涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版4   

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)

【涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版】 谷川流/いとうのいぢ 角川スニーカー文庫

Amazon

長門が寝込んでいるだと? 原因は宇宙人別バージョンの女らしいが、どうやらSOS団もどきのあの連中は俺に敵認定されたいらしい。やれやれ、勘違いされているようだが、俺もいい加減頭に来ているんだぜ?
ハルヒによるSOS団入団試験を突破する一年生がいたとは驚きだが、雑用係を押しつける相手ができたのは喜ばしいことこの上ないね。なのに、あの出会い以来、佐々木が現れないことが妙にひっかるのはなぜなんだ?
涼宮ハルヒシリーズ、四年ぶりの新刊である。一時期は本気でもう続きなど出ないものだと諦めていただけに、極初期からのファンとして嬉しい限りだ。ただ、ブランクも長かったですしね、既刊もクオリティの高低が激しいシリーズだっただけにあまり期待値はあげないようにしていたんですよ。アニメがまたやたらめったらハードルあげまくってくれましたしねえ。それに釣られて変に美化しすぎてしまうと、楽しめるものも楽しめないぞ、と戒めながらページを開いたのでありました。
案の定というか、冒頭らへんは手探りというか試行錯誤の経過が見え隠れしているようで、筆が滑らず一つ一つ手作業で積み上げているみたいな感じで、読むリズムに乗りきれなかったのですが、むしろキョンの勿体ぶった独り語りが物語に馴染むのに手助けしてくれたように、段々とスイスイと読めるようになってきて、あとはラストまで一気でした。いやあ、面白かった。なに期待値下げてくれてんだよ、と蹴飛ばされたみたいに面白かったです。とは言え、期待値アゲアゲにしてたら期待ほどではなかった、と言ってしまったかもしれないけれど。こういうのは、やっぱり受け入れ態勢はフラットでいるのが一番ですね。なかなか難しい話かもしれませんが、楽しみをむやみに損ねる勿体なさは回避できるように思います。
相変わらず、この作者は張り巡らせていた仕掛けが一気に収斂していくクライマックスの盛り上げ方、疾走感が半端ないですわ。学校シリーズと違って、このハルヒシリーズではなかなかそうした大仕掛を見せてくれなくて、四年間の空白を抜きにしてもやきもきとさせられていたものですが、消失以来の大仕掛けには十分楽しませていただきました。

しかし、久々に読むと意外に思うことも多かった。ハルヒシリーズって、というか谷川流という作家さん自体がキャラクターに対して物語を担う役者ではなく、作品を動かすための駒としての役割しか求めていない、というイメージがあったんですよね。過去の感想でも触れているのですが、キャラの魅力や萌えで勝負するのではなく、物語の構造そのもので挑んでくるタイプというか。ハルヒたちに対しても、類型を逸脱しないパターン化された造形なのだと。
それが、久々に読んでみると何やら個々のキャラクターの描き方に随分と感覚的なものが増えてる気がしたんですよね。特に顕著だったのが古泉とハルヒ。今回、えらくキョンがやる気になって燃えてましたけれど、その陰で古泉も何やららしくないくらい意気込みや熱気といったものを帯びてたんですよね。あれ、古泉ってこんなに情緒を表にはみ出させる事を許容するキャラだったっけ、と戸惑うくらいに。
それからハルヒである。消失前後からだいぶ丸くなり聞き分けのよくなってきていたハルヒだけれど、正直ここまで女性的な柔らかさを感じさせる反応を見せるキャラだっただろうか。彼女の微妙な反応や意味深な言動って、これまでもっと頭で考え明瞭な形で組み上げた理解した上で、ああこの反応はこう言うことなんだろうなー、と把握するみたいな形だったのが、この驚愕のハルヒの言動って何か感じたものを言語化する前にフッと染みこんで腑に落ちる、みたいなところが多々見受けられたんですよね。
このへんは、もしかしたらアニメの影響って大きいのかもしれない。あのアニメのお陰でハルヒたち登場人物は良きにつけ悪しきにつけ、記号的では居られなくなったもんなあ。実際、文章読んでてこれだけ明瞭アリアリと映像や音声が脳裏に浮かぶとは思わなかったですし。
そもそも、佐々木とキョンの関係の描き方からして、その過程から結末にいたるまで恐ろしく叙情的というところが目新しい。佐々木の役割ってもっとシステマティックになるとばかり思ってただけに、これだけキョンの青春を土台から揺らす相手になるのは驚きでしたよ。佐々木との再会と彼女からのアプローチは過ぎ去った時間と現在を同期させ、しかしその最後の会話における二人の共有できる時間と空間は過去だけのもので、現在においては重ならない選択が下されたという事実は、キョンに今という時間におけるモラトリアムを強烈に意識させたようですし。モラトリアムを意識する、というのは同時に未来を意識する、ということですしね。
キョンが自分とハルヒたちの未来を遊び半分の空想ではなく、いずれ必ず来る現実として意識する日が来るとはなあ。
さて、こうして再開なったハルヒシリーズですけれど、果たしてここからさらに続く事は出来るんだろうか。これで打ち止め、というのは回避して欲しいなあ。コンスタントに出せとは思わないけど。

