望月唯一

お隣さんな教え子と甘い○○ ★★★☆   



【お隣さんな教え子と甘い○○】 望月 唯一/maruma(まるま)  講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

出世には興味なし。仕事に求めるのは安定した給料と休暇のみ―。それが高校の調理科でパティシエの講師を務めている俺の方針だ。だが、新入生として入学してきた、理事長の孫娘である四宮蒼梨花が、特別授業を求めて俺に迫ってくる。仕事が増えるのはごめんだと断った俺だが、なんと蒼梨花は俺の隣の部屋に引っ越してきた!必要以上の仕事も無駄な努力も、俺のスタイルじゃないのに…。蒼梨花の熱意に負けて、俺は最終的に特別授業を引き受けることに。だが、俺の妹弟子にして、天才だがトラブルメーカーの少女・赤崎エイプリルたちを巻き込んだ日常は波瀾万丈で…!?お菓子も仕事も青春も、甘くて時にはほろ苦い―年の差師弟の学園ラブコメ!

調理師学校じゃなくて、通常の高校に調理科なんて学科がついている学校とかそんなのあるのかー、とびっくりしたんだけれど、調べたらそれなりに存在してるんですね、そういう学校。
思いの外、学生の進路って多種多様に広がっているもんなんだなあ、とちと感心したり。
そんな調理科で講師をやっている新見はかつては現役バリバリのパティシエとして活躍していて、四宮蒼梨花がパシティエを目指すきっかけになった人物でもある。とはいえ、蒼梨花が知っている新見はパティシエという仕事に誇りと情熱をもって働いていて、進路で悩み母親と喧嘩して家出していた蒼梨花に夢と熱意と憧れを抱かせてくれた恩人だったのだけれど、今の彼は情熱の火が消えて現場からドロップアウトしたやる気ゼロの講師でしかなかったわけだ。
蒼梨花が知っている彼とのギャップは、そのまま彼の過去と今の現在地の差異でもあり、彼女が滾らせている情熱はそのまま新見が宿していた熱量でもある。
かつて、少女に引火した情熱の火が回り回って、今それを失ってしまっていた新見の前に現れて、その熱と炎の勢いをもう一度もとの持ち主のところに戻ってきて、灯火を再点火しようとする、これはそんなお話だ。
幸いだったのが、新見の中の火は完全に鎮火してしまったわけではなく、熾火としてずっとジリジリと灯り続けていたことだろう。ゼロからもう一度火をつけようというのは大変だけれど、火が残っているのなら適切な燃料を加えればすぐに燃え上がる。やる気がないとうそぶきながらその腕を鈍らせるどころか密かに鍛え続けていた新見にとって、かつての自分を容易に思い出させてくれる夢に邁進する蒼梨花の姿は、適切以上の燃料になっただろう。結局、彼が現場を離れたのは大好きな菓子作りを嫌いになってしまわないための予防行動であって、心底嫌になったのならこんな風に講師としてもお菓子作りに携わり続けるものだろうか、ってなもんだ。
なので、新見先生、あんまり無駄な足掻きはしないで積極的な蒼梨花の行動に逆らわずに手を差し伸べてくれるんですよね。個人授業もちゃんとしっかり厳しく行ってくれてるし。
ただ、あの放課後個人授業ってそんなんホンマにあるんかいな、というぐらいなんかアレな制度ですよね。特定の生徒を贔屓して、というのも反発くらいそうだし評価も難しかろうし、何より講師と生徒とはいえ一対一でそんな、ねえ。いやまあ、学校で居残って程度なら全然問題ないのかもしれないけど。新見と蒼梨花の場合は部屋も隣で生活に重なっているという時点でほぼアウトである。保護者の許可というか推薦というか後押しがあるため、ギリギリセーフなのかもしれませんけれど、アウトセーフの判断基準は保護者な理事長次第、という首根っこの掴み方w

とはいえ、なかなか王道というか正道を行く挫折からの復活譚。弟子や生徒から逆に教えられる事になる教師モノとして、内面描写も堅実ながら丁寧な良作でありました。
エイプリルはなー、あの子はどこまで兄弟子に対して本気だったのかしら。蒼梨花の出現がなかったら兄弟子を立ち直らせるのは自分だったなり、という自負は垣間見えたような気もしたけれど。

望月 唯一作品感想

双子喫茶と悪魔の料理書 ★★★☆   

双子喫茶と悪魔の料理書 (講談社ラノベ文庫)

【双子喫茶と悪魔の料理書】 望月唯一/ necomi 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

「だって、篝はずっと誰かのために料理をしてきたでしょう?」
二年前。幼馴染みの少女・葉月から、なにげなくかけられた言葉。
きっとあの時、ただの幼馴染みは、初恋の少女に変わった――。

