月花の歌姫と魔技の王

月花の歌姫と魔技の王 45   

月花の歌姫と魔技の王IV (HJ文庫)

【月花の歌姫と魔技の王 4】 翅田大介/大場陽炎 HJ文庫

Amazon

歌姫の舞台の幕が上がり、戦いの火ぶたが切られる!!

「月花の歌姫」として大舞台に立つことになったルーナリア。
その美しさと歌声は人々を魅了し、ライルに涙を流させるが、人と幻想種との戦争を止めることは出来なかった。
舞台の幕開けはそのまま惨劇の幕開けとなり、戦いの火蓋が切られる。
その中で下されるライルの大きな決断、そして運命に翻弄されるヒロイン達が選択する、それぞれの道とは?
いやあ、ホンマにホンマに。こんだけイイ女が出揃ってる作品は早々ありませんよ。マリーアにしてもルーナリアにしても、イルザにしてもツェツィーリアも、他の作品なら他の追随を許さない抜きん出た超抜ヒロインとして君臨できそうな逸材にも関わらず、それが全員揃っちゃってるんだもんなあ。なんて贅沢な。
いやあ、もう心の底から惚れ惚れさせていただきました、今回は。特にマリーアとルーナリア、この二人はちょっと極まっちゃってましたよ。
マリーア、なんですかあの全身全霊で捧げた献身の中に一輪の花のようにひっそりとささやかな、しかし頑なに飾り立てた乙女の願いは。本気で胸がキュンとさせられてしまったんですが。
その直前の、髪の毛の一本に至るまで自分の全てはライルのものだという気負いも何もない当然の事のように告げた宣言だけでも致死量に等しい凄まじい威力の兵器にも関わらず、対価がそんな事で構わないのかと思ってしまうような細やかな乙女の意地が、胸どころか心臓まるごと首根っこも含めて締め付けられそうな可憐な可愛らしさで、もうあきません、参りました、完敗です。
これほどの女性にこれほどまでに惚れられるって、男の本懐ここに極まれる、だよなあ。
マリーアの魅力というのは、決してライルだけに向けられているものじゃなくて、彼女の心意気に救われ、支えられ、生まれ変わったルーナリアは、半ばマリーアの信奉者みたいになっているのがまた面白いところ。彼女、ダブルヒロインの片割れにも関わらず、どうも途中からライルよりもマリーアの方を向いている傾向が強くなってるんですよね。親友であり、ライルをめぐる恋のライバル同士、という関係ではあるものの、どうやってライルの気を引くかではなくて、どうやってマリーアと対等になれるか、マリーアに張り合うに相応しいだけのイイ女になるか。マリーアのライバルに見合う女性になれるか。と、とにかく基準がマリーアなんですよ、ルーナリアって。一生懸命マリーアのことばかり注視しているのです、この娘。決してライルをないがしろにしているわけではなく、ちゃんと真っ向からライルに告白という宣戦布告をして、雄々しいまでに堂々とライルへの恋に没頭しているのは間違いありません。けれど、それ以上にルーナリアって、マリーアマリーアマリーアなんですよ。それがなんとも微笑ましいというか、恋している相手と恋を争っている相手のことがこんなのも好きでいられるというのは、とても幸せなことなんだろうなあ、とついつい笑顔になってしまいます。
ルナーリアはライルが好きで、マリーアが大好きだ。
この一文が、ある意味すべてを表しているのではないでしょうか。
ルーナリア、ガチでブチキレ!!のあのシーンも、マリーアが傷つけられた事で完全にプッツンきてしまったわけですし。
主人公がヒロインを傷つけられてぶちきれるシーンはありますけれど、ヒロインの片割れが同じヒロインの娘が傷つけられたことで、あれだけ本気で正体失うほどにブチキレるシーンはお目にかかったことありませんよ。もう、どれだけマリーアの事好きなんだ、と。
それでフルボッコにされるのがライルというのがまた……何とも微苦笑を禁じ得ないのですが。いや、でも痛快でしたよ。女の子を哀しませた男は、相応の報いを受けニャアなりません。それが善意にしろ後ろめたさにしろ、真実の愛情だったにしろ、です。何しろ女の子たちは、何の助けもフォローもなく、自力で立ち上がったわけですから、そうするだけの権利があり、義務すらあったに違いないのですから。
お陰で、最後のルーナリアの結論もスッと理解出来ました。そりゃあ、それだけ好きなら諦められんよなあ。好きなもの同士結ばれて幸せになってくれるなら、それであきらめが付く……という範疇をとっくにぶっちぎってますもの、これ。ある意味一番肉食じゃないか、ルーナリアって。
これほど恐ろしいお目付け役は居ませんよ。なるほど、最後のこの二人の組み合わせはちょっと納得です。ルーナリアの据わりっぷりに加えて、何だかんだとライルだってマリーアに若干頭おかしくなるほどべた惚れである事が発覚した上ルーナリアに焼き入れられたことで心境に変化もあったようですし、この二人組に今マリーアを放り込んでしまうと、色んな意味で「蹂躙」されてしまいそうな気がします(笑

