徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  8月の漫画新刊カレンダー  8月のライトノベル新刊カレンダー
  9月の漫画新刊カレンダー  9月のライトノベル新刊カレンダー
 

河内和泉

EIGHTH 94   

EIGHTH(9) (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 9】 河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon

エイスVSライバル企業、新章突入!!

ルカが無事生還し、平穏になったかと思われたエイス研究所。だが今度は、ナオヤがバチカンに行く前にエイスを辞めると宣言していたことがここへきて問題となる。そしてまた、エイスに潜入していたライバル企業のスパイが動き出し…。待望の新章スタート!!
誰かこの暴走男を何とかしろーー!!(爆笑
いやもう、ルカが酷い。前回までとは別の意味でセルシアが精神的に死んでしまうっ。これ、どう見てもストーカーだよね。そう言えばこの男、出てきた最初からストーカーみたいなものだったなあ、と遠い目になってしまった。あの頃でもなんだこの粘着っぽい男は、と思ってたものだけれど、あれでまだマシだったとは。なんつーか、世界の中心がセルシアなんですよね、こいつ。それはいいんだが、常識をどこにおいてきてしまったんだ、ルカよ。常識に拘ってバチカンでセルシアをひどい目に合わせてしまったことが、彼のトリガーを引いてしまったのか。とりあえずオマエ、無職でセルシアにずっとくっついてるつもりだったのか。後先考えなさ過ぎてるぞ(笑
とまあ、スタート地点はそんな盲目的な所から始まるのですけれど、ナオヤのエイスを辞める辞めないの問題や、ナオヤの行動がセルシアを救ったのに、それが問題になっていること。何故ナオヤの行動が問題視されているのか、ひいてはそこでルカ自身がセルシアを守るということの意味を自身に問いかけることになっていくわけです。ずっと傍にいるだけが、彼女を守ることに繋がるのか。最初は彼女を手放してしまったことで致命的な事態に陥ったことで、エイスに戻れたアトもああやって一秒も離れたくないとばかりにくっついていたルカですけれど、そうじゃないんですよね、やるべきことは。誰も答えを教えてくれるわけじゃないんですが、ルカはちゃんと目の前で起こっていく出来事、あの襲撃事件も踏まえて段々と選ぶべき選択肢を見出していくのでした。
翻ってナオヤ。リオの為にセルシアをバチカンから連れ戻そうと、エイスを辞めると所長に宣言してしまっていたナオヤ。セルシアとルカが戻ってきて何もかも元通りになったように見えて、ナオヤの辞任問題は有耶無耶にならずにエイスをやめなければならない、という展開になっていく。誰もが、問題が解決したんだから今更そんなことになんで拘るんだ、と所長を責めるんだけれど……このあたり、本当に微妙な問題なんですよね。ケジメはつけないければならないんだけれど……所長としてはそういう建前とかメンツの問題じゃなくって、純粋にナオヤの意識に問いかけてるっぽいのです。自分の判断と決断と行動がもたらすものをちゃんと自覚しなさい、というなかなかに厳しい教育なんですなあ。ぶっちゃけ、ナオヤって子は頭もいいし、非常に物事を弁えてる子なんですよ。だから、所長の言いたいことも一番解ってるのはこの子かもしれない。それなのに、敢えて辞めるって言ったよね、じゃあやめなさい、と突き放すあたりは所長の厳しさと期待がうかがえるというべきかなんというか。傍から見ると、警備隊長とアンジェラ博士が怒ってるように意固地になってるように見えちゃうんですよね……所長、ナオヤに対して欲してる要求がめちゃめちゃ高いんだろうなあ、これ。普通のガードに対する期待じゃないんですよね。その上、アンジェラ博士たちがどう反応するのかをナオヤに見せつけてる節もある……いや、ほんとにこの所長、ナオヤに何をどこまで期待してるんだろう。

ルカとセルシアを取り戻して、ラブコメ漫才に終始して、なんだか全部終わった気分になってたら、今度は手段を選ばない、どころか乱暴極まる産業スパイの襲撃が、よりにもよって病身のリオ先生とセルシアを襲う。暴力て、本当に怖いですよね。力で無理やり他人を従わせようとする、痛みを強制して強引に。この病室に押し入られたシーンは、なんかメチャメチャ痛くて怖かった。そんな派手なアクションとかじゃないんですよ? ただ、無理やり拉致ろうとしただけ。その、だけ、が迫真なんですよね。リオ先生の悲鳴が、恐怖の叫びが心臓を鷲掴みにする。どんな天才だろうと、この子はほんの子供だってのに。この出来事が、どれほどこの小さな子の心に傷を与えてしまったのか。嫌だなあ、みんな純粋に人を助けるための仕事しているのに、どうしてこんな事になるんだろう。セルシアが、これまで守られる側だった彼女が守り愛を与える側になろうとしていることは、果たして良いことなのか悪いことなのか。少なくとも、彼女が自分の力を他人を傷つけるために使うことに、りおを守るために躊躇わなかった事は憶えておこう。それは他人を傷つける行為でも、誰かに利用されるためじゃなく彼女が自分自身で使おうと思って使った力なのだから。
……ゴムもまあ本人が使わないでいいと思うなら使わないでいいんじゃないかなw
むしろ、セルシアとルカについてはそういう関係になっちゃった方がややこしいのがほどけていいと思うんだけれど。ってか、セルシアはどう思ってんだ? 満更ではないのは分かるんだが、ちゃんと意思表示しないとルカは徹底して献身に走っちゃうぞ、あれ。現段階で既に何も求めない状態に突入しちゃってるし。いや、それは最初から……。一番健全なのは、ルカがセルシアに対してなんでもいいから求める事なんだろうけれど、それってやっぱりセルシアの方でちゃんと意思表示して関係をちゃんと整頓しないとどうにもならなさそうだもんなあ。とは言え、そういう悠長なことができるのも、件の産業スパイの問題とりお先生の病気が何とかめどつかないとどうにもならなさそうなのだけれど。

河内和泉作品感想

EIGHTH 85   

EIGHTH(8) (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 8】 河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon

貴方のために──、やさしく微笑んで…。

バチカンに響く、ルカの死を予感させる発砲音…。「後から行く」と約束したはずなのに…。動揺し、茫然自失となるセルシア。一方のナオヤは、科学アカデミーに呼ばれバチカンへやって来たアンジェラ博士と真理に付き添い、ルカを助けようと再度バチカンに入ろうとするが…。果たして、ルカの安否は──…!? コメディ展開で人気の番外編も収録!!
凄いなあもう凄いなあ。作者のキャラクターの追い詰め方がホントに半端無い。これでもかこれでもかと言わんばかりに精神の崖っぷちに追い詰めていく、追い込んでいく。ふと指先が触れただけで爆ぜてしまいそうなほどパンパンに膨れ上がった水風船を頭の上に載せられたかのように。或いは並々と注がれたカップを持たされ柵の上に立たされたかのように。さっきからバチンバチンと派手な音を立ててワイヤーが千切れている真っ最中の吊り橋の上に居るかのように。セルシアの心が今にも粉々に砕け散りそうになって行くのを、急き立てられていくのを、ただただ見守るしか無い現状に、胃がキリキリと締め上がっていく。読んでいるこっちまで冷や汗だか脂汗だかが止まらない。
もう、ほんとヤバイんだって。あの何だかんだと最悪の環境にめげずに頑張ってきたセルシアであったが、この一件で完全にボーダーを越えてしまった上に、あのルカの行動と別れである。さすがにセルシアでももうあかん、もうあかん。この娘、壊れてまう!!

