徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

短編集

ロクでなし魔術講師と追想日誌 9 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 9】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

私が生きている意味はーーこれだったんだ

「Project: Revive Life」から生まれ、グレンに救い出されたリィエル=レイフォード。しかし、彼女には生きる意志が消えていた。帝国に存在を偽り、彼女を育てることに決めたグレンは……


レーンの受難
あんまりクローズアップされないけれど、システィたちの下の世代、一年生たちもちゃんと学園にはいるんですよね。そりゃ、グレンの実態を直接知らず、その来歴だけみたらポンポンと学園のみならず国の危機まで救ってるとんでもない人物だもんなあ。そりゃ、人気も出るわさ。
そんな一年生の女子寮で発生している下着ドロを捕まえるため、セリカ特製の女性化魔法薬によって再び超絶美人女教師となって女子寮を警備することになったグレン。って、これグレン女性化する必要どこにあったんだろう。生徒たちにも極秘に、というわけじゃなく生徒みんなグレンが女となっているのを承知しているのですから。これって単にサービスなだけですよね?


嵐の夜の悪夢
グレン先生、幼少からのトラウマである首なし騎士にビビリまくるの回。教師としての威厳も大人としての立場も男としての面目も投げ売って、ひたすら幽霊ならぬ首なし騎士にビビり倒すグレン先生の醜態W
いやまあ、霊障とかにトラウマある人からすると、怖いもんは怖いよなあ。徹底してシスティを盾にしてるのは笑ってしまうけれど、それだけ耐久力ある盾だと信頼してのことでしょうW
しかしあれだけ良い反応をしてくれると、ドッキリ仕掛けた方もやりがいあっただろうなあ。
そしてセリアは子供相手に深い心の傷を負わせすぎである。親としてはやりすぎです、それW


名も無きビューティフル・デイ
出るたんびに、神秘が薄れて単に突っ張った小娘(チョロい)という本性が発覚していくナムルスの、初めてのデート回。
いやマジで普通にデートしてもらってるだけじゃないですか、やだもう。口では偉そうな尖ったことをイイながら、本当にチョロい。作中随一のチョロさを露呈しまくるナムルス。おまえ、本当にただの小娘だなあ。
逆に言うと、本当ならただの小娘でしかないナムスルが重い役割負わされすぎている、とも言えるのだけれど。
あとちょっと感心したのが、グレン先生。この人やろうと思ったらちゃんとしたデートのプランニングから実践からそつなくやれるんですよねえ。このへん、その辺の経験不足の子供と違う大人だなあと感心してしまった。
ちなみに、ホテルの寝室に連れ込まれた場合、ナムルスちゃん身を任してしまいそうな流れだった件について。君、それがルミアの身体だというのを完全にスルーしてたでしょう。チョロすぎる。


君に教えたいこと
なかなか将来有望な娘が。グレン先生、才能豊かな天才児とその母である未亡人に引っかかる、の巻き。いや、未亡人ではないんだが。
いやまじでこのママさん、最強の刺客じゃないだろうか。13歳の娘がいる28歳のシングルマザーって……あんた、15歳で娘さん産んだんですか!?
政略結婚の挙げ句DV離婚したというのがまた生々しいというか。28歳って全然若いですがな。
このママさん相手だと、グレン先生本気で更生してしまいそうなのですが。イヴをライバル視している場合じゃないですよ、システィとルミア。
しかしここで将来の学院生を出す、というのは将来を感じさせてくれるのがいいですよね。未来において、グレンはまだ講師やっていてウルが入学してくるのを迎えてやれる、そういう希望が見えるじゃないですか。


迷子の戦車
「Project: Revive Life」によって生み出され、関係者の多くが無念の死を遂げる中、独りグレンに救われた人造生命であるリィエル。その人形でしか無い、自分の生きる意思を持たなかった彼女が、グレンと同じ特務室の一員となるまでの。何のために生きるのかを見つけるまでのお話。
と言っても、リィエルはほとんど無気力に横たわっているだけで、そんな彼女の身の回りの世話をして必死に彼女に生きる意思を持たせようとするグレンの霞を掴むような介護の様子をその奮闘と挫折の繰り返しを描く物語になっているわけですが。
しかしリィエルを助けたはいいけれど、彼女の身分保障の偽造やら何やら全部お膳立てしてくれたのってイヴだったんですねえ。グレンをリィエルの世話に専念できるようにしてくれたのも彼女ですし、お互い反発しながらどうしてかイヴが一番のグレンの理解者っぽいんだよなあ。
グレンは昔からイヴは嫌がらせしかしてこないろくな上司じゃなかった、みたいな言い方してたし、イヴの方もグレンのことをずっと反発してぞんざいに扱ってたみたいな述懐してたけれど、短編集だけ見ていると、なんだかんだグレンのフォローしてくれるし支援やら何やら手厚くしてくれてたりするし、かなり助けられてるんですよねえ。
グレンの切なる思い、生きてくれという願いに応え、ようやく生きる意志を得たリィエル。でも、その生きる目的はグレンのため、というただ一点。それは依存の先を変えただけの生き様。結局、グレンはそれを変えることが出来ないまま、彼女を放り出して特務室から消えてしまうのですが……。
こうしてみると、リィエルの成長はシスティのそれとはまた少し違って、独り立ちするための成長なんだよなあ。彼女は自分で守りたいものを見つけ、誰に寄り掛かるでもなく自分の意志で戦い生きる「人」になった。それはもう彼女の生存にはグレンは必要としなくなったということでもあり、そうしてようやくリィエルは一人の女の子としてグレンを追いかける事が出来るようになったのかもしれないのですね。




キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File 2 ★★★   



【キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File 2】  細音 啓/猫鍋蒼 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

アリスと燐の帝国潜入……という名のコスプレ大会!?――『波乱の仮装大会』 ニューイヤーレターを巡って使徒聖たちが大暴れ!!――『天帝直属、最上位戦闘員』など珠玉の短編集第二弾!


「キミと僕の最後の戦場、あるいは炎の芸術家」
部隊予算の使い方が雑すぎる! ってか、仮にも年間予算なんだからお小遣いみたいに使ったらだめでしょう! 事前に使う予定を決めてから予算案だして、実際の予算額引っ張ってくるんじゃないの? 決算ではちゃんと予算何に使ったのか詳細な報告書とか出さないといけないんじゃないの!?
なんか、話だけ聞いていると何に使うか確かめずに一定額を各部隊に与えて何に使うかはお好きにどうぞ、ってなってるように見えるんだけど!?
凄いな帝国軍!
そして、予算が足りなくなったら自弁で稼いでもいいよ、という副業可という内務規定。すげえな、予算使い込んだら自分で稼いで補填したりしてもいいんだ!
元々福利厚生の充実っぷりに瞠目させられていた帝国軍ですけれど、この場合の副業OKという規定はどう考えたらいいんだろう。足りなかったら自分たちで稼げ、というのは闇にも聞こえるけれど、自由に何でも出来るとも取れるんですよね。
まあ、軍隊としては自弁できるってのはヤバいなんてもんじゃないんですけれど。でも、その稼ぎ方が普通にアルバイトだもんなあw


「キミと僕の最後の戦場、あるいは試練の裏切り計画(スパイミッション)」
一部の部隊を敵側と設定しての、施設の防衛訓練。ある意味まっとうな訓練なんだけれど、だから自費で勝手に装備とか増強しないで! 自前の武器を自費で購入、とかは普通にあると思うけれど、高が訓練に金持ちな実家の財産を注ぎ込んで無敵要塞にしてしまうピーリエ隊長。
ミスミス隊長もそうだけれど、帝国の部隊長の選定ってポンコツじゃないとダメ! という原理原則でもあるんだろうか。


「キミと僕の最後の戦場、あるいは波乱の仮装大会(ハロウィンパーティー)」
わりと本編でもイジラレ役な事が多い燐ちゃん、当然短編集でもアリスに無茶振りされて半泣きになりながら恥ずかしい目にあうのでした。仮装はともかく、下着に包帯ぐるぐる巻き、というのは相当にエロいんじゃないだろうか。当初その衣装を着る予定だったアリスは、その豊満すぎる肉体からして完全に見た目でアウトなので、燐くらいでギリギリセーフ。ってそれを舞台上で晒し者にされた挙げ句に包帯までほどけてしまって、という目に遭う燐ちゃん。これはこれで美味しい役どころである。


「キミと僕の最後の戦場、あるいは完全無敵のお姉さま」
なんでか観衆の前でお姫様としての品格対決をすることになったアリス、シスベル、そしてイリーティアのロア家三姉妹。いやいやいやいや、あんたらそんな面と向かって張り合うような仲じゃなかったでしょうが。そもそも、アリスとシスベルに至ってはお互いの猜疑心からまともに会話すらもなく、避けていたでしょうに。短編特有の謎時空だろうか。
ともあれ、ここのイリーティアが加わったことで、妹二人から姉がどんな風に見られているのかが知れたのは良かったかも知れない。こと、異能力以外のすべて、美貌にしてもスタイルにしても教養にしても品格にしても、イリーティアってアリスもシスベルも尻尾を巻いて逃げたくなるほど完璧で完全無欠だったのか。まあ、品格なんぞに関しては、イリーティアがどうこうじゃなく、アリスもシスベルもまあ……なんだ、頑張れ……というくらいのレベルだしなあ。二人が手を結んで共闘したからと言って0.5に0.5をかけても1になるどころか0.25になるんですよ?という話である。
いやでも、半分喧嘩でも普段からこれくらい三姉妹でコミュニケーション取ってたら、もっと普通の姉妹仲になっていたんじゃないだろうか。こんな拗れることなかったんじゃないだろうか。アリスにしてもシスベルにしても、イリーティア姉様のことそれだけ一目も二目も置いていて自分たちではかなわないと痛感していたのですから。


天帝直属、最上位戦闘員
だから、アルバイトで予算を稼がないでw
ついに部隊ごとどころか、軍団ごとでアルバイトしはじめたぞ、この帝国軍。それも、年賀状の配達である。ミスミスたちのいる璃洒のところならまだしも、冥の機構校佞縫諭璽爛譽垢竜々渋茘沙佞泙撚辰錣辰討離縫紂璽ぅ筺爾らの雪の帝都を部隊にしたドタバタ劇。いや、雪降る帝都というシチュエーションなら、政変とか革命とかそういう雰囲気ある展開にならないものでしょうか。
璃洒ならともかく、ネームレスまでこんな話に乗ってくるとは思わなかったw
その挙げ句に大爆発オチである。そりゃ、面白いこと好きの天帝さまでも普通にお説教ですわ。


あるいは世界が知らない予言
イスカとジンと音々がクロスウェル師匠のもとで修行していた頃の話。のちの小隊結成の前日譚にあたるのか。頭が悪い、と名指しされていたイスカ。だが、その愚ゆえに弟子としてすべてを叩き込まれ、ジンや音々は賢いが故にストッパー役として支える役としての役割を与えられていたのか。
本来ならそんな彼らをまとめてくれる大人のリーダーが求められていたにも関わらず、なぜか彼らの隊長になってしまったのはミスミス隊長……いや、なんで本気でこの人どっから湧いて出てきたんだろうw



昔勇者で今は骨EX 小骨集 ★★★★☆   



【昔勇者で今は骨EX 小骨集】 佐伯 庸介/白狼 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

WEB限定!! 骨になっても心は勇者な冒険者(※ただし骨)の珠玉の短編集が登場!
大人気お気楽異世界ファンタジー『昔勇者で今は骨』の短編集が電子書籍で登場!
電撃文庫MAGAZINEや小説投稿サイト「カクヨム」にて掲載された短編などを大収録!!
さらに新規書き下ろしの短編『心の師匠のためならば』も収録!

電子書籍限定ながら、【昔勇者で今は骨】の短編集が登場。こうして電書限定でも続きが出てくれると嬉しいですねえ。しかも、短編集ということで色んなキャラにスポットが当って結構贅沢ですよ、これ。
今まで存在だけが示されていた勇者アルヴァスの婚約者だったお姫様たちも、在りし日のアルヴィスと共に描かれていますし。このお姫様方もなかなかに濃いキャラだったんだなあ。濃い以上に王族としても一人の女性としてもイイ女であり、人類危急の時に在るべき王族であり、と人物たる人たちで。
アルヴィスも政略としての婚約であったというから、建前の付き合いだったのかなー、と思ったらちゃんと公私の私の部分でも仲良かったんだ。帝国のパンデー皇女なんか姉御呼ばわりですもんね。
エイン王国のエルデスタルテ王女の方はだいぶ年少さんで当時まだちっちゃい幼女だったのだけれど……アルヴィスってフーチ相手でもそうだったけど、子供相手でも適当に子供扱いせずしっかりと相手を見て相手を立ててちゃんと話してくれるので、子供の方は凄く慕っちゃうんですよね。本当の意味でちゃんと話を聞いてくれる大人、というのを子供というのは求めてやまないものですし。
おかげさまで、王女様の方は勇者オタクを拗らせてしまうのですが。姉御の方はすでに大人だったから変な屈折は……いや、アルヴィス戦死をきっかけに帝位目指しちゃったらしいのでこれはこれで拗らせたのか? いずれにしても、二人共勇者の死ではなくアルヴィスという個人的に親しい人の死を嘆きショック受けただろうことは想像に難しくない。政治的立場故に、アルヴィス死んだけどまだ健在、というのを知らされていない、というのはちょっと可哀想だなあ。特に王女は未だに……ねえ。

知っててなお、苦しんだのがフブルさんとイザナなんだろうけれど。
フブルさん、こうして過去編見ると魔法の師匠であるという以上にまだ子供だったアルヴィスを預けられて育てた親代わりでもあったんだなあ。フブルさんもこれ、弟子という以上に我が子のように思っている様子が伺えるんですよね。そんな子を、天賦の才に魅せられて魔法の粋を授けてしまった。何より、勇者にしてしまった。人類の危機を救う切り札としてしまった。結果として、彼は運命のまま人類の決戦兵器としてその役目を果たしてしまった。果たさせてしまった。果てさせてしまった。
死なせてしまった。
フブルさん、毎夜魘されのたうち回るほどに苦しんでたのか。そりゃそうだよね。息子に等しい子を自分の手で死する運命へと叩き込んでしまったのですから。
ただでさえ、頼まれたから、そうしなければ全滅していたからとはいえアルヴィスを死霊に変えてしまったイザナが、フブルさんが苦しむ様子を見せられて思う所なかったわけがないんだよなあ。思いつめた結果が、本編でのあれだったわけですけれど。
いや、アンデットになって太平楽決め込んでたアルヴィスは、ほんとそういう所ですよ、てなもんで。


