眠らない魔王とクロノのセカイ

眠らない魔王とクロノのセカイ 33   

眠らない魔王とクロノのセカイ 3 (GA文庫)

【眠らない魔王とクロノのセカイ 3】 明月千里/閏月戈 GA文庫

Amazon

『グランドクロス』の予兆に対して《世界和平協会》は、各世界の魔王を集めた『並行世界会議』の開催を決定する。 サミット開催を目前にした、慌ただしい日常の中、夜は死んだはずの少女、リルと偶然の再会を果たす。

五年前に救えなかった、クロノとよく似た少女の出現で戸惑う夜の前に、巫女姿の少女、イチナが現れる。 かつて十神家を追放された悪の血筋、『祀桜』を家出してきたというイチナは、夜にリルの正体を伝え、一つの話を持ちかけてくる。
「私は......運命を変えたいんです」

過去と現在が邂逅する《運命の分岐点》。
緊迫の異世界交錯<クロス・ワールズ>学園ファンタジー第3弾!
うおおい、他の七世界の魔王は? 最強の十二人のゾディアックは?
面白そうなネタや要素だけ散々散りばめておいて、打ち切りですか……うががが。まさにこれから、というところだったのになあ。
結局ラストとなってしまったプレイヤーとの戦いも、虚々実々の駆け引きが実に見ごたえたっぷりで面白かっただけに、ここで終わりというのは勿体無かったなあ。こうして振り返ってみると、やっぱり作者の得意領分ってデビュー作の【月見月理解の探偵殺人】のように、直接のバトルじゃなく互いに謀を仕掛け合う頭脳戦だと思いましたね。主人公の能力「聖罰の規約」だって、ルールを定めたゲーム上でこそ様々なアプローチを仕掛けられる能力でしたし。その意味では、むしろ干戈を交える以前の攻防こそが壮絶であり、何に剣を向けるべきか、そもそも敵は何なのか、から探り出し見えない誘引を逆にたぐり、思惑を読み切ろうと焼ききるような思考を巡らせる、今回の一連の駆け引きこそ本作の妙だったように思います。
ただ、打ち切り決定だったためか、伏線や設定のツッコミ方がやや性急な面が浮き出てしまったんですよね。あの幼馴染リルの設定は、扱いようによっては本作を傑作へと押し上げかねない虚を突き練り上げられたものだったと思いますよ。リルについては、これまでに開示された情報からして単純にリル=クロノだと思い込んでいましたからね。もし、この部分をよりねっとりじっくり掘り下げてねぶるように描いてたら、実に味のある煩悶と心の駆け引きが引き出せる素晴らしい設定だったと思うんですよね。それだけに、スペースの関係上ここでシンプルに消化してしまうのは惜しいなあ。惜しかったなあ。
その分をイチナの方に注ぎ込んだのは、どちらも中途半端にして台無しにすることを思えば英断だったんじゃないでしょうか。この子の悪への覚悟の徹し方と、救いへの焦がれへの煩悶は凄い好みだったんですよね。たとえ捨て鉢ではあっても、流されるのではなく戦って戦って戦い尽くすことを選んだ少女。思えば、ヒロインのクロノをはじめ、主人公の夜を含めて、ここに出てきた登場人物たちは過酷で情け容赦のない境遇に立たされながら、悲劇に流されることを良しとせず、たとえ結末が良きものであろうとなかろうと最後まで抗い戦うことを選んだ者たちでした。何だかんだと鬱屈を覚えずスッキリとした物語だったのは、皆がそうした一本筋を通そうとするキャラクターたちだったからかもしれません。もうちょっと、この子たちの物語を見続けたかったのですが、残念でした。個人的にはカナカ回が回って来なかった事が痛恨ですw また次回作に期待させてください。

1巻 2巻

眠らない魔王とクロノのセカイ 2 3   

眠らない魔王とクロノのセカイ 2 (GA文庫)

【眠らない魔王とクロノのセカイ 2】 明月千里/閏月戈 GA文庫

Amazon

その少女はSS。星令学園最強の十二人、《ゾディアック》の一人。
謀略が這いよる異世界交錯学園ファンタジー第2弾!

