桐山なると

魔法学校首席になったら嫁と娘と一軒家がついてきたんだが ★★★☆  



【魔法学校首席になったら嫁と娘と一軒家がついてきたんだが】 桐山 なると/ 夜ノみつき  ファミ通文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

一般教養で満点を取り、なんとか学年首席になったミジョア。首席になれば狭苦しい学生寮を出て、最新魔法が施された一軒家に住める。うきうきで屋敷に向かうとそこには先住者がいた。教師の手違いにより、魔法の天才&変人と名高いエルキッサにも居住権が出されていたのだ!頑なに出て行かない美人同級生と同棲をすることになったうえ、二人を「おとうしゃん!おかあしゃん!」と呼ぶ魔法生物まで現れて―!?不思議で温かなアットホーム学園ライフ!

主人公のミジョアくん、首席は首席なんだけどこれはこれで超問題児なんですよね。傲慢でプライドの塊、承認欲求も過剰なくらいでとにかく偉そう。まあ嫌なヤツ、と思われても仕方なさそうな男の子なんですよね。これと友達付き合いどころか一軒家に同居とかどうやってコミュニケーション取ればいいんだ、と思う所なんですけれど、凄まじいことにこのミジョアが問題ならないくらいヒロインのエルキッサの方が深刻なコミュ障だったわけで。この娘、日常生活送るのも難しいところのあるポンコツダメ少女なもんだから、ミジョアの方が彼女の面倒を見たり世話を焼くはめになっててんてこ舞いしているものだから、ミジョアの嫌な部分が表に出る暇がなかったんですよね。
それどころか、二人の娘みたいな存在の特殊な植物であるジャスという少女が一緒に暮らすことになってしまったものだから、さらに事態は混沌としていくのである。
ジャスという子、言動が本当に2,3歳くらいの幼女そのもので、自由奔放でちょっとでも目を離すと何をしでかすかわからない、という意味でもホントにリアルなちっちゃい子なんですよ。しかも、出自的に確かにミジョアとエルキッサの子供といえる性質を持っているわけで、決して他所の迷い込んできた子供、というわけでもないのも拍車をかけるのであります。
まだまだこのくらいの子供は手が掛かるし目は離せないし、お喋りでよく動き回り、振り回されっぱなしになるものの、でもひたすら可愛いことこの上ないんですよねえ。
こういう幼女の面倒を見てると余裕なんて消し飛んでしまうわけです。目が回るような忙しさ、とかく夢中になって幼女に構って忙しないといけない。一心不乱であります。そうなると、ミジョアも、エルキッサも普段から自分を鎧ってこうあるべしと着飾ってきたものを着込んでいると、心身ともに嵩張りすぎて幼女についていけないんですよね。だから、そういうの一旦全部脱ぎ去って、どんどん剥き出しの自分になっていく。自分も知らなかった、忘れていた素の自分が出てくるわけで、ふと気がつくと幼女を挟んで二人の距離感がとてつもなく近くなっているのです。近づかないと、世話もできないし、生活もままならないのだから仕方ないですよね。でも、そうやって間近で見る相方となってる少年少女はやっぱり違って見えてしまうんです。他の誰も知らないことを、自分だけが知ってしまう。相手の良いところも悪い所もまるっと受け止めざるを得なくて、この二人の場合そうやって見せあってしまった剥き出しの自分が、相手にとってはとても柔らかく素敵なものに見えてしまったわけだ。剥き出しの自分を見せてしまったからこそ、相容れなくなる人たちもいるのでしょうから、エルキッサにしてもミジョアにしても、それはとても相性が良く、いびつだった自分を慰めて労ってくれる存在だったんですなあ。その鎹となったのが、二人の娘になるジャスなのですが。
建前じゃなく、ホントの意味で家族になっていく三人。嫁と娘がついてきた、というのは決して比喩でも大げさでもなかったわけだ。そうやって二人して落ち着くことで、距離のあったクラスメイトとも何だかんだと今までが嘘みたいに打ち解けて、仲良くなっていくあたり人間関係って不思議で面白いものです。
正直言って褒められたところの少ない主人公とヒロインのコンビでしたけれど、だからこそ一皮も二皮も剥けて成長していく、実に良いホームコメディでした。
いやあ、しかしあのジャスのリアルな幼女っぷりはお見事でした。身近でじっくり観察できる幼児でもいたんだろうか、と思うくらいのちっちゃい子らしい言動だったんですよねえ。

