真琉樹

吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 5 4   

吼える魔竜の捕喰作法5 (HJ文庫)

【吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 5】 内堀優一/真琉樹 HJ文庫

Amazon

終焉の竜が復活する時、タクトとシェッセの運命が流転する!!

竜伐騎士フューゴに深手を負わされ、王立魔法騎士団に捕縛されてしまったタクト。その姿を目撃したシェッセもまた、重要参考人として騎士団の手により幽閉されてしまう。なす術の無い状況下、それでも諦めず抗い続けるシェッセにもたらされた、三千年前の真実とは? 一方、王都では世界を滅ぼしかねない《終焉の竜》を巡る複数の謀略が動き出していた!
前世の因縁かあ。吃驚したんだけれど、この世界は転生という本来なら事実確認できない現象を、現実に起こる現象として事実確認できてるんだ。しかも、身体の中に転生を起こす器官があるという事まで認証済み。いやいや、身体に転生を起こす器官がある、という発想は初めてみたなあ。確かに、器官まで備わっているのなら、それは漠然とした宗教的観念の介在する余地のない厳然とした事実に過ぎないな。しかも、それが魔力に関わる器官となると、現在の魔力関連で大きな事情を抱えているタクトとシェッセの前世から続いている因縁にもダイレクトに繋がってくるわけで、前世ってあまりスポット当たってこなかったけれど、かなり練りこまれた設定だったんだ。
でも、それを今まで極力表に出さずに、純粋にタクトというシェッセという今の時代の人間同士の交流を熟成させていった事は良い方向性だったんでしょう。読んでいるこちらも、前世の二人の関係に意識が引っ張られず、前世と今をちゃんと分けて捉えられるようになってましたし。ラブラブでアツアツ、という目も当てられないほどのカップルという意味では前世の二人も今世の二人も一緒ですけれど、今のシェッセがタクトを好きになったのに前世はなんにも関係ない、というのが心の底から信じられますから。そして、前世の記憶を取り戻した二人が、それでも前世に引きずられずにただのタクトとシェッセとして、お互いを大好きでいられることに何の疑いもわきません。にしても、シェッセの「だいすき」は攻撃力が必殺すぎますて。ええい、可愛いのう、可愛いのう。
一方で、前世の聖女と竜人の伝説にある二人の顛末も、また切なくて心締め付けられるような悲恋でした。たとえ、同じ魂を持つ他人同士でも、今世でタクトとシェッセという形で改めて結ばれた事がせめてもの救い。それに、彼らの唯一の家族だったあの機械人形。生き残った彼が、三千年の時の果てにナギの転生であるタクトを見つけた時の心境は如何許のものだったのでしょう。前巻では、タクトとその育ての親という観点でのみ感動した二人の物語でしたけれど、改めて三千年前の真実を知るとまた違った感慨が溢れて来ました。
そんな、三千年前と現在を精一杯生きている二人に対して、完全に前世に引きずられ飲み込まれてしまったアステイリアは哀れです。この人は、前世でも今世でもちゃんと生きることに背を向けて、妄念に縛られてしまったことが哀れでなりません。ヤッたことは憎々しいことばかりなんですけどね。
そしてもう一人、余りにも遠くを見過ぎ、正しく在りすぎたウィリー・ウォーレン。まさに世界の為を思えば、彼のやろうとしたことは間違いではないんでしょうけれど、失敗したらその思惑が叶うどころか現状も維持できず全部台無しになってしまっていた事を思うと、いくらなんでも足元見なさすぎだ! と思わずには居られない。これって完全に一か八かじゃないですか。竜の被害は確かに大変だけれど、竜伐騎士も居るわけでそこまで世界的に切羽詰まって滅び掛かっているわけでもなく、そこそこ安定軌道に乗っている事を思えば、彼の賭けは迷惑千万と言っても良かった気がします。保守的というなかれ。信念こそ評価しますけれど、それは方向性こそ違え、質的にはアステイリアとさして変わらないものだったのではないでしょうか。彼と違って、幾らでも後戻りできたとは考えられるので、この結末は心苦しいものでしたけれど。

