社会的には死んでも君を!

社会的には死んでも君を! 33   

社会的には死んでも君を!3 (MF文庫 J い 5-3)

【社会的には死んでも君を! 3】 壱日千次/明星かがよ MF文庫J

Amazon

ちょっとスケベなハプニングが起こる呪い『ラブコメ現象』のせいで、周囲から嫌われている男子高校生・薩摩八平。彼の周りにも、ようやく彼のことを理解してくれる人々(だいたい美少女……だが変態)が集まってきた。八平は、彼女らと共に無人島へと旅行へ行くことに。美少女たちの水着姿に歓喜したり、懐かしの人間大砲で飛ばされたりと、楽しい(?)時間を過ごしていた。しかし、彼の前に試練が訪れる。それは、八平が心から愛する幽霊の少女・香月の消失だった――! 純情少年と幽霊少女が織り成す、ハートフル・アンチ・ラブコメディ待望の第3弾!
香月の正体が予想の斜め上……いや、斜め下を行っていた。これは酷い、誰が悪いって訳でもない話なんだが、これは酷い! いくら何でも香月がこれ可哀想すぎるだろう。ある意味死にたくなるような正体だぞ。ってか、普通に死んで幽霊になってた方がまだマシだったんじゃないだろうか。少なくともそれなら、生前の歴史が彼女には備わっていたはずなのだから。
八平以外で唯一香月の存在を認識できる柚姫の登場で辿り着いてしまった香月の謎の真相は、八平と香月にとって僅かな期待をもなぎ払うものだったはずだ。香月の正体が分からない、という事はもしかして香月には戻れる肉体があるかもしれない。【GS美神】のおキヌちゃんみたく、生き返る余地があるかもしれない。それは二人にとって期待するにも値しないゼロに近い可能性だったかもしれないけれど、奇跡として夢見てもいい可能性ではあったわけですよ。ところが、真実はそうした淡い期待をも一切許さないものだった。
と、同時に八平にはこれまでの不遇に耐え続けてきた頑張りが報われるように、彼が侵された呪いを知った上で彼の気高いまでの努力を讃え、受け入れ、呪いも含めて彼を愛してくれる女性たちが現れたのです。
決して報われる事がないと分かってしまった人との恋と、これまでの苦労をすべてを報いてくれるだろう女性との恋。丁度、相対する道が現れた時、香月が以前の彼女の自作自演と違って本当に八平の前から消えてしまいます。香月はついに八平にとっても姿が見えず、声も聞こえない存在になってしまったのでした。
それでも、ようやく陽の下を真っ当に歩める、幸せが約束されたような道が示されながらもなお、彼はそれに背を向けて、香月の元へと向かうのです。全部知った上で好きだと身も心もなげうって告白してくれた相手に、キッチリとごめんなさいをして、彼は決して報われないと分かってしまった恋へと脇目もふらずに走りだしたのです。
昨今稀に見る、一途な主人公ですよ、こいつは。
中学生の頃から暗黒のような日々を送っていた八平は、鈴音たちから好意を向けられ、これまで自分が培ってきた努力を認められ、褒められた事にとても感動してたんですよね。嬉し泣きしそうなほどに、幸せを感じていた。そんな描写が繰り返し繰り返し描かれてた、それだけ本当に八平は天にも昇る心地だったのでしょう。
それでも、八平はようやく報われた幸福を投げ打って、香月を選んだのです。たとえ再び暗黒の時代に戻ろうとも、香月と一緒に居ることを、自分以外の誰にも存在を認識できない、客観的に見れば脳内彼女でしかない香月と居続けることを。
最後まで漢でした、薩摩八平は。
何も知らなければ奇行を繰り返す上に性犯罪紛いのセクハラを何度もやらかす危ない人間なんですけどね。香月が見えていた柚姫は別として、よくまあ何も知らない鈴香は薩摩八平という男の本質を見抜いたもんです。よっぽど男見る目あったんだろうなあ。八平が正直鈴香にはかなりぐらついたのも無理ないのでしょうか。