元々、前作の【機工魔術士エンチャンター 】でも、哲学的問答を通じてこれでもかこれでもか、と主人公たちをアイデンティティーの根底から切り崩し追い詰めていく展開には、いろいろな意味で震え上がったものだけれど、相変わらずこの作者はキャラクターは鍛造して鍛えろ、とでもいう信条があるのかと思うほど、熱して冷ましてガツンガツン叩く叩く。それも、肉体的にではなく精神的に。これでもか、と叩き潰した上で単純な精神論ではなく、どこか哲学的な論述を持って、心を剣へと打ち直して行くんですよね。
普通は折れるよ、心が!!
リオ先生の病気の一件だけでもいっぱいいっぱいだってのに、そこにバチカンのこれだもんなあ。当事者のセルシアも去る事ながら、外枠の人間だからこそ軽々しく踏み込めず決断を強いられるナオヤもまた立ち位置がヘヴィすぎる。これって、わかりやすい正解なんて何処にもないんですよね。どの選択も、誰かを傷つけ、何かを決定的に変えてしまうことになる。結局、所長の言うとおり、そのとき立っていた場所によって何が最善なのか、というのは必然的に変わってきてしまう。絶対的なものなど何処にもないわけです。
その点、所長は自身の立場も含めて非常に俯瞰的に状況を見極めてて、勿論その判断はEIGHTHの所長としてのものなんだけれど、それ以外にナオヤやセルシアの近くにいる大人として物の理、現実の有り様というものを詳らかにすればこんなものなんだ、というのを教え諭すことを厭わないんですよね。一から十まで手取り足取り教えるなんて真似はせず、あくまで彼らが自身で直面し判断した結果がいかなるものか、その将来の展望も含めてわかりやすく解いて説いて問いてるだけ、というのもまた対応が渋いというか……大人としても教育者としても非常に尊敬できる立ち振る舞いである。胡乱すぎる、という声もあるかもしれないけれど、こういうのは結局実感しないと言葉を尽くされても内に浸透しないんですよね。かと言って、実感だけでもそれは理解には程遠いからこその所長の振る舞い、なんだよなあ。

ともあれ、今回はホントにきつかった。これまでの展開が生易しいと言っていいほど、セルシアの追い詰められっぷりの厳しいこと厳しいこと。ダムの決壊並みに、一気に来たもんなあ。
だからこそ、ナオヤの毅然とした態度、リオ先生の献身の聖性、シスターの愛情が染み渡る。
愛は、いつでもそこにあり、いつも注がれ続けていたのだ。どれほど悲惨な境遇でも、不幸を招く人生でも、自分が愛されていたと知ったなら、守られてきたのだと解ったなら、苦しくても辛くても生きていける。
セルシアは、ホントに頑張ったよ。もう、泣きそうになるくらいに健気に、絶望から立ち上がった。傷だらけになりながらも、自分を切り捨てなかった。偉かった。
だから、もうあのご褒美は貰えて当然だったと思う。
……あのシーン、目にした時には比喩抜きで全身から安堵で力が抜けた。いやもう、どれだけ体中強張ってたんだと、笑ってしまうくらいに。それだけ、そのシーンに至るまで読んでるこっちまで肩に力が入り、瀬戸際ギリギリの緊張感に息を止めてしまっていたわけだ。
もう、良かった。ほんとよかった。大好きだ、愛してる!! セルシアはぶちきれてオッケーです。ダンボール投擲は、なればこそ痛快であった。そこはもう、思いっきりぶつけなよし!!

河内和泉作品感想

EIGHTH 74   

EIGHTH(7) (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 7】  河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon

iPS細胞の研究中に突如倒れたりお。彼女の病気を治療するために、行動を起こすナオヤ。一方のバチカンでは、セルシアの待遇が想像とは違い、彼女を連れてきたことを後悔するルカ。そこで、思わぬ大事件が発生することになり…。セルシア&ルカの運命は如何に──…!? 大人気バチカン編、クライマックス!!

リオ先生、ただの過労じゃなかったのか!? 倒れる前の様子が明らかに年不相応のオーバーワークだったために、単純に無理しすぎたから倒れたのだと楽観していたら、実際は……小児白血病!? 衝撃的展開すぎる。
それでも不治の病ではないと言われてホッとしたのも束の間、発覚したリオ先生の遺伝子欠損。この為に、彼女に投与する抗癌剤の適正使用量が全く分からないために、分量は手探りで実際に投与して効果を確かめなければならない。しかし、適正量を過てば、重大な副作用が発症してしまうという。
わかった。イヤというほど分かった。iPS細胞が持つとてつもない可能性と、未だ実用化が叶わない問題点の一つが、まさにこれなわけだ。りお先生の状況を実例として、ここに示してくれたわけだ。前巻のiPS細胞の解説だけでも簡単でわかり易かったのに、こんな実例まで添えてくれりゃあ嫌でもわかる。直近の技術ですらこの可能性だ。将来的に出来るであろう治療の数々は夢のようですらある。
凄いんだ、本当に凄いんだ、iPS細胞。
しかし、現状ではまだ未来の可能性に過ぎない。いずれ確実に叶う可能性だとしても、現在においてはそれは存在しないのだ。その可能性をたぐり寄せる担い手である研究者りおは、その事を誰よりも把握し承知している一人だろう。だから、自分が間に合わないと知りながら、そのときはかならずくる、と笑って言える。次の人のために手順を残すことこそが大事なのだと、笑って言い切れる。
でも、まだ子供なんですよ、りお先生は。健気が、すぎるでしょう!!
ナオヤが手繰り寄せようとしている道は、確かにずるいです。ワガママです。自分勝手です。それは利益の為じゃないにしても、自分たちの都合のために、セルシアの力を利用しようという行為は、彼女をこれまで監禁し搾取してきた連中と同じ、と言われてもナオヤは否定できないでしょう。
正しいことではないのでしょう。
でも、親しい人を助ける手段があるのに、それに手を伸ばさずにいられる人がどれだけいるのか。
でも、その手を伸ばした先にあるのは、やっと手に入れたセルシアの安住を破壊し、再び彼女を怯え隠れてすごす逃亡生活に追いやる事に、彼女をめぐって争いが起こることに繋がり兼ねないと、彼はどこまで承知していたのか。
それでも、リオの事をセルシアに伝える事は、間違いじゃないんじゃないかな。多分、りおのことを知ればセルシアは自分の力を使って助けようとするし、それを見込んで情報を与えることはズルい事なんだろうけれど。でも、自分の力をどう使うかを決めるのは、セルシアの自由なんだから。情報を与えず選択の自由を許さないこともまた、ずるいことなのだ、きっと。
結局、なにをどうやったって、誰もがすっきりと気持ちよく終われる事なんてアリはしない。つまるところ、どうやったって間違いしかないのなら、間違ったあとにそれをどうにかして挽回し、修正し、選り良い方向へとつなげていくしかないのだろう。
その点において、失敗してしまったのが多分ルカだったのだ。彼は自分の間違いに気づきながら、座視して傍観してしまった。それはきっとしかたないことだったのだろうけれど、結果として間違いに間違いを重ねる事になってしまった。故に、悲劇が起こる。
取り返しの付かない悲劇だ。

