徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

東龍乃助

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 4 ★★★★   

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 (4) (MF文庫J)

【エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 4】 東龍乃助/みことあけみ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

ロボットアニメの世界から召喚されたアニメキャラクター・エイルン=バザット。エイルンが現れて以後、複数の規格外十番の戦線復帰&本領発揮により、氷室義塾は対マリス戦に連戦連勝。全盛期並の大戦果を記録していた。その事実に元機兵部三番隊隊長・七扇大和は驚愕。「氷室義塾は、必ず俺が潰す」初代機兵部隊長の神無木緑、そして多くの仲間を喪い、過去の怨嗟に囚われたことで氷室義塾転覆を狙っていた大和はエイルンの調査を開始する。一方、エイルンは虐げられたヘキサに対する世界の在り方を変えるため、生存する全ての規格外十番を集め、壮大な計画を立ち上げる!爆発する爽快感!とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第四弾!
大和くん、本格的に登場するなりいきなりキャラ立てて来たなあ。いや、実際可愛いんですよね。復讐に燃えながらもついつい世話好きな面を発揮して困ってるエイルンたちを助けてしまうところとか、雑用押し付けられて文句いいながら全部ちゃんとやってしまうところとか。
エイルン、当初は周り全体から敵愾心混じりに見られていたのが言動と実績で認められ、文字通り英雄として皆から熱狂的に支持されるようになった今だからこそ、冷めた目で見てくる大和くんみたいなキャラは貴重なんですよね。と、言ってる端から結構感化されていますけれど、彼みたいにひねくれた視点にしがみついてくれているキャラというのは、むしろだからこそエイルンみたいな愚直で熱血なキャラクターとは相性良い気がするんですよね。対等の意識を持って傍らからサポートし、縁の下から支え、馬鹿なことや突拍子もない発言をしたらちゃんとそりゃおかしいだろ、とツッコんでくれる相手というのは、信奉者が増えてしまった現状からすると、貴重な相棒枠になってくるんですよね。それに大和くん、結構な裏工作や詐術なども使えるわけで、色々と謀略戦も熟すとはいえできれば真正面から突撃したい熱血戦士タイプのエイルンですから、大和くんみたいなのは一番欲しかった人材なのよねえ。
いや、九重さんとかサポートメンバーは充実しているんですけれど、あの人らちょっと度を越した変態混じりの狂信者みたいになってるからなあ(苦笑
いざというとき、間違っていたとしても否と言わずに嬉々とイエスを連呼しかねないので、微妙に信用できなくなってきている。いや、まあ情念と理性はちゃんと別枠で起動できる逸材たちだとは信じたいし、ダメなものはエイルンの言うことでもダメ、とちゃんと言ってくれる、と思ってるけどね、思いたいんだけどね。九重ちゃん、特になんかあっち方面に振り切っちゃったからなあ。漏れてる心の声が危なすぎるというか、そろそろ逮捕されかねないんですがw
復帰戦を飾った日向さんも月下さんも、相当にアレな人ばかりでしたし、10ナンバーって人格者のたぐいは居ないんですね、わかってます。天才と何とは紙一重、の紙一重あちらがわばかりじゃないか、これ。

しかし、これだけ結構な女性陣、ヒロインの人数が出ているにも関わらず、エイルンのメインヒロインってそうか、ツルギ博士ただ一人で完結してしまっているのか。今のところ、これって入る余地全然ないんじゃなかろうか。そして、ツルギ博士の娘であるエルフィーナが完全にツルギ博士のヒロイン枠を引き継いでるんですよね。エイルンが正義や倫理や立場や良心なんかを抜きにして、極々個人的な理由で自分の生き死にを費やして消費してしまえるのって、今となってはエルフィーナに関してだけ、とも言えるんですよね。これだけ氷室義塾の面々に希望を持たせ、未来を想像させ、絶望から這い上がる道を示して、導こうとしていながら、それを放ったらかしてでもそのモノのためなら死んでも構わない、とまで思いきれる相手が、ツルギ博士の忘れ形見であるエルフィーナなわけですよ。これもうメインヒロインじゃないですか。
けっこう、こっちの世界で出会った女性陣に警戒アラート鳴らしているエルフィーナですけれど、ここまで一途んエイルン見せられると、余計な心配だわなあ、と思ってしまいます。

