徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

山本ヤマト

幻國戦記 CROW 千の矢を射る娘 3   

幻國戦記 CROW -千の矢を射る娘- (GA文庫)

【幻國戦記 CROW 千の矢を射る娘】 五代ゆう/山本ヤマト GA文庫

Amazon

「鴉こそが最高の忍、最高の作品なり」
〈神器〉となるべき少女・千弦を巡り、闇夜に忍が駆けめぐる!


「〈神器〉と〈御禍戸〉、どちらも叛徒の手に渡すわけにはいかぬ。
ましてや〈忍〉、人ならぬ、人に作られしモノどもなどには……」

美須真留八州、ひいては豊葦原の地を汚れた魂喰や魍魎から守る高濃度霊子集積回路〈神無薙〉。
その〈神無薙〉を守る〈御禍戸〉が崩御した――。噂は瞬く間に八州を駆け回り、新たな火種となっていた。

葛木の里の生き残りの少女・千弦は、謎の怪人に追われ気を失う直前、黒鴉の面の〈忍〉に助けられる。
だが彼は、千弦の里を滅ぼした、彼女が仇と狙う憎き男・鴉で……! ?

真なる闇夜を〈忍〉が駆けめぐる。ニンジャ・スチームパンク開幕!
にょわーーっ、ガチだ、ガチンコで戦国和風サイバーパンクだ。しかも、ブラックロッド系統の、あの肉塊と機械が融合したような世界観。驚いたのが、それを手がけたのがこの五代ゆうという人だという所ですか。【機械じかけの神々】の時代から知っている身とすれば、まさかこの人がこの路線を描くなんて、しかも生半可ではないこだわりまくったサイバーパンクを、という驚きは否めません。この人が【パラケルススの娘】を描いた時も驚いたものでしたが……、いやでもあれはあれで後半どんどんこの人らしい話にはなって行きましたけど。もしかして、その後に書いていた【アバタールチューナー】という作品、読んでないけれど本作へと至るような話だったのかな。
ともあれ、本作の雰囲気を見てまず黒古橋、それも【蟲忍】を思い出した人は決して少なくないはず。一方で、基本的な所で古式ゆかしい時代劇風な気配を特に日常シーンあたりで色濃く残しているあたり、そして敵の忍者たちのドギツイまでの異能の忍術など、山田風太郎先生のテイストをこれでもかと感じさせて、ほんとに好きなモノを好き放題つぎ込んできたんだなあ、というのがビシバシと伝わってくる。こういうのって、楽しんで書いていらはるのがよく分かるんですよね。古豪ともいう人が好き勝手やりだすと、基本土台がしっかりしてるのに先っぽはやたらと切れ味たっぷりのビンビンに尖り出す、といういい意味でとんでも無い作品になる事が往々にあるので、本作もその傾向を大いに期待したいところであります。
設定に凝るばかりではなく、キャラクターの方にも力入れてますねえ。ヒロインの千弦がまた可愛いんだ。これはイラストに山本ヤマトさん持ってきたのも大きいです。彼女自身相当の手練で気も強く敵意に対しては真っ向から正論を以って噛み付いていくような、毛を逆立てた猫のような少女である。同時に、それは気を張っていて無理しているという事の側面でもあり、世間から隔絶した隠れ里で暮らしていたせいか、人里が物珍しくつんけんしながら浮かれていたり、と一皮むけると好奇心構成な、でも本当は臆病で優しい、でもそんな内面を一生懸命突っ張った態度で覆い隠しているような、実に可愛い女の子なのである。そんな彼女をよく回る口で手玉に取るはすっとぼけた二人の男、九郎と田之介。この二人も同じ穴の狢かと思いきや、片や操り人形の忍者でありとある組織の尖兵ながら、その真意が用意に読み取れない謎の主人公であり、片や所属する組織どころか何者かなのかすらわからない謎の支援者。まあ、田之介に関しては、恐らく作中に出てきた名前から推察もできようものですけれど。兎も角、何を考えているかわからない二人の男にその正体すらも気づかないまま守られる千弦という構図が、鴉という忍者が千弦の村を襲い、一族縁者皆殺しにした張本人、と言われている事も含めて、先々不明な部分が紐解かれていけばいくほど思いもよらぬ真実が待ち受けていそうで、これまた実に楽しみなのでありました。
まだまだ導入編でありますし、次回以降のさらなる盛り上がりに期待。

五代ゆう作品感想

紅 kure-nai 83   

紅 kure-nai 8 (ジャンプコミックス)

【紅 kure-nai 8】 漫画:山本ヤマト/脚本:子安秀明 ジャンプコミックス

Amazon

銀子の祖父・銀次を捜すべく、銀子と共に、京都へと向かった真九郎。しかしなぜか紫達も付いて来てしまい…。観光気分を楽しんでいた一行だが、驚愕の事件が彼らを待ち受けていた…! 波乱の京都編、開幕…!!


試し読み

リンさん生きてたーー! 原作の小説版は長らく新刊も出ず停止したままなのですが、この度漫画版が原作から完全に外れてオリジナルルートに突入したという話を聞き及び、意を決して新規購入を開始した次第。元々ポツポツとは読んでいたんですけどね。漫画版では、リンさんが実に素晴らしいキャラになっており、真九郎たちとの距離感も原作とは違いかなり近しいものになっていた上、斬島切彦との仲もかなり違ってきていたため、果たしてリンさんがどうなってしまうのか、ハラハラしながら見守っていました。何しろ、原作ではリンさん、切彦ちゃんに凄まじい殺され方されましたからね。両腕切り落とされた上で、マミられたんですよ? そこまで密接に仲良くなっていなかった原作ですらも相当ヘコんだだけに、この漫画版でも同じ展開になったら正直トラウマものでした。まあ、あの切彦のメンタル面の揺らぎや、紫との仲を考えれば致命的な事にはならないと信じていましたけれど。

