悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。

悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。2 ★★★☆   



【悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。2】  翅田 大介/珠梨 やすゆき 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ケジメを付けろ!? 型破り悪役令嬢の破滅フラグ粉砕ストーリー、第二弾

「……ちっ。胸クソが悪くなるね」
『悪役令嬢』に転生した元ヤクザのキリハだったが、持ち前の度胸で婚約破棄も乗り越え、周囲からの評価を高めていた。これを疎ましく思ったもう一人の転生者ユリアナは、キリハを破滅させるため陰謀を巡らせる。暗殺に反乱画策、更には戦争まで!?より大きくなった破滅フラグを打ち破る、痛快活劇ファンタジー、第二弾!
この女、ユリアナ、ここまでやっておいて自分がクズという自覚が一切なかったのか。それはそれで凄いな。自分のやっている人を陥れて相手の取り分を奪って他人の尊厳を踏み躙って、高みから優越に浸る、なんて事はみんながやっている事。
そんな風に思っていたのか。
この女にとって、世界はどんな風に見えていたのだろう。
クズは決して幸せになれない。ユリアナと一時的に組んでいた暗殺ギルドの頭目が、彼女に語った一言は、その内実とともに深くうなずかされるものでした。因果応報、とは言い切れない話なんですよね。別に善が報われ、悪もまた報いを受ける、って話でもない。いや、本質においてはそういう事なのか。
クズはどれだけ穏やかな幸せを手に入れても、それに決して満足できない。自らの幸せをも炎に焚べて、他人の不幸に酔い知れるからこそクズなのであって、決して自分の幸せに満たされない存在なのだと。
その暗殺ギルドのクズは自らをよく理解していた。だから、彼は幸せにはならなくても、不幸にはならなかったし、破滅もしなかった。
ユリアナは、自らをクズだとはまったく思っていなかったからこそ、破滅へと一直線に滑落していってしまったのか。
相手が悪かった、とも言える。ユリアナという毒婦は、その毒のあまりの強さ故に自らの破滅に周りすべてを巻き込むほどだった。国王陛下は強かな政治家として、国主として、ユリアナの毒を利用して国内を掃除するつもりだったみたいだけれど、これ結果として大失敗してるんですよね。
この毒は発見次第、患部ごと切除しなくては全身に回る毒だったのに、その判断を間違えてしまった。もし、キリハが居なければこれもうエラいことになっていたわけですから。
逆に言うと、国王陛下が目論んでいた形とは違うことになりましたけれど、キリハという毒を持ってユリアナが撒き散らした毒ごと国内の不良債権を一掃出来た、とも言えるわけだ。けれど、キリハに便宜図ったというほど支援もしてなくて、ほぼキリハが勝手にやった事だもんなあ。
まあいずれにしても、ユリアナとは役者が違いすぎた。
これがキリハがただのヤクザの組長の娘、とかだったらともかく、ヤクザの女大親分として表では企業群を仕切り、裏では全国津々浦々支配下に収めるような器だったわけですから、経験値が違いすぎる。
……そりゃ、こっちの世界でも裏社会には首突っ込みますよね。キリハにとって自分のフィールドというのは貴族世界や冒険者稼業よりも、裏稼業を仕切るマフィアの方なのですから。本業ですし。
むしろ、やり方、筋の通り方に関しては表稼業よりも通じてるわけで。前世でヤクザものたちを心から心酔させたその心意気は、そりゃあ任侠者ならこれ以上なく琴線に触れるものだったでしょう。
姐御呼びが、レイハには一番似合うよな。