民族問題の様相もはらんだ幻想種との争いも、お為ごかしの倫理を振りかざした決着ではなく、いわゆる剣と闘争による対話をもって決着を付けたのも、子供騙しの和解ではなく、逃げない真っ向からの解決法で思わず頷いてしまいました。これって、人間種と幻想種がお互いに接触が少なく未知の相手であったからこその争いであり、和解でもあるんですよね。本当の民族紛争だと数百年千年単位で遺恨が根付いてしまっているので、どうにもならないケースが多々あるのですが、未知と利権が発端で始まった争いは、お互いを知ること、出会いの先に進もうとする意志を結び合うこと、そして利益調整さえ叶えば、相応に形が出来ますし。そして、お互いを知ることには、痛みと血を流すことでようやく理解できる事も含まれるわけで、ようはそれをどれだけ限定的な形に留めることが出来るか。その理性と強かさが試されるわけで。ライルにしても、ベルンハルト王子にしてもイルザにしても、そこを冷徹に判断して実行してのけたのは、感心させられることばかりでした。

一方で、明確な野望を持たずひたすらに享楽で人と国と世界を弄ぼうとしたアルベルトや、復讐に囚われたマルガレーテについては、これまた見事な決着の付け方をしてみせてくれました。
ライルは、二人のいびつな精神の正体を、見事に細片まで解体してみせ、マルガレーテには解放を、不気味で底の知れなかったアルベルトには馬脚を現させて、見えなかった底をあからさまにして矮小化して徹底的に叩き潰してしまったわけです。特にアルベルトは、野心家ではなく快楽主義者という点から最悪その悪事を潰しても、破滅することすら含めて楽しみそうな気配があって、たとえやっつけてもスッキリしない終わり方になるんじゃないかな、と思っていたところに、見事にその歪んだ心をライルが折りたたんで踏みつぶしてくれたので、こっちの方も痛快だったんですよね。

改めて振り返っても、面白いと諸手を上げて喝采する展開、シーンの連続で、実に密度の濃いエンターテイメトでした。これで終わりというのが勿体無い、あまりに勿体無い……シリーズ、これで終わりじゃないですよね!?
とりあえず一区切り、と作者はおっしゃっているようですけれど、十分続いて然るべきですよ。幸いにして、締めの英文はパート1の幕であって、パート2の開幕を可能性として内包している文章でしたから、全然オッケーですし。やりましょうやりましょう。
その前に、【マリーア・ザ・フレイムダンサー】というスピンオフの可能性もあるのか。マリーアも主人公やって全然役不足じゃないもんなあ。これはこれで有りかも。
何れにしても、彼らとお目にかかれることを真剣に願いつつ……ああ、面白かった!!

シリーズ感想

月花の歌姫と魔技の王 34   

月花の歌姫と魔技の王III (HJ文庫)

