徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

早川ハルイ

ワールド・イズ・コンティニュー 2 ★★★☆  

ワールド・イズ・コンティニュー2 (ファンタジア文庫)

【ワールド・イズ・コンティニュー 2】 瀬尾つかさ/ 早川 ハルイ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

“死んでも蘇る”を繰り返し、レベル100に到達した浩史とハイシェン。しかし、姉が待つ地に辿りつくには最強の旅団を作ることが必要だった!敵陣を穿つアタッカー、絶対的タンク、広範囲への制圧力。必要なピースを探す浩史だが、やっと見つけた一対多のスペシャリスト、シリンはどうやらハイシェンと相性が…?浩史にべったりなハイシェンに気ままなシリン。おまけに、素直でなかった風羽根も少しずつ積極的になってきて…!?浩史は旅団をまとめ上げることができるのか。攻略は新しいステージへ!!
打ち切りかー。僅か二巻で、というのは辛いなあ。
本作って、6人居る闘神のそれぞれが、別の世界の人間なんですよね。その使徒として召喚されるのも、また闘神と同じ世界の人間たち。それぞれの世界に異なった文化があり、能力があり、価値観がある。今度登場したシリンの居た世界というのは、魔法と科学が融合した文明が隆盛をなしていた世界であり、相応に機械群を操る文化を持っているのだけれど、このように召喚されたこの世界で用意されていたシステム上のスキルや職種とは別に、使徒の出身によって価値観の相克があり、それが文化交流みたいなのも催す萌芽となる描写もちらほら散見されて、シリーズ長く続いていくとそこらへんにもスポット当たったんだろうなあ、といささか残念なんですよね。
現段階でも、不老不死で自壊死以外に死なない使徒たちと、普通の寿命しか持たない彼ら使徒の二世・三世との世代ギャップ、同じ使徒でも既に百年以上生きている人たちとまだ召喚されたての若い世代との意識の違い、同じ日本人でも元の日本を知らない二世・三世世代との違いなど、異なる在り方の人々との「交流」と「協力」。友人になること、仲間になることへのハードルをこうして設けているのを見ると、この作品に設けられていたプランニングが色々と想像も出来るんですよねえ。
それなりに長期プランを組んでたんじゃないかなあ。
勿体無い。
個人的には桃子の、闘神たちが企図したゲーム攻略ルートを思いっきり無視した経済掌握による世界大改造がどうなっていくのか、の方をもっと見ていたかったんですけどね。本来なら百年を費やしてもレベル100に至れない中で、僅か数ヶ月で効率的レベルアップ法を駆使してレベル100に到達した浩次は、最初からゲームの攻略法を知っていたにしても十分頭おかしい人種なんだけれど、それに負けず劣らずわずか数ヶ月で地域の経済掌握したどころではなく、流通革命を起こして世界の在り方そのものを数ヶ月で数百年単位で発展させようとしている桃子女史の方も十分頭おかしいんですよね。二巻、名前だけで一切登場していないにも関わらず、この存在感w
それよりもヒロインとして面白かったのは風羽根由紀その人でしょう。桃子が金庫番にして財界の妖怪とすれば、風羽根は組織運営の魔人、みたいな人なんですよね。元からある組織をうまく動かす、というのなら出来る人は少なくないかもしれないけれど、ゼロから組織立ち上げて人集めて各界と協力繋いで、滞りない運営体制を作り上げて、最終的に自分が居なくても組織が勝手に動けるように完成させる、って豪腕どころじゃない手腕なんですよね、これ。召喚されて大混乱に陥っている連中をまとめ上げて、というだけでも凄いのに、浩次たちのバックアップをほぼ完璧に物資の提供から人材の確保から何からこなし切ってたわけですしね。
んで、彼女が凄まじいのは、当時居た現地で作り上げた組織を自分が関わらなくても自力で運営できるようにした上でほっぽり出し、自分は身一つで浩次たちが新しいフィールドに進出したのにくっついてきた挙句に、またその新しい土地で新しい組織作り上げて、さらに大規模に浩次たちを支援できる組織とその枠組をつくりだしてしまった、というところなんですよね。
化け物か、この女!!
しかも、それって一途に浩次を助けるため、ただそれだけのためなんであって、ゼロからバックアップ体制を作っては、それを放り出してしまうのに一切躊躇がないのである。野心とか全然ないんですよね。果たして、かつてここまで都合が良すぎる女が居ただろうか。自分の手持ちの財産や能力から際限なく貢いでくれる女性は珍しくなかったかもしれないけれど、ただ貢ぐためにこれだけ巨大な影響力を及ぼす体制を構築してしまうとか、とんでもねえよ! それで、ちょっと感謝されたりしただけでテンションマックスまであがって鼻血出してしまって満足するというチョロさ。餌、それだけでいいの? という見返りの無さなんだけれど、風羽根さんは十分満足そうなので、いいんでしょう。そう思っておいた方が平和だ、きっと。

1巻感想

ワールド・イズ・コンティニュー ★★★  

ワールド・イズ・コンティニュー (ファンタジア文庫)

【ワールド・イズ・コンティニュー】 瀬尾つかさ/早川ハルイ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

