漫画

Landreaall 35 ★★★★☆   



【Landreaall 35】 おがきちか   ZERO-SUMコミックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

騎士団の大哨戒中、転送門のトラブルが原因で遭難したDXたち。生還を目指してダンジョンを突き進む一行の前に、危険種(モンスター)が立ちはだかった! 何とか危機を脱するも、力を使い果たしたDXは倒れてしまい――!?


突然みんなゴリラになってゴリランドリオールがはじまった時には何が起こったんだー!? となりましたがなw
ライナスがニンジャの隠形術を使ったDXにおまえ何を目指してるんだ、と突っ込んでるけどホントDXって多芸すぎてどこに行こうとしているのか。ただこのタンジョン編で特に顕著になってきているのが、彼の生存能力なんですよね。咄嗟の判断力や行動力もさることながら、生存率を高めるためにこの脱出行を通じてパーティーメンバーがスキルアップするように上手いこと調整なんかもしてたりするんですよ。また、地道に各階層のスライムが溜め込んでいたスライム水を味見することで、フロアの安全を確認してたりもするし、万が一に備えて奥の手なんかも用意している周到さもある。
とかく、生き残るための能力のみならず、それを扱うための考え方がちょっと並の人間と違うんですよね。まあ彼の思考が一般的から外れているどころか、他に類を見ない独自のものなのはこの長いシリーズを通じてわかっていることでしたが。妹のイオンも結構似たような傾向だったりするので育ちによるものなんだろうか。二人の両親もそれぞれ独特の他に類を見ないタイプの傑物なんだけど、それでもDXとイオンとは種類が違うようにも見えるしなあ。でも親子らしく似た部分も多分にあるんですけどねえ。
さても、母親譲りの傭兵としての戦い方生存戦略考え方をベースに、幼い頃から学んでいたニンジャの術を駆使して生きてきたDXが、学園編になってから騎士としての在り方を学び同世代の様々なタイプの友人たちと行動することで、新しい価値観、新しいDX像を獲得してきたわけですけれど、このダンジョン編では久々にDXの本能というか根幹全開、でありつつ一番親しい友人たちとの冒険行という事もあって一人で全部解決するのではなく、仲間たちと協力して全力で、というパターンが見られてやっぱり楽しいですなあ、こういうのは。
にしても、DXが色んな意味でキレキレなのですが。
とはいえ、ティティが妹トリクシーとの共感を通じて外と連絡を取れて、メイアンティアたちが深層の情報をひっくり返してバックアップしてくれてるからこそ、生き残れているわけで、ティ・ティが居なかったらと思うとホントゾッとするよなあ。まあ、このメンバー誰が欠けてもやばかっただろうけど。で、おそらくDXは一人ならここでも生き残れる、と。
ティ・ティとフィルの一蓮托生は、良かったなあ。下町出身のガラの悪い従騎士候補と王位継承権もある貴族との、今更だけれどずっと続いている友情をもう一度おさらいするみたいな感じで。今更、命預け合うなんてどうってことないんですよね。ほんと、今更なんだ。

イオンちゃん、一旦救出した他のパーティーと脱出したと思ったら、今度はさらにちゃんと装備整えて六甲と五十四さんと一緒にもう一度潜るのかー! なんちゅうタフな娘さんだ。ニンジャ適正はもしかしたらDXよりもイオンの方が高そうではあるんだけど。
ってか、イオンの実力知らなくてただのお転婆な小娘だと思ってるの、もうライナスだけなのか。他はあらカタみんな知っちゃってるんですね。今回の一件を通じて、他の生徒たちにもだいぶ知れ渡っただろうし。そんな中でどうして未だにライナスだけ知らない人枠のままなんだろう。なにか理由があるんだろうか。いや、面白いからいいんだけど。


Landreaall 34 ★★★★☆   



【Landreaall 34】 おがき ちか ZERO-SUMコミックス

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

地下王城で行われた騎士団の大哨戒からの帰還日、移動用の抜け坑(ループピット)の座標に異変が起こった。
深層に落ちて遭難したDXは、リド、ライナス、ルーディー、フィル、ティ・ティと全員で無事に生還するためパーティーを組む。

迷宮庭園(オムニラングル)を拠点として上層を目指すが――?
ダンジョン編、佳境の第34巻!!

しれっとイオンちゃん、強さに関しては自分とお兄……つまりDXはそんなに変わんない、と言ってるんだけどそうなの!? そこまで強かったの、イオンってば。いやあ強い強いとは思ってたし知ってたけれど、DXと同等とまでは思わんかった。
一方で騎士だの継承権だので自分の立場を考えることの多いDXと違ってイオンはまだ自分が高位貴族の子女という立場についてDXほど直面する機会がなかったとも言えるんですよね。なので、騎士候補生たちの絶対に守らなければならない、という言葉と自分に課せられた優先順位というものにプレッシャーを感じかねない場面だったのだけれど、マグナル王子この人あれ被せて「全員帰れるねー」と言ったの意図的だよねえ。この人も王族らしく機微に富んだ人なんだなあ。

さて、深層の方に放り出されてしまったDXたちのパーティー。メンツ的にも戦力としても能力のバランスとしても非常に高いレベルで取れているパーティーなので、これならよっぽどの事が無い限り安心して見ていられる、と思っていたのだけれど。
そうかー、いくら全員が出来物で才能も豊かで実戦経験も豊富だったとしても、ダンジョン探索……しかも案内役なしに自分たちだけでパーティーを組んで何日も掛けて地図もない場所を脱出するとなると、ダンジョン潜ったことがないという経験不足がこういう形で露呈してしまうのかー。
ライナスはダンジョン潜った経験あるとしても、それのプロってわけでは全然ないのだし、全員の経験が均一化されているわけではないので、誰かにとっての常識が他の未経験者にとっては全然未知のことだったり、報連相に関してもお互いの認識が一致していないとそれが必要とされる場面、行使しなければいけないケースってのはわからんよなあ。そして、お互いわかっていないというのは問題が発生してみないと気づかない、というのはなるほどなあ、と深く頷かされた。
リドが自分の体調を報告しなかったのも、ルーディのマッピング方法をティティが確認しなかったのもその類なんだけれど、ここまで行くと事前にすり合わせは難しい錯誤なんですよねえ。
本来なら事前に準備しミーティングを重ねて計画を立てて、その過程で認識の共通化は果たしておく事柄なんだろうけれど、今回はまさに突発的な事故であると同時に、このメンバーも各々逸れたところから集まったパーティーだから仕方ないとしか言いようがないんだよなあ。
普段から一緒にいる友人同士であるから気心は知れているから問題ない、と思ったんだけれど仲が良い、気心が知れている、の範疇ではどうにもならないこともあるわけだ。

でも、そんな失敗やミスを起こしてしまっても空気が悪くなったりしない、ミスした人を責めたりせず、ちゃんと何が悪かったかを話し合って修正できる、前向きにやり直せる、というのがDXをはじめとしたこの面々の素晴らしいところで、なんだかんだと不安感に苛まれない最大の理由なんだろうなあ。能天気というか呑気なくらいの雰囲気ですし、丸一日無駄に費やしてしまったことに関しても、やらかしたー、とみんな顔を覆って天を仰ぐわけですけれど、そこからグジグジと後に引かないしてるわけですしねえ。いい連中だわ、ほんと。
そんな彼らの評価は、大人の人たちからも実際高いようで、深層の方に落ちてしまったことで救出本部でもかなり絶望視する向きもあるのだけれど、彼らを知っている人たちは敢然とやつらなら大丈夫だ、と太鼓判を押すんですね。
ゼクスレン教官やアンニューラスがDXたち一人一人能力と特徴を語ってくれるのだけれど、まあ実際こいつら大した奴らなんですよね。こうして具体的に評してくれるとテンションあがるなあ。燃えますやん。
しかしDXの評価はある意味ハチャメチャだなあw 一人で遭難してたら逆張りで深層からさらに下に潜ってしまってたかもしれないから、ティ・ティやルーディみたいな直接は戦えない連れて帰らなきゃいけない一般生徒が一緒で良かった、ってそりゃそうかもしれないけど。うん、DXなら一人で放っておいたらフラフラ下に潜っちゃったかもしれないけどさあww 色々前科がありすぎるw
しかし、今回のアンちゃん、服装のせいかわからんけどいつもより見た目男寄りだなー。

ミストレスはガチでビビった。いやだって、しれっと居るんだもん。ちょうど前巻からの続きで、前読んでからしばらく経ってたから、あれ? カイル居たっけ。でもみんな普通にしてるよ? でも確かこのパーティーには居なかったぞ。あれ? んんん? おや? と、かなりクエスチョンマークが頭の上飛び交いましたからね。

巻末の地図にさらっとB4,B5は山手線の内側よりも広いです、と書いてあって草。そんな広いんかい! そりゃ救出班の捜索手間取るわ! 他の遭難パーティーは概ねB6までにいるなかで、DXのパーティーだけB33だもんなあ。縦移動できるワープゲートである「杭」が使用不能になってしまってる現状、自力で階段上がっていかないといけないというのは、これはきっついなあ。古文書ひっくり返してダンジョンの構造解析してくれてるトリクシーとティ・ティが双子通信できるのがホントに不幸中の幸いだ。
とか言ってる間に、ラストでまたトラブル。ひゃー、ここで区切るのかー、早く続きーー!

シリーズ感想

Landreaall 33 ★★★★★   



【Landreaall 33】 おがき ちか ZERO-SUMコミックス

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

アトルニア王国の地下ダンジョンを巡回する騎士団の大哨戒に参加したDXたち。
無事討伐と巡回を終えた迎えた帰還の日--地脈に変動が起こり、坑(ピット)の座標が狂ってしまった!
閉じかける門に飛び込み、DXたちの部隊に合流したイオンだったがそこにはDXはおらず--!?

緊迫と興奮のダンジョン編を収録した第33巻!!

