東京レイヴンズ

東京レイヴンズ 4.GIRL RETURN & days in nest 4   

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest  (富士見ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズ 4.GIRL RETURN & days in nest 機曄,△兇旅綿拭燭垢瀛次”抻慮ファンタジア文庫

Amazon

幼なじみの少女・ナツメとの約束を果たすため、春虎が親友の冬児とともに陰陽塾に転入してから半年。学園や寮生活にも慣れ始めた頃、陰陽塾では、春虎の周囲で奇妙な出来事が頻発し始める!
へえっ! これは面白い。ここでようやく、一巻で大暴れしていった大連寺鈴鹿嬢が再登場と相成ったわけですが、まだ春虎が自分にとってどういう相手なのかを確立出来ていない段階で、彼女を夏目と春虎を取り巻く事情の核心に放りこむのか!
これ、もしかして鈴鹿を本格的に夏目への対抗ヒロインに仕立て上げるつもりなんだろうか。実のところ、長編パートの前半部分、再会からこっち夏目の性別の秘密を回避しつつ、春虎と鈴鹿がお互いに手探りで距離感を測り合っているのを見て、ある程度鈴鹿が春虎をどういう対象として捉えるかを固めてから、夏目とカチ合わせると思ってたんですよね。その辺が定まったら、鈴鹿の春虎と夏目に対してどういう感情を抱き、どう反応し、どういう行動に出るか、という基本方針も基準が出来て定まりますからね。
ところが、ところがですよ、鈴鹿の春虎への感情が一番ピークに達して固まりかけ、本人も処理しきれずオーバーフローしていたまさにその瞬間に、春虎が地雷を踏み、続けて夏目が春虎を突き飛ばして地雷を起爆させてしまったわけです。この爆弾は何れ必ず爆発するもので、だからこそその被害を最小限にするために冬児などは非常に気を遣って立ち回り方を教導していたにも関わらず、春虎と夏目は彼の努力を文字通り蹴っ飛ばす勢いで、最悪のタイミングで全部台無しにしやがったのでした。
これ、アドバンテージを握ることになった鈴鹿ですけれど、握ったはいいものの彼女自身も完全にピーキー状態ですよ。本来ならあの瞬間、自分の中に湧き起こった激しい感情の渦を、時間を経る事で落ち着いて整理する事で具体的、とまでは言わずともある程度の名前らしきものは付けられるくらいの形にする事ができたはずなんですよ。そして、それにかかる時間というのは決してそれほどたくさんはいらなかったはず。もしかしたら、一日とか一晩という単位ですらなく、何分あるいは何秒か、そのくらいでもよかったのかもしれない。上から下に水が流れるように、その流れは出来ていましたしね。
ところが、春虎の発言がその水を、ガソリンに変換してしまった。そして、トドメとばかりに、夏目の情報爆弾ですよ。着火し大爆発である。これは酷い。まだ春虎だけでとどまってたら、鈴鹿のそれは女の矜持を保っていられたかもしれないのに。
ここまで鈴鹿の気持ちをひしゃげさせちゃって、どうするんだ一体w
しかし、このただの恋心や敵愾心にとどまらない強烈極まる激しい情念の渦はキャラクターとしてもヒロインとしても途方も無い武器ですよ。今のところ思いっきり持て余した挙句に変な方向に引火して誘爆してますけど、いずれはこの大連寺鈴鹿というヒロインを大いに飛躍させてくれるはず。このあたりの精神面、心理面での入念にして大胆エキセントリックな仕込みは、あざのさんならではなところ、あるよなあ。

とまあ、長編サイドの方は鈴鹿フィーバーが始まってますけれど、短編四篇の方は完全に夏目祭り。あとがきに習うなら、ナツメ・オン・ステージ!
この娘、ほんとにダメッ娘だな!! この娘の本番の弱さ、応用力の乏しさ、精神的な余裕の無さが日常コメディやラブコメの方に発揮されるとこんなアリサマになるのか。もはや惨劇じゃないかw テンパればテンパるほど、春虎を巻き込んで悲惨なことに。かわいいなあ、もう(笑

