徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

竜徹

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 7 5   

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)

【ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 7】 宇野朴人/ 竜徹 電撃文庫

Amazon

軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つの勢力に分裂する。旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう…。イグゼム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった―。非情な運命は、二人の未来をどう変えることになるのか?話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!
未だ衝撃のあまりクラクラしてる。実のところ、作家にとってこういう展開というのはかなり「やりたい」展開だと思うんですよね。でも、なかなか思い切れないし、身を切るような辛さを感じてしまって出来ないんだと思う。でも、その身を切るような辛さこそを恍惚と羨望してしまうのが作家のサガであり業でもあり。
衝動ではないのだろう。最初からここを目指して切り貼りしてきた節があちこちに見受けられる。全部計画のうちだったのだろう。でも、実際に書き始めて、イクタとヤトリの二人を描いて、そこに実が生まれ像が結実しキャラクターが息をし始めた時に、果たして事前に描いた構想を振り返り、果たしてどれほどの仄暗い感情を抱いたのか、想像するに余りある。痛くて辛くて苦しくて、なんて甘美な悦楽だろう。羨ましくすら感じてしまう。こればっかりは、書く方の特権であり読み手であるこちらはただただのた打ち回るばかりだ。いや、こんなふうに感じている時点で「共感」しているのか? 同じ沼の淵にハマってしまっているのか? 
いずれにせよ、避けられるはずだった帝国の滅びは、王女の幼い願いは……これで完全に果たされる。どうやったって叶うはずもなかったものが、ここに結実してしまった。ハッピーエンドなどありえない。どこの誰にも望まれなくなった。滅びろ、滅びろ、滅びろ!という切なる願いが重なってしまったのだ。私も重ねてこう呻こう。
「滅びてしまえ!!」
それ以外、許せない心境なのだ。この現実をもたらすに至ったすべてが、呪わしい。許せない、怒りがこらえられない。悲しみなど吹き飛んでしまった、ただただぜんぶぶち壊して欲しい衝動に駆られている。なんて、暗い愉悦だろう。今になって、ようやく受け入れがたかった王女の有り様に共感している。シンクロしている。読後直後の動揺が冷静さを奪っているのだろうけれど、今はただこの暗い愉悦に身を任せていないと、色々と耐えられそうにない。ああ、イクタはどうするのだろう。
ヤトリよ、そいつは呪いだぜ。約束は守られ、同時に守られない。しかし、それは彼を縛るのだ。それにあんた、前に言ってたじゃないか。イクタを殺せば「ヤトリ」は死ぬって。幼い頃の狼との死戦でだって、イクタは言ってたじゃないか。ヤトリの最後の言葉は幸せな妄想だ。比翼の鳥は、一つには溶け込まない。二人でいるからこそ、連理比翼なのだ。彼がこれまで生きてきてやってきたことは、すべて全部何もかもが、ヤトリその人の為だったのに。イクタとはヤトリだったのに。
イクタが死ねば「ヤトリ」が死ぬのと同じように、「イクタ」もまた死ぬだろう。なら、「イクタ」が死んだ後に残るのは、何なのか。
ここからは、望まれし煉獄だ。

前回作風に合ってないと言ったイラストだけれど、今回に関しては絵師の竜徹さん凄く頑張ったんじゃないだろうか。土台からひっくり返したように雰囲気変えて、この衝撃的な展開に挑むかのような気合入ったイラスト群だったと思う。まったく、文句の付けようはなかった。この努力は掛け値なしに素晴らしい。

シリーズ感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 6 4   

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)

【ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 6】 宇野朴人/竜徹 電撃文庫

Amazon

カトヴァーナ帝国軍が真っ二つに! ヤトリが離脱した騎士団の未来は……!?