とは言え、アンデットになってまで現世にしがみつき続けることにアルヴィスもこれ結構深刻に悩んでたんだなあ。そんな彼の心を救ったのが、プーチであり、この幼女をアルヴィスが心の師匠と呼んで憚らない理由なのだけれど……書き下ろしで久々にプーチ登場しましたけれど、マジでアルヴィス、この娘への接し方というか対応というか態度が特別ですよね!
いや、特別というとイザナへの接し方も他の女性陣と比べるとちょっとした違いと特別感があってちょっとした正妻感漂ってるんですけど(子供?もいるし)、プーチへのそれはまたさらに特別で、そりゃハルベルとミクトラが最大のライバル出現?!と顔色変えるのもわかりますわー。


元堕竜王ディスパテのダイスも、なんか転生して人間に生まれ変わってから順調に主人公かよ、という道を歩んじゃって……結構真面目に学生してるのがなんともはや。ハルベルの学友だったペリネたちパーティーと一緒に行動するようになってるわけですけど、これダイスくんルートのヒロインってペリネなの? いや、あんまりラブコメ臭は漂ってこないのですが。ダイス、中身竜王でも一応実年齢四歳だしなあw

書き下ろしは、プーチも含めてこれまでの主だった登場人物が登場しての大騒動。骨になっても勇者しているのは相変わらずですけれど、いい意味で任せられる仲間が増えたもんですわ。
時系列的にも最新5巻のその後になってて、なんか6巻の伏線らしきものも匂わされてるんですけどー!? ってか、完全に話続いてるんですけどー!?
あとがき見ても、6巻続く可能性あり、ってなもんで、これはぜひ続いてほしいなあ。まだまだ、この飄々とした骨と元気いっぱいのキャラクターたちの和気藹々とした世界を見ていたいものですから。
短編集、一話一話があんまり短いという気がしないくらい密度濃いしテンポ良いしキャラが生き生きしていて、実に読んでて楽しかった。満足感、かなりのもんでしたよ。面白かった!
印象的な話も多かったのですけれど、冒頭にあのお伽噺を持ってきたのは掴みとしては強烈でしたよね。この世界に伝わるお伽噺とも言うべき掌編。ほんと短いお話なのですけれど、凄く雰囲気が深くて沁みるようで、なんか心に残りました。魔王オルデンとの繋がりは否定されてるみたいですけれど……さてこうしてみると倒された魔王についてはほとんど知らないんだよなあ。

シリーズ感想

ロクでなし魔術講師と追想日誌 8 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 8】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

初めて会ったその人は震える程に恐ろしく、本当に優しい人だった

フェジテのみんなが不在のなかで、グレンの家にルミアが住み込み!? まるで新婚夫婦な2人きりの生活に、ドキドキが止まらないルミア。そして思い出す。初めてグレンと出会った、3年前のあの日のことをーー

グレンって色々と巻き込まれて死地や戦場を行ったり来たりしているとはいえ、現在の公式の立場は魔術学園の講師というまっとうな職業についているんですよね。将来の安定性については、実のところ既に保証書がついているようなものなのだ。私生活の方の自堕落っぷりをちゃんと管理できる人が側にいるなら、驚くほど真っ当で落ち着いた日常生活に移行出来ると思うんですよね。その下地はもう既に十分揃えられている。
その意味では、やっぱりルミアが一番家庭的でグレンとなら当たり前の穏やかな日常を築けるんだろうなあ、というのが透けて見える僅かな間の同棲生活、或いは新婚生活でした。
白猫と一緒になると、考古学のフィールドワークなんかが頻繁に挟まれてあんまり家に落ち着かない夫婦生活になりそうなんだよなあ。それはそれで一つの素敵な形なんでしょうけれど。
それにしても、女王陛下やりたい放題だなあ。女王権限をふるいまくって邪魔者を遠ざけた上で愛娘に好きな男と進展するチャンスを与えるとか、これまでルミアの事遠ざけざるを得ず構えなかった鬱憤を晴らすかのようなはしゃぎっぷりで。いや、もうそこまでやれるならもうちょっとルミアとの仲を取り戻す試行錯誤をやっておけばよかったのに。これも和解できたがゆえなのかもしれませんけど。
しかし、これだけ短編でルミア押しが続いているというのは、逆に本編の方でそれだけルミアがヒロインとして存在感を主張しきれていない、という証左なのかもしれません。
最初期はルミアがメインヒロインとして圧倒的なムーブをかましていたのですけれど、白猫が心身ともに覚醒して以来、あらゆる場面でシスティがグレンの側にいる機会が増えてしまいましたからね。公私に渡ってグレンのことを支えられる立場になってしまいましたし。
さらに、そこにイヴというダークホースが躍進してくる一方で、ルミアは物語の核心に深く関わるキャラクターというのが逆に用意に動きづらい立ち位置にハマってしまったかして、本人が戦闘キャラでないというのも相まって、なんとなく場面の後ろ側に立つようになってしまった所があるんですよね。本人も積極的にグイグイいくタイプでもありませんし。
女王陛下が権力駆使してルミアにアピールする場と背中を押す言い訳を与えたのも、そうしないとなかなかルミアのターンが来ない、という感触を得ていたからなのかもしれません。

書き下ろしの、ルミアとグレンがはじめて出会った事件の顛末を見ると、ルミアにとってグレンはもうどうしようもなく運命の人で、特務室の一員から魔術講師となったグレンと再会したときのルミアの心境を思えば、メインヒロインまっしぐらにふさわしかったんですけどねえ。
しかし、ルミアってば白猫の家に預けられた当初はそんなに荒れまくってたのか。昔はシスティがグレてたルミアにイビられいじめられてた、という事実はなかなかびっくりの情報でしたよ。
ルミアもグレンと会わないまま成長してたら、オドオドと内気で大人しい白猫を取り巻きとして引き連れた、居丈高に振る舞う悪役令嬢型ルミアというキャラが爆誕していた可能性もあるんですね、わかります。

ほかは、白猫の小説書きという趣味のお話。この娘、興味の範囲がほんと広いよなあ。大ファンである古典の英雄譚つながりでの小説執筆なんだろうけど、魔術オタク的なところもあるし考古学の知見も深く広いし、この娘体育会系というよりも本来は文系……を通り越して学者方面を歩んでいきそうなタイプなんだよなあ。それがグレンに鍛えられてしまった結果、実戦派魔術師としても大成してしまったわけで。
まあ特務室の面々見ても、あの連中ってリィエルを除けば全員実戦派という以上に知識階級で学識豊かな面々が揃っているので、システィが入っても全然違和感はないのですが。
グレンだって、あれ魔術に関する知識はほんと超一流なんですよね。伊達に魔術講師じゃないんだよなあ。コネだけじゃないんですよね。現場サイドの人間であるけれど、はーなんとか先輩の超高度な魔術論に対等に論を交わしているわけですから引けは取ってないんだよなあ。

魔導探偵ロザリー編、なんか短編集のレギュラーになってきたぞ。
システィはあれミーハー極まってるから絶対乗るだろうなー、とは思ってたけれど、まさかリィエルまでロザリー超有能派閥に与するとは思わんかった。リィエルの野生の勘もこれ大概だなあw




川上稔 短編集 パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り 2 ★★★★☆  



【川上稔 短編集 パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り 2】  川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

・『総統閣下の塔』
 「ヘロー ヘロー 少年達、少女達、今日も悪いおじさんが抵抗の曲を聴かせよう」僕達の町には総統閣下の像と呼ばれる通信塔がある。戦争が終わり塔が取り壊されると知った僕が、その塔を昇ろうと衝動的に挑んだ処から始まる、これは、誰も彼もに聴かせる物語。

・『天使の解釈違い』
 「ちょっと旅行行ってくる」結婚して二十数年の熟年天使夫婦。ある日、夫が二週間家を空けたと思ったら若返って帰ってきた? しかも手土産まで持って。妙に親切になった夫に違和感を感じた妻は、調査を開始する。

・『黄金周環』
 「──この日、この夜、時間がチョイと狂うんです」連休中も仕事に追われ疲れていた僕は、帰宅のためタクシーに乗り込んだ。『ちょっと、遠回りしてみませんか』「いいよ、どのくらい?」『そうですね、“どのくらい”、戻ってみたいですか』ゴールデンウィークの夜を走る取り返しの物語。

・書き下ろし短編『幸いの人』
 「君を神の下に導くよ」突然の姉の失踪とともに目の前に現れた彼。白の服を着た青年は私の問いかけに、見たことのない表情で頷いた。不幸な女と言われる私と、彼の距離感。「それを信じない私じゃないわ」

・『禁書区画で待ってる』
 「手紙を送る! ──そして、必ず会おう!」東の大図書館には幽霊の司書がいる。本当の話だ。戦後200年、政治的にも“物理的にも”東西真っ二つに分けられた国が併合するとき、廃止となる禁書区画で願う、彼女の区切りの物語。

 川上稔が贈る、最高に尊くて卒倒する珠玉のラブコメ短編集! 書き下ろし含む5本の他に、BONUS TRACK『ライブ“黒死無双”』を収録!


『禁書区画で待ってる』の200年後に届いた手紙と司書さんが会話しながら読み進めていくシーン、なんど読んでもボロボロと泣けてくる。
ずっとずっと一緒に居た。でも、ずっとずっと待っていた。そして今、約束は果たされる。必ず会おうと、交わした約束が。
「――ずっと一緒に居たけれど、これから私達、会えるのね」

これもうちょっと尊すぎて、あかんですよー!! もう無理、なんか自分でも訳わかんないくらい、胸に突き刺さってしまいました。パブロフの犬みたいに、条件反射で泣けてくる。
哀しい物語じゃないんです。これは、再会の物語。祝福を、祝福を。

はぁーーーー………。この2巻は1巻よりも寄り染み入る尊さだった気がします。同じラブストーリーでも、芽生え育まれていくものではなく、既にそこに在ったものをより深く深く掘り下げていくような。
最初の『総統閣下の塔』に至ってはラブストーリーではないですもんね。いや、幼馴染の再会の話ではあるんですけれど、それ以上に一人の頂点に立った男の、たった一人の抵抗運動であり、友情の話だったんですよね。これもまた、尊いッ!!

二話目の『天使の解釈違い』なんて、既に夫婦になってる熟年の男女の話であり、倦怠期に入った天使な奥さんが……これ、なんて言えばいいんでしょうね。なんか、何言っても無粋な気がしてきた。それも、解釈の違いですか? 愛を思い出す? ときめきを確信する? 運命を信じる? 幸せを自覚する? すべてがそうであるようで、まあそれもまた人それぞれの解釈だ。
ただ一つ間違いないのは……この夫婦、尊いぃぃ!!

『黄金周環』。ゴールデンウィークは連休長ければ長いほどイイ! ということですね、わかります。まさか、連休の長さで時空加速が増すとは知らなかった。
SFである。なんかこう、今まで読んだ時間旅行の設定の中で一番イカしてる時間の戻り方だと思う。タクシーの運ちゃん、すげえなあ。
十年を経てようやくはじまる二人の時間。よいゴールデンウィークを。とても素敵なハッピーエンド。

『幸いの人』
龍が飛ぶのを釜揚げうどんに例える人ははじめてみた。不幸な、と呼ばれた女の話。ヒーローだよね、この人。あらゆる他者の不幸をはねのけた人。じゃあ、幸いの人というのは? 幸福を運ぶ人。自分以外の人を幸せに出来る人。そんな二人の、距離感のお話。

そして最後の『禁書区画で待ってる』。胸を締め付けるような、でも温かくなる噛みしめるような尊さでした。
こうも見事に尊さを揃えられると、もう頭を垂れるしかありません。尊みが、体中に染み渡るぅぅ。


川上稔 短編集 パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り 1 ★★★★☆   



【川上稔 短編集 パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り 1】  川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集・第3弾、今回は「尊い」編!
・『君が手を離さない』
 「憶えてる?」「憶えてない」洞窟の中で目を覚ました男女。記憶を消された二人に対し、外の世界は終わってるのかと思えばそうでもなく。では何故、という疑問に、君と僕の不慣れな生活がやがて小さな答えを導いていく。

・『化け物のはなし』
 「あなたは 誰?」あるところに化け物として怖れられている少年がいた。そんな彼の下に届いた一枚の手紙。「ごめんなさい」――少年はその言葉が嫌いだった。そこから始まる化け物と天使の話。雪の降らない海辺の町で起きた、これは誇りの物語。

・『最後に見るもの』
 「見えてますの?」二級傭兵として各地を転々としていた僕の前に現れた美人のゴースト。彼女は司祭である僕の姉に頼まれて、僕を連れ戻しに来たらしい。帰路に着いた二人が明かすお互いの秘密。極端な選択はいけないと思います……!

・『ひめたるもの』
 「貴様を下選と呼んで良いのは、私だけだ」ある王国に偉大で聡明な王がいた。しかし王の側にいる少女の秘書官は、王の言行に一度も首を縦に振ったことがなかったという。読後にタイトル確認必須の、不遜な王と、いい性格した秘書官の物語。

・書き下ろし短編『空と海を結ぶもの』
 「ねえ、傍に行っていいかしら」狭い海を挟んで対立している二つの国。それぞれの国に住む、接点の無い筈の二人が、ある夜に出会ってしまった。その逢瀬の果てにもたらされる結末とは?

 川上稔が贈る、最高にハッピーで尊い珠玉のラブコメ短編集! 書き下ろし含む5本の他に、BONUS TRACK『コガレ』を収録!

今回に関しては前回の短編集と違って、厳密にはラブコメではない作品が多めだと思う。もっと直球にラブストーリーしてる印象がある。
愛の、物語になってるんですね。
それが、尊い! 今回のテーマは「パワーワードの尊い話」なわけですけれど、本当にもう「尊い!」と、読み終えた後に拳握り込んで「尊いぃぃ!」と声を絞り出してしまう程には尊い!


個人的には最初の『君が手を離さない』もいきなりガツンと来るラブストーリーでめっさ好きなのですけれど、最後の書き下ろしの『空と海を結ぶもの』がちょっと最高すぎて、キュン死してしまいました。
『君が手を離さない』は、目を覚ました時記憶を喪っていた男女二人のお話。目覚めた時、自分に関する記憶の全てが消えてしまっていたのだけれど、二人は手を握り合っていました。強く握って握り返していたのでした。
何もかもを喪っていた二人ですけれど、まっさらな再起動の中でその「手を握り合っていた」という事実が何も残されていない彼らの、唯一確かなものになっていた事が、その後彼らのゆったりと流れていく穏やかな日々の中で定まっていくんですね。
徐々に、世界が置かれていた状況が明らかになっていき、おおよそこの二人の男女の立場がどういうものであったかも見えてくるのですけれど、当人達はそんな世界の情勢などは無くなった記憶とともに遠くに置き去りにして、迎え入れてくれた開拓村の中で日々を過ごし、仲を深めていくのでした。そんな二人の最初からあった絆こそ、離さなかった手。記憶を無くす前の彼らが、まっさらになって始める自分たちに託した最後の贈り物。そして今、その手は握られ離れない。
ハッピーエンドぉぉぉ!! と、思わず悶絶してしまうほどの、完膚無きまでの美しいハッピーエンド。そうだよ、これこそが額縁に入れて飾りたいハッピーエンドなんだよぉぉ!!

