徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係4   

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)

【零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係】 西尾維新/竹 講談社ノベルス

Amazon
 bk1

ふむ。
実のところ零崎人識と無桐伊織の二人については、異性関係に発展する要素があるのかと勘ぐっていたのだが、これを読む限りでは純粋な意味で兄妹である。少なくとも、人識の方からは。伊織はよくワカラナイ。この子は素直でイイ子であるわりに、その心底に迷彩が掛かっているという、ある意味実に女の子らしい娘なので、人識に懐き、親しみ、頼りにし、翻って自分が付いてなきゃなー、と考えているのはわかるのだけれど、それがどういう感情と人間関係に基づいたものなのか、はてさて。
これまで、自分の家族は双識の兄貴だけだと明言してきた人識。ある一時期、もしくはある一瞬、とある少女を家族のように思っているのだと吐露したことはあったけれど、概ねこれまで人識にとって家族と呼ぶべき人はたった一人だったわけだ。
そしてそれから、人識が家族について言及することはなかったわけだけれど、唯一の家族だった双識と死に別れた後も、人識はどうやら天涯孤独、にはならなかったようだ。
双識が死んだ当初は、人識も自分が天涯孤独になったと思っていたようだったけれど、新しく出来た妹を放っておけなかった時点で、具体的には一度置き去りにしながらついつい心配になって戻ってきてしまった時点で、もう彼の中では伊織の存在は逃れられない妹だったわけだ。
両手を失い、慣れない義手で日常生活にも四苦八苦する伊織の面倒を甲斐甲斐しく見る人識の、伊織の立場が危うくなったとき、ごくごく自然に彼女を庇おうとした人識の、その態度ときたら面倒見のよいお兄ちゃんそのものである。見習ったわけでもないだろうし、変にちょっかいを掛けず、追い回さず、あくまで伊織を立てて無闇矢鱈とおせっかいをやかない点では全然似ていないのだけれど、それでもその面倒見の良さは不思議と双識と重なって見える。
同時に、この風来坊で自由人で寂しがり屋の殺人鬼を、気にかけ追いかけ付き纏い、それでも閉じ込めず縛らず在るが儘に受け入れる、という意味では伊織もまた、作中で語られるとおりに、零崎双識の後継者なのだろう。
亡くなり果てても、彼の魂はしっかりと二人の弟妹に受け継がれているわけだ。

一方でこれは、今は亡き石凪萌太と闇口崩子のもう一組の兄妹の物語でもある。
生前、萌太は幼い頃から闇口の殺し名の宿命から妹を庇い続け、さらには父親の存在から妹を守るために新しい世界に彼女を連れ出し、崩子に帰るべき家と大切な人達との出会いをもたらした。
今や彼女を愛してくれている人がどれだけいるか、崩子を無断で連れ出した哀川さんに対して、恐ろしい数の恐ろしいメンツから恐ろしいまでのバッシングが発せられた挙句に人類最終が送り込まれてきた、という事実を見れば明らか、自明である。
そして彼は、自分が死んだ後ですらもなお、崩子のことを守り続けた。自分がいなくなったあとも、彼女がしっかりと生きて行けるように。
その無辺の愛情はどこからくるのだろう。お兄ちゃんとは、これほどまでに年下の弟妹を愛してあげるのが普遍的なんだろうかね、この物語の世界は。
理澄に対する出夢にしても、玖渚友に対する直くんにしても、どのお兄ちゃんも、過保護なくらい過保護じゃないか。
そういえば、原作やってる漫画の「めだかボックス」にしても同様の傾向が(笑

思えばコレ、戯言シリーズの世界観の時系列では、最終巻以降の時代を描いた唯一のアフター作品なんじゃないだろうか(他、なんかあったっけ?)
思いがけないハッピーエンドで終わった件のシリーズ、その後のお話でもみんな、それなり以上にしっかりと、前向きに、幸せ的な方向性で生きているのを確認できて、何ともホッとさせてもらった。
人識の身に起こっていることは気がかりだけれど、彼が独りでないのなら、それはきっとたいしたことではないのだろう。

にしても、哀川さんと真心ちゃんは、二人して行き着くとこまでイッちゃってるなあ。人類ってなに? と深刻に疑問を覚えてしまう存在だ。なんか、今更にして今にして、ようやくこの二人が同一で、同系列で、きょうだいで、おやこ、なんだと得心できた。似てるよ、うん。

匂宮出夢との関係  零崎双識との関係

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係4   

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)

