘が薄れて単に突っ張った小娘(チョロい)という本性が発覚していくナムルスの、初めてのデート回。
いやマジで普通にデートしてもらってるだけじゃないですか、やだもう。口では偉そうな尖ったことをイイながら、本当にチョロい。作中随一のチョロさを露呈しまくるナムルス。おまえ、本当にただの小娘だなあ。
逆に言うと、本当ならただの小娘でしかないナムスルが重い役割負わされすぎている、とも言えるのだけれど。
あとちょっと感心したのが、グレン先生。この人やろうと思ったらちゃんとしたデートのプランニングから実践からそつなくやれるんですよねえ。このへん、その辺の経験不足の子供と違う大人だなあと感心してしまった。
ちなみに、ホテルの寝室に連れ込まれた場合、ナムルスちゃん身を任してしまいそうな流れだった件について。君、それがルミアの身体だというのを完全にスルーしてたでしょう。チョロすぎる。


君に教えたいこと
なかなか将来有望な娘が。グレン先生、才能豊かな天才児とその母である未亡人に引っかかる、の巻き。いや、未亡人ではないんだが。
いやまじでこのママさん、最強の刺客じゃないだろうか。13歳の娘がいる28歳のシングルマザーって……あんた、15歳で娘さん産んだんですか!?
政略結婚の挙げ句DV離婚したというのがまた生々しいというか。28歳って全然若いですがな。
このママさん相手だと、グレン先生本気で更生してしまいそうなのですが。イヴをライバル視している場合じゃないですよ、システィとルミア。
しかしここで将来の学院生を出す、というのは将来を感じさせてくれるのがいいですよね。未来において、グレンはまだ講師やっていてウルが入学してくるのを迎えてやれる、そういう希望が見えるじゃないですか。


迷子の戦車
「Project: Revive Life」によって生み出され、関係者の多くが無念の死を遂げる中、独りグレンに救われた人造生命であるリィエル。その人形でしか無い、自分の生きる意思を持たなかった彼女が、グレンと同じ特務室の一員となるまでの。何のために生きるのかを見つけるまでのお話。
と言っても、リィエルはほとんど無気力に横たわっているだけで、そんな彼女の身の回りの世話をして必死に彼女に生きる意思を持たせようとするグレンの霞を掴むような介護の様子をその奮闘と挫折の繰り返しを描く物語になっているわけですが。
しかしリィエルを助けたはいいけれど、彼女の身分保障の偽造やら何やら全部お膳立てしてくれたのってイヴだったんですねえ。グレンをリィエルの世話に専念できるようにしてくれたのも彼女ですし、お互い反発しながらどうしてかイヴが一番のグレンの理解者っぽいんだよなあ。
グレンは昔からイヴは嫌がらせしかしてこないろくな上司じゃなかった、みたいな言い方してたし、イヴの方もグレンのことをずっと反発してぞんざいに扱ってたみたいな述懐してたけれど、短編集だけ見ていると、なんだかんだグレンのフォローしてくれるし支援やら何やら手厚くしてくれてたりするし、かなり助けられてるんですよねえ。
グレンの切なる思い、生きてくれという願いに応え、ようやく生きる意志を得たリィエル。でも、その生きる目的はグレンのため、というただ一点。それは依存の先を変えただけの生き様。結局、グレンはそれを変えることが出来ないまま、彼女を放り出して特務室から消えてしまうのですが……。
こうしてみると、リィエルの成長はシスティのそれとはまた少し違って、独り立ちするための成長なんだよなあ。彼女は自分で守りたいものを見つけ、誰に寄り掛かるでもなく自分の意志で戦い生きる「人」になった。それはもう彼女の生存にはグレンは必要としなくなったということでもあり、そうしてようやくリィエルは一人の女の子としてグレンを追いかける事が出来るようになったのかもしれないのですね。




キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File 2 ★★★   



【キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File 2】  細音 啓/猫鍋蒼 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

アリスと燐の帝国潜入……という名のコスプレ大会!?――『波乱の仮装大会』 ニューイヤーレターを巡って使徒聖たちが大暴れ!!――『天帝直属、最上位戦闘員』など珠玉の短編集第二弾!


「キミと僕の最後の戦場、あるいは炎の芸術家」
部隊予算の使い方が雑すぎる! ってか、仮にも年間予算なんだからお小遣いみたいに使ったらだめでしょう! 事前に使う予定を決めてから予算案だして、実際の予算額引っ張ってくるんじゃないの? 決算ではちゃんと予算何に使ったのか詳細な報告書とか出さないといけないんじゃないの!?
なんか、話だけ聞いていると何に使うか確かめずに一定額を各部隊に与えて何に使うかはお好きにどうぞ、ってなってるように見えるんだけど!?
凄いな帝国軍!
そして、予算が足りなくなったら自弁で稼いでもいいよ、という副業可という内務規定。すげえな、予算使い込んだら自分で稼いで補填したりしてもいいんだ!
元々福利厚生の充実っぷりに瞠目させられていた帝国軍ですけれど、この場合の副業OKという規定はどう考えたらいいんだろう。足りなかったら自分たちで稼げ、というのは闇にも聞こえるけれど、自由に何でも出来るとも取れるんですよね。
まあ、軍隊としては自弁できるってのはヤバいなんてもんじゃないんですけれど。でも、その稼ぎ方が普通にアルバイトだもんなあw


「キミと僕の最後の戦場、あるいは試練の裏切り計画(スパイミッション)」
一部の部隊を敵側と設定しての、施設の防衛訓練。ある意味まっとうな訓練なんだけれど、だから自費で勝手に装備とか増強しないで! 自前の武器を自費で購入、とかは普通にあると思うけれど、高が訓練に金持ちな実家の財産を注ぎ込んで無敵要塞にしてしまうピーリエ隊長。
ミスミス隊長もそうだけれど、帝国の部隊長の選定ってポンコツじゃないとダメ! という原理原則でもあるんだろうか。


「キミと僕の最後の戦場、あるいは波乱の仮装大会(ハロウィンパーティー)」
わりと本編でもイジラレ役な事が多い燐ちゃん、当然短編集でもアリスに無茶振りされて半泣きになりながら恥ずかしい目にあうのでした。仮装はともかく、下着に包帯ぐるぐる巻き、というのは相当にエロいんじゃないだろうか。当初その衣装を着る予定だったアリスは、その豊満すぎる肉体からして完全に見た目でアウトなので、燐くらいでギリギリセーフ。ってそれを舞台上で晒し者にされた挙げ句に包帯までほどけてしまって、という目に遭う燐ちゃん。これはこれで美味しい役どころである。


「キミと僕の最後の戦場、あるいは完全無敵のお姉さま」
なんでか観衆の前でお姫様としての品格対決をすることになったアリス、シスベル、そしてイリーティアのロア家三姉妹。いやいやいやいや、あんたらそんな面と向かって張り合うような仲じゃなかったでしょうが。そもそも、アリスとシスベルに至ってはお互いの猜疑心からまともに会話すらもなく、避けていたでしょうに。短編特有の謎時空だろうか。
ともあれ、ここのイリーティアが加わったことで、妹二人から姉がどんな風に見られているのかが知れたのは良かったかも知れない。こと、異能力以外のすべて、美貌にしてもスタイルにしても教養にしても品格にしても、イリーティアってアリスもシスベルも尻尾を巻いて逃げたくなるほど完璧で完全無欠だったのか。まあ、品格なんぞに関しては、イリーティアがどうこうじゃなく、アリスもシスベルもまあ……なんだ、頑張れ……というくらいのレベルだしなあ。二人が手を結んで共闘したからと言って0.5に0.5をかけても1になるどころか0.25になるんですよ?という話である。
いやでも、半分喧嘩でも普段からこれくらい三姉妹でコミュニケーション取ってたら、もっと普通の姉妹仲になっていたんじゃないだろうか。こんな拗れることなかったんじゃないだろうか。アリスにしてもシスベルにしても、イリーティア姉様のことそれだけ一目も二目も置いていて自分たちではかなわないと痛感していたのですから。