そして現在。俺はいまだ葉月に告白できないまま、葉月とその双子の妹・水希とともに、彼女たちの実家の喫茶店でバイトをしていた。
そんなある日、水希が持ち出した古本から――幼女が出てきた。
彼女は願いを叶える妖精キキと名乗り、強引に俺の縁を結ぼうとする。
だが、キキが俺の縁を結んだのは、葉月ではなく水希の方で……!?
料理と、恋と、切なさと――。喫茶店が舞台の感動ストーリー!
喫茶店と言ってもコーヒーやら一服休憩主体の喫茶店というよりも、料理メインのレストランだよなあ、これ。それだけ、篝が調理スタッフとして料理というものに真摯に向き合っているということなんだけれど、その分子供の頃に彼が料理に携わることに義務感以上のものを感じていなくて、それどころか苦痛しか抱いていなかった、というのが大きなポイントとなってくる。その感情を百八十度ひっくり返してくれて、彼の今の人生、生きがいというものを与えてくれた人。未来を開いてくれた人が、いわば葉月なのだろう。それこそが、恋の根源なのだ。
ところが、彼の気がついていない部分で葉月と同じくらい、ソレ以上に彼を支え守り影響を与え続けていた存在が居て、それが妹の方の水希なんですよね。
それを、篝がわかっていないか、というとそんな事はなくて。一途に恋し続けている相手こそ葉月だけれど、ソレ以上に自分にとって大切で掛け替えのない人が水希だ、というのを彼がちゃんと自覚しているのがまたややこしくもあり、問題でもあり、面倒くさくもあり、しかし一本筋も通っているわけだ。身近すぎると恋の対象にならない、なんて言葉があるけれど、それ=大切じゃない、ってわけじゃないんですよね。むしろ、身近であるからこそ恋している人よりも大切であることすらある。どちらが、と比べられるものでもないのだけれど、逆に恋に呑まれている相手とも比肩できる、とも言えるわけだ。
まあ、傍から見たら誰から見ても篝と水希って、ベッタベタにいちゃついているようにしか見えんもんなあ。魔書の影響がどれほどあったのか疑わしくなるほどに。何しろ書の悪魔であるキキからして、これ効いてるの?と首をかしげるほどだったし。
そう周りから見られるほどに息ピッタリの二人。客観的に見てもまだ十代半ばにして大人びた人生観を持つ二人は、それだけふわふわと何も考えずにいるそれとは違う、密度の濃い意思の詰まった人生をこれまで送ってきているのだけれど、その大半を二人寄り添うように支え合うように歩いてきてるんですよね。まさにいつも一緒、というだけではない二人三脚で。
だからこそだからこそ、水希は心の奥底で「なんで自分じゃないの?」と思う気持ちを殺しきれなかったわけだし、誰よりも一緒に居た相棒のことだからこそ、その殺しきれなかった気持ちを踏み潰して彼を応援する以外になかった、というのは辛い話である。
でもこれ、蚊帳の外に置かれている葉月からしてもずっと複雑な心境だったんだろうなあ、と思ってしまうんですよね。双子でありながらともすれば姉である自分よりもずっと篝にピッタリと寄り添っている妹。自分がとても割って入ることの出来ない親密で深い関係を築いてしまっている妹と幼馴染。この疎外感と来たら、とてつもないものがあったんじゃないだろうか、なんて気を逸らすには、今回篝と水希を見舞うトラブルの数々は深刻極まりないものではあったんですけれど。水希の方に気を傾けてあげないといけない危機であったからこそ、微妙に葉月の方も気になってしまったのも事実だったんですよね。魔書の強制認識であったとしても、幼馴染と妹がついに恋人同士になってしまったのを前にして、葉月は本当などんな心境だったのか、なんてことを。
まあそれは、二巻の方に引っ張ることになるんでしょうけれど。ラスト、あそこでズルい女になれない水希は、どうなんでしょうねえ。葉月の方も報われない女オーラ出しまくってるだけに、姉妹揃ってどうにも自分から沼にハマって沈んでいきそうな雰囲気しかないのがなんともはや。
そこは、篝の男気に期待するしかないのだろうか。

望月唯一作品感想

救世の背信者 2 ★★★☆   

救世の背信者2 (講談社ラノベ文庫)

【救世の背信者 2】 望月唯一/蒼咲ゆきな 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

人類の天敵である星喰いが湯水のごとく湧き出る災害―大湧出。それが芽深市を襲ってから、既に二ヵ月ばかりが経った。傷は深かったものの、復興は順調に進んでおり、芽深市は以前にもまして多くの錬金術師が集まる錬金術の最前線になっていた。そして、夏へと移り変わりつつある季節の中。かつて人類最高峰の錬金術師―達人として活躍していた三森慧は、今は相変わらず、教師として弟子の悠里や同僚のましろ達と騒がしい日常を送っていた。だがある日、慧とましろは何者かによる襲撃を受ける。彼らの前で形を成していく黒い泥。それがとった姿は、ましろと寸分違わぬ顔立ちで―。凸凹師弟が綴る学園異能バトルアクション第二弾!

