徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

流血女神伝

真夏の余暇には、過去の名作を読んでみよう 2.流血女神伝/ROOM No.1301/古墳バスター夏実  

夏の余暇に読書にかまけてみるのもよいのではないだろうか。それも最近じゃなくて、一昔前の作品で。
ここは一つ、過去の名作を紹介してみようじゃないか、という企画の第二弾。
なんとか予告通りに日曜日に記事を仕上げられた。よかったよかった。
というわけで、今回紹介するのはこの3シリーズ


流血女神伝
 帝国の娘(上・下)/砂の覇王1〜9/女神の花嫁1〜3/暗き神の鎖1〜3/喪の女王1〜8/外伝1・2>
 須賀しのぶ/船戸明里 集英社コバルト文庫
 (1999/2007)


                          

未だにこの作品のことを思い出すと圧倒される。一大スペクタクル大河ドラマ。空前絶後の歴史小説にしてファンタジーロマン。

超弩級の大傑作である。
偉大なる名作である。

このシリーズをして、ライトノベル・レーベルから刊行された作品の中でナンバーワンに挙げる人も少なからずいるのではないだろうか。自分も、どれが一番と言われると決めきれなくても、候補の最右翼として挙げる一作である事は間違いない。自分にとってのバイブルであると同時に、墓の下まで持って行きたい物語。
コバルト文庫という少女系レーベルから手を伸ばすことに躊躇を覚える、或いは全く知らない、という人もいるかも知れませんが、そう、これを読んでいないのは人生における損失とまで言い切っても構いません。
多分、これほどのスケールと奥行きを持った大河小説は、今後ライトノベルからは二度と出ることはないんじゃないかと思うくらいの大作。少なくとも、少年系レーベルからは決して出し得ない内容です。たとえ軒下がとてつもなく広い電撃文庫ですら、はたしてこれほどの「人生」を描くことを許容できるかどうか。
文字通りの「波乱万丈の人生」を歩んだカリエ。それは一人の少女の物語であり、女の物語であり、母親の物語。歴史の無慈悲に抗う人の物語であり、人と神の物語でもあり、運命というものに対する闘争と敗北の群像劇であり、峻厳なほど人間の光と闇を描き抜いた、人間ドラマの極みである。
一度足を踏み入れれば濁流のような勢いに、外伝含めた全27冊を読みきり、茫然自失となることうけ合いです。これこそ、長い休みに一気読みするに相応しいシリーズでしょう。

須賀しのぶ作品感想一覧



<ROOM No.1301 1〜11/短篇集1〜4>
 新井輝/さっち 富士見ミステリー文庫
 (2003/2009)





今は亡きレーベル「富士見ミステリー文庫」において、恋愛こそがミステリーとばかりに謎解きではなく恋愛という行為と思想そのものに備わる謎の探求に勤しんだ怪作がこれ、【ROOM No.1301】である。
ちなみにラブコメではない。さらには思春期の浮ついた青春恋愛模様というには、あまりにも重く清淡とした内容である。しかし、真っ当と言うには明らかに破綻し壊れた人間たちの織りなす人間模様は、まさに異端の恋愛小説と言っていいのではないでしょうか。
次々と複数のヒロインたちとセックスで繋がっていく主人公。彼は倫理観こそ常人からズレたものを抱えていますが、決して女性関係に無節操だったり、ただ流されているだけの主体性のない男性だったり、セックスを遊びと割り切っているわけではありません。彼は結局一度として遊びで女性を抱いた事はありませんでしたし、女性にとって必要だと彼が感じたセックス以外は、たとえ求められても受け入れなかった事が(錦織さんのケースは別として)よく読み込むと理解できるはずです。彼はただ一人の例外を抜きにして、ついに誰も自ら求める事はありませんでした。
恋愛を解することができず、恋愛に上手く向き合う事が出来ず常に悩み続けた彼の彷徨の旅は成長譚ではありません。彼は終始一貫して何一つ変わらないまま自問自答を続けます。
そんな彼の在り方に何を見出すかは、人それぞれでしょう。でも、たとえどんな形であれ、人と人が繋がることは素晴らしいことなのだという自明のことに辿りつけるお話なのだと信じています。
度肝を抜かれた後日談の大どんでん返しには、本当にひっくり返らされましたけれどね。あの展開こそ、この物語の真理であり、健一がついに見いだせなかった恋愛というものへの答えですよ、きっと。

新井輝作品感想一覧


<古墳バスター夏実 1〜3>
 七尾あきら/そえたかずひろ 角川スニーカー文庫
 (1997/1999)