しかし、この世界、肉屋が強すぎだろうw タクトだけが強いんじゃなくて、爺さん含めて肉屋全員が竜伐騎士並って、そりゃ他の竜伐騎士もテンション上がるわ(笑
最後は見事な大団円。ボクっ子にも関わらず、非常に可憐で可愛らしいヒロインが素敵な恋をして結ばれる、全力で応援したくなるような壮大にして掌の上に乗るかのような愛らしいラブストーリーでした。これほど、お味噌汁が似合うヒロインもなかなか居ないですよ。お幸せに〜〜。

シリーズ感想

吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 44   

吼える魔竜の捕喰作法 4 (HJ文庫)

【吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 4】 内堀優一/真琉樹 HJ文庫

Amazon

とある任務中のアクシデントにより、身体が10歳程度に退行してしまったシェッセ。
それでも何とか肉屋のバイトに復帰した矢先、肉屋フランシーヌに一通の手紙が届く。それはタクトの親代わりにも等しい存在である《師匠》に関連する知らせだった!!

「お前についてきて欲しい」

タクトに言われたシェッセは、小さな身体のまま彼の旅に同行するのだが――。
なに? 幼女枠はリュカがもういるじゃないか、だと!?

シェッセのそれは別腹です!

というわけで、年齢退行魔法を喰らってしまい子供の姿になってしまったシェッセ。出会う人出会う人全員から愛でられ、可愛がられまくるのだけれど、仕方ないよ。だって可愛いんだもん! 反則的に可愛いんだもん!!
元々ボクっ子のくせに性格的にも非常に可愛らしい女性だっただけに、それが子供化してしまうと、ひたむきに頑張る姿が実にこう……頭を撫でてあげたくなる可愛らしさで、正直たまらん!
あのクールビューティーなカティナさんが、シェッセを抱っこして夢中になって頭を撫でてる姿には思いっきり吹いてしまいましたが。あんた、その娘親友でしょうに。友達相手になに萌えまくってるんですか。普段は生真面目なくらいの人なのに、壊れてる壊れてる。
まあ、常からシェッセを目の敵にしているターニャまで、コロッと行っちゃってるんだから仕方ないよなあ、うんうん。リュカが小さくなったシェッセを前にして、突然お姉さんぶりだしたのも、それはそれでまた可愛らしかったんですが。
まあ、童女と化してもそんなに態度が変わらなかったのは、タクトくらいなのですが、最近のタクトとシェッセはもういい雰囲気を通り越して、なんだか見ていて赤面してしまうくらいの初々しい熱々さを醸し出していたので、その態度が変わらないとなると、いい年をした男が10歳くらいの童女と熱々の空気をまき散らしている、といういささか犯罪的な絵面になってしまっていて、大変危険であるw
「いや、まっとうな成人男性が真夜中に女児と、子供何人作るって会話をしている。というこのシチュエーションは、一介の騎士として逮捕するべきか悩むところだ」
カティナさん、逮捕です、逮捕。
なんというしっかり幸せ家族計画w
「かかか、カティナもこっちに来て、一緒に話そうよ、ね!」
「……ごめん、無理。さすがに、そこに入るのは、無理。かんべんしてください。お腹一杯なんです! 甘くて胸焼けです」
カティナさん、だからキャラだいぶ変わってますってw
逆に言うと、カティナのキャラが変わらざるをえないほどの、凄まじい甘々っぷりだったというわけですね、わかります。