天帝直属、最上位戦闘員
だから、アルバイトで予算を稼がないでw
ついに部隊ごとどころか、軍団ごとでアルバイトしはじめたぞ、この帝国軍。それも、年賀状の配達である。ミスミスたちのいる璃洒のところならまだしも、冥の機構校佞縫諭璽爛譽垢竜々渋茘沙佞泙撚辰錣辰討離縫紂璽ぅ筺爾らの雪の帝都を部隊にしたドタバタ劇。いや、雪降る帝都というシチュエーションなら、政変とか革命とかそういう雰囲気ある展開にならないものでしょうか。
璃洒ならともかく、ネームレスまでこんな話に乗ってくるとは思わなかったw
その挙げ句に大爆発オチである。そりゃ、面白いこと好きの天帝さまでも普通にお説教ですわ。


あるいは世界が知らない予言
イスカとジンと音々がクロスウェル師匠のもとで修行していた頃の話。のちの小隊結成の前日譚にあたるのか。頭が悪い、と名指しされていたイスカ。だが、その愚ゆえに弟子としてすべてを叩き込まれ、ジンや音々は賢いが故にストッパー役として支える役としての役割を与えられていたのか。
本来ならそんな彼らをまとめてくれる大人のリーダーが求められていたにも関わらず、なぜか彼らの隊長になってしまったのはミスミス隊長……いや、なんで本気でこの人どっから湧いて出てきたんだろうw



王様のプロポーズ 極彩の魔女 ★★★★   



【王様のプロポーズ 極彩の魔女】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

世界を統べる魔女の身体と力を手にした少年の、最強の初恋!

久遠崎彩禍。三○○時間に一度、滅亡の危機を迎える世界を救い続けてきた最強の魔女にして、魔術師が通う学園の長。

「――――君に、わたしの世界を託す――」

そして――玖珂無色に身体と力を引き継ぎ、死んでしまった初恋の少女。無色は彩禍の従者、烏丸黒衣から彩禍として誰にもバレないよう学園に通うことを指示されるのだが……。クラスメイトや教師にさえも恐れられ、再会した妹からは兄のことを好きという相談を受ける波瀾の生活が待ち受けていた!

「お静かに。手元が狂います。――いえ、口元が、でしょうか」
さらには油断すると男性に戻ってしまうため、女性からのキスが必要不可欠で!?

「デート・ア・ライブ」のコンビが放つ新世代最強の初恋!
大長編となった人気シリーズ【デート・ア・ライブ】を完結させた橘先生が、新たに送り出してきた新シリーズがこれ。おなじみ、イラストはつなこさん。
新しいシリーズはじめるのは久々なだけに、どうなるかとも思ったのですがそこはさすがベテランというべきか。盛り上げどころというのを把握しきっていて、この一巻の中に見所がどれだけあるか。その上でクライマックスには幾つもの予想外の展開を襲いかからせて、盛り上がる盛り上がる。
まさに怒涛の勢い。
これぞシリーズ開幕のお手本というくらい、理想的な第一巻だったんじゃないだろうか。正直、引き込まれました。現状で既にめちゃくちゃ面白く、これから広がっていくだろう物語はメチャクチャ面白そう、なのですから。
肝心要の主人公・玖珂無色は真面目にぶっ飛んでいますなあ。いや、変態とか異常者の類じゃないと思うんですよ、多少頭おかしいだけで。
デート・ア・ライブの士道はあれで基本無味無臭タイプだったんですが、それと比べると明らかに頭おかしいです。まあ橘さんの作品の主人公は基本頭おかしいので、それらと比べると大人しい部類なのでしょうけれど。ましてや、橘作品のガチの変態たちはガチの変態なので、それこそ比べるまでもありません。それと比べてしまうと大概のキャラは常識人になってしまうので、相対的に見ると無色も常識人に違いありません。
いきなり死にかけている女の人を見て一目惚れしてしまっている時点でどうかとも思いますが。
そして、自分も殺されかけた上で意識を取り戻したらその一目惚れした女性・彩禍に自分がなってしまっている、というとんでもない状況に驚く前に彩禍さんとお近づきになれた(融合してます)わーい♪ となっている時点でどうかしていると思いますが。
それだけでもとんでもない状況なのに、そこから久遠崎彩禍に成り代わり、周囲にバレないように魔術の学園の理事長になったり平均300時間に一回世界滅亡の危機が訪れているこの世界を救ったりしなければならない、という立場に追い込まれてしまった無色。
まるで知らなかった世界の現状に魔術という要素、そして突然世界守護の要として彩禍の代わりを勤めなければならない、という状況はかなり追い詰められたもののはずなんですが、無色ってわりとこれを卒なくこなしていくんですよね。普通ならパニックになって焦って周囲からどうしたんだろうと変な目で見られながら、自分の無力さに打ちひしがれて、なんていうイベントをこなしていくのがテンプレートだと思うのですが。
無色の場合、彩禍さんの代わりを見事務めたら彩禍さん喜んでくれますっ!というウキウキ感でサクサクっとこの辺軽くこなしていくの、彩禍しか眼中になくて、うんヤバいやつですね。
これで、自分のものになってしまった彩禍の身体とか自分で弄って喜んでたりしたら変態なのですが、そういう変態性は全然ないんですよね。無色くん、紳士である。究極的にお近づきになれたのに、彩禍を自分のものにしたという認識だけは絶無なわけだ。
後々、彩禍が戻ってきた時に良い印象を持ってもらえれば、くらいの控えめな立ち居振る舞いですし。その意味では、わりと傍観勢というか推しは積極的に絡まず距離をおいて愛でるべし、派なのかもしれない。その上で、よければお近づきになりたい、という気持ちもある、という体で。
そう考えると、妹の瑠璃と趣向はそっくりという事なんですよね。彩禍信者の瑠璃の、あの彩禍萌えで彩禍のことになると頭おかしくなるのに、ちょっと関われただけで大満足してるってな感じの瑠璃のあの彩禍への距離感というか態度みたいなの、まんま無色にも当てはまるんじゃないだろうか。
無色の場合はもっと達観しているというか、彩禍や黒衣が若干引いてしまったり置いてけぼりにされるほど、彩禍推し、彩禍ラブで突き抜けているのですけれど。
いずれにしても、頭おかしい方向性で無色と瑠璃って、確かに兄妹だわな。そっくりだわ!

