放課後四重奏

放課後四重奏 34   

放課後四重奏 3 (GA文庫)

【放課後四重奏 3】 高木幸一/ぜろきち GA文庫

Amazon

……恋って、いいね……。

「だけど必ず、いつか、誰かだけが特別になる。……その人しか、見えなくなる……」

草ヶ部の告白から数週間後、SL会と峰は西京路に旅行に来ていた。
にぎやかに西京路観光を楽しむ灰堂、菜花、草ヶ部、空上、峰だったが、
時折、灰堂をめぐり、火花を散らす状況が増えていく。
そんな中、うつむいている、ひとりの少女のことが、灰堂は気にかかっていた……。

そして、灰堂は忘れていた過去の記憶をも思い出す。
「……俺の昔のあだ名が、あーくんなんだよ」

人間嫌いだった灰堂は、SL会による出会いで、何を学び、何を選ぶのか!?
青春ラブコメ四重奏第3弾!
恋って、いいもんだなあ。
ライトノベルにも名作・傑作と呼んで過言ではない青春ラブストーリーは幾作も生まれていますが、この【放課後四重奏】もそんな青春恋愛小説の傑作に見事に名を連ねた、と言ってもいいんじゃないでしょうか。素晴らしかった。恋、という事象がどれほど素敵なものなのか。この五人の男女の一生懸命精一杯の恋模様を見ていると、思わず読んでいるこっちまで胸がいっぱいになってしまうほどでした。なんて、瑞々しい恋なんだろう。
ラブストーリー、恋物語というと良く炎や熱に例えられますけれど、本作はそうした熱量よりもむしろ水を連想させる恋模様でした。弾けそうな気持ちの瑞々しさ、心の器を越えて溢れ出しそうな決壊寸前の想い、止めどもなく踊り続け抑えられない好きという気持ち。これらは炎に例えるよりも、常に形を変え動き続ける流体のようで、手で救い上げても指の隙間からこぼれ落ちていってしまうような儘ならなさ、泥々と停滞しない胸の透くような清涼さは、読んでいてピチピチと弾けそうな瑞々しさを強く感じさせるものでした。
内に想いを溜め込んで燻らせてしまうのではなく、素直に思いの丈をぶつけることを恐れない少女たちの勇気、それを真正面から受け止めて誠実に向き合う灰堂の愚直さがひたすら爽やかであったのも、大きな要因だったのでしょう。好き、という気持ちに突き動かされ、精一杯目一杯にぶつかっていく彼女たちの姿は、恋という感情の勢いの凄さを、キラキラと煌く眩しさをこれでもかというくらいに突きつけてきます。好き、という気持ちに身も心も埋め尽くされることがどれだけ幸せなことなのか、その恋が叶うか否かを抜きにして、ただ恋をしているという今こそが、幸せの極地だったのでしょう。もちろん、恋が叶う事こそ最高だったのでしょうけれど、そうでなくても恋をしていられる、という事こそが幸せそのものなのだと、彼女たちを見ていると思うことが出来ました。
良く、好きな人と一緒に居られるわけで幸せ、なんて文句を聞きますけれど、その本当の実感をこれを読んで分かった気がします。建前じゃないんですよね、一緒に居られるだけで幸せって。何もしてない無くても、何も喋っていなくても、黙ったまま何もしなくて同じ場所にいるだけでも、幸せでいられる気持ちこそ、恋。いや、究極的には一緒にすら居られなくても。ただ、想えて居られればそれだけでも……。そんな風に思えるくらい、彼女たちの恋は、瑞々しく弾けて輝いていました。
灰堂が誰を好きになったか、誰を好きだったかは、彼の言動を見ていると自ずと理解できてしまって、薄々この旅先で他の三人も気づいていたんでしょう。だけれど、彼女たちは全力でした。諦めずなりふり構わず、全力でぶつかっていきました。カッコ良かったなあ、惚れ惚れしたなあ。あれだけ、全力で気持ちをぶつけられる機会が、果たして人生にどれだけあるでしょう。草ヶ部も空上も峰も、とても素晴らしくて良い恋をしていました。そして、その恋は敗れてもいささかもくすまず曇らず乾くこと無く、瑞々しいまま彼女たちの中でなおも育まれています。頑張れ、頑張れ女の子たち。いつまでもその恋を胸に踊らせ、全力で幸せに在れ。
最高で最幸の、青春恋愛ストーリーでした。ビバビバ♪

