岬かつみ

恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。 ★★★☆   



【恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。】 岬 かつみ/庄名 泉石 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

いつも一緒。だから愛おしい――秘密の偽装恋愛ラブコメ!!

「友近たち、付き合ってることにしちゃうのはどうかな?」高校一年となった凛太郎は新しくできた女友達・友近姫乃に告白される。周りの恋愛ブームにうんざりした二人は秘密の偽装恋愛関係を結ぶことになるのだが!?

なるほど、うむ。この友近って子、かなり難しい子だぞこれ。
言動は天然で、周りに迎合せずに自分の道を行くタイプ。でも強引に引っ張る我田引水な性格ではなく、むしろひっそりと気配を消して盛り上がってる空気から離れていくような。
しかし、内向的な性格というわけではなく人好きして、むしろ明るい雰囲気なんですよね。結構な人気者で男女問わず好かれる方で、だからこそ田舎特有の青春=男女交際という熱に浮かされた男子生徒たちから告白ラッシュを受けるはめになる。
それにうんざりして、主人公の和泉凛太郎に偽装交際を申し込んでくるのだけれど。
うん、告白避けとはいえ交際する事になるのだから、お互い意識しあって甘酸っぱいラブコメがはじまるのかと思ってた。或いは、最初からヒロインの方が意識していて、偽装交際を建前にしてグイグイと踏み込んでくるタイプのラブコメかとも想像した。
でもそういうのとはちょっと違ったんですよね。お互い偽物の恋人という関係にもっと右往左往するのかと思ったら、友近の方は天然ゆえの強さというべきか、堂々と交際しています、という顔を崩さず、和泉くんの方も友近と付き合い出した事に男どもからえらい追い込みかけられるのだけれど、あんまりあたふたした様子を見せずに、曖昧に誤魔化しながらもまあ付き合ってますよ、みたいな雰囲気を出している。
途中まで、文化祭の話が持ち上がるまで「あれ? この二人って普通に付き合ってね?」と思うくらいにはこの二人、当たり前に学校ではつるんで、放課後は和泉の家に入り浸り、たまに和泉から誘ってデートみたいな事もして、神戸遠征までした時は帰りのフェリーに乗り遅れてお泊りなんかまでしてしまったりして。
偽装恋愛とは? と首を傾げてしまうほど馴染んだ二人の時間を構築してたんですよね。
ただもちろん、それ以上の恋人らしい事をしているわけではない。舞台が瀬戸内海の島、これ小豆島がモデルなんだろうけど、四国は香川県圏内に位置する田舎ということで若者が遊ぶ場所も少なく、年頃の若者たちの話題といえば男女交際とセックスばかり、と多少偏見入ってませんか? という体で交際を始めたら進行も早い土地柄みたいなのだけれど、セックスどころかキスするような甘酸っぱい雰囲気にもならない。
交際していると言えば交際しているような、友達同士で遊んでいるといえば遊んでいるだけ、とも言えるような、なんとも平熱な関係なんですよね。