【零崎人識の人間関係 零崎双識との関係】 西尾維新/竹 講談社ノベルス

Amazon
 bk1

戯言ワールドのキャラクターたちの多くが自己規定と言う檻に縛られて生きていた中で、肝心の零崎人識くんはどうだったのかというと、彼は逆に確固とした自己規定というモノが無い人間と言っていいかもしれない。つまり、彼は自己の中に拠り所となるものをモテなかったわけだ。
それが良しだったか悪しだったかは、何とも言えない。だが、ある一定の時期までは、彼はその在り方のまま、自分という存在に対して真の意味で自由となろうとしていた。
自分の存在以外に、拠り所となるものを持とうとしていたというべきか。
中学生の彼は、殺人鬼たる零崎人識である自分と一般人である汀目俊希を使い分けて生きていたわけだが、その状態は同じく殺し屋・匂宮出夢と探偵・匂宮理澄という兄妹の人格を使い分けていた出夢とは決定的に異なっている。
中学の頃の彼は、殺人鬼と一般人、本来両立し難い両方の自分が混在する事に戸惑いながらも、手探りでそんな自分を受け入れようとしていた。
その拠り所となっていたのが、曖昧で正体の判然としない人識をワカラナイままそのまま受け入れてくれる兄・双識の存在であり、この中学時代、人識の中で最も大きな存在としてリソースを傾けつつあった、匂宮出夢との人間関係だったわけだ。
ところが、匂宮出夢との関係は最悪の形で破綻してしまう。彼女は最悪の裏切りを以て、構築されつつあった人識のパーソナリティを完膚なきまでに粉砕してしまったのだ。一般人・汀目俊希としての彼は完全に滅却され、内にも外にも拠り所を失った不安定な零崎人識という殺人鬼みたいなモノだけが置き去りにされ、路傍に晒されてしまったわけだ。
この時期の人識がもっとも自由で全盛期であり、すなわち自暴自棄だった、と言われる所以である。
そしてこの巻は、糸の切れた凧のように自暴自棄に漂流する零崎人識が、唯一残された絆であり拠り所である兄・零崎双識との関係に基づいて、裏切同盟――呪い名6名による連合軍との死闘に勤しみ、肉体的にボロボロになりながら、逆にボロボロだった精神を立て直していく物語である。
同時に、失われた出夢との関係が、人識の中で大切なものだったと認め、受け入れるための物語であり、繋がりが絶たれてしまった今もなお大切なものであり続けるのだと理解する物語でもあったのだろう。

殺人鬼・零崎人識の、少年時代の終りである。


匂宮出夢との関係 無桐伊織との関係

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係4   

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)

【零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係】 西尾維新/竹 講談社ノベルス

Amazon
 bk1

実存を立証し続けなければならない人生というのは大変だなあ。
戯れ言シリーズの世界における登場人物たちというのは、多かれ少なかれ「〜でなければならない」と自らを縛って生きている人たちが多い。そうしなければ、存在し続けることが出来ないのだと信じ込んでいるかのように、だ。
悲劇なのは、その信仰があながち思い込みではない点にある。裏の社会に住まう者も、表の世界で生きる一般人であろうと、その深刻さはあまり変わりが無く、過酷な日常を生き抜く上で彼らの「自分は〜〜でなければならない」という規定は、埋没し脱落し希死念慮に陥りそうな自らを支える拠り所として機能していると言える。
だが、ある程度事実真実に基づいた信仰とは言え、「〜〜でなければならない」という自縄自縛は決して絶対のものではない。それを逸脱し、乗り越え、踏み越え、捨て去り、置き去りにして、自らを縛る戒めから解き放たれることは決して不可能ではないし、それが自身の破滅を意味しているわけでもない。
事実、興味深いことにこの世界のキャラクターたちの中で、順当な幸福を手に入れるのは、こうした自己規定を克服した人々というパターンが多いのだ。
主人公の一人である戯言遣い然り、死線の青然り、赤色の人もそうだろうし、この巻じゃないけれど、崩子ちゃんもその該当する一人になるのだろう。

そして、恐らく彼女もそれを為せる可能性を、本当に心の間近までたぐり寄せていたはずだったのだ。
――匂宮出夢。
敢えて彼女と呼ぼう。自らを男の人格だとうそぶいているが、妹と混ざりかけていた云々を抜きにしても、出夢のメンタリティというのは女性のものだと思う。
彼女は零崎人識との関係が深まるに連れて、これまで自分を成り立たせてきた自己規定が決して真理でも絶対の命題でもないのだと気づかざるを得ない状況へと追い込まれていく。
自分を成り立たせてきた柱を打ち砕かんとする衝撃を前に、彼女は呆然と立ちすくみながらも、その破壊を受け入れる勇気を、人識との交流の中で芽生えさせ、奮い立たせようとしていた。
あとは、未知へと踏み出し、これまで自分を守ってきた殻を脱ぎ捨てる、その一歩を待つだけだったのだ。あとは、自覚するだけだったのに。

