【推しの敵になったので】  土岐丘しゅろ/しんいし智歩 TOブックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
女性に発現しやすい異能力《天稟》が発現されて百年。世界は男女逆転社会の様相を呈していた。ところが、この世界に転生した大学生イブキは男でありながら《分離》の《天稟》を持つ。人智を越えるパワーの反面、隣人とのボディタッチを強制させられる《代償》を持つ不便な力だ。彼がこの世界で成すのは──まさかの推し活!?彼は正義の組織【循守の白天秤】に所属するヒナタが大好き!新人隊員の彼女は天真爛漫。《天稟》の《代償》でちょっぴり(!?)食いしん坊なところもとても愛らしい。ある時は幼馴染の兄として、またある時は悪の組織【救世の契り】の構成員として、ヒナタたち推しを最前線で見守っていることは絶対に秘密だ。そんなある日、ヒナタの相棒・ルイに正体がバレそうになって……?推しの未来は俺が守る! 愛だけで突き進むシークレット・イルミナティ!

続きを読む