徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

皆村春樹

セクステット 白凪学園演劇部の過剰な日常3   

セクステット 白凪学園演劇部の過剰な日常 (このライトノベルがすごい! 文庫)

【セクステット 白凪学園演劇部の過剰な日常】 長谷川也/皆村春樹 このライトノベルがすごい!文庫

Amazon

地味で弱そうで友達の少ない少年・カキタニは、自分を変えるべく、進学を機に演劇部に入部する。だが、彼が入部した演劇部は、人間関係を有利に支配し、世の中をうまく渡っていくために『演技』を活用しようとする女生徒たちの集まりだった!
第4回『このライトノベルがすごい!』大賞・大賞受賞作は、演劇部の部室で日々展開される無軌道かつハイテンションなハイパー日常系コメディ。美少女だけど、どこか変わっている5人の先輩たちと一緒に、人生の勝ち組を目指せ!
大賞受賞というとちと大仰にも思えるけれど、部活で駄弁りモノとしてはすこぶる面白い!! 最初の頃こそ、掛け合いにぎこちなさが介在していたけれど、二章あたりからリズムに違和感がなくなってまさに隙のない掛け合いになっていく。楽しい、なんか気楽に楽しい。
柿谷くんなのですが、地味で意志薄弱な内向的な少年に見せかけて、此奴、据え膳に対しては一切躊躇せずむしゃぶりつくかなり強者のムッツリスケベじゃないか。いや、普通はどれだけ美味しそうなシチュエーションを前にしても一拍の躊躇いや迷い、これって食いついていいのだろうか、という警戒や怖気が生まれるものであり、また周りの目を気にしてしまったり、恥ずかしさや照れによって踏みとどまってしまうのが普通であり、彼のような内向的に見える少年ならば尚更に、目の前の壁を乗り越えるのに躊躇を覚えるはずなのに、この柿谷ときたら、柿谷ときたら。
無拍子かっ!! と思わず突っ込むほどの即答! 或いは即座の行動に打って出る躊躇いのなさ! まさに野生! 本能のなすがママ! 理性を放り捨てた野生のワンコ!! あかん、こいつ中学1年生だからまだこの程度で収まってるけれど、成長したらどれだけ女好きになるか知れたもんじゃないぞ。性格的に自分からお膳立てして食いついていくほど積極的でも肉食系でもないのだけれど、誘われたり促されたりした時の本能に身を任せる理性の外し方は、プロレベル。自爆系弄られ属性のツバキとの一幕は、唖然とさせられるほど両者とも全く人の目も気にせずブレーキを踏む様子がない有り様で、これ舞台が高校じゃなくてよかったですね、というレベル。あれ? 意外とこの二人、相性がいいのか? 相性が良さ過ぎて軽々と破滅しそうな気もしますけれど。実際、周りに止められなかったらアウトなところまで行き着きそうな勢いでしたし。わははは、やってしまえ。
まあ、それ以外にも大人しい人畜無害な顔をしていて、内心はかなり黒いことを口走っているので、結構イイ性格しています、この主人公。彼から無垢な天使扱いされているモモ先輩も、実際はかなり腹黒そうで口も悪くて笑顔で人の心を折るような事を平然と口走ってますけれど、主人公もヒロインも黒いってなんかヤダなあ(笑
でも、実は本性は黒い、という人よりもオモテウラ無く天然な人の方が質が悪い、というのがニーナさん。あれは本気でたちが悪いよ!! カキタニはかなりチョロい方だけれど、あんなベタベタとした接触のされ方されたら男だったら誰だって勘違いするよ!! 悪魔だ、傾国だ。本気の美人局テロだ!! こうなったら、理性を蕩かされたカキタニを正気に戻すために、カウンターで他の娘が色仕掛しないと収まらないな! おのれ、いずれにしても勝ち組じゃないか。まあ、面白いくらいに誰ともフラグ全然立ってませんけれど。マジでツバキ先輩は相性良さそうだけどなあ。破滅しそうだけれど。