いかん、面白すぎて久々に感想手がけてしまった。
ダンジョン遭難編、大事件大事件大事件! スピンドル事件以来の学園での大トラブルである。今回は学園そのものじゃなくて、騎士見習いたちが巻き込まれてしまった事件ということになるけれど、いつものメンツだけじゃない総メンバーでの大事件となるとやっぱり盛り上がるんですよね。
浅層での探索のはずが、階をワープするための坑(ピット)の行く先がランダム設定となってしまい、未倒の深層に落ちてしまう、という展開は定番ながらやっぱり盛り上がるんですよね。
ただ、完全に音信不通になってしまうのではなく、ランダムに通路が繋がる坑や王城の転送門から聞こえてくる声や、コンタクトを取ることで設置された救出本部が着実に状況を把握して、各小隊の現在位置を特定して、可能な限り誘導を開始する展開は凄く好き。相変わらず、この作品の大人たちなみんな優秀なんですよねえ。
それでも、転送ゲートが時間とともに狭くなっていって、閉じてしまうというタイムリミットが設定されてしまったので、上で救出の指揮を取る人たちも地下に救出に向かった人も遭難している面々もそれぞれがいちいち迷っている暇なく、キビキビとスピーディーに即断していく、その決断や行動の速さが物語自体をグイグイと推し進めて、目まぐるしさに必死についていきながらついついワクワクしてしまうんだ、これが。
一応、地下王城ダンジョンは徒歩でも上がり降り出来るようにもなっているらしく、ピットや転送ゲートが使えなくなっても行き止まりになってしまう、というわけではないのだけれど、それでも入念に準備をして潜ったわけじゃなく突然放り出されてしまったわけですから、食料やキャンプするための準備もこれまで消費した分もあるわけで、そう簡単にはいかないものなあ。

ともかく、みんな判断が暴走していないんですよね。止める間もなく飛び込んでしまったイオンにしても、飛び込んだ先で現状を確認したらそこのメンツを取りまとめて、上層へのルートを確保して脱出するためにDXたちを探しに下に行くわけでもなく、ちゃんと的確に動いてますしねえ。
ルーディーと五十四さんとのやり取りも、忍者な五十四さんが主人である竜胆のもとに戻ることに拘らずに、ルーディーの意見を汲み取って彼に竜胆の刀を託してけが人込みの隊を上層に誘導する役を負ったりするの、意見と指摘と説得の肯定がほんとにしっかりしていて、何もかもが速いにも関わらず各人の発言行動にはちゃんとした中身が詰まっているので性急さが全然ないんですよね。最適に速い、というべきか。
おかげで、本当に危ない場面に陥りそうだったところにしっかりと手が届いていて、最悪の展開は避け続けられることに。これ、ほんとに現場と後方が速攻でガッチリ噛み合って最善を尽くせる体制を作れたからですよね。イオンやライナスの突入など、ほぼほぼなし崩しに突貫で応急を繰り返して綱渡し出来たからでもあるんだろうけど。
ゼクスレン教官の腕を犠牲にする覚悟の転送門の確保や、神官騎士長の活躍など後方支援体制の確立が肝だったんですよねえ。特に神官騎士長、いや転送門が異常をきたしたときの反応みて、この人大丈夫かと思ってたんだけど、蓋を開けてみるとなにこの折衝の神様w 後方支援体制の確立、ほとんどこの人が立役者でしょう。こういうトラブルになると真価を発揮する人、組織間の折衝、仲介、こういうおじさんの仕事しっかり書いてくれるの、ほんと好きです。アンちゃんの「名もなき国宝級の能力があるものだなあ」というセリフには、思わずニヤニヤしてしまいました。

しかしまー、こういうトラブルになると真価を発揮するのはイオンとDXの兄妹もおんなじで。イオンちゃんの大暴れっぷりが清々しくて笑えてきます。オズモおじさんの「あれは小型のDXと思え」というコメントには思わず爆笑。いやそうだけどさ、そのとおりだけどさ。そろそろ、イオンも淑女淑女で押し込めているの限界になってきてるんじゃないだろうか。スピンドル事件でもイオンだいぶ動き回ったから彼女についてはだいぶ知れ渡ってきていますし、マジで女子の騎士枠誕生しちゃうんじゃ……。
いやでも、イオンの場合は騎士じゃないしなーw 完全ニンジャ互換である。敢えていうなら傭兵枠。
これに関しては相変わらずDXの方もおんなじで、騎士装備で全力戦闘するのってもしかして初めてでしたっけ? あの飛んでハネての戦闘法、鎧着て剣持ってだとやりにくそうとは前々から思ってたんだけど、実際動きにくかったのか!
ルーディーにそれでふてくされてるのか、とか指摘されてて目を丸くしてるDXにちと笑ってしまった。そんな風に屈託なく指摘してくる人ってそういえば居なかったなー、と。思い返してみると、DXってあんな表情してテンション下がってる時度々あったような覚えあるんだけれど、もしかしてその時もふてくされてたりしたのかw

なんやかんやで合流したり別れてしまったりの末に、いつものメンバー、DX、竜胆、ライナス、ルーディー、ティ・ティ、フィルの六人が揃うと、ああいつものメンツだ、とばかりに一気にテンションあがってしまいますわ。安心安定のメインメンバーズ。合流した途端、混乱している状況をDXがあれこれ指示して指揮することでストンと状況が整理されて混乱が収まるシーンは、爽快ですらありました。
DXをパーティーリーダーにして、地下34階から全員で踏破脱出、と目標も定まり、いざ地下王城ダンジョン編、クライマックスへー。

……やっぱり面白いなあ、ランドリオール!! 楽しい、ひたすら楽しい!!


巻末のプチリオールでは、あのクエンティンとユージェニのその後の詳報が。クエンティン、生き残ったとはいえ、あんな有様になっていたとは。かなりギリギリの状態だったんですね。この掌編での出会いによって、最悪は逃れられたみたいですけど。
にしても、この作品世界の「馬」はほんと素敵な存在だなあ。この馬、ユルドゥの姉のフルムって、砂漠編でDXと出会ってたあのレディのことなのか。これもまた縁だなあ。


おがきちか作品感想

水上悟志短編集「放浪世界」 ★★★★★   

水上悟志短編集「放浪世界」 (BLADE COMICS)

【水上悟志短編集「放浪世界」】 水上悟志 BLADE COMICS

Amazon
Kindle B☆W

少年の頃、世界の全てだった団地…でもそこは…!!? 出口も入口もない虚無の旅…その先に待つ衝撃の真実とは…。水上SFの新たなる金字塔「虚無をゆく」を含む全5作収録の待望短編集!!
個人的にはラブコメはじまったぜー!な空気感満載の【竹屋敷姉妹、みやぶられる】が続き読みた過ぎてたまらんかったし、【まつりコレクション】のファンシーなのかなんなのかわからない世界観のラストの強烈なオチとか、まつり姉さんのふわっとしたなんでもいいやな性格とか大好きなのですが、それよりもなによりも最後の【虚無をゆく】がもうなんか圧巻すぎて、全部持ってった感じなのです。
読む人は大変だったはず。疲れたでしょ。とかあとがきで書かれているのですが、そりゃ疲れたよ。なんかもう読んでるこっちの中身全部持ってかれてから、全部詰め込まれたような疲労感である。SFとして、この中編規模の長さでこんな密度のクロニクルでありスペクタルで、相反しないミクロとマクロの物語を描けるもんなんだろうか。なんか思わず繰り返し読み返してしまって、後から後から最初に読んだ時に追いついてこなかったものが、ぶわーーっと追いついてきたような感じで、あわあわしています。この感覚は、水上悟志先生の作品シリーズものの最終巻の最終回を読んだ時に、ぶわーーっと来るものなんですけれど、それをついに短編でやってしまえるようになってしまったのか。
いやもう、なんか本当に凄いです。ものごっつい作品でした。

水上悟志作品感想

恋愛ラボ 12 ★★★★★   

恋愛ラボ(12) (まんがタイムコミックス)

【恋愛ラボ 12】 宮原るり まんがタイムコミックス

Amazon
Kindle B☆W

ナギに想いを告げたリコ、正面切っての真っ向アプローチにタジタジのナギ!?
マキはついにヤンへの恋心を認めるが…
恋愛研究サンプル外の男子の気持ちに大混乱??

ひゃあああ! ひいやぁぁ! うひょーーーー!!!
とまあ、リアルで奇声をあげてしまったぜ。思わずジタバタゴロゴロ悶え転がってしまったじゃあないか!!

やー、もー、いひひひ、ひゃーー!! 甘酸っぺぇ! なにこれもう、甘酸っぱさが天元突破だよ。どうするよこれ、反則だろう、ずるいずるいこんな告白劇見せられたら、ひょあああっってなもんだよ。テンションあがるし体温あがるし顔面赤くなるし、もう……もう……たまらん。
しかし、ついに、ついにかーー。ついにリコがナギに告白ですよ、告白。誤解しようのない物凄いのかましやがった。これまでの恋愛研究はなんだったんだ、と天を仰ぎたくなるようなしっちゃかめっちゃかの末の雰囲気とかガン無視の、そりゃもう恋に恋する年頃の乙女の告白としては残念極まる告白だったんだけれどさ。
それでも、最高の告白だった。至上にして最上の告白だった。
一生黒歴史として封印したくなるような、しかし思いっきりマキに見られてて抹消できない悲惨な代物だったけれども……それは女の子の立場から見たもので、ナギからするともう青天の霹靂だったわけで、一生忘れらんないすんげえ告白だったんだよ。
まあ、なぜあそこまで男女の立場ひっくり返った告白になってしまったかには、首を傾げざるをえないというか、リコならまあ仕方ないというか当然と言うか、男前だなあと遠い目になるしかないのだけれど。
そして、何故か告白されたあとの「……まじかよ」と真っ赤になった顔を抱え込んでうずくまるナギが一番この巻で可愛かった、というのもまあ仕方ないんだよ、うん。
すげえなあ、中学生。

マキもついにヤンへの認めたくない恋心を認めざるを得なくなって、観念したわいいけれど、どこをどうひっくり返しても自分が理想としていた恋愛像に従ってくれないヤンの在り方に頭を抱える日々。惚れたら負け、というのを地で行ってるなあ、マキは。それでも、ヤンに変な理想を投影せずにちゃんとヤンの人となりを率直に把握して受け入れて、その上でこの不器用な青年を好きだと自覚したわけで、その意味では変な理想を押し付けて拗れることにはならないだろう、という安心感がある。何より、ナギを除けばマキこそがヤンという人間をもしかしたらヤン自身よりも素直に、言動に騙されずに見通しているわけで。これまでヤンの歩く道というのはナギが切り開いてきたようなものだったけれど、今はマキが捻くれて斜に構えて自分から道を逸れようとしてしまうヤンに道を指し示している。繕わない素の、恥ずかしく歪んで無様な己をお互いに一番最初に見てしまったからこその、不思議な距離感、という面白い関係なのである。

逆に、思わず飾ってしまった自分に囚われて進展しなかったのがエノで、それが今回の文化祭で本性というか、あの気の強い負けず嫌いの性格を会長に曝け出してしまったことで、一気に関係が進展してしまうんですよね。こっちも面白いアプローチなんだよなあ。これらの関係が一気に結実したこの第12巻、いやまじ凄かった。
凄かったといえば、普段の黒縁メガネじゃなくて、縁無しのメガネかけたサヨの凄まじいメガネ美人さには度肝を抜かれましたがな。いや、別人じゃね? メガネをとったら美人、という類ではなかったんですよね、サヨって。いやまあ普通にきれいな顔なんだけれど、あの縁の目立たないシャープなメガネをかけたサヨときたら……マジでメガネこっちにしようよ。

ついに、告白という一大イベントを乗り越えてしまったリコとナギ。まだもう付き合うとか付き合わないとかどころじゃなくお互いテンパっちゃってるんだけれど、すれ違っていた気持ちが伝わってしまった以上はこのままでは済まないわけで……うわぁうわぁうわぁ、もうどうすんのこれ!? また次の巻出るまで1年待つの!? 
まじかー、一年かー!