とまあ、今回災難だったのか何なのか、いろいろ大変だったカティナさんですが、ようやく彼女の背景が明らかに。以前から、彼女の動向には微妙な違和感があったんですよね。そこはかとなく、後ろ暗いところがあるような、他人に言えない秘密を抱えているような。シェッセにも明かさずに、どこか影を抱えているような様子から、最初の頃はカティナが黒幕、或いは敵側の隠密、という可能性もわりと真剣に考えていたのですが、最近はどうも敵サイドではなさそうだなあ、と首を傾げていたわけですが、なるほど彼女にはそういう背景があったのか。
超エリートであるカティナが、単なる友情という以上にシェッセに対して肩入れ、ないし感情移入している素振りがあったのは、魔法が使えず不遇を託つシェッセに対して、ある種の共感みたいなものがあったのかもしれないなあ。ともあれ、彼女がちゃんと今まで見てきた通りの、或いはそれ以上にまっすぐで誇り高い人物とわかってホッとした。
一方で、肝心要のタクトの過去もついに明らかに。今でこそ飄々と日々を過ごしてますけれど、タクトって現代日本から異世界に放り込まれた系の主人公としては、かなり最低最悪の部類の経歴の持ち主じゃないですか。いや、本作の主人公はどちらかと言うとシェッセの方なんだけれど。いずれにしても、これは酷い、というかエグい。まだ右も左もわからないほんの子供の頃に、何の案内もなく異世界に一人で放り出されて放置され、拾ってくれた相手は残虐非道な盗賊団。師匠に助けられるまで、奴隷同然に扱われ、傷つけられてきたってんだから、これはキツいなんてもんじゃないですよ。
そんな彼を身も心も救い、異邦人という孤独からも救ってくれた師匠。その師匠とも非業の別れを経てしまいながら、よくぞまあここまで立派に育ったもんです。一端の、きちんとした大人だもんなあ。
それだけ辛い思いをしてきたなら、もうあとは幸せになってもいいはずなのに。家族とも呼べる人たちと出会い、今またシェッセという大切に思える人と出会ったのだから、あとは幸せになるだけでよかったはずなのに。
彼に課せられた運命は、未だそれを許してはくれないわけだ。
ラストの子供みたいに泣きじゃくるシェッセの姿があまりにも悲痛すぎて、胸が痛い。ほんと、なんとかしてあげてください……。

内堀優一作品感想

吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 34   

吼える魔竜の捕喰作法3 (HJ文庫)

【吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 3】 内堀優一/真琉樹 HJ文庫

Amazon

リュカの祖父とクーミエの祖父が、長い竜狩りの旅から帰ってきた!
久しぶりの再会に喜ぶ肉屋一同。
そんな中、タクトとクーミエの仲を進展させたいクーミエの祖父から、二人をデートさせるための協力を頼まれてしまったシェッセ。
断る理由が無いため引き受けてしまうが、その胸中には今まで感じたことのないモヤモヤが渦巻きはじめ――?
甘酸っぺーーー!!
カティナがキャラ壊してまで叫んじゃうのもよく分かる。甘酸っぺーーー!! 甘酸っぺーーー!!
シェッセ、どうしてそこまで具体的に自分の気持を表現しておきながら、それが恋心だと気づかないんだ!! 計算式の過程の部分は完璧に導き出せているのに、なぜか=の先、答えだけが出てこないといった感じで、回りからしたらモドカシイやら微笑ましいやら。
これ、惚気てたり気づかないふりをしてたりしているわけじゃ絶対に無いんですよね。ほんとにピュアな娘なんだよなあ、シェッセって。こんなピュアなボクっ子が居ていいんだろうか。
この娘の凄い所は、そうした自分の中の理解できないモヤモヤした気持ちが何なのか、まあ友人でもあるカティアに相談するのはまだイイとして、この娘、この相談をそれこそ当事者であり、その気持の相手でもあるタクト本人に素直に相談しちゃうところなんですよね。
それこそ微細にどう聞いても貴方にLOVEしちゃってます! という精神的な症状を列挙した上で、これって原因なんだと思う? と真剣かつ純真無垢な目で小首を傾げられちゃったりしたら……タクトもあとには引けんでしょうこれ(笑
幸いにして、タクトの方もシェッセを純粋に女の子として好ましく思っていたようなので、恥ずかしさはあっても渡りに船だったのかもしれない。クーミエなどの他の親しい女性にはキッチリとそれは親愛であって恋愛ではないと区別してたようですし。
ラストのやり取りなんて、あれタクトの台詞、告白そのものと思ってもいいんじゃないのか? シェッセが可愛すぎて目立たないけど、結構凄いこと言ってるぞ。

とは言え、二人の甘酸っぱい恋模様がそのまま余人に関係のないプライベートのことで済むのなら誰もが幸せで居られたのだろうけれど、二人には過去の神話の因縁が纏わりついている。今のところは表に出ていないけれど、裏で色々な思惑が動くと同時に、シェッセ自身の中でも目覚めつつあるものがある。となると、彼女の恋の自覚は幸せな時間の始まりであると同時に、またぞろこのボクっ娘を苦しめる由縁になるんだろうなあ。本当に良い子なだけに、哀しい想いだけはしないでほしいなあ。
幸いにしてこの子の周りには、親身になって心配してくれる良い人たちが揃っているので、孤立無援にはならないと思いたいところだけれど……微妙に不安なのが、カティアが上司の切れ者参謀と密談していた時のウォーレンが最後のカティアに問いかけた出自に関する質問なんですよね。あれ、どういう意味合いが篭められてたんだろう。