「夜くん……。わたしのパンツとか見たくないですか?」
「何を言い出すんだお前は!?」

『世界使い<ルーラー>』たちの学園に転入した夜とクロノは、そこで機械の眷属の少女、レファと出会う。
レファは星令学園<ワイズ・アカデミー>最強の十二人、《ゾディアック》の一人だった。

学園からの『ミッション』をレファと組むことになった夜。『ミッション』に参加できないクロノは落ち込む。
また、レファと同じ機械の眷属の少女、ハルは夜に忠告する。
「あの子には、気をつけなさい」

並行世界への出入り口『クロス・ゲート』を調査する夜とレファ。その裏で蠢く陰謀とは!?
異世界交錯<クロス・ワールズ>学園ファンタジー第2弾!
おいおい、まさかこのまま各界の魔王・王族と片っ端から誼を通じるつもりじゃなかろうな。下僕だの奴隷だのと言われてはいるものの、何だかんだとイニシアチブを握っているのは夜の方なので、このまま行くと夜は魔王を統べる存在、大魔王にでもなってしまうのでしょうか。それとも、夜の帝王にでもなるのか。そういうモンスター居たな、ドラクエにw
ともあれ、魔王と言いつつ境遇が不遇な子ばっかりですよね。仮にも各界の要となるべき存在にも関わらず。或いは、存在そのものだけが重要だからこそ、王ではなく駒として利用される宿命にあるのかもしれませんが。そんな不遇な中でも、彼女たちは駒としてではなく、名前だけの魔王でもなく、民草を導く王たらんとする志を頑なに守っている。そんな彼女たちだからこそ、自身の正義を見失った夜にとっての拠り所となるのでしょう。彼女らの志を守ることこそ、今の夜にとっての正しさの指針となるのですから。なので、どれだけ魔王を侍らせても、彼がその上に立つことだけはないはずです。彼はあくまで、王たる者たちを支え彼女らの望みを叶える存在なのですから。その意味では、彼は王様ではなく、彼女らのセカイの守護者なのでしょう。尤も、その性質は騎士というよりも魔法使いの類でありますが。

二巻からおそらく本番とは考えていましたけれど、こうもガッツリと学園ものになるとはなかなか驚いた。それも、『世界使い<ルーラー>』が当たり前のように存在し、その活動が学園によってキッチリと管理され、運用されるシステムが機能している舞台に放り込まれる事によって、偶発的、あるいは自主的な異変への介入に頼らずに、ルーラーとしての力を振るう機会が増えると同時に、クロノのような強大な力の使い手はその行使を制限されてバランスが取れるようになっている。尤も、状況というものは往々にしてそうしたルールやシステムに則らずに陰謀を当て込んで主人公サイドを罠にハメて行くものなのですが。
ただ、今回の一件を通じて《ゾディアック》の一角を担うレファを味方に引き込むと同時に、消極的協力体制にあったハルもまた、その機械の派閥と共に完全に味方に引き込んだので、あの残念な白羽先生を加えても、着々とクロノと夜は独自の勢力を築き出してるんですよね。尤も、味方のはずのセルツお嬢様は腹に一物抱えているようですし、祀桜家は次期当主のあの子の様子からして一概に敵対勢力と言えず、正義派そのものも反魔王派とはいえ本当に相容れない組織なのか微妙な所。裏で暗躍しているあのグループの動きや状況次第では敵味方の定義は簡単にひっくり返りそうな様相を呈しているので、なかなか傍目にも混迷を控えた状況ではある。この辺りの組織間、各セカイ間の絡みや駆け引きが活性化してきたら、そちらでもなかなか面白くなりそうな気配はしているのですが、はてさて。
まあとりあえず、難攻不落かと思われたハルさんが早々に陥落してデレたのが一番の収穫でした、としておこうw

1巻感想

眠らない魔王とクロノのセカイ3   

眠らない魔王とクロノのセカイ (GA文庫)