谷川流作品感想

ついに涼宮ハルヒの新作、予約開始。  

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)谷川 流

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-05-25
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついに予約来たかーー。何やら初回限定版ということで色々と特典付くみたいだし、素直に楽しみです。
しかし、休んでいる間にアニメのお陰でやたらめったらハードル上がりまくってるだろうから、大変だわなあ、これ。出来栄えによってはえらいことになりそうだぞ。


魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)原作:Magica Quartet 作画:ハノカゲ

芳文社 2011-02-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついでにこれも。あの魔法少女まどか☆マギカの漫画版、来月発売なのである。ぶっちゃけ、アニメがあんな惨状になってしまった以上、漫画はほのぼの路線でしたっ、という訳がなく、いったいどうなってしまっているのやら。恐ろしいやら楽しみやら。

涼宮ハルヒの消失  

物凄い今更なんですが、ようやく見たんでご報告。いやいや、随分と長い間積んでしまった。でも、殆ど三時間近くあるんですぜ、気軽にじゃあミルカ、とは行かないのですよ。年末年始はなんだかんだと忙しかったですしね。
ちょうど、読む本もなかったし、ということで時間ができたので今しかない、と再生した次第。

涼宮ハルヒシリーズの中でも屈指の傑作と呼ばれる【涼宮ハルヒの消失】。さすがにそれを、テレビでの放映を回避した上で劇場版として持ってくるだけあって、京アニの本気を見た。
圧巻である。

個人的には、何か見覚えがあるというか親近感の湧く身近な風景に意識を奪われっぱなしでしたけどね。そういえば、舞台となった場所のモデル、わりと近所でしたっけ。テレビ版じゃあ特に何も感じなかったんだけどなあ。劇場版では写真でもとって背景起こしたんだろうか。街の雰囲気がまんま阪急沿線沿いの風情である。
キャラクターの描写の方も、もはや偏執的なのではないかと思いたくなるほど書きこまれている。主要キャラクターのみならず、その辺を歩いていたり、教室でダベっているだけのモブキャラの描き込まれかたといったら。ただ廊下を歩くシーンで、思わず立ち話している女子高生の生足に見惚れてしまったのは一度や二度ではないw
信号待ちの時、先輩にクリスマスの予定を聞いていた女の子、あの二人の間にはいったいどんなエピソードがあるのか、などついつい想像を巡らせてしまうくらい、そこに人が沢山居る、という人の匂いと気配のする作品だった。