この自分ではどうしようもない状況に放り込まれながら、振り回されるどころかわりと周囲を振り回しまくる無色。そんなマイペースにガンガン突き進む無色=彩禍の行状に魔術師養成機関<空隙の庭園>は大混乱、という学園コメディでありつつ。
世界は平均300時間に一回滅びの危機に襲われている、という「週刊世界の危機」を上回るペースでえらいことになっている世界の裏事情。それを陰ながら防いでいる魔術師という存在。
なにより、世界最強の魔女、誰も敵うことがない無敵の存在を殺したのは一体誰なのか。様々な謎が、その驚愕の真相と新たな謎を伴って怒涛の勢いで襲い来るクライマックス。
登場人物も主人公の無色をはじめ、見事に最初から個性的で色づいていてキャラ立ちしていました。
あのヤンキーみたいなやさぐれてガラ悪い兄ちゃんなのに授業内容めっちゃ真面目で堅実なアンヴィエット先生とか大好きですw と、現状唯一無色以外の男キャラだけどイイキャラしてますわー、アンヴィエット。うん、とそれ以外のヒロインたちも色んな意味で出揃ってますし……瑠璃は単純なコメディからラブコメから兄バカに彩禍信者という頭おかしいキてるキャラな上にシリアスなバトルまで全部一線級でこなしてしまうので、ちょっと万能すぎやしませんかね!?
そして、唯一彩禍=無色という秘密を知り、その傍らで彩禍の身代わりをする無色のサポートをしてくれる烏丸黒衣の見事なツッコミの数々w
うん、本当の面白かった。一巻から見事に掴んでくれました。物語の行く先として特大の爆弾を置いていってくれた一話の黒幕に、ラブコメとしては常に爆弾の導火線に着火しつづける無色くん。
これは続きが楽しみです。またぞろ、でっかいシリーズになりそうだ。


転生王女と天才令嬢の魔法革命 4 ★★★☆  



【転生王女と天才令嬢の魔法革命 4】  鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

結ばれた二人の、そのあと。

王位継承権を得て、王になる未来に向かうユフィリア。しがらみから解放され、研究を続けられるアニスフィア。望む未来を掴んだ二人の、王宮百合ファンタジー。イチャイチャに研究にと盛りだくさんの第四幕!

ユフィさん、エロエロすぎですぅ。完全に肉食と化し虎視眈々とアニスを(性的)に食らうその時を待ちわびているユフィさん。毎日同じベッドで寝てチュッチュと魔力を吸いながら最後の一線は我慢しているあたり大変な自制をなさっている事は理解できるのですが、ほらー我慢してるんですけどぉ、アニスはいつになったら許してくれるんですかねえ、とばかりにプレッシャーかけまくって目前で舌舐めずりをしながらペロペロチュッチュして摘み食いは欠かさないあたり、アニスが完全に陥落するまでの過程を楽しんでいるようにしか見えないのでした。
いや、一巻の頃のユフィを思い出してみると誰だよ、というくらいの攻めに回ってしまったユフィである。色んな意味で女王様だよ、この娘ってば。
いや、3巻読み終わった段階ではガールズラブと言ってももうちょっとマイルドで大人しい女の子同士の親友からの延長上にある愛情かな、と思っていただけにユフィのガツガツっぷりはさすがにビビりました。
アニスもビビってるじゃないかw
とはいえ、アニスも女王となるプレッシャーから解放され、ユフィともどもシリーズはじまって以来の二人してメンタルが安定している状態なんですよね。そういう意味ではようやく穏やかな日常パートがはじまった、と言えるのですが、ユフィの王位継承が決まりアニスがその補佐として働くことが決まって、精霊の真実が明らかになり、王国の政治改革魔法改革が本格的にはじまったことで、国内の緊張が高まっていて、早々呑気にしていられる状況でもないんですよね。
ユフィは既に各組織感の調整に走り回っていますし。

そんな中で特に反発が激しくなっているのが魔法省。軍部の支持が高いアニスだけれど、魔法が使えないことを端緒にして昔から魔法省とは深刻な対立が続いていて、感情的にももつれていたところに、今度の改革によって国内の精霊の位置づけや魔法使いという人種の地位の低下が懸念されることで、魔法省が内部で大きな混乱を抱えることに。
将来的に魔法の地位や存在価値そのものが失われてしまう、というのは魔道具の普及や魔法を使えない平民の地位向上なんかが起これば、いずれ地殻変動として起こるものなんだろうけれど、さすがにまだそれは将来の話で今から混乱する話でもないと思うんですよね。まだ魔道具の普及ははじまる以前の段階だし、現状王国の政治や各領地の運営を行っているのは魔法使いである貴族たち。文官、つまり官僚であり代官であり領主である彼らのスキルや経験は早々失われるものではなく、今から平民の台頭を恐れてバタバタするというのはさすがに過剰反応じゃないかなあ、と思うんですよね。
そりゃ、早いうちから身の振り方は考えていた方がいいのは確かですけれど、10年20年のスパンで起こることでしょうし、それでも早くてという冠がつくもので、現実的には50年、100年スパンなんじゃないだろうか。世代交代が2,3回進んだくらいで徐々に様相が変わってくるくらいの。
それなのに、今の段階から魔法省が実務から遠ざかって魔法を使ってしか出来ない儀式や儀典を執り行う部署、というえらい職掌の狭い、名誉職的な象徴的な実権を持たない役職になろうとしているのは、何はなくとも急ぎすぎなんじゃないか、と思ってしまった。
いや、別にユフィもアニスもそこまでせえ、とは全然言ってないのに、魔法省側がせかせかと事を進めてしまっている感じで。無意味な抵抗勢力を引退に追い込むのはユフィとしても大変助かるのでしょうけれど。
下手したら実務官僚が根こそぎこれまでの仕事から遠ざかってしまって、えらいことになってしまうとかないだろうか、と心配になってしまうくらい、なんか魔法省の面々の身の処し方が潔すぎて、危機感がありすぎるのもちょっと問題じゃないかなあ。
まあ、ユフィやグランツ公が使える官僚とか逃さないでしょうけれど。

さて、王国の政権体制が刷新され、ついにユフィが王位継承を受けて女王に即位することに。
現王から、本来王権を継ぐはずだったアニスへとまず王冠が渡され、そのアニスからユフィの頭に冠が被せられ、正式に王位が継承される式典……と、粛々と進んだ儀式がさいごのユフィの即位演説で……堂々と公の場でアニスに愛の告白をして生涯を誓ってしまうユフィニア女王陛下。
なんか、継承式がユフィとアニスの結婚式に様変わりしちゃったんですけど!
いいのか、二人のお父様方!?
いや、ユフィさんてば精霊契約者になった以上、不老長寿になったので実質後継者とか必要ない、或いは将来養子を取ればイイ、ってな事考えているのかもしれませんけれど、ここまで堂々と百合百合であることを宣言してしまうとは。前代未聞!
なんか、アニスの従者であるイリアとレイニまで百合が成立してしまって、いやイリアさん年齢差!
思えば、アニスとユフィの出会いからして、婚約破棄され糾弾されているユフィを、窓を割って現れたアニスが颯爽と掻っ攫っていく、というお姫様と王子様みたいなはじまりだったわけですけれど。
この二人はもっと普通に親友同士になると思っていただけに、本当にアニスがこの娘は貰っていくぜ、という言葉通りになってしまうとは思わなかったなあ。
まあ、お姫様と王子様の立場の方は見事に逆転して、ユフィの方が熱烈な攻め王子様になってしまったのですけれど。いや女王様ね、うん、女王様。
そして、ついに観念して女王様に食べられちゃうお姫様でした、めでたしめでたし。


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 19 ★★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 19】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

幾年の時を超えーー伝説の時代に、グレンが駆ける

ついに姿を現した魔王から逃れ、導かれたのは超魔法文明時代。失踪したセリカを取り戻すため、伝説の時代を駆け回るグレンとシスティ。圧倒的な実力差戦いに巻き込まれる2人は、この時代で新たな力を手に入れる!?

