【悪役令嬢、拾いました! しかも可愛いので、妹として大事にしたいと思います 1】  玉響なつめ/あかつき聖 アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

転生者として、ファンタジー・ゲーム知識を魔法に生かし、“幻影"という二つ名で知られるジュエル級まで上りつめた冒険者アルマは、ひょんなことから“追放された悪役令嬢"イザベラを拾う。イザベラの身の上話を聞いて
「この子……前世の漫画の子だ! 」
と一瞬大混乱の彼女だったが、漫画よりも謙虚かつ聡明なイザベラを気に入り、引き取って妹にすることを決意。イザベラは庶民の生活を学びなおし、「自分にとっての幸福」とは何かを考え始める。そこへ元婚約者である王子がやってきて……

ちょっと王子側の動きがガバガバすぎて、ほぼほぼ自滅だったんじゃないだろうか、これ。
いわゆる婚約破棄のシーンは省略されてなかったものの、追放された悪役令嬢を主人公が保護して、という流れから逆襲に転じて王子の断罪と令嬢の名誉回復までの展開、早かったなあ。
いやね、最近は令嬢追放から主人公に拾われるにしても、新天地で令嬢自身が主人公として頑張っていくにしても、肝心の婚約破棄にまつわる一連の事件は話の都合上後回しにされてしまったり、逆にサクッとプロローグで片付けられてしまったり、と喫緊の問題としてあんまり扱われないことが多かったので、本作のようにそこに焦点を当てて追放から逆転裁判までを一連なりのお話として第一巻でやっちゃうのは昨今珍しい部類なのかも、と思いまして。
わりと、それ以外の話に横道それることなかったですからね。
令嬢のイザベラが冒険者で主人公のアルマに保護されてから、平和な日常をアルマの元で過ごしてイザベラが落ち着き、またアルマに懐いてこれまでの次期王妃として固められていた価値が解きほぐされていく、という話の流れがありましたけれど、具体的に特徴的なイベントがあったわけじゃないですからね。
作中時間ではそれなりの期間、王都から放置されていたようですけれど、展開としてはわりとすぐに王都から王子が襲来してきて、という話になりましたし……当事者の王子が自分で突撃してくる、というのも珍しいなあ。それも改心したとか事情があったとかじゃなく、勝手に飛び出してきてイザベラを勝手に連れ戻しにきたという勝手っぷりで、勝手勝手。ガキか、この王子。
これはもう放っておいても早晩王子周りはダメになってたんでしょうけれど、一方的に婚約破棄された事で名誉を失っていたイザベラの名誉回復、あとこんな王子を野放しにしていた王国首脳部にナシをつけるため、アルマはイザベラの保護者として仲の良い冒険者の青年二人組と王都に乗り込むのであった。
これ、ただの冒険者なら無謀だけれどジュエル級という王族も一目置かなくてはならない、在る種の権威ある存在であったアルマが権威振りかざしてうちの妹いじめるやつに一発食らわしたる、と直接暴力じゃないけれど、口撃で一言一発かましたる、という勢いで乗り込む話でしたね。
いやまあ、こういう場合は権威も必要なんですけど。あの王子の教育に失敗していた時点でどうしようもないんだよなあ。エドウィン君も、最初の態度酷すぎたのであんまり弁解の余地ないと思うんだけれど。心改めたとはいえ。いや、こんな好青年ならもうちょっと最初のあの歪みまくった態度はマイルドな描写にしておいた方がよかったんじゃないだろうか。好感持てる要素なかったぞ。

珍しいと言えば、主人公のアルマは女性なのだけれど、拾ったイザベラの可愛さに夢中、は夢中なんだけれど、それとは別に友達以上恋人未満の冒険者仲間が居て、わりとベッタリなんですよね。
イチャイチャしてるとまでは言わないけれど、まだ拾われたてで不安もあるだろうイザベラが、拠り所であるアルマが別の男性に気もそぞろ、というのは凄く可愛がってくれてるにしても、不安定な時期だけに大丈夫だったんだろうか。なんか姉に理解の在る即座に出来た妹、みたいな振る舞いをしていましたけれど。

寄り道せずに、サクサクっと婚約破棄から始まったイザベラの追放事件を一巻で解決。と、なってしまったのであんまりアルマの冒険者としての強さはアピールされなかった気がします。イザベラの庇護者としての振る舞いに終始してましたしね。冒険者としては宝石級という権威を振りかざす事で自己主張はしていましたけれど。

まあ肝心のイザベラがこれで完全に国元から自由になって、悪役令嬢でなくなってしまったので、ある意味元貴族のただの妹になってしまったのだけれど、これからどう話広げていくんでしょうね。