それはそれとして何にせよ、長門である。もろもろ長門尽くしである。長門有希、人間バージョンである。凄いなあ、表情の作り方や視線の動かし方、細かい仕草の数々が、ビリビリと長門という少女の存在感を際立たせていく。そう、少女だ。内気で人見知りで臆病な文学少女。それはきっと、長門が望んでしまった自分の姿。あの長門有希が夢見てしまった自分のあり方、それがあの長門有希なのだ。そう思うと、彼女のすべてが愛おしく物悲しい。改変された世界でも残されたキョンとの接点。図書館の記憶は、彼女にとってそれほど大事な事だったのだ。
あの感情がはっきりと伺える長門を見てしまうと、あの全部戻ったあとの病院の屋上での元の長門が別人に……いや、見えない、別人には見えない。あれもまた、感情を持った長門だ。無表情で感情など一片も伺えないような素振りをしているけれど、彼女の動かない瞳は、僅かな動作は、恐ろしく雄弁に彼女の中に生じたバグの大きさを物語っている。
自分は長門というキャラにはそれほど食指を動かされてはいなかったのだけれど、文学少女長門の服の裾をキュッと握る仕草と、病院の上での彼女の静かな瞳には胸を鷲掴みにされたのであった。
長門カワイイヨ長門。

この消失の見所である、大胆なSF構成もまたダイナミックに押し寄せてくる。笹の葉ラプソディを見ていないといささか理解しがたいところがあるが、あの過去への来訪が、すなわちこの世界を作るに至った発端であり、キョンとハルヒの知られざる絆の象徴であるあの七夕の日が、ここでも行き詰まった状況をひっくり返すための鍵になるあたりは、いま見ても興奮させられた。
そう、何もかもがあの日から始まり、そして再び始まっているのだ。
あの日を二度目の分岐点にした長門の意図は、もしかしたらそれは彼女にとってハルヒへの挑戦だったのかもしれない。

それにしても、ハルヒが居なくなってしまった事を知ったときのキョンの錯乱っぷりには驚かされた。彼にとって、ハルヒが居なくなるということがどれほどの事態だったのか、というのはアレを見せられたら否応なく理解させられる。表面上で彼が口にしていた台詞がどれほど気のないものだったかも。彼の自身も知らなかった、あるいは目を逸らしていた本心も。
此処の描写は小説ではそこまで切羽詰っていなかったと思うので、劇場版はまさに迫真の演出出会ったと言える。特に、足に関する描写は。膝から崩れ落ちそうになる場面。震えて立ち上がれない場面。そして、再会したときに足が震えて踏み出せない場面。キョンの動揺を表情だけではなく、ああやって足に来ることで表現したのは、注目すべき点だろう。
あれこそ、迫真だ。

そして、本命ハルヒである。キョンの趣味は最高ですね。やっぱり、ロングヘアーハルヒはポニーですよ。思わずキョンと同期してウンウンと頷いてしまった。
戦う相手が居ない格闘家、とキョンが評した面白いことに餓え、退屈に苛立ち、研ぎ澄まされたハルヒの壮絶なこと壮絶なこと。あの天真爛漫な笑顔もいいけれど、憂鬱なハルヒは凄味のある美人だと改めて思い知らされた。それが、笑顔になるとガラっと雰囲気が変わってしまう。いやはや。

そういえば、キョンの携帯の名簿のさ行の一番上に、ちゃんと「佐々木」の名前がありましたね。朝倉が国木田から聞いたという、キョンの女の趣味は「変な女」の元凶であるあの旧友の名前が。
はたして、彼女の姿をアニメとして見ることが出来る日が来るのか。こればっかりは新作次第なんだろうけどね。

二時間四十分強、長いとは欠片も思わせてくれない、卓抜した傑作でした。そりゃ、大当たりするわなあ、この出来じゃあ。

涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]
涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]
角川映画 2010-12-18
売り上げランキング : 141


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト4 もしくは15513  

あ、あははは。やった。やりやがった。
ここまでくると、感心するより他ない。普通、三回やったらそこで「ふん、まあこのくらいにしておいてやるか」てな具合にひよるだろうに。さらにそこから突き進むのか。なんという無謀。なんという無茶。誰も褒めてくれないだろうに。なにがそこまでスタッフを駆り立てたというのか。
だいたい、一切使いまわしがないんだから、労力としては新作作ってるのと変わらないだろうに。
面白いことにひたすら陰鬱だった前回と比べて、今回ちょっと雰囲気変わってる気がするんですよね。色々と趣向を凝らしている、というんだろうか。
さて、ここまでくるとどこまで行くのかが、どうしても気になってしまうよなあ。マジで1クール全部エンドレスエイトだったら神だけど。