こうしてみると、弟子であり後継者となった悠里と、戦友の娘であり志を同じくするましろの二人、ヒロインとして結構立ち位置違ったんですねえ。
悠里がかつて自分が持っていたものを託す相手だとすると、ましろは慧が負った負債を一人で肩代わりしてたんですよね。これは、ましろが背負ってしまっていた負債を清算する話だったとも言える。
世界を救うために戦友を救えず汚名を一人で引っ被った慧だけれど、それによって一番傷ついたのは父親を喪い大切な人を失う羽目になったましろだったのである。せめても慧を喪わないために、ましろはただの少女でしかなかった自分を消し去るしかなかった。父親の代わりに慧の戦友になる他なかった。それは彼女が望んで選んだ道だったけれど、選択肢がそれしか残されていない中で無自覚に選ばざるを得なかった唯一の道だったのである。そして、慧はそんなましろの選択に込められていた意味を疑いすらせず、戦友ましろを受け入れてしまった。
人類の裏切り者という汚名を背負って世界を救った救世主たる自分、に慧が酔っていた、とは全く思わないけれど、そこにヒーローとしての生き様の自負がなかったとは言わないだろう。でも、その正しさがましろをずっと押さえつけ圧迫していた、とは露ほども考えていなかったんだな、この青年は。
だからこそ、今回の事件は彼自身の自覚なき本当の罪を彼に突きつけることになる。
その意味では、前回においてすでに「後継者」を見つけることができていたのは幸いだったんでしょうね。あとを継いでくれる人が居たからこそ、世界を救うヒーローが居てくれたからこそ、慧はヒーローとしての残骸としての自分を真実、置くことができたのだから。世界のためではなく、たったひとりの大切な人を守るために生きる選択を、選ぶことができたのだから。
これ、明言はしていないけれどましろエンドだよなあ。何気に二人にあげたプレゼントの中身の違いが、如実に結果を示してしまっていたんじゃなかろうか。購入した時は、誰もそんなこと考えてなかったんだろうけれど。

相変わらず、凄惨な過去を持っているとは思えない脳天気なセクハラトークを息をするようにポンポンと吐き出す主人公と、打てば響くように時にツッコみ、時に軽快な返しで応酬し、と色んな意味で相方の貫禄を見せてくれたましろとの掛け合いは、読み進める推進力となってくれて楽しかった。悠里の初々しかったりバッサリ切り捨てる切り返しも好きだったんだけれど、やっぱり息ピッタリなましろとの方が好きだったんで、ましろ寄りのエンドは個人的には嬉しかったかも。出来ればもっと続いてほしかったけれど、あとがきからするとこれで締めなんだろうなあ。
もう一回、作者の作品では掛け合いが映えるであろう真っ向勝負のラブコメが読んでみたいところですけれど。

望月唯一作品感想

電波な女神のいる日常 3 ★★★★   

電波な女神のいる日常3 (講談社ラノベ文庫)

【電波な女神のいる日常 3】 望月唯一/しもふりおにく 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W
二学期が始まった九月。夏休みのチア勝負の余韻が残る中、セレナに一つの依頼が入る。夏祭りでの彼女の演奏が、今をときめく超一流アイドル・星庭天音の目に留まり、彼女のステージメンバーに選ばれたらしい。プロのミュージシャンと繋がりを持つのは、布教活動的にもプラスになるだろう。そう思ってOKしたセレナと俺だが、アイドルらしく自由奔放な性格の天音に俺は振り回されてしまう。さらに、俺はとあることに気づく。天音がふとしたときに見せた、身体を纏う光。それは、セレナの魅了の力と同じもので―。「私が一番安心できるのは、智希君だから」電波な女神様、ついにアイドルデビュー…!?ハートウォーム学園神様ラブコメ第三弾!

この主人公、ちょっと女の子とのコミュニケーションの距離感が近すぎやしないか!? 言動が友達としての一線を自覚なく越えすぎてるような気がする。え? そんなセリフ言っちゃっていいの? とぎょっとするようなことも割と平気で口にしちゃってるし。
言われる方の女の子、セレナも美桜もそしてこの巻で親しくなる天音も、勘違いするような娘じゃないんだけれど、これだけプライベートスペースに踏み込まれると、そりゃ覚悟完了しちゃいますよ。それぞれ、傑物と言っていいくらいの女傑なだけに。
むしろ、これだけメンタル的に自立して相手と対等たろうとする女性じゃなく、もっと勘違いしやすく寄りかかるタイプのヒロインだったら、修羅場がえらいことになってた気がします。ってか、みんなここまで踏み込まれて、関係性がはっきりしない状態をそれでも良し、と受け止めてくれているのは相当甘いと思うんですけどねえ。
美桜にしても、フェアプレイ精神がすぎるんじゃないだろうか。距離感が、もうそれ恋人じゃないとダメだろう、という状態にも関わらず、そのまま引っ張りながらセレナや天音とも似たような距離感で接し続けるというのはけっこう酷な話ですよ。
この巻を単体として見る限りでは、星庭天音というヒロインの魅力を丹念に掘り下げた、その発端からセレナに触発された問題の発生、そして解決に至るまでのドラマは見応えたっぷりで実に面白かったのだけれど、シリーズ全体を通してみると、どうしてここで新たなヒロインにそこまで労力を傾けなければならないのか、という不満も生じてくる。今回、美桜はほとんど蚊帳の外で支援者として立ち回りながらも本編にはほとんど絡んでこなかったし、これがシリーズ最終巻となると尚更にヒロインとの関係を構築するだけ構築して、結局決着をつけないまま、というのもすっきりしないものがあるじゃないですか。
ってか、どう見てもド本命が美桜にも関わらず、セレナとの関係も精算しないまま継続し、そこにさらに天音という新要素も加えてしまって、収集つかずですよ。これ、女性三人ともマジな上にガチなんですよね。だからこそ、今のところ均衡が保ててるといえるのかもしれないですけれど、逆に言うといざ崩壊した時の修羅場がそこらへんのチョロいヒロインどころじゃなくて、ガチの泥沼の戦争になりかねない恐ろしさがつきまとうわけで。
ある意味ここでぶん投げたのは、賢明だったのかもしれない、とすら思ってしまうと同時に、その後のライトノベルらしからぬ本気の修羅場も見てみたかったという怖いもの満たさもくすぐられるところであります。
ちょっとこの作者さんに関しては、ヒロインひとりに絞ってのガチのラブストーリーとか見てみたいなあ。