しかし、竜退治の方はガチでリアルモンハンになってきたなあ。モンハンやったこと無いんで適当言ってますがw 今回の竜はコンセプト自体が捻ってて面白かったなあ。ああいう特殊な生態って、妙な生々しい動物!って感じの感触があって好きなんですよねえ。

1巻 2巻感想

吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 2 4   

吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア)2 (HJ文庫)

【吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 2】 内堀優一/真琉樹 HJ文庫

Amazon

ただ倒すためでなく、美味しく食べるためにドラゴンを狩る肉屋の青年タクト。謎多き彼の身辺調査任務についた騎士の少女シェッセは、すっかり肉屋の一員として、タクトたちと過ごすことが楽しくなっていた。
そんな折、シェッセはタクトと一緒に泊りがけでドラゴン狩りへと出かけることになるのだが、そこでリュカの秘密を知ることになり――。
なにこれ面白い!? 作品の雰囲気は一巻のそれから全然変わっていないにも関わらず、作品のジャンルというかスタイルというか、主眼とする部分がガラッと変化していて驚いた。いやはや、これは驚いた。でも、雰囲気は一緒だから、一巻とはまるで別の作品じゃん! という訳ではまるで無いのが実に面白い! 一巻はシェッセという、立場的には完全にヒロインポジの女の子を主人公にして、本来主人公的な存在であるタクトを相方に回すことで、普通のファンタジーとはちょっとだけ位置をズラした面白い視点で描かれた成長譚だったんですが、あくまで主体は竜を倒すぜー、なファンタジーでした。倒した竜を美味しく食べるよー、というか美味しく食べるために上手いこと竜を倒すよー、な設定はそれはそれで珍しく面白いところだったんですけれど、正直物語の中のウェイトとしては味付けくらいの印象だったんですよね。竜を食べる、しかも美味しいと言われてもどうしてもゲテモノ食材的なイメージがつきまといますし。
だから、この「食べる」という部分はタクトが肉屋であり、さらにリュカの秘密がある以上、物語の要素として必要不可欠ではあっても、特に重要視する部分じゃないんだろう、と意識もしていなかったんですが……。
二巻読んで、驚きましたよ。
く、喰いラノベになってる!?
いやもう、びっくりするくらいに食事シーンがやたら多い。かなりのウェイトが、収穫、食材見聞、下拵え、調理、実食、ごちそうさま、に占められている。その上、本作の特色である「竜を食べる」には拘らず、むしろタクトの日本食文化の方に焦点を当てつつ、食材も一般人が扱うようなものを使っての普段の食事、普通の食卓に描写を傾けているのだ。
そして何より、これがめちゃくちゃ美味しそうなんだわ。食事シーンが見てる読んでるこっちまでお腹が減るほど美味しそうな作品は名作、というのはジャンルを問わずに共通する話だと思うけれど、それに当てはめるなら本作は実にお腹が空く良作でした。豪華で特別な料理ではなく、旅の空での簡素な食事だったり家庭料理だったいするのに美味しそうなのが肝だよなあ。
一巻ではここまで食事シーンに力は入れてなかったと思うんだけれど、この方向へのハンドル切りは大英断じゃなかろうか。飯食いシーンが美味しそうな本って、結構何度も読み返してしまう所があるし。