シリーズ感想

荒野に獣 慟哭す ★★★★★   

【コミック版】荒野に獣 慟哭す 5 (徳間文庫 ゆ 2-35)

【荒野に獣 慟哭す】 伊藤勢/原作:夢枕獏 徳間文庫

Amazon
Kindle B☆W

漫画雑誌「マガジンZ」の休刊によって、一時連載が途絶えてしまった本作。夢枕獏原作の伊藤勢が漫画を手掛けた【荒野に獣 慟哭す】。あれから長い空白のあとにそれでも打ち切りとせずにウェブ連載が開始され、徳間文庫から文庫サイズのコミックスとして改めて一巻から。そして、中断以降のウェブ連載版の掲載となる10巻から最終巻までの15巻。やっと、やっとヨミましたよ。読み切りましたよ。
感無量。
独覚兵たちを生み出した独覚ウイルスの原点となる中南米の深い深いジャングルの奥に秘められた古き文明の闇。まさに異世界のようなジャングルという、森という異界の中で繰り広げられる様々な勢力が入り乱れた血みどろの攻防。
そんな中で喪われた記憶の真実にたどり着いていく御門周平の旅路。
ド迫力のアクションも然ることながら、迫真に迫っていく独覚ウイルスの真実。これが文化論や文明論まで踏み込み、荒唐無稽に思われた神話を解体していき人間を進化させるものと思われた独覚ウイルスの有り様を暴いていく展開は、なんかこう冒険心を刺激されてワクワクさせられっぱなしだった。
人の姿を失い、ケモノそのものの姿となり食人衝動まで生じさせてしまう独覚ウイルスの効果が、進化でも獣化でもない、あれこそは極端な人間化なのだ、という結論に至り、そこから中南米の古き文明にある生贄や食人の習慣まで踏み込んで、一つ一つ紐解いていくウイルスではなく文明そのものの謎解き。いや、人間という存在の成り立ちにまでたどり着いていく回答編。
ああ、凄かった。
そして、そんなストーリーをより深く、より綺羅びやかに盛り上げてくれる要因こそが、登場人物たちの魅力的な生き方であり、在り方であり、その魂からの叫びなのである。
殺し合う敵でありながら、時として共闘する味方でもあった独覚兵たち。12の干支に例えられた彼ら独覚兵たちは誰もが個性的であり、人を辞めた存在でありながら誰よりも人らしくて……終盤彼らの殆どが死に絶えてしまった時のあの寂寥は未だに心に隙間風が吹きすさんでいる。去っていく独覚兵たちとすれ違い違う方へと歩いていく御門の一枚絵が印象的で焼き付いているのだ。
敵でありながらどうしても憎みきれなかった彼ら。御門にとって、同じ独覚ウイルスに冒された同胞だった彼ら。自分だけが取り残されていく、というあの寂しさ。あれだけ殺し合った相手に、こんな感覚を抱くことになるとはなあ。
そんな中で、唯一常に味方でいてくれた摩虎羅の姐さん。彼女、原作小説だと端役も同然ですぐに退場してしまうのですが、漫画版だと御門の頼もしい相棒として最後まで側に居続けてくれるんですよね。独覚兵の中ではまだしも人の姿を保っている彼女ですけれど、やっぱり見てくれは毛むくじゃらの猿なのですが……それでも美人なんだよなあ。彼女のお陰で、猿系の獣人も全然アリじゃないか、と思うようになったし、斉天大聖孫悟空の女性化もばっちこいになったんですよねえ、うんうん。
ある種、価値観をひっくり返してくれるほど魅力的なキャラクターだったわけだ。
それ以上に、シリーズ通して敵味方全員喰うほどの存在感を見せ続けた魅力、カリスマの塊みたいだったのが薬師寺法山。丸メガネのサングラスに髭面、野太刀を担いだ怪人にして奇人。独覚兵たち死人部隊の隊長でありながら、ただの人間。ただの人間でありながら人間を超越した独覚兵たちをも上回る戦闘力を誇る超人であり、何より最後まで皆に慕われ、敵対した相手にも一目置かれ続けたクソ親父。
このグラサン親父のキャラクター造形は伊藤勢作品のスターシステムでよく登場し続ける最強トリックスターなんだけれど、本作でも盛大に持ってったなあ。本当にタチの悪い正面からの戦闘でも謀略でも策略でも常にこちらを上回られるタチの悪い最強の敵でありながら、同時に彼こそが御門を含めた様々な登場人物の最大の理解者でもあり続けたんですよね。それは御門や身内であった独覚兵たちだけではなく、明石教授や現地ゲリラの人たちの理念にも通じていたことを考えると、計り知れない人物であったように思う。彼が敵であったからこそ、アレだけ銃火を交えながらも、互いに殺し合いながらも、憎しみに囚われきらず、ときに矛を収めて話し合うことも共闘することも出来たんじゃないだろうか。
だからこそ、ラストは凄く救われた気持ちになったんですよね。
何もかも奪われて、喪って……そう思わされたあとに訪れる救済。行き着いてしまった果てから、戻ってこれるという希望。連れ戻すという確かな意志と伸ばす二人の、いや三人の御門に差し伸ばされた手。そして、誰も居なくなったと思われたあとに帰ってきた彼らの姿に打たれた、法山の素の笑顔から放たれた「おかえり」という言葉に満ちていた生きているということの素晴らしさ。

ストーリー、キャラともに原作小説とは大きく改変されながらも、夢枕獏さんの大いなる後押しを得て作り上げられたもう一つの【荒野に獣慟哭す】。掲載雑誌の休刊による中断という絶望的すぎる局面を乗り越えて最後までたどり着くという、紆余曲折というには波乱万丈すぎる展開でしたが、それに足るに相応しいまさに大作、大作でした。ラスト近辺の、漫画編集者の彼女の魂の絶叫は、色んな意味で打たれたなあ。あれは、まさにこのシリーズの紆余曲折を経験した作者でないと吐き出せない魂の叫びだったんじゃないかと。
だからこそ、無性に感動してしまった。彼女の決死の働きが、絶対に見捨てないという想いが、最後の希望、最後の救いに繋がったと思うと、なおさらに感慨深い。
自分、伊藤勢さんのコントとかギャグとか大好物なので、これの勢いも最後まで衰えなかったのはホント嬉しかったです。波長が合うのよねえ。
最近は活動が見られず心配していたのですが、丁度先月9月からヤングアニマルで新連載はじまったみたいなので、良かった良かった。

シリーズ感想

狼と香辛料 11 5   

狼と香辛料 (11) (電撃コミックス)

【狼と香辛料 11】 小梅けいと/支倉凍砂 電撃コミックス

Amazon

賢狼ホロと行商人ロレンスの旅は続く――港町ケルーベ編クライマックス!
ホロとロレンスは、海獣イッカクをめぐり町の南北で対立する港町ケルーベに滞在していた。ロレンスは、軟禁されてしまった女商人エーヴを救うため、イッカク購入を企てるレイノルズの悪巧みを暴こうとする――!
いやもう、これは素晴らしいとしか言えない。キーマンのあの眼の描き方を見ましたか。あの眼一つだけで、キーマンという商人がこの場面においてどれほど追い詰められていたのか。刻々と状況が進展するにつれて鋭さを通り越して荒んでいくキーマンの眼差し。笑顔自体は崩さないものだから、余計に余裕が失われていく様子が彼の顔つきでわかるんですよね。正直、ここまでキーマンが追い詰められていたとは、原作を読んだ時にはそこまで思ってませんでしたね。原作だと、玄妙なセリフ回しのお陰でどの登場人物もなかなかその本心は読めませんでしたからね。それを行間やセリフの意味や各人の反応から読み取るのがまた面白い作品でもあったのですが。同じ場面でありながら、小梅さんの漫画は別の意味で非常に雄弁でありまして、いや実に楽しい。
これはエーブに関してもおんなじで、彼女が果たしてロレンスという男に対してどのような想いを抱いていたのか、については色々と想像をめぐらしたものでしたが、この漫画においてはこれまたとても雄弁に彼女の表情が物語っていたのではないか、と。
あの最後の手紙を手渡すときの、ロレンスの手に自分の手を重ねながら、寂しそうに切なそうに微笑むその面差しが、そしてあのキスシーンの直前の何かを残そうとしているかのような薄っすらとした笑みが、エーブ・ボランというヒトが、恋する女性であった事を、恋を喪った女性であったことをこれ以上無く明瞭に示していたのではないでしょうか。
トビっきりにイイ女だったよなあ。この2つのシーンでのエーブには、本当に見惚れてしまった。
でも、一番キュンキュンさせられるのはやっぱりホロなんですけどね。

対立の街、の話も終わり、いくつか原作のエピソードを飛ばす事になったようですけれど、こればっかりは仕方ないかなあ。さすがに、全部やってるとこのコミックもいつ終わるか分かったもんじゃないですしね。既に長いこと続いてますし。
それでも、何気に人気高いであろうある酒場の看板娘さんをしっかり登場させる当たりはさすがであります。あの娘、確か原作では名無しだったんじゃなかったでしたっけ。ここではヘレーネという名前付きで、凄まじい魅力を振りまいております。いや、このグラマラスな身体つきに色っぽいし仕草ときたら、なんちゅうエロ可愛さでありましょうか。たまらんなあ。

シリーズ感想

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 5 4   

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! (5) (カドカワコミックス・エース)

【Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 5】 ひろやまひろし カドカワコミックスA 

Amazon

『世界の救済』それこそがエインズワースの真の目的。聖杯『美遊』の運命を知ったイリヤは迷いの末の決断を下す――。「美遊も世界も両方救う! 」 喜怒哀楽が詰まった魔法の一冊「プリズマ☆イリヤ」ここにあり!
一瞬、柳洞一成かと思ったんだが違うんだね! 腐的な意味で、これは図らずも敵味方に別れてしまった美遊の兄ちゃんとのバッテンが映えるぜ、と一瞬思ったんだぜ。
というわけで、今回は最初から最後まで仰天しっぱなしの第五巻だった。大盛り上がりどころの話じゃないですぜ、親方。



続きを読む

武装少女マキャヴェリズム 1 4   

武装少女マキャヴェリズム (1) (カドカワコミックス・エース)

【武装少女マキャヴェリズム 1】 神崎かるな/黒神遊夜 カドカワコミックスA 

Amazon

自由を愛する納村不道が転校してきた愛地共生学園では、武装した女子による男子支配が行われていた! 学園を統率する女剣士達「天下五剣」と、女帝・天羽斬々に対し、納村は「無刀」で反逆することになるのだが…! ?

うひひひ、おっもしれぇ。前作の【しなこい 竹刀短し恋せよ乙女】も面白かったのだけれど、負けず劣らずトビっきりに剣戟エンターテイメントしてますよ、これ。
自分、こういう術理を以って武術剣術を語り尽くす作品って大好物なんですよね。何となく、ではなく一挙手一投足の全てに合理があり術理があるがゆえに、そのアクションの隅々まで理解が及び、理解が及ぶからこそその術理を以って為された技の豪壮さ、精妙さにより強く迫力を感じ、興奮を抱くのである。
勿論、薀蓄よろしく語られる剣術流派の術の理と、動きの激しい動的な絵とが上手いこと組み合わさらないと、語りの部分が冗長になってしまったり、テンポが悪くなってしまったり、という危険もありますし、絵に力が無ければまさしく理論倒れの迫力の無さばかりが目立ってしまう可能性も高いわけです。
だからこそ、理と動がうまく噛み合った作品はとびっきりになるのであり、この作品はまさしくそれなのであります。
古流剣術というと、看板の名前ばかり知っていて、しかしその剣術の内容というのは大概知らないものです。たまに残されている技の説明なんかを見ても、それがどういう意味を持つのか、実際の戦いの中でどう位置づけられるのか、いまいちピンとこない。
ところがほれ、本作なんか見てみると、こういう剣術の術理が観念的なものばかりではなく、凄まじく合理を突き詰めたものである一端が垣間見えたりして、なんかすごい感激しちゃうんですよね。
まだ天下五剣とはまともに試合ったのは一人だけ。そのほかは副隊長クラスとの攻防が散見されるわけですけれど、色んな剣術との剣戟は一人ひとりが個性的なだけにホント、面白いです。主人公サイドが無手、というのは驚いたけれど、見てると拳法の類ではなくて、無手ながら剣術サイドというのが興味深い。やっぱり、対武器戦闘で此方が無手の場合は、手甲は必須アイテムですよね、うんうん。
そして、肝心な部分ですが、女の子はきちんと可愛いのがよし。危険生物と甘酸っぱさが同居しているヤバさは、ハマるとたまらんですね。

恋愛ラボ 10 5   

恋愛ラボ (10) (まんがタイムコミックス)

【恋愛ラボ 10】 宮原るり まんがタイムコミックス

Amazon

イベントの秋は恋の花が満開!