結末は大団円とするには、八平と香月には辛いだろう繋がりのままなのですが、二人がそれで満たされているようなので、ちゃんと悲恋混じりとはいえハッピーエンドだったんだろうなあ。何だかんだと限定的にだけれど、香月が八平だけにしか見えないし声が聞こえない存在、ではなくなり、香月がみんなとちゃんと友達になれて孤独じゃなくなった事については文句なしのハッピーエンドだったわけですし。
期待したよりもちょっとより定例的なラブコメよりに傾いた最終巻でしたが、それでも決して結ばれない男女の切ない一途な悲恋モノとして、最後まで飽きさせない読み応えのある一作でした。次回作も期待。

1巻 2巻感想

社会的には死んでも君を! 24   

社会的には死んでも君を! 2 (MF文庫J)

【社会的には死んでも君を! 2】 壱日千次/明星かがよ MF文庫J

Amazon

首ブリッジをしたり、彼に憑いている香月に周囲を警戒してもらったりと、『ラブコメ現象』を回避するため、日夜努力を欠かさない薩摩八平。そんなある日、1日に2回しか起こらないはずの『ラブコメ現象』が4回起きてしまう。八平は呪いが強化されたのではないかと不安になる。顔に白濁した液体がぶっかかる『ラブコメ現象』を起こした魅剣柚姫を監視する香月。彼女はただの変態さんのようで、『ラブコメ現象』が増加したわけではなかった。しかし、どうやら柚姫には香月のことが見えているようで……!? 純情少年と幽霊少女が織り成す、ハートフル・アンチ・ラブコメディ第2弾開幕!!
うわぁ、切ない。やっぱり切ないよ、この話。八平以外には誰にも見えず、声を聞くことも出来ない幽霊少女香月。故にこそ、この二人のやり取りというのは傍目から見ると、脳内彼女と一人遊びしている痛いヤツ、にしか見えないんですよね。決して誰からも理解されず、認められず、受け入れられず、奇異と忌避と嫌悪の目でしか見られない宿命にあるのが、八平と香月の恋なのです。その上、八平にはラブコメ現象というラッキースケベを強制的に発動してしまう原因不明の呪いがまとわりついている。おはなしの上では笑い話で済むラッキースケベも、現実世界で起こってしまえばただの性犯罪。中学時代、将来を嘱望され彼自身青春を賭けていた野球を、この呪いのせいで辞めなければならなくなった過去を持つ八平。性犯罪者と蔑まれ、女の敵と嫌悪され、人間のクズと憎まれて、社会的に抹殺されかかった八平は、高校生になった今、非常の努力を重ね、対策を練り、日々襲来するラブコメ現象と戦っているのです。社会的に死ぬって、真剣に考えるととんでもないことなんですよね。笑ってられない。それってもう、まともな人間として扱って貰えず、普通に生きていく事すら出来なくなるということなのである。それがどれだけ悲惨なことなのか、恐ろしいことなのか。過去に実際そうなりかけた事のある八平は、そんな恐怖と毎日戦っているわけだ。中学時代と違って高校生になった今、一ツ間違えれば本当に冗談じゃすまなくなる、警察沙汰に成りかねないわけですしね。
そんな本来なら生きて行くだけで精一杯で心の余裕なんかないにも関わらず、彼は前巻で想いを通じ合わせ、恋人になった幽霊の香月を思いやり、誰とも触れ合えない彼女が喜ぶであろう事を、それこそ自分の社会的な立場と引換の綱渡りのようなやり繰りで尽力していくのである。その必死さ、健気さ、ひたむきさは見ていて涙が出てきそうなほど献身的なのだ。そんな無類の愛情を受ける香月もまた、何も彼のためにしてやれない自分の無力さに苦しみ、彼の立場を危うくするしかない自分の存在を恨み、それでも彼を愛さずにはいられない欲求に、愛して貰うことを求めてしまう事に密やかに咽ぶのだ。その切実さ、儚さ、懸命さにはこちらも涙が出そうになる。こんなにも二人はお互いに愛し合い、互いを思いやっているのに、二人を取り巻く世界は彼らに優しくしてくれないのだ。いつだって、彼らを哀しませ、苦しませようとするのだ。なんて理不尽で、悲しい事なんだろう。
なんて切ない、悲恋なのだろう。
二人の苦労も、前向きな努力もむなしく、呪いは八平をただの卑しい性犯罪者という認識を周りに広め、見えない香月の存在は八平を痛々しい脳内妄想に耽溺する異常者と皆に誤解させ、彼の社会的立場は崖っぷちへと立たされる事になるのです。幸いにも、彼のラブコメ現象の最大の被害者である鈴音が彼を擁護し、彼の行為そのものを受容する旨を皆に宣言したことで、かろうじて彼の立場は守られるわけだけれど、現実の女性が八平を救う事が香月を苦しませ、そんな恋人の懊悩も、鈴音の想いも知らないまま、八平はひたすらに香月を想い続けるのである。
初めて、第三者であり彼らを取り巻く全ての事情、あらゆる理不尽を知った柚姫の目から見た、八平と香月の逢瀬。このラストシーンを見たときの事をなんと表現したらいいでしょう。
これほど神聖にして侵しがたい、切なく美しい情景を、私は知りません。
すごいなあ。一巻の段階でもう既に悲恋たる純愛モノとして際立ったものがありましたけれど、少なくとも香月と八平のピュアラブストーリーとしては、この二巻でより純化されたような気がします。もういっそ、余計なラブコメは撤して、より濃厚に、鮮烈に、二人の物語に特化してもいいんじゃないでしょうか。