これはもう完全に趣味。七尾さん、メッチャ好きなんですよね。ゾッコンのファンともいうべき作家さん。そこまで自分が魅了させられた発端ともいうべき作品がこれ、【古墳バスター夏実】だったのです。
魔法が科学よりも発展した現代にて、次元魔法の使い手にして、次元古墳の発掘をバイトにしている元気溌剌な女子高生三輪夏美を主人公とした、痛快SFファンタジー。
最初はご町内から、世界規模、さらには宇宙を通り越して多次元宇宙にまで広がっていくSF紛いの壮大過ぎる世界観。そのトントン拍子に跳ね上がっていくスケールと裏腹に、常にお茶の間的な雰囲気を失わない地に足がついた物語は、今思い返しても自分の趣向にしっくりと馴染みます。
後に【幻妖草子 西遊記】や【風姫】を経て、【シャギードッグ】という一つの作風のブレイクスルーへと至る七尾あきらさんですが、彼の人の原点は此処にあり、同時にこの人の織りなす世界の素となるものすべてのがこの作品に詰まってると言えるでしょう。
特に第三巻の大風呂敷広げまくった、次元宇宙をまたにかけた平行世界の自分との戦いはスケール感、疾走感に劇的なクライマックスも相まって、盛り上がったんだよなあ。懐かしい。
誰しもが認める傑作、とは言えないのですが、個人的に大切な思い出の物語としていつまでも大切にとっておきたい作品なのでした。
氷見香嬢、激ラブっ!

七尾あきら作品感想一覧


今回はこれにて。
この調子であと一回、二回は続けられるか。予定通りなら、また来週日曜日に。

流血女神伝 喪の女王 8  

流血女神伝喪の女王 8 (8) (コバルト文庫 す 5-63)

【流血女神伝 喪の女王 8】 須賀しのぶ/船戸明里 コバルト文庫


………………。

………………。

「完」の文字を目の当たりにして、図らずも涙があふれてきました。
今まで、感動やら悲しみで泣いたことは何度もあったけど、感無量という感慨で涙が込み上げてきたのは初めてだったなあ。

第一巻がこの世にい出て約8年。全27巻。カリエという少女の波乱万丈の人生を中心に描かれた人と神の物語は、これにて完結を見ました。
本当に、本当に感慨深い。
感無量という言葉以外思い浮かばない。

……はあ。

なんか、しばらくため息しかでてきませんわ。
『おまえの人生は波瀾万丈すぎて面倒だ』ってね(笑)
感想書こうにも、こう胸が一杯で何を書いたらいいのかわからないくらいの満足感。
時代の激流の中、みんなみんな精一杯必死に生きたその生き様に、ちょっと酩酊しています。
なんか、何書いてもネタバレになってしまいそうで、というよりも書くことで手のひらからこぼれて行ってしまいそうで、全然感想になってないんだけど、このままギュッと胸に抱きしめてしまいたいと思います。


ドミトリアス、グラーシカ、バルアン、レイザン、イーダル、ミュカレウス、ロイ、ギアス、トルハーン、ソード、オレンディア、サラ、サルベーン、グラーシカ、ネフィシカ、リネ、アルガ、フィンル、タウラ。
そして、エディアルドにカリエ。

最終巻だけでも、主要人物だけでもこれだけ、これまで続いてきた27巻を振り返れば、いったいどれほどの人々がこの作品の中を駆け抜け、死んでいき、生き抜いていったのか。
神々は地より去り、これよりはただ人だけが世界を紡ぐ時代が訪れる。

さようなら、女神。
さようなら、残酷で心優しい母よ。


最後まで、カリエはカリエでしたね。それが、無性に嬉しかった。エディアルドとの結末は驚きと同時に、すんなりと胸に収まりました。
洗濯物は取り込んだらたためって、あんたたちったら、ねえ(笑


ああもう、素晴らしかった。素晴らしくて、素敵で、悲しくて、楽しくて、辛くて、苦しくて、爽快で、気が遠くなるような、人間の抱くあらゆる感情を凝縮して一気飲みするような凄い、凄い作品でした。
一人の少女の物語であり、母親の物語であり、神々の物語であり、大河ファンタジーであり、歴史小説であり、群像劇であり、
私のかけがえのないバイブルの一つでありました。
墓の下まで持っていきたいと思っているいくつかの本の中の、これは確かな一つです。

まだ読んでない人、27巻という大長編ですけど、絶対に絶対に後悔はさせません。
一度手にとってさえいただければ、そこからはもうカリエという少女が貴方の首に縄つけて無理やりにでも引っ張り込んでくれます。そうなれば、あとは夢中になってこの流血女神伝という奔流の中をアップアップと溺れながら最後まで泳がざるを得ないでしょう。
ご愁傷様です。