5853年という途方も無い時間を隔てた巡り会い。それは運命の出会いであり、きっと世界を救う出会いだった。でもそれ以上に、ただ一組の家族が生まれた出会いだった。
グレンにとって、セリカは大切な家族と呼んで憚らない相手だった。実際、グレンもセリカもお互いに公言して止まなかったし、お互いがどれだけ大事で掛け替えのない人なのかを、どんな深い想いを抱いているかを彼らはその言葉で、その態度で、その熱量で表し続けていた。
でも、その関係性をはっきりとした言葉で語ることはなかったんですよね。家族といいつつも、どんな家族なのかは言わなかった。もちろん、語らずとも言葉にせずとも、グレンがセリカをどう思っているのかは伝わってきていたんですけどね。グレンをセリカがどんな風に愛しているか、あからさまなくらいでした。
でも、それを言葉にはしてこなかった。
ずっと、この瞬間のためだったんでしょうね。これだけ長くシリーズ続いたにも関わらず、この瞬間のためにずっと温めてきていたのか。

そんな風にグレンが、セリカを呼ぶときは。その関係が終わるときだと考えていたのだろうか。
母さんと、グレンがセリカを呼んだ瞬間、様々なものが決壊した。それはわかりきっていながら、決して二人共表に出さなかったもの。図らずも、セリカを母と呼ぶことでグレンは巣立つ事になったのだろう。親離れで、子離れだ。いつも、最後の最後のラインでグレンのことを見守り続けてくれていたセリカ。時々、最後の最後どころか過保護なモンスターペアレント並にラインオーバーしまくって前に出てきたときもあった気がするが、それはそれとして、本当に最後のところでセーフティーネットとして、グレンの庇護者で居てくれてたんですよね。グレンが心を壊したときも、セリカが守り続けてくれた。
すでに自立し独り立ちしたグレンだけれど、帰る所はずっと在り続けていたのだ。安らかな気持ちで眠ることのできる場所を、セリカはずっと守り続けてくれていた。
そこから、彼はついに巣立つことになる。その胸に、本物の正義の魔法使いの姿を宿して。誰よりもカッコよく憧れた、あの女性の姿を焼き付けて。
グレンにとっての、生涯の命題であるのだろう「正義の魔法使い」としての在り方についても、この超古代文明時代を駆け抜ける中で、一つの答えにたどり着くための道筋を見つけたみたいだし。

グレンにとって、大きな区切りであり、リスタートとなる回だったんじゃないだろうか。
過去の世界に実際訪れることで、これまで謎とされていた部分、様々な伏線がぐるりと円環を描いて繋がった部分もたくさんありますし。だいぶ、ストーリーラインの設定周りもスッキリしたんじゃないでしょうか。ナムルスの正体はもとより、その態度についてもその発端がこの時代に起因していた事がよくわかりましたし。
しかし、イグナイト家はちょっと長く続きすぎじゃないですか!? 実質6000年近く連綿と続いたことになるぞ、あの一族。

そしてもうひとり、ついに魔将星の領域にまで至ることになったシスティ。成長物語として見たら、間違いなくこの娘がこのシリーズの主人公なんですよね。あの、初めての実戦でべそかいて心折れまくって泣きじゃくって何も出来なかった娘が。才能としても、おそらく一般的な秀才の域を出なかった娘が。挫折を繰り返し、努力を重ねて、実戦をくぐり抜け一つ一つ、一段一段着実に堅実に階段を登り続けてきたんですよね。決して一足飛びに段を飛ばさず、本当に一段一段丁寧に。システィがここに至るまで描いた成長曲線は、掛け値なしに美しいと思います。名実ともに、作中でも最強ランクにたどり着いたんだよなあ、この娘。もうすでに特務分室でも十分やってける実力になってましたけれど、ここでガチに次のステージに駆け上がったもんなあ。さながらそれは、星が天に昇るようにして。

ちなみにセリカ、まだワンチャンあると思ってるんですよね。どうにもそれらしい伏線が、この19巻の中にありましたし。
さて、舞台は現代に戻ってついに復活した魔王との決戦に。着々とラストに近づいてきたのが実感されます。


公女殿下の家庭教師 6.慟哭の剣姫と南方戦役 ★★★☆   



【公女殿下の家庭教師 6.慟哭の剣姫と南方戦役】  七野りく/cura 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

あいつが隣にいない世界なんて、私はいらない

アレン、生死不明。凶報を受けた彼の教え子たちは、それぞれ王国を巡る陰謀が動いていることに気づく。リディヤがいる南都でも、侯国との開戦が近づき――。アレンの隣に立つため、リディヤは自ら剣を握る!

この表紙のメスガキっぽい娘さん、リディヤだったの!? 髪切ると途端に見た目幼くなるんですね。ある意味、見た目相応だった、という事なのかもしれませんが。見た目もティナたちの方に寄ってしまった感がありますし。

東都動乱でリチャード公子と近衛騎士団と共に獅子奮迅の働きを見せるアレン。獅子奮迅というよりも、死に体になりながらの決死行というべきか。
取り残されていた獣人の領民たちをなんとか救出してくるも、彼に向けられたのは嫌悪と罵声でしかなかった。と、言ってもそれを行ったのは族長クラスの保守派の老人たちだけなのですけれど、彼らは獣人族の指導者層である事は間違いなく、長らく彼らのそうした意思こそが獣人族全体の意思でもあったんですよね。アレンにとっては、彼らこそが自己否定の象徴だったわけだ。
人間でありながら獣人の両親に育てられた存在。でも、人間としても認められず、獣人としても受け入れられず、ずっと中途半端に虐げられ突き放されてきた存在。
彼の自己肯定感の低さの理由がようやくわかってきた気がします。正直、両親や獣人の友人たち、親身になってくれた獣人の大人たちをはじめとして、アレンを全肯定してくれた人達は枚挙にいとまがないと思います。人間の社会の方に出てからも、リンスター家やハワード家のように全面的に彼を受け入れ、それこそ家族同然に受け入れてくれた人達は本当に本当にたくさんいたんですよね。肯定しすぎだろう、というくらい彼の能力も人柄も人格も全部まるごと受け入れて認めて称賛して肯定してくれていた。
にも関わらず、彼にはどうにもそんな肯定が響いていた様子がなかった。穏やかに笑っていながら、心のどこかで自分に与えられるそれに実感を感じていないようだった。自分に向けられる温かい感情を尊く感じながら、どこかでそれを受け取る権利がないように思っているようだった。
確かに、アレンへの肯定は彼を救っていたのだろう。でも、彼にかけられた呪いは厳然として彼を犯し続けていたのだ。
それを植え付けたのが、あの元族長達の罵声に象徴される「否定」だったのだろう。
結局、誰も彼にかけられた呪いは解けなかったのだ。悔しいだろうな、虚しいだろうな。どれほど言葉を尽くしても、心を寄せても、本当の意味で彼の根源には届かなかったのだから。
アレンの両親の慟哭が、リチャードの悲痛な叫びが、胸に突き刺さる。
ハワード公爵家やリンスター公爵家の面々が、アレンMIAの報告にあれだけブチ切れた理由の片隅には、同じくこの「悔しさ」があると思うんですよね。
アレンが与えてくれたものに対して、自分たちはそれに見合う「報い」を与えてやれていなかった。彼を本当の意味で「救う」ことが出来ていなかった。結果として、むざむざと彼を死地に踏み出させてしまった。それが必要な決死だったとしても、自分の価値を低く見て捨て駒にする形で放り捨てさせてしまった。君が大切だ、君を大事に思っている、君を愛している。家族のように思っている。その想いに彼は確かに応えてくれたけれど、その応答がこんな形であったということが。愛情に報いるために、自分を投げ捨てる形であったなんて事は。
悔しいじゃないですか。
彼をこんなつまらない事で喪わしめようとした相手は当然万死に値するし、彼にそんな選択をさせてしまった自分たちには怒りを禁じえない。
ブチ切れる要因としては、煮えたぎる原因としては、十分以上でしょう。一族まるごと、完全に火がついてしまうあたりに、リンスターもハワードも逆鱗に触れられた龍と尾を踏まれた虎の如き、完全にヤベえ一族だというのがよく伝わってきます。
個人的には、リディアにこそ何やってたんだ、と言いたくなる所ですけどね。アレンがいなくなってぶっ壊れてしまうほど依存しておきながら、結局アレンを引き止められるだけのものを彼に刻めていなかったんですから。
アレン様なら絶対大丈夫、と無事を疑いもしていない人達もそれはそれで信頼というよりも信仰に近いものを感じ取ってしまい、どうかと思うのですけれど。
自己肯定の低さから、惹きつけるだけひきつけ魅了するだけ魅了しておいて、釣った魚には餌をあんまりやらないアレンも悪いっちゃ悪いのですが。責任ちゃんととって関係中途半端にしていなかったら、もう少し彼女たちも覚悟みたいなものが定まっていたんじゃないかなあ、と思わずにはいられないのでした。

