花咲くいろは

花咲くいろは 第19話 どろどろオムライス  

最近の女将は何をするにしても寛容だなあ。文化祭のために出勤シフト考慮してくれたり、以前に特別イベントで使った昔女将が使っていた仲居の制服、緒花の為に貸し出してくれたりとか。
でも、よく考えると女将が理不尽なくらいに厳しい態度を取ったのって、最初だけなんですよね。その後は厳しいと言っても、お客様優先というプロ意識に則ったもので当たり前の姿勢であり、緒花に対しても怒るのではなくむしろじっくりと身に染み込ませるように言って聴かせるようにしていたものなあ。
最初の二話の印象が強すぎたせいで未だに引きずってますけれど、こうして振り返ってみるとちとその印象が刷り込まれすぎている気がしてきた。

さて、文化祭である。徹さんが来るかも、となった途端に乗り気になりだすみんちが、ちょろいw
みんち自身もわかってるんだろうが、明らかに緒花を目当てに遊びに来るって言ってるようなものなのに。はしゃぐ緒花が実に楽しそうで……あー、空気読めてるのかな、大丈夫なのかな、と心配になる(笑
幸い、クラスの雰囲気は緒花のノリノリさ加減を肯定するかのようにテンション高いので良かったよかった。緒花は空気読めないけれど、空気が合えばムードメーカーになっちゃうんですねえ。って、緒花ってヨイショ上手いなあ。ヨイショされるの大好きな結名と合わさると、面白いくらいに「あんたが大将♪」なノリになっていく。

ヤル気になってる同じクラスの三人組に対して、なこちの方はクラスがやる気なくて苦戦中。苦戦というほど本人もヤル気ではないのだけれど……それでも、出来るなりにやろうとしているあたりは、前回までのなこち回がここで生きているのかな。

と、何やら出す料理でモメ出す調理班。あー、まあみんこに噛ませたらもめるわな。


あと、なにやら若旦那が相当にうざいことになってる。もしかして、あのエセコンサルタントと上手く行きだしたのか? それはそれで旅館の将来が危ういんだが。

花咲くいろは 松前緒花つままれキーホルダー
花咲くいろは 松前緒花つままれキーホルダー
コスパ 2011-10-30
売り上げランキング : 445


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第18話 人魚姫と貝殻ブラ  

花咲くいろは 第18話 人魚姫と貝殻ブラ

理想の自分と現実の自分には往々にして大きな断絶があるものだ。多かれ少なかれ人は現実を理想に近づけようと四苦八苦している。ただ、菜子の場合には理想の自分というものを、自宅の中、家族の前だけとはいえ体現できている、それが他人と違う点なのか。
理想の自分を具体的に見知っているだけに、それを外で同じように出来ないことにはきっと忸怩たるものがずっとあったんだろうなあ。何しろ、家族の前では出来てるんだから。
菜子が偉いと思うのは、ただ悩んでいるだけじゃなく、ちゃんとそれを行動に移している事である。彼女のような内気な性格からして、自分を変えるためにという理由で仲居のバイトをはじめるなど、余程の勇気がいっただろうに、まずそれをやってみようと思い起こすところから、この子は充分偉いと思いますよ。

ところが、自分ではその成果には全く手応えがない。相変わらず内弁慶でしか無い自分に失望してしまっている。
てっきり、緒花が来て以来性格も外向きになってきてだいぶ変わってきたのかと思ってたけど、そんな事もなかったのか? 菜子が一番成長していると思ってたんだが。
それに、彼女が理想としている自分がはたして万人にとって理想の菜子なのかというと……果たして果たして。
素の自分がかなりの毒舌家、というのはどうやら自分では気づいていないようだし、菜子が外でも普段の家の中での彼女を出すようになってしまったら、相当人間関係軋轢が生まれるんじゃないだろうか。
緒花ちゃんは褒めると図に乗るタイプだから!
面と向かって言ってしまうなこちが恐ろしい。

最近になって、結名も含めて仕事抜きで四人で行動する事が増えてきたなあ。
というわけで、給料も入ったということでみんなでお買い物に。みんちは一人、女の子というより気質が職人だ。なんでこの子学校ではあんなにモテてるんだろう。
何気に菜子の見解では緒花が一番服のセンスはいいらしい。かと言って、緒花のセンスがそのまま菜子に合うのかというと、同じ服の着こなしを見ても緒花だけが圧倒的に似合ってたのを見ると違うんだなあ。というか、素直に緒花に見立ててもらえばいいのに。
意外だったのが、結名さんが持ってきたアクセを身につけると、なんか変だった菜子の衣装がいっぺんに見違えたこと。いやいや、結名さんもセンスいいじゃないですか。