最後に、作者の須賀しのぶさんに、この物語を最後まで読ませていただけたことに、ただひたすら感謝を。
それから、子供世代の話に期待を膨らませつつ、もうしばしこの胸いっぱいの感慨にひたらせていただきたいと思います。

流血女神伝 喪の女王 7  

流血女神伝喪の女王 7 (7) (コバルト文庫 す 5-62)

【流血女神伝 喪の女王 7】 須賀しのぶ/船戸明里 コバルト文庫


これは殆ど確信に近い予想なんだけど、流血女神伝――すなわちカリエの物語は次で最終巻かもしれないけど、この世界の物語は引き続き新シリーズとなってはじまるはずですよね?
なにしろ、ルトヴィア、ユリ・スカナ、エティカヤの三国を巡る混乱は拡大こそすれ、収縮する様子は一片たりとて見られないのですから。
いやそれよりなにより、今巻は特に何ですけど次世代を見越したかのように、たくさんの子供たちが顔をのぞかせているんですよ。ネフィシカとサルベーンの子であるフィンルに、バルアンの姫、スゥランやナイヤの娘ジィルヤ。カリエがエティカヤに残してきた息子アフレイム。女神の力を色濃く宿しているセーディラにビアンの子、次期ゼカロ公爵のユーディアヌス。ドミトリアスとグラーシカとの間に生まれたイエラとエアリシア。
まだ幼い彼らの間にも既に様々な出会いと因縁、想いや感情が交わされ育まれはじめている。着々と、次のシリーズの主人公たちが眼を覚まし始めているように見えます。
でも、これは大穴狙いの予想なんですけど、もし次のシリーズがあるとしてその主人公は誰になるのかと考えたら、それってカリエの子供であるアフレイムやセーディラじゃなくて、今回初登場したザカール人の少女、リネなんじゃないかと。
だってこの子、カリエそっくりじゃない(笑
能天気で聡明で人懐っこくて感情豊かで行動力があってなにより明るくて優しくて、そしてお金大好きという将来絶対それで躓きそうな欠点を持ってるところとかw
それ以上に、この娘なんか図太そうだしめげなさそうだし根性ありそうだし、何よりやたらとどんな環境でもいつの間にか馴染んでしまいそうなしぶとそうなところとか、もろにカリエの後継者っぽいんですけど(笑
むしろ、国家同士の争乱や神々の思惑の中心に立つことになるだろう王侯の子供たちやセーディラたちよりも、そんなかれらとは近しくも少し外れたところにいるリネの方が、もしかしたら主人公として適格なんじゃないかなあ、と思った次第。まあ、この娘のこと、一発で気に入ってしまった、というのも大きいわけですけど。

とはいえ、次世代に行く前に現状、国としての屋台骨が朽ち、滅びようとしているルトヴィアや、ネフィリカ新女王即位から徐々に不穏な気配が見え始めているユリ・スカナ、孤高の覇道を突き進むバルアンの下、刃を研ぎ澄ませるエティカヤと、国際動向は沈静化するどころかもはや激発寸前で、カリエの物語は次で終わるのかもしれないけど、こっちは果たしてどう区切りをつけるのかと、まったく先の見えない状況で。
皇帝ドミトリアスが暗殺者によって重体にされた時にはとうとう完全に終わったか、と思われたルトヴィアなんだけど、ここに来て、ドーンがザカリアの使徒となり復活後ある意味開き直り、ユリ・スカナから帰還したグラーシカが皇后としても一人の女性としても見事に一皮剥けて、なにやら一縷の望みが出来てきた気がするんですよね(とはいえ、例の修道院で萌芽しつつある悪夢は、そんな希望すべてを粉々にしてしまいそうですけど)
ネフィリカも、カリエの尽力のお陰でどこか彼女本来の性格を取り戻しつつあるし(と言っても、イーダルという今回もうどうしようもないほど壊れた内面を露わにした最悪の要素と、ネフィリカの心の支えとなりつつあったカリエがいなくなることで、女王の心がどう変化するかわからんし)
いやはや、いったいどうなるんだろ。

しかし、グラーシカは本当に一皮剥けましたねえ。これまではとても勇ましく格好良い女性ではあったんですけど、女性としての魅力にはいささか難があったのですが……


「どうだ。そろそろ私に惚れたか?」
「何を言ってるんだ、君は」
「まだか。おかしいな。やはり、もう少し強引に迫ったほうがよいのか?」

「よいか、私に惚れたらすぐに言うがよい。そのときはすぐにそなたの寝室に行くのでな」


いやはや。あのグラーシカが。あのグラーシカがこんな台詞を吐く日が来るとは。
萌えちゃったじゃないか!!
グラーシカにこんな形で『きゅん』とさせられる日がくるとは思わなかった。なんて嬉しい誤算www