序盤のりお先生の件を吹き飛ばしてしまうような、あまりにも衝撃的な展開に息が止まりそうになる。おい、いったいどこまでセルシアを追い詰める気なんだよ!? ここまででも十分、二進も三進も行かない行き止まりに追い込んでたくせして、さらに奈落に叩き落すだなんて、鬼畜にも程がある!!
その上、さらにルカがトドメでやらかしてくれましたし。こいつは、こいつは本当にもうっ。バカ、バカ野郎、この大馬鹿めっ、うわああああっ!
もう、あの音が聞こえた時のセルシアの魂が抜けたような、あの悟ってしまった表情が凄まじすぎて、総毛立ってしまった。頼むから、本当に頼むから最悪な事態だけは避けて欲しい。でないと、本当にセルシアが立ち直れなくなる。

こんな場面で途切れるなんて、生殺しもいいところです。どんだけいじめっこなんですか、意地悪すぎる。謝りますから、早く続き出してください。お願いしますっ。

河内和泉作品感想

EIGHTH 64   

EIGHTH(6) (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 6】 河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon

大切な人を守るための、二人の決断。 新しくエイスにやって来たまだ8歳の大先生・天王寺りお。
ナオヤはりおの護衛をすることになり、りおもまたナオヤの部屋の居候となってセルシアやヒカルと打ち解ける。
だがそのことで、セルシアはりおの身を案じある決意をするのだった…。
セルシアの能力(ちから)をめぐり、物語が加速する待望のiPS編、開幕!!
うわぁっ、これはわかりやすい! 近年何かと話題にのぼる「iPS細胞」。医療面にて革命的な進展をもたらすであろうこの奇跡の科学。具体的に何がどう凄いのか、ちゃんと理解している人はどれくらいいるんだろう。自分もある程度理解したつもりではいたんですよね。でも、これ読んで自分が如何に小難しい理屈や言葉をこねくり回した末の、大雑把な括りでしか「iPS」というものを把握していなかったかを痛いほど思い知らされた。
この天才小学生博士のりお先生の説明、もうドエライわかりやすいんですよ。科学知識なんか殆ど持ってない人でも、その辺の何も知らないオバちゃんでも、この説明を聞いたら「iPS」って何? って理解できるんじゃないでしょうか。それくらいシンプルでありながら、情報の核心をついた説明をしてくれてる。
んで、改めて「iPS」なるものを見なおしてみると……これ、マジでとんでもない代物なんだな。イメージとしてもっと限定的なものだと思ってたんだが、「iPS」を作るために使われている考え方を踏まえると、本当にとてつもない可能性が広がっていることが実感できてしまって、何だか震えが来てしまった。これもう、殆どSFの未来技術の領域に片足どころか首までどっぷり浸かってるんじゃないだろうか。実用段階に入れば、さらにそこから応用発展していくはずですし……うわぁ、これは凄いわ。えらいことだわ。

とまあ、ほとほと感心し切ってしまって心ここにあらずの状態になってしまったのですが、肝心のお話の方もかなりダイナミックに、しかし登場人物たちの心の移ろいは繊細に転がっていくのです。特に、最初期からエイスに匿われていたセルシアの決断は、この作品が一つの岐路を迎えたということなのでしょう。
むしろ決断してしまったセルシアよりも、決断させてしまったルカの方が現実に直面させられてしまったのか、これは。セルシアを守るために、意固地なほど一途にガードとして振る舞い、彼女に安息の地を与えようとしていた彼が、バチカンに匿われたセシリアの置かれた状況を目の当たりにして、自分がセルシアから逆に安息の地を奪ってしまったのではないかという苦悩に晒され、自分に課せられた役割と現実とのギャップに身を切られていくのである。彼は、彼の最善を尽くしただけだし、セルシアも最良を選んだつもりだっただけに、これは辛いなあ。バチカンですらこれなら、セルシアが穏やかに暮らせる場所は地上には一切ないことになってしまう。ナオヤの部屋から一歩も出てはいけなかったエイスが、心許せる人が回りにいるあそこだけが一番マシだったとは何という苦しい現実なんだろう。エイスだって、完全に所長たちの好意の産物であって、本来ならエイスだって彼女の能力を利用したい、という欲があるのは間違いなく、本社がセルシアの存在を知ればもしあのままエイスに居ても、あのままで居られたかどうか分からないし、何れにしても一室から出られないという環境は決して長続きするものでもない。こうして見ると、セルシアの置かれた状況ってホントに詰んでるんだなあ。最後の望みでありルカにとって正解だったはずのバチカンがあれだったとなると、本当に。

新登場の天王寺りお先生は天才だけあってとても頭がよいのですが、同時に歳相応の小さな子供なのがとても良かった。その賢さ故に周りから拒絶され、距離を置かれた事へのトラウマが小さな彼女を怯えさせていて、自分の知識をひけらかすことを極度に恐れている様子がねえ……。知っていること、自分が考えた事を周りの人達に喋ろうと、伝えようと、聞いてもらおうとするのは、このくらいの歳の子なら当たり前の事なのにねえ。そのしゃべる内容が歳相応の拙い内容ではなく、普通の人には難しい、或いは興味がない遺伝子工学だったりしたが故に、周りの人達は笑って相槌をうってくれるのではなく、嫌な顔をして困った顔になって遠ざかっていってしまったのだろう。可哀想に。だから、ちゃんと話を聞いてくれるナオヤたちの存在は嬉しかったんだろうし、この子にとっては救いであり、大好きになったんだろうなあ。聡い子だから、彼らの優しさも理解出来たんだろうし。逆に言うと、その優しさを察する聡さが彼女を追い立てる事になってしまったのだろうけど。
しかし、りお先生ほどの説明上手なら、全然言ってること難しくないしわかりやすいと思うんだがなあ。普通に話を聞いてあげてても、面白いと思うぞ。

河内和泉作品感想

EIGHTH 34   

EIGHTH(3) (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 3】 河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon
 bk1

遺伝子を改変した致死率60%を超えるインフルエンザウイルスの紛失。CDCがエイス所長に求めたのは……。
一方のエイスでは、ナオヤの部屋から出るように言われたヒカルが、自分の中の気づかぬ感情をもてあまして父と喧嘩をしてしまう。そして二つの場所の出来事を結びつけることになるのは――……!?
緊迫する事件と、少女の中に芽生えた淡い想いが並走する、待望のウイルス編、開幕!!

ついにきたこれ、遺伝子モノの大真打「ウイルス」編。と、くりゃあ生半可な話じゃあるめえ、と思ったら、うわーーー、ウイスルものっつーよりこれ冒頭はおもいっきりセルシア編再び、じゃないか。
ごめん、セルシアの現状ちょっとナメてたかもしれない。てっきり、「エイス研究所」に極秘に匿われてるのかと思ってた。違うんだな。全然違うんだな。厳密にはエイス研究所内の「ナオヤの部屋」に匿われてたのか。まさか、「ナオヤの部屋」から外に出ることすら厳重に禁止されてるなんて。外を出歩くこともできないのかよ。
それだけ、彼女の能力というのは絶大な利用価値があり、もし彼女がエイスに居ることが知られたら、エイスの本社ですら彼女を利用しようと蠢くかもしれない。彼女の人権など無視して。そのため、公式には彼女は自殺したことになっていて、それでも彼女の生存を疑い、身柄を狙って様々な組織が暗躍している。それほど、危険な状況に置かれているのか。
今回、彼女を釣り上げるために仕掛けられた罠が、とてつもない腹芸、というかダーティーでタフで繊細な謀略なんですよね。
やべえ、諜報戦が極まってる!! 緻密に最初から最後まできめ細かに練り上げられた手のひらで踊らされるようなシナリオとはまた違って、投網のように広がり、蜘蛛の巣のように巧妙に絡めとるようなトラップなんですよね。じっとしていては身動きが取れなくなり、しかし動いたら動いたで狙い撃ちにされる。でも、それがわかっていて、動かざるをえない状況に追い込むという大雑把なようで巧妙すぎる罠。こちとら、恐ろしく気を配って繊細に慎重にこっそりと手を打たないと行けないハメになる。
この仕掛けた側も仕掛けられた側も、お互いに相手が誰なのか、姿も何も見えていないにも関わらず、激烈に繰り広げられる攻防が凄まじい。

