徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

椋本夏夜

幕末魔法士 3.The eastern beast4   

幕末魔法士〈3〉The eastern beast (電撃文庫)

【幕末魔法士 3.The eastern beast】 田名部宗司/椋本夏夜 電撃文庫

Amazon

坂本龍馬と共に偽の桂小五郎を追う。伊織たちを襲う異しき呪士と獣の正体は!?

 伊織と冬馬は、天下に混迷をもたらしている偽の桂小五郎が、倒幕の戦を起こして失敗し、幕軍の包囲下にある天誅組の本陣に出没していると知る。そこで二人は、暴挙に加わった土佐郷士を説き伏せ、海軍塾へ引き込もうと企む坂本龍馬と共に、小五郎の偽者を捕らえるべく、山深い吉野へと向かった。
 幕末を翔る男装の少女。その行く手に異しき呪士と凶悪な獣が現れる……。
 魔導の力が天地を揺るがし、無垢なる魂を外道へと堕とす。坂本龍馬もついに登場! 第16回電撃小説大賞<大賞>受賞の幕末ファンタジー、第3弾!

いやあ、これホントに面白いわ。前回の二巻は本格的な幕末という時代を鮮やかに描き出した幕末小説としてべた褒めしたんだけれど、この三巻ではそこにさらに一流の伝奇小説としての威風も示しはじめたようだ。それも、近年の伝奇モノよりも、八〇年代のそれを彷彿とさせる濃さなんですよね。特に、敵陣営の一片の理解の余地もない邪悪さ、悪虐非道さ、残酷で血なまぐさく享楽的な鬼畜外道の振る舞いは、最近では類を見ないほどの凄絶さ。いやいや、ここまでエグい真似をやりまくる敵というのも久々ですよ。味方や罪のない巻き込まれ利用された人が容赦なく殺されていく、だけならまだマシなんですよね。その殺され方が酷い、惨い。同じ死ぬにしても、これほど人としての尊厳を弄ばれ、足蹴にされ、嘲笑われて死ぬというのは救われないですよ。もう、悪意が半端ない。
でも、ここまでやるからこそ、敵としてまた映えるんですよね。同情の余地など一切ない、殺しつくしてもまだ飽きたらないほどの邪悪。これほど倒しがいのある、強大で得体のしれない、心底から何とかしなければならないと思えてくる敵役というのは、物語を引き締めます。動乱の時代そのものを重厚な闇によって縛り付けてくれます。お陰で、作品そのものに密度が生まれてくるんです。
あっさりとやられてくれないのもまた良い。これをすっぱり倒すのもまたカタルシスがあって気持ちいいのですけれど、敵は邪悪であると同時に狡猾で抜け目なく陰湿に幾重にも人の弱みや性格に付け込んだ悪意タップリの策を巡らせている。こちらは出しぬかれ、痛い目をみるばかりで、敵の強大さに果たして太刀打ち出来るのかという不安感に押しつぶされそうになっていく。この邪悪さだけじゃない何をやってもより大きな悪意や力でねじ伏せられるんじゃないかという圧迫感こそ、80年代の伝奇小説によくあったものなんですよねえ。正直、こういう敵は読んでいるこっちまでめげそうになるものなんですけど。味方もバッタバッタと死んでいくしなあ。
とはいえ、そういう過去の作品とこの物語が大きく違うのは、やはり「女の子」が主人公というところでしょう。面白いことにこの【幕末魔法士】って、あくまでも女の子の方が主人公で、男の方がヒロインなんだよなあ。冬馬にしても、今回登場した法鷲にしても、ストーリー上の立ち位置は完全にヒロインとして機能しているのだ。とはいえ、冬馬にしても法鷲にしても決して男らしくないヤワな野郎ではないんですよね。むしろ、幕末という動乱の時代を生きるに相応しい、とびっきりに気持ちの良い、一本芯の通った快男児と言っていいくらいのイイ男なんですよ。まあ、さすが幕末小説だけあって、出てくる連中みんな志を高く持った、文字通りの志士たちばかりなんですよね。だから、女に食われたからヒロイン扱い、というんじゃないんです。
でも、ヒロインなんだよなあ(笑
それだけ、伊織にしても、小夜にしても、そんなイイ男たちをヒロインという立場に括りつけてしまうほどの、イイ女だ、という事なのでしょう。冬馬や、法鷲にしたら、忸怩たる話なんでしょうけどね。彼らとしては、自分たちこそが彼女たちを守る立場に居たかったはずなんですから。でも、そんな男どもの心意気を上回るほどに、彼女たちの女としての強さが上回っていたわけだ。それは、痛快であると同時に、また悲劇でもあるのがまた辛い。
辛いよなあ。今回の話は色々とキツすぎた。前回も相当に救いがなかったけれど、今回はそれを上回る勢いだ。正直へこむ。
そんな中で僅かな清涼は、冬馬と伊織の雰囲気が完全に出来上がり出しているところですかねえ。相変わらず、伊織の鈍さは冬馬をして嘆息せしめるものですけれど、あの場面なんか邪魔さえ入らなければ、もう行くところまで行ってしまったんじゃないかというくらいに火が点ってしまってましたし、この期に及んで伊織も自分の気持ちに嘘はつけないでしょう。だいたい、伊織ってばちょっと冬馬が他所の女に振り向いただけで嫉妬しまくるくせに、あの素っ気ない扱いは冬馬がかわいそうだよ。いい加減、まめにご褒美あげないと。
でも、あんな事になっちゃったらなあ……とことんまで追い詰めてくな、この作者。容赦無いよ。