とまあ、若者たちは若者らしく色々な意味で血みどろになりながら青春を謳歌しているのだが、さらっと大人世代の方にも興味深い情報がちらつきはじめましたね。小暮と大友先生の元同級生コンビの話を聞いてると、彼らの世代にも何か色々あったっぽいんですよね。それが今なおシコリとして残っている。さらに上の世代である倉橋理事長の話題なんかものぼってましたし、3巻でもしみじみと実感しましたけれど、どうやらこのシリーズ、子供たちの話と同時に、大人たちの話もしっかり刻みこんでくるみたいですね。それもまた楽しみ。
次回も今回と同じく、長編と短編の混合の模様。途中といえば途中で終わっているので、出来れば早く続き読みたいなあ。あとがきによるとそれほど待たされないみたいですが。

1巻 2巻 3巻感想

東京レイヴンズ 3.cHImAirA DanCE4   

東京レイヴンズ3  cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズ 3.cHImAirA DanCE】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon


進級試験に挑む春虎や冬児たち。落ちこぼれの春虎たちに気を揉む夏目だが、試験の最中に突如、異変が冬児を襲う。同時に、渋谷、品川、上野と都内各地で<霊災>が起き――!? 時を超える陰×陽ファンタジー!!

青春っ、してますね!!
あー、こうして改めて見ると、この物語が真っ当に少年少女たちの物語なのだというのがよくわかる。【Dクラッカーズ】は若者たちの話としてもアングラすぎた上にある種の閉鎖的な世界観での話だったし、【BBB】に至っては完全にワールドワイド。
それから比べると、このレイヴンズは正面突破の雛鳥たちの物語なんですよね。メインキャラたる面々は、夏目を初めとしてそれぞれに優秀と言える力を持っているのですけれど、実のところ十二神将という別格は別としても、現場でバリバリと働いている面々と比べてはっきりと差がある事が折々に触れて描かれている。それは、どちらかというと実力や技能の差というよりも、経験や意識の差とも言えるのかもしれない。陰陽塾という学び舎は、将来陰陽師という職能を活かして働く事を目指す若者たちが集まった、勉学のための学校というよりも就職に直結した、社会に出る事を前提とした職業専門学校としての色が強い場所であり、それ故に大人たちが実際に陰陽師として働いている場所に非常に近しい位置にある。同時に、春虎や夏目たちは各々が抱えた事情により大人たちの世界に否応なく関わる場面が多い。必然的に、自分の責務を果す大人たちの姿を目の当たりにし、強く意識するケースが多くなっている。自分たちがいずれ踏み込むであろう社会を、近い将来の現実として実感することが多くなっているんですね。
このへんの子供たちが自立心を芽生えさせていく描写は、何度読んでもいいなあ、と惚れ惚れする。
安易に「大人はなにもしてくれない」という風な方向に持っていくのじゃなくて、大人たちはできる限りの人事を尽くしている。子供たちを守ってくれる。でも、それに頼りすぎるのは信頼ではなく、甘えなのだと。大人たちを盲信し頼る前に、まず自分を頼り、自分で精一杯頑張って、それでも足らなければ周りが手助けしてくれると信じる。これこそ、庇護されるだけの子供からの脱却であり、大人になるための自立心の芽生え、なんですよね。
まだ精神的にも実力的にも未熟な雛鳥たちが、間近で大人の世界を覗き込み、時にそちら側へと踏み入りながら、自分で羽ばたき空へと飛び立たなければならない事を自覚する。これもまさに、青春じゃあないですか。
いやあ、これ確かに陰陽師たちによる異能バトルの世界観なんですけど、根っこの部分はそういうの関係なしに、直球直球豪速球の子どもが大人になる物語、だったんですなあ。