同時に、同じターンで個々の登場人物たちの内面にも容赦なくスポットを当ててるのがまた凄い。サスペンスものなら、ここは登場人物は駒に徹するところなんですけどね。それは河内さんとはやり方が違うか。
前巻から、ヒカルの内面の不安定さの描き方が素晴らしいのなんの。ただ、ヒステリーを起こしているのではない、彼女自身わかっているわけじゃないけど、彼女なりのちゃんとした理由とロジックが、彼女の感情の激発や不安定さにはあり、それに基づいてグイグイと状況を引っ張り、また彼女を渦中へと叩き込んでいく。
そこで起こるのは、彼女と真摯に向き合うナオヤやセルシアたちへの想いの確変であり、激動する現状の中で自らを改めて見直すことによる正しい形での人間としての成長なわけである。
ただの子供だったヒカルが、ここしばらくの話の中で、メキメキと大人になっていってるんですよね。自分がどれほど未熟か、至らないか、考えなしか、思い知らされ、打ちのめされ、叩き伏せられ、凹んで沈んで、それでも周りの人達のことを見ていたら、知ってしまったら、うずくまってなんかいられない。自分を哀れんでなんていられない。
これはきっと、彼女が自分の思いにしっかりと向きあうようになれるための成長の話でもあるんだろうなあ。つまり、ヒカルが女の子じゃなく、ナオヤが振り向いてしまうようなオンナになるための、必要過程なんだろう。
おママゴトめいたラブコメをやるには、ナオヤにしてもヒカルにしても、セルシアにしても、子供のままじゃいられない、大人としての立ち振る舞いを要求される世界にいるんですもんね。
ラブコメはラブコメでも、しっかりと大人として責任ある行動と考えを持った人間としてなされるラブコメ、って感じになっていくんだろうなあ、なんて思ったり。
けっこうエグい環境、というか世界観にも関わらず、面白いことに登場キャラはダーティーではあっても善性を信じられるような人もいっぱいいる作品なので、うん、読んでて気持ちよくはあるなあ。
しかし、どれだけ一生懸命でも能力が伴わなければダメなんだよねえ。というか、無能な働き者は無能な怠け者よりもたちが悪いので銃殺しときなよ、とゼークトさんもおっしゃってますし、ね? つまり、ナオヤがトリニティをポイしたのは文句なしに正しい(笑

EIGHTH 25   

EIGHTH 2 (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 2】 河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon
 bk1

こ、この野郎、性懲りも無く年上属性だったのか!! セルシアとヒカルという二人の美少女と同居関係になりながら、妙に淡白な反応を見せてるな、と思っていたら、真理さん相手にはでっれでれじゃないかい、この野郎。
とはいえ、恋愛対象として好き、というよりも元気なさかりのガキんちょが、大好きな近所の優しいお姉さんに懐きまくっている、てな感じの風情なんですけどね。本人はけっこう本気なのかもしれないけど。うーん、まあ自分でもそのへんはよくわかってないし、真剣に考えてはいないっぽいけど。今はガードの仕事を頑張ろう、という方に意識が行ってるようだからね。
ナオヤくんは自分でも言っているように、女性は年上の人とばかり接してきたから、もう年上の女性に可愛がられてしまうような仕様で育っちゃったんだろうなあ、うんうん。あの、ワンコがブンブンと尻尾振っているような態度は、傍から見ていてもちょいと可愛い。真理さんが何だかんだと目をかけ、楽しそうに可愛がってしまうのもよくわかる。
だからこそ、ナオヤの事を異性としてみるのは難しかろうなあ、というのもまたよくわかってしまう。この辺の微妙な距離感が素晴らしいんだよなあ。
コラ、もう。どうしてキミはそんなに甘えんぼさんなのかしら。
子供扱いしたらどうせ怒るくせに、特別扱いしないとヤダなんて……
子供みたい……拗ねてるの?
ねぇ、いつになったら、いつから…大人の男のひととして、見たらいいのかしら……
直撃喰らったーーー!! 一撃で撃墜されたーーー!!
うわぁ……こりゃあダメだ。もう、一気にハート持ってかれてしまいました。年上バンザイ!! バンザイ!! バンザーーイッ!!
正直、一巻読んだ段階ではヒロインはセルシアやヒカルたち若い美少女たちが担って、真理さんはあくまでサポートヒロインなのかと思ってたんですが、全力ですんませんでしたーー!! 年上最強!!

とはいえ、ヒカルたち若い子が未熟というんじゃないですよ? セルシアは今回なんか出番全然なかったけど、その分ヒカルが一生懸命アピールアピール! いやあ、この子は初々しくて大好きだなあ。もう、言動の端々からナオヤのことが気になって仕方がない、というのが伝わってくるんですよね。すっごい気にしているのが可愛くて可愛くて。
まあこの子の場合、それ以上にボケとツッコミのスピード感がハンパなくて、面白すぎるんですけどね。もうヒカルが騒ぎ出しただけで、思わず笑ってしまうくらい。元気いっぱいで、イイ子なんですよー。

さて、内容の方なのですが、意外だったのがナオヤのお仕事。遺伝子工学研究所エイスの保安警備員として、一巻ではエージェントっぽい任務に従事していたので、そういうのがメインのお仕事なのかと思ってたら、ああいう荒事はやっぱりイレギュラーとは言わなくても、決して頻繁にある仕事じゃないのですね。むしろ、普段は研究所内で地味な作業に終始していることが、こういう漫画だと珍しくて、逆に面白い。搬入されてくる資材のチェックや移動、所内の保守点検。ナオヤがえらいのは、自分の仕事の内容に優劣を置いていないところ。派手なエージェント的な仕事だけ張り切るのではなく、所内巡回や資材のチェックなども本当に真剣にやっているんですよね。今回の話の中で、ナオヤがチェックした資材の搬入について、あとで問題が発生したので呼び出されて報告する場面があるんですが、この時のナオヤの自分の仕事に手落ちがあったのか不安そうな様子が実にいいんですよねえ。こういう所に目がいってしまうのはちょっと変かもしれないけど、社会人としてはこういうケースでの焦り方とか胃が重たくなるような不安感とかは非常に良くわかるので、ついついこの時のナオヤの様子には共感をしてしまってねえ、うんうん。
面白いとは言えば、今回メインとなる話が遺伝子の中でもよく話題にのぼる「トウモロコシ」。遺伝子組換えはしておりません、というフレーズを目にした人は多いでしょう。ただ、実際にトウモロコシ農家の現場において、遺伝子組換えというものがどういう風に捉えられているか、どういう風に扱われているか、という農家の事情は案外みな知らないんではないでしょうか。
自分の研究対象である植物に対して、童女のように純粋にひたむきに好奇心をキラキラと輝かせて突貫するアンジェラ博士も面白かったですけど、今回は話の内容そのものが興味深くて面白かったなあ。派手なアクションとか、そういうのは全然なかったにも関わらず。
そもそも遺伝子云々を抜きにしても、トウモロコシについて自分、全然知らないんだなあというのがよくわかった。そもそも、トウモロコシが自生しない植物だってことすら知らなかったし。トウモロコシの皮って、人間が剥かなきゃ自然に剥けないのかあ。

うんうん、もうあらゆるベクトルに向かって面白いなあ。もうこの人の描く漫画は半ば河内和泉が描いてるんだから面白いに決まってるだろう? という領域に達しつつあるよ。

メインを構成するキャラクターも出揃ったみたいだし、次回の三巻ではついに「ウイルス」が主軸となるお話となる模様。さあ、盛り上がってきたぞ!!