『空と海を結ぶもの』がまた最高で、最高なんですよね。
戦争のさなか、敵同士でありながら巡り合ってしまった男女、と聞くと戦争モノの一つの定番なのですけれど、本作の珠玉なところが、その男女が人間ではなく片や無人機のAI。片や無人戦略潜水艦のAIという、両者ともが自我を持ってしまった機械知性というところなんですよ。
機械と人間のラブストーリーというのはこれまた定番としてあるものですけれど、AIとAIのラブストーリーですよ。もうなんじゃこりゃーー! てなもんじゃないですか。
戦闘不能に陥って着水した無人機を見つけた潜水艦が思わず助けて、それをきっかけにはじまるラブストーリー。そんな一機と一隻が戦闘の合間に指揮所誤魔化してランデブーして、逢瀬を重ねるわけですよ。潜水艦の方が海底ケーブルから配信データを拝借して、音楽や映画一緒に聞いたり見たり。マニュピレーターで機体をさわさわしてイチャイチャしたり、直接機体連結してデータ復旧して助けたときのことを人工呼吸とかキスとか言って照れ照れしたり。お互い示し合わせてデートの待ち合わせしたり、こっそりネットワーク介して無人機の基地に忍び込んで無人機の待機状態(寝顔)盗み見たり。
恋人かっ! というくらい、イチャイチャしてるですよ、この一機と一隻。
交戦する2つの国で、双方で唯一自我を持つAI。その二人、敢えて二人と書きますが、この二人の正体もまた無人機にまつわる真相が明らかになることで察せられるのですけれど、わかったらわかったでこれがまた運命的なんですよね。この二人のAIが戦場で出会ったことそのことがまた運命的でドラマティックで。尊い!!
戦争が終わろうというそのときに、終戦によって全てを喪ってしまう一部勢力が死なば諸共と起動してしまった破滅へのカウントダウン。それを止めるために行われる最後の戦闘。そして、彼女のもとに駆けつける彼。最後のダイブ、そして愛の言葉と抱擁のシーン。もう映画化していいんじゃないですか、これ。あのシーンの美しさが極まりすぎてて、尊すぎて、このシーン見直すたびに泣けてきてしまうのです。
そして、ちゃんとハッピーエンド! ハッピーエンドなんだよぉぉ!!

『最後に見るもの』とか、これ川上さんらしい作品と言えるのかもしれませんね。ゴースト、幽霊をあの世のものとかこの現世には居てはいけないものではなく、そこに在る存在として描く一方でそれが自分の死を通り抜けてきた者である所を忘れていない所なんぞ。
『化け物のはなし』など、実験作の色が濃かったですし、『ひめたるもの』も多くを物語らず行間から感じ取ってほしい、というような感じのする話で、なかなかじっくりと読み込み、自分のなかで消化する必要を感じる話の多い、と思える短編集でもありました。その意味では、また前作のラブコメ短編とはまた色合いが違ってきてるんですよね。色々と挑戦してくるなあ、川上先生は。大ベテランもイイ所なのに。

でも、総じて尊かった。尊みをこれでもかと味わえる短編集でした。これが、これが尊いってことだよぉ!!
いやもう本当に『空と海を結ぶもの』はAI萌えとしてもちょっと最高すぎて、好きすぎましたわ。



この素晴らしい世界に祝福を! よりみち2回目! ★★★☆  



【この素晴らしい世界に祝福を! よりみち2回目!】 暁なつめ/ 三嶋 くろね 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

短編集第2弾! 新規書き下ろし豪華2本収録!!

今回は異世界にもよりみち!? エピソードたっぷり全10編!!

ウィズが仕入れた魔道具で転移した先には、見慣れた日本の風景が広がっていた!?
――『そうだ、異世界へ行こう!』

暴走した嵐の大精霊を相手にアクセルの冒険者たちが【水着】で大暴れ!!
――『レッドストリーム・エクスプロージョン!』

「私……! 私……!! カズマさんのコミュ力が欲しいっ!」カズマとゆんゆんがついに!?
――『ぼっちをプロデュース!』

入手困難だった限定特典に、カズマたちの日常の一幕や本編では明かされなかった
ダクネスとクリスの出会いなどを描く、スペシャル書き下ろしが詰まった、豪華短編集第二弾が登場!

現在では手に入れられない各種特典としてつけられた短編小説を中心に集めた「よりみち編」の第二弾。というわけで、結構作中での時系列的にどのあたりの話なのかわからないものも多いんですよね。序盤の方が多いのかな、作中で語っている内容からして。
ただ、まああんまり時系列わかんなくても支障がない話だったりする。

「拝啓、紅魔の里の皆様へ」
めぐみんがカズマたちのパーティーに加わって、ダクネスも参加してしばらくの頃のお話。ふるさとの紅魔の里の面々へのお手紙という形式で、うちのパーティーの連中ちょっと頭おかしいんですけど、という内容を書き綴っているが、めぐみんがそんな手紙里に送っても、お前が言うな、で終わってしまうと思われるので、まだ序盤も序盤、紅魔の里とか描写されてない頃の作品だったのだろう。カズマたちもマメに冒険しているし。アクアも文句言わず被害を出して泣いてるし。
あ、でももう「ちょむすけ」がいるので、ちゃんとめぐみん主役の外伝が出たあとの話になるのか。


「そうだ、異世界に行こう」
「そうだ、京都へ行こう」とかのキャンペーンってどれくらい昔になるんだろう。このフレーズって今でも通じるんだろうか。
日本に転移する話を神様関係なく、ウィズの謎アイテムでやれてしまう、というのがさすがこのすばというべきなのか。お手軽である。
しかし、折角この面々で日本に行ったのにエクスプロージョンの一発も打たないとは随分とおとなしい話ではあった。アクアも別にやらかして泣き出さないし。アクアが日本に行ったらとりあえず警察のお世話になって留置場に入るくらいは普通にしてくれると思ったのだが。それにこの駄女神、日本担当だったくせに根本的に近代科学文明まったく理解してないやんw


「この過酷な世界に祝福を」

この世界って農作物を相手にする農家の人とか、野生動物を相手にする猟師の人とかって、モンスターを相手にする冒険者と対して難易度というか修羅度変わらないんじゃないだろうか。
特に農作物の凶暴性が段違いなんだが。普通の野生動物の鹿なんかでも、兵器でそこらのモンスターと変わらない凶暴度出しなあ。雑草にも負けるカズマさんw 自宅の周りの草抜きまで命がけかよ。


「白虎に加護を」

白虎の子供をアクアが親から預けられるの巻き。子猫かわいい、のお話。まあ猫派は問答無用で陥落するよね。白虎って結局神獣なの? モンスターなの? とりあえずアクアは相手がなんであろうとナメられてるのは変わらないみたいだが。


「レッドストリーム・エクスプロージョン!」
めぐみんの新技か、進化必殺技か!? というタイトルであるが、あんまりエクスプロージョン関係ないよね。
そしてまさかの水着回である。そう言えば本作って水着になるような回ってなかったんだったっけ。そもそも、海に行く機会がないもんなー。アクセルの街に引きこもり、が基本だし。湖とか言ってもアクアが漬けられるだけだったし。水の女神の癖に水着を着ないとかどういう了見だい。まあ、エリスさまならともかく、アクアの水着とかまあどうでも、だしなあ。
そして空気を読まぬ駄女神である。わりとあのラストのあとアクアってば男冒険者たちからガチ泣きさせられたんじゃないだろうか。

「○○料理をめしあがれ」
クリスって案外出番ないのよねえ。というわけで、今回はがっつりクリスが参加して、ご禁制の品を使った料理会が催されているのではないか、という宴へと潜入捜査。いや、ダクネスはララティーナ様として出席しているので潜入ではないのだけれど、クリスの男装姿が見られるまさに特典回。三嶋くろねさんのイラストも相まって、超絶イケメンのクリスが見られてしまう。これガチで今まで出たキャラの中で一番イケメンなんじゃないだろうか、クリスってば。
カズマと出会うまではパーティーを組んでいたというダクネスとクリスの出会いの話もあって、そこは前から気になっていただけにありがたかった。でも、クリスってばダクネスにまで財布盗んで勝負挑んでいたのか。まともに勝負してもらえないという意味で、クリスのこの財布のパーティーイベント成功した試しないんじゃないだろうか。


「ぼっちをプロデュース」
ゆんゆんが思い余ってカズマにコミュ力をあげてもらう相談をしてしまう話。言われてみると確かにカズマ、男友達多いし結構男同士で飲み歩いたりしている印象あるね。引きこもっているとき以外の遊び歩いている時はけっこう男連中と管巻いていることもあるし。目の付け所は悪くないのか?
むしろ問題はやはりゆんゆんの方にあるわけで、あと余計なちょっかいかけてくるめぐみんと。
既にカズマパーティーの面々とは普通に友達だよね、という爽やかな結末は爽やかすぎてむしろこのすばとしては違和感がw


このすば完結あともこうして彼らのドタバタを堪能できるのは嬉しいことですが、やっぱりちょっと物足りなくもあり、本編完結が惜しまれるところであります。まだよりみち編やるネタは残っているのかしら。


ロクでなし魔術講師と追想日誌 7 ★★★☆  



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 7】 羊太郎/ 三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

グレンと結婚した相手は――教え子たちの花嫁の座・争奪戦!?

突如セリカが開催したグレンの花嫁コンテスト。さらに、未来でグレンの子供をチェック!? ドキドキなシスティーナ、気合が入るルミア、食い気優先リィエル。結婚相手は誰に!? 特務分室の絆を描く書き下ろしも!

『最強ヒロイン決定戦』
セリカが主催で行われたグレンの嫁選抜戦のお話。強制招集じゃなくて希望者のみにも関わらず、数十人もの参加者が集まるあたり、グレン先生ってそんなに人気あったの!? と、白猫じゃないけれどちょっとびっくり。というか、セリカお母さんは息子に対して過保護すぎである。
このイベントに対して入れ込んでたのが、白猫じゃなくてルミアというあたりが興味深い。最近、イヴの台頭もあってかなりガチ目にヒロインレースで劣勢に立たされている自覚もあるのだろうか。
初期はわりと余裕を持ってたはずなんですけどねえ。
ルミアがこれだけ必死に見境なくして暴走するのは珍しくて、かなり面白かった。てか、銀の鍵をこんなしょうもないイベントで使うなし! ナムルスまで呼び出すし! 


『さらば愛しの苺タルト』
もうただの苺タルト中毒じゃん、リィエル。それは薬物依存症の症状と変わらんからw
ただ忙しいのに追試の準備やらするの、先生ほんとに大変らしいのでリィエルはもうちょっと恐縮するべき。まあハーレイ先生、私怨絡みで自分から首突っ込んでいるので自業自得と言えば自業自得なのだけれど。
というか、この短編集でみんな最終決戦とか満を持して使うべき切り札をポンポン繰り出しちゃってるの、奥義の無駄遣いなんですけど。ってか、それら減りますからね、色々と。


『秘密の夜のシンデレラ』
イヴ先生、実家を勘当されたのに生活レベルを下げられずに極貧に陥って、バイトをはじめるの巻。
わりとやってることがグレン先生と同レベルなんですけど、イヴさん。
本業の傍ら、こっそりと水商売でバイトとかガチであかんルートに入ってるんですけどー。衣食住のうち、衣の部分身だしなみだけはレベル落とせずに、住居と食生活で極貧を極めるイヴのソースなし塩パスタ生活が色々不憫すぎるw
いや、イヴってイグナイトに引き取られるまでは庶民生活送ってたんじゃなかったっけ。そこで見栄を捨てられないのは、なんともはや。振り幅大きいなあ。
んでもって、同じく魔術で変装してバイトしていたグレンとお互いに正体知らずコンビを組んで上級クラブで働くことに。
イヴはなんというか、もう彼女のエピソードあるたびにヒロイン度があがっていきますなあ。グレンと相性ヨすぎるんですよね、彼女。色々とリズムが合いすぎているというか。これって、お互い正体を知らないまま惹かれていく、という王道パターンだし。そして、実はその気になった相手がグレンだったとわかってときめいてしまうという。
この二人のカップルだと、貧乏暮らしで所帯じみたわりと地に足のついた生活になりそうなんですよねえ。
ガチで大番狂わせあっても不思議とは思わんぞ。


『未来の私へ』

オーウェル教授が天才便利すぎて、この人ならタイムマシン作っても全然おかしくないよね、という認識になってしまう。いやマジでどんな突拍子のない展開になっても、オーウェル教授なら出来るよね、となっているのがなんかもう凄い。異世界転生でも地獄門を開くでも何でもできそうだぞ。
というわけで、システィーナとルミアとリィエルの三人がいつものオーウェル教授の実験に巻き込まれて、いや普段巻き込まれるのはグレン先生なんだが、代わりにこの三人娘が巻き込まれて……未来に飛ばされてしまった、というシチュエーション。
当然のようにそこで出会ってしまうのは、彼女達三人に似ているようで全然似ていない三人娘。いや、さすがに白猫たちからこの娘たちが生まれるのはちょっと信じがたいぞw
いくら何でもキャラが濃すぎるw 白猫とルミア、完全に子育て失敗しているじゃないですか。リィエルはどう考えても血が繋がってないだろw
最初の嫁選抜戦もそうなんだけど、セリカはグレンが嫁を迎えることはむしろ積極的に推してるんですねえ。嫁いびりとか絶対にしないで、むしろ家族が増えたと喜んでて、グレンと一緒に猫可愛がりしている感じで、この人はほんと息子を独占したいとかは全然なくて、彼が幸せになるのが嬉しいんだろうなあ、と思うとほっこりとしてしまうのでした。
なんでイヴだけでないんだろー、とちびっと不満に思っていたのですが、あとがきでバッサリ出番がカットされてしまった理由が書かれていて、それはうん、出ないほうが良かったですね。


『特務分室のロクでなし達』
最新話相当での特務分室って、こうしてみるとほぼほぼ瓦解してるという他ないですよね。残ってるの、クリストフにバーナードにアルベルトの三人だけなんですから。って、そう言えばエルザが「運命の輪」で新加入してたんだったか。
ともあれ、特務分室全盛期だった頃に学生だったクリストフが、卒業を期に特務分室に配属を希望する、そのきっかけとなった彼が特務分室の面々と遭遇するお話。
前々から思ってたんですけれど、色々とおかしい人間しかいない特務分室の中でクリストフってあんまりこう人格に破綻した部分のない普通の人だなあ、と思うところ大きかったのですけれど、こうしてみると確かにメンバーの中で突出してまともな常識人だ。
そんな彼から見た頭のおかしい特務分室のメンバーの活躍は、やっぱり頭おかしいというほかなく、いやこんな事件しょっちゅう解決してたの? 帝国の治安ヤバくない? どれだけ国家に致命的なダメージ与えそうな事件頻発してたんだ?
ともあれ、グレンが現役でイヴが室長で、セラが健在で、ジャティスがまだ在籍していた頃の話。こうしてみると、軒並み分室から居なくなっちゃったわけですからねえ。途中加入してた連中は中途半端も良いところだったし。その意味でもエルザには期待大か。
……そう言えば、忘れてたけどリィエルも一応あれ現役の執行官メンバーだったっけか。


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 2 ★★★★   



【川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 2】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

・『幸せの基準』
 「意地汚い豚です私……!」弁当を、つまらなく食うヤツがいるんだなあ、と、そう思った。そんな“ウマメシ”少女と“マズメシ”少年の弁当交換会。

・『星祭りの夜』
 「女のプライド一本勝負です」彼は気付いていない。いやホント、困っちゃうくらい気付いてなくて困る。想い人に別の女性との恋愛相談をされてしまった家業が神社の私。得意の占いで彼の恋愛成就を手助けしようとするが……?