体育祭でそれぞれの恋心もマックスに盛り上がった藤女生徒会のメンバー。 南中男子との合同文化祭企画にさらなる新展開の予感…!? ナギのことを意識しすぎるあまり関係がギクシャクしてしまうリコ。 ようやく自分の気持ちに気づきはじめるマキ…? エノの気持ちはUK王子に一直線!! この秋、オトメたちの恋の花は満開の予感…!?
ああもう、リコが全面に渡って可愛い。本当に可愛い。南中に出向いた時に、たまたまナギを見つけた時のあのシーンの、あの弾けるような笑顔には心臓鷲掴みにされてしまった。リコが恋心を自覚してしまってから、あらすじにもあるようにギクシャクして貯めこむか変な方向に暴走するか、という展開に終始する事が多くて、それはそれで赤面したりキュンキュンしたりしているリコの姿は無茶苦茶可愛かったんだけれど、あれほどあけすけに、まっすぐにてらいなく、大好きという感情を弾けさせることの出来る機会はやはりなかったですからね。あのシーンは本当に良かった……直後に先生に鹵獲されてしまいましたが。
ナギも、これまでろくに男として扱って貰ってこなかった歴史もあり、リコの性格自体が快活明朗で他の男に対しても無邪気に接するタイプの女の子だけに、自分だけに好意を寄せてくれていると素直に考えられないのもよく分かる。特に今回は、オマケでナギとリコの幼少時代のエピソードが載っているだけに、なおさらに。
好きな女の子に負けないように、肩を並べられるように、弱さを克服して男らしくなるって、それはそれで通過儀礼としては立派だけれど、だからといってそれで相手の女の子が自分を男として見てくれて、好きになってくれる、と思えるほど自信を持てる男の子はそうはいないだろうし、ナギもそのタイプじゃないですしね。自意識過剰は恥ずかしい、と思っちゃう年頃でもあるし、リコの暴走もあってそりゃ彼女の気持ちに気づくのは難しいだろうけれど……そんなの関係なく、あの可愛さは反則だわなあ。リコがどう思っているかはわからなくても、自分の気持についてはどんどん固まっていくよなあ。
さても、リコとナギの方も盛り上がっておりますが、今回の本筋は何よりもマキとヤンでしょう。なんかもうついに、って感じだわ。今更?という気もしないでもないほど、当人たちの自覚はさておいて、意識しあう様子は甘酸っぱいことこの上なかったのだけれど、なぜこんなにも相手のことを意識してしまうのか、という理由に気づいてしまったあとの少年少女の姿の素晴らしさときたら……絶品であります。絶品であります!!
敵ではなく、ライバルではなく、尊敬している相手だからではなく、小憎たらしいムカつく奴だったからではなく、ごくごく単純に、好きになってしまっていたから、こんなにも彼の、彼女の一挙一投足が、何気ない言葉が、反応が気になっていたのだと、わかってしまったときの衝撃、蕩けるような感覚……うーん、甘酸っぱい。
とかく、これからが本番なんでしょうけれど、あのマキとヤンの二人がどうなってしまうのか、特にマキは何をしでかすかわからない「酷い」世間知らずなので、もう想像がつかんですけれど……ニマニマは解除できなさそう。顔面崩壊必至ですね♪ アニメ第二期はないのかしら。

シリーズ感想

戦国妖狐 135   

戦国妖狐 13 (BLADE COMICS)

【戦国妖狐 13】 水上悟志 BLADE COMICS

Amazon

偶然も必然も……すべての因果は決戦の地「断怪衆本山」へ!!!

無の民と戦うべく断怪衆本山に急ぐ千夜たち。
しかしそこでは衝撃の再会が待ち受けていた…!!
ふいおおっ! 一巻丸ごと最終決戦じゃーー!!

無辜の闇たちを攫って操り尖兵とした無の民と、人質となった彼らを殺さずに無力化しながら戦おうとする千夜たち。この、殺さずにというのは断怪坊主たちの言うとおり、この期に及んでは無謀も良いところなんだけれど、それほど無茶であろうと、千夜がこれまでたどってきた遍路の先こそがそれなんですよね。生半可の覚悟じゃない。どれだけ悩んで苦しんで、藻掻いて懊悩して、戦いというものそのものに、殺し合いというものそのものに対して真剣に向き合い続け、出会いと別れの中で見つけ出そうとしていたその先で、絶対にやらないと決めたことだったわけです。
でもね、その果てに見出したのが、あの姿だったというのは、感動すると同時に「ああ、千夜、それはきっと違う!」と思わず呻いてしまったのでした。
「何になるかは おれがが決めていいんだと 今 気づきました」

改めて見ても、あの千夜が「成る」シーンには鳥肌が立つ。あまりの粛然とした神々しさに、呆けたようになるしかなかった。本当に凄い。こんなの描ける水上さんは本当に凄い。
でも、同時にその神聖さこそが、それはいけないという心地にさせてくれる。人間が、そこに至るというのは化け物になる以上に、もう人では居られなくなる。何になるかを、少なくとも千夜は、一人では決めてはいけないのだ。決めるなら、千夜はきっとあの娘と二人で決めなきゃいけないのだ。
だから、ここで割って入るのが彼女であるのは、当然至極のことだったのだろう。もはや、必然だったのだ。すべてを救うものが、自分だけは救えないなんて、そんなふざけた話があってたまるものかよ。

そして、もう一つの悲恋も、哀切たる恋物語もここに岐路を迎える。
ボロ泣きだよ! もうなんか泣いちゃったよ、泣くしかないじゃんか! やっと、やっと、やっと辿り着いたんだ。やっとやっとやっと、再会できたんだ。男一匹風祭真介の、ここが花の咲かせどころじゃあないか。
うう、ここで引きとは生殺しだ。別の意味で泣きそうだ。続きを、続きを早くぅ〜〜(じたばた


シリーズ感想

Landreaall 24 限定版4   

Landreaall 24巻 限定版 (IDコミックススペシャル)

【Landreaall 24 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon

これ、限定版特典の小冊子が素晴らしかった。この間までやっていた馬上槍試合のもう一方の主役である馬たちのお話なのですけれど……。Landreaallの世界では、馬って単なる動物ではなくて(馬にかぎらず少なからぬ動物も)ちゃんと知性と意思を持つ人間と対等の存在で、騎士団などに所属している馬たちは家畜として飼われているんじゃなくて、正式に契約して騎士団に在籍しています。今回は、そんなお馬さんたちが先日の馬上槍試合で乗せた若き騎士たちについて語り合う、井戸端会議ならぬガールズトーク。そして尻の話。お尻好きすぎるだろう、ご婦人方(笑
それにしても、DXを乗せていたアプローゼの圧倒的なマダムっぽさは物凄いですな。どう見ても馬でしかないのに、ひと目で伝わってくるあの熟した美女の色香。まつげ長いのよ! その流し目ときたら、色っぽいのなんの。
いやあ、面白いわ楽しいわ笑えるわで、最高の小話でした。
最近、本編がけっこうハードなんで、こういうところで癒やされないと。

さて、その本編ですが、ついにリルアーナ王女の真相とクェンティンの真意が明らかになり、その覆い隠されていた仮面の下から、復讐という名の虚ろの顔が現れることに。
ユージェニは、これどうなんだろうね。クェンティンの建前の裏側にある熱された虚ろに気づいていないとは思えない。利用し利用される関係なんて嘯いているけれど、そもそもクェンティンの語る王国の未来について、どこまで信じているのか。これっぽっちも信じていないんじゃないかとすら思える。彼女はクェンティンみたいなのに騙されるような頭の悪い女性には見えないから。じゃあなんで、そのクェンティンの言うとおりに傀儡のように動いているのか。
さてさて、その理由についてはメイアンディアをわざわざ砂漠の端まで引っ張り出してきて、DXと共にここでクェンティンとユージェニという組み合わせと対峙させる事が何故必要だったのかに絡めて、想像が羽撃く。
ユージェニに何かを突きつけられるのは、今この時をおいてはメイアンディアなんですよね。彼女の立場と、その選択をした高貴なる者としての意思、その胸に抱いた恋こそが、今のユージェニに対峙するための武器となる。もっとも、今のままでは諸刃の剣。無理をしている、我慢している、耐えているという意味においては、まだ今のメイアンディアではユージェニに何かを意見できるかというと……さて。
ということは、ディアにももう一山必要なんですよね。だからこそ、彼女と対等であり同じ女性であるイオンがついてきている事に意味があり、またクェンティンからつきつけられた虚言に対して、DXがどう反応するかも、このさきのディアの決断を大きく左右しそうな気配がある。
ってか、いい加減このクェンティンの言葉は聞いててイライラしてくる。自分でも信じていないような台詞を、確信しているかのようにDXに押し付けてくる彼の虚言の数々は、なまじっかヌルリと心のスキマに入り込んでくるようなまさに悪魔のささやきで、だからこそ鬱屈が溜まっていくんですよね。
そろそろ、DXにはスッパリと切って捨ててほしいなあ。誰も思いもよらぬ角度から、核心を突くDXのいつものあっと驚かせ、思わず感嘆のため息を付いてしまうような一撃を、今こそこの淀みにぶちかましてほしい。さすがにそろそろ、クエンティンの狼藉に我慢できなくなってきた。

巻末のテイルピースが、またいい味出してまして……。
カイル、DXの親友だったのか……。いや、否定はされないと思うけれど、思うけれど……ものすごく嫌な顔されそうw
一方でイオンの話の方は、六甲の結婚話に対してあれだけイオンが焦って必死になるということは、やっぱりそういうことでいいんだろうか。いいよね?