せめて、アレンの破滅的な献身を目の当たりにしてようやく心改め、彼と運命をともにして謝罪した元族長たちの言葉が、根源であり起源である彼らの拒絶と絶対否定が終わりを告げ、獣人種族がアレンを受け入れたことで彼の呪縛を解けてくれていたら、と願うばかりです。

七野りく・作品感想

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください ★★★☆   



【母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください】  夏色 青空/ 米白粕 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

俺のことが好きすぎる母親のせいで、人生がハードモード過ぎる!

母・美礼が書いた母×息子の近親相姦エロラノベが大賞を受賞した。なぜか俺が受賞したことになってた。……いやふざけんな!? しかも同期受賞の現役JK作家は俺が好きなあいつで――あ、終わった。人生詰んだわ。

後半に行くほど加速度的にテンポが良くなりリズムに切れ味が増していくぅ。いやこういう勢いマシマシの畳み掛けるようなテンポのコメディは結構好みなんで楽しかった。
最初の頃は結構手探り感あったんですよね。
なにしろ、大賞を受賞したものの、ヤベえ内容過ぎて社会的に死ぬので息子に自分の身代わりになってくれ、と頼む(事後承諾)母親とか、完全に毒親に見えるじゃないですかー。
しかもなかなかいい具合に壊れたお母様で、あんた世間体とか気にするようなタイプじゃなかろうに。書いたの小説じゃなくてノンフィクション(予定)のつもりだったんじゃないだろうか、と思えてくるぐらい、ガチの息子ラブ。ってか、この主人公これまで貞操は大丈夫だったんだろうか。わりと真面目にこの母親危ないと思うんだけど。
ともあれ、母親の身代わりに作家としてデビューする羽目になった霜村春馬。その名も「種付けプレス」というどこに出しても恥ずかしい雄大無辺なペンネームである。昨今エロ小説家でもエロ漫画家でもこれほどダイレクトなペンネームの人、なかなかいないんじゃないだろうか。
と、思ったらこの業界キメセク先生とか立ちバック先生とか緊縛セーラー服先生とか、同類は枚挙にいとまがないようで。この世界のライトノベル業界どうなってるんだ!?
というかこれ、わりとエロラノベの社会的立場が確立されてるんじゃないだろうか。エロラノベ部門とか大々的に他のジャンルに負けない勢いで出版社あげて授賞式とかやってるわけですし。
キメセク先生がラノベ界の神として崇め奉られてるくらいなんだし。

それはそれとして、授賞式を通じて先輩作家たちと知り合い、そこで業界の闇ならぬラノベ作家たちが抱える心の歪みや人生を傾がせる後悔を目の当たりにするのである。
授賞式直後の新人作家に何を背負わせているんだ、と言いたくなる先輩たちの絡みっぷりだ。受賞作の改稿とかデビューにむけての準備とか本当なら忙しいんじゃないんかい!
なぜか、速攻で作家人生を賭けて先輩作家との執筆バトルに挑むことになってしまった種付けプレス先生。まあ春馬は本当は種付けプレス先生じゃないのですし、自身デビューに向けて何度も投稿して三次あたりで容赦なく落とされる日々を送るラノベ作家志望に過ぎないので、むしろ自分の可能性を突き詰めるための手段として、千里エビデンス先生とのバトルは登竜門でありラストチャンスにも成り得る機会であったわけですけれど。
ともあれ、家庭の事情から家族愛を徹底して否定する千里先生。それは、家族愛をテーマにした種付けプレス先生の受賞作や、同時受賞した同級生のカリン先生の作品のテーマを根底から否定するものであり、骨子を捻じ曲げてでも改稿しろ、と迫る千里先生に敢然と否を突きつけるために必須の決戦ではあったわけだ。
このあたりから物語が軌道に乗ったのかスイスイと話が転がり始める。それに合わせて、作品そのものの勢いが加速度的に増していくんですね。会話掛け合いのテンポがどんどんと早くなり、ボケツッコミの連鎖も畳み掛けるようなリズムへと発展していく。
主人公の春馬も、母親に振り回されているだけの受け身の主人公ではなく、こいつはこいつでわりと言いたい放題思ったことを言いまくるヤバいやつなんですよね。先輩だろうが大人だろうが関係なし、勢いとノリで思ったことをズバズバと指摘し、言い放つ一言居士。年下や後輩という立場に甘んじで言葉を濁したりしない、なかなか度胸の据わった男なのでツッコミの切れ味たるや辻斬りもかくやという所なのである。
わりと勢い任せに生きているような節もあるし。
そもそも、彼が小説家としてデビューを目指しているのは、同級生で読書仲間で高嶺の花である同級生、今となっては同期の作家となった凛夏に、一端のプロの作家になって告白するぜ、という志?からだったはずなのに、この男そのへんの動機のこと途中から忘れてやしなかっただろうか。目の前の執筆バトルやら何やらに夢中になって、どんどん凛夏の扱いが雑になっていってるしw
まあ、この凛夏さんが面白いことに雑に扱われることで輝く系のヒロインだったのですが。

実は売れっ子イラストレーターだったという引きこもりの妹も含めて、この母にこの子あり、と言った感じで母一人子二人のこの霜村家、ほぼほぼ勢いとノリだけで生きてやしないだろうか。最初の頃は母親だけ変なのかと思ったけれど、ちゃんと親子だったよこの一家。
というわけで、後半あたりになるとほどこの霜村家が作品のノリを支配してしまったかのような怒涛の勢いで、小ボケとネタが叩きつけられツッコミが応酬し、なんかもう大騒ぎでついつい楽しんでしまいました。
はじめの段階では母親がアレすぎるし、シモネタもポンポン放り込まれてちょっと引き気味に読んでいたのですが、勢いつき出してからはなんだかもう面白くなってしまって、いやあこういうパワフルさ、強引なくらいの勢いはコメディ作品には大事ですよね、というのを再認識した次第。
これだけドタバタやってくれたら、ひたすら楽しかったです。


スパイ教室 04 《夢語》のティア ★★★☆   



【スパイ教室 04 《夢語》のティア】  竹町/トマリ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

絶望の底にいるとき、英雄は駆けつけてくれる。

宿敵である謎のスパイチーム『蛇』の尻尾を掴んだクラウスは、その正体を暴くため敵の潜伏場所へ『灯』全員で向かう。しかし一同に待ち受けていたのは、恐怖渦巻く戦場に、想像を絶する強大な悪だった……。