なんだかんだで服装から変えてみて変わった気になってみたものの、それは違うなー、とすぐ考えなおしたのは偉い。偉いが、家でのテンションを喜翠荘にそのまま持ち込むなー。さっそく、毒舌が無差別に炸裂。この子、素の時はもしかして緒花に勝るKYキャラじゃないのか?
緒花、友達居なさそうって、居なかったのかよやっぱり! 修学旅行の時は居てそうだったじゃないか。そして、レンさんが奮発して買ったスカジャンが血祭りに。いや、変だけどさ。それは誰かが突っ込んで挙げなきゃいけなかったと思うけどさ。そう言えば徹さんも空気よめないとみんちにdisられてたのかのろけられてたのかよくわからないこと言われてたけど、その徹さんですら何も言えなかったレンさんのセンスをさらっと撫で斬りにするとは……。

結局、女将さんにお前は今までのお前のままでいいんだよ。と言われて元の鞘?
まあ、あの女将から今のあんたでイイ仕事してるよ、と肯定されたら舞い上がるよなあ。……菜子も結構図に乗るタイプじゃないのか?w

はなさくいろは
はなさくいろはクラムボン

ランティス 2011-08-24
売り上げランキング : 840


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


花咲くいろは 第17話 プール・オン・ザ・ヒル  

花咲くいろは 第17話 プール・オン・ザ・ヒル

ああ、やっぱり詐欺だった。
いつの間にか結名まで参加してのドタバタ撮影会。結名さん、下にクッションあるとはいえあの高さから飛び降りるって度胸あるなー。感心してしまった。
スタントマンが必要なんじゃないかというようなアクションまで取り入れて、ついには仲居さんたちが撃ち殺されるという、何この青春殺戮劇!? と、映画の方向性に疑問符がついたところで、スタッフ撤収。若旦那とタカコさんが契約書にサインしたところでさようなら、の音信不通。
おーいコンサルタント(笑)、どう責任をとってくれる。
女将もまあ、辛辣というか厳しいというか。緒花ママから業界情報として今度の映画話は怪しい、めちゃくちゃ怪しい。ほぼ黒だよ、気をつけて。というご注進が入っていたにも関わらず、今回の一件は若旦那に任せているから、と傍観しなすって。ただ、思わず緒花ママに戻ってきて喜翠荘継がないかい? と尋ねてしまったあたり、本心はあの子じゃ不安、というのがあるんだろうなあ。
実際あれじゃあねえ。
女将としてはいっぺん痛い目見て成長しなさい、という心持ちだったんだろうけど、効果あったんだろうか。
タカコとの酷いやり取りを見てたら、不安しか募らないんだが。あの女ときたら、責任逃れの言い逃ればっかりだし、若旦那ときたら勝手に盛り上がってるだけだし。一生懸命やってるのと責任問題とは全く別の話なんだよ、若旦那。一生懸命やってたって、結果がダメだったら、被害をもたらしたってんなら相応の責任はとらなきゃならない。ビジネスの世界に情状酌量の余地は基本的に存在しないのだ。
あの二人が喜翠荘を継ぐとなったら、お先真っ暗と思わざるを得ない。果たして、どれぐらい被害被ったんだろう。若旦那の個人資産じゃなく、ちゃんと喜翠荘の運営資金からお金出したんだろうし。
ただ、今回の詐欺。詐欺師が仕掛けてきたんじゃなくて、ちゃんとした業界の人が金銭苦からやらかした詐欺だったのか。映画の撮影スタッフや役者たちも騙されてたんだ。あれら全部が詐欺師だとすると、とんでもない大規模詐欺団になっちゃうもんなあ。
まったく、あれだけ飄々とみんなを騙して金かっぱらっていけるくらい演技が上手いなら、自分が役者やればいいのに。

さり気なく今回、結名さんが株あげまくってましたね。勝手に尻馬に乗ろうとして門前払い食らわされたのを根に持っていい気味だとせせら笑ってた連中に強烈な皮肉をカマし、緒花たちを心配して走って様子を見に来てくれたり。イイ子だなあ。
肝心の緒花たちは、あんまりダメージらしいものもなく、わりとさっぱりした様子。変に思い入れてたのは若旦那だけだったのか。まあ面白かったし楽しかったよ、とばかりにいい思い出にしちゃってるあたり、みんなタフだよねえ。
これで、給料減るよ? みたいな話になったら半狂乱になりそうだけどw

花咲くいろは 2 [Blu-ray]
花咲くいろは 2 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-08-17
売り上げランキング : 47


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第16話 あの空、この空  

花咲くいろは 第16話 あの空、この空

……え? これ、詐欺じゃないの?

似非コンサルタントのタカコーさんが今回持ってきた話は、なんと映画撮影。喜翠荘を舞台とした映画を撮って、宣伝につなげよう、とのこと。ただ、その為には出資が必要らしい……怪しすぎる。
映画の資金集めって詳しく知らないのだけれど、撮影の舞台となる場所にまで出資を求めるようなものなのか? 映画撮影に必要な資金と、喜翠荘みたいな小さな旅館が出せる金額には圧倒的な差額があると思うんだが、それにしては喜翠荘側の移行が反映されすぎてるんですよね。次郎丸さんが脚本書いたりとか。
だもんで、てっきり詐欺だと疑ってたら、普通に撮影はじまったよ!?
まさか撮影スタッフまで全員詐欺グループ? そうだとしても、スタッフも騙された口にしてもこれ、詐欺だとしたらとてつもない大規模なものなんじゃない? 