桐山 なると作品感想

オミサワさんは次元がちがう ★★★☆  



【オミサワさんは次元がちがう】  桐山 なると/ヤマウチ シズ  ファミ通文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

大学二年の雪斗には気になる女性がいた。芸術科の小海澤有紗。無表情、無感情で人と関わろうとせず、そこかしこに絵を書き散らすも、その落書きが数百万の価値を生む百年に一度の天才。人とのコミュニケーションが断絶してしまっているそんな小海澤さんが気になり、なんとかお友達にこぎつけた雪斗。しかし天才との変わった交流を楽しむはずが、彼女の重大な秘密を共有することになり―。次元が違う彼女との、もどかしくピュアなキャンパスラブストーリー。

そう言えば、次元が違うって言い回し最近はするんだろうか。昔はわりとよく耳にしたような気がするのだけれど、そう言えば最近あんまり聞いたことがなかったなあ、とふと思ったもので。
タイトルからしてダブルミーニング、一つの言葉に2つの意味が込められていた本作だけれど、様々な場面に表に見えている部分とその裏側に横たわっている部分という2つの意味や事実が込められているところが散見される。
同じ時間空間に居るはずなのに、そこに居て見えているのに、触れることもできるのに、たった独り世界と断絶してしまっている彼女。当たり前の日常の中にポツリと染み込んだ違和の一点。それは、彼女に近づき彼女が抱いている真実を知るに連れて、ゾッとするような不気味さを伴って主人公の雪斗へと押し寄せてくることになるのだ。
それは正しく、世界を隔てていた次元の壁を、跨いでしまった瞬間だったのだろう。
同じ時間空間の中に居ながら、確かにそのとき、彼は違う次元へとたどり着いてしまったのである。自分の見ている景色が、世界が自分を置き去りにして遠ざかっていく感覚。聞こえている声も見えている文字も自分の感覚すべてが歪んでいく、いや違う次元に最適化されていき、本来の世界を知覚できなくなっていく感覚。この世界から隔てられていく、奥へ奥へ、その場に居ながらにして深遠へと引きずり込まれていくような恐怖感、孤独感は胃の腑を鷲掴みにされるような気持ちにさせられてしまう。
でも、そうして……次元を超えることで「彼女」に近づくことでようやく見えてくる真実こそが、この物語のキモなのだ。彼女は次元の遭難者、そこに居なが誰も彼女の声が聞こえず、そのSOSが届かない。彼女の絶対的な絶望の前に現れた蜘蛛の糸こそが彼……雪斗だったのである。
元の世界から見た彼女は、何を考えているかわからない天才にしてコミュニケーションが全く取れない変人であり、喜怒哀楽が壊れてすらいるように見える狂気の淵に足を踏み入れた存在であった。しかし、次元を超えて彼女と同じ場所に立ってみれば、小海澤有紗という女性の姿はまるで違って見えてくる。正しい感覚、正しい認知、通じる言葉、つながる気持ちによって浮き彫りになる等身大の彼女は……ああ、小海澤有紗がどんな女性なのかは是非その目で確かめて欲しい。
少なくとも、雪斗くんの人を見る目というのは間違いがないのだろう。
これに関しては、彼の数少ない友人の海里と真輝の人となりからも確かである。中盤以降の雪斗の言動や情緒不安定な様子は親しい友人であろうと距離をおいても仕方ないものだったのだけれど、彼らの雪斗への交友の態度は最後まで一切ブレることがなかったのだから。あれはよっぽどの信頼がなければ、心配するにしてももうちょっと距離感ブレそうなものでしたもんね。
まあ、小海澤さんと同じゼミの人の内心を完全に勘違いしてたりもするので、見る目があると言ってしまうと過言かもしれないけれど。でもあれはあっちの態度も悪いよ、うん。
海里たちに関しては、雪斗が核心に迫ろうとするそのたびに電話やらで邪魔してくるので、一時はこいつら何らかの黒幕じゃないのか?と疑ったりもしてしまったのですが、普通にめっちゃイイ奴らでしかありませんでした。いやそれにしても、いざ真実に雪斗の思考が近付こうとした途端とか小海澤さんにキーワードを訪ねようとした瞬間に、それを中断させたり、とかタイミングが恣意的すぎて流石に気になりましたよ。もうちょっとさり気なくしてほしかった。
気になった、と言えば雪斗があの症状が深刻化しだした時は物語の趣旨とは違うとわかってはいても、「それもう早く病院行った方がいいって! 精神面の症状じゃなくて脳神経系の異常かもしれないし、自分の判断で決めつけずに医者に罹った方がいいって! ああ、閉じこもっちゃだめだ、誰かに相談しようよ!」と、日常生活すら危うい状態になりながら独りでなんとかしようとする雪斗に、なんか読んでるこっちが焦ってきてしまって、中盤あたり話に集中できなくなっちゃったんですよねえ。
結果として、小海澤が状況を説明してくれることで、とりあえず意味不明で何が起こってるかわからないという状態が終わって、物語としても小海澤と雪斗が現状を共有してどうしていくか二人で先への算段を立てていくことで、再びお話の方に没頭できるようになったのですが。
いや、ほんとに自分で勝手に判断しないで、医者なり周りなりに相談は絶対にした方がいい。自分から孤立していっても、とてもじゃないけれど解決するものでもないですし。
小海澤さんの場合は、巻き込みを恐れたが故というのも大きいのでしょうけれど、あれだけ必死に助けを求めていたのを鑑みると、初期段階でのSOSに失敗してしまったんでしょうなあ。雪斗くんと違ってちゃんと色々と罹ったりしたみたいだけど。
しかし、ラストシーンは本当に見事でした。あのワンシーンだけで、この作品の印象そのものをひっくり返してみせたわけですし。ジャケットデザインのイメージもあってか、本作ってセピア色だったり薄暗い影のイメージが強かったのですけれど、それが最後の1ページだけで一気に色彩が散らばってパーッと朗らかな陽の光が差したような感じすらしたのでした。
そして、小海澤さんという女性に対する印象も。お近づきになってわかってきた普通の女の子、というそれも飛び越えて。ああこの娘は……、と思わず笑ってしまうような苦笑してしまうような。
なんにしても、あれは死にたくなるよね!