ちょっち嬉しかったのが、これまで西洋魔法ばかりだったところに、ちゃんと日本の術式体系も存在していたところ。やっぱり、両方揃ってないとねえ。
しかし、東洋に表向き古代文明の歴史が残ってないのって、西洋にしか存在しなかったのではなく、そういう話になってたのか。なんか完全に、クトゥルー神話に突入してきたぞ。

そして、幕末の超有名人物坂本龍馬が満を持して登場。龍馬はどんな物語に出てきても、ムチャクチャ魅力的で惹きつけられる男だよなあ。大人で兄貴分のこの人が一緒に居てくれただけで、綱渡りの展開にも関わらず随分と安心できましたよ。それでもなお、酷い展開になっていくあたり、色々な意味で悪辣ですが。
しかし、この龍馬はちょっとやそっとで暗殺されそうにないんだが(笑

1巻 2巻感想

銃姫 −Phantom Pain− 13   

銃姫 −Phantom Pain−(1) (シリウスコミックス)

【銃姫 −Phantom Pain− 1】 漫画:椋本夏夜/原作:高殿円 シリウスKC

Amazon

最初はただのコミカライズかと思っていたので食指も動いていなかったのだけれど、原作のスピンオフ。しかも漫画を手がけるのが椋本夏夜。トドメに肝心の物語が原作【銃姫】の完結後のアフターストーリーときた。これは見たい! すごく見たい! という事で俄然読む気満々で勇んで購入したのですが……ちょっ、100年後!?
あのラストの大海嘯による文明崩壊後から100年が経ったという時代背景。
……これ、もしかして本格的に【銃姫】と【パルメニアシリーズ】を繋ぐ幕間の話になるんだろうか。
大海嘯からパルメニア建国までってどれくらい期間があいているんだろう。高殿円ワールドの年表って何処かにないもんだろうか。さすがに同人誌にまで手を伸ばすのは躊躇われるところだけれど。
アンゲリオン星教は既にこの時代にはもう立派な宗教組織として確立しているし、半人半霊(ヘスペリアン)という後のパルメニアシリーズでも時折重要な登場人物の中に出現する種族?もここで現れているし。
というか、ヘスペリアンなんてものが生まれ始めたキッカケは大海嘯にあったのか。でも、宿主を失って溢れ出した精霊が人間の死体に宿り、死霊みたいになってよみがえる、なんて話は聞いた覚えがないんですよね。いずれこの問題は解決されるのだろうけれど、ヘスペリアンだけは生まれる余地が残ってしまったんだろうか。
そういえばヘスペリアンって無性別のはずなんだが、このマテリアって完全に女の子だよなあ。胸あるし。のちのアルフォンスやオリガロッドは無性別から女性化しているけれど、マテリアも既に転化したあと? どうも、パルメニアの時代とやや設定がずれている、あるいはまだ法則が違っている、という可能性も考えておいた方がいいかもしれない。
マテリアの容姿が銀髪というのもなかなか興味深い。初代パルメニア王オリガロッド・スカルディオから続くスカルディオ一族の特徴が、色素の薄い髪、銀髪なんですよね。ただ、スカルディオの瞳の色が碧であるのに対して、このマテリアの目は鮮やかな紅ということで関係ないのかなーとは思ったのですが、裏表紙に描かれている主人公のコジの眼の色、はっきりとした色彩が出ていないので判断しづらいのですがこれ……碧眼じゃないのか?
わざわざ銀髪ヒロイン出すからには、何らかの意味があると捉えたほうが面白いと思うんですよね……。

