湖山真

神滅騎竜の英雄叙事詩(サーガディア) 3   

神滅騎竜の英雄叙事詩(サーガディア) (このライトノベルがすごい!文庫)

【神滅騎竜の英雄叙事詩(サーガディア)】 湖山真/夕仁 このライトノベルがすごい!文庫

Amazon

大陸の約三分の一を版図とするアルタニア神聖国。この地には二百年ほど前から、毎週「災曜日」に巨大な異形の怪物「災神」が現れる。災神は都市を襲い、建物を破壊し、人々を殺戮するが、日付が変わった瞬間に靄のように消え失せてしまう。災神に立ち向かうことは人間にとってほぼ不可能で、せいぜい24時間誘導し続け、被害を減らすことが精一杯だった。だが唯一、竜と契約して「竜騎士」となった者だけが、災神を斃せる力を行使できた―。新感覚バトルファンタジー!
いやいやいや、幾ら何でも一つの都市で毎週十人近く殉職者が出るって、被害多すぎだ。単純計算で、一ヶ月に五十人。一年で六百人近くも死んでることになる。他の城塞都市では週4,5人ペースだそうだけれど、それでも三百人。国全体じゃなくて、都市個別でとなると、毎年想像を絶する数の騎士が殉職していることになる。普通、これもう組織維持できずに崩壊してますよ、一年で。仮にも騎士は竜を駆る特殊職であり、その任務内容も凄まじく熟練を要求されるのを鑑みると、訓練をまともにうけてないような即席培養だったらとても生き残れない環境だろうし。殉職者がそれだけたくさん出るということは、経験も蓄積されないということでもあり。
ちょっと状況設定が厳しいを通り越して末期戦の一番後ろらへんなんですが。これを二百年も続けていられているというのは、ちょっと信じがたい。順調なペースで城塞都市もしょっちゅう陥落してるみたいですしね。それに週一で都市部の外を出歩くことができなくなるとなると、国内の流通も壊滅的に発展しにくいでしょうし、農業生産もまともに出来なさそうだし、そうなると国力そのものも増える要因がどこにもなく……。
それだけ過酷な状況に主人公たちは置かれている、と印象づけるためなんでしょうけれど、この人の筆致ってリズム感がよくってキャラクターも軽妙なところがあるので、果たして世界観と合っているのかというと微妙な所なんですけれど。シリアスな展開はバッチコイなんですけれど、そこにすっとぼけたようなノリが介在する事で上手いことブレンドされた作風になっていたのが、前作の【カレイドメイズ】シリーズだったんですけどね。
とはいえ、一つ間違えれば容易に死に至る過酷な環境、というのはコウキとフレッカの関係に緊張感を絶やさないという意味ではちゃんと意味がありましたし、マデリーンのような人の絶望感を描き出すには有用だったのですから、ちょっと盛りすぎたのと、アネットの色呆け具合がどうも場違いだったのを除けば、むしろ舞台設定としては魅力的だったのか? 「災神」と呼ばれる怪物たちのおぞましい造形なんかは、そそられるものがありましたしね。人類の敵、という存在はやっぱり見た目のインパクトがないと話になりませんからね。その意味では「災神」の造形はピカイチ。
さらに、人間が「災神」と対向するために共に戦う「竜」という存在を、単なる乗り物や武器として扱わず、かと言って擬人化した存在にしてしまうのではなく、人にとっての愛馬や愛犬のような言葉は通じないけれど意思を通じ合わせた相棒、として話の要にも深く関わることになる存在として取り扱ってるのは、個人的には凄く好みでした。人同士の関係と同じくらい、竜との関係も物語の根幹に関わってくるんですね、これ。
物足りなさがあるとするなら、押し寄せてくる破滅的な状況を捌く方に重点が置かれてしまって、コーキとフリッカの関係の掘り下げがやや後回しになってしまったところでしょうか。過酷な環境だからこそ、深くのめり込むようにお互いの内面に干渉し、縺れ合う展開というのはどうしても期待してしまうところだったのですが、とにかく生き残ることに精一杯になってしまって、肝心の二人の関係がもう一歩踏み込みが足りないところでとどまっちゃった感があるんですよね。フリッカが抱えていた秘密やコンプレックスは、コーキの存在が支えとなっていた心根や竜騎士になる過程、またコーキ自身の意思の源泉も含めて、どうもちゃんと準備方は仕込んであったような感じなんですけれど、「災神」が現れる世界の秘密と合わせても、そちらにとっかかれないまま終わってしまった感がそこかしこに残っているので、どうしても食い足りなさは拭い去れないんですよね。
もし続きがあるならば、腰を据えてじっくりやって欲しいなあ、と思います。この人の作品、好きなんですよね。本作もちゃんと面白そうという手応えがあったからこその期待値です。

