【公務員、中田忍の悪徳】  立川 浦々/楝蛙 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

未知との遭遇ーー地方公務員×異世界エルフ

区役所福祉生活課支援第一係長、中田忍(32歳独身)。
トレードマークは仏頂面、責任感が強く冷酷で誠実、他人に厳しいが、自分自身にはもっと厳しい男である。
無感動、無愛想、無慈悲の三拍子揃った生き様は、他の職員に“魔王” “爬虫類” “機械生命体“などと評され陰口を叩かれているが、忍はどこ吹く風であった。

ある日の深夜。
仕事から帰宅した忍は、リビングに横たわるエルフの少女を発見した。
濡れタオルで鼻と口を押さえつつ、知恵の歯車を回し始める忍。
仕方あるまい。
忍は、地球の危機を悟ったのだ。

異世界からの来訪者と遭遇した際、まず警戒すべきは“異世界の常在菌”である。
仮に異世界エルフの常在菌が、人類絶滅系の毒素を放出していた場合、焼却処理では間に合わない。ダイオキシンの如く、半端な焼却処理が土壌を侵し、その灰が風に乗り雲になり、毒の雨となって大地に降り注ぐ可能性も否めないのだ。
ならばエルフを即座に、極低温で凍結し、最善で宇宙、あるいは南極、最悪でも知床岬からオホーツクの海底へ廃棄するしかない。

必死に足掻く忍の前で、エルフの両瞼がゆっくりと開きーー

第15回小学館ライトノベル大賞優秀賞を受賞した、紛うことなき問題作。
……こりゃあまた、とんでもねー奇作怪作問題作だわー。
落ち物系ヒロイン、あるいは異世界や別世界から突然自分の部屋に見知らぬ女の子が現れて、というわりと古典にもなるだろう古くからある物語の導入から始まる異様な展開。
これ、まず前提として突然部屋に見知らぬ宇宙人だか魔物だか女神だかエルフだか、人間じゃないけど可愛い女の子が現れて、という物語のテンプレートが存在するという共通認識がないと「テンプレートを思いっきり外している」という掴みが得られないんですよね。逆に言うとテンプレートとして周知される展開であるからこそ、幾多の類似して差異がわからなくなってしまうほどの大量の同類項の中から派生形としてこうしたぶっ飛んだものが生まれてしまう、というのもまた面白い話で。
いやいや、まずは本作の話をしよう。
まず、おかしいのは主人公の公務員中田忍の在り方である。生真面目で誠実で面白みのない四角四面の性格をした公務員、というだけでは計り知れない、どこか思考がいつも限界ギリギリかそこを突破した所を歩んでいるかのような特異な人物である。有能ではあるが人の心がわからない、なんてわかりやすく分類できない。人の心がわからないパターンとしても、機械みたいとか怪物みたい、という種類があるけれど、この中田忍の場合人の心がわからないというよりも解釈が違っているというか、感情の存在を知っていてもちろん彼自身もそれを備えているし、理解もしているはずなのだけれど、理解の仕方がちがうというか、同じのハズで他人と共有も出来ているはずなんだけれど、どこか激しくズレているというか。わからん。非常に表現が難しい人物である。
冒頭の、生活保護受給者に対して暴走して入れ込んでしまっていた部下に対して叱責した中田忍は、決して人の心がない、情がない人物じゃないんですよね。むしろ、暴走してしまっている部下の危うさを見抜き、厳しくも鋭くフォローしていたと言っていい。対処法として、それは正しい解釈のはずだ。でも、そこにある真面目さ、硬質さ、理論武装された在り方はどこか非人間的ですらあり、彼の正しさを周囲の人間は畏れてすらいる。
とてもじゃないけれど、付き合いたくない人間だ。プライベートでも仕事でも、だ。
気難しいわけじゃない、話せばわかってくれる。理路整然と説けば、理解して受け入れてくれる。自分が間違っていると思えば素直に正してくれる。でも、その正しさすら四角四面すぎて、なんだか困惑してしまう。
彼に、学生時代から続いている親友関係の人物がいる、という事実にすら驚きを覚えてしまう。まあ、付き合い方さえわかっていれば付き合いやすい人物なのかもしれない。義理堅く友情に厚いとすら言えるだろうし。その発露の仕方は常人の温さと異なっているかもしれないけれど。硬すぎて、痛いかもしれないけれど。親友・直樹義光氏が非常によく出来た器の大きい人物であることは満場一致で賛成をいただけるだろう。もっとも、おおらかに中田忍の言動をニコニコと全部受け入れていられるほど異常人でもなく、ごくごく普通の常識人であるが故に中田の余りにも四角四面なやり方についていけずに振り回されることになるのだが。ほんと、よく友達やってるなあ。
それ以前に、中田にはかつて同棲寸前までいきかけた恋人までいたらしい。ありえない。よほど奇矯な人物か趣味人なのだろう。ある種の生物観察の趣味でもないと付き合えないと思うのだが。
そう考えると、中田忍の特異性をいじって遊ぶ、という楽しみ方を見つけ出している一ノ瀬由奈という人物は、中田への理解の深さも相まって付き合い得る可能性のある人物なのかもしれないけれど、これが恋愛に発展すると安易に考えてしまうこともできにくい。はっきり言って、遊びならともかく真面目には真面目すぎて付き合いきれないんじゃないだろうか、一ノ瀬由奈でも。