1巻感想

EIGHTH 14   

EIGHTH 1 (ガンガンコミックスJOKER)

【EIGHTH 1】 河内和泉 ガンガンコミックスJOKER

Amazon
 bk1

また難しい主題で挑んできたなあ、この人は。前作の【機工魔術士】にしても【賽ドリル】にしても、明快な正解、正しい選択がないテーマに挑むことがこの人の漫画家、というよりも物語を創る者としてのスタンスなのだろうか。なんにせよ、正解がない問題について延々と苦闘の自問自答、他者との対話と衝突を繰り返しながら、その時その人における最善の答えを求め選択し続けるという苦しいルートを、この新しいシリーズでも辿ることになるのか。
このスタイルというのは、むしろ一途に目の前の理不尽や難問に苦悩する主人公たちよりも、その設問を用意し、全登場人物の懊悩を一手に引き受け導き、掘削していくことになる作者当人が一番負担が大きいと思うんですよね。毎度毎度、大したもんだと呆れながらも敬意を覚える。

今回のシリーズは、遺伝子産業界が舞台。遺伝子分野の技術云々を決して蔑ろにしているわけではなく、むしろそれを扱う側として非常に丹念に描写しているのだけれど、本題は技術そのものではなく、技術を実用化し社会に送り出す、その過程の部分における業界の暗部、しがらみ、硬直化に対して真っ向から挑むような内容になっている。
特に、二番目のお話は、既に十年前に確立されていた火傷に対する皮膚移植の新技術が、認可や実用化への治験、予算問題や利権問題なので表に出ることなく、腐らされていた、なんて話は実際に決して珍しくもない話なんじゃないだろうか。
主人公の所属するエイス研究所は、本社から独立実行権を得て、ある種目先の利を無視した迅速な行動に打って出ている。所長はじめ、職員の意識は間違いなく世の理不尽を蹴飛ばして、組織ではなく人や社会全体にとっての最善を追求することに徹底しているように見えるけれど、民間企業でこの姿勢というのは、立場的にかなり物凄い綱渡りを要求されてるんだろうなあ、特に所長。見た目チンピラで、軽薄な態度のおっさんだけど、その能力の大半は組織の独立性を維持することに費やされてるんじゃないだろうか。かなり忙しそうだし、本来所長が出向くはずだった皮膚移植の技術を持つ博士へのアプローチをキャンセルしたのも、単に忙しかったから、という段階じゃないみたいだし。
ああいう運営してたら、絶対本社から突き上げはくらうだろうし、同業者からの敵視はとてつもないことになりそうだし、かなり危ない橋をわたってるんだろうなあ。

主人公はエイスの警備員、まー警備員といっても建物の警備員じゃなくて、外回りもやる執行工作員って感じだけど。汚い仕事云々は与えられなくて、徹底してガードマンって感じだな。
これは、かなり周りの大人達に大事にされているようだ。今のところ、彼が突きつけられる問題と言うのは、極々狭い彼個人の視野に入ってくるレベルのことに限定されていて、それは周りの大人達の配慮によって彼に対して大きな選択肢を突きつけられないようにされている、という感じだし。
ただ、今の段階でも、結構厳しい選択ではあるんだよなあ。大切に配慮されているけれど、決して甘やかされてはおらず、むしろ厳しく鍛えられているっぽい。そのうちこれ、組織の庇護を受けられない状態で、正解の無い選択肢を突きつけられ、苦しむことになるんだろうなあ。
こっちもあれだ。頑張れ男の子! になりそうで、楽しみ。
順調に周囲にヒロインが集まってるけど、この人の作品において女の子というのは得てして一個の独立した強力なキャラクターとして主人公に負けず劣らずの意地の悪い設問を突きつけられる傾向にあるので、女の子が一杯だからってキャッキャウフフのぬるいハーレムとは程遠い形にはなるんでしょうけど、でもラブコメはちゃんとやって欲しいなあw

機工魔術士 -enchanter- 195   

機工魔術士 -enchanter- 19 (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士 -enchanter- 19】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス

Amazon


やっぱ、メルクーリオはかっちょいいんだよな。機工魔術士に登場する女性陣はなんだかんだとみんなイイ女なんだけど、その中でも一際際立ってるってのは凄いと思うんだ。悪魔時のメルの人気って大したものだったらしいから、それに取って代わって出てきた以上、半端なキャラクターじゃいられないというのもあったんだろうけど、本来なら被害者にも関わらず、悪魔メルと親しんだ人たちから見たら、悪魔メルを消滅させた加害者という複雑な背景を持つキャラという立場を逆手に取って、キャラ立ての錬磨がえらい深度になったからなあ。
この作者って、キャラの掘り下げに全くというほど手抜きせず、偏執的と言ってもいいほどその生き方の方向性を探究し続けていくもんだから、キャラの立脚点の難易度が高けりゃ高いほど、物凄い事になっていくんですよね。メルクーリオやパラケルススはその典型。晴彦の場合は主人公だし、リアルタイムで難易度乗数倍されていったからこそ、クライマックスのあの盛り上がりになったんだろうしね。
サディストで傍若無人、天上天下唯我独尊を地で行くようなメルクーリオだけど、まいったことにこれで面倒見が吃驚するくらいに良かったり、気遣いや繊細な心配りが尋常でなく行き届いていたり、パラケルススの善行が本質的に我儘に基づいているのと少し違って、こっちは素直に「本質的に優しい、良い人」なのは、多分間違いないかと。その発露の仕方が横暴だったり嗜虐的だったりするのは、まあ性格的なものもあるんだろうけど、なによりその多大な自信が振る舞いや行動に他人の有無を一顧だにしない態度に表れてるんだろうなあ。自分の生きざまに確信を抱いた上で邁進しているというか。それでいて、カリオストロみたいに近視眼的な自己中に陥っていないのは、自分の生きざまに確信は抱いていても、それを絶対ししていないところか。一顧だにしていないようで、他人の考えや感情を実に丁寧に汲み取り、自分の考えの一方的な押し付けではない、相手を尊重した手助けをしてくれるし。まあ、譲らんところはこれっぽっちも耳貸さないで譲らないみたいですけどw
自分の確信が確定的なものではなく、あくまで過程。自分が成長途中であるものだと自覚しているのも、その柔軟性の正体か。今回の話<エチカ>なんか、その集大成みたいな話だもんね。よくもまあ、これほど【メルクーリオ】そのものな話、組み上げたもんだと呆気にとられる。
よっぽどの自分の作ったキャラクターを隅々まで理解してないと、こういう出力の仕方はできないと思うんだけど。骨先生のエピソードといい、十全に自分のキャラクターを(しかも生きたキャラクターを)掌握しきってるのは、ほんとにすごいなあ。