湖山真作品感想

カレイドメイズ 4.眠れる玉座と夢みる未来予測4   

カレイドメイズ4  眠れる玉座と夢みる未来予測 (角川スニーカー文庫)

【カレイドメイズ 4.眠れる玉座と夢みる未来予測】 湖山真/鵜飼沙樹 角川スニーカー文庫

Amazon

カイルたちは、ついにネーフェの失われた記憶を巡る終着点にたどり着く。現代では未踏となっていた、“世界の穴”ことサリストバール喪失遺跡。しかしそこに、“賢者の隻眼”に加え、ロナン帝国軍も介入してくるのだった。二千年前の古代魔法王国滅亡の真相に迫るとともに、それぞれの思惑が交錯しはじめる。そして、カイルとネーフェにも、究極の決断が迫られるのであった。はたして、魔法王国復興の夢と、ふたりの恋の決着は。
明るい国家計画から明るい家族計画に落ち着きまして、姫さま悲願成就おめでとう♪ エピローグ見る限り、ちゃんとやることはやっていらっしゃるようですし、本来の王国復興のための義務から解き放たれ、純粋に愛する男性と子作りに励むようになれて、よかったよかったw
まあここに至るまでに、カイルとネーフェは間に誰も割り込めない相思相愛の関係になっていたわけで、二人にとっての障害は2つ。ネーフェには王国復興を果たさなければならないという王女としての責任と、ネーフェとの関係が政治的な打算によって始まったというカイルのわだかまり、だけだったんですね。それも今回、直接的に王国が復活する可能性をつきつけられる事でネーフェには決断が迫られ、あくまで王女として王国に殉じるか、一人の娘として生きるかを選ぶことによって、決着することに。
これってなかなか酷な話だったんですよね。もし、ネーフェが未来に送られた事が必然であり、厳選された選別の結果だったとしたらともかく、ネーフェは本当にたまたま、偶然に選ばれただけで特に彼女でなければならない理由があったわけじゃなく、ほんの少し何か歯車が違っていたら他の王国民と同じように封印されていてもおかしくはなかったのです。そんなあやふやで心もとない立場で、王国の運命を決断しなければならないという境遇に追いやられた彼女が、結局最後まで心折れる事無く、逃げ出すこともなく、運命に立ち向かい続けたんですから、大したものですよ。おっとりとしてのんきな天然素材ですけれど、芯の強さについては折り紙つきのヒロインでした。そんな彼女に愛される主人公のカイルも、流されること無く自分の意志で大切な物を選択し、それを守るためにがむしゃらになれる、良い意味での頑固者でこれも芯の通った一端の主人公だったなあ。こうして見ると、実にお似合いの二人でした。
そんなメインの二人に比べて、レナートスの残念さはいったいどうしたらいいんだ、というレベルに(苦笑
この男の目先のことしか考えない視野の近眼さ、短絡さは、もう呆れを通り越して愛嬌の次元にまで達してるんですよね。ここまで馬鹿だと、憎らしさも湧いてこない。野心と欲望の塊のくせに、悪意や負の感情とは縁がないのも憎みきれないキャラの要因なんだろうけれど、それでもカイルが親友やめないのは充分心広いと思うぞ。ただ、ビアンカの相手はレナートスよりもヴェンヘルのほうがまだマシだと思う。ビアンカとレナートスがくっつくと、将来的にカイルの両親並みに悲惨な事になりそうだし。うまくいくはず無いじゃない! 絶対子供が苦労するぞw