さて、これで氷室義塾の意思統一はほぼなされ、戦力も全盛期を超える形で復活。そして、漠然と戦うだけだったヘキサたちに、輝く未来を提示して自分たちの戦う理由を与えることになったわけだけれど、虐げられてきた新たな人類種が自分たちだけの国を創ろうと立ち上がる、という展開って何気に不穏な気がするんだけれど大丈夫なんだろうか。

シリーズ感想

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 3 ★★★★★   

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)

【エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 3】 東龍乃助/ みことあけみ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

エイルン=バザットはロボットアニメ世界から召喚されたアニメキャラクターである。氷室義塾機兵部の対マリス戦での活躍は大きな注目を浴び、アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。だが優秀なヘキサを狙う武装組織、さらにマリスまでもが来襲。無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまう。セレンの精神は依然不安定なまま。クイーンが来襲すれば氷室義塾が崩壊する。雷鳥は国際連合所属のマリス鎮圧部隊【ロイヤルガード】のネイバーチームの派遣を決定。しかしエイルン不在の状況に焦りを覚えた紫貴の暴走が始まってしまい――!?
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!
クライマックスに入って脳内にリフレインする、ガンダムZZのOPの歌詞。アニメじゃない、アニメじゃない♪
そう、これはアニメではないのだ。現実はいつだって非情で、子供たちに冷酷だった。常に自分たちを虐げてくる現実に、彼らはずっと歯を食いしばって耐えてきた、抗ってきた、戦ってきた。
それでも抗しきれずに、すべてが台無しになろうとした瞬間、まるでアニメのクライマックスシーンのように起こる奇跡。絶体絶命のピンチを覆すヒーローの登場。
もうね、出来過ぎなんですよ。図ったようなタイミングで、あざといまでの奇跡なんですよ。これがお芝居や映画なら、陳腐なくらいの演出と言われるかもしれない。王道ロボットアニメの定番のような、英雄の出現シーンなのである。
でも、だからこそ、だからこそフィクションではない生の戦場で、たった今希望が潰えたかに思えた地獄のはじまりで、この奇跡はあまりにも威力がありすぎる。

面白いよね、これは【エイルン・ラストコード】という作品だからこその演出なんじゃないだろうか。アニメの世界の登場人物であるエイルンが現実の世界に迷い込んだ、という設定の世界観だからこそ、まるでアニメのような劇的な展開が現実の世界で起こることの異常さ、非常識さ、そして生々しさが引き立たされる。
ありえないことが目の前で起こっているというインパクトが、妄想上の出来事が現実に発生しているという衝撃が、本当に奇跡が生まれていく瞬間が目の前で繰り広げられるという事実が、凄まじい破壊力となってすべてを盛り上げていく。
場の雰囲気も、登場人物たちも、物語そのものも、それを読んでいる読者たちまでいっぺんにテンションが青天井に加速していく、この快感よ。
まさに、エンターテイメントの究極である。

ああ、めっちゃ面白れぇ!