・『鍵の行き先』
 「……うわあ生々しい……」本を読んでいる間は、他を気にしなくていい。自分のことも気にせず、心に鍵を掛ける。そんな少年“俺”は、入部した文芸部で、風変わりな先輩に出会うが、彼女もまた心に鍵を掛けていた。

・『自由の置き場』
 「弟! 今、エロ本落ちてた!」自由ってあるじゃん。まあノーパン未満の自由ってのに、不意に気づいたんだ。元秀才女子と才覚男子の勉強攻略。

・書き下ろし短編『再会の夜』
 「お前はモブの自覚あんの?」夜の町で会ったら告白しようと決めた。何の話だっけ。ああ、ゴリラ女子の私と、オスの人類のちょっと恥ずかしい昔話をしようか。

 川上稔が贈る、最高にハッピーでキュンとくる珠玉のラブコメ短編集、第二弾!


第一話のヒロイン、早くに父を亡くし、母は深夜まで働きに出てて幼い妹の分もメシを作ることになった娘。長じて高校になった頃、母と自分と妹の分の弁当も作ることになり、という境遇を見るとなかなか大変なご家庭で、という風に見えるのだけれど、当人たちはそのあたり決して深刻には考えてないんですよね。弁当作りも、娘、楽しんでいるのだし。母も一人で子供を育てて夜遅くまで働いて、となると生活に疲れてそうだけど、むしろバイタリティ満タンでバリバリ働いてるの謳歌してる感じナノが結構似たもの母娘なのである。この二人の掛け合いというか関係がまた楽しくてねえ、好きですわー。このお弁当を作るという作業に纏わるお話だけでも充分に面白いといえるほどに。
この作品に限らず、この短編集のお話って短編という短い枠組みにも関わらず、ラブコメの舞台となる登場人物たちが置かれた生活環境や、人間関係がそれ自体で見てて面白い! と思えるほどにしっかりと、同時にはっちゃけて構築されてるんですよね。
二話の巫女さんの実家のフィジカル系恋愛神社の来歴とか。三話の文芸部の実像とか、最終話のギアナ高地に自分たちでなぞらえる地方都市とか。地元の短大をラブホという隠語で呼ぶのやめいw
このシリーズって、登場人物は具体的な名前が一切でないまま名無しで進行するのですけれど、固有名詞を必要としないほど、ありありと姿が浮かぶんですよね。
彼女たちが、どんな風な家庭で育ってきてどんな学生時代を送ってきて、どんな想いを描いて生きてきたのか、その在り方というのが人間像みたいなものがこうして描かれた背景、生活環境や人間関係や幼い頃から今に至るまでの凄くぶっちゃけた物言いの過去語りによってありありと浮かび上がってくるんですね。
だから、ラブコメがスタートした時点で彼らは凄まじく濃い存在感を焼き付けているのである。心の在りようというものを明瞭に見せつけてきている。だから、そんな彼女たちの人生の歩みの中にポッと現れた存在がものすごく目立つのですよ。いや、最初はやはりそこまで目立ってないんですよね。これまでの歩みを揺るがすような存在ではなく、紛れでしかないのだ。
でも、その存在を無視できなくなった時点で、それまでの彼女たちの在り方に影響を与えている時点でそれはもう大きな変化なんですよね。
弁当を交換するようになるのも、得た自由を自ら縛るのも、どれもが自ら邁進してきた歩き方を変えるに等しい。
それに気づいた段階でもう取り返しはつかないのだけれど、でも果たしてその取り返しがつかねー、となってるのは自分だけで、相手にとっては別にそうじゃあねえだろう、という気後れみたいのもやっぱりあって当然なんですよね。というか、この娘らどいつもこいつも傍若無人に見えて、なかなかの繊細さというか気遣いの娘さんたちで。唯一の男性視点のちびっこもまあそうなんだけど。
でもそれはそれとして置いておいて、気持ちを伏せるばかりではなくやっぱり気づいてほしいなあ、とアプローチもするんですよ……往々にして気付かれないんだけどな。
でもまあそれで怒るのは筋違い。なにしろ、自分だって往々にして気づいていないのだから。
今回特に「やっはー」となったのが視点側の彼女・彼が不器用にアプローチしている一方で、相手側も同じような感情曲線を辿っていて同じように不器用にアプローチしていた事に、気付かされるわけですよ、最後。気付かんて、そんなんー、と思いつつもそりゃこっちもだよね、と苦笑して、初々しくて乙女チックでやっぱり不器用な数々の気持ちを滲ませてチラチラを垣間見せるあれこれに、ひゃわにゃわー、となってしまうんですよ。
この双方向性は、この2巻は特に良かったなあ。
また、2話はその気遣いを失恋前提の条件故に自分のために使わずに一生懸命想い人のために費やしていた姿が、川上先生の描く巫女さんらしくて、キュンキュンしてしまいました。
こんな姿見せられたら、傷心だろうと一発撃墜だわさ。

まったく、一話残さずどれもこれもが最高のラブコメ揃いでした。加えて、パワーワードというタイトル通りの、なんかこうパワフルなラブコメでした。キャラのバイタリティがすごいのは川上作品の常だけれど、そのキャラのバイタリティがラブコメに全力投球されると、ほんと凄いパワー、パワーあるお話、パワー型ラブコメになってて、なんかこうキュンキュンするだけじゃなくて元気にさせられる感じすらありました。ああ、パワフルなハッピーエンドって最高じゃないですか?



川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1 ★★★★   



【川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

・『恋知る人々』
 「ホント、バッドステータス」私は人の心が読めると、そう自惚れた事はないだろうか。人の心が読める。そんな私に訪れた一つの変化――好き? 色恋? 私が? 無口系少女の不器用な初恋の物語。

・『素敵の距離÷2』
 「マー頑張って下さいよ少年」恋愛成就の「告白の木」が三本もある町。その一本をお気に入りスポットにしている私と、ある日、対岸の丘にあるもう一本の木の下に現れた黒のジャージ少年。300メートルの、安全な、卑怯な思い。

・『地獄の片隅で笑う』
 「笑ってよ。そうして欲しいんだ」地獄広場って、知ってる? 開かずの踏切とその周辺の喫茶店に集まる作家と編集者たちの奇妙な恋愛物語。

・『嘘で叶える約束』
 「こんにちは、虫です」よう、幽霊です。まあこの学校の学生みたいなことやってんだけどね、俺。そんなある日。俺のことが“見える”後輩が現れて……?

・『未来の正直』
 「巨乳、解りやすいよな」漫画家を目指していた少女の初めての挫折と、解決する感情。美術部の彼に「通じないと」そう言われたときから全てが始まる。

 川上稔が贈る、最高にハッピーでグラッとくる珠玉のラブコメ短編集、第一弾!
エッモぉぉいッ!!
そうかーっ、エモいってこういう感覚をいうのかー。はじめて頭で何となく理解するんじゃなくて、感覚として実感したぞ。エモいエモい、なるほどなるほど、これがエモいだっ!
というわけで、【境界線上のホライゾン】や【終わりのクロニクル】の川上稔先生によるはじめての短編集。鈍器じゃないよ、短編だよ?
鈍器云々以前の問題として、本作ってこの後の二巻も含めて実本では発売してないんですよ。電子書籍限定発売という形式になっていて、電撃文庫の公式ホームページにも載ってないでやんの。いやさ、電書限定はいいとして公式サイトに新刊情報が載ってないってなんなのさ。
まあそれは良いとしても、ラブコメですよ。考えてみれば、川上先生の作品って世界を救う物語であると同時に、どれもこれも壮大なラブストーリでもあったんですよね。それも主人公とヒロインのみならず、様々なカップルによって繰り広げられる恋模様が幾つも幾つも描かれていた物語。
都市シリーズもそうだし、言ってしまえばゲームセンターでひたすらシューティングゲームに青春を注ぐ【連射王】ですら、むしろあれこそ生粋のラブストーリーでありました。
そんなこんなで長年蓄積されてきたラブコメパワーの純結晶化として送り出してきたのが、この短編集なのではないでしょうか。ラブコメに関するあらゆる熱量と技術を凝縮したパワーオブラブコメ。それがこれらの物語なのです!(言い切った!)

『恋知る人々』

初っ端にして最高傑作。この主人公たる女性って、言うたら「サトリ」に近しい他人の心を読む、というか聞くか、この場合。声として聞けてしまう女性がそれまで他人事で恋愛相談なんかしてたのが、自分がはじめて恋をして、恋っ正直見くびってましたすんません!と土下座する勢いでパニクりながら、七転八倒しながら初恋にのめり込んでいくお話。初っ端にして、一番好きなお話でした。
女性視点のお話で、結構むき出しの心の言葉を思うがままに垂れ流しているような自由な言葉の本流なんだけれど、本能任せノリ任せの言葉垂れ流しのようで全体的にすごくロジカルでもあるんですよね。制御された垂れ流しとでも言うのでしょうか、野放図に見えて感情の推移が、どんな風に心の持ちようが変わっていくのかがすごくわかりやすく描かれてるんですよね。ほとんどが彼女の内なる言葉によって綴られていくのですけれど、この娘のテンションの上がり下がりも明瞭だし、一人称視点なのに周りの人たちの反応も含めて情景がとても浮かびやすい。
ここらへんの塩梅というか、描写力は流石だなあ、と言わざるを得ない。何も考えずに垂れ流してるだろう、というような言葉の綴のなかに、唐突に鋭い刺さるような言葉が投げ込まれてきたときのドキリとした感覚は、ちょっとたまらないものがあります。そういうぐにゃぐにゃしたものと凄まじく鋭い差し込みのバランスが、この一作目が一番エッジが効いてた気がするんですよねえ。
ってか、本作に限らずこの短編集の恋って、恋心って、グミみたいにぷにぷにして柔らかいのに弾力があって、好きだわー、超好きだわー。

『素敵の距離÷2』

ずっと見ていました、って卒業式に告白されるやつ。だいたい、告白される方視点で「え? なにそれ?」ってなるものですけれど、これはその「ずっと見ていました」側の女性からのお話。いや、彼女からしても見ている事をアピールしていたわけじゃないですよね。一人で見守ってそれで満足していたわけで。「推し」という表現にはちょっと笑ってしまった。でも、ずっとその男の子が頑張っているのを密かに見守り密かに応援していたことでちょっとモヤモヤしてくるわけですよ。この距離感の煩悶、陰ながら勝手に応援しているからこそ、相手からなんか期待するのは間違っている、と思うんだけど、ちょっと期待しちゃったりしてしまうので戒め戒め、な長きにわたる300メートルの距離感。人と人との距離って面白いねえ。


『地獄の片隅で笑う』

一杯二五〇〇円のコーヒーってすごいよな、すごいを通り越してエグいよな。果たしてどれだけ金持ちになれば、そんなコーヒー毎日飲もうと思うようになるんだろう。
これもいわば見守る系なのか。喫茶店の席から作家の執筆仕事をしながら、開かずの踏切で繰り広げられる人間模様を観察する日々。そんな中で一人、特に目にするようになった若造。彼を眺めるうちに、ひょんなことから彼が自分の本を携えていて、そこから彼に感情移入していくのである。地獄の広場と呼ばれる踏切前。それを隔てられた窓の内側から眺める彼女の気持ちがあるのはどちら側だったのか。それを外からの視点で教えてくれる喫茶店のマスター、粋ですなあ。


『嘘で叶える約束』

今巻唯一の男性視点のお話。だけど、この男、身体もなにもない幽霊なのであった。
とりあえず男を出したら全裸にしたがるのは、もはや性癖なのだろうか川上稔大先生w
女の子が指差してる指先に全裸の先端を持ってくるなしw 見えていないからといって、それはやりたい放題の類だからね。
唯一幽霊のはずの男の子のことが見えた転入生の女の子とのボーイ・ミーツ・ガール。いや、そこには裏があるんですけどね。これ、気づいたあとの女の子サイドの気持ち考えると結構大変だったんじゃないかな。幽霊くんはのほほーんと幽霊生活、まあ人恋しくて寂しくなって結構辛かったみたいだけれど、女の子の方はもっと混乱と動揺とが激しかったんじゃないだろうか。それをあんまり彼には見せなかったので、なかなか幽霊くんの方からは見えてこなかったけれど。
それでも彼女が勇気を出すきっかけになったのが、彼がどうしようもなく幽霊であるという自覚のまま、彼女との関係を維持しようとした事なわけで。うん、そうなのかな、どうなのかな。でもきっかけはあそこですよね。家に誘って云々。あの時点で、家に呼ぶけど意識はしないで、と言ってたのが、ラストではっきりとひっくり返して……あのセリフは、また直撃ですわー。


『未来の正直』

生き様が漫画家、というよりも生来の漫画家。物心ついたときから、息をするように漫画に没頭し続けた女が直面する、生の人間、生の男の子、生の恋。自分の漫画を読む他人。自分の漫画が他人に読まれるという革新。そこから生じていた感情が、恋だと気づいたときから始まる葛藤。恋という感情、或いは現象に対する分析がまたいいんだ。感覚を言葉にしていく作業、それを情動のママ漫画という表現に形作っていく情熱。魂をフル稼働するこのパワーの若々しさよ。青春だよ、これが青春だよ。青春とはパワーだよ、心の力だ。パワフルだ。ひゃー、熱い! 