桐山 なると作品感想

だからお兄ちゃんと呼ぶなって! ★★★☆   

だからお兄ちゃんと呼ぶなって! (ファミ通文庫)

【だからお兄ちゃんと呼ぶなって!】 桐山なると/あなぽん ファミ通文庫

Amazon
Kindle B☆W

兄と妹は、愛し合っているのが常識である。
目を覚ますとそこには息を呑むような美少女。そして彼女は、「お兄ちゃーんっ!」と俺に抱きついてきた!誰なんだこの子?いや俺は―。どうやら俺こと蓮杖アキは、事故によって記憶を失ってしまい、萌々と名乗るこの少女は俺の妹なのだそうだ。しかし、記憶を取り戻させるためと俺を襲うのは、過剰なまでの妹の愛!しかも記憶を失くす前の俺は、萌々よりヤバい兄だったようで!?思い出すのが恐ろしい、記憶と絆を辿るドメスティックラブコメ!
ふぉっ!? あれ? なにこれ? 記憶喪失になった兄と、兄を溺愛する妹のラブコメじゃなかったの? いやうん、確かに表向きは記憶喪失によって齟齬が出てしまった兄と妹の関係を取り戻す話になってるんだけれど。話の筋立ても、記憶喪失モノらしく現在の自分と妹たちの口から語られる過去の自分との自己統一が取れずにアイデンティティを失いそうになりながら、献身的な妹の愛情に拒絶感を感じながらもその愛情を縁に何とか妹との関係を取り戻していく、という行程を辿ってはいるんだけれど……明らかに根底となっている部分がおかしい。なんか、背筋が寒くなるような異常性が影の中からジーーっと常に此方を見つめているようなヤバイ感じがずっとつきまとってるんだよ!

これ、ラブコメじゃなくてサスペンスサイコスリラーじゃないの!?