こうして三巻の登場人物たちのイキイキとした姿を見ていると、シリーズ開始当初の彼らの消沈具合がよくわかる。自分たちの個性を自分たちで踏み潰し、怒りと絶望の不協和音に這いつくばりながら、無理に無理を重ねていたのがよくわかる。押し殺していた素の彼ら彼女らがどれほど魅力的か、エイルンによって未来に対する希望を取り戻し、やる気を漲らせて解き放たれた姿を見れば、一目瞭然だろう。
男女問わず、みんな良いキャラになってきた。手痛い敗戦で傷つき燻っていた歴戦の勇士たちが、二度と戦場に戻れぬ体になっていたとしても、自分たちの出来る範囲で全力を尽くそうという意欲を取り戻し、新たな戦場へとそれぞれ胸を張って立ち上がっていく。エイルン一人に任せるのではなく、氷室義塾が文字通り再生し、それ以上に育っていく姿が、見ていてワクワクさせてくれるんですよね。
対外勢力による薄汚い謀略によって、どす黒い悪意によって絡め取られ、陥れられようとする氷室義塾だけれど、それを撥ね付けられる充実した力と、意思がエイルンの決死の行動によって花開いていく。過去の栄光を担ったモノたちが再び舞い戻り、新たな戦力がその力を開花させていく。その中心には、頼もしくも傷だらけな英雄の姿が。彼の背に導かれ、しかし寄りかからず、その背を守ろうと立ち上がる生徒たち。そりゃあね、盛り上がる。テンションあがるよ。

しかし、エルフィーナは絶対等身大モードかSDモードあると思ってたけれど、案の定だったわけですが、ご令嬢想像以上にかわいいな!! これでマスコットも担うとかパーフェクトじゃないか。
まだまだいろんな思惑が裏で交錯してそうだけれど、結束し結実しつつある氷室義塾には、分裂せずに一致団結して戦ってほしいなあ。もう悲惨な亀裂入りまくりの人間関係は最初で既にピークだったわけだし。

にしても、エイルンが元のアニメで主人公役ではなかったというのは信じがたいなあ。どこからどう見てもキャラ的に主人公でしかありえないんだけれど。こんな脇役居たら、普通メインが食われるw

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 2 ★★★★☆  

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 2 (MF文庫J)

【エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 2】 東龍乃助/みことあけみ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W
ロボットアニメの世界から西暦2070年の世界へと召喚されたエイルン=バザッド。虚構の存在である自分の存在を認めてくれたセレンと、この世界を救うため立ち上がるエイルンだが、騎兵部の部員は独断専行、心に爆弾を抱えた生徒が多数と、人類反抗の先鋒たる氷室義塾の崩壊寸前な状況が判明する。何よりセレンにまつわる悲しい過去『機兵部初代部長・神無木緑の喪失』が呪縛のように多くの生徒を苦しめていた。「一ノ瀬…誰かが誰かに成り替わるなんて、出来はしないんだ」だが、エイルンの言葉と行動が、多くの人の心を動かしていき―!?爆発する爽快感!とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第二弾!
そうか、そういう事だったのか。いやね、一巻でも目に余るものがあったのだけれど、氷室義塾の戦闘部隊である機兵部の連中が軍部隊としてはお粗末にすぎるという以前の問題で、もう組織として成り立ってないんじゃないか、というくらい無茶苦茶ひどい有様だったんですよ。これまでどうやってマリスの侵攻に立ち向かってきたのか想像できないレベルで。こんな連中、一度でもマリスが相応の規模で攻め込んできたらその一撃で粉砕されてもおかしくない素人以下の命令も聞かず反抗的で判断力もなく好き勝手に動きまわって何の反省もなく現状認識もしていないような、筆舌に尽くしがたい本当に酷い連中だったんですよ。
エイルンが無双する前提にしても、味方となる部隊がこれというのは、幾らなんでも無いんじゃないかなあ……と、呆れを通り越してドン引きしていたのですが、この2巻でようやくエイルンの周りが落ち着いてきて、氷室義塾が置かれた現状と、此処に至るまでの過程が明らかになることによって、ようやくこの無茶苦茶な有様が腑に落ちたのでした。
なるほど、エイルンが来た時の氷室義塾は、実際もう後がない崖っぷちなところまで破綻しかけてたのか。本来はまとも以上に精鋭部隊として成立していたのが、セレンの乗るロボットの暴走によって一旦壊滅した挙句、カリスマ指導者を失ったことで士気も崩壊、中隊長以上の中核となる人物も櫛の歯が欠けたよう抜け落ち、残った連中も少なからず精神的に傷を負い、部隊立て直しにも失敗して迷走した結果、もはや精鋭部隊の面影どころか通常運用も出来ないレベルで組織崩壊していたのが、今の機兵部だったわけですか。
そりゃ、あかんわ。
放っておいても、あと一戦でどうやっても全滅する段階、最終末期状態じゃないですか。
エイルンが現れたのって、セレンの絶体絶命の危機という以上に機兵部が文字通り物理的にも組織的にも完全に壊滅してしまう寸前の、本当にギリギリ瀬戸際崖っぷちだったわけだ。
セレンがどうしてあれほど嫌われているのか。差別意識が意図的に向けられている立場である、というのを加味しても、義塾のあの生徒たちの反応はクズにすぎるし、葵たち元々仲の良かった娘たちまで心ならずも距離を置かないといけなかった理由がわからなかったし、セレンのあの凄まじい怯えようはもうPTSDと言って過言ではない有様だったのが、なんでここまで無茶苦茶な状態になってるんだろうと若干疑問ではあったのですが、ちゃんと相応の理由があったわけか。
ただ、理由がハッキリしたならば改善の方向性もまた見えてくるわけで。
やるべきことを把握したエイルンが、個人的な武勇による無双ではなく、最前線で戦い続けた軍人として、今度は訓練教官として鬼軍曹と化し、一度崩壊してしまった部隊の立て直しを行いはじめる展開は、機兵部の惨状に、そこに所属している連中の酷い有様に、凄まじいストレスを受けていただけに、それがバキバキと音を立てるように見事に矯正され、修復されていく様子は、これがまた痛快なのである。屑の集まりでしかなかった連中が、意気と気合の入った漢の顔となり、捨鉢だった在りように覇気が漲り、戦士として人間として背筋の伸びた、未来を見据えて戦うことの出来る連中へと戻っていく、新生していくのは、燃えた。うん、燃えたよ。
そして、あの未来も希望も何もかもを全てを喪ってしまった戦いで、大きな心の傷を負い、戦いから逃げてしまった者、自分の本来の姿を見失って迷走していた者たち、それらも燻らせていた熱い魂を揺さぶり起こされ、かつて以上の自分を取り戻していく、この熱い展開よ。
ややも演出過剰に、さあ燃えなよ、滾りなよ、とお膳立てされたような展開なんだけれど、悔しい、ここまで見事にお膳立てされてしまえば、乗るっきゃないじゃない。興奮するよ、手に汗握るよ、ああもう燃えたよ、熱くなったよ、どうしようもなく面白かったよ!!
まいった、全面降伏。これは抗いようがない。溜めて溜めて爆発させて解放する、痛快さというのを如何に感じさせるか、という勘所を実に心得た話の仕立て方でした。
ややセリフや演出がくどかったりするのは、これは好み次第かなあ。それも、エイルンがこの世界ではアニメの登場人物、という要素ならではなんだろうけれど。