わりと前回もティアがメインで話が進んでいたような気もするけれど、今回はさらに突き詰めて描かれる文字通りの「ティア」の戦い。紫蟻という凶悪な敵と彼が率いる軍団と「灯」全員との絶望的な戦いが描かれるのだけれど、それとは別にティアには容赦なく「現実」との戦いが突きつけられる。
ある種正しくスパイたらんとしている他のメンバーたちと比べて、彼女は明確な目的と理想を持ってこのスパイの道に足を踏み入れてきた。ティアにとって、スパイになるというのは目的を叶える手段なのだろう。彼女だけが、国家の狗であり駒であるという枠組みを越えた理想を抱えている。
ヒーローになりたい、という理想が。かつて、自分を救ってくれた英雄のように、絶望の底にいる人を救う者になりたいという願いが、彼女の胸には熱く輝いている。
しかし、理想はいつだって現実に否定される。冷酷非情な現実はティアの理想を徹底して否定し、踏みにじる。その現実を押しのけて理想を兼ねるだけの力を、ティアは未だ持ち得ない。自分の未熟さに、見通しの甘さに、何よりどんどんと実力を増している仲間たちに追いつけていないのではないか、自分だけが足手まといになっているんじゃないか。そんな実感がティアを萎縮させ、悩ませる。
そんな折に、蛇のエージェントとついに直接対決と相成ったわけだ。
図らずも、彼女らが訪れた街はかつてティアの英雄だった女性が姿を消した場所だった。彼女の理想の原点だった人が潰えた街だった。なにより、英雄を殺した者こそが蛇のエージェント、紫蟻という外道であったのだ。
迷うティアを追い詰めるように、紫蟻の罠は次々と仲間たちを絶体絶命の窮地へと追い詰めていく。クラウスの実力は圧倒的だけれど、彼は一人しかおらず街の各地で危地に追い込まれていく仲間たちをすべて救って回れるだけの余力はクラウスにも持ち得ない。
すべては、ティアの手にかかっていた。彼女が差し伸べる手の先にこそ希望はあった。
そうしてティアは巡り合うのだ。ティアの英雄だった人が、自分に遺してくれたものに。託された思いに。預けてくれた願いに。
さあ、理想を掲げよ。その胸に宿る熱き灯火を振りかざせ。そうして、君の目に映る求める絶望を、悲嘆を救ってみせろ。
きっと、彼女の掲げる理想こそが、その胸に灯る炎こそが、皆にとっても「灯」なのだ。だから、スパイの少女たちはみんなティアを信じている。ティアに期待している。置いていかれているなんて、とんでもない。貴女こそが、彼女たちの先導者なのだ。灯を掲げて、皆の行く先を照らす者。
それが《夢語》のティアの在り様だった。
前巻の感想で、ティアの見ている視点というか立ち位置は、クラウスに近いんじゃないか、と書いていましたけれど。なるほど、正しくティアこそが蛇との因縁においても、見ようとしている場所としても、パートナー足り得たのか。クラウスがティアに期待していたものを、彼女は結果として上回って見せつけてくれたのかもしれない。


魔王2099 2.電脳魔導都市・秋葉原 ★★★★   



【魔王2099 2.電脳魔導都市・秋葉原】  紫 大悟/クレタ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

伝説の魔王――奇怪なる進化を極めた“秋葉原”に君臨する!

秋葉原市。革新的な発展を続ける“電気街”と古き伝統を重んじる“魔法街”が対立構造を呈する未来都市に、魔王・ベルトールは降臨した……超名門学園への留学生として。新たな舞台を駆ける、未来の魔王譚第二幕!

魔王ベルトールさま、ゲーム実況動画の配信者を生業としてしまったために、頭ゲーム脳になっちゃってるよ!
前回で電脳ジャックして顔と名前を売りまくったお陰もあって、登録者も増えまくってるのか。300万というのが多いのかどうなのかわからないけれど、金銭的な収入的にも魔王信者として魔力供給源としても、この数は生活の余裕に繋がるには十分なのだろう。
そろそろ、マキナのヒモからは脱出できたんでしょうか。というか、マキナも不死者という身分証明が出来ない立場なのでフリーターという不安定な職にしかつけなくて結構カツカツだったのですから、逆に養うくらいの甲斐性を魔王様には見せてほしい所です。
というわけで、目下の目標は行方不明の魔王軍大幹部七魔侯の面々の行方を探すために、魔侯の現在の状況がわかるという散逸している魔侯録の確保。その一つが秋葉原にある魔法学校の宝物庫に収められているということで、物語はいざ異世界魔法学園編へ!
ベルトールって見た目の年齢二十代前半くらいかと考えてたんだけど、学生でもいけるの!?
教師枠とかいう変化球ではなく、直球で転校生としてマキナと高橋を引き連れて秋葉原の名門魔法学園へと乗り込むベルトールたち。魔力計ふっとばしたり因縁つけてきた貴族っぽいのをふっ飛ばしたりと、ノリが完全に転生モノの異世界学園無双なんですけど!
そこで出会うは秋葉原御三家の一角の跡継ぎにして、没落した貴族家のご令嬢。これでお家復興のために意気軒昂、というのならそのまま転生学園モノのパターンなのだけれど、彼女山田=レイナード・緋月はどちらかというと落ちぶれ自身も落ちこぼれ、本来は快活活発な人柄なのだろうけれど、諦観と周囲からの悪意に心へし折れている状態で、鬱々と日々を過ごしている娘さんなんですよね。
それがベルトールに目をつけられたことによって、散々振り回されるうちに鬱屈を無理やり振り払われ仄かに楽しくなってきて、心に明るさを取り戻していく。
こちらはどこか乙女ゲーのようなノリなんですよね。
緋月って娘は同世代からは孤立して疎まれ見下されているし、両親は秋葉原という地をめぐる政治的なゴタゴタのせいで亡くなり、家自身も没落してしまったものの、緋月自身は御三家のうちの二家の当主の二人から目をかけられ、可愛がられているんですよね。
ありそうな展開として下心ありの付き合いだろう、親身になっているふりをして緋月が持っていると思しきレガリアを狙っているんだろう、と思いきや、このゴブリンの大親分とフルサイボーグ化したエルフの学園理事長という二人、本当に心から緋月の事を実の娘のように可愛がって心配して世話して面倒みようとしてたんですよね。
だからこそ、余計に悲劇的になるのですが。
緋月も自分に注がれている愛情をちゃんと知っていただけに、心折れて鬱屈を抱えてしまっていてもそこから歪まず僻まず屈折せずにじっと耐えていられたんでしょうなあ。
ある意味、その愛情こそがしがらみとなっていたのかもしれませんけれど、彼女にとっては二人からの愛情は救いであり支えであったのは間違いないはず。両親が遺してくれた愛情と指針だけでは、思春期の娘さんが我慢できるものではなかったでしょうから。

しかし、ここから「学校に突然テロリストの集団がー!」という定番のアクションサスペンスまで盛り込んでくるとは。
1巻でもファンタジーにSFをごたまぜにした挙げ句にサイバーパンク、というやりたい放題な詰め合わせでもって作品自体を賑わせた本作ですけれど、2巻をまったく同じ基盤に乗っけたまま先にすすめるのではなくて、こうやって違う種類の山盛り詰め合わせのやりたい放題で来るとは思いませんでした。
このカオスを、しかし魔王ベルトールのキャラは易易と波乗りこなすんですよねえ。魔王さま、常にノリノリである。どんなウェーブが襲ってきても、全部ベルトールの世界にしてしまうんだよなあ。そこんところ、存在強度がやたらとつよいです。どんな波が来ても、ノリノリで楽しそうに乗りこなして我が物にしてしまう。おかげで、ひたすら面白い。
それにこの人、魔王と名乗っているけれど覇道の人ではなく王道の人なんですよねえ。信義にあふれた義侠の人ではなかろうか。好漢でありカリスマでもある。そりゃ、周りに人も集まりますわ。この男に任せた、と言われる事が何よりの喜びになってしまう。何気に人を乗せるのもうまいですしねえ。
ともあれ、あの裏切り者マルキュスも所属していたという組織の暗躍が発覚して、黒幕の存在がにわかに浮き上がってきました。
魔侯たちの行方も含めて、話も順調に広がってきた。
しかし緋月ってば、あの欠片を中に残したままだと勇者と魔王の両方惹かれてしまうことになるんじゃないだろうか。彼女が乙女ゲーの主人公ならそれも順当なのかもしれませんがw