一番面白かったのは、ユリアナの謀略によって正式に公爵家を引き継いだ上で、継承した途端に荒廃しすぎて革命が起こり反乱軍によって支配された領地を取り戻さなくてはならなくなったパートでしたけれど。
どうやっても詰み。あまりにも盤面に乗り込んだ時期が遅すぎて、挽回の目が完全に失せている、というゲームオーバーの状況で彼女が取った、盤そのものをクルリとひっくり返す手管が面白すぎました。これ、ここのパートは一冊くらいかけてじっくりやってくれても良かったのに、と思えるほどで、ダイジェスト展開みたいになっていたのはちょっともったいなかった気すらします。革命軍のリーダーも、もう少しちゃんと相手してほしかったでしょうし。
これは本作全般に言えるところかもしれませんけれど、ちょっと全体に急ぎ足でバタバタとストーリーを進めてるきらいがあったんですよね。それぞれのエピソード、もうちょっとじっくりと足を止めて当事者となるキャラたちを掘り下げつつ話を広げてくれてたら、もっと良かったんじゃないかな、と。話のスピード感は痛快でしたけれど、豪勢で味わい深いだろう品の良い料理を、早食いみたくガーッと掻き込んで食べてしまったような、もったいなさがありました。
この1巻で話を終わらせないといけない、という所もあったのでしょうけど。話を巻いていた、というほど性急さがあったわけではなく、ヤクザ令嬢一代記の「ざまぁ」キメるまでの物語としてはしっかり以上にガツンと威力たっぷりに書かれていたとは思うのですが。
キャラクターにしても、物語にしても、2巻で終わらせるには内包してるポテンシャルが凄く高かったのでしょう。まあ相手があのユリアナだと、あんまりじっくり腰を据えてやるには格が足りなかったのもあるでしょうけれど。彼女は毒が強いと言っても格としては小物であったのも確かですから、そう長いシリーズ続けて持つほどの悪役ではありませんでしたからねえ。
ともあれ、粋な気っ風と心意気が痛快な女任侠一代記であり、これ以上無くクズを踏み潰し切って捨てる見事な「ざまぁ」でありました。


悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。 ★★★☆  



【悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。】 翅田 大介/珠梨 やすゆき 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ケジメを付けろ!? 型破り悪役令嬢の破滅フラグ粉砕ストーリー、開幕!

「聞こえませんでした? 指を落とせと言ったんです」
その日、『悪役令嬢』のキリハレーネは婚約者の王子に断罪されるはずだった。しかし、意外な返答で事態は予測不可能な方向へ。少女の身体にはヤクザの女組長である霧羽が転生してしまっていたのだった。お約束には従わず、曲がったことを許さない。ヤクザ令嬢キリハが破滅フラグを粉砕する爽快ストーリー、ここに開幕!