彼女は、最悪と出会ってしまった。

そうして、未来の可能性は無造作に毟り取られてしまったわけだ。
運が悪かった? 彼とここでであってしまうのは運命だった? そんな言葉で片付けられてしまうには、割り切れなさ過ぎる。摘み取られた可能性があまりにまぶしすぎて、胸を掻き毟られるかのように切ない。
こうして出夢は、往くべきだった道を外れ、同じ道を行くはずだった人識はワケも分からず一人置いてけぼりにされ、結果空っぽになりながら人識もまた、道なき道へと転げ落ちていく。
ただただ、原因となった男が呪わしい。

あれは、確かに「最悪」だ。

零崎双識との関係 無桐伊織との関係

零崎曲識の人間人間  

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)

【零崎曲識の人間人間】 西尾維新/竹 講談社ノベルス


とりあえず、零崎舞織こと無桐伊織が久々に堪能できたので大満足ですw
初登場作品の人間試験以来じゃないかしら、こんなに伊織ちゃんが登場してくれたのは。と言っても、この本の一話だけなんですが。
なんだかんだと人識とはよろしく…ええ、よろしくやってた模様で。元の家族を失い、新たにできた兄を失い、両手まで失っての逃避行の日々。つい先日までただの女子高生だった伊織にゃヘヴィすぎる状況なのでもっと暗い雰囲気なのかと思いきや、ほんとによろしくやってた模様で。むしろ、一緒にいる人識くんの方が気にしてるくらいで。
なーんか、思ってた以上に人識は伊織のこと大切にしてるんだよなあ。本人は双識から託されたからだの、もっと突き放したクールな関係を気取ってますけど、やってること見たらめちゃくちゃ大切にしてるじゃないですか。もともと、実は世話好きだったりする子でしたけど、いーちゃん相手の時と比べても、身が入ってるというか親身になってるのがわかる。
自分では偽装のつもりで曲識に告げた「恋人」という関係。傍から見てるとそれ、偽装とも言えないですよ、これじゃあ。伊織の方は、まったくまんざらじゃないみたいですし。
曲識のセリフじゃないですけど、人識は変わったよなあ。最初に出た頃のなにしでかすかわからないヤバい雰囲気は鳴りを潜めて、抜き身だった刃が鞘に収まったような安定感を感じるようになりましたよ。見てて、危なっかしさみたいなのが消えた。
いーちゃんも本当にイイ方に変わりましたけど、この人識もイイ方に変化したもんだ。本人にはあんまり自覚ないみたいだけど。

それにしても、人識はまず置いておいて。零崎一賊って殺人鬼である以外はみんな意外と人間的、人格的に真っ当な人が多いですよね。ってか、双識にしても、軋識にしても、本編の主人公(?)たる曲識にしても、変態的なところはあるにしても、破綻度で言えばこの戯言使いシリーズに出てくる人間の中では本当に真人間に近い人ばかりのように見える。喜怒哀楽にも欠損なく、親しきヒトを慮り、優しさを忘れず、友情を大切にし、家族を守る。
ほんと、なんで殺人鬼なんだ? と思うくらいに。

さて、次回は本命、零崎人識の物語。戯言シリーズのもう一人の主人公格のお話ですし、なにより伊織にいじられ振り回される人識が存分に堪能できそうで、楽しみ楽しみ。
……いまさらバッドエンドみたいなのは無しですよ?

…って、人識の話ばっかりしてしまった。曲識主人公の本なのにw

刀語 第十二話 炎刀・銃  

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)

【刀語 第十二話 炎刀・銃】 西尾維新/竹 講談社BOX


読了。
なんとなく、完走、という言葉の方がしっくりと来るような読後感。
12か月連続刊行という長丁場。最初の頃はその値段の高さと、内容の薄さに何度か放り出そうかと迷ったものですが、中盤を超えた頃にはとがめと七花のコンビにも愛着を覚え、結局最後まで二人の旅路に付き合ってしまいました。
彼らの旅の結末は、本編をご覧じてもらうとして。
うん、やはり作者にも、読者にも、主役の二人にも、完走ご苦労様でした、と云い添えるのが一番しっくりくるような語り締め。
ある種の無常観と切なさ、それでいて主人公の成長と淡い希望の光を伴った、なんとも胸に残る終わり方で。
本当に、戯言をああいう形で終えてからの西尾維新氏の作風は、厳しくも優しいものになったなあ。

とがめも好きだったんだけど、最後の七花と絡む素の顔の否定姫が意外なほど快活で可愛かったのには、不意打ちされた。やられた。
西尾維新の書く女の子って、どいつもこいつもなんだかんだでカワイイんだよなあ、悔しい。
 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索