ストーリーの方はどうやら打ち切り入ってしまったせいか、やや性急な展開で風呂敷まとめに入ってしまいましたね。軍の王弟殿下やミオの師匠なんかは本来なら最終巻よりも前に登場してキャラを掘り下げ、それぞれの目的を匂わせた上でカイルたちと因縁を絡めてから最終章の王国復活編に参戦してくる、という形が自然だったような感じでしたし。それぞれキャラが立っている割に、登場や目的の披露に唐突感があって、作中に気持ちが入っていく前に置いて行かれたみたいなところがありましたし。ちょっとでも前振りあったら、ついに来たな、と此方も居住まいを正せたんでしょうけれど。いきなり打ち切り決まってまとめに入らざるケースでは度々あるんですよね、こういうの。きっちりラストまで流れが組んである分、この手の準備不足は勿体無くて仕方がない。せめて打ち切るにしても二巻の余裕を与えてくれたら、と思わずには居られない。難しい話なんでしょうけどね。
でも、三巻のドタバタ劇のハチャメチャな楽しさを思えば、やっぱり勿体ないですよ。当初期待していた以上の良作へと順調に進化していただけに、なおさらに。
と、勿体ない勿体ないと連呼していますが、いささか最終局面へ突入することへの唐突感が否めない点だけが引っかかるだけで、ネーフェとカイルの関係にも王国の復活についても、ストーリー関係はきっちりと不足なく綺麗に決着に持って行っているので、お話としてはこの終わり方は大変満足でした。作品としてはもっと続いてくれtらうれしかったんですけれどね。
でも、この感じなら次回作も充分楽しませていただけそうです。次に改めて期待したいところです。完結、お疲れ様でした。

シリーズ感想

カレイドメイズ 3.魔法じかけの純情な感情4   

カレイドメイズ3  魔法じかけの純情な感情 (角川スニーカー文庫)

【カレイドメイズ 3.魔法じかけの純情な感情】 湖山真/鵜飼沙樹 角川スニーカー文庫

Amazon

学院の講師となったミオは、ことあるごとにカイルにちょっかいを出してネーフェを挑発、怒り心頭のネーフェは、不利を承知で魔導万華鏡での決闘(景品:カイル)を挑むのだった。そんな彼女の姿に、カイルはある決意を胸に秘めるのだが――。
その頃、街には闇の隊商が訪れていた。そこでは超越異物や結晶獣などの危険な商品も取引されており、さらにあの眼帯男の姿があった! 半熟王女の恋と王国復興ノ野望に、新たな局面が訪れる!!
おおっ、なんか二巻から更に抜群に面白くなってる!? なんかこう、作風の焦点が合ってきたという感じがする。作品のセールスポイント、売り、或いは特徴をしっかり掴む事が適って、武器として存分に揮えるようになったという印象。キャラ自体は既に二巻の段階で立ってたと思うんですよね。特段この三巻でさらにキャラクターが立ったという感じはしない。それがどうしてこんなに躍動感を持って映えるようになったのかはなかなか考えるに興味深いポイントじゃなかろうか。重要なポイントとも言える。多分、自分の中ではこれが境界線なのだ。勿論、他にも様々なファクターはあるのだが、この感触の有る無しはダイレクトに作品への満足度に関わってくると言っていい。
その意味では、デビュー作のシリーズ以来、面白いしなんか好きなんだけれど何かもう一味足りない感じがしてずっともどかしかった作者の作品においてついにこれだっ! という手応えを感じ取れて、実はかなり嬉しかったりして。