ちなみに、私、カコ姉が大好きでござんすw
あそこまでカッ飛んだキャラも、そうそうお目にかかったことはござんせん。
マナに、しっかり失恋させたか。結局、随分出番目減りしちゃったけど、うーん、もう少し活躍させてほしかったかなあ。押しが足りなかったな、押しが。


んで、最後の最後のエピソード。
ユウカナリアは、こっちは失恋じゃなくて別離の物語か。あれは空気読んでるようで、全然読んでないよなあ。バカだなあ(苦笑
フルカネルリとの別離を現実のものとして飲み込んだら、晴彦から離れようとしてしまうあたり、結局のところフルカネルリ=晴彦という認識が根っこのところにこびりついてたってことなんでしょうかねえ。別に、ユウカナリアと晴彦の絆が、フルカネルリとの別離によって断たれるわけじゃないのに。
いや、正しい男女関係を考えるなら、無事に結ばれた晴彦と優香姉からユウカナリアが離れるというのは、当然のことかもしらんのだけど。ユウカナリアが離れようとした理由は、どうもそういうのとは違ったっぽいし。
二人とも、お互いの関係についてはっきりしないことで納得しちゃってるんだけど、あのシーン、なんか好きなんですよねえ。何事も明瞭にすりゃいいってものじゃなくて、なんとなくそこにあるものとして曖昧なまま捉える結論、というのも、むしろ良かったなー、と思うわけですよ。
変に三角関係にせず、こういう着地点としたのは、この作品らしくて良かったなーと。

うん、こういう小難しく物事を掘り下げて、グルグルぐにゃぐにゃ捏ねまわして造形していくような作品って、苦手な人もいるかと思いますけど、私にとっちゃびっくりするくらいに性に合って、つぼにはまる作品でした。巻を重ねるごとに読んでるこっちのテンション青天井だったしなあ。
最高傑作でございましたよ。ごちそうさまでした。お腹いっぱいです、ありがとうございましたっと。

7月には新作も出されるみたいだし、楽しみ楽しみ。

機工魔術士 -enchanter- 185   

機工魔術士 -enchanter- 18 (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士 -enchanter- 18/19】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス

Amazon



機工魔術士、ホントのほんとの最終巻。本編終了後に番外編を以って結末とする、という話は聞いていたものの、まさか番外編が二冊出るとは思わなかったですよ、しかも同時に(苦笑
いや、これこそ嬉しい悲鳴か。この傑作の余韻は出来るだけ長く浸っていたからなあ。

というわけで、番外編第一話は骨先生ことパラケルススのお話。このオッサンの過去の回想見てる限りでは、本質こそ変わらないもののただの人間の頃はやっぱり今よりはスレてなかったんだよなあ、と思ってしまったわけだが、あれでスレてないって今はどれだけスレてんだよ、と。でも、悩み方が分かりやすいというか、今が分かりにくすぎるというか。単に、過去編ではパラケルススの内面描写をじっくり描いてくれているから、彼の懊悩と思索が生々しく伝わってくるだけで、今だって探求の深度こそ深まったものの、その方向性は一切変わってなさそうだしなあ。
若者であるが故に、まだまだ生きることへの探求の方向性がシンプルな晴彦たちと違って、やっぱりパラケルススのそれは一言で言い表せない複雑怪奇な代物で、だからこそじっくり観察すればするほど興味深いんだ。面白い事に、この人ってどうにも自分の中に物事への結論というものを出そうとせず、曖昧なままにしておくことにしている気がするんですよね。ユウカナリアに対する気持ちとか、医者としての生き方とか。もちろん、ベクトルは確固として顕在してるし、譲る部分譲れない部分というのは非常に明確にあるんだけど、答えを曖昧にしているせいか、変に枠組みを作って行動思考が窮屈にならず、とても自由に、流れるように生きてるように見えるんですよね。傍目には傍若無人、無軌道、フィーリングの赴くままに好き勝手しているようにも見えてしまうわけですけど。
まだ人間だった頃の彼を見てると、本来はもしかしたらとても窮屈でガチガチに固まった生き方しか出来ない人間だったように見えなくもない。自由人とは一線を画してるんですよね。社会の秩序や倫理には縛られてないけど、自縄自縛、自分の生き方に縛られてる、みたいな。もしこれで、このまま彼が自分の中に結論を有して、それを至上とする人になってたら……それがカリオストロだったのかもしれないですね。

しかし、骨先生はアダルトだよなあ。というか、今回この巻かなりエロいんですけど。ユウカナリアなんか剥かれてるし、回想編ではもろにエッチしてるシーンあるし(絵では描写してないけどw
あのアイちゃん、マジ骨先生の実子だったのか。そして、彼女の中ではユウカナリアはマジで次のお母さん候補なのか。

18巻の第二話は、ようやく想いを通じ合わせながらも、今までの関係を急に変えることもできずに戸惑う晴彦と優香のお話。
平穏な日常に戻って、改めてこの二人の関係を眺めてると……前途多難だなあ、と苦笑いが浮かんでくる。二人の恋愛ってまだまだ始まったばかりで、まだ解消できてない齟齬が実は山ほどあるですよねえ。男子三日逢わずな刮目して、の言葉にあるように、優香が気づかないうちに晴彦が心身ともに吃驚するくらいに成長してしまっていて、並みの人間が味わえない経験をたっぷりしてきた晴彦は、優香が幼い頃から知っている彼のイメージと大きく変わってしまっていて、見てたらなんか優香姉、晴彦に対して劣等感とか引け目みたいなものを感じてるっぽいんですよね。それに対して、晴彦の方は今まで通り幼い頃から自分の面倒を見てくれていたお姉さんで、先生で、恋人同士になったというには最初の段階から認識や感情のスレ違いがえらいことに。
この二人、幼馴染というわりにはお互いがお互いをどう思ってるとか、全然分かってないしなあ。その割に、気心が知れてる分、言葉が足りなくなってるし。
両方とも押しが強い方じゃないし、実はユウカナリアが二人にちょっかい掛けてた方が、上手いこと進展するんじゃないかと思ってしまうくらいに。ところが、ユウカナリアといえば変に空気読んじゃって、二人の関係からは妙に距離置いてるからなあ。
今回は晴彦が勇気出して踏み込んだおかげで(偉い!)、幾分か齟齬が解消されたわけだけど……これからもなかなか大変そうだわなあ、これ。

ところで、あとがきを読む限り、この後本当は二人の初えっちがあった予定だったのかしら? あの滅茶苦茶えろい妄想の一コマは、その名残か。
骨先生のエピといい、今河内さんがエロマンガ描いたら、えらいエロいのになりそうw

19巻の感想はまた後ほど。

機工魔術士 -enchanter- 175   

機工魔術士 -enchanter- 17 (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士 -enchanter- 17】河内和泉 ガンガンWINGコミックス