シリーズ感想

電波な女神のいる日常 2 ★★★★  

電波な女神のいる日常2 (講談社ラノベ文庫)

【電波な女神のいる日常 2】 望月唯一/しもふりおにく 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

夏休み。セレナとの生活にも慣れてきた俺だが、ある日実家から戻ってくるよう言われてしまう。だが、セレナを引き留めておいて、自分は実家が直ったらさよならというわけにはいかない。すると独り立ちの条件として親から出されたのは、仕送りなしでの生活だった。そこでお金を稼ぐ必要が出た俺は、美桜のアイディアで、テレビ番組の賞金獲得を目指すことになる。種目は―チアダンス。セレナや美桜の協力のもと、俺は彼女たちのマネージャーを務めるが、ライバルに回った里崎が色仕掛けをしてきたり、それを見たセレナや美桜がなぜか機嫌を悪くしたりで…!?女神様と幼馴染とクラスメイトがチア勝負!?ハートウォーム学園神様ラブコメ第二弾!
こ、これは……セレナさん、女神様、これはちょっとあかんのとちゃいますか!? 一生懸命割ってはいろうとしていますけれど、智希と美桜の関係ってただの幼馴染の範疇を完全に超えちゃってるんですよね。一度、深く拗れた末に中途半端な状態で固定されてしまったせいか、お互いにもどかしい想いをしながら関係を持て余してしまっている。肝心なのは相手のことを物凄く大切にしてる、という所がブレてないことでその気持をどう処理していいかがわかってないんですよね。相手との距離感、そしてスタンス。なまじ美桜も智希も年齢のわりには大人びていて、しかも誰にも寄りかからない自立した、一人で完結しているタイプの人間だけに、中途半端な状態でも壊れず破綻せずに今までズルズルと来てしまったんだろうけれど、中途半端であるが故にお互いのことを半端無く意識してしまっているわけである。幼なじみ特有の、空気のような馴染んだ存在、という要素をはらみつつも、いて当たり前、ではなくて常にその存在を、動向を、息遣いを測りながら、感じながら、意識しながら今まで生きてきたわけである。言わば、その人生の少なくない部分を相手の存在が占めてしまってるんですね。
これを、ただの幼なじみと言うには無理がありますよ。そもそもの熱量が全然違う。
それでも、セレナが現れるまではいびつな状態で停滞していたのでしょうけれど、セレナという起爆剤が二人の人生の中に割って入ってきたおかげで、いびつな安定性は致命的なまでに崩れてしまった。特に、智希が自覚的に二人の間にわだかまっていた瑕疵を解消しようと動くようになってしまった。
お互いに、相手をかけがえのない大切な存在、と思えばこそ保ってきた距離が、大切であるが故に距離をあけていられなくなってきたのである。
あまりにも、智希にとって美桜って娘は特別すぎるんですよね。扱いが、他の女性陣と一段違ってしまっている。それは、セレナですらも同様であるように見えるわけです。智希はセレナに対して物凄く親身になって面倒見てて、彼女が背負ってきたものを自分も一緒に背負ってやろうとしているけれど、それがセレナという娘に対する特別扱いかどうかは、ちと疑問なんですよね。智希の生き様からして、クラスメイトの里崎や後輩の詩乃がもしセレナくらい困ってたら、同じように助けるんじゃないかと思うんだけれど、あの泣いていた美桜を掻き抱いて抱きしめたように、セレナや他の娘を抱きしめてあげられるか、というとどうなんだろうね、とね。胸で泣かせてあげることは出来るかもしれないけれど、あんな風に抱き寄せられるか、掻き抱いてあげられるか、というとね……。そもそも、セレナを助けようと思った智希という人間を形作ったのが美桜の存在ですからねえ……。
ってか、夏祭りの際の二人のやりとりって告白以上の熱々っぷりなんですよね。これ、無理でしょう。
女神さま、負け戦です、引き立て役です、ってかキューピットな役回りですよ、それw
メインヒロインは、セレナと美桜の二人ですけれど、これは2−8くらいの戦力差がありそうだなあ。同居、同棲のアドバンテージがセレナにあるとしても、むしろ朝から晩まで一緒にいることで、智希の日常生活の色んな細かい部分に美桜の影をセレナは感じてるみたいですし、厳しいところです。
今回は、助演の里崎女史と詩乃のサブヒロイン勢の活躍、というか存在感も目立ってましたねえ。ってか、里崎さんが色々と精力的で便利すぎるw 詩乃の方は女子力が欠片もないマイペースなやんちゃっぷりが、後輩として可愛いんですよねえ。アホの子ほど可愛い、というやつか。