八平の頭痛や柚姫と香月の関係などからして、どうやら、気配的に次の巻で完結の匂いがしてきましたけれど、出来れば感動のハッピーエンドを迎えて欲しい。この二人が幸せになれないなんて、嘘ですよ。

1巻感想

社会的には死んでも君を!4   

社会的には死んでも君を! (MF文庫 J い)

【社会的には死んでも君を!】 壱日千次/明星かがよ MF文庫J

Amazon


薩摩八平には呪いがかかっている。その名も『ラブコメ現象』――それは呪いじゃなくて祝福だろ! と言われそうな、ちょっとエッチなハプニングが起こってしまうのだ。元凶(?)は八平に憑いている幽霊(らしい)、香月。八平以外の人間には見ることも声を聞くこともできない香月と出会って以来、八平の生活はラブコメ現象によってさんざんなものだったが、それでも八平は香月と出会えたことを後悔していない。なぜなら、香月が美少女だから。見えない女の子と喋るイタい男と思われても、ヤンデレ同級生に迫られても、美人な姉にストーカーされても、香月に触ることができなくても!「それでも君を○○!」一途でまっすぐな八平の、アンチラブコメ生活!
アンチラブコメと銘打ちつつ、真っ当にラブコメです! いや、厳密に鑑みるなら微妙にラブコメと違うのかも知れないな、これ。
第6回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作作品、ということで新人作品なわけですが、ぶっちゃけて言うとこれ小説としては技量的に稚拙な部分が多々見受けられる。文章構成はとてもじゃないけど、上手いとはお世辞にも言えません。
ただね、そういう下手さを補って余りあるほど、面白い! 面白かった!!
これは面白かった!!
三斗繰り返しました。
これって、いわゆる典型的なラブコメもの、なんですが上記したように微妙に違うんですよね。厳密に言うとこれ「悲恋もの」に分類していいラブストーリーなんじゃないだろうか。
メインヒロインの香月は八平以外の誰にも見えない幽霊。この手のお話だと、八平以外にも彼女を認識出来る霊能者的なヒロインだか敵キャラだかが出てくるものですけど、この作品では八平以外には本当に誰も香月の事は見えないし、声は聞こえない、その存在を認識出来ない。香月の存在を八平以外で知っているのは同居している義姉の霧子だけで、それも半ば以上本当に香月がいるのか信じていなくて、八平の脳内彼女なのだろうと思い込んでいる。当然、香月とコミュニケーションを取ろうという発想すら無いわけです。
つまり、香月は八平以外に喋る相手がいないという孤独を内包しているのですが、彼女には八平が中学生のころにどうも自分が原因らしいラブコメ現象と、誰にも見えない自分と喋ることで気持ち悪い独り言をブツブツとつぶやいている気持ち悪い人扱いされ、社会的に死んだような目にあい、将来の夢も奪ってしまった、という負い目があるお陰で、この手の取り憑き幽霊キャラとしては珍しいくらい控えめで、八平優先なんですよね。なるべく八平に自分のせいで奇矯な振る舞いをさせないように何時も気を配っている。