【月花の歌姫と魔技の王 3】 翅田大介/大場陽炎 HJ文庫

Amazon

行楽地で水着回……と思いきや。

いつも通りにイルゼシュタイン城を訪れるライルだったが、イルザの策略にはまり、半ば攫われるような形で王家のプライヴェートビーチがある行楽地・へクセンブルグに連れ出されてしまう。
最後の魔女・エルルーア所縁の地でもあるというヘクセンブルグでライルはエルルーアの最初の工房を発見する。
その始まりの地でライルが見た物とは?
かっ……かっこいいーーーーっ!!
 うわああっ、何これもう体の芯からビリビリと痺れそうなほどカッコいいですよ、メインヒロインのお二人さん。マリーアにしてもルーナリアにしても、ちょっともう反則級にかっこ良すぎですよ。イイ女どころじゃない、二人して世界一イイ女じゃないですか。惚れるわー、これはもう惚れるわー!
いやもうね、マリーアとルーナリア、二人の友情が滅茶苦茶熱いんですよ。今回、肝心のライルがイルザ姫の策略で行楽地に連れ去られてしまったので、二人きりで行動するシーンが多かったのですけれどお陰でライルを抜きにした分、ダブルヒロインというよりもダブル主人公みたいな活躍っぷりで。それ以上に、お互いを高め合うような関係が本当に素敵なんですよ、この二人。恋のライバル同士であることをとても大事にしていて、相手が腑抜けてたりするのを絶対に許さないんですよね。叱咤激励し合ってお互いを磨き合っているから、相乗効果でただでさえイイ女だったマリーアはもう手の付けられないくらいイカした女になってるし、あの儚げで自信なさげだったルーナリアもマリーアに認められたに相応しい女性であらんとして、今となっては見惚れるような毅然としたイイ女になっちゃって。前回の感想で、ルーナリアはもうマリーアに頭あがらないんじゃないか、言ってましたけれど、彼女はそんなタマじゃありませんでした。そうだよなあ、その程度ならマリーアが認めんよなあ。それでも、一瞬でも膝を折りかけたマリーアの背中を蹴飛ばし立ち直らせるだけの対等な存在にまで成長するとは思わなかっただけに、あのシーンは感慨深かったなあ。
彼女については、今後人間と異族の争いの狭間に立って苦しむことになるんでしょうけれど、この段階で自分の立ち位置と覚悟を決めちゃってるのは頼もしい限りです。もう、どうすればいいかわからなくて右往左往して守られるだけのヒロインじゃないんですよねえ。それでも、一人だけで頑張っているなら心配だし不安なのですけれど、両脇を固めるのがライルとマリーアという、正攻法のみならず腹芸や政治工作、謀もお手の物という二人なので、少なくとも彼女一人が為す術もなくどうしようもない境遇に追いやられてひどい目にあう、ということだけはなさそうなのが幸いであります。いや、その意味ではライルとマリーアの頼もしさは半端ないよなあ。二人ともお前がラスボスやれよ、と思うこともしばしばな出来物ですもんねえ。まあその分、敵となる黒幕もまったく油断ならない不気味さと得体のしれなさを兼ね備えたラスボスに相応しい逸材なのですけれど。さらに言うと、イルザ姫とそのお父様の第一王子も恐ろしいくらいのクセモノなんですよね、この作品ラスボス級ばっかりだな、おいw

話を聞いていると、実はこのライル。女性の好みに対する理想値というか期待値のレベルが異様に高すぎるきらいがあるんですよね、主人公のくせに(笑
人当たり自体は柔らかくて人畜無害に見えるので許容度は広いのかと思うところですけれど、並の女性だと異性としてまるで眼中にないんじゃないかな。女性にモテるわりに、あまりしつこく言い寄られないのは、女性の側がライルと自分とは吊り合わないと思って身を引いてしまう、という風な事をマリーアが語っていましたけれど、実際は敏感に相手にされていない、眼中にも入れられてない、と感じ取ったからなんじゃないでしょうか。女の人だって、上辺だけ丁寧に接っせられても中身は実質無視に近い扱いで見られてたら、なかなかそれでも、とはいかないでしょうし。
いや、こいつ結構キツい男ですよ。
まあ、マリーアとミラみたいな幼馴染が幼い頃から身近にいたら、そりゃあ女性を見る目も基準値がイカレるか。マリーアも自分でハードル上げ続けてるんですよね。ライルの基準って完全にマリーアになってるから。しかも、だからといってマリーアが自身のレベルを下げたとしても、それに合わせてライルも基準をさげてくれるわけじゃないから、殆ど止まったら死ぬレベルの耐久レースになってしまってる。
まあ、普通はここに割って入るのは無理なんですけれど、ルーナリアは見事にマリーアとライルのタイマンレースの中に割って入ってきたわけです。あの、果し合いをたたきつけるようなライルへの参戦宣言という名の告白は、気持ちいいくらいカッコいい告白でした。普通、ああいうのってライバルの恋敵にするもんだろうに、それをライルにするあたりに、この三人の関係性の面白さがにじみ出てるような気がします。まったく、カッコいい告白ってなんだよ、と思うところですけれど、前巻のイルザ姫も含めて、この作品のヒロインはとかく熱い告白ばっかりですよ(笑
そして、突き抜けてしまった主人公を、二人のヒロインが身命を賭して引き止めるシーン。ここでのマリーアのセリフがね、叫びがもう至言なんですよ。
必死な女を見て、涼しい顔するな!
このセリフ見た瞬間、なんかうわーーっ、てなりましたね。まさに無数のヒロインの魂の叫びですよ、これは。それを実際に言ってのけるマリーアかっけえ!
こんなとてつもなくイイ女二人に想われるなんて、男冥利に尽きるなんてもんじゃないですよ。

