【殺したガールと他殺志願者】 森林 梢/はくり MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

思わず殺されたくなる甘くて歪なラブコメ。第16回新人賞《優秀賞》受賞!

『最愛の人に殺されたい』と願う高校生・淀川水面は、死神を名乗る女から一人の少女を紹介される。
「貴方が殺されたい人ですか?」出会い頭にそんなことを尋ねる少女。名前は浦見みぎり。『最愛の人を殺したい』という願望を持つ少女だった。
互いの望みを叶えるために、二人は協力関係を結ぶ。水面はみぎりに愛されるため。みぎりは水面を愛するため。
「貴方には、私の理想の男性になってもらいます」「……分かった」「殺したくなるくらい魅力的な男性にしてあげますから、覚悟して下さい」
こうして始まった、歪な二人の歪な恋路。病的で猟奇的で不器用な少年少女が最高のデッドエンドを手に入れる物語、開幕。

登場人物、みんなある種の歪んだ願望に囚われた在り方をしている人たちばかりなのですけれど、印象としては裏表のない素直な人たちだなあ、というものでした。歪んで捩じれて捻くれているような人たちなのですけれど、よくよく見ると自分の願望という枠組みにピッタリ収まった、付与された設定?属性?どういうべきなのかちょっと悩みどころなのですけれど、定められた在り方に対して純粋で真っ直ぐなんですよね。
何て言うべきか。
彼らは自分の願望を叶えるために苦悩し、現実との間に苦慮し、自分たちが願望を叶えることによって起こる弊害に心軋ませるわけですけれど、自分の願望そのものについては一切疑わないし迷わないのである。それについては一切ブレない。自分の根幹については揺るぎがない。
それは前提であると同時に定義付けでもあるのか。
その定義づけに沿って、物語は展開していく。それは定規で線を引くようにゴールまで一直線に見えるのだ。トラブルも、迷いも寄り道も、分岐ではなく撓みですらない。二人の抱える在り方からすれば、その二人が結ばれようとするならば在って然るべき展開である。
教科書どおり、というのとはまた違うんですよね。未知数を解いていく方程式、というべきか。投入された数字が同じなら、ぴったり同じ答えが出るような。ただ、その中でも複雑な計算を要する方程式ではなく、平易でシンプルな式に基づいているようなそんな方程式だ。
そのぶん、性急で遊びがなく迷いがなく予想が外れる余地がなく変数の幅が狭く見えている範囲が限られていて、見えない部分の奥行きが乏しい。
そこに書かれているものですべて、と言う感じだろうか。
淀川水面がなぜ、最愛の人に殺されたい、という願望に囚われているのか。
浦見みぎりがなぜ、最愛の人を殺したい、という願望に囚われているのか。
それもまあ、書いてある。語るまでもなく。推理や考察の余地がないくらい。右から左だ。
むしろ、これに関してはなぜその願望を抱くに至ったかを当人に語って欲しいくらいだったのだけれど。自問し自答もしてませんでしたよね。なぜ、という考察が当人にはなかったように記憶する。
あるが前提、なのだ。ないと、始まらない。
人間関係、水面とみぎりの間に生じる感情、好きという気持ちについても、遊び無く直線的にはじまって成り立ってしまう。ないと、はじまらないから、というのは過言だろうか。
二人の間で出る結論まで一直線だ。
水面の持つ願望なら、こう悩むだろうな。それがみぎりの願望と掛け合わさったらこういう反応になるだろうな。と、いう既定路線をテクテクと歩んでいく。まったくもって、ブレがない。
分かれ道、分岐のない舗装された道路を躓くこともなにかに引っかかることもなく、バリアフリーでゴールまで歩いていくような読感でありました。
そういう意味で、全体的に構造的にもストーリー的にも登場人物的にも素直で覗き込む部分があんまりなかったんですよね。
面白いと言うか興味深かったのは、底が浅いとか中身がないとかそういう感じじゃないみたいだった、という所かなあ。登場人物、水面やみぎりは生き急いでいるのか何なのか、余裕がないのか、前ばっかり見てる感じなんですよね。自分を見ていない、前ばっかり見ていて顧みていない。でも、視線がそっちに向かないだけで、置いてけぼりにしているだけで、なんか感触というか奥を覗いていけばごっそり掘り起こせそうなものがありそうなんですよねえ。ただ、それを勢いよく無視して放置してしまっているような。キャラの造形段階でそういう余地が既にあるような構造になってるっぽいのになあ。でも、覗けないんだよなあ。見えてる部分しか見えてこないんだよなあ。表層しか捉えられない。
なんかうん、もどかしい。

水面の抱えている爆弾は、みぎりが知る事で彼女の中で劇的な化学反応が生じておかしくない代物だけに、二巻があるのならもっとこう、二人の中を覗き込んで中から色々と摘み上げて並べて舐め回すようにイジれるだけのグチャグチャしたものが見たいなあ。透明度低めの。