ともあれ、この手のくだらない駄弁り系では相当に面白かったです。肩の力抜いてケラケラ笑えてスッキリ出来る楽しい作品でした。グッドジョブ。

スクリューマン&フェアリーロリポップス 2 4   

スクリューマン&フェアリーロリポップス2 (電撃文庫)

【スクリューマン&フェアリーロリポップス 2】 物草純平/皆村春樹 電撃文庫

Amazon

玖堂卓巳の学校に転入した、“妖精郷”変革をめざす“翅族”の姫ロロット。卓巳の妹・優乃や、ややズレ気味な美少女・佐伯ネアラと早々に問題を起こしつつも、ロロットは持ち前の破天荒さとキュートさとを生かして、一躍時の人に!しかし楽しい日々も長くは続かない。ロロットそして卓巳を狙い、様々な思惑を持つ危険人物たちが街に集いはじめる。羽々根市長からロロットに告げられた突然の退去勧告、卓巳の近しい人々に牙をむき始めた新手の妖精使い達―改革をめざす者に訪れるべくして訪れた試練の中で、二人が下す決断とは。
読んでいて、背筋がビリビリと痺れるような戦慄を覚える物語というものは何気に希少だ。どれほど面白い傑作や名作であっても、このこみ上げてくる痺れを感じさせてくれるものは決して多いわけではない。ドライブ感、とでもいうのだろうか。此処ぞという時に、意識そのものをぶん回されるような疾走感をもたらしてくれる壮絶な展開、或いは登場人物の示す決意や意志、気宇壮大な世界観、そういったものが戦慄となって全身を駆け巡る。その興奮、その滾りの何と心地よいことか。そういった作品を、私はこよなく愛している。
そして、本作はまさしくそんな痺れる物語群の一枚だ。
そんなとびっきりを担うのは、勿論この二人、主人公とヒロインの卓巳とロロット。この二人はやばい、完全にメーターのレッドゾーンを振り切ってしまっている。特にロロットは前回の感想でも繰り返し強調しましたけれど、本当にヤバい危険人物だ。通常の物語ならば、主人公側じゃなくてむしろラスボスに収まっていてもおかしくない悪の朱天。傲慢なる無法の女王。無邪気なる享楽の権化。それは世界を愛するがゆえに思うがままに弄ぶ者。故にこそ、自分の思い描く世界を実現するために、手段を問わず被害も犠牲も厭わない。否や、その傲慢さは手段を自在に選びとり、被害も犠牲も認めない。悪党を自認する欲深な彼女は、自分のものが失われる事も奪われることも一切許さない。だからこそ、彼女は自らの行く手を塞ぐ者を、路傍の石だろうと決して許さず蹂躙する。
「ね、ぼくの騎士様? いつも通り無茶なお願いしてもいい?
――ぼくの道に唾を吐いてくれた小悪党たちに、片っ端から一泡吹かせてやって?」