わりと危惧していた3巻というハードルも無事乗り越えて……って、作者の主人公への殺意がヤバいことになってる(笑
ライル大丈夫か、生き残れるのか?w
今回もすこぶる面白かったです。最高だわ。あっ、なんかツェツィーリアについて一切言及せずに終わってしまいましたが、彼女も悪くはないんですよ。というかむしろヒロインとしては非常にレベルの高い魅力を発揮していて、今回はかなり優位な位置取りで蹂躙していたとも言えるんですが、如何せんマリーアとルーナリアが圧倒的すぎるんだよなあ。ライルの好みのレベルに合わせて、本作ヒロインのレベルが色々と高すぎて、ウッハウッハですよ、まったくヤレヤレだw

1巻 2巻感想

月花の歌姫と魔技の王 24   

月花の歌姫と魔技の王II (HJ文庫)

【月花の歌姫と魔技の王 2】 翅田大介/大場陽炎 HJ文庫

Amazon

秘書であるルーナリアに部屋を用意するために、新しく仕事を探していたライル。マリーアの仲介で家庭教師のアルバイトを始めたが、教え子のイルザは明らかに普通の少女では無かった。そんな中、マリーアは2人の王子と面会を果たし、ルーナリアは死んだはずの肉親に出会う。人と『幻想種』、王位を巡る陰謀、ライルは新たな争いに巻き込まれる。
うあああっ、面白いっ、面白いなあもう!! なんかもう隅から隅まで私の好みの琴線に触れまくってる。なにこれ、すっごい好き!! 大好き!!
このシリーズのみならず、前作、前前作シリーズからこれだけスマッシュヒットばっかりを食らうと、この作者さんの作風そのものが私のドストライクを突いている、と捉えてもう間違いないみたいだ。