と、そんなお食事パートの濃さを踏まえた上で、一緒の屋根の下、同じ食卓、同じ厨房、同じ野営地で一緒に買い物し、或いは野で食材を収穫し、一緒に調理し、一緒に食べてるシェッセとタクトがもう完全に新婚の若夫婦です(笑
もはや、イチャイチャを通り越して御似合いすぎるw まだイチャイチャするにも至っていないんだけれど、その辺すっ飛ばして馴染んじゃってるよなあ。
面白いのは、リュカの存在がいい味付けになっているというところ。一巻の段階ではこの娘って、タクトの相棒でありシェッセと張りあうヒロインなのかと思ってたんですけれど、そうじゃなかったんですね。この巻を読むと、リュカは人間としては自立していても、女性として立脚する以前の子供、童女だというのがよく分かる。そして、タクトはリュカの相棒ではあるものの、むしろ保護者というウェイトの方が重く、更にいうと兄貴よりも若い父親って感じなんですよね。そうして振り返ってみると、タクトとシェッセとリュカの関係は子連れの若い男とその後妻に入った少女、というスタンスに落ち着くわけですよ。

なにこれ萌える

そういえば、リュカって最初はシェッセと微妙に距離を置いて、なかなか心を開いてくれませんでしたけれど、あれって新しいお母さんと子供の関係としてみたら、なかなか滾るものがある。シェッセがリュカと仲良くしようとあれこれ手を尽くしていたのも、また違って見えてきますし。
てっきり姉と妹くらいの関係になるんかと思ってたんだけれど、リュカが踊っているのを見てキュンとなったり、リュカを膝の上に載せて一緒に御飯食べたりしているシーン見てたら、確かに友達とか姉妹よりも母子と言った方が似合うんですよね。
僕っ娘お母さんですよ。なにこれ萌える。
リュカもリュカで可愛いんですよね。健気で子供らしい献身さにあふれている。あの幼稚園でのお遊戯めいた踊りと歌は、確かに鼻血レベル。あれは可愛すぎるよ、録画しないとまずいですよ。親がカメラ持って七転八倒するのもアレはよく分かる、うん。
その上で、連れ子らしい遠慮と配慮、そしてタクトとシェッセへの感謝と好意がリュカからはひしひしと伝わってくる。いや、連れ子じゃないんですけどね、別に! ただ、当てはめると実に似合うんだよなあ、うんうん。

そして、シェッセである。もうこの娘、文句なしに可愛いわ。なにこのかわいいボクっ娘、最強だろ。なんか語りだすと、此処が可愛いよシェッセさん論で延々と終わらなくなりそうなのでやめときますけど、こんな子に毎日味噌汁作るよ! と言われたタクトはもう命賭けろよな、おい。

さて、その本来なら主人公格にあるタクトなのですが……こいつ、てっきり異世界人、現代日本から召喚でもされた奴なんだと思ってたんですが……予想と微妙に違っていて、ちと見る目変わった。
そうかー、そうだったのか。明確な自我が確立する前だったとしたら、アイデンティティも曖昧になるわなあ。だからこそ、彼の師匠は同化させるのではなく、拠り所となるものを彼に与えたわけだ。ただ、それは彼に安定をもたらしたのだとしても、潜在的に自分が居場所のない異邦人、心の奥に帰りたい場所を刻んだまま取り残された稀人であり続けることを決定づける事にもなってしまっている。幼かったが故、だなこれ。タクトが最初の予想通り、召喚されたのが最近で既に大人だったとしたら、このあたりは明確な意思の上で処理される問題なんだろうけれど、小さい頃にこれだと無意識レベル、在り方の根源に基づいちゃうから、なかなか自分の意思や精神力とかでは儘ならない。
だからこそ、シェッセの味噌汁は思いの外重要なポイントだったんじゃないだろうか。マレビトであるタクトの「ホーム」に、帰る場所になれると彼女は示したわけですから。
もうマジであれがプロポーズでもいいんじゃね?

とまあ、今回は二人の、いやリュカも含めて三人の関係を進展、というか在るべき形を整えるようなお話でしたけれど、ひたすら家庭的な方向に突っ走っているシェッセの想いとは裏腹に、彼女の「運命」は着々と鎌首をもたげてきている。竜伐騎士の兄ちゃんたち、どうも既に色々と知ってるっぽいなあ。
なんかもう、この家族の形を壊されるのは本当に嫌なので、なんとかシェッセとタクトには頑張って欲しい。そして、シェッセの実家訪問もタクトには頑張って欲しいな、うんw
超親ばかっぽいシェッセの親父さんだけれど、案外タクトと意気投合しそうな気もするんだよなあ。いずれにしても、面白くなってきたという以上に、このキャラクターたちが好きになってきた。次回が楽しみです。