まず、妹がおかしい。目を覚まして最初に出会った少女。妹を名乗るモノという彼女は、だけれどその言動が明らかに妹の範疇を逸脱してるんですよね。その過剰すぎる愛情は、まともな家族や妹という関係としては破綻しすぎていて、まず彼女にビビってしまうのである。
なんだ、こいつは?
アキを診察していた担当医だという新屋先生。この人の発言にも所々不信な点があって、そもそもアキが事故に遭って記憶を失うことになる前から、どうも新屋先生はモモと密接な関係があったっぽい。というか、モモの担当医、らしいんですよね。一体、なんの担当?
それに、だ。肝心のアキが記憶喪失になった事故に関して、全くと言っていいほど触れられないのである。彼がどのような事故にあって記憶喪失になってしまったのか、から何故か誰も教えてくれないのである。
と、ここまでは違和感はあってもそこまで無茶苦茶変、というわけでもなかったんですよね。妹の過剰な愛情だって、ちょっと頭のネジが飛んじゃってる兄ラブ妹というのはキャラとしては良く扱われる題材ですし。
ところが、退院して自宅に帰り普段の日常に戻ったアキが目の当たりにしたのは、元々異常だったのは自分自身だった、という事実を示す数々の証拠や証言だったのである。
両親を病気や事故で失ってたった二人きりの家族であるアキとモモ。モモが兄を溺愛するのと同様に、いやモモにそれが常識だと教え込み、モモが兄にする以上に妹であるモモを溺愛していたのがアキの方だったという家に残された部屋一面の妹の写真や、日記に記された妹観察日記という証拠物件。
完全に病んでるヤバイ、ヤンデレ系兄なんですよね、ここから透けて見えてくるアキという男は。
しかも、学校に登校してみればアキはクラスメイトから頭のオカシイ異常者扱い。実際、その所業や振る舞いを聞いてみると問題児どころではなく、人格破綻者の類いなんですよね。
記憶喪失のアキからすると、どう考えても記憶を失う前の自分と今の自分が合致しない。というか、したくない。普通の記憶喪失モノでも、過去の覚えてない自分が他人にしか思えない、という齟齬から苦しむパターンは多いけれど、彼の場合は知らないどころじゃない、むしろ記憶なんか取り戻したくない恐ろしい存在なわけですよ、過去の自分は。ところが、妹は執拗に記憶を取り戻させようと画策し、記憶を取り戻すためのあれこれに積極的ではないどころか、むしろ忌避感を見せるアキを糾弾し、過去の自分を取り戻すことを強いてくるのである。
一度、二人の関係が破綻するのは当然の流れだったのだろう。
いっそ、恣意的、とすら見えるほどの流れである。
色々とおかしいんですよ。確かにクラスメイトの態度、幼なじみの話からしても、アキが学校で孤立するような振る舞いをしていた上に、妹とは特別仲良さそうにしていた、というのは事実なんでしょう。
でも、傍から見た事実と、当事者たちの間の真実って往々にして食い違ってたりもするんですよね。なぜ、アキが学校で言われているような振る舞いをしていたのか。単に性格の問題なのか、それとも何か理由があったのか。
そもそも、あの家の中のアキの部屋の異常性や、日記に記された内容って……信用できる事実なの? と思う部分があるんですよね。ああいうのって、事前に準備して用意しておくことは決して難しいことじゃないはず。何しろ、記憶が無いのである。過去の自分がどういう人間だったのかを知るためには、記憶ではなく周りの人の言葉や、目の前に実存する物証しか頼るものがないわけで。その殆どは妹の手の届く範囲に用意されていて、実はクラスメイトや幼なじみとはほぼ交流が断絶していたために、何気に彼らは外から見た光景しか知らないわけだ。
そして、決定的なのが自分自身、過去のアキが残したと思しき……謎のメッセージ。なかなか、ラストはゾクゾクさせられました。これは、本筋は続編前提で色々と仕込まれてるよなあ。
でも、あのメッセージもちょっと文章変ではあるんですよね。なんで「ハ」なんだろう。「ヲ」の方がこの場合しっくりくるんだけれど、何故か「ハ」と書き残しているのはまずちゃんとした理由があると思うんだが。

 
5月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

<
kattern
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


進九郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


飴月
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


凪木 エコ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷高 悠
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


イスラーフィール
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤマモトユウスケ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


早瀬黒絵
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


望月淳
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM



(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月19日

渡航/伊緒直道
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月18日

久住太陽/杉浦理史
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わだぺん。
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


クール教信者
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


オニグンソウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


辻村深月/武富智
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


錆び匙/ひびぽん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


椎名高志/高橋留美子
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/MAAM
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村崎久都/アトラス
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほりかわけぇすけ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


のんべんだらり/山悠希
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


さと/小田すずか
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


境田吉孝
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬条一(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虹元喜多朗
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月17日

吉河美希
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


赤衣丸歩郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


阿部花次郎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


音羽さおり
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


こはるんるん
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月14日

福成冠智/柊遊馬
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


abua/ナカノムラアヤスケ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ありのかまち/箱入蛇猫
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


烏間ル/紅月シン
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


酒月ほまれ/アルト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


かじきすい/左リュウ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


青辺マヒト/十夜
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


名苗秋緒/九頭七尾
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


沢田一/夾竹桃
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


檜山大輔
(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W DMM


ワタヌキヒロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


いしいゆか
(まんがタイムKRフォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索