時系列順に進んでいた涼宮ハルヒの憂鬱。実際の通り、とこの場合は言うべきか、夏休み最後半にてループ状態に陥り前に進めなくなってしまったわけだけど、この後はほんとどうするんでしょうねえ。
まさか次のクールもそのまま続いて、今度こそ消失、なんてことはないのかしら。

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]
涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]平野綾 杉田智和 後藤邑子

角川エンタテインメント 2009-08-28
売り上げランキング : 5

おすすめ平均 star
star前代未聞の新旧混在放送
starあらためて
starBOXなんて待てません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト3 もしくは15499  

いやいやいやいや(苦笑

多少、キョンの既視感が強まってたり、遊興の順番が違っていたり新たな遊び方をしていたり、私服や水着が変わっていたりするものの、おおむね同じ繰り返し。
古泉くんがやたら同じセリフ繰り返してたのは不気味でしたが、とりあえずは同じ展開。
……いやいや、続くのかよ!!

さすがにこれ以上は見てる方も飽きがくるぞ。いくらなんでも冒険しすぎというか、やったるぜー感には頭が下がる思いだが。
1クール続けるなら、それはそれで上等だ! と思うけど?

涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト2 もしくは15498  

おい……おいおいおいおいおい!!??
ちょっと待て。なんかバッドエンドで終わったぞ? 終わっちゃいましたよ? クリアできなかったよ!?
あまりにも予想外の結末に、唖然。ほんとに呆気。なにやってんだ、キョン。
いや、マジで驚いた。これ本気でどうするんだ? もしかして来週もエンドレスエイトなのか? これからずっとエンドレスエイトなのか? それはそれで画期的だな!
いやいや。笑ってる場合じゃなくって、ほんとにどうするんだろ。ラストまでだいたい原作通りのシナリオで進んでいただけに、完全に油断していた。そういえば、ループ回数は聞いていたけど、ループにキョンたちが気づいた回数については言及していなかったんだよな。過去のキョンたちがループに気づいたかどうかについても。それは何か関係があるのだろうか。
とりあえず、前回との誤差は前回の録画を消してしまっていただけに、あまり確認できず。とりあえず、ハルヒの水着が変わっていたのはわかったけど、浴衣はいっしょだったか? 私服も変わってたような気もするけど。

とにかく思いっきり変わってたのが、長門の様子だわなあ。前回の長門の様子は、やっぱりあれで十分楽しそうだったと判断してよさそう。なにしろ、今回のは本気でつまらなそうだったしなあ。つまらないとか退屈そうを通り越して、半ば鬱状態なんじゃないかと心配になるくらいに、テンション低い低い。

みくるちゃんはやっぱり泣いてるのが一番可愛いなあ。この子はほんと、泣かせてナンボ。禁則事項の連呼は笑ったw
そして、妙に色っぽい男ども。なんだ、あのキョンの冒頭半裸は。腰がエロいのなんのって。参るね。
暑いのに、ずっと古泉は近いし。距離近いし。
さて、天体観測時の抱きつく云々の会話の際、なぜか自分がやろうか、と小泉が提案した際、キョンの表情が映らなかったわけだが、古泉の反応見てる限りでは、けっこうな形相だったんだろうかw

いや、しかしこれホントにどうするんだ? どう始末つけるんだ?
まったく、予想の上をいくね、この作品は。

Super Driver
Super Driver平野綾

ランティス 2009-07-22
売り上げランキング : 75

おすすめ平均 star
starハルヒっぽく。
star新OPということを抜きにして
star涼宮ハルヒ新OP

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト  

予想通り、或いは予定通りと言ったほうがいいか。今夜の放送で新作パート【エンドレスエイト】が放映。
そんでもって、ついに新OPも公開っと。なんか、ハルヒの傑作MADにもこういう雰囲気のあったなー、などと思いつつ。