しかし、まだ魔銃士(クロンゼーダー)が残ってたとはなあ。てっきり、あの大海嘯で殆どの魔法と銃は失われてしまったものだとばかり思っていた。実際、パルメニアの時代にはもう「銃」なんて残っていなかったし。
ただ、確かに魔銃士が存在していなかったらそれはもう【銃姫】とは違う作品になっちゃうと言えばそうなんだよなあ。でも大海嘯前と比べても相当に希少な存在になっているみたいだし、そもそも教会の高位の聖職者以外には使えない、みたいな事も作中では言われていることから考えても、使える人間はかなり限定されるみたいだな、これ。
そして、主人公の「コジ」の方ですよ。神殿のキメラってどういう意味なんだろう。あの異形といい、血の異様さといい、色々と「銃姫」関連で予想は幾つか立てられるんだが……ふーむ。

と、設定ばかりを追うのではなく、ヒロインと主人公の関係もまたいいんですよね。鉄面皮でどこか浮世離れした天然、でコジをヘタレ呼ばわりして憚らない唯我独尊なヒロインのマテリアに、そんな彼女に子犬のように付き従う、健気でヘタレな少年コジ。このツンツンしながらも、どこか常識がなく一本ズレてるところに愛嬌があって、なんだかんだと主人公の事を気にかけてやまないヒロインは、さすがは高殿円作品のヒロインと言ったところか。この手のキャラはデレはじめると、エラいことになるんだよなあ。既にコジの方はデッレデレのご様子だし、二人の関係がどう進展していくのかも興味津津である。
椋本さんの繊細ながら綺麗で丁寧なデザインは、残酷で無慈悲な話の中にも、決して消えない優しさと慈しみを引き立たせてくれる。切なさの終わりにかすかに灯る暖かな想いが伝わる結末が、何かホッとさせてくれる原作小説【銃姫】を知らなくても、この作品単体で楽しめる漫画になってます。
期待してた以上に手応えありましたね。嬉しいことに、二ヶ月連続刊行で来月には2巻が出る模様。これは次、楽しみだ。

幕末魔法士 2.大坂鬼譚4   

幕末魔法士〈2〉大坂鬼譚 (電撃文庫)