ところが、この八平がまたイイ奴で、しかも香月にマジ惚れしているものだから、なるべく彼女を寂しがらせないよう、蔑ろにしないように、大切に扱っているのです。彼女がどれだけ孤独なのか、この少年はとても良く理解してるんですね。だから、再び中学時代のように社会的に死んだように生きる事は避けようとしながら、一生懸命ギリギリのラインで頑張って香月と一緒に過している。
香月はそんな彼の優しさを嬉しく思いながらも、だからこそ彼に中学時代のような辛い思いをさせたくなくて、高校に入って親しい女の子や友人が出来、なんとか楽しい学生生活を送る八平を自分の事のように喜び、応援していくのですが、それでも彼が女の子と親しくするさまを見て切なさに心を痛め、自分の存在が彼の足枷になっている事実に苦悩を深めていくのです。
どれだけ好いても、誰にも見えない自分の存在は世間にとっては八平の妄想でしかない。彼が自分に構えば構うほど、彼の社会的な立場は危うくなっていく。そして何より、幽霊のような幽かな存在である自分は、八平に触れられない。八平に触れて貰えない。温もりを分け合う事も、肌を合わせる事も出来ない。彼を慰めてあげることすらも出来ない。
それは、少女にとっての絶望で、悲嘆で、つまりは叶わぬ恋なのでした。
八平と香月の関係は気心が知れた息のあった相棒のようで、それ以上に成熟した恋人未満みたいにとても仲睦まじくて、お互いを大切に思っていて、何よりお互いに恋焦がれていて、だからこそ切ない。バカバカしくも賑やかなラブコメらしいラブコメなんだけれど、それ故にここぞというときに現れる二人の切ない焦がれる想いが作品の空気を一色に染め上げていったように思います。
社会的に死んでも君を。このタイトル、てっきり世界を敵に回しても、的な物言いの言い回しなのかと思ったけれど、うん、確かに世界だとかそういう大仰なモノを敵にまわすような話ではありませんでしたね。でも、その愛は貫けば貫くほど世間からは正気を疑われ、気が狂ったかと思われ、まさに社会的に死んでいく。そして、その愛はこのままなら決して報われる事はない。どれほど愛しあい恋焦がれても、二人は触れ合うことも出来ないのだから。
それでも、その愛を貫くというのなら、それは紛う事無き純愛なのでしょう。ふざけたようなタイトルと見せかけて、これ真っ向勝負のピュアラブストーリーなのでした。
やばいなあ、八平と香月の健気なまでの想いに、ちょっと感動してしまったかも。

他のヒロイン衆は、これは別の意味でヤバいです。ヤンデレ率が高すぎる! 重たすぎる!!(笑
その分、ワントップであるかのように、ドジっこ生徒会長の鈴音さんがヒロインスペックがやたら高くて、秘めた純愛パートのヒロインが香月なら、表のラブコメのヒロインは間違いなく鈴音でしたね。年上でやり手の生徒会長のはずなのに、ちょとかわいすぎますよこのヒト。
比べて、染谷と霧子はちょっとアウトすぎる(苦笑
 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索