……終わった。終わったぁぁ。終わっちゃったぁ。
機工魔術士シリーズ、ここに完結。なんで終わるんだよぉ、唐突すぎるじゃないかよぉ。と思ってたわけなのですが、読み終えて納得。
フルカネルリから託され、受け継いだもの、晴彦自身が求めたもの。今までのエピソードで探求し、思索し、悩み続けたものが、このカリオストロとの闘争、論争、理論の構築により、結実したのだから、これはもう終わるしかない。
すげえ。作品の命題たるテーマを物語の中で立脚したのみならず、絶句するほどに叩き上げ、鍛造し、理論を戦わせ、完膚なきまでに文句のつけようのないアンサーを構築しやがった。
今回、カリオストロと晴彦は血と肉がぶつかり合う物理的闘争で激突しているわけですが、そりゃもうこれでもかというくらいにバトルバトルバトルな漫画なわけですよ。作画的にもスピード感、激しさ、熱さ、何もかもが一級品のガチンコバトル。
なのに。そんなのは二人の戦いにはまったくの余儀にすぎない。彼らの真の戦いは、まさに各々の信じる理論、すなわちそれぞれの存在のあり様の衝突なわけですよ。
これは剣戟でありながら、論戦であり、戦う相手はむしろ己という戦い。晴彦にとっては、この戦いは自己の鍛造だったんじゃないだろうか。カリオストロと主張を戦わし合い、お互いの相容れぬ理論をぶつけあうことで、自分にも分っていなかった自らの在り様、周囲の人間との関係の意味、ユウカ姉への想いの真実、フルカネルリという男の願いと、遺されたユウカナリアの心との接し方。それらすべて、まだ何も分かっていなかった鋼の塊たる自己の在り様を、ユウカナリアとの出会いからこれまで培ってきた経験、技術、想いを鎚として、カリオストロとの闘争を炎とし、自らへの疑問を冷水として、鍛えて鍛えて、そしてついに一つの刃が完成を見たのではないか。
それは終わりではなく、ひとつの始まりに過ぎないにしても、まだ何も分からない男の子としてスタートラインにすら立っていなかった晴彦が、己が進むべき道を見出し、男として歩き始めた記念すべき一本目の刃。
頑張る男の子が一人の男となる鍛造工程を余すことなく堪能できた、これは本当に素晴らしい傑作だった。
素晴らしい傑作だった、大事なことなので二回言いました。

世界で、二番目に好き。

それは、とても素敵で、痛切な告白で。
色々あったけど、本当にいろいろあり過ぎて、痛いくらいにお互いのことが分かってしまったわけだけど、世界で二番目に好きな者同士、ハルヒコとユウカナリアは、これからも上手くやっていくんじゃないだろうか。
フルカネルリは、偉大と言うべきか、いや男としてあまりに魅力的で大きい男だったんだろうなあ。晴彦は、でも着実に彼に近づいているように思う。容姿だけじゃなく、その魂まで。だからこそ、ユウカナリアは……。
指針となるべき男の背中を垣間見た晴彦は、幸福だよなあ。だが、その高みを認識しながら、進める彼もまた大きな男なのだろう。それだけ、己を鍛えたんだろうけど。
うん、なんか自分でも何言ってんだかわかんなくなってきた。まとまらないまま垂れ流してるからなあ。
ただ、この作品、恐ろしいほどおもなキャラクターたちを解体し尽くして深い深いところまで掘り下げて、余すところなく審らかにしちゃったからなあ。触れようがないんですよ。入力情報が完璧すぎるんで、こうして出力しようにも、どう書こうと自分と言うフィルターを通していることで変質してしまうから。
この衝撃は、どうやったって生で本読んでもらうしか、その数パーセントも伝えられる気がしない。
正直、ここまで入り込む余地ない作品だと、アニメ化とかしてもまず別モノになっちゃうよなあ。
前に黒田洋介氏が自分が手がけたいみたいなこと言ってたけど……これはやるとしても、ハードル高い挑戦になるぞぉ。

別作品の【賽ドリル】でも如実に感じたけど、この人己の創造物に確固とした哲学を保持してるんですよね。どっからだろう、最初は、最初のころの【機工魔術士】には、そんなもの感じなかったのに。凡庸なものしか感じなかったのに。
いつから、こんな恐ろしいものを書く漫画家に革新したんだろう。もう一度、自分の書いた感想を振り返ってみるんもいいかもしれない。

読み終わって呆けながら、あとがきっぽいものを眺めてたら……番外編がまだあるんですか!?
う、うおおおおおお!!!
ちょっと、正直エピローグがあっさり過ぎてて、落胆してたのが吹っ飛びましたがな!
よし、よしよしよし、まだ戦える。俺は戦えるぞ!
番外編まるまる一冊、いや何冊でも出して結構ですよ?


ちなみに、一番好きだったのは……がんばる男の子な晴彦……なんですが、それを除けばやっぱりあれっすよね、メル姉ですよね。
この人のあり様は、カリスマがありすぎるというか、ひきつけられ過ぎて中てられるというか。めちゃくちゃ酷い人なのに、厳しい人なのに、その言動にはちゃんと優しさがあるんですよね。酷いのに。
客観的にみると、一番世話好きでお節介なような。なんだかんだ言って助けてくれてるし、指針を示してくれるし、出しゃばらないし、バシンと言うべきことを言うのを躊躇しないし。
正しさの揺るがない人。その正しさはメルクーリオ個人の正しさで、世間的、多数的なそれとは違うはずなんだけど、でも彼女の正しさはキツくて無情で辛辣でも、とても正しいように思えるのです。だからこそ、みんなになんだかんだと頼りにされるんだよなあ。彼女も突き放すような態度とりながら、決して見捨てないんだから、ほんとに性質が悪い。最初の登場の仕方なんか、すっげー悪辣なポディションだったのにねえ。

あー、番外編むっちゃ楽しみ。いやっほぅい

機工魔術士 -enchanter- 165   

機工魔術士 -enchanter- 16 (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士 -enchanter- 16】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス



うわあっ、うわあっ、うわあああっ!!(七転八倒)
凄い。もう全身ビリビリ痺れるるるる。うひゃあ、もう最高!!
ここしばらく、この【機工魔術士】の感想、毎回絶叫してしまってますけど、叫ばずにはいれないんさぁ!!

本物と偽物の差はなんなのか。真贋の意味。受け手の問題?
カリオストロとハルヒコの戦いは、まさにお互いの価値観の衝突。哲学の闘争。
何が本物で何が偽物なのか。そもそも、本物と偽物を分ける意味とは? カリオストロの悪意に満ちた仕掛けに抗いながら、ハルヒコは徐々に自分なりの答えへと辿り着き始める。
がんばれ、がんばれ男の子!!
ただ、好きな人のために頑張ることが、大切な人を守ろうとすることが、どうしてこんなに哲学的闘争へと発展してるのか。
ただ助けるだけじゃ済まないのか。ただ守るというだけで現実は動かないのか。立証しなければならないのは、本物か偽物かの択一ではなく、何をもって本物であるか、本物であることの真の価値の意味の証明。
それが、フルカネルリが託した願いを守り、ユウカナリアの身を切るような想いの価値を守り、優香姉を好きな、彼女に認めてもらえるような正しい自分であるために。
がんばれ、がんばれ男の子!!(ガン泣き!