軍事クーデターが起こり、カトヴァーナ帝国内でイグセム派とレミオン派が激突する。
それはイクタたちにも影響を及ぼし、イグセム家のヤトリは父のもとに戻るべく、騎士団を離脱。
またレミオン家のトルウェイは、父と対峙することを決意。
そしてイクタは、父バダ・サンクレイの残した独立部隊「旭日連隊」を率いて、内戦を収めようと立ち上がる。
激しく揺れる帝国で、それぞれの想いを胸に戦場を走る少年少女たち。彼らの未来に希望はあるのか…?
本格ファンタジー戦記、待望の6巻!
イクタは、ヤトリをイグセム家の宿命から解き放って一人の女性として幸せになってもらうために、イグセム家そのものが背負い続けるイグセムとしての根源を無為にしようと、戦争の形そのものを変えてしまうことすら画策している、というのがトルウェイの活躍と自覚を通じて明らかになってきた。つまり、この男はヤトリを解放するために、そもそも彼女の立っている土台から意味を失くしてしまおう、としているのだ。なるほど、目の前のものではなく構造そのものに働きかけようという考え方は若き大戦略家らしい視野に基づくものだし、意思の頑なさではなく在り方としてイグセムそのものであるヤトリには、彼女個人には自分たちの声や意思では在り方を変えさせることは出来ない、と長い付き合いから実感として理解していたからこそ、の手段なのだろう。
でも、相手のことを言わずとも理解し尽くしている、という通じ合った絆こそが、ヤトリとイクタの二人をひどく寄り道させ、大回りさせているような気がするのだ。そう思わせてもらうきっかけとなったのが、あのルシーカ中佐の叫びである。
正義でも大義でも信義でもなく、きっと忠誠ですらなく、ただ叶わぬ愛に殉じた彼女の峻烈な生き様、死に様が、揺らめく炎のように彼女の、ヤトリの奥底に秘められたものを陰影強く浮かび上がらせたのだ。
そう、ヤトリシノ・イグセムは女である、と。
誰よりもヤトリを知り、ヤトリを理解し、ヤトリと通じ合い、ヤトリを受け入れているイクタ。だが彼は知っているのだろうか。ヤトリの、誰にも見せたことがなく、彼女自身がきっと微塵も認識していなかっただろう、女としての部分を。どうしようもなく女でしかない中核を。
誰よりもヤトリを理解しているが故に、ヤトリと通じあっているが故に、イクタはどうしてもヤトリをまずイグセムのヤトリとして見ているような気がするのだ。だからこそ、彼は絶対に彼女に言わないのだ。告げないのだ。訴えないのだ。イグセムを捨てて、女として生きろ、などとは。自分と共に生きろ、などとは。
言ったとしても、絶対に受け入れられないと知っているから。絶対に拒否されるのだと、理解しているから。イクタ・ソロークとヤトリシノ・イグセムが知っているヤトリという少女は、イグセムとしての生き方を決して曲げない、それが真実である、事実でもある。間違いでは、ないのだ。
でも、でも、本当に? 本当に、そうなのか? そんな疑問が、ルシーカ中佐の叫びを前にして、途方にくれてしまったヤトリの姿を見て、ふと浮かんできたのである。
もし、この疑問に一雫でもイクタとヤトリの知らないヤトリの奥底の真実が含まれているのなら……きっと、イクタのやり方では指先一つの隙間くらい、届かない気がする。決定的なところに、届かない気がする。
レミオン将軍は、軍人として、国の要人として以外の言葉を息子のトルウェイに投げかけることが出来ず、彼の背を留めることがかなわなかった。父親の知らないうちに、息子は成長し遠くへと羽ばたいていた。そして、成長ではなくても、ヒトは常にその在りようを変え続けている。時に微細でありながら決定的なほどに。
将軍に苦言を呈したイクタが、果たして同じ轍を踏まないと言えるだろうか。誰よりもお互いを理解しているからこそ、陥穽が生じる隙があるのではないか。
そんな不安が、そして期待が、ヤトリの中にかいま見えた、そんなお話でありました。もしそんな展開が訪れるのなら、キープレイヤーはシャミーユ皇女なのかもしれないなあ。

さて、レミオン派が起こしたクーデターは、レミオン派自身のみならず、イグセム派、そしてイクタの想像すらもはみ出していく形で混迷を深めていく。誰も主導権をとれないまま、事態はいつの間にか宰相の手のひらの上で転がされていく。
この手の、利害調整の効かない、何に重きをなしているかが見えない相手が一番たちが悪いんだよなあ。権力の亡者や佞臣の類なら、まだやりやすいんですよ。どれだけ有能で悪辣でも、やりようはある。妥協の余地だって交渉の余地だってある。でも、自分が権力を握る国家の利益を平然と度外視して国を傾けるのも厭わないやからは、何を考えているかわからないから、対処のしようがわからないんですよね。国が傾けば、自身の権力も権勢も失われるだろうに。帝国は周辺に敵性国家を抱えていて、下手をしなくても国が滅びかねない岐路に立たされているのは、ある程度の視野を持つものならわかっていることでしょう。馬鹿だったり愚か、無能の結果として国が傾くならわかるんですけれど、この宰相の場合どうも意図して、という部分が垣間見えるんですよね。こうなると、もはや他国のスパイか何かか、とすら思えてくる。それが辛うじて理解できる範疇であって、それ以外となると……だからこそ、不気味で気持ち悪いんだよなあ。
イクタは、何らかの推論ができているんだろうか。