しかし、これはこれで友近は楽しそうにしているし、実質付き合ってるんじゃね? という風にも見えたのだけれど、これまで高校で行われていなかった文化祭が復活することになり、島外からの入学者で文化祭という概念をよく知っていて、実は生徒会長とか歴任したイベンターでもあったという突然何やら多様な属性を突っ込んできた和泉くんが文化祭実行委員をすることになったあたりから、微妙に空気が変わってくるのである。
文化祭の復活に乗り気になっている氷室や、中学生の天ヶ瀬などを巻き込んで、学校全体でうまいことイベントごととして和泉くんは文化祭の準備段階から盛り上げていくのだけれど、その「みんなで」の中からススっといつの間にか友近が離れていってしまうのである。
ああ、この子わりと本気で「告白避け」が主理由だったのかもしれない、和泉くんと偽装交際はじめたの、と思ったのがこのときだったんですよね。
もちろん、その相手が和泉くんであるべきだった理由というのはあるはずなのですけれど、友近にとって沢山の男子に日々告白されるために付き纏われる、というのは本当にキツいことで、どうしても避けたい事だったのだなあ、と。
みんなと一緒、みんなと同じというのはこの子にとって生理的に耐え難いことだったんですね。一対一の対面だとよく喋るのに、集団の中に入ると窮屈そうに居心地悪そうに居場所をなくしてしまう。
感心したのは和泉くん、その事を知るやいなやフラフラと集団から離れて遠ざかっていた友近のところに真っ先に駆けつけるのですよ。そうして、集団の中に連れ戻すなんて真似はせずに、みんなと一緒に楽しもう、なんて無粋なことは言わずに、友近の場所からでも楽しめるようなイベントを作るからそこから友近の好きなように楽しんでくれ、と告げるわけですよ。
そうして、イベントの中心となって盛り上げながら、一方で一人でフラフラしている友近の所までわりとマメに駆けつけて、二人の時間を作るのである。
この男、何気にソツがない。というか、友近姫乃という実際はかなり難しいだろう女性に対する最適解の接し方をしてるんじゃないだろうか。
多分、彼女との距離感のとり方を理解しようとしない類の男だったら、そもそも偽装交際すらも成立しなかっただろう。文化祭が終わればもとに戻る、と語っていた友近だけれど、和泉くんの対応次第ではそれも叶わなかったんじゃないだろうか。友近をほったっらかしにして集団の中に入り浸るか、余計なお世話で友近をグループの中に引っ張り込もうとして破綻するか。
パーフェクトコミュニケーション! という単語がファンファーレと共に鳴り響いたのが、文化祭の最中での公園での一幕でありました。
友近にとって、彼に偽装交際を持ちかけたのは告白避けの為であると同時に、期待もあったと思うんですよね。彼は、その期待に理想以上に応えてくれた。期待は確信に変わり、淡い思い出の縁は今現在の熱量へと変換される。
そう、この瞬間から友近の熱量が確かに変わるのです。平熱から、グッとハートが火照ってくる。
男がドキドキしてしまうのは、どうしたって女の子の本気を見せられたとき。さて、友近が平熱だったのと同様に、何だかんだと友近と仲良くしつつも熱量はフラットだったのは和泉の方もおんなじだったのですけれど、明確に変わってくる友近に対して果たして年頃の男の子が耐えられるのか。
わりと速攻でドキドキさせられるはめになっていて、むしろラブコメとしてはここからがスタートなのかもしれない。