サービス&バトラー 3 3   

サービス&バトラー3 (講談社ラノベ文庫)

【サービス&バトラー 3】 望月唯一/成沢空 講談社ラノベ文庫

Amazon

俺が陽菜お嬢様の執事に就いてから三ヵ月が経とうとしている。彼女の執事兼コーチとして働くことになり、所属する第二テニス部と古巣である第一テニス部との抗争などを乗り越えて、今ここに至るわけだ。だが、俺たちが引退したあとに残される後輩の珊瑚のことを考えると、いつまでも第一テニス部と対立したままではいられないだろう。そして俺たちは、珊瑚を――彼女の未来を賭けて、全国レベルの先輩率いる第一テニス部と勝負をすることになるが……!?
「俺もそろそろ着替えるから、珊瑚は着替えを見守っててくれ」
「はい、分かり……ませんよ! 先輩は無限に変態ですね!」
テニス×執事×お嬢様な学園ラブコメ、クライマックスの第三弾!
アンスコがどうしても縞パンにしか見えない! ちょっと激しく動くとポロリしてしまいそうなゆるい胸元といい、このテニスのユニフォーム、エロすぎでしょう。こんなのと男女混合ダブルスとか、目移りして冷静に出来ないですよ。
というわけで、メインヒロインの三人目藤原珊瑚の当番回。ドロップした芹葉や怪我した水瀬と違って、珊瑚についてはまだ本気でテニスで頂点目指しているのに、このまま第二テニス部に入ったままで大丈夫なんだろうか、と危惧していたのだけれど、彼女の話はやはりその辺りの件が中心となりましたか。彼女しか一年生が居ない事も含めて、いったいどうするのか、と。
これはもう、第一テニス部と和解する方向しかなかったのですけれど、これまであちらが第二テニス部に対してやってきたことは到底見逃せる事じゃなかったですからね。どう割り切りをつけるかが問題だったのですが、まあ第一テニス部側にもそうおうの理由と理念があった、として歩み寄るしかないわなあ。少なくとも、珊瑚の兄貴であり水瀬の友人である修一が第一テニス部に居る、と言うことで和解の筋道が残っている分無理はしなくて済んだのだけれど、幾ら後から実は悪くなかったんだよ、と言われてもわだかまりを晴らすのは難しいんですよね。もやもやはどうしても残ってしまう。女性部長を引っ張り出してきて、正面対決でそういうのを吹き飛ばす流れだったんだろうけれど、流石に一気に払拭、とは行かなかったんじゃないかな。
わりと試合のシーンを濃い目にやって、水瀬の試合巧者っぷりを堪能出来たんですけどね。
こういうのは日照田先輩含めて第一テニス部との交流が徐々に進んでいけば解消していけるものなんだろうし、シリーズが続けばそうしたエピソードも積み上げていけたのだろうけれど、残念ながらシリーズここで終了なのね。ようやく全員当番回が済んで、ヒロイン全体にスポットを当てた話に進めるだろう、と思ってたのに。どうしても当番回だと、他のヒロインの出番が限定されてしまって、存在感がなくなってしまってましたからね。特に、陽奈お嬢なんか、第一巻でメイン張っただけで、2巻と3巻では居たっけ?と思うほど存在感薄かったからなあ。
個人的には芹葉がメインヒロインだったので、もっと彼女の出番が見たかった。

1巻 2巻感想

サービス&バトラー 24   

サービス&バトラー2 (講談社ラノベ文庫)

【サービス&バトラー 2】 望月唯一/成沢空 講談社ラノベ文庫

Amazon

俺が陽菜お嬢様の執事になってから一ヵ月半。執事としての生活にも慣れてきた俺は、陽菜と、同じく陽菜に仕える同僚である月城と一緒に、迫る体育祭の実行委員会に参加することになった。第二テニス部のメンバーたちともども、慣れない事務仕事に奮闘する俺。そして、俺は準備の一環として、月城を買い物デートに誘うが……!?
「くそ……俺がもっとイケメンに生まれてさえいれば……!」
「いや、水瀬君は性格のほうをなんとかした方がいいと思う」
「俺がイケメンだったら、この性格でも許されたはず」
「それはない」
テニス×執事×お嬢様な学園ラブコメ、メイドも加わって第二弾!
あのね、街で男女が一緒に歩いていて、その二人が手を繋いで歩いてたら、絶対デートです。100人に聞いたら100人がデートって答えますから。
ただの買い出しです、なわけがないでしょうがーーっ!!
いやいや、こんなにマジデートっぽいデートはあんまりお目にかかった事がありませんよ、というくらいに真っ当なデートでした……なのに、本当にただの体育祭の買い出しだというのは、納得できん!!
それにしても、1巻の頃から思ってたことだけれど、ことヒロイン力に関しては陽菜お嬢よりも圧倒的に月城芹葉の方が上回ってるんですよね、これ。彼女については一応、メイドという事になっているけれど、読んでいる限りではメイド属性は殆どありませんね、これ。それよりも、一流のテニスプレイヤーとしての位置づけの方が強いように思うのです。彼女の内面を描くときも、メイドというのは単なるアルバイトの一つとしての位置づけで、まず彼女の中心となっているのがテニスプレイヤーとしてのそれであり、彼女の頑ななくらいの頑張り屋としての芯となり、同時に苦しめる原因となっているのもプレイヤーとしての月城芹葉なわけです。
それは同時に、まず執事ではなくテニスプレイヤーである水瀬直哉と立ち位置が同じ、という事でもあるんですね。水瀬と芹葉は、テニスプレイヤーとしても一流のそれとして同じ高さからそれを見ていて、メイドと執事という職場においても同僚であり、同級生としても一緒のところにいて、今度は体育祭の実行委員としてもコンビを組む形になり……自然と彼女にとって水瀬は最大の理解者となっていっているのです。それこそ、彼の言動を通して、自分自身が意識していなかった心底をも浮かび上がらせてしまうほどの。