そしてもう一つ嬉しくて、そこはかとなく胸が締め付けられたのが、オレンディアとランゾット・ギアスの二十年ぶりの逢瀬。
まさか、ここでこの二人の再会を読まされるとは。
なんだよ、ギアス提督。あんた、やっぱり彼女のこと好きだったんじゃないか。
愛の形は色々あるんだろうけど、この二人の愛情はなんだろうね。これが、海の男と女の一つの果ての形、ってやつなのかねえ。
お互い、それで満足してるみたいだから野暮はいわないけど。

でも、だからこそあのオレンディアに知らされる悲劇の始まりは、ひどいよなあ。どう考えても、オレンディアだって無事に済まなさそうだし。
もしかしたら、おそらく命長くない提督よりも彼女の方が先に、なんて暗い予想もしてしまうわけで。
それでも、彼女にとっては悔いのない精一杯生きた人生になるんだろうか。

より多くの人の幸せを願いつつ、でも難しいんだろうなあ、と複雑な溜息をつきながら、最終巻を待ちます。あとがきによると十一月?


ちょっと嬉しかったことその2.
おそらくカリエの人生において、一番の親友であるだろうナイアが、久々に登場してやっぱり昔どおりのナイアでいてくれたことが、なんだか無性に救われた気分に。ちゃんと、カリエのことも分かってくれてて……よかったなあ、カリエ。

流血女神伝 喪の女王 5  

流血女神伝喪の女王 5 (5)
【流血女神伝 喪の女王 5】 須賀しのぶ/船戸明里 コバルト文庫
 Amazon bk1

 この娘はまったくもう(苦笑
 いや、もう子供を二人も儲けている以上、娘なんて呼ぶのは相応しくないんだろうけど、この娘は本当にいい意味で変わらない。
 カリエを直接知らないネフィシカやその旦那。カリエが一番打ちのめされて弱っていた時期に一番密接に関わったイーダルなんかは、カリエを完全に誤解してるよなあ。特にネフィシカ新女王なんか、完璧に誤解してる。
 ネフィシカは、カリエを次々に襲い掛かってくる運命に嵐に翻弄され、為す術もなく周りの人間に利用され、流されてきた哀れでか弱い女性と思っているようだけど。
 こいつは、その運命の大嵐に流されるどころか、クロールやバタフライとかで泳ぎきってきた女だぞ(笑
 確かに結果的に流されたとしても、彼女は決して流されるままにはなろうとしなかった。
 カリエの凄味は、どんなに悲惨な目にあっても絶望しても、さっさと泣いて落ち込んで当り散らして、とっとと立ち直ってしまうところだろう。とにかくめげない挫けない。人並みに落ち込んだり悪い想像に囚われたりと、決して物事に動じないメンタリティの持ち主ではないだけに、その立ち直りの速さは際立って見える。
 今回だって、ネフィリカに身柄を確保され、娘とエドに魔手が伸びようとしている状況に冒頭は絶望し打ちひしがれていたにも関わらず、いざ肝を据えて負けるかこんにゃろー、と開き直った途端、囚われの身にも関わらず自分の出来る範囲からやれることをやろうとし、状況を組み立てていっている。
 とかく、この若い身空で並みの人間が七度生まれ変わっても経験できないような怒涛の変転を乗り越えてきたカリエである。このホオジロザメのような女を自分の同類だと舐めてると、ノド笛食いちぎられますぜ、ネフィリカ女王。

 一方、サルベーンは……自分の業に取り込まれてるよなあ。彼の迷走に関しては、エドの指摘があまりにツボをついていて、なんとも苦笑してしまった。面白い事に、この期に及んでもサルベーンと最も人間的に相性が良かったのはエドだったということなのだろう。
 エドと対面した途端、あの一番内面的にスッキリしていた頃のサルベーンに戻ってたし。ごちゃごちゃ考えすぎる面を、エドに単純明快一刀両断に切って捨ててもらうことが、複雑に考えすぎて泥沼に嵌まってしまうサルベーンにとっては一番良かったのかもしれないねえ。
 ラストの展開は衝撃的ではあったものの、あのままで終わらないと思うのでまだ気持ちとしては保留扱い。
 ドーン兄も遂に偉い事になってしまったし。
 流血女神伝も、クライマックスに至ったんだけど、これからどうなるのかがまるで想像できんのが、ハラハラドキドキである。
 
1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索