ダメだ。読んでる間中しびれっぱなし、震えっぱなし。予想通り、やっぱりこれ年間TOP3を間違いなく、小揺るぎもせず譲らねえや。
面白い、面白い、面白すぎるよぉぉ。もうおもしろすぎて泣きそう。人間絶望するともう笑うしかないっていうけど、人間嬉しすぎたり感激しすぎると泣くしかないようなあ、もう。

それにしても、メルクーリオはなんだかんだと手助けしてくれるんだよなあ。この女、口も性格も悪いけど、根っこの部分もかなりひどい人のはずだけど、ホクトに対する対応もそうだけど、やり方は乱暴なわりにちゃんと困ってると助けてくれるんですよね。
パラケルススがなんか急にブラックになってきた昨今、彼女の頼もしさは物凄い安心感があります。
あと、カコ姉の天才ぶりがぶっちぎりなんですけど(汗
フリーダムさもぶっちぎりだけどw ホクトも苦労するよなあ、こりゃw

機工魔術士 エンチャンター 15  

機工魔術士 -enchanter- 15 (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士 エンチャンター 15】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス



ちょっ、ええ、う、うわっ、なな、なんじゃこりゃ…(茫然)
す――ごッ!
いや、もうなんというか……凄いわ。ええーーーー、やっ、もうなんちゅうか、呆気。この漫画、凄いことになってる。巻を重ねるごとに、尋常でない凄い作品になってってます。いや、もうあほかっ!! リミッターでも外れたのか!? 画力も台詞回しも、とんでもない。なにより現在の展開の主軸テーマとその重厚な錬成。これ、どれだけ深く思索したの? 脳内を底浚いしてガリガリ削って、雑巾ねじ切るぐらいに絞り出さないと出来ないよ。うわべのさらっとした思考じゃ無理。自分が書こうとしているものを隅々まで理解しきってないと、完膚なきまでに理解して、なおかつ具体的に明文化できるぐらいにはっきりくっきり整理して整頓してまとめないと、こういう書き方はできない。絶対に無理。曖昧な部分、漠然としたところがあったら、こうは書けない。
でも、そこまで深化させたら頭痛いじゃ済まないですよ。吐くよ? もう死ぬんじゃないのか、作家氏?
くぁぁ、神がかってきましたよ。すごいすごい。うわっ、どうしよう。ここにきてマンガ本年度No.1きた? 鳥肌たちっぱなし。震えてきた。泣きそう。というか泣いた。泣くだろ! 泣け! 喚け! 
機工魔術士、ものすごい作品になったよ、ほんとに。いや、マジすごいです。すごいすごい。すごいしか出てこんわ!! もう、あほか!!
ああ、これ後で読み返したら自分の精神状態疑いそうww
そのくらい、今、めっさ興奮してます。
最高。マジ最高。ごめん。謝る。

機工魔術士-enchanter 14  

機工魔術士-enchanter 14 (14) (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士-enchanter 14】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス


いつからでしょうか。キャラの男女を問わず、身震いするほどの色気が表情に浮き出るようになったなあ、この作者。ちょいと作画の仕方変えたんだろうか。
今、八岐がもっともオススメする漫画の一つ、【機工魔術士】の最新刊。物語が決定的な岐路を迎えた前巻からの流れで、徐々に物語も人間関係も激流へと飲み込まれ、否応無く加速していく。
相変わらず感情の機微や、思惑、性格、関わり方、情報の有無で様々な形に揺らぐ人間関係の微妙なバランスを、原材料そのままに出すのではなく、見事に調理し、料理として仕上げるその手腕はますます磨き上げられているように見える。
なんか、ここまでやられてしまうと、逆にアニメ化とか難しいかもなあ。意外と派手な展開なくて地味だし、この作品を面白くしている要素である一番大事な部分って、これ解釈しきるのかなり難しそうだしなあ。インプットは出来ても、それをアウトプットするための自分なりの論理へ再構築するの、メチャメチャ難しそうだし。どう考えてもバランス際どすぎて、まったく別の代物になりはてるしかなさそうだ。わりと処理しやすそうな作品でも、平気でズタズタにするケースが珍しくない中、機工魔術士という作品を機工魔術士という作品のままアニメ化するのは不可能に近いように思う。小説ならもしや、とも思わないでもないけど。いや、これは絵と吹き出し、コマ割りという情報量でこそのバランスであるからこそ、の味わいなわけで。小説は小説でまた至難だわ。そういえば、ノベライズはもうされてたんだっけか?

今回はもうカリオストロさま一色。あのゾクゾクする危ない目つき。好奇心に狂った、これこそ本物のマッドサイエンティスト。自分の興味と好奇心を満たすためだけに、その他の倫理も人間性もなにもかも一顧だにしない、狂気に委ねられた知性。
やっぱり、ヤンデレでもなんでも、どっかネジがとんじゃった人ってのは、眼なわけですよ。眼がイッちゃってる。そして、そこに魅入られるわけです。眼に惹かれ、眼に魅了され、眼に呑まれる。眼に、魂を揺さぶられる。
その点、この巻のカリオストロの眼の逝きようの凄さと言ったら。もう、一発で惚れそう。
さりげなく、パラケルススの方も最近眼がいい感じにヤバくなってるんですよね。晴彦の最大の味方で師匠のような人であった彼が、実のところ裏でナニカを画策しているんではないか、というかなり信用できない人物であるんじゃないかという可能性は、近巻になって示唆されてきたところではありますが、
あの眼みりゃ、分かるって。怖すぎるって、その眼は、ホネ先生!!

前巻のラストがこの作品の岐路だとすれば、この巻のラストはまさにその変転が表面化する終わりの始まり。

……って、ここで切るのかーー!!

機工魔術士 enchanter 13   

機工魔術士-enchanter 13 (13)
【機工魔術士-enchanter 13】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス
Amazon bk1

うわぁ……、と思わず溜息が零れ落ちるほど、これは素晴らしい。こんなマンガになるとはなあ。はじまった当初は思いもしなかった。最初は明らかにお色気路線だったもんな。でも、今となっては……。
私の中では、この漫画、今最大級にオススメの作品である。
一見、魔法バトルものに見えるけれど、いや実際はじめの方ではそういう路線に行くのかと思うような展開もあったのだけれど。今は違うねえ、これ。今巻に限らずここしばらく、バトルらしいバトルなんて殆どないし。
帯びには『成長型ファンタジーの決定版』なんて煽り文句があるけれど、まさにこれ、大人へと脱皮する少年を描いた成長物語の決定版だわ。
この年頃の少年の繊細な心情を描ききる内面描写の巧みさは、瞠目に値すると思います。なんて書けばいいんだろう、単純な単語の羅列では説明しきれない複雑な心境、思いの発露、克己心、いやまったく、こうなると一番情けない感想の書き方になってしまうのだけれど、とにかく読んでくれ、としか言えないのが悔しいやら。
繰り返しになるけれど、おそらく7巻くらいからか。この作者の上達度は目覚しいばかりに成長している。表現力、これは画力・構成力だけでなく、登場人物の心情の表現や人間関係、それらが絡まりあい表面へと浮き上がってくるストーリーテーリングも含めてのことだけど、それが一巻一巻、出るごとに爆発的に上手くなってる。というか、凄いわ、これ。
眩しいくらいに、すごい。
今や、これは真っ当なくらい真っ当な青春モノ。
ああくそ、だめだ、伝えたいことの百分の一も書けてない気がする。最適な言葉がどうしても出てこない。このマンガの面白さが、どうしても書けない。悔しいなあ。
とにかく、この漫画は今、一番のオススメ。序盤はまあ、置いておいて、是非中盤からのこのマンガの変貌振りは是非是非見て欲しい。読んで欲しい。
 
9月21日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月19日

Amazon Kindle B☆W

9月18日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月17日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


少年サンデーコミックス
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月16日

(ボニータ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


9月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ハルタコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(LINEコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

9月12日

Amazon Kindle B☆W

9月11日

(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W

9月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャルダンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス/フォワードシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(双葉文庫)
Amazon Kindle

9月8日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヴァルキリーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月7日

(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムコミックス)
Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

9月6日

(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W

9月5日

Kindle B☆W

9月3日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W

9月1日

(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W

8月31日

(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

8月30日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W

8月28日

Amazon Kindle B☆W

8月27日

(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索