エンドレスエイト、またぞろ一話で仕上げてくるかな、と思ったら、前後編仕様で来たか。これ、筋立て知らなかったら本気で夏休み遊びまくる話にしか見えないぞ(苦笑
それにしても、無邪気に遊びまわるハルヒさんである。わりと発想が高校生というよりも健全な小学生っぽいのが、微妙に微笑ましい。原作を読んだ時には、一度か二度は男女の機微における間違いもあったのではないかと邪推もしたが(そこまで劇的な関係の変転が起こるようなら、エンドレスエイトの状態にも何らかの劇的な影響もあったはずなので、まずあり得ないわけだが)、このアニメでの無邪気な遊びっぷりを見せられると、邪な想像の入り込む余地がないのが良くわかった。でも、夏はもっと火遊びしようぜ(w

この話の特徴上、とにかく注意して長門の様子を観察していたわけだが、少なくとも今回に関してはそこはかとなく楽しそうにしているように見えたので、まずこれが第一回目というのは間違いないところなんだろう。
射的でいつかのマウスみたいに長門が空気銃の使い方が分からず妙な動きをしていたのがどうなるかも、だいたい想像できるわけだが。

気になるのは次回の入り方。途中まで放送事故と勘違いされるような仕様にするんじゃないかと、ちょっと期待してしまうところである。


さて、以降の放送だが、ここでエンドレスエイトに二話を使うということは、七月は溜息から入って一期の4話を挟み、8月に本番・消失を持ってきて締め、になるのかな。


TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新ED主題歌「止マレ!」
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新ED主題歌「止マレ!」長門有希(茅原実里),朝比奈みくる(後藤邑子) 涼宮ハルヒ(平野綾)

ランティス 2009-08-26
売り上げランキング : 243


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

涼宮ハルヒの憂鬱 笹の葉ラプソディ  

というわけで、噂どおり今晩の放送は新作パート。時系列で言うところの【涼宮ハルヒの退屈】の次。時間的には高校一年の7月にあたる【笹の葉ラプソディ】でございましたよ。

これ、第二期って言っていいのかな。

今回は結局、完全に時系列通りに放映しているみたいだから、今後も第一期の回と新作のパートが入り混じることになりそうだし。
だとすると、次回は同じ7月のエピソード。【ミステリックサイン】と【孤島症候群(前後編)がくることになるわけだ。第一期のエピソードであるこれらは正味三話になるので、もし次に新作パートがくるとなると四週後。エピソードは【エンドレスエイト】という形になるはずであるが、いかに。
こうなると、本番とも言える【消失】は、けっこう先になるよなあ。


と、先のことは先においておくとして、【笹の葉ラプソディ】である。
これまでも、閉鎖空間など異常な環境下でのエピソードはあったものの、本格的に時間遡行による因果関係の複雑な交錯がはじまったのって、ちょうどこの【笹の葉ラプソディ】からになるんですよね。第一期は、考えてみたら時間遡行に関わるラインは上手いことよけてたのが見て取れる。
まあ、このエピソードこそ、後々の【涼宮ハルヒの消失】というこの作品においてももっとも劇的で大掛かりな大事件を発生させる端緒でもあり、収集と解決に導くきっかけとなった重要なエピソードでもあるので、全体の構成デザイン考えても、第一期では温存せざるを得なかったのも無理からぬところだったんだけれど。

まー、久々にじっくりハルヒを見たんだが、確かにあの朝比奈さんの可愛らしさはたまらんなー。キョンはあれをいじめたくならないんだろうか。加虐趣味の類いは一切ないはずなのだが、朝比奈みくるについては木の枝かなんかで頬っぺたつついて泣かせたくなるぞ、あれ。
改めて見てると、あれを演じてるのがゴトゥーザ様だというのが信じられんなあw