【幕末魔法士 2.大坂鬼譚】 田名部宗司/椋本夏夜 電撃文庫

Amazon

 大坂の町に現れた人食い鬼。薬種問屋武州屋の娘が突然、鬼と化し人を喰って逃げたのだ。適塾の魔法士・来青が彼女のもとへ通っていたため適塾の関与が疑われ、塾は閉鎖。塾長の緒方洪庵は行方不明となり、松江から戻ったばかりの伊織も追われることとなった。
 犯人捕縛のため壬生浪士組の土方歳三や沖田総司が動き出すなか、伊織と冬馬は真相究明に乗り出すが……。
 第16回電撃小説大賞<大賞>受賞作、魔導が奏でる幕末ファンタジー、待望の続編登場!
うわっ、何これ、一巻よりめちゃんこ面白くなってるよッ!! 凄い凄い、これは面白い!
非常にしっかりとした物語でありながらどこかもっさりとした感のあった一巻と比べて、格段に話のテンポがリズム良くなっている。それでいて中身が軽くなったのではなく、むしろみっしりと充実して密度もあがっている。重厚感すらある話をこれだけ軽快に振り回されたら、そりゃあ面白いよ。当然だ。
もう一つ素晴らしくよくなっているのが主人公の伊織を含めたキャラクター、というよりも伊織と冬馬のコンビでしょう。松江での事件の際は出会ったばかりで信用も信頼もなかった二人ですけれど、今や以心伝心命も預け合える仲。いや、命を賭けさせる事も出来る仲、というべきか。下手をしなくても死にかねない無謀な賭けを、頼むの一言でやらせるなんざ、言う方も請け負う方も余程の信頼と覚悟がなきゃあ出来ませんよ。それが男女の間柄となれば、もうとびっきりだ。
前巻の感想で散々、伊織にもっと女の子らしい顔があったらなあ、と愚痴ってたものですけれど、この二巻に至ってはもう完璧に女の子ですよ。嫉妬に独占欲に八つ当たり。そういった可愛らしい反作用もさる事ながら、わりと素直に冬馬に甘えてみせたりと、甘酸っぱい表情を山ほど見せてくれて、これがあの伊織さんかとw
以前からの知り合いが、随分と変わったねえ、というくらいだから実際だいぶ硬質さもほぐれたのだろう。
これで、自分が実に女の子らしい感情を持て余していることにサッパリ気づいていないニブチンさんなのだから、冬馬のアンちゃんも苦労するわけだ。あれだけ一途に好き好きオーラ出して、わんこのようにつきまとっているのにねえ。でも、だからこそ伊織という女性キャラが主人公というのが生きてくる。冬馬が主人公だったらここまで面白くなかったと思うもの。この兄ちゃんは情に厚くイイやつだけれど、純粋に伊織の守護刀であって、伊織至上というシンプルさは主人公としては面白みに欠けるんですよね。
その点、伊織は実に多種多様で複雑な内面、立場、考え方を内に抱え、それを時に持て余し、時に都合よく利用し、悩み苦しみ悶えている。実は彼女も彼女で冬馬の事が最優先の至上だったりして、最終的に彼女が選ぶのは冬馬なのだと決まってはいるのだけれど(もうこの部分だけで甘酸っぱくて仕方がない)、とは言えそこに至るまでに彼女には多岐に渡る選択と決断が横たわっているのである。
長州藩士として、医者として、適塾生として、様々な社会的要求が求められ、男として、男を装った女として、一人の少女として、選択を強いられ。義理人情に揺さぶられ、個人としての正義に拘り、家族への報恩に悩み、友誼を手放せず、自分の一番大事なものを見定めた上で、何を選び何を捨て去るのか。常に決断と覚悟を迫られ続ける。
まったく、主人公として実に見所たっぷりの有り様なのです。
そんな彼女が渦中に置かれる舞台もまた、彼女を映えさせる要素となっている。
前巻が真っ当な時代劇風の時代小説だったとすると、こちらは完璧に幕末小説なんですよね。幕末の名高い人物たちが、主要キャラとして颯爽と物語の中央へと踊りだしてくる。ノリだけのキャラ小説ならともかく、これは本格的な幕末モノとして読んでもいいくらい、しっかりとした質実の出来栄えの作品ですからね。読み応えありますよ。
発売してすぐに読まずに居たのを後悔するくらい、素晴らしく面白かったです。来月8月には三巻が出るようなので、すぐに続編を読めるというのは嬉しい事でありますが。

1巻感想

幕末魔法士 Mage Revolution3   

幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)

【幕末魔法士 Mage Revolution】 田名部宗司/椋本夏夜 電撃文庫

Amazon
bk1

一冊の魔導書が秘めた無窮の闇。
激動の時代を舞台に繰り広げる幕末ファンタジー!

 時は幕末。攘夷派と開明派が相克する激動の時代。
 大坂適塾に学ぶ若き蘭学者にして魔法士の久世伊織は、塾長・緒方洪庵の命で、一冊の難解な魔導書を翻訳するため出雲国松江藩に赴いた。
 一刻も早く翻訳を済ませ大坂に帰りたい伊織だったが、招かれた屋敷で手渡されたのは、亡き父失脚の原因ともなった、古の“大崩壊”によって失われた技術・魔法金属ミスリル銀の錬成炉が記された書物だった……。
 翻訳を開始した伊織の周囲の村で起こる神隠し、突然襲いかかる攘夷志士の凶刃、魔法士・金森鳶巣の暗殺。謎を追う伊織と赤眼の志士・冬馬の前に、やがてミスリル銀錬成に隠された無窮の闇が広がっていく!
魔導の旋律が奏でる幕末ファンタジー!