さても、本作はエルフという現実の世界には存在しないはずの異生物が突如部屋に現れた際に、中田忍が取ったテンプレとは大幅にハズレた対応を懇切丁寧に描いた怪作である。
異世界交流というよりも、宇宙人との第三種接近遭遇とか第五種接近遭遇とか、そんな方向性の話である。E・Tだって、事態が発覚した際は防護服着込んで家はパッケージングされて封鎖されたよね、というたぐいの話だ。
まああらすじ見ただけで、中田の突拍子もない反応は見て取れるだろう。
一言だけ言わせてもらうと、それだけするならまず警察だか保健所に電話しろよ。自分ひとりで対処しようとするなよ! と言いたい。
その意味では、この中田忍もまた歳こそ行っているものの、悪名高き独善独行的ラノベ主人公を名乗るに相応しい人物なのかもしれない。
社会秩序を独りで背負おうとしなさんなって。防疫の専門家に任せなさいって。

強いて言うなら、それをしなかった、あるいは出来なかった。そうしてしまった場合の「エルフ」の末路を考えた時に本来彼が当然のように行うべき社会秩序を護るための行動を取れなかったことこそが、彼の悪徳のはじまりだったのかもしれない。
荒唐無稽で現実的に実行不可能もいいところな、凍結して知床湾に沈める云々と言い募っていたのも、自分の中に生じた悪徳を誤魔化すためだったのかも知れない。
彼にとって正しいこととは、社会を保全することだ。自分たちが生きているこの社会を、安定させつづけることだ。彼の務める役所の、生活保護受給関連の仕事も突き詰めればこの国の安定を担う仕事であり、彼はその仕事を正しいものとして行っている。
彼が暴走した部下を叱責したのも、それが彼女の独善であり自己満足であり、生活保護受給の理念に反するものであり、彼女自身も生活保護受給者自身も救われない、真っ当な人間として扱われない自分を認められなくなるものだったからだ。国も国民も、損なわれる行為だったからだ。
それは、彼が考える正しさに則っている。
そして、中田の在り方にとっては、エルフは存在してはならないものだった。エルフを保護し守るということは、彼にとって独善であり自己満足であり正しくない、悪徳であったのだ。
それは、形こそ違えども先日部下に叱責した内容がそのまま自分に返ってくるものだった。少なくとも、彼自身はそう捉えていたのではないだろうか。あの部下の自分に酔いかけ暴走しかけていた仕事の内容とは、情けのかけかたが全然違うとは思うのだけれど、それでも彼にとって自分の行いが社会正義に反するという負荷を感じていた事は否めないだろう。
彼の苦悩は、公的機関の介入を許さず、親友の義光と一ノ瀬由奈という部下の意見と手を借りる事となってしまい、悪徳を成す言い訳を手に入れてしまう。
混乱し悩みながら、エルフとコミュニケーションをはかりながら、彼は悪徳を受け入れる。エルフを保護するという選択肢を選んでしまう。それは、軽く見ればどこかで拾ってきたペットをこっそり飼うようなもので、未だ対等な人格を持つ異世界の人類との接触とは言い切れないコミュニケーションにも見えるのだが、それでも彼は悪徳を成した。
彼もまた、ただの情持つ人間だったのだ。どれほど特異で異常に見えても。この物語は、その証明であったのかもしれない。