紫と「友達」になりながら、斬島として生きようとして失敗し、心身に大きな傷を負って姿を消した切彦。漫画版の切彦は言ってしまえばとても「弱い」のですが、だからこそ魅力的だ。何物にも心惹かれず、孤高にて邁進する事を強さというのなら、切彦のように紫や真九郎たち出会った人々に心惹かれ、感情を揺さぶられ、これまで生きてきた道を踏み外し、迷子の子供のように泣きじゃくりながら当て所なく彷徨う事は「弱さ」の極地なのでしょう。だが、その弱さは裏十三家の「斬島」としては切彦をダメにしてしまったかもしれないが、彼女を単なる「凶刃」ではなく「人間」として見たのなら、弱さは強さとなり得るはず。
この漫画版は、どうやら切彦ちゃんがそんな弱い強さを手に入れる過程を、紫との友情によって築き上げられる一部始終を描いてくれるみたいで、嬉しくって仕方がない。この切彦ちゃんなら、あの【電波的な彼女】の斬島雪姫に繋がっても納得できますしね。

一方で、今回から始まった京都編は、銀子メイン回でもあるようで、それでいて紫と瓜二つの少年まで登場して、紫メイン回でもあるんだよなあ。切彦も絡んでいるし。銀子単独イベントはまだまだ難しいのか。
この京都編では、銀子の描き方が結構印象的だったりする。ってか、京都入ってから彼女全然余裕ないんだよなあ。ずっと切羽詰まってて表情も厳しいのなんの。一人だけ危機感が違うからなんだろうけれど、ここまで一人でいっぱいいっぱいになっていると真九郎もちょっとは察してやれよ、と言いたくなる。真九郎って、異性感情に鈍感、どころか他者の内面そのものに鈍感で気配りが足りない所がある気がする。
しかし、京都の設定がまた凄いなこれ。京都は独立自治区か魔界かよ(笑

最後に。切彦ちゃんの「あひゅいです」には萌えた。正直萌えた。

<本の姫>は謳う 45   

〈本の姫〉は謳う 4 (4) (C・NovelsFantasia た 3-5)

【<本の姫>は謳う 4】 多崎礼/山本ヤマト C★NOVELSファンタジア

Amazon


クライマックスに入ってから、もう泣いた泣いた。純粋に素晴らしい物語を目の当たりにした感動だけで、これだけ泣けたのっていつ以来だろう。
デビュー作の【煌夜祭】でもそうだったけど、多崎礼先生の語り部としての力量は常軌を逸してる。キャラクターはそれぞれ魅力的だけど、図抜けているという程じゃないんですよね。文章も決して特徴的でも芸術的に際立っているわけでもない。ストーリーもどうだろう。眼のさめるようなとてつもないもの、というわけでもなかったと思う。
だけど、この人の手によって綴りあげられたこの作品は、【物語】という在り様において、一つの奇跡のようなものなんじゃないだろうか。
とにかく、完成度が半端ない。それでいて人工物の匂いがまるでしない。人の手が加わっていないにも関わらず、完璧な調和を得ている生態系だとか、遺伝子の螺旋構図だとか。そういう自然な完全性。だいたい、この手の構成美を突きつめた作品って、窮屈さが垣間見えてしまうものなんだけど、この物語にはそれが皆無。

これは後から考えてみるなら、定められた運命の上を走り抜ける物語だったのかもしれない。けど、読み終えすべての真実が明らかになったあとですら、そんな感動が間違っているものだと確信は揺らがない。
過去は既に終わってしまい変えようのないもの。過去と現在と未来は断絶し、常に一方方向に流れ落ちていくしかないモノ。
そんな認識を、現在において綴られるアンガスと姫の旅。過去の中のアゼザルとリバティの戦いが、終極に結実していくその物語が、粉々に打破してくれた。
過去は未来に導きを残し、未来は過去に希望をもたらす。
過去の物語と未来の物語は並列として存在し、過去が託した祈りを未来が受け取り、その未来が果たした行動によって過去が変わる。
そう、変わったのだ。
観測されていた悲劇と滅亡は、アンガスと愉快な仲間たち(涙)の生きざまによって覆され、絶望の淵に終わるはずだった過去の物語は祝福を得る事となる。
時間の概念からも解き放たれた、これはきっと本当の自由を勝ち取る物語。その奇跡的な調和のとれた、美しく素晴らしい物語に、今もなお感動がおさまらない。泣けてくる。

素敵な時間でした。素敵な出会いでした。
アンガス、セラ、ジョニー。姫。アゼザル。クロウ。その他にもこの物語に生きていたすべての人々の幸いを願います。
そして、逝ってしまった多くの大切な人々の安らかな眠りと夢を願いつつ。

大傑作でした。

煌夜祭  

煌夜祭
【煌夜祭】 多崎礼

 これは、いいなあ。いいなあ。
 中央公論の新書ノベル『C・NOVELS Fantasia』の新人賞大賞作品。
 世界各地で話を集め、他の土地へと伝え歩くことを生業とする語り部達。そして今日は、年に一度の語り部たちの祭り【煌夜祭】の冬至の夜。廃墟と化したとある島主の館で、二人の語り部が語りだす人を喰う『魔物』の物語。
 二人の語り部が交互に自分の持つ物語を語り合う、という形式で話が進んでいくんだけれども、これが見事な構成の妙で。
 ちょっと内容に触れようと思ってつらつら書いたんだけど、消しました。うん、これは事前にある程度知っていても決して遜色のない作品だと思うけど、この染み入るような哀切、優しさ、愛情を受け止めるにはやはりまっさらな状態で読んで欲しい。
 傑作。
 
 
1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索