というわけで、これまでどこか底知れない一面を見せていた冬児の秘密が明らかになる話でもありました。こういう余人が立ち入れない男同士の友情を描かせると、あざのさんはビリビリに痺れさせてくれる。そうそう、男同士の友情は傍で女がちょっと羨望と嫉妬するくらいのがいいんですよ(笑
どうやら、彼に憑いているのはそれなりにいわく有り気なもののようだし、順当に起爆用の伏線が地雷原のごとく敷設されていっているのがひしひしと伝わってくる。これらが一度に爆発すると、またえらいことになりそうで、今からゾクゾクしてきましたよ。
これまで勿体付けていた十二神将たちも、一挙に出てきました。以前、テレビでも出ていらっしゃったあの小暮さんが、思ってた以上に面白いというか、キャラ的に丈幅が広そうな人で驚いた。癖のないくせ者というか、なんか使い勝手の自由度が半端ないぞ、このキャラ。一方で、あの鏡くんはあざのさん的には珍しいくらい真っ当な破綻者なんじゃないだろうか。作者は意外とこの手の壊れた人を頼もしい味方にしてしまう傾向があったんだけど、こいつは明らかに脅威以外の何者でもないようだし。かと言って、安易に敵にしてしまうような事はしないでしょうから、いったい物語においてどういう役回りになるのか、予想がつかなくてゾクゾクしますね、ゾクゾクしますね(笑

さて、そろそろ大連寺嬢が再登場しそうな予感。物語の進行的にも、ラブコメ的にも彼女の再投入は重要かつ必然でしょうからなあ。そう、熱い友情話で盛り上がったんだから、次はラブコメ熱が燃え上がってくれないと(笑

1巻 2巻感想

東京レイヴンズ 2.RAVEN゛s NEST4   

東京レイヴンズ2  RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-2)


【東京レイヴンズ 2.RAVEN゛s NEST】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1

北斗との別れ、幼なじみの少女・夏目との約束を経て“レイヴンズ”を育成する学園、東京にある陰陽塾へとやってきた土御門春虎。しかし春虎を待っていたのは思いがけない再会だった!? 時を超える陰×陽ファンタジー!

こ、このガキゃあ、自分でも知らないうちにあっちこっちでフラグ立てまくってるじゃないか(笑
そういう小器用な、色んな女の子から好かれるようなタイプではないと思うんだけどなあ、春虎は。まあ、倉橋京子は今のところフラグが立ってるだけで、実際に春虎の方を振り向いているわけじゃないから、これはこれでいいのか。明らかに、あとで多重錯誤がひっくり返るパターンではあるんだけど。
一巻で登場した鈴鹿は、あれはかなり怪しいですよ。再登場したときは、春虎は色々覚悟しておかんと。

というわけで、スクールライフ編である。何気に、あざのさんの作品でまともな学生生活ものって初めてだよね。Dクラは殆どドロップアウトしていて、マトモな学校での生活は描かれなかったし。デビュー作は禁酒法の時代、前作は世界規模の吸血鬼モノだったわけですから。ある意味新鮮だなあ。
新鮮といえば、むしろ夏目のキャラクターが新鮮だよ(笑
一巻で、彼女には色々な顔があることはわかっていたけれど、この学園での土御門夏目は北斗とも春虎の従姉妹である夏目とも違うキャラクターになってるんですよね。北斗っぽいかというと、ちょっと違うかんじだし、素顔の気位が高いけど楚々とした女の子らしい夏目とも違う、両者がうまいことかき混ぜられたような新しいキャラクターとして成立しているものだから、馴染みの夏目、春虎、冬児の三人のトリオなのに、陰陽塾という新しい場所も相まって、何とも新鮮な気分で三者のやりとりを見ていられるのは面白かったなあ。
土御門の名前を持ちながら、陰陽師としては完全にど素人で、色々と仕出かす春虎にやきもきする夏目に、逆に感情高ぶってテンパってる夏目の乱行に頭を悩ます春虎、そんな二人を脇からニヤニヤと眺めながら、何くれとなく卒なく救いの手を差し伸べる冬児。
そこに、春虎を出汁にして夏目に突っかかる倉橋京子に、お人好しのクラスメイト天馬。そして、父親から春虎に送られた式神・コン。なかなか賑やかなメンバーになってきたじゃないですか。
正直、今回の事件は敵さんも小物であんまり盛り上がらなかったけれど、ここで物語が広がっていくだろう舞台がどんなものか、様々な伏線も散りばめられ、始まる準備は整ったって雰囲気は伝わってきて、うん、これは先が楽しみだ。