さあ、間をおかず同時発売の2巻に行きますよ。


デート・ア・ライブ アンコール 10 ★★★★   



【デート・ア・ライブ アンコール 10】 橘 公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

十香と再会した「その後」を語りましょう

狂三と紗和の学園生活、士道の両親と真那の邂逅、美九の提案で開催される精霊たち全員集合の卒業旅行。やがて来る十香との別れの前の平穏な日常。そして「――みんな、ただいまだ!」十香と再会後の物語も語られる。

カラー口絵の大学生狂三さんが清楚系美人すぎて、ちょっとガチでキュン死してしまうんですけどー!!
いやまじで、今までのつなこ印のキャラクターの中でも頭一つ抜けて美人なんじゃないだろうか、この狂三は。
ふおーーー。
いやこれは、本気で強烈でした。すげえな、狂三。ここまでのポテンシャルの持ち主だったのか。でも、今現在のゴス狂三よりも、この清楚美人狂三の方が、黒歴史四姉妹がクリティカルヒットしそうな気がするぞw

【狂三フレンド】
本編ですべての登場人物が飲み込まれた天香空間。皆が望む最良を再現されたこの空間で、もっとも早くこれが作られた空間だと気づいたのは狂三でしたけれど、彼女がそれに気づくまでにこんな物語が繰り広げられていたのか。
自らの手で殺め、そしてどんな事をしてでも取り戻すと誓った親友・山打紗和を取り戻したあとの日常。狂三にとっては、こここそが望んだゴールとも言える世界だったわけですけれど、それに別れを告げて颯爽と駆け出す狂三は、やっぱりとびっきりにカッコいいなあ、と。
しかし狂三の黒歴史である狂三四天王が、もはや独立キャラとして存在感出しちゃってるんですけど。ついに名前までついちゃいましたし。全部狂三ではあるんだけれど、狂三をおちょくれる数少ない逸材でもあるからなあ。


【十香プレジデント】
戯れに十香に合併予定のお菓子会社の社長を任せて、幹部に精霊たちを配して好きにやらせてみたら、なんかしらんうちに巨大コングロマリットに成長していました、という十香の計り知れない才能を垣間見せる一幕。
これ、十香が何もしてないのになぜかうまくいく、という棚からぼたもち方式じゃなくて、結構ポイントポイントで十香、ちゃんと仕事してるところが侮れないんですよね。商品がヒットしたのも、十香のセンスですし、チャンスを見極めてうまいこと波に乗ってるのも十香の判断ですし。
しかし、みんなが会社の役職付き幹部に就任しているのに、一人だけ「アルバイト」になる二亜がブレない扱いである。ってか、ダークスーツにコートを羽織ってサングラスしてる十香が貫禄ありすぎて、わりと似合ってるのがなんともはや。
そしてここで最後にポカをやって台無しにするのではなく、ササッと跡を濁さず仕舞いにしてしまうのが十香の凄い所なんですよね。ギャグでもコメディでもオチで不用意にやらかしたりしないのである。
そっちの担当はブレない二亜さんで、はい流石です。


【真那アゲイン】
考えてみると、士道の実妹である真那もまた波乱万丈の人生を歩んでるんですよね。DEMに拉致されて肉体改造された上に記憶喪失となり、兄と同様に当時の年齢のままで三十年後の世界に来ることになり、気がついたら当時の親友と親しかった先輩が兄・士道の両親になっちゃってたわけですからね。
そのかつての親友と、真那が再会する話。が、なぜか五河母が旦那の浮気を疑って暴走する話に。この年令で自分の奥さんにラッキースケベかます五河パパに、かつての女難を垣間見ることができて、ママさんの不安もまあわからなくはないかなあ、と。真那が旦那をパパ呼びしているのを見て勘違いしたわけですけど、これ真那の顔見て旦那の浮気相手は行方不明の自分の親友の真那だと勘違いしなかったのは幸いなのだろう。そうなってたら、修羅場度がかなりエグいことになっていたんじゃなかろうかw
しかし、動転するママを諭すのが、六喰という人選なのがまた渋いというか、人間当時の記憶を取り戻した中でも六喰は、一方ならぬ人生をくぐり抜けた含蓄があるんですよねえ。言葉に重みと実感があるというか。何気に人間力が元精霊の中で一番高いの、六喰なんじゃないだろうか。


【精霊キャンピング】
天香空間内で行われた卒業旅行という名のキャンプ。ってか、精霊全員で旅行とか、平和にならなきゃ無理でしたもんねえ。これはさすがに本編後か天香空間でしかできないイベントだわなあ。
いや、この短編に限らずなのですけど、精霊みんなの集合写真、記念写真的な挿絵が多くて見ていても幸せな気分になれるんですよね。
そして、テント設営合戦では今まで見たことのない組み合わせでの精霊同士のタッグマッチで、これがまた新鮮なんですよね。ここまで来ると、どの精霊が組んでも違和感ないというか、それぞれの個性をマッチさせて仲良くいろんな顔を見せてくれるんですよね。最初の頃は仲の良い精霊同士にもっ傾向があったのですけれど、最終盤まで来たらそのあたりの壁みたいなものも殆どなくなりましたしねえ。八舞姉妹もわりと別々に行動して他の子と組むことも多くなりましたし。
狂三と四糸乃の小悪魔コンビとか、それこそここまで来ないと見れないコンビですよ。


【精霊ワーウルフ】
精霊たちみんなでやろう人狼ゲーム。人狼ネタは色々見たけれど「妖狐」は初めて見たなあ。
こういう智慧と機転が必要とされる場面で無類の活躍を見せるのが、毎度「彼女」なんですよねえ。
ってか、何だかんだとこの巻では十香が主役なんだよなあ。


【十香アフター】
タイトル通り、終了した本編のラストシーンからの後日談。そうなんですよね、本編の十香と士道の再会シーンは美しくはあったのだけれど、二人きりというのは寂しくもあったんですよね。
それをホントよくわかってくれてたんですよねえ。この後日談では、あのシーンのあとに改めて十香がみんなに会いに行く話なのです。
士道と二人きりの時間に耽溺するのではなく、自由になる時間を得て真っ先に願ったことがみんなに会いに行きたい、でしたからね。ほんと、この子たち同士仲良いのが伝わってくるお話で、なんか感動してしまいました。あれから一年経っているので、みんなちょっとずつ成長もしてるんですよね。中学生組が高校に通いだしているのも感慨深いし、高校生組もちゃんと大学生としてやってるんですよねえ。うん、年少組が十香に駆け寄ってみんなが抱きつくシーンなんか、十香って幼いようで年下組からもお姉さんとして慕われてたんだなあ、と改めて実感する次第。
そして、あれだけバチバチと不倶戴天の敵として相容れぬもの同士としてやりあってた折紙と、こんな風に笑いあえるなんてねえ。ってか、十香と折紙が顔を寄せ合って笑ってる挿絵、尊すぎるんですけど。折紙がこんな穏やかに笑ってる姿とか見たことないんですけど。
すべてが終わった後の再会のエピソードとしては、最高に素敵で温かなお話でした。

……それはそれとして、士道ってば高校では卒業したあとも伝説の先輩呼ばわりされてるのか。てか、「僕だけの動物園」が公の情報として出回ってるんですけどw
そして、それらの凄まじい自分の風評を聞いてもまったく動じずに朗らかに笑っていられる士道のメンタル、いつの間にか鋼鉄を通り越して超合金みたくなってるんですけど。すげえ、すげえぜ士道パイセン。

後日談としても実に綺麗に〆て貰えた、とも思ったのですが、もうちょっとだけ続くようです。狂三の件とか実際問題片付いたとは言えない事も残ってるのも確かですし、もう少しこの子たちの先の話も見てみたいだけに、アンコール11の刊行はやはり嬉しいです。


ロクでなし魔術講師と追想日誌(メモリーレコード)6 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌(メモリーレコード)6】 羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

グレンとシスティーナのデートに父親同伴!―『お父様が見てる』。大天使ルミアが、ついにグレる!?―『名無しの反転ルミア』。グレンの仮病を暴くため、三人娘がアルフォネア邸へと突撃!!―『仮病看病☆大戦争』。そして再び登場するフェジテの華麗なる魔導探偵(笑)ロザリー=デイテート、その活躍を描く『魔導探偵ロザリーの事件簿 無謀編』。人気を博した傑作短編を同時収録!そして―「貴女に託すわ…私が誇りに思うイグナイトの名を」魔導の名門・イグナイトの次期当主イヴ=イグナイト。彼女の知られざる過去もついに明らかに。

イヴが実質メインだと思しき本編の最新刊を前に、どうやらイヴの過去編があるらしいこの6巻を先に履修しておかないと、という事でここしばらく積んでいた【追想日誌(メモリーレコード)】を崩してこの6巻まで到達。いやね、本編16巻読んでいたらいきなり知らないイグナイト家のお姉さんが出てきて、誰よこれ!? と、なったんで、これ短編集の方も読んでおかないと、となってたんですよね。
お陰様で突然現れたリディア・イグナイトがどういう人物だったのかわかったわけですけれど、これ本巻読んだ後だったら彼女が本編に登場した時の印象全然違ったんだろうなあ。

と、短編の方はいつもの便利なレギュラー、セリカと教授がほぼお休み、という異色のラインナップながら面白さはさらに勝るという、ここまでシリーズ来るともうキャラが活き活きしていていいですねえ。



『お父様が見てる』
白猫のパパさんが、娘のデートをストーキングする、という展開だけなら馴染みのものだと思うんですけど、まさかのママさんご同伴の夫婦で、という展開にママさんはストッパー役なんですねわかります、と思ってみていたらまさかのママさん、ストッパーどころか何かある度にパパさんの脇腹にナイフぶっ刺してグイッとひねるトドメ役だったよ!
レナード氏、まさかの魔術講師時代に生徒に手を出していた案件発覚である。ママさん、マシンガンさながらの怒涛のパパさんの過去へのアウト判定、笑った笑った。そりゃ、手を出された本人ですもんね。パパさんがグレンにダメ出しするたびに、貴方の時はもっと酷かったですけどね、とばかりにニコニコと指摘されていく黒歴史の数々に、レナード氏完全沈黙である。娘のデート覗きながらここまでボコボコにされるパパさん、はじめてみたよ。
しかしこれ、どう言い繕ってもパパさん、グレンのこと一ミリも非難できないんですけどっ。
とまあ白猫パパとママの方にばかり目がいってしまうデート回でしたけど、白猫パパのプレゼント探しという名目とはいえ、何気にグレンと白猫の雰囲気とても自然でお似合いなんだよなあ。


『名無しの反転ルミア』
悪堕ちルミナ、と見せかけたナムルスのセンスが爆発する回。単にいつも外から見ているばかりなのが寂しくなったナムルスがルミナの体を借りてグレンたちと一緒の日常を体験する、というだけの話しだったはずなのに、ナムルスの訳の分からんファッションセンスと女王様プレイのおかげでまるでルミナが悪堕ちしてしまったかのようになって、学園が阿鼻叫喚に包まれるという。
クールで頼りがいのあるキャライメージ……は、本編でもあんまりなかったか。やたらとチョロいツンデレムーヴを本編でもカマしていたけれど、さらにド級のポンコツ属性までここまで見せてくれるとは。あと、嫌い嫌いと言いながらこの娘、ルミアの事好きすぎである。


『仮病看病☆大戦争』
この教師、薬まで使ってガチで仮病使ってサボりやがったw
ロクでなしの面目躍如である。いや、まじで家でダラダラ過ごしたいだけで、そこまでするか、と。
……うん、まあわからなくもないけれど。休みたい時は休みたいよね。ただそのために生徒の前で急病のふりをして本気で心配させたのはアウトですね。システィが怒るのも無理はなく。
ただ、気づいたシルフィもさることながら、仮病をつかうグレンを見て本当の風邪の前兆症状を見抜いていて本気で看病しにくるルミアさんもやはり侮れません。


『魔導探偵ロザリーの事件簿 無謀編』
名探偵の要素とは推理力云々じゃなくて、事件そのものにぶちあたる引きの強さかー。まず事件を見過ごしてしまったら、推理も解決もあったもんじゃあないですもんなあ。
もっとも、ロザリーの場合はグレンが助手についていないとせっかく事件にぶち当たっても解決能力皆無なので、ほぼグレンに丸投げ、というのがなんだかなあ、という所ですけれど。
とはいえこれ、結局システィのお屋敷侵入編、みたいになってて、システィ、ルミア、リィエルの三人娘の家での様子をグレンが覗き見てしまう、みたいな話になっとるやないけ。


『炎を継ぐ者』
徹頭徹尾、イグナイト卿がクズ・オブ・クズすぎてドン引きである。
先代イグナイト卿、どういう教育施したんだ、この男に。さすがにちょっと歪みすぎじゃあなかろうか、まともじゃないぞ。長姉リディアには尊敬されていたみたいだけれど、息子の教育をここまで過たせた廉は無視できないですよ。
イヴもこれ、酷い境遇じゃないですか。これを見ていると、むしろよくあれだけマトモに育ったな、というふうにしか見えなくなってくる。それもこれも、リディアという姉がいたからであり、イヴがイグナイトに拘るのは父親ではなく姉の愛情があったから、というのはよくわかったのだけれど。
それで真のイグナイトを目指しておきながら、結局最初の志を忘れてしまって父親の劣化イグナイトに成り果ててたの本末転倒すぎて、さすがイヴさん、というほか無い。
まあ父親のプレッシャー、のみならず呪詛での強迫で常に圧迫を受け続けていたのを思えば多分に同情の余地もあるのでしょうが。何気にセラの一件を除けば一線を越えたことはないようですし、セラの一件も援軍を「送れなかった」という方が正しいですしね。

ロクでなし魔術講師と追想日誌(メモリーレコード)5 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌(メモリーレコード)5】 羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

魔術の失敗で、システィーナがグレンの飼い猫に!?―『猫になった白猫』。惚れ薬によってルミアが、全校生徒から追い回されて!?―『勃発、愛の天使戦争』。あんなに好きだったのに…どうして苺タルトはリィエルを裏切ってしまったのか―『リィエル捕獲大作戦』。そして短編集初主演!特務分室室長時代、イヴの華麗なる日々(笑)を描く『室長サマの憂鬱』。ドラゴンマガジン誌上の大人気エピソード四つを収録!そして―「…人の善悪を、人が推し量ってはならないよ、グレン」それは、グレンとジャティスが同僚であった頃。それぞれの正義を争う因縁の秘話が、ついに解禁―!