シリーズ感想

狼と香辛料 10 4   

狼と香辛料 (10) (電撃コミックス)

【狼と香辛料 10】 小梅けいと/支倉凍砂 電撃コミックス

Amazon

伝説の海獣をめぐる大騒動の行方は――!?
ケルーベの町で海獣イッカクをめぐる大騒動に巻き込まれ、自らの危険な立場に動揺するロレンス。そんな彼を、ホロは厳しくも優しく諭すのだが……? 電撃文庫の大ヒット作のコミカライズ、緊迫の第10巻!
改めて見ても、この街での出来事は、「狼と香辛料」という物語の中のターニングポイントだったのがよく分かる。
ロレンスの商人としてこれから歩み目指す先の方向性。今までロレンスは商人としての大成を夢見ながらも、具体的にどのような成功を得たいかという形は見出していなかった。商人の成功の形としては様々なケースがありますからね。これまでは大きな街で大店を構える、みたいなわかりやすい夢を描いたりなんかもして、それを絵にして楽しんでたりもしたのだけれど、このケルーベの街で、大きな街での大店を構える商人の在リようというのを目の当たりにすることで、ロレンスという男に最も相応しい成功とはなんぞや、という疑問にぶち当たることになるのである。
いやさ、多分この時のロレンスにはそんなことに思いを馳せる余裕はなかったやもしれないのだけれど、それを自覚させてくれるのがホロなんですよね。賢狼といいながら、彼女はこの場面において決して知恵を与えてくれたわけじゃありません。でも、それ以上に彼女の存在と温かい愛の篭った言葉はロレンスに心の余裕をもたらしてくれます。これは、賢狼としての活躍というよりも賢妻としての振る舞いなんだよなあ。
彼女のお陰で、ロレンスは街の商人の恐ろしさに背を向けしっぽを巻いて逃げ出すような無様な真似をせずに済みました。多分、この時後ろも見ずに逃げ出していたら、その後自分らしい商人としての在り方、というものに素直に向き合うことが出来たでしょうか。この時、キーマンとエーヴを向こうに回して商人として戦えたからこそ、負けたから、自分には出来なかったからではなく、自分にはふさわしくなかった、似合わないから彼らと同じ道は歩まない、と胸を張って主張できる自信を得られたような気がします。
そしてここで、ホロが参謀としてではなく、女として、格好いい所を見せておくれ、と発破をかけてくれたからこそ、ロレンスにとってのホロの存在も定まった気がします。その気持ちに名前をつけることになるのは、とある女性の再登場と遠慮のない指摘を待たなければならないのですが、少なくとも誰を選ぶかの「選択」については、この巻ですでに終えているわけですな。
ラストのあのシーン。小説で見た以上に、この漫画でエーヴは、商人ではない自分をロレンスにさらけ出しました。そうして、ロレンスに手を差し伸べたのです。少なくとも、ここでエーヴに嘘があったようには見えません。狼に徹していた彼女の、ただ一度垣間見せた亀裂であり本心がそこにありました。本気、だったんでしょう。
それを振って、ホロを選んだんですから、言わずもがな。
内面描写がない漫画だからこその、絵を通して意を込める、読み込みその時そのキャラクターが何を考えているのかを考えさせる描き方は、この対立の街編ではさらに威力が込められていて、読み応えありましたわ。

それにしても、もう巻も二桁に到達したというのに、ホロの振る舞い、その仕草、心をくすぐりもてあそぶ言葉の数々には未だに新鮮なトキメキを感じさせられてしまいます。絶えず、恋させられているような感覚です。可愛いだとかじゃなくて、視線を向けるのもドキドキしてしまうような、そんなトキメキが絶えません。
この巻には、改めて描き直された一巻のロレンスとホロの出会いのシーンが描かれていて、何とも新鮮な気持ちにさせてもらいました。でも、もうちっとエロくても良かったんよ? 

シリーズ感想

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 44   

プリズマ☆イリヤ3rei!! 4―Fate/kaleid liner (角川コミックス・エース 200-13)

【Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 4】 ひろやまひろし カドカワコミックス・エース

Amazon

アサシンフォームのイリヤ、あれカボチャパンツ!? なんか、アサシンというよりも着ぐるみみたいで可愛いのう、とか言っている場合じゃないんだけれど、思いの外ハサンの技って役に立っている気がするぞ。
さて、此処に至ってついに美遊の聖杯としての役割、彼女の世界であるこのパラレルワールドの異様に荒廃した雰囲気の謎が明らかになるわけだが……思いの外直球でFateのテーマに挑んできたじゃありませんか。
いかなスピンオフとはいえ、このプリズマ☆イリヤもまた正しくFateシリーズを継承するものであったわけだ。そうなんだよなあ、正義の味方の思想としてはエインズワース家の選択はキリツグの系譜であるわけだ。もっとも、あの当主の思惑は痛みを甘受してなお貫く正義ではなく、むしろ娯楽に傾倒しているように見えるのが不気味なんだけれど。
そして、エインズワース家の正義に対して真っ向から反抗してみせたクロエのそれは、真・イリヤであった彼女らしい正義の味方を捨ててサクラを選んだ弟を祝福し、姉として生きて死んだヘブンズフィールへの道とも言えるのでしょう。そしてそれはこのルートにおいても、正義の味方たるを据えたキリツグの肯定であり、そうして世界平和と引き替えにされたたった一人である妹、イリヤの全肯定するものなのです。
ここでも彼女は、選ばれなかった姉ながら、それでも大切な家族を、友達を守るために死力を尽くす事になる。
しかし、イリヤは、このイリヤはその両方を否定し、夢物語を決然と宣言してみせるのです。それは正義の味方でも魔術師としての在り方でもない、魔法少女という存在の生き様であり、同時にイリヤスフィール・フォン・アインツベルンという聖杯が、穢れない願望器として正しく奇跡を起こし、夢の様な願いを叶えようと挑む物語となったわけです。どんな願いも叶える願望器が聖杯ならば、イリヤスフィールにはそのチカラが備わっているに違いない。さらに、異世界の聖杯である美遊と手を携えることが出来るなら、尚更に奇跡は近くにありにけり。必要なのは、勇気と決意。まったくもって、魔法少女の本分じゃあありませんか。そうして、父が諦めた「世界を救う」という願いをもまた、形は違えどここに叶えようとしているのですから。いや、それどころか、世界も、友達も、姉も、家族も、全部守って助けだす、と。
すべての人を幸せにする聖杯として。
これぞFateにおけるイリヤスフィールの物語の結実と言えるのではないでしょうか。さあさあガッツリ、きましたよ〜。

シリーズ感想

Landreaall 23 限定版4   

Landreaall 23巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

【Landreaall 23 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon


まさか、あの夫婦が。特に戦鬼がごとき無双の、作中最強なんじゃというファレル母さんがどうやったらやられるんだ、というかどうやったらやっつけられるんだ、とありえないシチュエーションに、これ本気でヤバいんじゃないのか、と危惧していたんですが、そうか、そういうことだったのか。これは相手が上だった、としか言い様がない。そうか、ファレル母さんってそんな弱点あったっけ。そんな弱点ついても余計に酷いことになりそうで、全然予想していなかった。そもそも、彼女の弱点ってこういうシーンで利用されるようなものじゃなかったはずだもんなあ。これは偶然なのか、それともファレル母さんの弱点を把握した上での事だったのか、と疑問するなら、仕掛け人が明らかになった時点で後者とかんがえるべきなんだろうなあ。
案の定黒幕は誰もが予想した通りの人物だったわけですけれど、ここまであからさまなのに底知れないあのクェンティンの怪しさはやっぱり並外れている。一体何を考えているのか、未だにさっぱりわからないし。こいつが面倒くさいというか難しいというか怖いのは、安易に「敵」認定出来ないところなんですよね。まず敵味方がはっきりしないと対処のしようがないものなんだけれど、そもそも彼に関しては何に対して敵味方の判断を下していいのか、から分からない。白黒はっきりするのって簡単なように見えて、これだけ判断の土台となる部分が混迷しているとひどく難しいんだよなあ。果たして、クェンティンがここまでやらかした今の段階に至っても、判断してしまっていいものか恐ろしくある。DXは白黒ハッキリさえしたら、電撃的に事態を解決できるだけの様々なものを備えているけれど、同時に思慮深く慎重で判断基準も独特なので、クェンティンについてはかなり困ってそうなんだよなあ、扱いを。前はアンちゃんことアニューラスについても随分困ってた節がありますけれど、彼女(彼)についてはDXに対してほぼ全幅で自由を尊重してくれたので、まるっと大方のものを預けて解決してしまったのですが、クェンティンは目的が定かではないのはいいとしても、その目的を達成するために他者の自由意志を尊重しない、というか誘導する節があるので、DXが打ち解ける余地は殆どないんだけれど、それでもまだ敵認定するようなものでもなかったんですよね。それが、今回これだけハッキリと強引な手に打って出てきたとなると、それだけ大きく事を動かす段階に至ったのは間違いないんだろうけれど……うーん。
それでも今回は六甲が本当に危なかったんで、身内を危機にさらされたDXがどう判断するのか。彼については後になってみるとその行動原理は明快にしてわかりやすいものの、その時その時には動きが瞬発過ぎて理解が追っつかない事が多々あるので、今回もどこまで動くのか見通しが立たないのがワクワクを通り越したドキドキ感がある。とんでもないことをやらかしてくれそうで、それがある一定のラインをちょうどまたぎ越していそうで。ティティの気持ちはよくわかるよ、これw
とはいえ、六甲が無事だったことでほんとに危ない展開は免れているのは多分、間違いないと思うんだけれど。
一方で、イオンもまたこれ、何気に道を一つ選んじゃったんだよなあ。イオンちゃんはどうやったってイオンちゃんであることを選んだか。あの寮監さん、ケリー夫人ならイオンがどう言おうと最後まで止めると思ったんだけれど、イオンの決意の謝罪に対して何も言わなかった、言えなかったのか、のが結構意外だったし、それだけこのシーンは重要だったのかもしれない。
しかし、DXがイオンに気付かなかったのはなんでなんだろう。他の親しい人はみんなほぼひと目で気づいてたのに。六甲も驚いてたもんなあ、気づいてないことに。
六甲ーイオンのラインは正直もうないのかな、と思ってたんだけれど、あのシーンを見せられるとまたぞろムクムクっと盛り上がってきましたよ。家族は家族でもやっぱりDX相手とは違うもんなあ。DXとしても、カイルよりも六甲の方がオススメみたいだし、個人的にもこの一件で六甲がニンジャでありながら人間として生きることに対してより真剣に向き合うことになったことで、よりイオンとラインが繋がる芽が芽生えてきた気がするので、ぜひ推してあげたい。
巻末の短編も毎度ながら面白かった。一つの些細な事件と認識されていたものが、解体しその影響を辿って行くと様々な面に波及して繋がっていっているという面白さ。歴史にしても現代の政治にしても、単発の出来事を抜き出して表層だけをさらって、これ、と見せてもその本質は全く伝わらないんですよね。繋がっていっているものを見出して、その多くを俯瞰して理解しないと物事というのは見えてこない。新聞記事やイオンの話、自分が見聞きした出来事から、グランドデザインを描き出して見えたチルダは、ほんと賢いなあ。そして、それを安易に口に出さないことも含めて。
そして、フィルのナイフ投げの凄さ、伝わりましたよ。DXが語りたくてウズウズしているのが、可愛いというかなんというか。しかし、本気でスゴイんだ、フィルのナイフ投げ。

シリーズ感想

紫色のクオリア 3 5   

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)

【紫色のクオリア 3】 綱島志朗/原作:うえお久光 電撃コミックス

Amazon


うおおおおおおおおおおおおおおおお!!

超大傑作!!!