しかし、ほんとにまだ始まる準備が整った、って感じなんですよね。役者もまだ出揃っている様子がないし、既に登場しているキャラクターたちからして、まだまだ謎が多い。冬児なんかその筆頭だもんなあ。彼が巻き込まれた霊災や後遺症からしてまだ全然わかってないし。辛うじて、鬼が絡んでいるというのは今回わかっただけだし。
そもそも、春虎と夏目からして……ねえ。状況は、世間で言われている夜光の生まれ変わりと真実が実は違っているのではないか、という示唆があちらこちらに散りばめられているのだけれど。夏目の男装の理由や、春虎に送られてきたコンの正体、最後に出てきた謎の人物の意味深な発言など、確かにそれらは、真実に裏側があるぞあるぞ、と指し示しているんだけど……ちょっと、あからさますぎる気がするんですよね。
どうも、ミスリードを誘っているような、もう二、三枚ひっくり返せる裏があるんじゃないかと疑いたくなる。
そういう仕掛けもまた、楽しみな要素である。あざのさんは後半、必ずドッカンドッカン大技ぶん投げて必殺してくれるもんなあ♪


何気に、このシリーズ、サブタイトルが好みだw

1巻感想

東京レイヴンズ 1.SHAMAN*CLAN4   

東京レイヴンズ1  SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズ 1.SHAMAN*CLAN】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1


まずはポツリと落とす一滴。その一滴の雫が、真っ白なキャンバスをものすごい勢いで塗りつぶして行き、後になるほどその潜在していたスケールに戦かされるのが、あざの耕平作品のセオリーであり、かの人がスロースターターなどと呼ばれる所以なのだと踏んでいるのだけれど、さてこの新シリーズは如何なるものになっていくのか。
一都市の日常の裏に潜むダークサイドを舞台にした【Dクラッカーズ】。そこから一気に世界全体を揺り動かし、人類と吸血鬼の行く末を描くに至った【ブラック・ブラッド・ブラザーズ】。そして、この【東京レイヴンズ】は、タイトル通り東京を舞台に、世間の耳目が見聞きできる場所に躍り出た霊異と陰陽師たちの物語。これが、どこまで日本を揺り動かし、世界を震撼させるのか。楽しみで仕方がない。

にしても、確実に前作・前前作とは違う部分を狙ってきたなあ。同じものは書かないぞ、という舌なめずりをしながら手ぐすねを引いて取り掛かったような作者の熱気が伝わってきて、読んでるコチラの体温も自然と上昇してくる。
思えば前作【BBB】は斯くも偉大な物語へと駆け上ったけれど、唯一物足りない面があったとすれば、それはラブストーリーとしての側面だったんですよね。ミミコとジローさんはいい雰囲気は醸し出していたんだけれど、二人の関係は恋人としてのそれをじっくりと練り上げていくにはあまりにも激動の時代の波の渦中にありすぎて、それどころじゃなかったからなあ。
そうした前作の結果があったからか、今度のシリーズではより積極的に、果敢にラブ寄せを突っ込んできた。まだまだ鈍い主人公・春虎と自分の恋心を不器用に持て余すヒロイン・夏目という、初々しいラブコメ模様だけれど、かつての【Dクラッカーズ】の景と梓を彷彿とさせる因果と運命が二人の間柄には秘められていそうな雰囲気でもあり、二人の間に流れる想いが後々ドえらい展開をもたらす起爆剤であり原因となりかねない気配もあり、これも楽しみで仕方がない。
面白いといえば、メインキャラクターたる二人、春虎と夏目のわりと頼りなさそうな部分も面白いなあ。今までのあざの作品のキャラクターって、みんな突飛なところはあっても出来る人材が揃ってたんですよね。土壇場に追い込まれれば追い込まれるほど冴え渡り、度胸が座り、持ち得る最大のポテンシャルを発揮し尽くし、絶体絶命のピンチを乗り越えて行く、みたいな。
だので、夏目の肝心なところでの本番に弱くオタオタしまくるところには、状況も忘れて思わず和んでしまった。堅物で融通がきかず、きっちり者で内気で不器用、とまたこれまでにないキャラだなあと思ってはいたけれど、その上ダメっ娘だったとは。天才という評判はどこへ行った(笑
天才だけど、突き抜けてはいないんだよなあ。実際、十二神将と呼ばれる国家一級の陰陽師とはその実力にかなりの隔たりがあることが、明白となっているし。
いやしかし、この娘はホント面白い。話が進めば進むほどこの娘が内包している様々な要素が明らかになっていくのだけれど、少なくともこの一巻終了時点だけで夏目というヒロインが持ち得る可能性の多様さ、複雑さ、広大さは、その全貌を改めて確認するとちょっと呆気にとられてしまったほどだ。あざのさん、滅茶苦茶練りこんできたなあ。一見、よくあるラブコメヒロインの典型とも捉えられかねないけど、とんでもない、もうビックリするほど詰め込んであるよ、この娘。
そうか、なるほどなあ。なんで春虎が当初、鈴鹿に夏目と誤解されたのか。後半、実際夏目が鈴鹿と対面したとき、彼女が土御門夏目だと鈴鹿がわからなかったのか。
他にも、喫茶店で春虎が夏目の代わりに行くと言った時、それまでそわそわと上機嫌だった彼女が、春虎がちょっと鈴鹿の事を庇った発言をした途端、いきなり過剰なほどぶちきれてしまったのか、夏目の言動にはしっかりと伏線が仕込まれていることに気付かされる。
喫茶店で夏目がキレたときは、さすがに自分も「え? いきなり怒りすぎじゃね?」と思ったもんだけど、一連の出来事の裏にあった真実が明白になった後に振り返ってみると、ここの場面、確かに夏目は春虎の発言にキレて然るべきなんだよなあ。ものすげえ納得した(笑