少女と血と勇者先生と ★★★   



【少女と血と勇者先生と】  蒼木 いつろ/POKImari 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

蘇りし勇者の指導の下、勇者候補の少女たちは激突する

勇者・クロムは世界を救い、そして死んだ筈だった。 だが《生ける屍》として現世に呼び戻され、少女より「私を《勇者》にしてください」という願いを受ける。その願いの裏には、ある悲しい理由が隠れていて――

これって世界を救う勇者の話なんだけど、作品としては世界はわりとどうでもいいって感じなんですよね。あくまで、勇者という立場にまつわる個人のお話。
勇者クロムと、彼の後継となる新たな勇者候補生の三人の心の納得の話なのだ。進行上、世界は瘴気が漏れ出てくる裂け目の侵食によってピンチなんだけど、あくまで舞台設定でしかなくて、刺身のツマなんですよね。究極的に、メインの登場人物たちにとって世界を救うというのは前提でしかなくて、それを成すための「勇者」という立場に対してそれぞれが抱いている複雑な心境を整理し昇華していく事が話の肝となっている。
そこには、根本的にこの世界の裂け目が出来るのを止めるとか、人柱や生贄も同然である勇者というシステムを変える、という意思は存在しない。与えられた役割を敷かれたレールの上を走った上でゴールまで走って使命を果たす、だけなんですよね。
クロムは仲間を戦いの中で無為に失い、勇者として生きてきた意味を見つけられず虚無を抱えたまま死ぬことになる。その上で死霊術師の友人にアンデットとして期間限定で復活させられ、仲間の妹を勇者候補として鍛えて本物の勇者に仕上げるよう頼まれ、妹を立派に育てることで勇者という存在が人類にとってどれだけ大切かを見つめ直し、次世代の勇者を育てる事で自分が生きてきた意味を見出す、納得を得て満足して消えていってしまうのですけれど……。
登場人物たち当事者の間合いに入って見ていれば、それは生きた意味の証明、大切な人の遺志や在り方を受け継ぐ継承の物語として整っているのだけれど、一歩後ろにさがって世界の物語として見ると世界の危機は何も変わっていなくて、勇者という生贄のシステムが変わらず引き継がれ、封印が成功しても短いスパンで裂け目が復活して同じことが繰り返されていく、という地獄めいた状況が続いていっているだけ、に見えるんですよね。
新たな勇者となりクロムとともに再び封印に成功し、師匠の名誉を回復したライラ。でも、また何年かすれば同じように裂け目は復活し瘴気が溢れ魔物が増殖しだしたら、また同じ旅に出て聖剣が使用者の生命を削る代物である以上、今度は助からないかもしれない。また新しい勇者候補が選ばれ、ライラはその娘に高潔な遺志を継承するのかもしれないけれど、これって現状維持が続いているだけで何か救われているんだろうか。
この世界に生きている人たちは、生き延びることが出来た。つかの間の平和を掴むことが出来た。確かな勝利だ。クロムは納得して眠り、ライラは哀しみを抱きながらも師匠の名誉を回復し目的を果たした。勇者候補だったリーリアとゼシアも、それぞれ抱えていた迷いや疑念を晴らし、彼女たちも心の中のモヤを払い昇華できたと言っていい。彼ら個人としては、大いに成すべきを成してるんですね。
ただ世界観としてはあまりにも行き詰まっていて、物語としても一定のレールの上での事として完結していてそこから逸脱することがなく、何とも閉塞感を覚えて息苦しいと感じるものでした。
続刊があるとしたら、この閉塞をなんとか打破して欲しいところなのですが。


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 10 ★★★☆   



【キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 10】  細音 啓/猫鍋蒼 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「待ってるよ黒鋼の後継。この星の未来を決する話を、しよう」天帝ユンメルンゲンとの邂逅を経て、帝都への帰還を命じられたイスカ達。しかし『100年前の真実』の隠蔽を目論む八大使徒の妨害に遭い――

メルンちゃん、結局手足となって動いてくれる側近は、璃洒しかいないのかー。いやネームレスも天帝派なんだっけか。なんかそんな場面があったような。でも他の使徒聖は八大使徒の影響下にありそうだなー。他の使徒聖ってこれまであんまり出てきていないし。
実権はほぼ八大使徒が握っているようなので、駒を確保できないのも仕方ないんだろうけど。メルン自身、マメに働くの面倒がりそうな性格なので自分から勢力を広げるみたいなことはしてこなかったんじゃなかろうか。
ほとんど神輿状態なのに、どうしてこれで八大使徒を掣肘できていたのかがよくわからんけど。
始祖と同格である以上、メルン単体でそれだけの戦闘力を持ってた、という事なのかもしれないけど、組織としての権力は八大使徒のほうが握ってるっぽいもんなー。
まあ、ここまで帝国内部で激しく割れているとは思わんかったけど。ほぼほぼ敵対勢力じゃないですか、天帝と八大使徒。
それを言ってしまうと、皇庁の方もルゥ家・ゾア家・ヒュドラ家で暗殺謀略なんでもござれで内部でバチバチやりあってたのを見たら、そりゃ帝国の方も内部分裂していなかったら帝国と皇庁で拮抗を保てないですよね。メルンは随分と皇庁への攻撃を抑えてたみたいですけど。

こうして両勢力の内実を見ると、当初のイスカの和平プランは何の意味も持っていなかったことが良く分かる。まあ中身見なくても、イスカのプランって端から実現する可能性あるようには見えなかったけど。
でも、こうも勢力争いがグチャグチャになっていたら、どうやったら戦争が終わるのかさっぱりわからないぞ。あまりにも関係が入り組んでいる上で各勢力が自分達の事しか考えていないものだから、対話とは不可能そうだし。これもう自分達以外の勢力を根絶やしにする他ないんじゃないだろうか。
という事は、案外とイリーティアのプランって間違っていないのかもしれない……いや、客観的に見ると他の勢力も自分達以外は敵国も国内の対抗勢力も全部ぶっ潰してやる、という方針でイリーティアと実はあんまり変わらないんじゃないだろうか。
イリーティアだけ、自分自身が怪物と化しても構わない、という自爆特攻精神でいるのを除けば。
ほかが組織としてスタンスを取っているのに対して、イリーティアだけ同志がいるとはいえ一人なんですが、その分なにをやろうとしているのかちょっとわからないところがある。
いや、目的と方法は彼女自身が明言しているのですけど、全部ぶっ壊してそのあとどうやって理想を叶えるつもりなんだろう。彼女の理想というのは大まかに不公平を無くし機会を均等にし差別を拝する、という所にあるんだろうけれど、それって既存の勢力を掃除して更地にしたあとに統治が必要となってくると思うのですけれど、全部ぶっ壊したあとどうするのかがどうにも見えないんですよね。人ならざる怪物になっちゃったら統治も何もあったものじゃないでしょうし。
それとも天帝メルンみたいに御簾の向こうに隠れるつもりなのか。
いずれにしても、導火線に火がついているこの状態で誰にとってもイレギュラーなのは、イリーティアとヨイハムの二人組なのでしょう。この二人の動向が鍵を握っているのか。
にしても、使徒聖の第一席が裏切り者って、ほんと危機管理どうなってるんだろうw