1巻 2巻感想

放課後四重奏(カルテット) 24   

放課後四重奏 2 (GA文庫)

【放課後四重奏(カルテット) 2】 高木幸一/ぜろきち GA文庫

Amazon

恋の導火線が点火する青春ラブコメ四重奏!

「――この男がわたしの彼氏! 」

新学期。
灰堂の素の行動に、怒ったり、照れたりと、賑やかなSL会の日常。
そんなある日、空上のいた水泳部の男子たちが、会室にやって来る。
彼らは、空上に振られても、あきらめられない男たちだった。
そんな彼らを説得するため、空上は灰堂を彼氏だと言い出す!
その宣言に涙目の菜花、無表情で灰堂を見つめる草ヶ部……。

空上の嘘を押し通すため、灰堂と空上はデートをすることに!
しかも、灰堂に女子との付き合い方を、教育するという理由で、
菜花、草ヶ部ともデートをすることに!?

「ねぇ、誰がいちばんよかった?」
青春ラブコメ四重奏第2弾!
空上って、三人娘の中では一番今時の女の子で、いわゆる女子力に長けたヒロインなのかと思ってたんですが……むしろ女子力ゼロじゃねえか!! むしろ、二次元女子である草ヶ部の方が女子力遥かに高いよ!!
あ、あかん、この娘わりとズボラ系だ。そして全然恋愛慣れしてない。最初の彼女が恋人欲しい、とSL会に訪ねてきたのは案外切実な想いからだったのやもしれない。話を聞いている限りだと、あまり異性の区別なく男女問わず屈託なく接するタイプの女の子みたいだったんですよね、空上って。突き詰めると、男女の距離感を把握していないタイプ。気安く付き合うからよく勘違いさせてしまうのか。その為か、恋愛スキルも経験も未熟者の初心のくせにやたらめったら男子から迫られて相当参ってた様子。もっと狡猾に立ち回れてたのならもう少し状況も落ち着いてただろうに、でも男連中がSL会に押しかけてきた時のとにかく行き当たりばったりで後先考えてない言動を見る限りでは、この娘にそういう腹芸を期待するのは無理なんだろうなあ。
という訳で、二巻で早々に灰堂をめぐる女達の恋愛模様は嵐の様相を呈しはじめる。というか、SL会として生徒諸氏の悩み事相談受け付けます、という本来の業務はほぼ放ったらかしでしたがな。一応、空上の依頼という体裁をとっていましたけれど。
でも、本格的に女性陣の鞘当てがはじまると、彼女たちの瑞々しいまでの動きっぷりが眩しいばかり。本来のラブコメと違って、主人公の灰堂が攻略される側なせいか、女性陣の動きが受け身じゃなくすごく能動的なんですよね。現段階でまだはっきりと正面攻撃を行なっておらず、威力偵察の段階でライバルの動向を伺いつつ灰堂をとりあえずマトモに恋愛できるくらいのレベルまで常識や感性を引き上げようという段階にも関わらず、空上も菜花、草ヶ部もその恋心がキラキラ輝いて見える。いいなあ、ここまで瑞々しい恋模様はなかなかお目にかかれませんよ。普通の男性主体の男の欲望が篭ったものと違って清涼さと活力が併存している感じなんですよね。その意味では真っ当なくらい真っ当な青春恋愛劇、と言っていいんでしょうけれど、その中でも昨今では注目に値する良作ですよ、これは。
意外と、部外者である峰が良いアクセントというか刺激になっていて、一度振られながらも二度目のチャンスを伺居続けてひたむきな攻勢を弱めない彼女の姿勢が、ともすれば内向きに固定されて同じ所をグルグルと回りかね無いSL会の三人娘を落ち着かせない形になっているようです。それでも、最後の草ヶ部の決断には驚かされましたけれど。草ヶ部って、実は一番臆するところを知らないタイプだったんだなあ。二次元主義者でありながら、社交性やファッション性など外向けのスキルも意外なほど高いんですよね、彼女。空上じゃなくて彼女がわりと主導権を握って灰堂と自分たちの間柄を刺激する方向に持って行こうとしているし。こういう視点が高くて遠くまで見通せる娘は、その聡明さ故に動きが鈍いものなんだけれど、その点彼女は勇気があるんだなあ、と感嘆する。
だから、個人的には草ヶ部には頑張って欲しいし、今回いろんな反応や挙動がいちいち可愛すぎた空上には報われてほしいなあ、と思うのだけれど、灰堂の反応を見る限りでは菜花がやっぱり本命っぽいんだよなあ。