今回の話、起きている事件や騒ぎだけを客観的に羅列するならかなり深刻で大変な事になっているし、人間の感情もわりとドロドロの黒いものが混ざっている話なのだけれど、緩急と言ったらちょっと違う気がするのだが、緊張感を張り詰め過ぎずに小気味良いタイミングで肩の力を抜く様な、あるいは身も蓋もなさに腰砕けになってしまうような軽妙なノリが挟まってくるんですよね。総じて登場人物から街の気風から大らかというか楽天的というか全然深刻ぶらないところがあるので、お話の雰囲気は独特の惚けたノリに終始している。これがまた面白いと言うか味わい深いというか、なんかもう楽しい。思わず吹いてしまう場面に繰り返し遭遇してしまって、一巻通してニコニコしたまま読み終えてしまった。本人達はそれなりに一生懸命で必死ぶっこいていらっしゃるのだけれど、それすらもが面白可笑しい。
そんな中で微笑ましいのが、主人公のカイルとヒロインのネーフェの初々しい、あるいは辿々しいばかりの恋模様でしょう。父親へのトラウマから恋愛について一線を引いているカイルなんだけれど、もうさすがにこのネーフェの一途なアプローチには抗しきれなかったらしく、どうやら覚悟を決めた模様。流されずにきちんと決められたのはエラいよ。何だかんだと彼がネーフェの事が大好きだというのは、彼女の裸が別の男性に見られた時の氷の魔王のようなブチ切れっぷりを見れば一目瞭然でしょう。ってか、あのカイル怖すぎw
ネーフェの方も、ミオという余計なちょっかいを掛けてくる相手が出てきたことで焦りまくるのですが、やっぱり嫉妬する姿が可愛い女の子はヒロインとして飛びっきりだよなあ、うん。
巨大結晶獣が現れた時の学院の先生連中の登場シーンの格好よさと、その後のこすっからさには素晴らしく吹きました。あんたら教職のくせに色々と我欲強すぎw まあ教員というよりも研究職がメインなので分からなくもないのですけれど、揃いも揃って生徒に舌打ちするな(笑
レナートスは相変わらずの残念イケメンっぷり、ブレないなあ。というかブレなさすぎてこのキャラ、親友キャラとしては面白すぎる人になってるぞ。前回の魔剣に引き続き、今回の魔剣も凄まじいとすら言っていいものだったし。もう笑った笑った。威力の強力さに対する副作用がしょうもなさすぎるw しょうもないけれど、恐ろしすぎるw
未だかつてあれほど恐怖に戦慄を覚えながらしょうもないさに腰砕けになった名前の魔剣は見たこと無いぞ(爆笑
でも、最後はちょっと見なおした。アレなやつだけれど、あれでちゃんと親友なんだ、レナートス。作中で主人公、ガチに殺しに行ってるけどw まああれはキレても仕方ない、うん。
そういえば、主人公の短気さはわりと学内では有名なんだな。彼の二つ名というか異名が【起きやすい眠れる獅子】と呼ばれたのには笑った笑った。確かにわりと簡単に目を覚ますよ、このライオン。

1巻 2巻感想

カレイドメイズ 2.もえない課題とやける乙女心3   

カレイドメイズ2もえない課題とやける乙女心 (角川スニーカー文庫)

【カレイドメイズ 2.もえない課題とやける乙女心】 湖山真/鵜飼沙樹 角川スニーカー文庫

Amazon

ムチを持ったライバル登場!?
王国復活(=子作り)へ王女さま大奮闘!