あの、原作を読んだ時の超弩級の衝撃を、そのまま、或いはそれ以上の威力を持って食らった、喰らってしまった。願わくば、この漫画シリーズ三巻をまとめて読むことをおすすめする。蝶オススメする。その上で原作を読んで、満を持してこの三巻の付帯されたうえお久光さんが書いた書き下ろしの短編を読めば、それできっとパーフェクト。
貴方は、地上から時空の果てに浮かび上がり、宇宙の彼方へと吹き飛ばされ、天上天下の概念を完全に溶かされた挙句に地上に叩き落とされ夢から覚めたみたいな放心状態にさせられること請け合いである。
この、際限なく自己が拡大していって想像が及ばない領域まで広がりきって進み切って、果ての果ての最果てまで到達した末に、最初の地点に収斂していく感覚は、きっと二度と味わえない前人未到の感覚である。そう思っていた。この原作を読んだ時に打ちのめされた陶酔を、まさか漫画でもう一度、些かの瑕疵もなく再び味わう事が出来るなんて。なんて新鮮で、懐かしくも尊い感覚だろう。泣きそうだ、というか泣いた。
そんな、湧き上がる感覚を、湧き上がって留まることなく吹き上がって、飛び散っていってしまいそうなそれを、最後の短編が小箱のように内に収めてくれたんですよね。
小説と漫画の、両方の終着点。この【紫色のクオリア】という世界の本当のピリオドが、この短編をもって打たれたのだ、と思うと切なさと同時に止めどない安堵が溢れる。やっと、蓋をすることが出来たのだ、と。

内容について言及する必要性は、これっぽっちも感じない。というか、もうやだ、ごちゃごちゃ言ってる前にまず読め、としか言えん。読んでこの怒涛怒涛の疾走に何も出来ずに溺れるがいい。 
今はただ、感慨に浸るばかり。これほどの傑作をもう一度味わえたことに、ひたすら感謝を。もうこれ、課題図書ね?

1巻 2巻 小説感想

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」  84   

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (8) (カドカワコミックス・エース)

【まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」  8】 石田あきら/原作:橙乃ままれ 角川コミックス・エース

Amazon

長らく続く人間との戦争に和平をもたらすべく、魔族の大会議・忽鄰塔(クリルタイ)を招集した魔王。各氏族の思惑を調整するための交渉と工作の末、光明が差したかに思えたその時、思いもよらぬ事態が――。
これまでほぼ人間界サイドでの描写が続いていた「まおゆう魔王勇者」ですが、この「忽鄰塔」から本格的に魔界サイドの描写も増えてくるんですよね。この8巻など、ほぼ全編にわたって魔界編。それも、忽鄰塔での高度な交渉戦が主体となるという贅沢な作り。
相変わらず、情報の取捨選択と伝達が抜群に上手いですわ、この漫画。交渉戦がメインというだけあって、各氏族の思惑や妥協点、それに当て込む魔王側の手練手管や彼女たちの外側で蠢く様々な思惑など、非常に情報量が多い上に、ちょっとでも重要な要点を逃すと何がなんだかわからなくなりかねないという危険性がかなり高い場面だったのですが、事前の下交渉や緊迫の駆け引き、そして大逆転の一手に至るまで過不足なく描かれていて、本当に面白かった。この構成力は特筆に値すると思う。
惜しむらくは、関門都市の砦将の登場のインパクトがもう少し大きければ、というところか。あれは、蒼魔族の思惑をギリギリでひっくり返すという大逆転の一手を、魔王や勇者の思惑の外から火竜大公などが動いて導いてくるまさに肝となるシーンであり、その辺りは実に痛快に決まっているのだけれど、あの「人間」を代表とする集団が魔界の大氏族の一角として最高決定機関の一員に加わる、という意味合いがちょっとまだはっきりと伝わっていなかった気がするんですよね。
あのシーンは、原作で読んだ時は価値観とか魔界と人間界の対立二極構造を根底から覆すというパラダイムシフトを決定的にしたシーンでしたからね。ここから、表舞台としても本当の意味で世界は「人間対魔族」という構図が消え去って混沌としていくわけですから。
とはいえ、十分といえばまずはこれで十分か。なにしろ、その後の魔王暗殺! がインパクト全部持ってっちゃいましたからねえ。あれは、執事の爺さんの仕事じゃないかと思っちゃうよなあ。爺さんの「弓兵」という肩書がどんなものか、この時点ではよくわかっていませんでしたから。

しかし、一番ニヤニヤさせられたのは火竜大公と青年商人のやりとりか。あの青年商人の嫌そうな顔が素晴らしい(笑
この人があそこまで主導権を誰かに一方的に握られてしまったことって、今までなかったんじゃないだろうか。勇者に振り回された時以来か。あそこでの出会いが年貢の納め時のスタート地点だったわけね。

シリーズ感想

恋愛ラボ 94   

恋愛ラボ (9) (まんがタイムコミックス)

【恋愛ラボ 9】 宮原るり まんがタイムコミックス

Amazon

リコの爺ちゃんが粋すぎて泣きそうだ。リコが藤女に行きたいと思うようになったきっかけとなったお爺ちゃん。リコの快活さと元気印はこの爺ちゃんの血なんだろうな、と思わせる明るい爺さんだったのだけれど……。
うん、この人はホント粋だね。多くの言葉を費やして大切な思いを伝えるのも素晴らしいことだけれど、この人が残したのは明るい思い出でした。思い出して悲しくなるのではなく、ついつい笑ってしまう思い出が一番に出てくるように、一番強烈で素敵な一言を残していった爺さんの粋な有り様には、羨ましさすら感じてしまう。人間、こんな風に生きて、思い出を残せたらきっと最高なんだろうなあ。

というわけで、この9巻はメインから少し外れたポイントに焦点を当てた、実質的な番外編。なので、いつもの四コマではなくて、通常スタイルの漫画形式に。って、そういえば恋愛ラボって四コマだったんだよなあ。忘れてた。

誰にもバレてないと思われていた生徒会の面々の奇行。お固い学校の先生達は、優等生のマキをはじめとした生徒会の面々の正体がアレ、なんて事はさっぱりと気づいていないどころか想像だにしていないのだけれど、意外と見ている人は見てるんだ、というお話。伝統ある藤女の先生としては失格と言ってイイ怠けた態度の担任の杉原先生。ちゃんとした先生たちには見えてないのに、やる気なさげなこの先生が、唯一マキたちの本性に気づいていて、その様子をちゃっかり見てる、というのは面白い構図だなあ。ただ、この先生、本気で見てるだけで何の干渉もしてこないので、これまでの本編では杉原先生にバレてるというのはマキたちも全く気づいてないのだけれど、そう言えば何気にわかってそうな素振りは見せてたのか。

本邦初公開のサヨの彼氏。実在してたのか! と思わず言いたくなるほどサヨの彼氏に対する扱いが酷かったので、いったいどういう関係なのかと思ったら、思いの外真面目というか相応にエピソードがあったわけだ。しかし、サヨがよくお付き合いを認めたなあ、これ。いや、本音では認めたくないからあんな態度なのかもしれないけれど、懐かれまくって突き放せず、という形なのか。

モブ男子トリオ、可愛すぎ! まあ、この漫画、概ね男の子連中はもしかすると女性陣よりも可愛らしいので、今更といえばいまさらなのだけれど。
やっぱりナギは同じ男連中から見ても気持ちのいいくらい良いヤツなのか。あれほどイヤミのない男いないからなあ。

ヤンとリコ、ヤンが登場した時から既にリコとは随分と近しい関係だったのだけれど、中学時代こんな関係だったのか。思っていたよりもはるかに深い、というかヤンの方が結構リコに対しては思い入れがあったんだな。これ、ボタンのかけ方が違っていれば、ヤンがリコに恋愛感情を持っていた、というケースもありえたわけか。いや、マキやナギが介在しなかった場合、もしかしたら塾に通い出したリコといい雰囲気になったのはヤンだった、という可能性も有り得なくはなかったかも。まあ、ヤンはともかく、リコはアレなだけにそういう気持ちになるには相当のハードルの高さがあったと思うけれど。

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 9 4   

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (9) (電撃コミックス)

【とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 9】 冬川基 電撃コミックス


Amazon

ええーっ!? 食蜂ちゃんってこんな娘だったの!?
これはかなりのサプライズ。決して普段の姿を偽っていた、というわけではないので単に傍から見ての印象と言動に引きずられていたんだろうな、と。どんな人物でもそれなりに付き合ってみないと人となりはわからない、ということか。正直、これほど人間そのものに対して不信と絶望を抱いていそうな能力と経歴の持ち主にも関わらず、相当の倫理観や良心を持ったまま、というのは凄いな。彼女自身、軽口で人格高潔な私だからこそ制御できる力、俗物が手にしたら無闇に振り回して危険だものねぇ? なぞと宣ってますけれど、あながち戯言とも言い切れないんですよね。まあ、躊躇なく使いまくっているあたり、そのクレバーさはタチが悪いとも言えるんですけれど、その躊躇いのなさに逆に安心感があるというか、持て余さず飲み込まれず使いこなしているなあ、という信頼感が生まれるわけです、不思議。
しかし、こうして食蜂さんの過去も見てしまうと、ほんと御坂だけレベル5でまともな人生送ってたんだなあ、と実感してしまう。いや、軍覇なんて変なのもいますけれど、まだ不明な6位と御坂以外の四人の扱いたるやろくでもないの良い所だもんなあ。とは言え、中学生の時点でこれほどの暗部に足を突っ込まざるを得なかった時点で、御坂も順調に泥沼に嵌っていってるわけですけれど。
まあでも、この展開は意表を突かれましたけれど、納得といえば納得。なんか、ついついレベル6に至る実験のインパクトのせいでシスターズこそメインでオリジナルである御坂の方が添え物、的なイメージに、どうやら作中の登場人物たちも引っ張られ気味になっていたようですけれど、実のところミサカネットワークがあるとはいえ、シスターズの方こそが添え物であり、何よりも肝心なのは御坂の方であり、わりと無防備にふらふらしている彼女が狙われない、という方が変だったんですよね。レベル5の重要性とこの街の危険性を正確に理解し、かなり慎重に身辺を警戒する仕組みを作り上げた上で日常に居座っている食蜂ちゃんと違って、御坂ってホントなんのバックもなしに普通の女子中学生してますもんね、これ。
まあ実験動物から自力で自由を勝ち取った食蜂ちゃんとは、スタート地点が違うので仕方ないのですけれど。幼女時代にあれだけの悪意と向き合ってたらなあ。ほんと、なんで歪まなかったのか不思議になるレベルです、食蜂ちゃんは……いや、ちゃんとゆがんでるんでしょうけどね、これw
でも、ドリーはないよなあ。こんなん悪意がないとつけられない名前じゃない。
あと、黒子さんは相変わらずの冷たい対応に、ラブポイントだだ下がり中のままですのよ。こういう記憶がなくなっている時こそ、頑張ってお姉さまラブを示さないと。ってか、知り合いじゃないってだけであんなに愛想なくなるのか。

シリーズ感想

狼と香辛料  9 4   

狼と香辛料 (9) (電撃コミックス)