さて、デートイベント満載だった今回ですが、なんちゃってデートじゃなくって、三者三様どのデートも本格的というか本気デートというか、お為ごかし抜きの本物のデートみたいで、見ているだけでなんだか微笑ましかった。意外と灰堂のエスコートがマトモだったせいか(時折突拍子もないことを仕出かしたりもしていましたが)、三人娘みんな本心からデートをデートとして楽しんでたんですよね。ニセとか練習とか抜きにして、心から楽しみ心躍らせていた様子は、笑みがこぼれるのを止められませんでした。いいなあ、こういうの。
しかし、ある意味本音しか言わない灰堂は、それゆえに言動が凶器だわなあ、これ。よくまあ、あんな恥ずかしいセリフを臆面なくはけるものである。この男、自分がどれだけ恥ずかしいことを口走ってるか全然理解してないんだよなあ。ホストみたいな口説き文句を、営業トークじゃない素で言われたらそりゃたまりませんわw

最後までアグレッシブだった女性陣。そのお陰でラストでは思いもよらぬ衝撃的な展開に。波乱必至の旅行編は、次回。これは楽しみなシリーズになってきました。


放課後四重奏(カルテット) 1 4   

放課後四重奏 (GA文庫)

【放課後四重奏(カルテット) 1】 高木幸一/ぜろきち GA文庫

Amazon

人間嫌いの高校生、灰堂青は寮を出て、旧校務員室に住む少年である。彼はある日、屋上から飛び降りようとする少女・菜花心月と出会う。

「……見届けてくれますか?」
「断る、勝手にしろ」
「えっ!? あなたには、人の心というものがないんですか!?」

口論の末ふたりはプールへ落下。
その一週間後。彼は長らく避けていた同好会に入ることを担任に強制されそうになる。そこで彼は、誰も近寄らない、ひとりだけの同好会を作ることに。しかし、その会室にいたのは……人体模型に告白する飛び降り少女!?