『勃発、愛の天使戦争』
短編集ではほぼ皆勤のオーフェル教授。毎回、この人の巻き起こす騒動のお話があるんだが、よくまあ手を変え品を変えいろんなトラブル引き起こせるもので。教授の万能性に頼り過ぎじゃないですか? と、言いたいところだけれど、それだけキャラがハマってしまったんだろうなあ。
惚れ薬ネタはだいたい男がひっ被ってえらい目にあうのだけれど、今回はルミアが浴びてしまい異性同性問わずに追いかけ回されるはめに。いやこれ、真面目な話暴徒に捕まえられてたらルミアさん、18禁な目にあってたんじゃないでしょうかい。
何気にシスティにヒロインレース抜かれ始めた上にセリカやイヴという別方面からの突き上げもあって存在感が薄れだしていたルミアが、自分の気持ちを再自覚する話でもありました。


『室長さまの憂鬱』
グレンが辞めたあと、補充人員もなく人手不足のまま仕事量だけは減らず、どんどん追い詰められていくイヴ室長の憂鬱、どころじゃないドタバタ劇。
真面目に仕事してそうなアルベルトが、他に負けず劣らずの自覚なきトラブルメーカーで、やたらめったらイヴにばかり問題児しかいない部下どものやらかしの負担負債が押し寄せて、えらい目に遭うイヴさん。
頭抱えて、無茶苦茶しでかす周りに酷い目にあわされて泣きながら喚き散らすの、それグレンとかぶってますから、イヴさん。
作者さんの傾向としてお気に入りはついつい酷い目にあわせてしまうドSなところがあるように見受けられるので、イヴのその後の躍進のはじまりがこのあたりにはあったのかも。
あと、こんな問題児どもの管理から解き放たれたことが、先生になってイヴが精神的に解放された理由の一つだったんじゃないだろうか。実家の圧から解放されただけではなかったんじゃないの?
あの連中と比べると、生徒たちは可愛いもんですしねえ。


『猫になった白猫』
このタイトルわりと好きだなあ。というわけで、システィーナが変身魔法で白猫になってしまい、下に戻れなくなったところ、なんやかんやで正体を知らないグレン先生に引き取られて、めっちゃ猫可愛がりされながら飼われてしまうお話。
わりとネコを満喫、というかグレンに飼われるのを満喫していたようなシスティさん。意外とせっせと手をかけてネコの面倒見るグレン先生に愛でられて、この女絶対デレデレしていたよ。


『リィエル捕獲大作戦』
リィエルもリィエルでこうしてみると猫っぽいなあ。虫歯になったリィエルが、治療でガリガリ削られた時の痛みにびっくりして逃げ出してしまい、みんなでそれを追い回すお話。
ガチ泣きのリィエルって、リィエル回の時以来なんじゃないだろうか。それでもまあリィエルを追いかけ回すだけならまだ大騒ぎですんだのに、それを致命的な大騒動に引き上げてしまうのが短編集のセリカさんで……。


『THE JUSTICE』
正義のテロリスト、ジャティスの特務室時代の話であり、彼がそれまで見下していたグレンを逆に見込んでしまうお話。本編ではやたらとグレンに入れ込んでいるけれど、その発端となった話ですな。
しかしこの男、特務室時代からやってること何も変わってないじゃないか。公僕だからと全く自重してないやりたい放題だし。イヴはジャティスがイグナイト卿のイチオシだから、と余計な手出しもできないままで、ってイグナイト卿やっぱり見る目とかないんじゃないの、あのおっさん。
100回中99回失敗する任務で常に最初にただ一度の成功する一回を引き当てる男、みたいな事を言われていたグレン。いやなんでそんな失敗確定みたいな任務ばっかりやらされてるんだこいつ、という疑問を当のグレンは全然抱いてなかったわけで。こいつ、特務室時代余裕なさすぎだろう。
でもその余裕の無さこそが、能力の低さを補うだけの必死さと運だけではどうにもならない事態を乗り越える狂気に近い自己保全を考えない一手を手繰り寄せていたわけで、彼が生き残れた要因でもあったのかもしれない。それをジャティスに見込まれてしまった、とも言えるのだろうけど。
ちなみにジャティスの名前、しばらく本気でジャスティスだと勘違いして思いこんでいました。すげえまんまな名前名乗ってんだなこいつ、と思っててごめんね。



ロクでなし魔術講師と追想日誌(メモリーレコード) 4 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌(メモリーレコード) 4】 羊太郎/三嶋 くろね   富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ホームレス学院生・リイエルの波乱万丈な日常とは!?―『とある少女の素行調査』。グレンに金髪美少女な隠し子発覚!?―『嵐の幼天使』。医務室の女神、学院きっての法医術のエキスパートが登場!―『病弱女神セシリアさん』。今日もまた、ロクでなしが洞窟探索の授業を利用して丸儲け!?―『狂王の試練』。新キャラクターも加わり、人気キャラクターたちの驚愕なエピソードが明らかに!?そして―「大丈夫だよ。僕は絶対に、アルベルト=フレイザーみたいにはならない」遠い未来。伝説となって残る復讐に生きた男・アルベルト=フレイザー。その想いを継いだ少年の、時代を超えた物語―。

リィエル、どう考えても自活できそうにないんだけれど、これ見ると意外と生活能力あるんだろうか。自然の中でサバイバル生活、ならいくらでも想像できたのだけれど、意外と人間社会の中でも逞しく生きてるんですよね。結構、お金もちゃんと稼いでましたし。ただ普通の年頃の女の子の生き方では決してないので、その意味ではシルフィとルミアの屋敷に一緒に住み込むという選択肢は良かったんじゃないかと。ただ、いたれりつくせりの貴族令嬢の生活はリィエルから家事能力を養う余地なくしそう。基本、ペットタイプだしなあ、この娘。

なにかあると勝手に騒動を引き起こしてくれる短編コメディでは欠かせないバイプレイヤー・セリカ。基本的に何でもありで何でも出来る魔女の中の魔女なだけに、色々と制約が多い本編と違って本当にやりたい放題やってもギャグコメディ時空で纏めてしまえる短編だと本気でやりたい放題してしまう便利で困った人である。
表紙絵からてっきり間違って子供化してしまってみんなにお世話されるのかと思ったら、子供化はしたけれど思いっきり自力でだしちゃんと記憶も残ってて、自称でロリカと名乗って完全に自覚的に騒動を引き起こす始末。それも、息子のグレンが最近生徒ばかりに集中してて自分に構ってくれないから子供になって構ってもらいにきた、といういやマジで子供か! というような動機でしたし。このお母ちゃん、息子好きすぎである。
同じ理由で今度は遺跡を大改良してグレンを引きずり込んで遊んでる始末だし。これで暇つぶしとか別の研究の合間に最近没交渉な息子にちょっと絡んでみた、くらいの可愛い理由だったり上からの余裕ある態度ならまだイイのだけれど、セリカてばガチだからなあ。本気で構ってくれないと死ぬ!という勢いでむしゃぶりついてくる勢いだからなあ。ダメ親の極みの一つである。そもそもニートしてたグレンを、無理やり就職させたのセリカなのに、いざ働きだして構ってくれなくなったらこれだものw

さて、注目はやはり巻末の中編でありました。最初、登場人物が全然見覚えない人たちだったので、なんか別の時代のお話か作中作、本編の中に出てくる小説かなにかの話かとも疑いながら読んでいたのですが、アルベルト・フレイザーの伝記の話が出てきてようやく誰の話か悟った次第。
ってかアルベルト、あれ偽名だったのか。それも、そのまま過去の英雄の名前捩りもせず名乗ってたのかー。まあ理由は全然浮ついたものではなく、むしろ重すぎるくらい重くて過去の英雄との自己同一視も、その生き様への強烈な共感とその末路への仄暗い期待を感じさせるものでしたし。
しかし、彼の元々の性格ってここまで別人めいたものだったのか。過去からは今のアルベルトってまるで想起できない性格でしたし。しかし、そんな彼が今のアルベルトになる、成り果ててしまうまでに人格が形成されていくきっかけとなるエピソードは、説得力たっぷりで大いに納得させられるんですよね。むしろ、あれほど酷薄に見えるほど現実主義で合理主義で不必要を切り捨てることに躊躇を憶えないだろう在り方の一方で、根底に人に対する優しさ、誰であろうと見捨てない情理が根付いているの、相反する二面性が不思議と安定して備わっていて、だからこそ冷たいようで心から信頼を置ける人柄を感じさせられた理由がわかって、得心がいったくらいなんですよね。
そして、アルベルトがグレンという友人にどのような重きをなしていたのかも。自分をアルベルトと名乗った時点で、強烈にその末路も意識していたはず。その彼にとって友人という枠は特別であり、グレンの存在は運命に近しいものだと感じていても不思議ではなかったはず。
ただ、その運命であったグレンこそが、アルベルトが自らに幻視していただろうその幕引きを、運命を覆す存在であった、というのは非常に面白い。
しかし、彼の過去というのはホント圧巻というほど壮絶すぎて、ちょっと同僚たちの中でも頭一つ抜けて悲惨だったんじゃないだろうか。これ、色々と全部片付いたあとに彼は幸せになれるんでしょうかね。なって欲しいなあ、でないと彼のために魂を使い尽くした人たちの想いが報われない。


ロクでなし魔術講師と追想日誌 3 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 3】 羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

グレンが学生時代の後輩と、フェジテの事件を万事解決!?―『魔導探偵ロザリーの事件簿』。学院の体験学習会に、魔術学院の誇る変態講師陣が登壇!―『魔術学院わくわく体験学習会』。学院のストライキに生徒会長・リゼが暴動鎮圧へ動く!―『生徒会長と混沌議事録』。グレンが想い人(!?)へのプレゼントのためブラックマーケットへ参加!?―『誰がために金貨はなる』。そんなロクでなしな日々が綴られる!そして―「私は…好きだよ。グレン君の夢」正義の魔法使いになろうと足掻くグレンと、それを支えるセラ。二人の足跡を辿る軍属時代のエピソードがついに解禁!

本編の方はもうクライマックス近くまで進んでしまっているのですが、そう言えば短編集のホウを全然読み進めていなかったのでここらで挽回していかないと。本編との時間ギャップがかなり出てしまっているので、本編での人間関係の変化とこっちでの様子がだいぶ違うんですよね。
イヴなんぞ、この頃まだただ野心剥き出しの頭おかしい娘さんだし、白猫はまだまだツンツンしてるし。

【魔導探偵ロザリーの事件簿】
この作品、グレン以外にも立派なロクでなしがちょっと沢山居すぎやしないだろうか。学生時代の後輩ロザリー。グレンよりも魔術の才能無い、という時点で終わっているのに生活力ないのに趣味に生きようとして困窮死しかけてたり、交渉力も観察力も計画性もないのに探偵やってたり、立ち居振る舞いがひたすら貴族ムーブの上から目線だったり、とダメな部分しかないじゃないか。
むしろ、わりと何でもスラスラと熟せてしまうグレンが超有能に見えてしまう。というかグレンってホントにほぼほぼなんでも出来るんだよなあ。こうしてみると探偵も密偵もその分野に集中すれば簡単に名をあげられそうで、生きていく分には苦労なさそう。何気に「ヒモ」の才能もありそうだし。


【魔術学園わくわく体験学習会】
この頃にはグレンも教師として前向きになってた頃なのか。最初の頃なら魔術に対して絶望していて、魔術に対して目をキラキラさせているような魔術学園入学希望者なんぞ、腐った魚の眼で見てそうなものでしたけど。
それにしても、この学園、ろくな教師いないなホント。それらを出汁にして、最後にいい所取りするグレンもまあ大概な気もしますけど。でも、教師としても有能なんだよなあ、この男。


【生徒会長と混沌議事録】
本編でも才知に長け有能さを損なう事無く終盤まで準レギュラーとして活躍し続けているリゼ生徒会長のメイン回。本編ではあんまりサブキャラの単体エピソードが描かれないわりに、一人ひとりイキイキと描かれていたのは、ちゃんと短編集で一人ひとり時間を割いてこうやって丁寧に個人エピソードが描かれていたからなのか。
品行方正でありつつ、事前の裏交渉や寝技も使ってきっちり相手には止めを刺すという清濁併せ持つこの手の資質はなかなかいないスキルの持ち主なだけに、次代の生徒会長は誰がやるにしても苦労しそう。いや、リゼさんの場合はきっちり引き継ぎもやってくれて後継が困らないようにしてそうですけど。にしても、この話読まなかったらリゼ生徒会長の身元とか知らんまんまだったよなあ。
ヤダ怖い人っじゃないですかーw


【誰がために金貨はなる】
オーウェル博士の作るものって、どれも一作品のエンディングに至るための鍵になるようなアイテムだったり、逆に最終戦争を引き起こすようなとんでもない代物だったり、物語の根幹を担いそうなとんでもないものばかりだったりするんだけど、どうやったらそんなものをどれもしょうもない目的で作り出せてしまうんだろう。そしてその価値も自分で理解せずに平気でぶっ壊せるんだろうw
今まで彼が作ったものを保存できてたら、このロクでなし魔術講師シリーズってわりとイージーに世界に危機もクリアできそうな気がするんだけどw
そして、そんな彼の反則品を元手にしたとはいえ、わりと簡単に大金稼いでしまうグレン。だからこの主人公、ただ生きていくだけなら本当に簡単に何でも熟せてしまいすぎる。大金稼ぐのも、ひょいひょいっとやってのけちゃってるわけですからね。その金を惜しげもなく、こういう事につぎ込めてしまうあたりに、彼の金銭に対する価値観が伺えるわけですけど。そのわりに、狡っ辛い真似して小金拾い集めるような真似ばかりしているのは、才能の無駄遣いしてるよなあ、と。


【White Dog】
白犬、というタイトルの通りグレンの中の消せない傷であるセラとのお話。グレンの過去編、特務分室づとめの初期の頃のお話。特務分室で正義の味方の現実を思い知らされだした頃、なわけだけれど、もう初期の段階で既にグレンくんってば精神的に一杯一杯じゃないですかー。理想と現実とのギャップに悩み苦しみ、という段階を既に突破してしまって、溺れて水を飲み沈んでいく体を必死にバタつかせて辛うじて浮き沈みさせているような状況で、既に自分も周りも省みる余裕を無くしているような有様。
これ、普通にもう持たないですよね。これだけ精神摩耗してたら任務中にミスって殉職するのも時間の問題。という限界に達していたグレンを、救ってしまったのがセラだったわけだ。
救って、まだまだ頑張れる、理想を手放さないで、と膝を付きかけていた彼を支えて立たせて背中を押したのがセラだったわけだ。理想以外にすがるものがなくて、もう諦めかけていた彼を救ってしまった。そりゃ、グレンにとってセラの存在は絶対的なものになってしまいますわ。彼女の存在が、グレンにとっての拠り所になってしまった。ドロップアウトも出来ずに、前に進み続けないといけない理由になってしまった。
なるほど、作者の人がわざわざ彼女をグレンにとっての福音であり救いであり、呪いでもある、と語るわけだ。
これ、よくセラが居なくなった時にグレン、心折れただけで済みましたね。これ見てると、心折れるだけですまなくて精神的に再起不能になってもおかしくなかったんじゃなかろうか。
セリカ、相当頑張って息子のケアに務めたんだろうなあ、これ。どれだけダダ甘やかせたなだろう。


この素晴らしい世界に祝福を! よりみち! ★★★☆   



【この素晴らしい世界に祝福を! よりみち!】 暁 なつめ/三嶋 くろね 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

謎の連続爆発事件の容疑者にされためぐみんが真犯人を捜し出す!!―『アクセルの爆裂探偵』。アクセルの街で世直しを繰り返すも、ことごとくアクア達に邪魔されるクリスのお話。―『世にも幸運な銀髪少女』。視察にやってきた冒険者ギルドの上層部が、カズマ達を名指しで呼び出し!?―『アクセルの問題児達』…アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」Blu‐ray&DVD特典小説に、書き下ろしを追加したシリーズ初の短編集!本編からのよりみち―文庫未収録の全8編!