1巻感想

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~3   

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

【エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~】 東龍乃助/汐山このむ MF文庫J

Amazon

これは嘘を真実に、空想を現実に変える、いや変えていった人間達の魂の物語である。
西暦2070年。人類が謎の生命体マリスから襲撃を受けて半世紀以上の時が流れた。
「闘うの……ヤなの。痛いのイヤ……もう全部……ヤなのイヤ……助けて、誰か……」
だがマリスに唯一対抗できる巨大兵器 <黒き魔女> デストブルムのパイロット・セレンは絶望的な戦いに精神を疲弊しきっていた。そんなある日戦場に奇跡が舞い降りる。
国籍不明の謎の戦闘機が出現、この世界に存在し得ない超兵器で、マリスを一掃する。
盛り上がる人類。だが、戦闘機から出てきたのはこの世界での大人気アニメ「ドール・ワルツ・レクイエム」のパイロット、エイルン・バザットそっくりの少年で――。
嫌がる子女を無理やりロボットなどの戦闘機械に乗せて敵と戦わせる、というシチュエーションは古式ゆかしいものですけれど……うん、ここまでガチに嫌がってる、というどころのレベルではない、本気で怯えて逃げ惑う女の子を、泣き叫んで暴れる子供を無理やりパイロットシートに押し込んで、という凄まじいシーンには、しばし呆然としてしまった。ヒロインのセレンの怯え方は虐待を受けてる子供のそれと一緒なんですよね。それも、精神的に壊れる崖っぷち。狂乱と言うのが相応しいような少女の泣き叫ぶ様子は、可哀想とか同情するとかいうのを通り越して、思わず思考停止してしまう。本来なら、そこまでひどい所業を強いる大人たちには嫌悪感を抱きそうなものなんですが、人間を食料として喰う怪物の大群を前に末期戦の様相を呈した人類は、コチラはコチラで精神的に疲弊し切っていて、完全に余裕を失っている状況。幼いから、子供だから、女の子だからと気遣い慮るだけの余裕が一切失われているわけです。人品として善人であるだろう司令ですら、セレン以外に対処の仕様がないということで、情を排して冷徹に徹している状況である。
人間、衣食住が満たされず、それどころか生存すらおぼつかない切羽詰まった、追い詰められた状態に置かれた時、いやそれが瞬間的なものではなく継続的に、それこそ年単位で何十年と圧迫され続けた時、いったいどれだけ残酷に、無情に、酷薄になれるか、という一例がここに示されている。
うん、こんなのを冒頭から見せつけられたら、インパクトとしては強烈極まる。
はっきり言って、人類サイドはかなり頭おかしくなってます。マリスに対する唯一と言っていい切り札を大事に大切に扱うのではなく、八つ当りするようにまともな人権すら与えずに使い潰すように扱っているところなど。でも、その理不尽さは理解不能なものではなく、ああやらかしかねないなあ、というものでもあるんですよね。それだけ、人類が理性を保てないほどに追い詰められ、絶滅しかかっている、という絶望感が伝わってくる。
セレンはセレンで、パニック状態で指示が届くような状態ではなく、味方を巻き添えにして盲滅法に撃ちまくるばかりで、戦いも何もあったもんじゃない。本当にひどい状態。
舞台の整え方としては十分以上でしょう、これは。
ここまで余裕が失われた世界に、突如救世主として現れたのが、この世界で放映されてる人気アニメのキャラクター、というのは考えてみれば随分と皮肉がきいている。まあ受け入れられるはずがない。当人がアニメの登場人物という自覚がない、というのが尚更に混乱に拍車がかかり、根本から存在否定されるエイルンの悲惨なこと悲惨なこと。自分が命懸けで戦ってきた事が、人生そのものが「虚構」呼ばわりされるというのはどれほどのことか。
でも、アニメのキャラだと誰も信じないのは当然といえば当然で、たとえば誰もが知ってるガンダムのアムロ・レイだとかエヴァの綾波みたいなのが現実に出てきても、せいぜいなりきりコスプレイヤーにしか見えないよね。アニメキャラがアニメ調のデザインのまんま、現実世界に出てくるわけじゃないんだから。ビジュアルも相応に実写化されたフォルムチェンジがなされてるんだろうし。

虚構の中のヒーローが、果たして現実世界においても英雄足り得るのか。極限状態に置かれても、いやだからこそ人は人としての尊厳を、誇りを掲げる事が叶うのか。命を燃やして戦うのは、一体何の為だったのか。
本当の意味で「絶望と戦う」ことを選んだ者たちの姿が、思わず拳を握ってしまうほど熱い。まさに、燃えている。
面白い試みとして、戦闘シーンを幾つかイラストではなく、完全に漫画として掲載してるんですよね。これに関しては、アクションシーン、かなり迫力と熱量とスピード感がある漫画で見応えあったんですが、なかなかこのレベルを用意出来るケースは多くないでしょうし、スタンダードにはなりにくいかなあ。でも、方法の一つとして定着するのはアリだと思う。さて、使いこなせる、使いドコロを見極められるかは編集サイドも人を、センスを問われることになると思うけれど。

 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索