そんな狂乱の姫君の切っ先を担う騎士もまた、それ相応に振り切っている。こういうケースで悪役が選ぶ手段で最も効果的なのは、当事者を直接狙うのではなく、その身内や友人、関係者を狙うことでターゲットを精神的に追い詰め、また社会的立場を崩し、人間関係を滅ぼすものだ。この手段は悪辣であるが、それだけ非常に対処が難しく、大概のケースにおいて狙われた側が妥協を強いられるか、狙った側がミスするか徹底を欠いたところを突かれるかしないと被害は免れない。これを防ぐには、関係者全員を守れるだけの、或いは敵の動きを完全に封殺するだけの莫大な組織力を動員するしかない。個人の力でこれを為すのは不可能に近い。だから、敵がこういう手段を取ってきた場合、殆どのケースで主人公サイドは躊躇を強いられる。迷い、悩み、立ち止まって慎重に動こうとする。決して敵の思惑に屈しないにしても、まず間違いなく一旦そこで前進を止められるのだ。
だが、玖堂卓巳は、この男は、この騎士は、敵の実行を伴う脅迫に対して刹那の停滞すら起こさなかった。一瞬の躊躇もなく、敵の脅迫を切って捨て、凄絶、とすら言っていい啖呵で逆にその喉に刃を突きつけて見せたのである。やるならやってみろ、その代わり覚悟しろ、相応の報いを受ける覚悟を、だ、と。
今回の敵はいい意味でゲス野郎で、甘さや情けや隙も無く徹底した外道働きが出来る相手でした。それこそ、過剰なくらいの攻撃性で無茶苦茶が出来るイカレた野郎でした。だからこそ、そんな相手の野放図なまでの残虐性を、野蛮さを、片っ端からねじ伏せて圧殺し強殺し蹂躙していく騎士の剣は痛快そのもの。圧倒的なまでの攻勢防御。小悪党の跳梁を許さない、これぞ大悪の覇道。姫と騎士の逆鱗に触れた小賢しい小物は、文字通りに木っ端微塵で、気持ちいくらいにすっきりした。すっきりした!!
主人公の能力は、作り上げた道具が五分間で崩壊してしまうので、使い方がかなり限定されるものだと思い込んでいたのだけれど……これって発想次第で際限なく何でもできそうじゃないですか。五分間なんて、考え方さえ変えれば制限でも何でもない事を見せつけられた感じである。
とまあ、盛り上がるところは際限なく盛り上がる本作なんですが、何気に普段の日常パートも非常に質が高いんですよね。なんでもない場面でも、地の文から自然と引き込まれていくのである。基本的な部分から上手い、というだけじゃなく、文章の一つ一つに花があって飽きさせない。これはなるほど、面白くならない方がおかしい文章だ。あとがきで反省していらっしゃるように、全体のストーリー構成の管理がまだ掴めていないっぽい部分が散見されるけれど、神は細部に宿る、の言葉もあるようにミクロと要所さえ捉えていれば、次第にマクロの感覚は整ってキます。逆に言えば、まだまだガンガン伸びてくる要素がそれだけあるってことですから、もっともっと面白くなるはず。必ず、必ず。
今回微妙に動ききれていなかったイングヴェイやシャノンも、ネアラも次回以降こっちサイドとして動くとなるとだいぶ面白そうなキャラになってるんですよね。妹の優乃が想像以上の逸材で、この娘も場合によってはネアラ以上に重要な働きをしそうな感じがひしひしと。主に弄られ役、としてでしょうがw

今回はある意味余計ないらんちょっかいをかけられたのをはたき落とすと同時に、味方戦力の充実と足場固め、という意味合いが強かったっぽいので、次回以降はラステルの件も絡んで妖精郷のフィクサー相手にロロットの革命的蹂躙劇を期待したい。ラステルの問題を持ち越したのは、もっと政治的なトラブルに格上げするためでしょうし。ロロットと卓巳のイチャイチャも堪能したいですけれど、それ以上にロロットの革命家としての無茶苦茶さをこそ味わいたいですからねえ。
……しかし、ロロットって年齢中学生相当だったのか。卓巳よりも年下なんだからそのくらいで当然だったんだけれど、実際に中学の方に転校してきたのを目の当たりにしてしまうと……ロリコン扱いされても仕方ないぞ、主人公w

1巻感想

スクリューマン&フェアリーロリポップス4   

スクリューマン&フェアリーロリポップス (電撃文庫)

【スクリューマン&フェアリーロリポップス】 物草純平/皆村春樹 電撃文庫

Amazon

「だから、貴方に決めた──」
いま、恋と変革のおとぎ噺(フェアリーテイル)が始まる!!