しかし和泉くんよ、スマホなくしていながら利用停止しないのは本当に危ないからね。

岬かつみ・作品感想

ウィザーディング・ゲーム ★★★☆  

ウィザーディング・ゲーム (角川スニーカー文庫)

【ウィザーディング・ゲーム】 岬かつみ/ 彩樹 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

「オーバーロード、《魔法仕掛けの新世界(ウィザーディング・ブレイドワールド)》!!」

新世代ARゲーム『ブレイドワールド』が実装されたAR遊戯都市。そこに暮らす無職王アーサーは、上位ランキングを独占する最強ギルド“円卓の暇人”(ニート・オブ・ラウンド)の団長にして、不動の1位に君臨していた。しかし“魔法使い”(カレルレン)を探す少女アリアと出会い、アーサーと円卓の仲間たちはARCANA(アルカナ)の力に目覚め!? 現実を侵食する拡張現実の“魔法使い”による、オーバーテクノロジー魔法バトル!!

フルダイブ型のゲームとはまた違う趣が、AR―拡張現実型のゲームにはありますなあ。全く別の世界に転移してしまったように遊べるフルダイブ型と違って、ARは現実に仮想を重ねることで展開するもので、だからこそ余計に現実と仮想の境目が曖昧になってくる。存在しないのに、本当にそこに在るかのように感じてきてしまう錯誤。
果たして、それが錯覚ではなく実際として仮想の領域を超えて現実へと侵食してきたのならば。
前提となる条件が、フルダイブ型を使ったものとはまた異なる上に結構難しくはあるものの、物語の発展方向としてARタイプはまた全然異なった可能性を有しているように思う。もっと増えてもいいのにね、ARを主体とした作品。
本作は、まさにそのARタイプのゲームを扱った物語であると同時に、現実の世界が仮想に侵食されていく、登場人物たちが仮想上の能力を現実の世界でも扱えることに気づいていく物語である。
惜しむらくは、いや別に惜しんでいるわけじゃないんだけれど、主体となるARゲームはあくまで主人公に与えられた能力によって生み出されたもので、現実を侵食する魔法そのものは、ゲームとは全く関係なく存在しているということか。主人公以外の登場人物の能力は、実のところゲーム関係なかったりしますしね。
あくまでARゲーム『ブレイドワールド』は、アーサーが幼馴染を喜ばせるために作ったツールである、ということを考えると、物語においてアーサーの意思と願いこそが重要であって、『ブレイドワールド』そのものはそれほど重きを成さない、とも言えるのかもしれないけれど。
しかし、これほど大規模なARゲーム。それこそ現実の方がARで遊ぶことを前提にした準備をしていないと成り立たんよなあ。それを遊戯都市という設定を敷くことで収めてしまうのは大したものだけれど、このゲームってつまるところこの都市に住まないとまともに遊べない、ってことなんだろうか。それはそれで不便な気もするのだけれど。
物語は実に王道にして、キャラクターは素晴らしく奔放。病気でまともに遊べなかった幼馴染のために、一からゲームを作り出した主人公と、その前に現れた拡張された現実でのみ存在している少女アリア。容易に想像がつくアリアの正体だけれど、結構ヘヴィーな内容をしかしアーサー含めて軽快な主要メンバーたちが織りなすハイテンポな掛け合いが、ストーリーを勢い良くぶん回していくそのノリは、岬かつみという作者の得意技というか作風として確立されてきた感じがします。読んで、ああこの人の書いた作品だ、というのが伝わってくる独特な色が出てきたというか、既に在ったその色を覚えてきたというか。願わくば、もう一呼吸分、深く話にもキャラにも潜れる間というか、深味が出てきたらなあ、と。
しかし“円卓の暇人”(ニート・オブ・ラウンド)。その名称のインパクトも良かっただけに、アーサー含めてまともに四人しか出てこなかったのは勿体なかったと思わないでもないです。匂わされていた他のメンツも相当濃そうだっただけに、実際登場させなくても特徴や名前なんかをはっきりと明示しておいてくれた方がより想像も捗ったでしょうし、クライマックスも盛り上がったんじゃないかしら。
ともあれ、岬さんらしいパリッとした話で、面白かった。

岬かつみ作品感想

セブンキャストのひきこもり魔術王 ★★★☆   

セブンキャストのひきこもり魔術王 (ファンタジア文庫)

【セブンキャストのひきこもり魔術王】 岬かつみ/ mmu 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

魔術が概念化し、物理法則を凌駕した新生魔法世界。ここ魔都には魔術結社『七詠唱』が最強の名の下に君臨していた―。
「ひたすらだらだら暮らしてえ…」
魔術学園に通う学生ブランは、魔術で造った分身に出席を代行させる不登校児。ただ、転校生の王女デュセルには、ひきこもり気質同士のせいか妙になつかれていて!?しかし、デュセルの正体は戦闘に特化する敵国の国家魔術師だった―「そんな、あたしより高位の魔術師なんて」「相手が悪かったな―俺が『七詠唱』の魔術王だ」七つの分身を遠隔操作で使役して、世界の秩序を覆せ!?在宅こそ最強―門外不出の新世紀魔術バトルファンタジー!!
分身体の連中、全員本当に本人なのか。例外は姉ちゃんだけで、それ以外は自律していても固有の魂を持ってたり意思を持ってたりはしないわけね。一見すると教授や魔女なんかはまったく別人に見えるのだけれど、あくまでキャラは立っていても中身は同一なのか。これは思い切った設定だなあ。書いているとどうしても、個体の違いによって考えること感じることの違いを出したくなるだろうに。特に、自分とまったく同じ容姿年齢で自分の代わりに学校に通わせている分身体「スケアクロウ」なんて、コピーロボットじゃないけれど本体とは別の魂を持たせて勝手に動かしたくなりそうなもんじゃないですか。本体とはまた別にヒロインに恋してしまって、とか。
七人の中では圧倒的にワイズマン教授の個性や存在感が際立っていて、老練知的なナイスミドルなせいか言動もいちいち粋なんですよね。この人とか、本当に中身独立してないんだろうか。