あー、しかし北斗の奔放なキャラクターはすっごい気に入ってしまってたので、この展開には戸惑いとワクワクが収まらない。次巻以降、どういう風に描いていくんだろう。ラストで端緒は描かれているけれど、これが日常パートとなるとどうなっていくのか、楽しみで仕方がない。全部を理解した冬児は嬉しかっただろうし、めちゃめちゃ事態を楽しんでるんだろうなあ、これ。面白くって仕方ないだろう、見物人としては。
色々と頼りないダメっ娘だったりニブチンだったりする部分はあるけれど、春虎も夏目もあざの作品のメインキャラクターに相応しい、魂の熱さをしっかりと宿した真っ直ぐで敬服に値する、要するに惚れるに十分なキャラクターだ。これからも猛烈に追いかけていきたい。特に夏目は頑張れ、超がんばれ(笑 絶対苦労するタイプのヒロインだもんな、この娘は。春虎の野郎、さっそく中学生にフラグ立ててやがるしw ライバル多いぜ、きっと。
鈴鹿も、言動からして常識のない病んだヤバげな娘かと思ってたら、思いのほか一途で。その内面は攻撃的な態度とは裏腹で、うん、イイ娘だよなあ。こりゃあ、強力なライバルになりますぜ、夏目さんw

思っていた以上にキャラの造形に力が入っていたけれど、ストーリーの方も今後ドでかい爆弾が潜んでいる気配があちらこちらに仕込まれているし、数人の主要人物のみの閉じられた物語ではなく、これまでのシリーズのように沢山の登場人物が激動の運命に立ち向かう展開を予想させるものが確実に垣間見えているので、もう先々が楽しみで仕方がない。
とりあえずは次回は学園編ということで、こいつアホだろう、と否応なく確信させられてしまった春虎と、なんかもう大変な苦労をしいられそうな夏目さんの活躍を堪能したい、というところで、ここは敢えて、冬児の働きに期待(笑
陰陽師が表舞台に出ているこの世界観の詳しい社会面や、怪異を堂々と内包している日本の国際面での立場とか、そういう方向ももっと知りたいところだけれど、この辺は次回以降、無知な春虎がしっかりお勉強してくれるか。【BBB】でそういう異端異常を内包した社会のロジカルな設定構築の確かさはわかっているので、その意味では安心してワクワクしながら待てそう。
なんにせよ次回だ、次回。うん、早く早く、続き読みたい♪
 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索