幕末の動乱期を舞台に、だけど西洋から流れ込んできたものは、産業革命によって発展した最新の技術ではなく、魔法革命によって解明された古代の失われた魔法という設定。これはまた、発想の勝利であると同時に、時代劇に魔法と言う要素を無理なくフージョンさせるセンスの賜物だわなあ。うん、これは上手い。蘭学がそのまま魔法にすり変わっているお陰なんだろうけど、魔法と言う要素が決して浮いていない。かなり本格的な時代劇、というよりもしっかりとした歴史小説的な物語なのに。おそらく時期的には長州征伐より前。適塾で緒方洪庵が顕在というのを見ても、攘夷運動が盛り上がりつつも未だ本格的には動乱期に突入していない時期か。長州の動向や、藩士としての立ち位置など、この時期の歴史的背景がかなり丹念に練りこんであり、中途半端に摘み食い気分でこの時代を舞台に描こうとしたのではない本気具合が伝わってくる。
と、同時に魔法というファンタジーの要素も蔑ろに扱わず、丁寧に設定を織り込んでいることが、この見事な本来相反しそうなファクターの混合を成功させたのではないだろうか。
出来れば、この魔法が産業となっている世界の国際情勢や、詳しい歴史観なんかも載せて欲しかったところだけれど。有史以前にエルフやドワーフといった亜人が存在し、古代文明を形成していたのは歴史的事実となってるみたいだし。古代から近代に至る過程でどういう歴史が織り成されていたのはか気になるところだよなあ。鎖国以前はどうなっていたのかとか。まあ、魔法革命が起こるまでは、魔法自体眉唾ものとして扱われていた、みたいな描写もあった気がするけど。産業革命が起こっていない世界では、科学技術の方はどうなっているのかとか、色々と気になるところもあるわけだし。

物語の方は、これもけっこう真っ向勝負の時代小説ですよね。とある理由から地方の藩を訪れた主人公が、その藩内で蠢いていた陰謀を暴き出し、立ち向かう、という展開はまさに時代劇スペシャルそのもの。
惜しむらくは、主人公にしてヒロインであるところの久世伊織が、せっかくの男を装った美少女という設定にも関わらず、あんまり女の子らしいところを見せてくれなかったところかなあ。普段の毅然とした振る舞いとは裏腹の、ふとした瞬間垣間見える女の子らしい仕草や、少女らしい感情、気になる男性を意識したり、といった所が多少弱かったところか。いや、そういうシーンが無いことはないんですけど、そもそも伊織が毅然としすぎてて男と偽る事に対してまるで揺らいでいないからか、ニヤニヤするまでには至らない威力だったというか。男前すぎるんだよなあw この辺は、もっと冬馬を男として強く意識するようになってきたら、変わってくるんでしょうけれど。冬馬の方は、伊織に対してイケイケどんどんみたいだから、もし続くならかなり早い段階でそういうシーンが見れるかも知れないんですね。その意味でも続きがでるなら、楽しみ。冬馬にまつわる秘密なども、まだまだ殆ど見えてきてないわけですし、続く要素はたっぷりあるわけだ。

カーリー  

カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~
【カーリー 二十一発の祝砲とプリンセスの休日】 高殿円

こらこらこらこらこらこらっ!
と、思わず待ったを掛けたくなるくらいに、女生徒に化けてルームメイトで親友であるという立場を利用しまくってシャーロットにちょっかいかけまくり、独りで悦に浸ってる王子さま。
この変態えろ助!!
この王子、遠征王ばりの変態入ってるぞ(w

というわけで、自分の正体が知られていないのを利用してシャーロットから好きな男性のタイプを聞き出して、背が高いのが好きと知った途端、憑かれたように牛乳・小魚・卵に執着しだしたり、ヒンドゥー語の勉強と称して、意味のわかっていないままのシャーロットに自分への愛の告白を復唱させて恍惚となったりと、なんだかどうしようもない王子様。凄まじく低レベルな王子。おまえ、キャラ変わってるぞ。完全無欠の大人びた女生徒皆の憧れのカーリーはどこへいった。英国情報部をも翻弄するキレモノのアムリーシュ王子はどこへいった。
こいつ、シャーロットの前だとただのバカだ(w

と、若干酩酊しそうなエピソードを挟みつつ、第二次世界大戦の勃発したこの時代のインド亞大陸は、欧州の戦況から徐々に情勢の不安定化が増していく。暗躍する英国諜報部、インド有数の藩王国の王女パティの少女としての想いと、王族としての誇りは、裏返しのようにシャーロットを愛するアムリーシュ王子の置かれた立場への葛藤を浮き彫りにする。
切ないなあ。

次回は作中四年後ということだけれど、シャーロットはどうなってるんだろう。どうにも運命は有無を言わさず彼女を英国情報部のエージェントへと押しやろうとしているように見える。そうなると、やっぱり悲恋だよなあ。と、それ以前にこの二人、血の繋がった兄妹だったっけ。どうなるんだろう。続き、でますよね? 打ち切り反対!

や、しかしシャーロットはカワイイなあ。
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索