 それは或る雨降りの日。玖堂卓巳に突然の口づけを与えたのは、旧態依然とした異世界"妖精郷(ティル・ナ・ノーグ)"を改革する野望を抱く"翅族(アルフ)"の王女ロロットだった。
 改革に尖りすぎな彼女は向かうところ敵だらけ。そして、彼女とのキスをきっかけに不思議な力を得た卓巳もまた、"保守派"に狙われることになり──。
 強烈に危険で凶悪にキュートなお姫様(ロリポップ)が巻き起こす、異世界改革系ファンタジック・アクション、ここに開幕!
な、んちゅう尖ったお姫様だ。見た目の世間知らずで頭の中お花畑のホワホワな印象とは裏腹の……本当の危険人物じゃないか、これ。あらすじ読んでも見た目の印象に引きずられて、改革すると言っても平和で夢見がちなみんな仲良くしましょうよ、みたい理想論を振りかざしてニコニコしているような子なんだと思ってた。
思い込んでた。
「改革に尖りすぎ」という表現は、何一つ過小な表現ではなかった。ヤバいわ、この子。改革派の急先鋒、なんてレベルじゃないよ。こういう本能に任せ感情や感性によって思想信条を立ち上げながら、その実現においては冷酷なほど理性的に立ちまわり、悪辣なほど計算高く狡猾な手口で優位を確保し、敵を陥れる事を厭わず、そも手段すら問わず、利用できるものはなんでも利用し、成果の果実をもぎ取っていくような人物は……損得勘定抜きで、既存の社会システムを破壊した上で再構築しようと目論む者は……自覚を持って自らを悪と見做し、破壊者と呼ばれることを三日月の笑みで受け入れるような人物は……。

総じて、革命家と呼ばれるのだ。

その中でも、彼女は特に悪辣だ。何しろ、彼女が欲する光景というのは不特定多数の誰かの為でも、世界の為なんかでもなく、ただひたすら彼女個人が欲し求める絵なのだ。現在の妖精郷は見るに耐えないという美意識からくる傲慢な破壊衝動。自らの欲望に誠実すぎる、情熱の塊。
彼女をよく知る人物は、主人公にこう忠告する。彼女は稀代の悪人だ。それも、自分について来れない者たちも見放さず、そっとしておいてやることもできず、その尻に片っ端から火をつけてまわるような、と。
現状に満足している者も平和を甘受している者も反対者も傍観者も敵も味方も意見を持たない者たちすらも、無関係だろうと関係なく、誰も彼をも巻き込んで、既存の安定を守ってきた枠組みを土台からぶち壊し、世界を振り回そうとする大悪人。
これは、毒をたっぷりと含んだ徒花だ。
それでいて、彼女は間違いなく純真無垢で天真爛漫な妖精そのものの少女でもある。
ちょうど、作中184ページに描かれているロロットのイラストは、表紙絵との対比となって、彼女の二面性を良く伝えているのではないだろうか。キラキラとした眼で夢見るみたいにニパッと微笑む表紙のロロットを裏返したような、作中の挿絵は蠱惑的で艶然とした愉悦の笑みに彩られている。
あのイラストを見た瞬間に感じたのは、ゾクゾクッと、背筋が泡立つような感覚だった。

底抜けの無邪気さと邪まな可愛らしさを同伴した、天使の様な悪魔、或いは悪魔の如き天使。すなわち、妖精姫ロロット・ニエンテ・アートレア。
流星のように降誕した、本年度屈指のスペシャルヒロインだ、これ。

そんな彼女に見初められてしまった主人公・玖堂卓巳。かと言って、彼は巻き込まれた訳ではなく後々何度も自身で力説しているように、自ら踏み入った主人公。見初められて魅入られて、初めて出会った二人は、その瞬間に恋に落ちていたのでした。
つまりは一目惚れ同士。まさしく運命の出会い。
ここまでキッパリと恋情の発端を「一目惚れ」にした作品というのも珍しいかもしれない。卓巳に「妖精使い(チェンジリング)」としての資質があった事も、所詮は結果であり因果ではあっても恋に落ちた「理由」ではない。同時に、卓巳がロロットの「共犯者」になったのも彼女の思想に共感したからではない。両者とも、まず一目惚れによる「恋」があったわけです。
お陰様で、もう初っ端からこの二人ときたら、イチャイチャしっぱなし。それを傍から間近で見守るはめになったロロットの親友にして従者である燎にはご愁傷様としか言いようがない。だいぶ、辟易とさせられているようだったし。
だいたい、主人公の卓巳って普通にしてたら無愛想だし可愛げもないしふてぶてしいし、とどちらかというと木石な人柄なんだけれど、それがロロットの事になったら惚気る惚気る。思いっきり二人の世界になってしまうので、色々とたまったもんじゃありません。
とは言え、惚気ているばかりではなく、むしろこの主人公の見所は可愛げの無さにある気がするんだ。棋士だったという母親の影響からか、土壇場になるほど頭が冴え渡り冷静沈着に、しかし大胆に動ける生まれながらの勝負師気質という性格に、ロロットによって与えられた卓巳という人間の根源に根ざす「妖精使い」としての力『矮小鬼工の職人団(スクリューマン・ファクトリー』という能力が相まって、非常に面白い動きを、物語としてもアクションシーンの担い手としても見せてくれるのである。
主人公とヒロインのみならず、脇を固める真崎燎にアルマン・レイニードという魅力的な大敵、モブで終わらないそれぞれに戦う理由を持った敵役たち、と物語の中を登場人物たちが縦横無尽に走り回り、全体に躍動感が漲っているんですよね。
正直、展開もぬるくて筆力もスカスカの作品なんだろうな、とあまり期待もせずに手にとっただけに、まったくのダークホースでありました。これは、すこぶる面白かった。新人作品にしては、なんて前置きしませんよ? そんなの抜きで、とびっきりのエンターテイメントでした。これで突端ということは、まだまだこれから伸びて充実して大きくなるってことですよね?
続きを、これからを、楽しみにしてますよ。