しかし、トルウェイが元からの有能さに加えてさらに殻を破って、名指揮官への道を歩み始めたのは見ての通りなんだけれど、それにも増してマシューの部隊掌握運用能力の高さには目を見張る。イグセムの中でも猛将として知られる烈将ヨルンザフ率いる騎馬隊の直撃くらって、部隊を崩壊させないとか、この時点で尋常じゃないですよ。あれ、よっぽどの精兵でも部隊の体を失くして壊乱しかねないし、そこまでいかなくても瞬間的には部隊として機能を停止するのが普通ですよ。トルウェイの兄ちゃんたち、トルウェイが言ってた通り有能な方だと思うし、部隊もレミオン派の精鋭であったはずなのに、ヨルンザフに打ち抜かれて悲惨な事になりましたからね。それを、マシューは被害甚大とはいえ部隊の指揮を一瞬足りとも手放さなかった、という時点でもう指揮官としてかなりヤバいです。ここまで堅牢で堅実な歩兵指揮官が手元に居る、それだけでイクタはあまたの将軍から指を咥えて羨ましがられるでしょうねえ。

イラストについては、ちょっと作風が合っていなさすぎる。これなら、無いほうがいいんじゃないかしら。

シリーズ感想

ノノメメ、ハートブレイク 3   

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)

【ノノメメ、ハートブレイク】 近村英一/竜徹 ガガガ文庫

Amazon

必ずフラれる運命にある少年の暴走する恋
神々によって女の子にフラれ続ける運命を背負わされた少年・東雲芽吹。誰にどんなに恋焦がれようとも、彼の恋は決して成就することはないのだが――。「そんな運命、否定してやる!」と、天の国の少女・天王洲君を巻き込んで、彼は今日も元気に一目惚れ! 廃部寸前の弱小野球部のマネージャー、近づく人間に不幸を降りかからせる女の子、漫才師を目指すもわけあって相方のなり手がいない先輩。惚れた少女たちのために一肌脱いで、突っ走って、傷ついて……、それでも彼は恋をする。第7回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。
他人の不幸は蜜の味。しかし、その不幸とは具体的に何なんでしょうね。客観的に見て不幸だと認識される事象が起こることを観測することに甘美さを感じるのか、はたまたその客観的に見て不幸とされる出来事が起こることによって苦しむ当事者を見て楽しむことを、蜜の味と称するのか。
本来ならそれは後者を指していると思うのですけれど、神々が採取する不幸によって発生する「ミツ」は、どうやら前者のご様子で。何故ならば、この主人公の芽吹は自分の境遇を決して、どころか全く端っから不幸だとは感じていないのですから。
尤も、客観的に見ても現状それほど「女性にフラれ続ける運命」とやらは、不幸にも見えないんですけどね。というのも、今回芽吹は三人の少女に告白して見事に玉砕しているのですけれど、決して嫌われたわけじゃないんですよね。嫌われ拒絶されフラれるのはとても辛いことだけれど、アナタの事なんて好きじゃないから、と否定されるのはとてもとても辛いことだけれど、芽吹のフラれ方はそのいずれでもなく、むしろ好かれてはいるけれど、お付き合いできませんごめんない、と丁寧にお断りされたものばかり。そして、これが全身全霊命を賭けた恋ならば、破れた恋は悲しいものだけれど、芽吹には恋への熱情はあってもそれほど執着は見られない。お断りされたあと、あっさりと立ち直っている事からも、彼にとって本気で真剣ではあってもこれらの恋は深刻ではなかったことが伺える。その断られ方が皆柔らかかったら尚更だ。
むしろ、深刻に受け止めてしまっているのは天王洲君の方だろう。誰が本当に不幸かと問うならば、彼女がノノメメと呼ぶ東雲芽吹と関わってしまった優しい女神様ご当人のようである。全くこの女神さまと来たら素直ではなく、内心を滅多にひけらかさないのだけれど、神々によって不幸を運命づけられた相手の幸福を神である彼女が願わざるをえないというのは、随分とひねくれたお話じゃあありませんか。そして、面白いのはその切なる敵わぬはずの願いを叶えようとしている人こそ、その当事者である芽吹その人であるということでしょう。
コイツは馬鹿なので、果たしてどこまで自覚してやっているかは定かではないのですが、視点をズラしてみてみると、彼の行動原理は概ね全て天王洲君の為にやってるんじゃないか、なんてうがった見方さえ出来てしまうくらい、偏って吹っ切れているんですよね。
女性にフラれ続ける運命は、その対象を人間に限定せずに神様相手でも厳密に対応してしまうようだけれど、フラれるって厳密にはどういう意味なんでしょうね。告白してフラれても一緒に居てもいいですか? 告白してフラれても、気持ちが通じあっていいですか? ルールなんて曖昧なもので、それこそ告白しなければフラれない、なんて考え方だってあるでしょう。なので、芽吹と天王洲君がずっとずっと居ることに何の支障がありましょうか。お互いの幸福を願い、その為にお互いに尽力し、その結果自分も幸せになれる男と女の関係。そこに名前をつけるとしたら……。
さてさて、不幸なんかよりもずっと甘くて酸っぱい蜜の味、なんてものもこの際ありなんじゃないですか、ねえ神様。

 
12月3日

(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索