不器用すぎる少年少女たちが奏でる青春ラブコメ四重奏

この主人公、面白いなあ。彼が基本的に人間嫌いというのは事実なのでしょう。ただ、彼は嫌いな人間というものを不当に憎んだり貶めたり敵視しておらず、自分が距離を置くことに終始している。彼が人間嫌いになった事情からして、人間というものに対する深い不信感があり、他人との距離感に強い警戒感を抱いていしまう所が伺えるのですけれど、その対人の態度を必要以上に攻撃色に染めずに感情的にならず、理性を以って対応しているのは灰堂青という青年の誇り高さを感じさせます。漠然としか明らかになっていませんけれど、彼のこれまで経験してきた事情を鑑みるならば、もっと僻んだり歪んだり、自分自身を憐れみ、自分をひどい目に合わせた他人という存在に対して敵意をあらわにしてもおかしくないと思うんですよね。
ところが、基本的に徹底した距離をおくことを心がけているものの、彼は敬するべき人間には相応の態度で応じているし、相手が本気で困っていたら、相手がそれを表に出していなくてもスッと手を差し伸べている。
根本的に優しい人間なのでしょう。彼は、嫌うことと憎む事は全く違うということをプライドを賭けて体現している。
面白いのは彼、他人と距離を置くことに執心してきたせいか、対人コミュニケーションスキルが微妙に欠けてるくせに、必要以上の社会的コミュニケーションスキルについては、他人と適切に距離を置くために磨き上げられているというアンバランスさを秘めてるんですよね。なので、普通に接している限りでは彼がコミュニケーション障害の対象者とは気づかないため、彼と接することになった諸々の彼女たちは突然降って湧いたように起こる予期せぬ灰堂青の常識の無さに振り回されることになる。特に彼の凄いところは、相手のパーソナルスペースへの踏み入り方に躊躇とか予備動作が全くないんですよ。直前までお前なんか興味ない、関わりたくない、という態度を全面に出していた男が、一瞬後にぎょっとするほど間近にいて顔をのぞき込んでいる。それで、真顔でお世辞やお為ごかし、社交辞令というつもりのない、飾らない言葉や態度で接してくる。物凄いド直球のストレートで。かと思えば、あっという間にまた距離を開けて素っ気ない態度で見向きもしない。
今回のお話では、基本的に彼のそうした態度が見られたのは相手が女の子に場合に限っていたのですけれど、多分これ老若男女関係ないんでしょうね。灰堂青本人は、自分がどれだけ滅茶苦茶な距離感で人と接しているか全然気づいていないのだけれど、これをやられた相手はもう目を白黒させて絶句する他ない。なにしろ、中間距離がないんですもんね。しかも、これから近づきますよ、という前振りもない。度肝を抜かれますよ。
ただ、彼がそうやって近づいてくるのは、灰堂青が相手を心配して居る時、その人に対して何らかのアクションを取るべきと考えた時なので、その人が本当に窮して参っている時が多い、それでなくても心にポッカリと隙ができている時や弱気になってる時だったりするので、灰堂青にダイレクトにヅガンとやられてしまうのだ。本人の意図しない所で、押したり引いたりの加減が空恐ろしい絶妙さになってしまっている。
なんでこいつに親しい友人がこれまで一人もできなかったのか不思議なくらいなんだけれど、これまで本当に巧妙に他人を避けてきたんだろうなあ。それが、菜花心月というこれまた無茶苦茶な少女と遭遇してしまうことで事故的にバランスを崩してしまったのか。いや、これは担任教師のファインプレイと言っていいのかもしれない。同好会を言い出したのは灰堂青当人だけれど、あの担任の先生の後押しの仕方を見るとこの先生、灰堂青という青年の特性をよく見抜いていたとしか思えないんですよね。食わせ者もいいところだけれど、頼もしいわこの先生。

生徒たちから持ち込まれてくるお悩み相談を聞くSL部。訪れてくる相談者たちの他愛もないようで、でも真剣な悩みをしかめっ面で聞きながら、思わぬ勢いでバッサリと断ち切り解決していく灰堂青の、この予想しにくい切れ味の解決法は、見ていても本当に面白いので次巻以降もこの調子でザクザクやってって欲しい。
ラブコメパートはハッキリ言って、これ攻略される対象が灰堂青の方。攻略するのはヒロインたち。この難攻不落の大要塞を陥落せしめんと果敢に立ち向かおうとするSL部は菜花・空上・草ヶ部の三人娘に他もろもろ。この逆転の構図も面白いんですよねえ、一体誰がこの難物の心を射止めるのか、今のところ菜花心月が若干リードといったところだけれど、彼が心を許している程度では空上・草ヶ部もさほど変わりないので、リードというほどでも無し。これはデッドヒートが予想されますよ?

高木幸一作品感想
 

6月14日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月30日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

5月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索