1巻感想

吼える魔竜の捕喰作法3   

吼える魔竜の捕喰作法 (HJ文庫)

【吼える魔竜の捕喰作法】 内堀優一/真琉樹 HJ文庫

Amazon

国を守護する《魔法騎士団》を易々と蹴散らす巨大な竜。しかしそれは、一人の青年によってあっさりと倒された。あまりに強すぎるその男・タクトの正体は――皆が畏怖する竜を狩り、その肉を美味しく食べてしまう《下町の肉屋》だった! そんな彼に丸め込まれ、肉屋でバイトをさせられることになった劣等騎士の少女・シェッセの運命やいかに!?
はい、ボクっ娘きましたーー! しかも、男勝りだったりイケメンだったり、ボーイッシュだったりするボクっ娘ではなく、むしろ逆に可憐で素直で庇護欲をかきたてるタイプの実に女の子らしい女の子なボクっ娘である。ボーイッシュなタイプのボクっ娘も嫌いじゃないんですけれど、私はこういう女の子らしいボクっ娘も大好きなんですよ、うん。ツボったツボった。
この作品の面白いところは、そんなヒロインであるところのシェッセを主人公に据えたところでしょう。実のところキャラの配置だけ見ると、タクトが主人公で周りに様々なタイプの女性陣が集っているという典型的なスタイルなんですよね。タクトの竜狩りの相棒である無口な小動物タイプのリュカ。肉屋の主人でタクトの雇い主である変態のクーミエ。そして魔法騎士団のエリートで文武両道の才女であるカティア。そして、とある理由から落ちこぼれ扱いされているものの、努力家で性根の真っ直ぐなシェッセ。と、こんな感じでヒロインの配置は常道を歩んでいる。のですが、主人公であり視点の主である人物をタクトではなく、シェッセにしているために、物語の見える景色がぐるんと大きく変わってくるのである。さらに、シェッセが主人公になることで、リュカやカティアといったほかのヒロインたちとの人間関係もタクトではなくシェッセが中心になるために、タクトを介するのではなくみんなシェッセとダイレクトに友情を育んでいくことになるんですね。そして、タクトが教導役を担うことで、ある制約を課せられ不当な扱いを受けながらも、コンプレックスに負けずに努力を続けていたシェッセの閉ざされていた道が開かれていく、という成長物語にもなっている。
素直で純粋で、でも負けず嫌いで弱音を吐かずに歯を食いしばって頑張っている子が、きちんと報われる成長物語って、それだけで素敵じゃないですか。一生懸命過ぎて笑顔を浮かべる余裕もなかった娘が、新しい触れ合いから自然に笑えるようになる話って、それだけで素晴らしいじゃないですか。
タクトって、主人公格としては最近珍しいくらいの野生的なマッチョ系なんですが、こういう配役だと頼もしい限りですよね。生真面目なシェッセをからかうのも、やりすぎて叱られるのも、良い意味で息抜きになっていますし。

とはいえ、それだけのシェッセの成長物語、というわけでもないんですよね。主人公でありながら、ちゃんとシェッセはお姫様的なヒロインとしての役割も、物語の本筋の方で割り振られている節がある。彼女の才能が開花していくことは、同時に神話として伝わり、この異世界における信仰となっている伝承に直接関わってくる、というスケールの大きな話に繋がっているのである。どうやらタクトは、既に真実を概ね承知した上で行動しているようですし、その意味でも主人公には成り得なかったのかな。全部知っているということは、物語の方向を決定づけるであろう大きな選択を前にした決断や決意を担うのではなく、主人公に託す立場にあるわけですし。
実際、冒頭に記されている神話と、ラスト近辺で匂わされた神話とは異なる真実を照らしあわせてみると、どう見てもシェッセが選択を迫られる状況ですし。

デビュー作が現代劇ということで、ファンタジーに移ってどうなることかと思いましたが、相変わらず人間関係の微妙な揺らめきの妙は変わることなく、さらに女主人公というのが思いの外ハマった感もあり、新シリーズとしては良いスタートを切れたのではないでしょうか。ここからどれだけ大風呂敷を広げていけるか、楽しみにしたいと思います。

内堀優一作品感想
 

9月22日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月7日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

9月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


9月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月29日
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索