さて本作は第一巻の表紙だったルーナリアと、今回表紙を飾るマリーアのダブルヒロイン制なんだけれど……これ、ルーナリアってマリーアに絶対頭あがんないですよ。元々、ライルたちに出会った段階では生きる屍のようなもので、彼女が自分を助けてくれたライルへの思慕を自覚したのはマリーアの導きによって、と言っても過言ではありません。その段階で既にスタートラインで差がかなりついているのですけれど、マリーアときたらこの娘、恋というものについてまるで解っておらず右往左往して迷走するばかりの彼女に対して、わざわざ手をとって自分の立っている場所まで引き上げた上に、シャンとしなさいとばかりに喝を入れるような真似さえしているのです。それは、当事者であるルーナリアすら呆然としてしまうほどの手厚い援助。恋敵として未熟過ぎるルーナリアを、自ら対等なライバルとして立たせようとするその所業は、まさに敵に塩を送るようなもののはずなんですが……このイイ女は自分がライバルの弱みを突いて蹴落として満足するような卑小な女である事に我慢がならなかったのでしょう。それよりも、ライバルと正々堂々張り合って愛する人を勝ち取る事を選んだわけです。同時に、自分の愛するライルを同じように愛する見る目のある女性が、無様を晒す事が我慢ならなかったのかもしれませんが。自分がライルに相応しい女であるように常に努力しているのと同じく、その恋敵にも相応の水準を求めずには居られない、という一種のライル至上主義(笑
まあ、ただ純粋にマリーアという女性がお人好しもいいところ、という理由が大半なのでしょうけれど、もし彼女が深慮遠謀神算鬼謀の策士だというのなら、こうやってルーナリアを厚遇することで彼女に引け目を負わせて自分を出し抜くことのないように楔を打った、と考えることもできるのですが、さすがにそこまでは考えすぎでしょう。繰り返しになりますが、何だかんだとこの娘はとてもイイ娘で、食わせ物の才女のくせに変な所で間の抜けた所のあるお人好しですから。
ともあれ、ルーナリアは大変です。恋のライバルは一から十までお世話になって頭が上がらず、恋の相手である主人はときたら、そんな完璧なイイ女がさらに努力を重ねてなお完璧さを高めないと釣り合わないと思い込んでいるほどのイイ男で、実際文句のつけようのない完璧超人ときた。しばらく迷走気味にツンデレをこじらせてウジウジしてしまったのも無理ない環境です。ルーナリアという娘は無表情系ではありますけれど、自他共に求める感情過多の負けず嫌い。意地を張ろうにも周りの高さは足がかりになるものもないほどで、寄って立つもののなかった彼女が困ってしまったのも仕方ないでしょう。それでも、自分なりのやり方で自信を得る方法を見つけて努力を重ねることを選び見つけ出したのだから、この子も大したものです。そこは、マリーアが対等の相手と見込んだだけの事はあるかもしれません。
それでも、なかなか厳しい道程ではあるのですけれど。
マリーアはまだ自分の恋愛は恋を射止める狩猟の段階で、同じ舞台に立たせてでの戦争には至っていないと考えていますけれど、実際はというとライルは完全にマリーアを特別扱いしていますからね。ここに本当の意味で割って入るには、マリーアの壁は生半じゃなく高い。幼少の頃から純粋にライルのためだけに自分を磨き続けた女に、途中から割って入るというのは本当に難しい。面白いことに、それが出来ると誰よりも見込んで、期待してすら居るように見えるのがマリーアというのがなんともはや。
話は戻ってライルのマリーアに対する感情ですけれど、これが発覚してみると何気に思いの外明確だったんですよね。マリーア本人には一切素振りを見せないくせに、彼女のいない所では彼女が他の男に粉かけられたと知って余人に隠せないくらいに感情を乱していたり、特に感心させられたのはマリーアの従者にして同じくライルとは幼馴染の関係にあるミラとのやり取りで見せた、「本当のただの幼馴染」との接し方、でしょうか。ここは死角を突かれた感がありましたね。幼馴染であるミラに対して、ライルは胸襟を開けて本音や愚痴を吐露しているのですが、それは気心の知れた幼馴染だからこそ、であると同時に幼馴染でしか無いからこそ、でもあったんですね。実は、ちゃんとマリーアとは明確に接し方を異にしていたわけです。ライルの事を巷にあふれる鈍感主人公とは一線を画しているとは思っていましたけれど、これほどはっきりしていたとは、マリーアは報われているのか居ないのか(苦笑
ただ、はっきりしているからこそわりと思想は頑固というか凝り固まった所があったこともわかってきたわけで……でも、家庭教師となった先の教え子である女の子イルザから、そんなちょっと独り善がりの入った思想に対してダメ出しを受けたことで、自分が意固地になっていた部分があると自覚したようですから、もしかしたら次あたりからその態度に違った面が出てくるかもしれませんね。そうなった時のマリーアのメロメロっぷりがどれおほどのものになるか……既に現段階でかなり骨抜きで目も当てられないことになっているので、えらいことになるかもしれませんが。にやにや。
なんて言うんだろう、このあたりの微妙かつ巧妙な男女関係の機微は、さすがは上質にして繊細な心理描写で鳴らした青春恋愛劇である【カッティング】シリーズを描いた翅田大介その人、と言ったところでしょうか。
それでいて、活劇らしい激しく感情をぶつけあい、盛り上がるシーンも多いわけで。ライルを泥沼の政治闘争の渦中に巻き込ませないために、これまでのライルと過ごした時間そのものを賭けて彼を引きとめようとしたマリーアとライルの対峙は、もう鳥肌が出るほどしびれました、うん。しびれた。
あとでマリーアが殆ど融解といって良いくらいにデレッデレに蕩けてたのも宜なるかな。女として男にそこまで言ってもらったら本懐でしょう。まあ、あそこまで崩れるとみっともないですが。この娘、この段階でそこまでデロデロになってたら、まともに付き合いだしたら体裁保てるのか?(苦笑
とまあ、語る話はついつい恋話ばかりになってしまいましたが、裏で進行する権力闘争や古き時代と新しい時代の相克から発生する軋轢など、時代の裏側の闇の部分にまつわる話もいい具合に盛り上がってきているんですよね。黒幕となる人が、どうも思っていた以上に大物、身分的にじゃなくてメンタル的に大物で、敵役に相応しい貫禄の片鱗を垣間見せてくれたことは、先々どんどんおもしろくなっていきそうな要素でもあるので嬉しい限り。何気に本作は敵も味方も小物、と呼んでしまえるような人物が居ないので非常に歯応えがあります。新しく登場した幼いイルザも、まだ十を幾つか超えただけの子供としては、その境遇や経験によってかなり鍛えられていますし、味方側となるであろう第一王子もまたちょっとやそっとでは微動だにしないであろう大物感あふれる人物ですし、そんな大物揃い相手にして一歩も引けをとらないのが、ライル、マリーア、ルーナリアの主人公サイド。誰も弱みや弱点になるような所がなく、三人とも頼もしい限りなので、焦れったさなどで歯噛みすることもなく、痛快で手応えばっちりのストーリーを安心して期待できます。出来れば、でっかい規模の長編シリーズになってくれればいいんですけれど、それに相応しい面白さであるだけに。少なくとも既に三巻は執筆中のようですので、非常に楽しみ。
オススメ、一押しです。よしなに。