今までのも短編集みたいなものもあったんじゃね? と、思ったら特典小説などを集めたものなのか。
表紙のめぐみん、胸元緩めでなんかエロい娘さんになっちゃって。

「アクセルのアークプリースト」
まだダクネスがララティーナだと知られてない頃のお話でした。最近、貴族としての権力を振るうことに躊躇なくなってきたダクネスだけど、初期からわりと図らずにして結果的にですが貴族の地位振りかざしてしまっているのがよくわかる。
あとこの国の貴族はまともな奴いないのか!? まともに見えても死後に正体を晒してしまうゆるさw

「アクセルの爆裂探偵」
街の周辺で頻発する無差別爆発事件の犯人として疑われてしまうめぐみん。真犯人を探して捜査していくうちにどんどん明らかになる、めぐみんの街での凶状。狂犬か! こいつの場合だけは、誤認逮捕でも捕まえていいんじゃないかしら? 特例で許されると思うぞ!?


「守りたいクルセイダー」
ダクネス、呪いによって弱体化、筋力低下でひ弱でか弱い女性になってしまうの巻。タイトル通り、弱くなったダクネスはどこか儚い深窓の令嬢のような趣きになってしまって、男女問わず異様に庇護欲を掻き立てられる女性になってしまう。何気に、本作でもっともヒロイン力が高いキャラってこの弱体化ララティーナさまなんじゃないだろうか、というくらい真ヒロインの風格が。実際かわいい。
ただ、自分でもちやほやされる事に若干味をしめてるあたりがダクネスである。


「世にも幸運な銀髪少女」
クリスって運高めという設定だけれど、この娘が運の良い描写って特に見たこと無い気がするぞ!? だいたい、カズマたちと絡んでひどい目にあっている節があるし。この頃はまだクリスの正体がエリス様だというのがバレてなかったんか。本人えらい目にあってもなんだかんだと楽しそうなのでいいのだけど。アクアと付き合ってるくらいだからなあ、物好きだよなあエリスさまも。


「不死の王になるために」
リッチーってやっぱり骸骨ですよね、基本。フレッシュリッチーとか希少だよなあ、ウィズは。さすがにそのへんの真祖でもない野良ヴァンパイアとは不死王と張り合うの格違いとは思うけど、ムキになるあたりに大物感が欠けてしまってる。人間の頃のほうが強者感満載だったよねえ。
今のほうが愛嬌あって可愛らしいけど。

「魔王の幹部は忙しい」
おんぶ紐って、めぐみん的にはアウトなのか。いやまあ確かに実物見ると、赤ちゃん向けですね、年頃の女の子がこれで背負われてたら、恥ずかしいどころじゃないですねw
あとバニル、男の子相手にそれはさすがにアウトw ガチ討伐されかねないw


「偽物注意!」
カズマたちのパチもんパーティ襲来の件について。ダイの大冒険とかでもあったけれど、主人公パーティの安いパチもんみたいなのが現れて、詐欺みたいな真似をして回るというネタは古くからの定番だけど……本作の場合、圧倒的にカズマたちの方がパチもんっぽい!
現れた似たものパーティは、名前も普通だし在り方も真面目だし、完全にカズマたちの方が偽物! しかも、本物を真似て詐欺してそうなパチもんくさい!
と、ここまでならまだあるパターンなのかもしれないけど、本作の場合はカズマたちそのキャラこそパチもんなくせに実力だけはやたらあるもんだから、やたらややこしい事になっている。
「やたら偽物っぽいくせに実力だけは本物の、しかしやってる事はパチもんくさい本物パーティ」という、なんだこれ。


「アクセルの問題児達」
アクセルに高レベル冒険者がたまってしまって、他の地域が手薄になってる問題w
これもう、国からお金出してサキュバス支店を各地に出店したら解決するんじゃないかな?
動こうとしない男冒険者に巻き込まれて動けなくなってる女性冒険者たちがちと不憫である。

デート・ア・ライブ アンコール 9 ★★★★   



【デート・ア・ライブ アンコール 9】 橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「あなたたちは何者?」
士道不在の五河家で精霊たちと両親が邂逅!?「そろそろ将来を見据えて、あたしたちの愛の巣を買おうと思うっちゃ」漫画家の二亜がマイホーム購入計画!?「…求人情報誌とかリクルートサイトとか見てみたけど、何なのあれ。なんでみんなあんなにコミュ力求めるの?」学校に行きたくない七罪が就職活動!?「―『塔』への挑戦を希望する」士道の未来の伴侶(自称)折紙が花嫁修業!?変わろうとしていく精霊たち。「なんと…!これが船だというのか!?」そんな精霊たちと士道が乗った豪華客船で何も起こらないはずもなく!?さあ―変わらない賑やかな日常を楽しみましょう。
表紙は二亜。歳を考えろ、とか言ってはいけない。
いやでも、実際二亜って精霊たちの中では唯一の大人なんですよね。なのでか、精霊たちに対しては庇護者として振る舞う士道がただ一人甘えた姿勢を見せるのも彼女だけなのである。あのキツイ当たりを甘えてるというのか、と疑問を覚えるかもしれないけれど、士道が塩対応してみせるの二亜だけなんですよね。それって、つまるところ二亜に対して全然遠慮していないという事であり、不満や不平を隠さずぶつけられる相手、それを笑って許してくれる人、と士道が無意識下でも思ってるということなんじゃないでしょうか。まあ、塩対応される理由の殆どは二亜の自業自得ではあるのですけれど。でも、いつもおちゃらけた態度ばかりとってる人ですけれど、肝心な時にいつも士道を庇護し支えて導く姿を見せてくれるのも彼女なんですよね。
大人のキャラは幾人も居ますけれど、そこまで踏み込んだ関係の人はいないですし、二亜が来て馴染むまでは令音さんがそのへんの役割を担ってたとも言えるのでしょうけれど、彼女の士道への感情は非常に特殊なものだったわけですしね。
あの二亜のズボラで自堕落でお世話しがいのある生活スタイルは、実のところ世話好きで結構家事好きな士道とは相性バッチリだと思うんだけどなあ。
ともあれ、二亜の士道のみならずみんなのお姉さんというスタイルはほんと好きです。橘先生もよっぽど二亜の事好きなのか動かしやすいのか、シリーズ終盤は何気に二亜と七罪の二枚看板だったような気がします。
にしても、二亜の短編で出てきた不動産屋の青木女史、モブなのにやたらキャラ立ってたなあw

作中でちゃんと出るのは初めてでしたか、士道と琴里の両親である竜雄・遥子夫婦。いやあ黒リボンの琴里ってお母さん似なのか。サプライズ帰宅した二人を待ち受けていたのは、折紙を筆頭とした精霊少女たち。もはや魔境である。いや、普通なら四糸乃とか十香とか七罪とかならそんな拗れるメンツではないはずなのだけれど、そこに折紙がいるだけで大惨事である。こいつはほんとにーw
そこに暴走しがちな美九やら八舞姉妹が絡めば目を覆わんばかりのことに。
いやうん、あっさり受け入れないでちゃんとビビってくれる五河夫婦、常識人らしくてよかった。でも、常識人とは言ってもこの二人って過去を遡れば、士道の前身だった崇宮 真士と真那の友人だったんですよね。そんな彼らがラタトクスに入り士道を引き取ることを決意するに至ったのには、かつての友人の死と失踪にそれだけ思うところあったから、なんでしょうけれど軽々に決断できることではないだけに、生半可な人たちじゃないんですよねえ。
しかし、五河のお父さん。何気にラッキースケベ体質だったりするの若かりし頃が気になりますなあ。相手、奥さん限定だったのか。

七罪チャレンジ、後発となる本編21巻での一年後のエピローグでは、ちゃんと学校に通い出してる七罪だけれど、そうかその間に挟まるのがこの話なわけか。以前に出来た友達ともう一度縁を結ぶお話なのだけれど、何気に七罪、文化系創作スキルではジャンルを問わない超天才だった、という。いや、七罪ちゃんマジすごいんでないのこれ? 引きこもりでも十分やってけるレベルじゃないですか。二亜のアシやってるのって単に器用だからという問題じゃなかったのか。
残念ながら七罪本人は自分の才能にさっぱり気づいていなくて、どうやら将来にもまったく寄与しそうにないのが勿体ないのか、本人はそれで良かったのか。

折紙、花嫁修業に勤しもうとしたら花嫁修行になってた件について。普通にこう、『魁!!男塾』の驚邏大四凶殺みたいな花嫁修業場がある世界とかやだなー。ってか、折紙は花嫁修業するならまずこう常識を学ぶことから…って書いてて折紙鳶一にそれを仕込む無為さをひしひしと感じて虚しくなってきたのでやめとこう。


美九ってもはや存在自体がスキャンダルみたいなもん、というかマジでアイドルちゃんとやってたのかこの子。自重を全くシない知らないそのスタイルからして、番組前の楽屋挨拶ぐらいから可愛い共演者とか居たら粗相してそうなんだけど。というか、本番中でも構わず、というのが容易に想像できてしまうのだけれど、今までそういうのって噂レベルで留まってて発覚とかしてないのかー、そうかー。
てか、普通に張ってたら士道の家に入り浸ってるのすぐにバレそうだけれど。


今回、珍しくアンコール常連な狂三さん、出番少なかったんだけど、少ないなりにその少ない出番で存在感示しまくって色々持ってってしまうの、さすがです。この人、暇なときはひたすら猫追っかけてるのか? なんか、猫狂いなの信者層にまで周知されてしまってるっぽいのだけれど。
オールスターキャストなクルージング編では、当人最後の方まで登場しないにも関わらず、シージャックに現れたアレな人たちのせいで風評被害的な意味も含めてえらいことに。あと、アレな人たちはともかく狂三の猫耳スタイルはお目にかかって見たかった。


シリーズ感想

ガーリー・エアフォースXII ★★★★   



【ガーリー・エアフォースXII】 夏海 公司/遠坂 あさぎ  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

米国で新たなドーター適合機が発見された!調整のため小松にやって来ると聞き、妹ができると期待に胸を躍らせるグリペン。しかし、覚醒前で眠りについたままのそのアニマの少女、XF‐108‐ANM、レイピアを巡り、慧たちは不可思議な事態に巻き込まれてゆき…?その他、グリペン、イーグル、ファントムそれぞれの前日譚に、健気で人気なベルクトとロシアンアニマ三人衆の交流も収録。癖の強い先輩アニマに困惑するベルクトは、果たして任務を達成できるのか!?バラエティ豊かなエピソード満載でお贈りする、美少女×戦闘機ストーリー最終章!

「Episode1 ドリームウィーバー」
「レイピア」ってなに!? こんな戦闘機知らないよ!? と、思ったら形式番号にXがついてた。試作のまま終わった機体か。その印象的なシルエット、ペンシル型と言って差し支えないだろうデザインは過渡期のジェット戦闘機を象徴しているかのようで面白い。
と、それはそれで新アニマとか本編では出てこなかったのに、どう展開を処理するんだろうと思っていたらまたぞろ凄い展開に。いやこれ、レイピアを表紙にって微妙に詐欺じゃないですかぃ!? このアニマの子って、殆ど活動してないじゃないですか。
アニマがどういう理屈で誕生しているか、をザイの正体が明らかになった上でその仕組の詳細が自明の理になっていたからこその大胆な展開で、いやこれこのレイピアのパターンが可能ならアニマを作るのって戦闘機に限定されなかったんじゃなかろうか。真面目な話、空母とかイージス艦でも可能っぽいんだよなあ。ともあれ、同時にその定義の不安定さこそが、この第一話の大混乱にも繋がっているわけで、概念が現実世界に侵食してしまったという話なんですよね。物理的には何も変わっていないにも関わらず、人間の認識だけが世界規模で塗り替えられていくって、やばすぎるにも程があるじゃないですか。
それがまた、戦略空軍マフィアの夢、というのが実にイキっていて大好物なのですが。そうだよね、ロケットやミサイルのたぐいの開発が失敗した世界なら、弾道弾も存在せず宇宙開発もなく、人工衛星による地上偵察もネットワークの構築も存在しませんよね。そこから派生していく戦略空軍という滅びた概念の可能性。これ、爆撃機の類のアニマを直接誕生させるのではなく、新世代戦略爆撃機ノースアメリカンXB-70の護衛機として計画されモックアップで破棄されることとなったレイピアを持ってくるのはまた乙だよなあ、と。
今回の自体が進むに連れて狂想曲と化していく展開に対しての、グリペンの塩対応がまたひどいんですよねw いや、わりと大変な事態なんですからもっと一緒になって慌ててくださいよ、と言いたくなるけど、グリペンからすると何やってんだこいつら、という事になってしまうんですかねえ。こういう時にいつも慧の側で一緒に共感し一緒に奔走してくれるのがファントムというのは、やはり相棒感は緑髪の彼女の方が強かったなあ、と思う次第です。
この話はオチがまたキマってて凄く好きですw

「Episode2 プリンセスイーグル」
自由奔放なイーグルに八代通さんが振り回されるお話。おっさん、それはアニマだから精神構造が謎、なのではなくて年頃の女の子に共通する最大の問題、というやつなんですよ、きっと。
娘が出来たら同じことになる予感。まあこの人が結婚するというのが少しも想像できないのだけれど。

「Episode3 シアターブルー」
自由奔放すぎるイーグルにファントムが振り回される話。いつものことながら、策士策に溺れるを地で行くファントムである。我に秘策あり、何て言うのは失敗フラグだ、と自分で言いながら「我に秘策あり」と自分で言ってしっかり失敗するあたり、律儀ですらある。そして、何かあると基地からの逃亡を図るな、このファントムさん。本編でも何度もエスケープしてたし、この巻の第一話でも脱走してたし!


