【神は遊戯に飢えている。1 神々に挑む少年の究極頭脳戦】  細音 啓/智瀬といろ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

『キミ戦』の細音啓最新作。人類VS神々の至高のファンタジー頭脳戦!

暇を持て余した至高の神々が作った究極の頭脳ゲーム「神々の遊び」。永き眠りより目覚めた元神様の少女レーシェは、開口一番にこう宣言した。
「この時代で一番遊戯の上手い人間を連れてきて!」
指名されたのは“近年最高のルーキー”と注目される少年フェイ。二人が挑む「神々の遊び」は難易度高過ぎで完全攻略者はいまだ人類史上ゼロ。なぜなら神様は気まぐれで、とっても理不尽で、たまに理解不能だから。だけどそんなゲームだからこそ、心から楽しんで遊ばなきゃもったいない!
ここに、天才ゲーム少年と元神様の少女と仲間たちによる、至高の神々との究極頭脳戦が幕を開ける!

ゲームってのは色々な楽しみ方があるけれど、やっぱり同じ土俵にアガって対戦する事は楽しみ方の中でも一番肝心な部分なのだと思う。一方的に格下、雑魚、無力なものを蹂躙したり弄んだりして自分の能力に酔いしれたり、相手の無力さをあざ笑ったりするようなやり方はそれはそれで一つの楽しみ方なんだろうけれど、それは一人遊びの領域だ。
本来、神が人間に与える「試練」というものは、神話なんかでも良く見受けられるけれど、同じように一方的な代物で、上の立場から人を見下ろして翻弄するようなやり方で、試練を乗り越え神にその偉業を讃えられ恩寵を賜るとしても、結局一方通行なことが多いんですよね。
そこには対等な関係なんて存在しないし、双方が共に楽しいなんて感情は生まれないだろう。

でも、ここで出てくる神様たちは、実に楽しそうだ。
まだ二戦、つまり二柱の神様とのゲームしか見ていないけれど、両方ともゲームマスターである神様は心からゲームとして、参加した人間たちとの対戦を「楽しんでいた」。
そこに、人間たちを見下す感情は存在しないし、そこにあるのはあくまでGMとプレイヤーとしての関係であり、立場の上下は見えない。神様たちは、対等な遊び相手として人間たちとの遊戯を心から堪能している、ように見える。
そんな楽しみにドハマリしすぎて、自分もGMじゃなくてプレイヤーとしてゲームに参加したい、人間と一緒に遊びたい、神様と遊びたい、と受肉までしてしまったのが、元神様の竜神リーシェ様である。
ガチ勢だ。
そんなガチ勢に、パートナーとして選ばれたのが主人公のフェイである。彼はまあ、天才なのだろう。頭の回転が早く、観察眼に優れ、集中力の塊であり、何より自他の能力の活かし方の柔軟性が段違いである。つまるところ、神々の遊戯を熟すことが非常に上手い。
でも、上手いだけじゃあこんなにリーシェに気に入られる事はなかっただろうし、波長も合わなかっただろう。結局、同類なのだ、この少年は。
人間たちにとって神々の遊戯は、どちらかというとお仕事だ。人が住む世界をより住みやすくするため、開拓して住める土地を広げるため、遊戯によって得られる能力はとてつもない恩恵となる。それを取得するため、人々は必死になって遊戯に挑む。そこに真剣さや必死さはあっても、ゆとりはあまりないだろう。ゲームの難易度が高いことに顔を顰め絶望することはあっても、ヒャッハーと喜ぶことはないだろう。
でも、フェイは違うんですよね。彼だけは、人間の中で純粋にゲームをゲームとして楽しんでいる。遊戯を遊戯として堪能している。神様たちとの勝負に、対等の立場で挑戦している。神と人、彼我に差を設けず、GMとプレイヤーとして向き合っている。
そう、彼だけが神様たちと「一緒に遊んでいる」という感覚なのだ。難易度だって、そりゃ理不尽すぎたら困るけれど、単に難しいというのなら攻略し甲斐があるってもんで、むしろ面白くテンションアガってしまうタチなのだ。
ガチ勢である。
ゲームは同じ舞台に立ってこそ面白い。自分の側だけ楽しんでいても片手落ちだ。対戦相手も自分と同じように、自分以上の楽しそうなら、こっちだってより楽しくなってくる。自分の考案したゲームを「楽しんで」くれたら、嬉しいなんてもんじゃないだろう。
一緒に、チームメンバーとして戦えたなら、尚更だ。リーシェがどれだけ、フェイと出会えて嬉しかったか、あのテンションの高さも納得である。

ルールも勝利条件も、ゲームの渦中で自分たちで探り当てていかなければならない、というのは相当に難しいと思われるけれど、それで楽しそうなら見ているこっちも楽しくなってくる。不可能を可能としてしまうような神プレイに、一緒に戦う人間たちが、その配信を見ている視聴者たちが、一気にテンションあがり熱が生まれ、盛り上がっていく様子は実にこう、ゲームしてる!という感じがして、心地よかった。
神様たちの理不尽も、横紙破りのズルとかじゃなくて、ちょっと楽しすぎてテンションあがりすぎてはっちゃけちゃった、という可愛げの賜物なので、これも愛嬌てなもんじゃなかろうか。
さても次回からは、同じ人間たち側の中でも最上位クラスの辣腕歴戦たちが名乗りを上げて、現れてきそうなのでこれはこれで面白そう。
そして、フェイがかつて出会った、彼にゲームの楽しさを教えてくれたという謎の女性の正体は、どうして彼女がリーシェと似ているのか。そこのところも、掘り下げていくのだろうか。いずれにしても、2巻の展開を御覧じろ、てなもんで。