1巻感想

月花の歌姫と魔技の王 4   

月花の歌姫と魔技の王 (HJ文庫)

【月花の歌姫と魔技の王】 翅田大介/大場陽炎 HJ文庫

Amazon

「最後の魔女」が起こした技術革命は「魔法」の世界に「科学」という新たな秩序をもたらした。魔法と科学、双方の力を持つ少年ライルは、科学時代を推し進めようとする幼なじみの貴族令嬢マリーア、そして偶然出会った魔法時代の象徴「幻想種」の少女ルーナリアの間で揺れ動く。2人の少女、2つの時代。世界を変える力を持つ少年が選んだのは果たして!?
うはー、なんて素晴らしく格好良い女性なんだろう、このマリーア嬢。何が格好良いって、生き様でありその精神性ですよ。なんて言うんだろう、見栄と意地の張り方を見事なほどに理解してるんですよ。彼女、決して完璧な人ではないんですよね。裏に回れば、すごくジタバタとあがいている。でも、それを決してライルにだけは見せようとせず、常に自分に余裕があるように見せている。懐深く、思慮深く、聡明で賢く、綺羅びやかに品よく美しく、優しく快活で天真爛漫という瑕疵一つ無い淑女であるのだと見栄を張っているのだけれど、それをただのハリボテにせず本物にするために常に研鑽を積む事を怠らず、努力を重ね、自分を磨き上げる事に労苦を厭わず邁進している人なのである、このマリーアという人は。
とまあ、ただ石ころだった自分を宝石にまで磨きあげただけだったなら、それはそれで凄いけれどそこまで感心はしないのですけれど、彼女はそんな所にとどまっていませんでした。
そこで止まっていたならば、彼女は自分をただ価値あるアクセサリーとして練り上げただけで終わっていたでしょう。
この娘、本当にライルの事、好きなんですよ。愛とは与える事、と言いますけれど、彼女が彼に与えようとしたものは、彼女自身、すなわち心と体だけではなく、ライルの将来そのものでした。魔法と科学、過去と未来に跨った究極の天才であるライルが、今は何もしないことを選んでいる彼が、将来どのような道を選ぼうとも即座に支え守り実行出来るだけの、財と人脈と知をひたすらに蓄え、じっと待っているのです。その選択の中には、本当に何もせずに時代の中に埋没する、という道があるのも承知の上で。今備えている全てが無駄になることも厭わずに。彼に望めば、マリーアはそれこそ何でも手に入れることができるでしょう。世界を手中に収めることすら出来るかもしれない。もっと身近な、ささやかな幸せや利益だって得られるかもしれない。でも、彼女は一切、見返りを求めていないのです。ただひたすらに、与えようとしている。
愛とは与えるもの、をまさに体現していると言っていいでしょう。それどころか、彼女は今あるものを与えようとしているだけではなく、より良い物を、素晴らしいものを、最高のものを与えんとして、常に研鑽を積み続けているのです。
そして、それはライルが天才だからじゃないんですね。
ライルが、マリーアが自分に構うのは、自分の才を欲しているからなのではないか、と疑ってしまったのも無理はありません。それだけ、ライルが備え持つ才の価値は凄まじいものであり、彼女ほど素晴らしくイイ女が労力を傾ける理由としては、才が目当てである方が自然です。そこに愛情というものが介在していたとしても、ライルの才を無視する事など出来ないでしょう。そして、何よりマリーアにはライルの才を活用出来るだけの才がある。
でもね、話は最初から逆だったんですよ。マリーアが今みたいな素晴らしくイイ女になったのも、ライルの才能を活かせるだけの辣腕の持ち主になったのも、全てはライルのため。ライルに見合う女になるためであり、ライルがいざ事を起こそうと思った時に十全彼の力になれるようになるために。ライルを助けられるようになるために。
ライルを手に入れるためじゃなく、ただライルに振り向いて欲しいから。