この涼宮ハルヒの作品内では、同一人物が同じ時間軸に存在し、なおかつ接近、接触しても問題は起こらないみたいね。

みくるの要請で三年前に時間遡行したキョンが出会ったのは、三年前の中学一年のハルヒ。ちょうど、今とおんなじくらいの髪の長さなのよね。これから三年間ずっと伸ばしてたんだろうか。
ここでキョンは、ハルヒを手伝って校庭に宇宙人へのメッセージを書く手伝いをするわけだが、同時にハルヒが北高にくるきっかけとSOS団を作る動機の萌芽を生えさせてしまうわけだ。
ハルヒに巻き込まれてえらい目にあってるつもりのキョンだけど、結局のところ自分が発端になってるんですよね。自業自得とも言えるし、もう少し踏み込んだ言い方をするなら、彼が望んだからこそ涼宮ハルヒはああなった、とも言えるわけで、はたして宇宙人、未来人、超能力者が思っているように世界の中心が本当に涼宮ハルヒであるのか、そこにポツリと泡のように疑問が生じる話でもあったわけです。
このへんのもろもろは、またのちのちの【消失】に直接かかってくるのですが。

と、同時にハルヒとの初対面で、あんたと会ったことなかったっけ? と関心を持たれる原因にもなったわけで。
意外と七夕の夜に出会ったジョン・スミスは、ハルヒの記憶とメンタリティに大きく影響を及ぼしていたりするようで。妙にハルヒが七夕イベントではしゃいでいたあと、鬱モードに入っていたのは、もしかして郷愁だったり、あの一期一会に想いを馳せていたから、なんてこともあったりして。


長門の描写は、なかなか面白かったな。未来と同期する前と後では、少し印象が変わったように見えたのは、自分だけではないはず。キョンも「お?」とか思ってたしね。あれは単に眼鏡を外したから、というわけでもあるまい。
しかし、待機モードっていつの時点から入っていたのかというのも興味深い所。相当以前から、という考え方もあるだろうしもうひとつ、キョンと朝比奈みくるが長門を訪ねたあの瞬間から、という考え方もあるのではないかと。

もう第一期は三年近く前になるはずなんだけど、こうしてみると全然違和感なかったなー。事前に情報を仕入れて、構えて見てなかったら、もしかしたらまるで気がつかなかった可能性もあったかも。これ、見た記憶ないような気がするなー、おかしーなー、てな具合に。
なんにせよ、面白かった。相変わらずキョンの語り口はおもしれーなー。



涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 激奏Ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 激奏Ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
Max Factory 2009-04-02
売り上げランキング : 166

おすすめ平均 star
star秀逸な量産品
starやっぱり凄い!
star普段買わない方にもおすすめできる1品です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハルヒは再放送でしたんね  

再放送らしいんじゃないのか、という話は聞こえていたんですが、どうにもはっきりしなかったので、録画ではなくリアルタイムで視聴。
やっぱり再放送だったようです。
放映時の時系列シャッフルではなく、ちゃんと時系列上からの第一話から。
どうも全28話の予定だそうなので、いつ新作が挟まれてくるかもわからないので、油断なく見続ける予定ですけど。

というかね、やっぱり面白いわ、これ。再放送だとわかったので見るのやめようかと思ったんですが、ついつい最後まで見てしまった。
久々だったので、細部はやっぱり忘れてる部分多いですわ。というか、キョンの語りってあんなに早かったのか。銀さんに聞こえてくるw
しかし、あんなに伏線らしき描写やセリフ、たくさん仕込んであったんかなあ。忘れてたなあ。ハルヒがキョンに「あんた、前に逢ったことある?」と聞いたりという七夕の伏線とか。キョンが前から変な女に好かれてた、とか佐々木ちゃんを連想されるセリフが出てたりとか。第一期には直接関係ない伏線とか、色々あったのね。
ハルヒはやっぱり可愛いし。むにゅ。
 

2月20日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

2月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


2月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W

2月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月6日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


2月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

2月2日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索