異世界フルシエラ―その世界に召喚された者は『闘神の使徒』と呼ばれ、『クラス』を選び、『スキル』と『レベル』を伸ばしながら魔物と闘い、エリア開拓に挑んでいた。ゲーム好きの浩史はこの世界の謎に迫るためレベル100を目指す。しかし魔物の強さは異常でゲームバランスとしては最悪。そんななか浩史が選んだのは弱体魔法特化の錬金術師、そして“死んでも蘇る”を繰り返すスタイルだった!?強敵に怯まず苦境を何度も乗り越える姿に「コージの心は強い…わたしも強くなれる?」魔法戦士の少女・ハイシェンの折れかけた心にも希望が戻り―。ピーキースタイルが異世界攻略の道を拓く!!
「レベルを上げて物理で殴れ」という方法は単純に真理であるのだけれど、考えてみるとこれってゲームバランスが取れた良質なゲームであってこその理屈であるのかもしれないなあ。容易に詰みかねないゲームだと、進行は非常に慎重に行わなければならない。戻ることの出来ないゲームなら、最初に選択した方向性でその時点で詰みかねないからだ。
この作品世界の場合、死んでも生き返ってやりなおせる、というトライアルアンドエラーが出来るものの、ゲーム自体をリセットして最初からやり直したり、転換点となるポイントまで巻き戻る、ということは出来ないために、どうやったって前に進むことの出来ない状況が現出してしまう世界である。
古いゲームプレイヤーなら経験はあるだろうか。ダンジョンのボス前でセーブしてしまって、ボスは倒せずしかし戻るルートは封鎖されていて脱出もできず、ゲーム自体進めることができなくなってしまった経験が。
普通は、幾つかストーリー進行に添ってセーブポイントを残しているものなんだけれど、興が乗ってリターンポイントとなるセーブを残さず進めちゃっていたり、そもそも古いゲームだとセーブストック自体一枠しかないものも決して少なくなかったんですよね。
あの、二進も三進も行かなくなってしまった時の目の前が暗くなる感覚は忘れがたいものがある。あれ、復活の呪文を忘れてしまうケースよりも最悪なんですよね。少なくとも「復活の呪文」形式は、以前のメモが残っていることが珍しくはないですし、その日のプレイは無駄になってしまったとしても、やり直しは出来るわけですから。
ボス前セーブポイントの場合は、もうゲームそのものを一からやり直さないといけないわけで、ほぼ確実にココロが折れます。
当然、現実で同じことが起こった場合の地獄は想像に余りあるものがあります。何しろ、現実ではゲームの電源を落とすことは出来ない。不老不死のプレイヤーは永遠に行き詰った牢獄のなかで精神が崩壊するのを待たなければならない。
そんな結末を、最初から組み込んでいるかのように「自壊死」という自殺システムが最初から装備されているあたりに、この世界の仕組みの恐ろしさが溢れ出しているのではないでしょうか。
ぶっちゃけ無理ゲーすぎるだろう、これ。
そんな中で、この世界の仕組みを開設したと思しき女性の弟として、姉が作るピーキーすぎるゲームを幼い頃からプレイして、味わい尽くし攻略し尽くしてきた主人公は、この世界の仕組みの勘所というものを肌で習得しているわけで、スタート地点でまったく違っているんですよね。
それでも、「死」という凄まじいストレスに全く怯まず、死んで蘇って不備を解消して、を繰り返していく浩次の異常性こそが、彼の躍進の最大要因なのでしょう。何しろ、死ぬことに対して全く負荷らしいものを感じてないようだものなあ。
作者の作品としてやや珍しいなあ、と思うのはプレイヤーが戦闘を行うための環境構築に政治要件が含まれていないことか。瀬尾さんの作品って、だいたいにおいて組織力学や政治力学によって戦闘を行うにあたって幾つもの障害や阻害要因が発生していて、それらを排するために或いは有利な状況に転換して、戦闘従事者に十全以上の力を発揮させるための環境整備を行う「政治家」としての役割を負ったヒロインが登場するんだけれど、本作では戦闘フィールドが非常に限定された場所で展開されて、ほぼどうやって能力を上げてボスを攻略するか、という戦闘面に限定されていて、物語において語られる工夫や工作もその方面に集中しているわけだ。その意味では、実験作でもあるのだろうか。
でも、決して「政治家」タイプのヒロインがいないわけじゃないんですよね。ダンジョンの外で待機して支援を担っているクラスメイトの子が明らかにそのタイプで、穿ってみるならば既にこの一巻の舞台となる閉鎖フィールドに浩次が挑むという事自体が、そのクラスメイトの子が整えた環境である、とも彼女と浩次の通信内容を見たら考えうる範疇なんですよねえ。
そう考えると、瀬尾さんが最近書いていた一迅社文庫の【高度に発達した魔法は神の奇蹟と区別がつかない】が政治パートに物語の進行やキャラの動向の比重が置かれていたのと真逆の構成になっているわけで、色々と面白い。
これでメインヒロインが、他の作品だとサードヒロインタイプとなるトリッキーな食わせ者系だったら面白かったんだけど、ハイシェンのキャラは天然無垢な子犬系なので、そのあたりはオーソドックス、と思ったけれど、ハイシェンって天然な分規定に捕われないフリーダムな自由人なところがあって、基本二人きりでの行動となってる中でそのフリーダムさはなかなかツボをつく部分があって、けっこう好きかも。
この一巻、ラストの展開を見るとただのチュートリアルだった可能性も高いので、ストーリーの進行や他のヒロインの動向も本番は次からなんじゃなかろうか。とにかく、ある程度ヒロインが揃ってから、だわなあ。

瀬尾つかさ作品感想


 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索