おらぁ、指詰めろや王子様よぉ。と、断罪イベントでむしろ断罪される王子様、超涙目である。
悪役令嬢キリハレーネ、前職ならぬ前世・女極道。ヤクザ令嬢とタイトルなってますけれど、ヤクザの娘じゃなくてご本人が組長をやっていらした女大親分なんですよね。それも小さいシマを仕切っていたようなこじんまりとした組ではなく、日本の任侠組織をまとめ上げ海外マフィアとの勢力争いを勝ち抜き、会社経営なんかも取り仕切って経済ヤクザとしても覇を極めた伝説の女任侠・和泉霧羽。
むしろ異世界で貴族令嬢やってるよりも、こっちのヤクザ時代の話のほうがド派手な冒険譚になってやしないだろうか、と思ってしまう経歴なのだけれど、そりゃあ中身がこれじゃあちょっと顔が良くて家柄が冴えているだけの王子さまたちなんぞ、ケツに毛の生えた小僧に過ぎず。なんの覚悟もなく寄りかかってくる貴族令嬢なんぞは「顔を洗って出直しな、小娘ども」と喝破するのがよく似合う。まあ役者が違うというものだ。
それに任侠者ではあっても正義の味方でもお優しい聖女でもないわけで、乙女ゲームに相応しい慈しみの心とか、コンプレックスを乗り越える手助けをしてあげるような手取り足取り支えて導いてあげるような親切心など、欠片もないのである。
自立するなら自分で立て、助けてほしけりゃ覚悟を見せろ。筋は通すし義理も果たすが、筋の通らない事は許さねえし不義理に対しちゃーきっちりケジメ、つけさせてもらいます。
とまあそんな勢いで、乙女ゲームのシナリオを蹂躙し攻略対象の小僧どもを容赦なく蹴散らしていくこの痛快さ。彼女の舎弟みたいなのになってしまう、貴族令嬢三人娘たちもそれまで貴族の娘として身を律して感情を整え抑え込んできたものを、自由かつ毅然と振る舞い貴族令嬢の枠に留まらないレイハの姿に感化されて、己の怒り、憤懣、復讐心、野心、欲望を曝け出して思うがままに振る舞い出すその様子は、まあなんというか自立した女性を通り越したナニカになってて、うん凄かった。
特に、他の二人が婚約者だった貴族の若者たちにさっさと見切りをつけたのに対して、幼馴染の婚約者に執着して、離れてしまった心はもういらないけど、身体は絶対に離さない。彼を所有できるのなら、悪魔にだって魂売ってやる、ともうヤンデレを通り越したナニカに成り果てたのを見たときには笑ってしまった。これが見るからに女性らしい女性ならまだしも、ヅカ系男装騎士令嬢から溢れ出すドロドロの怨念的執着ですからね。
女の暗黒面をこれでもかと曝け出す三人娘に、莞爾と微笑んで「良し」と言ってのけて、任せろと請け負うキリハさんのカリスマである。
実際、彼女の強烈な輝きは人を惹きつけてやまず、自身身体一つで冒険者稼業なんかも並行して行うものだから、市井でも人気を集め、さらに騎士のおっさんどもからもその勇ましくも美しい、しかも絶体絶命の危機にして死地ですら堂々と振る舞い姿に魅入られて、身分問わず凄まじい人気を集める始末。
前世でも、男には縁がなくって普通の恋愛がしたい、なんてうそぶいていましたけれど、自身を変えるつもりがさらさらない以上、ちょっとこの人に見合う男って早々見つからないんじゃないだろうか。執事として侍りつつ、キリハに色々と押し付けようとしていたこの世界担当神様のジェラルドは、もう顎で使われるだけの三下使いっぱしりにすぎないですし。こいつ、神様のくせにしょぼすぎるw
というか、このキリハさんの貫目に見合うような男って、国王陛下くらいなんですよね。立場上、嫡子の元婚約者なのですけど、国王陛下わりと本気でキリハの事狙いだしてやしないだろうか、これ。

そしてキリハさんのやり口なのですけれど、長ドス振る舞わすだけの脳筋ではなく、組織の取りまとめにも長けていたように交渉ごとも結構得意で、さらに会社経営者としての顔もあり経済ヤクザとしての辣腕の持ち主でもあるので、絡め手ハメ手もなんのその、なんですよね。結構えげつない手段で三人娘たちの障害になっていた商家や貴族家を陥れ、没落させ、抜け出せない沼に蹴落としていくやり口は、まさにヤクザ、ヤクザのそれである。いや商売の闇なんてそんなものだし、貴族同士の勢力争いも似たようなもの。ヤクザとはいくらでも親和性ある、という事なんでしょうね。
とはいえ、キリハさんのやり方はきっちり筋を通したものですし、彼女に寄って今回陥れられた人たちはそれだけ足元がお留守だったり、不義理を重ねていたことこそが没落の要因だったので、ちゃんと勧善懲悪っぽくはなっているんである。
こうして女性たちからは慕われ、一廉の男どもからも懐かれて、一種のカリスマとなっていく彼女。身分性別を問わずに人心を集め束ねていく姿はまさに姐御、姉さん、伝説の女大親分の器量である。
対するは乙女ゲーム主人公のキャラに収まった、前世・サークルクラッシャーの因業女。人を陥れ破滅する姿を見るのが楽しみという、人の不幸は蜜の味を地で行くまさに邪悪そのもの。だからこそ、他人を苦しめ人の絆と心を壊し、尊厳を踏みにじるを得意とする魔性の女である。
まさに対極をなす女同士、どちらかが破滅するまで終わらないだろう対決は、このまま第二ラウンドへ。これはキャットファイトなんかじゃ済まないドロドロの対決となりそう。ある意味、ワクワクw

翅田 大介・作品感想
 

4月25日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索