僕の妹は漢字が読める2   

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

【僕の妹は漢字が読める】 かじいたかし/皆村春樹 HJ文庫

Amazon

『きらりん!おぱんちゅおそらいろ』それは日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作だ。彼の小説に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だけど本当は兄思いのクロハ、クールでちょっと毒舌系の幼女ミルというふたりの可愛い妹に助けられオオダイラのもとを訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまい――。
これってもうホラー小説の類ですよね? それもここまで来ると、コズミックホラーの領域である。宇宙的な恐怖である。ここで描かれている未来世界を目の当たりにした時の絶望感たるや、それこそ「死にたくなる」という感覚を実体験してしまったほどだ。
そうか、よくサブカルチャーの悪役が「こんな堕落した世界など私が滅ぼしてくれるわーっ!」と宣って世界を滅ぼそうとするパターンがよくあるけど、なんか初めて彼らの気持ちがわかった気がする。
痛いほどわかってしまった。
そうだよね、耐えられないよね。もう見てらんないよね。この絶望感を打ち消すには、もう何もかも滅ぼし尽くしてやらないとどうしようもないんだよね。
もう今後、この手の敵が出てきたとしても、むしろ主人公側よりも共感してしまうんじゃないだろうか、どうしてくれる。
これまで自分にとってのSF的な観点での絶望的な展開って、人類の文明の継承が途絶え、地球人類が居たという痕跡が誰の記憶にも残らないまま宇宙から消え去ってしまう、という所に置かれていたのだけれど(だからか、小川一水【導きの星】や庄司卓【グロリアスドーン】は感動と共に安らぎにも似た安堵を抱いたものだった)、もう事此処まで至ってしまってたら、この未来の日本人は跡形の痕跡もなく消し去りたい。もう抹消してしまいたいッ。消えてなくなれーーー!! うわぁーーーーんっ。

頼むから、これを歌舞伎とか仮名文字とか小説とか同列に並べないで、お願い。これじゃあ文化は常に退化し続けているという事になってしまうじゃないか。それは幾ら何でも、無いと信じたい。それとも、古の昔の文化人は今の時代の文化を見たら、今の自分と同じ絶望感を抱くとでもいうのだろうか。それもまた絶望だ。勘弁してくれ。してください。

よくもまあ、こんな危ない領域に手を突っ込むどころか頭からダイブしやがったものである。嬉々として自分で埋めた地雷に自分で飛び乗ってるようなもんだもんなあ。そりゃあ衆目も集まるはずである。
ただこれを文化論として突き詰めていく様子は全く見られない。見られたら見られたでえらく困る気もするが。
ちなみに、お話としては全く特色らしい特色はなかったのは言わずもがな。一撃離脱を敢行していれば爆弾色物としても多分に評価出来たのだろうが、はてさて続けてしまうとは。
 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索