【眠らない魔王とクロノのセカイ】  明月千里/閏月戈 GA文庫

Amazon

「私がお前と血の契りを交わしたのは、純然たる事実だ」
「待て! 人前で紛らわしいことを言うな!」

 自分の“ルール”を作り出す、異能力『世界<ワールド>』と、それを操る能力者『世界使い<ルーラー>』が存在する現代。

 高校生・神木凪夜は“魔王”と名乗る少女と出会う。
「私の名は禍刻クロノ。いずれこの世界を統べる『魔王』のひとりだ」

 クロノの巻き添えで、殺された夜は、彼女とともに街中で起きている『神隠し』の事件を追う。

『正義』を捨てた少年と、正しい『魔王』を目指す、孤独な吸血鬼の少女との、異世界交錯<クロス・ワールズ>学園ファンタジー開幕!
嘘と真実を巧妙に操り、如何にゲームを支配するかを競う心理戦がメインだった前作【月見月理解の探偵殺人】から打って変わって、異能バトルをメインにした真っ向勝負の作風となった本作【眠らない魔王とクロノのセカイ】。てっきり、明月千里さんなら次回作も性格悪そうな捻くれたミステリーを送り出してくるかと思ってたので、このストレートな作品にはちょっと驚いた……のだけれど、ん? ん? んん? いや待ってくださいよ、そう簡単に真っ当な異能学園モノと捉えていいのか、これ? 少なくとも導入編である第一巻では異能力『世界<ワールド>』は直接的な武力として扱われていたけれど、ラストで主人公がやった能力の使い方は心理的な効果を武器にして相手の思考を誘導する、いわばゲームを支配する展開だったと言っていい。そもそも、夜の能力はまさに攻撃力ではなく、純粋にインテリジェンスによってより威力と効果を発揮する、馬鹿では役に立たない能力だ。他にも、仲間となるだろうキャラたちの能力も、攻撃力に乏しい補助系・支援系の能力であることを考えると、以降の展開は思いの外頭脳戦重視の攻防になるんじゃないだろうか。そうなってくると、まさに明月千里のフィールドである。まあ実際はどうなのか、それこそ次巻を読まなければわからないけれど。
それに、バトルのシーンとは別に、クロノの身の回りのあれこれについては、巧妙にリードがしてあって、この辺は実に「らしかった」。てっきり、クロノが頻繁に夜のもとに訪れてくる理由について、それこそ夜が想像していた通りだと読んでるこちらもまったく疑っていませんでしたし。いや、違和感みたいなのはあったんですけどね。この微妙な違和感を漂わせつつも疑いを抱かせない、というバランスが真実を伏せておいてココぞという時に開いてみせる手法においてどれだけ絶大な意味を持つか。この辺りの匙加減の感覚が冴えてる人が扱うミステリー要素は大概面白いんですよね。その点においては、明月さんは実に「相変わらず」でした。
さらに、単純なボーイ・ミーツ・ガールかと思ってたら、最後の最後にどんでん返しが待っていましたし。これの味噌はクロノも夜も両人とも事実を知らないってことです。知らないからこそ、余計にその再会と絆は純粋で価値あるものとして輝くことになる。忘れていても、知らなくても、それでも二人はこうして再び手を繋ぐ。随分とまあロマンが込められた話じゃないですか。好きですよ、こういうの。

前作に比べて更に良かった点は、キャラクターの立ち方でしょうか。特にサブヒロインにあたるだろうカナカとハルは存在感をバシッと示してくれましたしね。カナカなんか、日常サイドのお為ごかし役かと思いきや、実は全方位型の天然弄られおバカキャラという正体を表して以降は、コメディパートで殆ど無双状態でしたし。
白羽先生なんか、師匠役としてはもう類を見ないほど「手遅れ」だったりするしw これだけ人材が揃っていると、日常パートも映えるってもんですよ。
いずれにしても「本番」は次回からでしょうし、先々どんどん盛り上がることを期待したいと思います。
 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索