【狼と香辛料 9】 小梅けいと/原作:支倉凍砂 電撃コミックス

Amazon

ははぁ、これがエーブ・ボランか!
狼と香辛料という作品において、ホロ以外に唯一「狼」と称された辣腕の女商人。原作ではその鋭さ、凄味ばかりが印象的だったけれど、こうして小梅さんの漫画によって描かれたエーブは、商人としての迫力、切れ味の尖さと同時に女性としての愛嬌や魅力までがヒラリヒラリと垣間見ることが出来た。なるほど、ホロがノーラ以上にエーブを危険視していたのもよく分かる。笑顔が、ときおり無防備なくらいに可愛らしく見えるんですよね。確かに、常に相手に緊張を与えるだけでは交渉も儘ならないだろう。もっとも、このエーブが果たして並みの交渉でこんな気安い笑顔を見せてくれるかどうかは、定かではないけれど。
ロレンスと接している時のエーブは、自分で思っている以上に楽しそうなんですよね。いっそ壮絶と言ってイイくらい商人としての性に殉じているエーブですけれど、こうして漫画で見るとロレンスに対しては単に利用するための相手というだけではない「本気」がたしかに見て取れるんですよね。
結局商売においては油断も隙も最後まで見せないエーブですけれど、ホロのいう「誑かし」には十分乗っていたんじゃないかと思えてくる。
とまあ、強烈な存在感をもってロレンスへと切り込んでくるエーブですけれど、一方でホロはというとこの街での一件においては献身的と言っていいくらいにロレンスのサポートに回ってるんですよね。一歩距離を置いて見守ってたり助言したり、というのではなくもっと積極的に縁の下で支えるように時に言葉で叱咤し、時に行動で相方を手伝うことを厭わない。前巻あたりで、二人の心理的な距離感が劇的に縮まった感があったんですけれど、こうした面からも二人の関係の進展が窺い知れようというものであります。また、傍でコルが見ているせいか、ホロとロレンスのスキンシップが一層イチャイチャ感増してるんですよね。ホロとロレンスがイチャイチャすると、コルが思わず赤面して顔を覆ってしまうので、ああ傍から見てるとやっぱりそう見えるんだなあ、と実感できるというか。
エーブ・ボランと組合のキーマン副館長。稀代とも、いっそ単純に怪物と呼んで相応しいであろう商人のバケモノ同士の食い合いの狭間にはからずも立たされることになったロレンス。ここで、ロレンスは商人という存在の一つの頂点と、自分が商人として目指す先を見出すことになるのだけれど、漫画となってもやはりこの辺りの駆け引き、凄味はいささかも劣ることなく、それどころかよりいっそうの迫力を持って描かれている。これは、次のエーブとの対決も含めて、非常に楽しみ。

シリーズ感想

Landreaall 22 限定版5   

Landreaall 22巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

【Landreaall 22 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon

うっひゃーーーー!! 読み終わったあと、止めていた息を吐いて吸って、万感こめてバンザーイ、やっはーー。いやあ、もう色んな意味で呼吸を潜めつつもハラハラドキドキな内容でした。今の新王即位に関連する宮廷内の微妙なパワーバランスの中に否応なくつま先突っ込んじゃってるDXなんですが、意図してないところから変なところに首突っ込んじゃったが為に、なんかこうつま先立ちで綱を渡ってるような感覚で。ただ、DXの身体能力からすると、綱程度ならひょいひょいと簡単に渡っていけるんだけれども、でもやっぱり傍から見ていてアイヤーってな感じなんですよね。DX当人もなんか全然思ってない方向からボールが飛んでくるんで、受け身に回っているというか、現状攻めるべき目標がないからこそ立ち回りが慎重になっている気もする。敢えて危ないことする理由もないですからね。だから、父親のリゲイン卿の周辺がリリアーナ姫の件できな臭くなっている事もまあ我関せずで居るはずなんだけれど、周りはそういう目で見てくれてないというか。今のところ、ロビンの親父さん探しという王都の権力の駆け引きとは関係無い私事でのみ動いていたはずなのに、その肝心の探していた渦中の人物が、新王となる大老ファラオンの三男だったことから、段々と話が怪しくなった挙句に、その件でこっちもイオンからの流れで独自に動いていたライナスたちが危険に巻き込まれることになって、とまあ周辺静かじゃイられないことに。
ライナスも、ドジ踏んだというか危険の見極めについては仲間内でも一番捌けてると思ってたんだが、今回一度目は兎も角として、その後も調査を実行していたのはちょっと意外。そういう危ない真似はしない奴だと思ってたんだが。
「君たちのトラブルって僕がわくわくするレベルを超えてるんだよねいつも!?」
TTって、騒動やトラブルは鼻歌交じりに楽しみながら好奇心を満たしつつ利用して自分の利益を確保しつつ解決する、みたいな気質の持ち主だと思うんですよね、元来。ところが、DXたちが持ち込んでくるトラブルと来たら、笑ってアハハと楽しむにはどれもこれも大事過ぎて、それらを裏方で軟着陸させるのに毎回相当な尽力や助言をひねり出してるTTからすると、この言や然りであり、今回もまあとびっきりだよね!! さすがに直接襲われる、みたいな自体は初めてだし、いや真名の件でルーディーがさらわれたりとかあったか。でも、今回は何しろ新王即位にまつわるものだからなあ、危なっかしさもとびっきり。
この件で釘刺しにきたタリオとのやり取りは、もうウッヒャー、ですようっひゃーー!! 
「……あれ、もしかして」
「知ってるよ」
この目線だけのやり取りにはひっくり返って大笑い。あかん、大人怖いw 宮廷内で暗躍してる最前線の連中はホント、なめちゃいかん。
とはいえ、そんな妖怪みたいな大人たちにとっても、DXって子は意外で読めない眩しい存在なんだろうなあ。頭が良くて純心で世間知らずな子供は幾らでもいるだろうけれど、DXのように真っ直ぐで透明なほど純粋な性質でありながら、矛盾するように狡猾で強かで食わせ者、という相反する2つの要素を併せ持った子供は見たことがないだろうし。まさしく、騎士と傭兵を兼ね備えてる変な子なんですよね。今回も、タリオ氏とライナスの親父さんがどうやらDXが自分たちの常識と想像の範疇からかなり逸脱したとらえどころのない、しかし目が離せない魅力を兼ね備えた子だということに気がついていく様子は、見ててホント楽しかった。特に、大商人であるライナスの親父さんが、DXの真意と本質を捉えた瞬間は、この人何思ってニヤニヤしてるのかなあ、といろいろ想像してワクワクしてしまいました。DXの言動に一喜一憂し、驚き目を丸くしわくわくするのも楽しいのですけれど、DXに驚きワクワクする周りの人達を見るのもまた、この作品の楽しみ方だなあ、と改めて思った次第。

とまあ、ロビンの父親の捜索の件が、一度慎重に立ち回り方を考えなければならなくなったところで、まさかの一報。てっきり、リゲインとファレルたちがちょっとヤンチャしたのかと思ったのだけれど、ラストの六甲のあの様子を見るとやはりタダ事じゃなかったみたいだし。うわぁ、どうなったんだ。とか、思ってたら、まさかのディア同行!? それを言い出したのがファラオン卿って、この人マジで何考えてるんだろう? いやしかし、これはニヤニヤしてる場合じゃないけれど、DXとディアが二人で旅行って、ニヤニヤせざるを得ないよ。さすがにあの告白のアトだと気まずいってなもんじゃなく、二人ともある意味割り切っている分読んでるこっちの方が気を揉む展開なんだが、こんな形でクレッサール編かぁ。うへえへえへ……あかん、変な笑いが。

シリーズ感想

ゲート 3 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり4   

ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

【ゲート 3 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり】 竿尾悟/原作:柳内たくみ  アルファポリスCOMICS

Amazon

「門(ゲート)」をくぐり、伊丹は異世界の美少女達を引き連れて、日本に戻ってきた。その目的は国会での参考人招致に応じるため。多少の波乱はあったものの、彼らは無事にその役目を果たす。次は温泉で骨休め……のはずが、米・中・露の工作員が彼らに迫っていた。
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第三弾!

ロゥリィが完璧です!! という訳で、三巻は伊丹の参考人招致に伴ってレレイ、テュカ、ロゥリィたちやピニャ皇女たちが東京を訪れるお話。この頃はまだピニャ殿下も折れてなくて、健気に帝国のために働いてたんだなあ。芸術と遭遇してしまって、ひきこもりになる要素もここで出会ってしまっているのですが。
引きこもりというと、伊丹の元嫁の梨紗がここで初登場。いやあこれ、実際絵で見ると梨紗さんすげえな。これで三十路前って、どんだけ綱渡りなんだ。ハッキリ言って、伊丹をもう一度掴まえないと本当にどうしようもないようにしか見えないんだけれど。それでもまだ、元人妻として見たら女性としての魅力はありやなしや、と微妙にありそうな気もするんだが、それに対して栗林の悲惨さはむしろ現代日本に戻ってきてからのほうが実感させラれて、むしろ彼女の方がヤバイ。色気全然ねえじゃん。なにその迷彩柄のブラ。巨乳が泣いてるぞ。これで結婚したい結婚したいとか喚いたって無理に決まってるじゃん、特戦だってきっと嫁は選ぶぞ。
そんな現代人組を置いて、色気というか妖艶さを溢れてこぼしてダバダバにしていたのが、ロゥリィ様。発情した亜神さまがエロいのなんの。これで見てくれが犯罪的な幼女だというのがさらにきわどい。幼さ故の未成熟さが醸し出す色気というのは、ある種の凶器である。ロゥリィの場合はそんな女性としての色気だけじゃなくて、血まみれでべっとり真っ赤に染まってる時もちゃんと色っぽく見えるのがすごいなあ。
性格的にも伊丹の好みらしいし、小説の方でも一番お似合い、みたいな感じになってってるのもここ見ると無理カランところだなあ。まあ、あっちはピニャ殿下が猛烈な追い上げを見せてるのだけれど。この頃には片鱗の欠片もないが。
しかし、チャランポランに見える伊丹だけれど、修羅場くぐってるだけあって、いざというときの迫力はさるもの。銀座に赴く際の一般人でしかない梨紗が垣間見た戦場帰りの自衛官たちの迫力はなかなかのインパクトでした。
温泉回もこれ以上ない、というかこれ以外無い竿尾さんに手掛けてもらってよかった、という出来でしたし、相変わらず絶賛必至のコミカライズです、ほんとに。

竿尾悟

恋愛ラボ 8 4   

恋愛ラボ(8) (まんがタイムコミックス)

【恋愛ラボ 8】 宮原るり まんがタイムコミックス

Amazon

恋愛ラボが百合ものだと!? バカな! 馬鹿な! ありえない!!
そう言えば、男子連中が出てくるのっていつ頃でしたか。私がこのシリーズの感想を書き始めた4巻には既に出ていたので、3巻くらいにはもうナギとヤンは登場してたんでしたか。あの二人が出てきてから、恋愛研究実践編に突入したあたりからこそ、このシリーズは本番なのに。
しかし、そう振り返ってみるとマキとヤンの関係って相当に拗れてたんだなあ。ようやくヤンがマキの優秀さと残念さの両方を正確に把握したのが先の交流会でのこと。ある意味、マキの素の姿を知ったその時からがスタートみたいなものなので、この巻のにゃもにゃもしてる二人の姿はもうなんとも言えないニヤニヤ感が尋常ではなく。学生服を借りるやり取りなんか、あそこまでヤンの方がいい感じにテンパるとは思わんかったもんなあ。順調に男子との初めてをヤンに奪われ続けているマキですけれど、ヤンの方もこれ相当にキだしてますねえ。いやいや、自分の学校でもピリピリと神経尖らせていたヤンも、段々丸くなってきた気がしますよ。
一方で、ナギの方もようやく「マキオ」の正体に気づき、自分が誰に嫉妬していたのかを知って恥ずかしい思いをすることに。リコに知られなくてよかったなあ、君。笑われるどころじゃ済まないぞ。まあ、最近片思いを自覚したリコもナギを前に沸騰しっぱなしで大変そうだったんで、偶にはお前も沸騰しなさい、と。
あーあー、二人で赤くなっちゃって。……相変わらず、ナギめ、お前男のくせに赤面する姿が可愛いなあもう!!