傍目にもしっかり者で真面目な頑張り屋、親しい人からは頑固者で意地っ張り、と対応こそ柔らかくても納得できなければ容易にウンと頷かないタイプであろう彼女、月城芹葉が何故か水瀬のあっけらかんとしたセクハラ混じりの押しの強さに対しては、困った顔をしながら何だかんだと押し切られて受け入れてしまうのか。
イジられることに無駄な抵抗をしながら、結局従順と言っていい結論に収束するのか。
少なくとも、メイドだからじゃないですよ。メイドは全然関係ないです。メイド、ほんとに関係なかったなあ。
こういうキッチリと壁を作る子ほど、認めた相手には素直になってしまう、内側に入ることを許してしまうのですが、その過程とも言うべき葛藤が、無駄な抵抗とか申し訳程度に嫌がってみたりとかいう態度に出ちゃってたんですかねえ。
その終着点として、プレイヤー、同僚、同級生、あらゆる立ち位置で同じ視点から共感し、感化され、結果としてあらゆる側面からの自分を曝け出された結果、彼女の周りに張り巡らされた壁は、テニスプレイヤーという一部分だけでなく、月城芹葉という女の子そのもの全部の壁を乗り越えられ、内側に受け入れちゃった結果がアレである。全部許しちゃう、身も心も許しちゃう、てなもんだわなあ。
この娘みたいなタイプは、こうなるともう完全に尽くすタイプです。なんであろうと、どんな要求だろうと、すべて許してくれそうです。これをして、芹葉のお母さんは自分の娘を愛人タイプ、と言ってたのかもしれませんけれど、ここまで威力を高めてしまうと、ちょっと割って入る余地がなさそうな……。【盟約のリヴァイアサン】の十條地織姫を彷彿とさせる無敵のヒロイン力すぎて、ちょっと今のお嬢様だとパンチ不足だぞ、これ。

お話自体は月城芹葉にスポットをあて、コミカルに学園生活の日常風景を彼女中心に描きつつ、予定されたテニスの試合に収束させるように、芹葉の内面をじっくりと掘り下げ、水瀬のアプローチによって解体し、行き詰まったそれを新しく再構成させる、というスタンスで……実際のところ派手さは皆無です。
が、これがすこぶる面白い。軽快なエピソードも、心の内側に手を突っ込んでいくパートにしても、思わず読み耽って没頭してしまうほど、引きこまれてしまいました。1巻でも感じたことなんですが、この作者さん、単純に「上手い」ですわ。必殺技を持たなくても、基本技だけで有無を言わさずねじ伏せられるかのような妙がある。
逸材ですよ、この望月さん。

1巻感想

サービス&バトラー3   

サービス&バトラー (講談社ラノベ文庫)

