望月朔

ヴァンダル画廊街の奇跡 34   

ヴァンダル画廊街の奇跡〈3〉 (電撃文庫)

【ヴァンダル画廊街の奇跡 3】 美奈川護/望月朔 電撃文庫

Amazon
 bk1

母の影を追うエナが見るものとは──。ヴァンダルたちの物語はクライマックスへ!

「──四枚の絵が揃った時、世界に審判が下る」
 絵画を掲げる事によって、混乱を振りまこうとするアンノウン。ヴァンダル一行は、彼の目的を知るためのカギがエナの母・イソラの研究内容にあると推測し、行動を起こす。一方ゲティスバーグたちは、文化制定局局長アナベルに出頭を命じられる。そして独自のルートでUMA──アンノウンの目的を調査していく……。両者が最終的に行き着いた真実は世界政府の構築とイソラに関わる驚愕の真実だった……!
 果たしてヴァンダルたちはアンノウンを止められるのか!?
 第16回電撃小説大賞《金賞》受賞作、感動の完結編!!

正直、アンノウンのポストヒューマンとして成そうとした世界を覆す行いというのはどうでもいいというと語弊があるけれど、その世界への影響や壮大さなどが問題ではなく、彼の存在と人間を照らし合わせて、ウィリアム・ブレイクの絶望とティツィアーノ・ヴェチェッリオの「慈悲(ピエタ)」の解釈を通じて、人間の在り方を問うことこそが主題だったように思う。人は罪深きものなのか、それともその魂は崇高であるのか。有限の命をもて生み出された人類、それは罪の証か神の慈悲か。これまで、それぞれの挿話で各々が心の中に持つ一枚の絵をもって、今までの人生を振り返り、これからの人生を歩いて行く人々の横顔を描いてきた本作において、その問いかけはひとつの集大成か総括と言えるものだったのかもしれない。
この小説は、決して言葉を多く費やすような雄弁さを持っていない。むしろ、寡黙な印象すら受ける。登場人物たちは、自分の心の内に秘めた想いをベラベラと語ったりはしないし、訳知り顔に説明するような弁士もいない。
しかし、この小説は強烈なまでのメッセージを、いや彼らが生きてきた、そして生きていくであろう人生をありのままの形で、そのままの形で伝えてくる。
だから、この作品は、読み手は文章を言葉として読むのではない。きっと、文章によって描き出された情景を「観る」事によって成り立っているのだろう。
正直言って、本作を読んで湧きあがってきた感慨、それこそ崇高だとか敬虔だとかいう気持ちのアリカ、拠り所についてそれこそ思うがままに書き殴ってしまいたかったのだが……難しいな。良い絵をね、観てしまったときというのはどうしても黙りこんでしまうものだし、絵の元から離れても、良い映画や小説をあとで語り倒してしまうのと違って、胸のうちに大事に仕舞っておきたくなるのと同じで、どうも気が乗らなくなってきた。それこそ、母と子と神の寓意など物語の中身や構成には様々な解釈が試されるし、とても解体し甲斐のある濃密な意味と意志の込められた作品だと思うのだが、そういうのを詳らかにしてしまうのは、随分と無粋な気がしてしまって。
これは読んで知るものではなく、純粋に、観て感じて伝えられる事が素敵な作品なのだと思うから。
だいたいどういう作品なのか、という点については二巻の感想で概ね書き切ってしまってる感があるし。そう考えると、まったく作品の在り方はブレてないんだなあ。

人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている


そして結局、最後までこのコンセプトもまた、一切ブレることがなかったということなんだろう。
読書メーターとか見ても、あまり読まれてないみたいだし、感想記事も殆ど見かけないということは、やっぱり売れてないんだろうなあ。これほど心に沁みる良作は滅多と無いと思うんだが。
特にこの人が素晴らしいのは、一期一会の描き方。そして、人生の終わりに差し掛かった老人の生き様。二章に出てきた老バーテンダーのイカした渋さには、そりゃもう痺れた。近年稀に見る格好良さだった。この二章だけでも、きっと読む価値はあるのだと、そう思う。
これでこのシリーズは完結となってしまったけれど、筆者には出来ればブレないまま次の作品を手がけて欲しいなあ。でも、売れなきゃ始まらない、となるとそうも行かないのかもしれないなあ……。

1巻 2巻感想

ヴァンダル画廊街の奇跡 24   

ヴァンダル画廊街の奇跡〈2〉 (電撃文庫)


【ヴァンダル画廊街の奇跡 2】 美奈川護/望月朔 電撃文庫

Amazon
 bk1

第16回電撃小説大賞<金賞>受賞作早くも登場!