とまあ、リコマキの女子校の体育祭における準備なんかがメインの話だったのですけれど、恋愛に浮かれつつもちゃんと生徒会としてあれこれとイベントを盛り上げるために一生懸命あれこれ考え、準備のために走り回る姿はいい意味で青春しているなあ、と。
実際、体育祭の盛り上がりは非常に素晴らしいものでしたし。あの応援合戦は三組ともに気合入ってて実際素晴らしかったですよ。リコ、かっこよかったなあ。
そんな生徒会の主だったメンツとはまた別に、巻末の特別漫画ではリコのクラスメイトのミカのお話が。飽きっぽくて何にも夢中になれず、一年の時に偶々入ることになった新聞部もちょうど同好会に格落ちしていた頃であり、腰掛けみたいな形で本気でやっている二人の新聞部員にはついていかなかったのだけれど……二年になってちょっとしたきっかけを通じて再び新聞部を手伝うようになり、そこから一緒に同じものを夢中になってやれる仲間と自分のやりたかった事がそこにあったことを遅ればせながら発見する、そんなお話なんですけれど……いいわー。なんかしんみりというか、じんわりとキてしまった。いい仕事してます。

シリーズ感想

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 24   

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ! !  -2 (カドカワコミックス・エース)

【Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 2】 ひろやまひろし カドカワコミックス・エース

Amazon

いやマジで何者なんだ、田中さん!! ドライの第一巻でも同じ事を叫んでいた記憶があるけれど(確認……うん、冒頭から叫んでた)、回を重ねるごとに一体何者なのか謎が深まる田中さん。わりと伏線というか考察材料となりそうな要素は散見されるんだけれど、さっぱりわからない。その正体は既存のタイプムーンの知識無いに収まるものなのか、はたまた完全に新キャラなのか。
一方の敵方となるエインズワース家、これなんか聞き覚えがあるなあ、とずーっと首をひねって思い出そうと頑張ってたんですが……調べてようやく気が付きました。そう言えばWW2時代の米海軍にエインズワース少将って人がいたんだっけ。それなりに仮想戦記で見た名前だったんで、頭にこびりついてたんだなあ……という訳で、Fateとは全然関係ありませんでした。あの双子館の主もエーデルフェルトでルヴィアさん家の事だったしなあ。
しかし、エインズワースはこれまで漠然と目の前に現れるカードの対処に奔走するばかりだったイリアが遭遇した「明確な敵」であります。戦って倒す敵が登場したことで、このシリーズ全体の構成図式がぐっと定まったんじゃないでしょうか。美遊がまた、見事に囚われのお姫様だしなあ。
面白いことに、世界の運命の流れの状況次第によっては、誰が助けに来るかはともかくとして、イリヤスフィールその人が、美遊と同じく囚われにして生贄の姫として機能する可能性も考えられただけに、その当事者であるイリヤが助けに行く側に回るというのは構図として面白く思えるところである。美遊の存在自体が、どうもイリヤと互換している節もあるし。もっとも、単純にパラレルワールドのイリヤ、というわけじゃあなさそうだけれど。意外と衛宮士郎が此方の世界では美遊の兄である、という関係が意味合いとして鍵となるのなら、なかなかきわどい考察も叶うのだけれど。
しかし、此処に来てクロが完全にお姉ちゃんモードに入ってるよなあ。本質的に甘えん坊のイリヤを甘やかしつつ、厳しく律して叩き直そうとするあたりなんぞ、年上の貫禄すら感じる。彼女って、イリヤの消された要素である分、原作のイリヤにかなり親しい存在のはずなんだけれど、イリヤが普通に成長していたらこんなイイ女になっていたのかねえ。ツインテールも似合ってて可愛いし、その上で美遊の苦しみを汲んだ上で妹を叱咤激励する頼もしさ。友情にも愛情にも熱く、勇ましくも冷静沈着。そりゃ、イリヤも甘えたくなるよ。クロと合流した時の安心感は、ドライに入ってずっとパラレルワールドで翻弄されっぱなしで孤独感がパなかっただけに、もうびっくりするくらい肩の力抜けましたしねえ。

と、今回は何気にイリヤのサーヴァントコスチュームがいろいろ見れて大満足。前回から引き続いてのキャスターバージョンも大人っぽくてよかったんですが、ランサーモードのポニーテイルが思いの外素晴らしかった。やはりポニテ最高! さすがにライダーモードはボディコンじゃなくて、ミニスカ風になってましたね。片目眼帯がイカス。けっこう、美遊がチェンジした時とは衣装が違っているのが凝ってるなあ、と。セイバーもこれ、青じゃなくてリリィモードですよね。
確信に迫っているようで、まだ謎が謎を呼ぶ段階か。そもそも、今のところ何がわかっていないのかもわかっていない状態だからなあ。雷神トールなんて、もはや人間じゃないじゃん。ヘラクレスやギルガメッシュも大概だけれど、幾らなんでもそれは格が違いすぎる。その胡散臭さが果たしてどこに繋がっているのか。

エリカ・エインズワースがあざとすぎる! 既にイリヤたちで小学生幼女枠は満杯のはずなのに、さらに幼女を出してくるとは! いや、幼女とかはホントはどうでもいいんですけれど、イリヤよりも名実ともに年下の子というのは初めてだっただけに、イリヤの対応が実に興味深い。色々面倒くさくて手のかかる子なんだけれど、庇護欲を掻き立てるタイプでもあるんですよね。意外とイリヤが面倒見良い事が発覚して微笑ましい限り。
しかし、この子には全く悪意がなさそうなんだけれど、どうしてここでイリヤを訪ねてくるんだ? 単に親父さんを招き入れるため、ではなさそうで、イリヤが目的だったみたいだけれど。

アニメ化は楽しみなんだけれど、果たしてツヴァイまで行くかどうか。最初の方はかなり普通の魔法少女ものっぽくて、本格的に動き出すのはツヴァイからだからなあ、果たしてちゃんと盛り上がるのか、ちょっと不安だけれど楽しみなのは間違いなし。



シリーズ感想


まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」  7  

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 -7 (カドカワコミックス・エース)

【まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」  7】 石田あきら/原作:橙乃ままれ 角川コミックス・エース

Amazon

歴代魔王の汚染から生還した魔王が過ごす、勇者たちとの穏やかなひと時。それは温泉や酒宴で大騒ぎしながらも、絆を再確認するものだった。しかし、忽鄰塔を控える魔界では、新たなる脈動が始まっていた――。
アニメ化されたのは、ちょうどこの冒頭あたりまでか。なにがあかんかたって、ご機嫌殺人事件の映像化がサッパリだったところだよな、うん。という訳で、頭のおかしい作者の綴る超人気作品「ごきげん殺人事件」シリーズが初めてビジュアル化されたのはこの石田あきら版が初めてです、初めてです。ななこーー!!

しばらく、魔界に篭っていたことで人間界の激変からはオミットされていた魔王だけれど、それはつまりこの激変には魔王は関与していないということ。メイド姉が紡ぎだした自由主義の萌芽をはじめとして、自分の手を離れ、想定していた範囲を超えてそれぞれの能力と意志で世界を広げていっている。手を引いて導くばかりだった世界が、撒いた種が芽吹くように独り立ちしていく、その事を感動の涙を流しながら祝ぐ魔王。このシーンは原作でも感動したものだけれど、こちらでも思わず目尻が熱くなるくらい魔王の気持ちに共感してしまった。

たぶん、私はちょっとだけ誇らしいんだ。
私の手柄じゃないけれど

ゲートは勇者の手により破壊され、地上と魔界を繋ぐ大穴は確実に両世界の距離を縮めるだろう。実際、同盟の正式な使者が開門都市と接触するに至っている。青年商人の主導によって、徐々に魔界との通商の可能性が導かれ出している。
そこで改めて問題となるのが、魔界と人間は共存できるのか。実のところ、両世界が繋がってしまった以上、共存は可能というのが両世界と関わったモノたちの共通認識ではあるんですね。開門都市という必要に迫られ生まれたとはいえ、実現している場所もある。ただ、その共存が安定した結果として常態化するまでに生まれる存在こそが、ここで問題視される。かつて、魔王がメイド姉に語った、戦争とは2つの存在が接触した時に発生する相互理解の為の必要なプロセスだ、というお話。そう、戦争は避けられない。ならば、魔王が志しているのはその際に発生する血をどれだけ少なく収めるか。世界を滅ぼさずにソフトランディングさせられるか。
そして、その想いをどれだけ多くの存在と共有できるようになるか、ということなのでしょう。
丘の向こうの世界を見たい、という想いを。
魔王と勇者という特別な存在だけが世界を導き結果をもたらすのではなく、無数の世界の中心となる存在が生まれ、多くの意思がそれぞれに世界を導き結果をもたらす世界。魔王と勇者が唯一無二ではない世界。
魔王が感動して涙したのは、まさにその萌芽を見たからなのかもしれません。

そして始めるは、魔界の意識改革。その端緒として、魔界八大氏族を中心として魔界全土からあらゆる部族を招いて行われる大部族会議「忽鄰塔(クリルタイ)」の開催を行うこととなる。
魔界の方向性を決めるこの大会議で、これまで人間界側中心だった描写が、ついに魔界側も並行して行われる事になるわけですが、八大氏族の族長たち、さすがみんな見た目インパクトあるなあ。

他、ちょこちょこと。何気にお客さんだった火竜公女が、ここで青年商人の生き方に大きな指針をもたらしてるんですよね。ここら当たりで、魔王と勇者に匹敵するパートナーが誕生しているわけです。
そして、人間側最大の英雄である王弟元帥の初見参。この人は、後々になるほど魅力の出てくる人物だけに、登場時はこのくらいの悪人顔でいいのか。
何故かある温泉回w
女魔法使いのモザイクがエロすぎますw いや、まじで自主モザイクがない他のシーンよりダントツにエロいからw
誰か偉い人が来て全員から武器を取り上げれば、そりゃ平和になるかもしれない。
だけどそんなものは、お父やお母にゴチンとやられてケンカを止める子供みたいなもんでしょう?
そんなのが本当に平和っていうんですかね?
武器を持ったままでも握手をできるから、平和っていうんじゃないですかね。by.東の砦将


シリーズ感想
 

12月8日


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月5日

Amazon Kindle B☆W


12月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索