カイルたちは古代魔法王国の時代から続く秘祭の調査に向かう。その村には未調査の遺跡もあり、研究者魂をくすぐられたカイルは、王国復活の野望(=子作り)に燃えるネーフェの天然ぼけアプローチをかわしつつ、調査にはげむ。そんなふたりの前に、超越遺物(アーティファクト)を持った妖艶な少女ミオが現れた。なぜか彼女もカイルに興味を持ったらしく、親しげに急接近してきて――!? ライバル登場、三角関係勃発! 半熟王女に勝機はあるのか!?
青信号でも渡れない横断歩道の原因は?
というわけで、あらすじでは三角関係勃発、なんて煽ってはいるものの、ぶっちゃけネーフェとカイルって殆ど青信号の両想いなんですよね。最初はカイルの血筋だけが目的だったネーフェですが、交流とアプローチを続けていくうちに血筋は大事だけれどもその相手はカイルじゃなきゃいやだ、と思うくらいにはカイルのこと、好きになっている。ただ世間知らずの古代のお姫様であるネーフェは一般常識からややも外れているために、どうしてもその言動から素直な気持ちが伝わりにくい。単純にカイルが好き、というだけのことが当人に伝わらない。カイルから見ると、ネーフェは自分じゃなくても魔法王国の血筋が残っているなら誰でもいいんじゃないのか、という思いがあるわけで、男の意地としても見栄としても彼女のアプローチに素直に応じるわけにはいかないのだ。
勿論、そんな男の意地なんぞくだらない、という向きもある。今回発覚したのが、何だかんだとカイルもネーフェの事、好きだったという点だ。本人が自覚しているかはまだ微妙なところだけれど、ビアンカが呆れてたみたいにもう彼自身のネーフェへの気持ちって定まってるんですよね。だったら、ネーフェがどう思ってようと関係ない。彼女が自分に興味を示してくれているのは間違いないんだから、血筋だけじゃなく自分自身を見てくれるように頑張ればいいじゃないか、という話になるのだけれど、そこで絡みついてくるのがカイルの父親へのトラウマなのだ。父の男親としては目も当てられないひどい生き様に、カイルはとてつもない嫌悪と敵愾心を抱いている。結果的にカイルは「父親」というカテゴリーそのものに生理的な嫌悪感を持ってしまってるんですよね。だから、自分が「父親」になるという事に対しても考えられない、耐えられない、有り得ない、という頑ななまでの思い詰めた決心が彼の中にはあるわけです。
男の見栄と意地、それに父親という存在への嫌悪が絡まりに絡まった挙句、子作りしてくださいと迫ってくるネーフェに対して、押すことも引くことも出来ない精神的な膠着状態に陥ってしまっているのである。両思いにも関わらず、カイルとネーフェの仲がどうにも進行しにくくなっているのにはこうした原因が横たわっているわけだ。
それでも、カイルがネーフェを全霊をかけて守ると誓ったように、ネーフェが過去にとらわれずカイルと現代を生きると決意したように、二人のお互いを想う気持ちは一緒に過ごし、ともに困難を超えていくことで深まるばかりである以上、いずれは壁となって立ちふさがり、鎖となってがんじがらめにしているものを乗り越え引きちぎって、なるようになる事になるんだろうけれど、そう簡単にもいかないのも確かな話。というわけで、ミオという第三要素を二人の間に投入することで化学変化を起こそうという魂胆なのでしょう。ただ、キャラ的にネーフェからヒロインの座を奪うようなガツガツした娘じゃなさそうだし、こりゃ本格的に刺激物、ってだけなのかもなあ。
むしろ立場的には敵の中の味方、という感じで重要な立ち回りを強いられるようなキャラなきがしてきたぞ。わりと苦労するポディションなんじゃないのか、と思えてきた。

その肝心の黒幕に該当するであろう組織だけれど、これは思ってたよりも複雑な背景がありそうだなあ。何かの確固とした思想や精神性がある組織なら簡単に「敵」として相対せるのだろうけれど、どうも私利私欲や恣意が挟まれることの少ない公共機関という気配がしてきたぞ。こういう組織が相手の方が厄介だったりするんですよね。ただし、そのエージェントであるあの男については、胡散臭さ大爆発ですが。


なかなか解けそうにない雁字搦めに掛かりかけてるネーフェとカイルの関係ですけど、でも何だかんだとうまくいきそうなこちらと比べて、むしろ暗澹としているのがビアンカとレナートスの方なんじゃないかと危惧してしまう。ビアンカはまるで気にしてなさそう、どころか明らかに負の感情が。まあレナートスがあれじゃあなあ。特に今回はラストのあれは致命的だぞ。カイルが呆れ果てるのも無理ない。仮にも惚れてる相手に対してする行動じゃないしw 