新生魔法世界という、既存の現実世界がひっくり返ってできた世界観、これ自体も面白いのだけれど、特に素晴らしいのが高位の女性魔術師はブラをしない、ノーブラがフォーマルという設定ですね。魔力によってオパーイを保護しているので、ブラで固定せずとも型くずれしなくて窮屈な思いをせずに済むので、ノーブラが基本、みんなノーブラ。たゆんたゆん。
もはや、この時点で家に引きこもっているなんて真理として間違っている気がするんだが。街へ出て、ガン見せよ。分身体に憑依して五感を共有できる、という力があるからか横着してるみたいだけれど、とりあえず学校には行こうよ。せっかく、ノーブラの女学生がたくさんいるのにー、と思ってたら、デュセルのオパーイに惹かれてあっさり生身で学校に行きだす引きこもり魔術王……あかん、この主人公チョロい。
だがしかし、ヒロインのデュセルの方も凄まじいチョロさで、学校に現れた時に最初に出会った際に同じ引きこもりボッチ属性のシンパシーゆえか、意気投合してしまってお互い初友達同士になってしまったが最後、インプリンティングされた生まれたての小鳥のように、ブランに懐きまくるデュセル姫。
ふたりともボッチすぎて、人間関係の距離感の取り方が思いっきり破綻してる!!
合衆国の国家魔術師にして学園生徒会長のステラ先輩も、出来る先輩と見せかけて中身相当ポンコツ!! 際立ったお人好しな上に思い込みが激しいタイプとか、チョロすぎるデュセルの方もだけれど、ステラも国家の趨勢を背負ったエージェントとしては、全然駄目なタイプなんじゃないだろうか。向いてないよ、全然向いてないよ! 単に魔術士としては最強クラスのちからを持っているからと言って、仕事には適正があるよね。その意味では、セブンキャストとして七種の様々なスタイルの魔術士を分身体として運用するブランは、力押しから小技に謀略戦と何でもござれ、でさすが一介のエージェントとは違うということか。

引きこもりこそ魔術の最強理論、と胸を張っている割に、ひょいひょい自分本人も前線に出張ってしまうあたり、自分で思っているよりも腰は重くないしフットワーク軽いし怠惰よりも勤勉さが隠しきれてないよなあ、ブランくん。
結局、デュセルに会いに毎日外に出るようになってしまっているあたり、人付き合いが面倒なタイプじゃなくて、単に慣れてなかっただけなんだろう。さっそくイチャイチャしやがって、おのれw

岬かつみ作品感想

魔境戦区のナイチンゲール3   

魔境戦区のナイチンゲール (角川スニーカー文庫)