【サービス&バトラー】 望月唯一/成沢空 講談社ラノベ文庫

Amazon

日本有数のセレブ学校――私立悠宮学園。ここのテニス特待生だった俺こと水瀬直哉は、肘の故障のため退学することになっていた。だが退学予定の朝、俺はテニス初心者のお嬢様・神坂陽菜と、そのメイドである月城芹葉と出会う。そして俺は陽菜の依頼により、執事として彼女の家に住み込みでテニスを教えることになるが……!?
「じゃあ、とりあえず走り込みからしようか。Eカップが揺れるし」
「思いっ切りやる気なくなったんだけど!」
「いいから胸揺らしてこいよ」
「もう走り込みですらなくなった!」
新人賞〈優秀賞〉受賞のテニス×執事×お嬢様な学園ラブコメ開幕!
怪我で選手を続けるのを諦めざるを得なくなった主人公が、ひょんなことからお嬢様にテニスを教えるついでに執事になり、お嬢様が作った弱小テニス部を強豪に勝たせるために奮闘する、とまあ執事になってしまったのはともかくとして、それ以外はわりと王道のスポ根ものである。同世代に教えてもらってどうするんだ、と言いたくなるところだけれど、基本的に直哉が教えるお嬢様はほんとにテニス初心者なので、年齢同じくらいとはいえ教えられる側と教える側の技量バランスは取れているのでそれほど不自然はない。というか、この直哉って教えるのすごく上手いのよね。相手の特徴を掴みつつ、ごくごくロジカルに的確で行き届いているのだこれが。普通にコーチでやってけるレベルですよ、これ。練習メニューの組み立て方もえらい上手だったし。こいつ、選手時代も練習のプランニング全部自分でやってたんじゃないだろうか。あれやれ、これやれ、と言われてやってたプレイヤーじゃ絶対に生まれない論理的なメニューだったもんなあ。
実のところ、テニスの実力だけならメイドの芹葉からして女子テニス部で一年でレギュラーを獲った強者だったのですから、彼女から教わってもおかしくなかったでしょうし、これまでも多分芹葉中心でやってたんでしょうけれど、それ以上に直哉をコーチとして招聘したのは適切だったんじゃないでしょうか。トッププレイヤーだったにも関わらず、お嬢様の作った第二テニス部の勝負に拘るよりも楽しくテニスをしよう、というコンセプトに対しても口出ししませんでしたしね。
ひたすら勝敗に拘るか、それとも楽しくプレイする事を目的とするか、この相克は学校のスポーツ教育じゃ難しい問題だと思うけれど、もしどちらかを選択できる環境があるなら、それに越したことはないんですよね。お嬢様が第二テニス部を作ったのは、強くなれずに切り捨てられたけれど、それでもテニスが好きでプレイしたい、という娘たちの為だったわけですし、芹葉が第二テニス部に移ってきたのも、自身が強くても第一テニス部のやり方に自分が合わなかったから、という理由があり、それを第一テニス部の娘たちから非難されるいわれはやっぱりないと思うんですよ。第二テニス部が第一テニス部に対して施設面などで迷惑をかけたわけでもないですしね。
それでも、楽しくプレイするなら、弱いままで怠惰に妥協して遊んでいる、というのはちょっと違うと思うんだよなあ。やっぱり、やるなら自分なりの向上を目指さないと、楽しくないですよ、面白く無いですよ。その意味では、第二テニス部のこの娘たちは、勝利至上主義の第一テニス部のやり方からはドロップアウトしたけれど、決してテニスに対して真剣に向き合っていないわけじゃなく、本当にテニスが好き、という気持ちが伝わってくる良い部活グループに見えました。だからこそ、大好きなテニスが怪我でできなくなったことに暗澹たる絶望を感じていた直哉は、単にもう一度テニスに関われる、というだけじゃなく、テニスをやりたい、テニスを好きなまま存分にやりたい、という気持ちをほとばしらせてるこの娘たちを、応援したくなったんだろうなあ……言動だけみてると、おっぱい星人のエロ小僧にしか見えませんけれど!
話の筋立ては王道そのものなんですが、だからこそ作者の物語を描く能力が如実に浮き彫りになっていたような気がします。なんか、するすると読めたんですよね。それは軽い、という意味ではなくて、言葉が紡がれることによって伝わるお話の伝導率が素晴らしいのです。単純に語り口が上手いのかなあ。第一テニス部の他の二人の部員とか、突っかかってきた第一テニス部の一年生とか、ぶっちゃけそれほどキャラ立ってたとは思わないんですよね、話もオーソドックスすぎて飛び抜けた所もありませんでしたし、テニスのプレイシーンが凄かった、というわけでもない。なのですが、全体としてみるととても充実していて、お話として読み終わって面白かったなあ、と息をついてしまうような満足感があった。これは、なかなか得がたい上手さですよ。
個人的には初なお嬢様よりも、メイドの芹葉さんがビリビリきましたねえ。なんちゅうか、久々に真のメイドさんと出会った気がする。真なるメイドたるもの、メイド服を着なくても清楚可憐であれ、てなもんで、実は制服の時の方が萌えた。意外と弄られ属性なので、さらに萌えた。直哉があれでかなりやりての弄り屋なので、芹葉さんの翻弄されっぷりが、きゃわいいのよ。うむ、堪能させていただきました。
 

5月30日

ジェームズ・リッチマン
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


てん てんこ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


百黒 雅
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


アトハ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


槻影
(GCノベルズ)
Amazon B☆W


樋辻臥命
(GCノベルズ)
Amazon B☆W

5月29日

重野なおき
(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


清水栄一/下口智裕 (ヒーローズコミックス) Amazon Kindle B☆W


朱白あおい/半月板損傷
(ヒーローズコミックス わいるど)
Amazon Kindle B☆W


富士防人/外岡馬骨
(ヒーローズコミックス わいるど)
Amazon Kindle B☆W


重野なおき
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W

5月26日

尾野凛/たかた
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


坂野杏梨/逢沢大介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


騎羽こうじ/瀬尾優梨
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


伊勢海老ボイル/慶野由志
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ワタナベ タカシ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


絢瀬あとり/九頭七尾
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東大路ムツキ/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


和ヶ原聡司/柊暁生
(電撃コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木快
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


いみぎむる/ Spider Lily
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


石坂ケンタ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


加藤陽一/スメラギ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


芽々ノ圭/ほえ太郎
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


七沢またり/堤りん
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ななつ藤
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


多門結之/Sin Guilty
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


サラマンダ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


えのき
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Team RWBY Project/スエカネクミコ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ノッツ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