1巻感想

カレイドメイズ 半熟姫のあかるい国家計画4   

カレイドメイズ  半熟姫のあかるい国家計画 (角川スニーカー文庫)

【カレイドメイズ 半熟姫のあかるい国家計画】 湖山真/鵜飼沙樹 角川スニーカー文庫

Amazon


お姫さまに襲われる!?
子作りも王国復活のためなのです! byネーフェ王女


魔導万華鏡(カレイド・ショット)使いのカイルと相棒のレナートスは、古代魔法王国の遺跡を探索し、隠された部屋を見つける。なんとそこには王国最後の王女ネーフェが眠っていた! 二千年の時を超えて目覚めたネーフェは、祖国の滅亡にショックを受けるが、王国復興のため「まずは子孫をふやすのです!」とカイルにせまり!?一方、王女の覚醒とともに、世界に災厄を呼ぶ超越遺物(アーティファクト)が遺跡から発見されていた! 天然半熟姫を巡る冒険ファンタジー、スタート!!

冒頭初っ端から酷い修羅場を見せつけられた件について(笑
いやもう、なにこれひどいw いきなり父親の浮気現場に踏み込んだ母親に連れられて、父親が粛清される場面を見せつけられる主人公、というところからはじまった日には、そりゃあ掴みは上々である。どう見ても、主人公の人格形成がいささか歪んだというか冷めたものになってしまっているのが一目瞭然だもんなあ。
あらすじを読む限り、天然奔放な変人お姫様に振り回されるパターンの話だとすっかり誤解していたのだけれど、実際に読んでみるとお姫様は確かに世間知らずで天然っぽいけれど、性格は温厚で素直、物分りもよく頭脳明晰で可憐でお淑やか。わりと常識人だった。
むしろ主人公をはじめとした周りの連中の方が明らかに変人なのである。一件、主人公もまともに見えるんだけど、話が進むに連れて馬脚を現してくるんですよね。母親のかなり壊れた薫陶もさる事ながら、明らかに偉人変人な父親の方の血も継いでいるのが明らかで、両者の秀でた、あるいは一線を超えた部分が結合して、かなりとんでもない人間になってる気がするぞ、この主人公。なまじ、常識人に見えるあたりがヤバい。よくよく付き合わないとダマされる。
というわけで、舞台が常識や倫理や秩序や場合によっては自分の命や他人の命よりも、好奇心や研究を優先するという学者バカが集う学術研究機関であるが為に、主人公も友人も先生も、すべからく一本線が抜けているために、特にラストらへんのしっちゃかめっちゃかっぷりは酷い有様に(笑
みんな、色々と我欲に正直すぎるw
とはいえ、みな変人ぞろいとは言え、根はいい人だし、ねちっこくドロドロとした部分もないので、気負わずドタバタなノリに興じることの出来る良質のコメディだ。中盤以降、世界観やキャラの手応えや感触を作者が掴んだあたりからだろう、話のリズムやキャラ同士の軽妙な掛け合いのテンポもグイグイ乗ってきて、ラストらへんはかなり大笑いさせてもらった。レナートスのビアンカへの所業がもう、酷いのなんの。あれはアウトだろう。殺されても文句言えないぞ。だいたい、なんで暗記しちゃってるんだよ。どんだけ好きなんだw
ラブコメとしても、最初は無邪気な義務感からはじまったお姫様のカイルへのアプローチが、一緒に過ごすうちに本物の想いへと段々と移り変わっていく様子がなかなかラブくて、ニヤニヤものでした。なんだい、仲いいじゃないw
ともあれ、前作よりもいい意味でこなれてきて、これは楽しみなシリーズになりそうです。期待。
 

6月18日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

6月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月30日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

5月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索