「Episode4 フェイクモキュメンタリー」
広報用ビデオの作成まで担当する八代通さん。広報というよりも資金源のためのPVなわけだけれど、この人技官なのにホントなにやってんだろう。


「Episode5 トリコロール・ヴィント」
本編の前日譚。まずはグリペン。あの上海からの脱出船団を急襲したザイを迎撃に現れたグリペンが、どのような過程で出撃したのかを描いたエピソードである。本来なら戦闘どころか飛ぶことすら、それ以前に覚醒しかままならなかったグリペンが、どうしてあの場面で救援に訪れて、慧の前に現れたのか。
すべてが明らかになり、そして終わったあとになってみると、偶然などではなくまさに会うべくしてあった再会だったんだなあ、と。

そしてイーグル。整備員のフナさんとのお話。慧を除くとあのヒゲの整備長なフナさんが一番アニマたちを人と同じように慈しんでいたんだろうなあ、と想像してしまう一編でありました。

最後にファントム。これは前日譚ではなく作中時間内での掌編という感じだけれど、やっぱりいちばん乙女な側面を見せてたのってファントムだよなあ、と思わせてくれる一片でありました。

「Episode6 ザ・ラスト・バタフライ」
最終決戦前に、宇宙から舞い戻ったベルクトが一時期ロシア組に加わっていた時のお話。新参者としてうまく馴染めるかどうかドギマギしているベルクトが、ロシアアニマ三人娘たちに一人ひとり配属のご挨拶していくお話。
いきなりラーストチュカへの印象がひどいベルクトである。眉毛ないです。触れる者皆、傷つけるような目をシています怖いです、て。いやそりゃ実際怖いけどw
そしてなぜか出会って即数秒で何故か愚痴られ悩み相談されてるベルクト。そして、なんでかスランプに陥っていたジュラーヴリクのカウンセリングをして、相変わらず逃げ回っているパクファを追いかけ回し、と最終決戦前に何気にヤバイ状態に陥っていたロシアチームの救世主となってしまうベルクト。この子、日本に亡命してきたときも癒し系だったけれど、ロシアでも頼られ系だったのか。長らく、具体的には6巻分ほど物語上から消えてしまっていたのがやっぱり勿体無いイイキャラクターだったんですよねえ、ベルクト。
それにしても、いつも強気なジュラーヴリクの姐御が弱気でヘタレている姿はなかなか新鮮で良かったです。慧たちに、そんな弱気な姿見せるわけなかったですしねえ。

というわけで、短編集はあくまで作中時間内か、前日譚のみという形で終始しました。あの本編でのエピローグ以後の後日談をやらなかったのは、それだけ本編で全部書き切った、このガーリーエアフォースという物語が映し出される情景はあそこまで、という自負が伝わってくるようです。
とはいえ、何がきっかけになってもう一度はじまるかわからない、というフリはかましてくれてますが、あとがきで。
ともあれ物語の余韻もここまで。良きSF作品であり、物語でありました。


シリーズ感想

はたらく魔王さまのメシ! ★★★☆   



【はたらく魔王さまのメシ!】 和ヶ原聡司/029  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

今回は、魔王と勇者と二人を取り巻く者達の「メシ」に注目するグルメ編!未知の食材「コメ」を食べるのに四苦八苦する芦屋。ポテトをきっかけにパソコンを手に入れたことを思い出す漆原。愛するうどんを食べることを全力で拒否する鈴乃。忘れていた趣味を思い出し散財してしまう魔王。突然同居することになった「娘」の食欲不振に「母」として悩む恵美。エンテ・イスラからの来訪者達がそれぞれに日本の「メシ」に向き合う中で、千穂はエンテ・イスラの豪華な料理に舌鼓を打っていた!「電撃文庫MAGAZINE」に掲載された六話に書き下ろし短編を加えた特別編が登場!『メシ』がテーマの庶民派ファンタジー・グルメ編!

これホントに「メシ」の話であって、「メシウマ」なこの料理美味しい! というメシの美味さを堪能する話でも絶賛する話でもないんですよね。なので【ベン・トー】や【異世界食堂】、【かくりよの宿飯】みたいな読んでるとその料理や食べるシーンのあまりに美味そうな描写で、こっちまで涎が出てくる、腹が減ってたまらなくなる、という類とはまた全く異なる種類のメシ・もの小説と考えてもらった方がいいでしょう。
料理云々じゃなくて、とことん「メシを食う」という行為に対して様々な視点・観点からアプローチを仕掛けて、日常の中で飯を食うということそのものを改めて捉え直す作品になってるんですよね。その意味でも非常に「はたらく魔王さま!」的なグルメ短編集となっていると言えるでしょう。
そもそも、冒頭からはじまる一編が、炊飯器どころか「米」という食材を見たこともなく、どうやって食べるのかも知らない真奥と芦屋が、米袋と炊飯器という彼らにとっては謎の物体を前にして手探りで「米を炊いて食べる」という正解を手繰り寄せるために幾つもの大失敗をしながら、試行錯誤していく、というドラマになっているのである。ただ、米を炊くだけである意味スペクタクルな物語になっているのだ、これが。米を知らない以前に、食事という概念すらまったく知らなかった段階からお米を炊く、という行動にたどり着くまでの紆余曲折は人類が思考する生物であるというのを改めて発見させてくれるなかなか感動すら感じられる一大叙事詩でありました。まあ、食べられるように炊く、というところに至るまでがまだ長く辛い試練のときが続くのですけれど。
本編はじまった段階では、貧乏暮らしながらある程度生活基盤を整えることに成功していた真奥たちですけれど、今回人間界で暮らし始めた当初の話を聞いているとかなりギリギリの崖っぷちを綱渡りしていたのがわかって、他人事ながらヒヤヒヤしてしまいます。大家さん、数ヶ月家賃免除してくれてたんだ。そりゃそうだわな、でないと無一文からどうにも出来ないもんなあ。
それでも、住が確保できても食と衣がなんにもない状態で、もちろん職歴もなにもなく、戸籍も身分保障も最低限しか獲得できていない状況なんですから、めちゃくちゃ苦労したんだなあ。最初期の芦屋の吝さも、この崩壊寸前の極貧生活をギリギリ半分転げ落ちかけながら維持してきた時期を見せられてしまうと、大いに納得させられてしまいます。そりゃ、節制するわなあ。
比して、今がどれだけ食生活恵まれているのか、よくわかるというものです。ベルがうどん差し入れしてたの、そりゃ拒否せず受け取るわなあ。
これに比べたら、恵美の方は最初からうまくやってたも同然ですし、ベルに至っては殆ど苦労らしい苦労もせず、ですからねえ。恵まれてるや。
カレーうどん、その汁のハネない食べ方はちょっと難しいよ! それって、結局一本一本ちまちま食べることになってしまうし、端にたどり着くのに麺についた汁を箸で削ぎ落としてしまうとも言えるのでなんかもったいないし、ってかうどんはもっとまとめてズルズル行きたいじゃないですか。
とりあえず、着物でカレーうどんはやめとけ。前掛けするとかした方が早そう。

なかなか考えさせられたのが、恵美のアラス=ラムスの育児メシ。いやこれ、実際に育てた人でないとわからん感覚じゃなかろうか。料理自体に問題はなくて、食事の時間帯がひっかかってた、ってこれよくベル気がついたなあ。シングルマザーがどツボにハマってしまう部分を恐ろしいくらい丁寧に描いてるんじゃないだろうか、この短編。変に完璧に拘ってしまったりとか、真奥の方で暮らしていたときは問題なかった理由が、あっちはお父さん役とお母さん役二人が揃っていたから、というのは考えさせられるところ。手抜きできる部分は手抜きした方がいい、というのは大いに頷かされる。
育児という側面から考えると、アラス=ラムスって幼児としては尋常じゃなく手がかからない優良児なんですよね。ほんとのこの歳くらいの幼児なら、桁一つ二つ違うレベルで手がかかるんじゃないだろうか。そんなアラス・ラムスですら恵美が育児ノイローゼ気味になりかかるほどの育児の上手く行かなさ、という部分が出てきてしまうわけで。育児の大変さというものが断片的ながら伝わってくるというものです。これ、ほんとに相談とか出来る人もいなかったら、パンクしちゃうのも無理ないよなあ。

そして、ラストの真奥が木崎店長のマグロナルドに面接して働き始める話。いやあ、あのレベルで面接の受け答えされたら、バイトなら多少履歴書おかしくてもだいたい受かるでしょう。社員でも大手企業じゃなく、人手足りないところなら拾う所事欠かないんじゃないだろうか。いやうん、職歴は大事だけどね、所詮は参考に過ぎないとも言えるので、これだけしっかりとした受け答えされたら自分なら諸手を挙げて、この人取りましょう、って言いますわ。バイトレベルでこれは出物ですよ。これに関しては木崎さんに見る目があったというよりも、ごくごく当たり前の推移だったように思います。千穂ちゃんはその意味では、高校生らしい面接風景でしたよね。あれは木崎さんの着眼点面白いなあと思ったけれど。
この話、優秀な人が集まる現場には、集まるなりのちゃんとした理由がある、とも言えるわけで、これは木崎さんの手腕だよなあ、と感心したり。

メシ話、と言いつつ各巻や各キャラクターの隙間を埋める幕間集にもなっていて、非常に満足感がある内容でした。面白かった。


シリーズ感想

デート・ア・ライブ アンコール 8 ★★★☆   



【デート・ア・ライブ アンコール 8】  橘 公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「なんでよりにもよって私が教師なわけ?」
七罪が先生になって精霊たちのクラスを担当!?
「民を幸せにできずに何が王だ!」
国のため、民のため、そしてきなこのため十香は圧政をしく王を倒す!?
「また逃げたわね本条ぉぉぉッ!」
琴里編集長の怒号が響き渡るラタトスク編集部発行『フラクシナスマガジン』の校了!?
「―店は決まっておるのか?」
六喰太夫が遊郭でお座敷遊び!?これは世界から否定されなかった精霊たちの、もうひとつの物語。五河士道はいくつもの『IF』の世界を渡り、ある真実に辿り着く―。ありえたかもしれない戦争を始めましょう。


【七罪ダブル】
いやそりゃ七罪以外に先生出来るような人材、精霊の中にはいないでしょうに。タマちゃん先生でも出来るんだから誰でも出来るだろう説はあるけれど、二亜とかにやらせると普通にダメ教師になるしなあ。
ちみっこい方が先生役というのも大正解である。久々に七罪の大人バージョンも見れて良かった、というか今回は女子高生バージョンか。自信がなかなか持てないちびっ子七罪の憧れは、やはり大人な自分なんだろうけれど、内面の成熟度からすると今の七罪の方がしっかりしているんですよね。女子高生な妹の方の七罪が、姉である本当の小さな七罪への憧れを語るのはさて、いったい誰の思いなのか。
あと、二亜は女子高生はさすがにコスプレ感が酷すぎてアウト。ってか、学校でビール缶カラにして酔っ払うな!


【十香ブレイブ】
前回の七罪二人に引き続いて、今回も反転十香と純正十香の対決ということで本作のコンセプトって自分との対峙なのか、と勘ぐったのだけれど後々見ると別にそんなことなかったぜ。
最近十香の成長著しいんですよね。今回も真っ当に勇者して、民の安寧を語ってたりするし。前はそんな難しい話できなくて、ひたすらハングリーモンスターしてたのに。
何気に今回も二亜がやりたい放題酔っ払っていて、この呑んだくれ本当に誰かなんとかしろ。まあ何故かこの人、自分から小物ロールはじめて自分からギャフンと言っちゃうので放っておけばいいような気もするんだけれど、美九の方はあれ放って置くと際限なくやらかすので、あちらこそ誰かなんとかしろ! 今回なんか本人登場していないにも関わらず、酷い存在感でした。被害者七罪が可哀想過ぎるw
前は変態は折紙のワントップだったのだけれど、美九と二亜が加わったことで酷さが三倍になってきたなあ。


【琴里エディター】
うちの妹は頼もしいけれど、それ以上にダダ甘なお兄ちゃんっ子なのです。琴里編集長のもと、新人編集士道が難儀な精霊作家たちから原稿をもぎ取るお仕事編。
だから本当に二亜と美九はなんとかしろw って、本作ではそればっかり言ってるような。このあともそればかり言うしかないのである。折紙もあれはあれでブレないのだけれど、彼女って意外とちゃんと与えられた役に乗っ取りつつそこで変態プレイかましてくるので、世界観には従順なんですよね。対して、二亜と美九はブレなさが貫かれすぎていて、どこの夢でもやってること変わらないw
さて、しかし作品名を見ると琴里も相当にガチである。血のつながらない義妹というポディション、活用する気満々じゃないか。でも、士道もラストみると相当甘やかしてるよね、これ。


【六喰ゲイシャ】
何気に一番しっとりとしたラブストーリーしてたのが、この六喰をヒロインとした苦海編。十香と同じ無垢で純心なタイプな六喰なんだけれど、まだ子供っぽさがつきまとう十香に対して六喰の方は艶が全然違うんだよなあ。一途だけれど湿潤な色気が醸し出されていて、なるほど六喰の花魁はまさに適役でありました。イラストもまた気合入ってて。花魁六喰の後ろの禿な七罪と四糸乃のコンビも可愛らしさ突き抜けてましたけれど。
これ、全員分描いておくべきなんじゃなかろうかw
何気にお座敷遊びも知らないのがあって、勉強になりました。


【士織スピリット】
本作随一の怪作!! って、これ誰の夢なんだ!? 新たに出現した士織という精霊をデートしてデレさせて攻略することになった五河士道。しかし彼は知っている。彼女・士織は自分が女装した姿! どうやら本当に女体化しているようだけれど、あれは紛れもなく自分さー。というわけで、自分を攻略するはめになった士道。ちなみに相手の士織の方も士道が自分だとわかっている。お互い自分同士とわかっていながら、デレさせることが出来るのか。という倒錯極まった話であり、シリーズ通して実は士織が一番可愛い、という説を鍛造して鍛え上げるかのような話である。
てか、ガチでデレやがった二人共w
士道くん、今まで数あったデートの中で今回が一番楽しそうだったぞw


【その幕を下ろすのは】
さても今回の夢のお話の黒幕の登場である。なんかその多重存在な設定、ほんと便利ですよね狂三さん。
CRユニット装備の狂三とか、いつもの黒ゴスロリと全然印象違っててこれはこれで眼福!!
逆に白ゴスな真那がこれまた今まで可愛らしい格好をしたことがなかっただけに、さすがは士道の実妹というポテンシャル。そうですよ、彼女って士織の妹でもあるんですから可愛くならないわけがないじゃないですか。
狂三の夢でのドMっぷり、或いは士道のドSっぷりも笑いましたけれど。狂三はほんと色々と美味しすぎる。

シリーズ感想

 
12月3日

(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索