白梅ナズナ/まきぶろ
(comic LAKE)
Amazon Kindle B☆W


葦尾乱平/涼樹悠樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


奈々鎌土/名無しの権兵衛
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


アイサコ/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


左藤圭右/割内タリサ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しゅにち/友橋かめつ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろいはくと/大崎アイル
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/青木翔吾
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/黒瀬浩介
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/マツセダイチ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/関根光太郎
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次/海法紀光
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次/海法紀光
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タナカトモ/諸星サロ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ルーカスフィルム/大沢祐輔
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


星河だんぱ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/栄田健人
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


涼樹悠樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


岸本和葉
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


しば犬部隊
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


鴨山兄助
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


KAZU
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


星野星野
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


岡沢六十四
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ラストシンデレラ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


五月 什一/原作・監修:なきそ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


岩波零
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


十文字青/原作・プロデュース:Eve
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鈴木 大輔
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鳳乃一真/原作:Liars Alliance
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


十文字 青
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


綾束 乙
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


3人目のどっぺる
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


七沢 またり
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


新巻 へもん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


夜州
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


Y.A
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


百均
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


紺染幸
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


高岡 未来
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


仁科 裕貴
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月23日

小野はるか
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


クレハ
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


円城寺 忍/監修:天狼プロダクション
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


冲方 丁
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W

5月22日

田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


嶋水えけ
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

やしろ
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


こまるん
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


流石ユユシタ
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


西の果てのぺろ。
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


永野水貴
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月19日

超法規的かえる
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


らいと
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


大楽 絢太/原作・監修:タツノコプロ
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


来生 直紀
(富士見ファンタジア文庫
Amazon Kindle B☆W


初美 陽一
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


亜逸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏乃実
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


冬目景
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


キナミブンタ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


安田剛助/藤島真ノ介
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


黒イ森/島崎 無印
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


多田大我
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


立華凪/大寺義史
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高橋慶太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


mogi
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月18日

カミツキレイニー
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


中西 鼎
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


立川浦々
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


吉野 憂
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


サイトウケンジ/波多ヒロ
(チャンピオンREDコミックス) Amazon Kindle B☆W


吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ねこぐち
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月17日

西尾 維新
(講談社BOX)
Amazon Kindle B☆W


蒼月 海里
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


左リュウ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


茨木野
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


おとら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W

5月16日

西尾 維新
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月15日

友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


尼野 ゆたか/原案:佐々木 禎子
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


硯 朱華
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


三上康明
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


干野ワニ
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


空地大乃
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


池中織奈
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月12日

島本和彦
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ゆきの
(夜サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伏見ダイキ
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


堂本裕貴
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


ヨウハ/SCRAP
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


小山愛子
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七尾ナナキ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瑚澄遊智/漂月
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


森みさき/森下りんご
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


持崎湯葉
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


あずみ朔也
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


小林湖底
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


路紬
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月11日

朝倉亮介
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中吉虎吉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音/朱里
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


谷川ニコ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W

5月10日

佐島 勤
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬
(電撃文庫)
Amazon B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


三枝零一
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


杉井 光
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鏡 遊
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


比嘉智康
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


谷山走太
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


南野 海風
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


水野 藍雷
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


原純
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


リュート
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


香月美夜
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


赤野用介
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


雨川透子
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


ニシキギ・カエデ
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


わんた
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


馬路まんじ
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


まゆらん
(ツギクルブックス)
Amazon Kindle B☆W


千嶌オワリ/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


湯水快/山座一心
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W
5月9日

サイトウケンジ/奈央晃徳
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


羽仁倉雲/アロハ座長
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


堺しょうきち/白井ムク
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


橿原まどか
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


シンジョウタクヤ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


三簾真也
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤチモト/resn
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


園原アオ/割田コマ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


冬葉つがる/友麻碧
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


秋月煌介/鈴木市規
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


錬金王/五色安未
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


川上泰樹/伏瀬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


カジカ航/伏瀬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


片岡人生/近藤一馬
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ナナシ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月8日

二階堂幸
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


桑原太矩
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


比村奇石
(プレミアムKC)
Amazon Kindle B☆W


比村奇石
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ずいの/系山冏
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


パミラ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ブラック木蓮/郊外の某
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

ケンノジ/松浦はこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


伊崎喬助/無望菜志
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


南野海風/古代甲
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


白石新/さめだ小判
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


坂木持丸/つきやまなみき
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


小鈴危一/しらび
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


相崎壁際/四季ムツコ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


クール教信者
(まんがタイムコミックス)
Amazon Kindle B☆W


きたむらましゅう
(まんがタイムコミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月5日

Kindle B☆W

5月2日

金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


浅野りん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


三上康明/田中インサイダー
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


縞野やえ/MB
(角川単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


助野嘉昭
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


馬渕朝子/安藤コウヘイ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


yatoyato
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


上月ヲサム
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


橋本悠
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


仲間只一
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/岩崎優次
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三浦糀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マポロ3号
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


住吉九
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊於/下城米雪
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


せるげい/くまなの
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


火狩 けい
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ちると
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


神ノ木 真紅
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


よしふみ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


葵すもも
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


天池 のぞむ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


守雨
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

5月1日

ののあ
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


太陽ひかる
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


南野海風
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


マチバリ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


海野アロイ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


まきぶろ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索