 父の遺志を継ぎ『誰かの心の中の絵』を描くため、世界を旅するエナたち『ヴァンダル』一行。しかしそんな彼らをあざ笑うかのように、過激派の反政府組織『DEST』が絵を用いたテロ活動を実行に移し始める。
 絵を単なる政治闘争の道具にする彼らを許せないエナたちは、それを妨害するために奔走するが……突如として彼らの前に現われた、殺されたはずの『DEST』の指導者UMAを名乗る少年は、エナと似て非なる光を宿した、赤い『眼』を持っていた──!!
 第16回電撃小説大賞<金賞>受賞作第2弾、怒涛の新展開!


渋いなあ。滅茶苦茶渋い。この読後感のどこか苦味と寂寥感をブレンドした清々しさ。懐旧を胸に、未来へと足を踏み出していく、その足取りの重たさと確かさが押し寄せるように想起される。
ここで登場人物たちに開かれる未来は、決して輝かしいものでも希望に満ちたものでもない。むしろ重苦しく薄暗く優しい過去から遠ざかっていくものだ。それでも、その場に一歩も動けなくなり、行き止まりに立ち尽くしていた彼らは、心の中の一枚の絵を目のあたりにすることで、その重く暗い未来へと自ら踏み出して行く勇気と決意を得るのだ。懐かしい思い出を胸に、優しい過去に別れを告げて、歩き出して行く。
その後姿は、淋しげでありながらとても崇高で、自然と敬虔な思いに駆られる。物悲しさに胸を震わされながら、それでも彼らが得た勇気を讃え、彼らが歩むことを選んだ人生に幸あらん事を祈らずにはいられない。

新人賞作品として一冊で完結させなければならないと言う制約によって、エナの過去や目的にまつわる事件を追いかけなければならないことから、一巻では全体に方向性が散漫になっていた部分があってちょっと残念だなあ、と思っていたのだけれど、シリーズ化されたことでそのへんが見事に解消されていた。特に、一巻ので一番だと感じた二章の方向性を突き詰めた形で、今回のメインとなる三作は描かれていたので非常に満足。話の締め方も、唐突感に拍子抜けする人も多いかもしれないけれど、自分はこの形がとても好きですわ。ある種の話やキャラの先行きの余韻を感じさせる締め方もいいけど、この話の主人公を置き去りにするような、それとも置き去りにされるような終わり方は、強く一期一会を感じさせ、彼らが彼らの人生を歩みだした事を強く印象付ける。彼らがこの先どう生きるのか、どうなっていくのかは、彼らだけの物語なのだ。エナたちも、読者も、もう彼らの行先に関知することはなく、覗見する意味もない。
故にこその唐突感。お別れなのだろう。
その点がより強く強調されているのが、第二章。ハルクの過去とすれ違う、<オフィーリア>の肖像。正直、この物語の終幕における、人生の終着点をのぞみつつある老人たちの抱くあまりにも複雑で入り組み積み上がった名状しがたい想いは理解の遙か埒外にあり、故にこそか、圧倒的なまでの密度を以て胸を締め付けてきた。理解ができなくても、伝わってくるものはある。わからなくても、わかることはある。
言葉にならない感情の渦が湧き上がってきて、泣けてきてしまった。
傑作である。
ちなみに、このお話の題材となるジョン・エヴァレット・ミレイ作の【オフィーリア】は、圧倒的なまでのインパクトある傑作なので、見たことがないという人は一度目にすることをおすすめする。
見た目若いサイボーグのハルクだけれど、此の男の中身はロフマットの言うように正真正銘、実年齢通りなんだなあ、というのが実感出来た話でもある。

四章で、エナを主人公としこのシリーズの基幹を為すだろう話が始まっているけれど、今後もこうして最後の一章だけエナの話、として進んで行くんだろうか。その方がバランス良さそうだけれど。
ウィリアム・ブレイクの【大いなる赤き竜と日をまとう女】は恥ずかしながら見たことがなかったんだが、いや、これは何ともものすごい絵だなあ。

1巻感想

ヴァンダル画廊街の奇跡4   

ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)

【ヴァンダル画廊街の奇跡】 美奈川護/望月朔 電撃文庫

Amazon
 bk1

これ、最初から続き物にするつもりで書いてた方が良かったんじゃないか、と思ってしまうくらい、一話と二話が素晴らしかった。第三章から、主人公のエナとハルクが直接関わってくる物語へと移行してしまうんですよね。この物語のコンセプトとも言える、
人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている

は、一切ブレることなく、エナたちが主体となる話になってもそのまま敢然と走り切るのですけど、エナたちとは直接関係ない、行きずりの、一期一会に出会った人たちの心のウチにあった絵の物語の美しさを思うと、レナード・ウィンズベルの遺した絵を巡る謎を追う話の筋立ては、これはこれで非常にしっかりとした読み応えのある話として成り立ってるんですが、出来ればある程度シリーズが続いて、キャラや世界観の掘り下げが進んでから読んだ方が、より心に響いた気がするんだよなあ。この辺は、新人賞に応募した作品として一巻でちゃんと話を終えておかなければならないという制約ゆえなんですけどね。
お陰でインターポールの曲者警視と堅物娘が、かなり中途半端な立ち位置になっちゃってるし。下ディスバーグ警視なんて、それなりのバックグラウンドがあり、アートテロリスト<ヴァンダル>を追うための行動原理を持ってそうだったのに、エナたちの方の掘り下げに手一杯で、彼の方を突き詰める暇がないままクライマックスまで行っちゃったし。カッツェ警部補も、ヴァンダルを追っている間に芽生える心境の変化が、弱いまま終わっちゃったしなあ。元々、揺らぐべき正義への信念も、これといった明確な形で描く時間がないまま終わっちゃったし。
追いつ追われつの人間関係は、やっぱりもっと煮詰まらないと味が出ないんですよね。相反する立場に居ながら、時に目的を同じくし、心情を交わし合い、その上でお互いの主張や思想をぶつけ合いながら対決するライバル、というのが一番映える形なわけですし。

世界的な名画を題材とするだけあって、これはイラストレイターは大変だったろうなあ。さすがに当の絵をそのまま描くのはあらゆる意味で難しかっただろうし。カラー口絵を見る限りでは、相当上手い人だと思うんですけどね。単にキャラクターを描くのではなく、背景に落とし込む表現が非常に素晴らしかった。一目でグッと引き込まれる絵でしたしね。
ちなみに、題材となる絵は、あんまり詳しくない自分でも殆どが知っているようなものばかり。故に、容易にその光景が想起出来て、感動もひとしお。というよりも、これは心のなかにあった絵を、現実に目の当たりにした瞬間の、その人の衝撃や感動を伝える描き方がそれだけ素晴らしかった、というべきなのかもしれない。その人の感じた思いがそのままダイレクトに伝わってくるように、感情移入してしまったわけで。
特に傑作は第二章。遥か遠い故郷に大切なものを置き去りにしたまま、享楽の都ラスベガスで流れて行く時間の波に浮かんでいた女が目の当たりにする故郷の風景。
何故、彼女がこの街にとどまり続けたのか。その答えを告げると共に彼女の選んだ道が、何とも物悲しい。ここでの彼女が抱くに至った境地というのは、ちょっとライトノベルの登場人物離れしてるんですよね。男と女の出会いと別れ。このシーンは、胸にグサっと来たなあ。

良かったら、文学少女並にとは言わないので、もっと絵に関する蘊蓄があったら嬉しかったなあ。絵の存在そのものが、各章の登場人物の人生そのものの投影でもあったわけだし。

絵画を瞳に宿す少女エナ。彼女が秘めた、願いと想いは──。

 人は誰もが、
 心の中に一枚の絵を持っている──。

 統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはずの名画が描き出される事件が起こる。

『Der Kunst Ihre Freiheit!(芸術に、その自由を!)』

 絵とともにそう書き残していく<アート・テロリスト>を、人々は敬意をこめて「破壊者(ヴァンダル)」と呼んだ。
 政府を敵に回すという危険を冒してまで彼らが絵を描く理由とは。そして真の目的とは──? 
 第16回電撃小説大賞、<金賞>受賞作!


平和のためという錦の御旗によって、戦争にまつわるとコジつけられたあらゆる文化が抹消されて行く世界の中で、白日のもとに封じられた名画たちを刹那だけ、描き出す一人の少女。
彼女の戦いは、世界を変えるため。それは体制を覆すためではなく、押しつぶされた人々の心を解き放つためのモノ。さいご、彼女が描き出したものこそが、それを示しているのではないだろうか。
もし続きがでるのだとしたら、やっぱり二章みたいな話を読みたいなあ。これはこれで綺麗に終わっているので、無理に続ける必要もないと思うけど。
 

9月26日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月7日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

9月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索