ここまで女の人に思われるって、いったいどれだけ冥利に尽きるってもんなんだろう。
逆にここまでやってもらって、この男は何をやってるんだ、と思われるかもしれないけれど、男としてもこれ、生半可な気分では受け止め切れないですよ、ここまでされたら。
まあ、マリーア嬢ほどの人ともなると、自分の研鑽も献身も、相手に悟らせず気づかせず、押し付けがましくして背負わせず、ライルの行き方に不純物を混ぜあわせないように上手くごまかしてるんですよね。まったく、どれだけ見返りを求めようとしないのか。ホントなら、ちょっとくらい返して欲しいと思うだろうに。思ってるんでしょうけどね、実際。裏ではジタバタ悶えてますし。でも、それを見せない事が見栄なんだろうなあ。そして、その見栄と意地こそが、彼女を最高のイイ女にしているわけだ。
ライルだって、全然気づいてないわけじゃないと思うんですよね。そんでもって、逆に自分の方が彼女に与える
人間で居たいと願い、彼女にとって格好良いと思ってくれる男でありたいという見栄っ張りなきもちは持っているはず。とある場面で、マリーアに対して慌てて言い繕ってたセリフを見てると、ね。自分が色々と難しい立場に居て、安易に動けないと承知しているからこそ、ライルは慎重になかなか動こうとしないけれど、決してマリーアの献身に対して甘えるようなヌルい男ではなく、それどころか一種の高潔さを持ち合わせた誇り高い人種であることは、作品通して伝わってきているので、もうなんというか、まさにお似合いな二人なんだよなあ。

タイトルの一方でもあり、また表紙を飾ったもう一人のヒロイン、ルーナリアは決して悪くはないんですけれど、初動位置が違いすぎた上に、途中まで精神的にも骸みたいなものだったので仕方ないのですけれど、随分と出遅れてしまった感があります。が、巻き返しはここからなんだろうなあ。ある意味、ライルよりもマリーアと息があっている感じに女同士の友情が醸成されてしまったので、主人公との絡みのみならず、マリーアとの絡みというキャラ立ての飛躍のプロセスが構築されて、以後メキメキと伸びる予感はたっぷりあります。それでも、マリーア在って、という感もありますけれど。しかし、これはこれで、強力なダブルヒロイン体制だなあ、うん。

翅田大介作品感想
 
5月24日

小野はるか
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


太田紫織
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月23日

楠本弘樹/Y.A
(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


戸流ケイ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


sorani/三河ごーすと
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


山口つばさ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾辻行人/清原紘
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤島康介
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Fiok Lee
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


幸村誠
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


小山宙哉
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎本あかまる
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

<
kattern
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


進九郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


飴月
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


凪木 エコ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷高 悠
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


イスラーフィール
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤマモトユウスケ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


早瀬黒絵
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


望月淳
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM



(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月19日

渡航/伊緒直道
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月18日

久住太陽/杉浦理史
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わだぺん。
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


クール教信者
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


オニグンソウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


辻村深月/武富智
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


錆び匙/ひびぽん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


椎名高志/高橋留美子
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/MAAM
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村崎久都/アトラス
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほりかわけぇすけ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


のんべんだらり/山悠希
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


さと/小田すずか
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


境田吉孝
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬条一(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虹元喜多朗
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月17日

吉河美希
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


赤衣丸歩郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


阿部花次郎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


音羽さおり
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


こはるんるん
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月14日

福成冠智/柊遊馬
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


abua/ナカノムラアヤスケ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ありのかまち/箱入蛇猫
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


烏間ル/紅月シン
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


酒月ほまれ/アルト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


かじきすい/左リュウ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


青辺マヒト/十夜
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


名苗秋緒/九頭七尾
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


沢田一/夾竹桃
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


檜山大輔
(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W DMM


ワタヌキヒロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


いしいゆか
(まんがタイムKRフォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索