始祖もついに復活し、八大使徒も天帝との対立でようやく表舞台に出てきて、イスカとジンの師匠も姿を表し、とここに来て役者が出揃ってきた感がある。ついにクライマックス直前という雰囲気なのだけれど、このイスカと一緒にいられるラストチャンスにも関わらずそれを全く活かせていないシスベルのポンコツっぷりよ。
夜這いはあかんじゃろw
だいたい、夜這いしかけて具体的にどうするかとかこの娘まったく考えてなかったんじゃないだろうか。そもそも、イスカとジン同室な所に押しかけてどうするつもりだったんだろう。
むしろ、ミスミス隊長たちに防がれてよかったんじゃないだろうか。部屋に侵入したらしたでなんか悲惨なことになってたんじゃないだろうか。
どうしてルゥ家の女たちはこうもポンコツなんだろう。女王ミラベアもあれで相当な所があるだけに……イリーティアだけポンコツ成分が無いとは考えにくいんだよなあ。肝心な所でなんかやらかさんだろうか、この長女も。

戦闘の方はまさかの八大使徒戦。ってか、八大使徒が自分から出張ってくるのかいな。こいつらの性質からして、個として鍛えた強者とは全く異なるベクトルなんで噛ませ感強いんですよねえ。
だからこそ、誰かが一方的に倒すのではなく、第九〇七部隊全員のチームワークで倒すという流れは良かったです。こうなるとジンくんの頼り甲斐は留まる所を知らないんだよなあ。




ロクでなし魔術講師と追想日誌 8 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 8】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

初めて会ったその人は震える程に恐ろしく、本当に優しい人だった

フェジテのみんなが不在のなかで、グレンの家にルミアが住み込み!? まるで新婚夫婦な2人きりの生活に、ドキドキが止まらないルミア。そして思い出す。初めてグレンと出会った、3年前のあの日のことをーー

グレンって色々と巻き込まれて死地や戦場を行ったり来たりしているとはいえ、現在の公式の立場は魔術学園の講師というまっとうな職業についているんですよね。将来の安定性については、実のところ既に保証書がついているようなものなのだ。私生活の方の自堕落っぷりをちゃんと管理できる人が側にいるなら、驚くほど真っ当で落ち着いた日常生活に移行出来ると思うんですよね。その下地はもう既に十分揃えられている。
その意味では、やっぱりルミアが一番家庭的でグレンとなら当たり前の穏やかな日常を築けるんだろうなあ、というのが透けて見える僅かな間の同棲生活、或いは新婚生活でした。
白猫と一緒になると、考古学のフィールドワークなんかが頻繁に挟まれてあんまり家に落ち着かない夫婦生活になりそうなんだよなあ。それはそれで一つの素敵な形なんでしょうけれど。
それにしても、女王陛下やりたい放題だなあ。女王権限をふるいまくって邪魔者を遠ざけた上で愛娘に好きな男と進展するチャンスを与えるとか、これまでルミアの事遠ざけざるを得ず構えなかった鬱憤を晴らすかのようなはしゃぎっぷりで。いや、もうそこまでやれるならもうちょっとルミアとの仲を取り戻す試行錯誤をやっておけばよかったのに。これも和解できたがゆえなのかもしれませんけど。
しかし、これだけ短編でルミア押しが続いているというのは、逆に本編の方でそれだけルミアがヒロインとして存在感を主張しきれていない、という証左なのかもしれません。
最初期はルミアがメインヒロインとして圧倒的なムーブをかましていたのですけれど、白猫が心身ともに覚醒して以来、あらゆる場面でシスティがグレンの側にいる機会が増えてしまいましたからね。公私に渡ってグレンのことを支えられる立場になってしまいましたし。
さらに、そこにイヴというダークホースが躍進してくる一方で、ルミアは物語の核心に深く関わるキャラクターというのが逆に用意に動きづらい立ち位置にハマってしまったかして、本人が戦闘キャラでないというのも相まって、なんとなく場面の後ろ側に立つようになってしまった所があるんですよね。本人も積極的にグイグイいくタイプでもありませんし。
女王陛下が権力駆使してルミアにアピールする場と背中を押す言い訳を与えたのも、そうしないとなかなかルミアのターンが来ない、という感触を得ていたからなのかもしれません。

書き下ろしの、ルミアとグレンがはじめて出会った事件の顛末を見ると、ルミアにとってグレンはもうどうしようもなく運命の人で、特務室の一員から魔術講師となったグレンと再会したときのルミアの心境を思えば、メインヒロインまっしぐらにふさわしかったんですけどねえ。
しかし、ルミアってば白猫の家に預けられた当初はそんなに荒れまくってたのか。昔はシスティがグレてたルミアにイビられいじめられてた、という事実はなかなかびっくりの情報でしたよ。
ルミアもグレンと会わないまま成長してたら、オドオドと内気で大人しい白猫を取り巻きとして引き連れた、居丈高に振る舞う悪役令嬢型ルミアというキャラが爆誕していた可能性もあるんですね、わかります。

ほかは、白猫の小説書きという趣味のお話。この娘、興味の範囲がほんと広いよなあ。大ファンである古典の英雄譚つながりでの小説執筆なんだろうけど、魔術オタク的なところもあるし考古学の知見も深く広いし、この娘体育会系というよりも本来は文系……を通り越して学者方面を歩んでいきそうなタイプなんだよなあ。それがグレンに鍛えられてしまった結果、実戦派魔術師としても大成してしまったわけで。
まあ特務室の面々見ても、あの連中ってリィエルを除けば全員実戦派という以上に知識階級で学識豊かな面々が揃っているので、システィが入っても全然違和感はないのですが。
グレンだって、あれ魔術に関する知識はほんと超一流なんですよね。伊達に魔術講師じゃないんだよなあ。コネだけじゃないんですよね。現場サイドの人間であるけれど、はーなんとか先輩の超高度な魔術論に対等に論を交わしているわけですから引けは取ってないんだよなあ。

魔導探偵ロザリー編、なんか短編集のレギュラーになってきたぞ。
システィはあれミーハー極まってるから絶対乗るだろうなー、とは思ってたけれど、まさかリィエルまでロザリー超有能派閥に与するとは思わんかった。リィエルの野生の勘もこれ大概だなあw




 
5月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

<
kattern
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


進九郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


飴月
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


凪木 エコ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷高 悠
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


イスラーフィール
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤマモトユウスケ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


早瀬黒絵
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


望月淳
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM



(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月19日

渡航/伊緒直道
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月18日

久住太陽/杉浦理史
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わだぺん。
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


クール教信者
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


オニグンソウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


辻村深月/武富智
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


錆び匙/ひびぽん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


椎名高志/高橋留美子
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/MAAM
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村崎久都/アトラス
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほりかわけぇすけ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


のんべんだらり/山悠希
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


さと/小田すずか
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


境田吉孝
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬条一(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虹元喜多朗
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月17日

吉河美希
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


赤衣丸歩郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


阿部花次郎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


音羽さおり
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


こはるんるん
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月14日

福成冠智/柊遊馬
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


abua/ナカノムラアヤスケ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ありのかまち/箱入蛇猫
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


烏間ル/紅月シン
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


酒月ほまれ/アルト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


かじきすい/左リュウ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


青辺マヒト/十夜
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


名苗秋緒/九頭七尾
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


沢田一/夾竹桃
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


檜山大輔
(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W DMM


ワタヌキヒロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


いしいゆか
(まんがタイムKRフォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索