【魔境戦区のナイチンゲール】 岬かつみ/はる雪 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

“神”が医術を禁じた世界―“魔境大陸”。お尋ね者の人間カルマは、ある日、武器商人の少女サレナと出会う。サレナのキャラバンに同行するカルマだったが…。「胸も触診したいんだが」「ちょ、そこは…あっ…」実はカルマは、この世界で珍しい“医術師”だった!サレナの頼みで、“天の杯”が管理する“西の大監獄”を襲撃することになったカルマ。そこには、“戦闘執刀医”と呼ばれる異種族の少女たちが捕らわれていて!?
ナイチンゲールの名前を使うからには生半可な女傑じゃあ受け付けんよ、と若干構えて挑んだ本作ですけれど、なるほどメインヒロインのサレナはナイチンゲールの名字を持つに足るだけの気合の入ったお嬢さんでした。気高い理想を叶えるために、頭のなかがお花畑じゃあただの現実を見ていない迷惑な人種でしかありませんしね。その点、彼女は汚泥のような絶望から這い上がり、血と臓物に塗れながらそれでも理想を掲げ、戦って戦って勝ち取る覚悟を宿した女傑でありました。
カルマをはじめ、彼の仲間である医術師たちは、それぞれ医師としての誇りを以って体制に反逆するだけの闘士なのですけれど、いざとなるとそんな彼らをすら圧するほどのメンタル見せてたのはサレナでしたしね。恐るべきことに、その生き様に感化されたのはむしろカルマたちの方でしたし。幼少時の体験の壮絶さはみんな比べられないくらい凄まじいものなんですけれど、サレナのエピソードはその時の年齢も相まって畏怖すら感じる決断力ですし。
ここまで覚悟完了しているにも関わらず、普段は非常に繊細な乙女心の少女だというのはなかなか反則。ちょいと感性ズレているカルマの言動にいちいち振り回されて、赤面しているセレナの可愛いこと可愛いこと。
しかし、いざ武器商人のキャラバンの長として局面に立たされた時には、あの古き因習をブルドーザーのように踏み潰し、旧弊然とした体制をまっ平らの更地にし、常軌を逸したバイタリティで医療看護の分野に新たな地平を開拓していった偉人ナイチンゲールの如く、絶対的な神である医神が支配し、医術知識が制約され制限され恣意的に制御されているこの世界に、新たな医術の浸透した世界を打ち立てようとするそのカリスマは凄かった。キレイ事だけじゃなく、武器商人として戦場を行き来しているように清濁合わせ呑んで目的を達するためには汚名をかぶることを厭わない鮮烈さも備えていますし、実に気合の入ったヒロインでした。
世界観もなかなか面白いんですよね。医神が支配し医術が封じられた世界、というと一見医神の勢力が独裁を敷いている世界にも見えるんですけれど、空に浮かぶ黒い月に代表されるように変なところからニョロッとあの「神話」が顔を覗かせてくるわけですよ。何気に、いつの間にか「ソロモンの72の悪魔」VS「アレ」みたいな構図が浮き彫りになってくるわけで。
シリーズ化したら、面白くなりそうなんだけれど。

 
5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


瀬尾 つかさ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


川口 士
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


とーわ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


柑橘 ゆすら
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


マサト 真希
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紅玉 いづき
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


近江 泉美
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月21日

小杉光太郎
(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


荒井チェリー
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


森高夕次/足立金太郎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀達郎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


白浜鴎(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


三原和人
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉本浩二
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


田素弘(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤宏海/白浜鴎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


オキモトシュウ/藤川よつ葉
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


クオンタム
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月 くらげ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


水棲虫
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


茜 ジュン
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小狐 ミナト
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐波 彗
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


戸塚 陸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岬(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃがバター(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


伴名 練
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


森山 光太郎
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


有山リョウ
(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大和田秀樹
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


北野詠一
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


今井ユウ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM

4月19日

野田サトル
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朝倉亮介
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松原利光
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬目景
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


妹尾尻尾/そら蒼
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀬尾つかさ/BOMI
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


的良みらん/川口士
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂崎ふれでぃ
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


宮下裕樹/夏原武
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


昏式龍也(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨森たきび(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗ノ原草介(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


水田 陽(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


立川浦々(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


喜多川 信(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


衣太(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM


kaede7(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM


Allen(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬原パトラ(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月18日

福井セイ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


田中モトユキ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月15日

ナフセ(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂木持丸(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


香坂茉里/浅野りん
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


野水はた(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨咲はな(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾坂キョウ(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


深海 亮(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


一色孝太郎
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎戸リア
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


六つ花えいこ
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


六つ花えいこ
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


井上みつる
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


西尾維新(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


野田宏/若松卓宏
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


硬梨菜/不二涼介
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山本崇一朗
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村枝賢一/石ノ森章太郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


海冬レイジ/かんざきももた
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


三宮宏太/西田征史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索