てっきり女将が止めるのかと思ったら、若旦那に全部任せた挙句に、自分も出演て、えーー。いや、これは映画監督志望だった息子の心境を慮って、のちのち経営を任せなければならない跡取りに実績を持たせるために任せるという判断が働いたのだ、と思いたいが……まさかと思うが女将も映画と聞いてノリノリになってしまったんじゃないかという疑いが抑えきれない!!
何しろこの女将、あの母と緒花の祖母である! 
全部まるっとおみとおしでぃ、と嘯きながらけっこうぽかする粗忽者、という可能性を否定出来ない!

なこちや徹さんはじめ、従業員もみんなノリノリだし、民子も呆れてはいるものの否定的というわけじゃなく、彼女もけっこうワクワクしているようだし……駄目だ、疑う人とか誰もいねえ。
これでホントに詐欺じゃなかったら凄いのだが、詐欺だとしたら喜翠荘終了のお知らせ、だよね。

にしても、映画撮影に何の問題もないくらいお客さんがいないんですね……はぁ。

花咲くいろは 2 [Blu-ray]
花咲くいろは 2 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-08-17
売り上げランキング : 50


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第15話 マメ、のち、晴れ  

花咲くいろは 第15話 マメ、のち、晴れ

いやいやいや、お客さんが手伝っちゃったらいかんでしょう(苦笑
これ、喜翠荘で同じ状況に陥った時、もしお客様から手伝いますよ、なんて申し出があったとしても、あの女将さんなら絶対受け入れないでしょうし、緒花だって自分たちで何とかしようとするんじゃないのかな。
お客様のことを第一に考える、という考え方は女将から散々仕込まれているはずなんだが、それが他の旅館にも当てはまるというのをこの子は思い至らなかったんだろうなあ。
善意からとは言え、手が足りないからお客様に手伝わせた、なんて話が広がれば、手が足りなくて仕事が遅れた場合よりも旅館としての信用が失われかねない危険性について考えてあげないと。

そもそも、ちゃんとバイト代もらったんだろうな、緒花たちは。というかあれは宿泊費返還じゃないのか。配膳をセルフサービスとか。
ちょっと驚いたのが、緒花が何気に人望ある風だったこと。彼女に頼まれて、みんなさして嫌な顔もせずに手伝ってくれるというのは、みんながいい子というだけじゃないでしょう。緒花って東京ではぼっちっぽかったし、あの性格からしてよっぽど親身に付き合わない限りはわりと嫌われるタイプだと思ってた、ごめんね。

さらりと結名の回でもあったのか。一緒にいる時間が増えれば増えるほど、緒花って否応なく影響及ぼすんだよなあ。結局結名の言う好きなことを仕事にしたらいい、というのはまだ働くという事がどういうことかを実感していない子が口にする希望に過ぎない。好きなことを仕事に、というのは確かにその通りだと思うんですけどね。でも、実際にそれを仕事にしてそのまま好きでいられるかはわからない。遠くから見ているだけではその事柄の表層しか見えないものですしね。少なくとも結名の言葉には、綺麗で綺羅びやかな部分しか見ていない軽さがあるようだった。ただ、この子は多かれ少なかれ自分でそれを自覚してたんでしょうね。でないと、若番頭の言葉にあんなに反応できないし、あんな風にきっちりと頑張る事なんて出来ない。或いはずっと彼女は自分が真剣に「好きなこと」を実感できる体験を探していたのかもしれない。それを覗ける場所が、思いがけないほど身近にある事に気づいていなかっただけで。
何にしろ、いい子ですよ、結名も。ちゃんと頑張れる子だ。

そう言えば、いつの間にか菜子もしっかりしてきましたね。緒花やみんこにてきぱきと指示する姿なんて仲居頭と見紛うばかり。菜子をこんなに頼もしいと思う日が来るとは。初回のあの対人恐怖症レベルの人見知りだった菜子からは想像もできん。

花咲くいろは お風呂ポスター
花咲くいろは お風呂ポスター
コスパ 2011-07-30
売り上げランキング : 815


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第14話 これが私の生きる道  

おっ、OP変わった! 2クール作品はやはり真ん中あたりでOPEDは変わって欲しいですよね。
というわけで修学旅行にカコつけての、初めての結名さん回。OPではメインの四人娘の一角を担いながら、その実今までは殆どチョイ役でしたからね。その割には結構な存在感でしたけど。

しかし今回の修学旅行で喜翠荘の従業員、三分の一が居なくなるのだがこれやってけるのだろうか。厨房に関してはミンチは見習いで居なくなっても支障なさそうだが。仲居さんも巴さん一人で回るのか。緒花が来るまでは巴さんと菜子の二人でやってたんだものね。どちらかが休みの時は一人でやってたはずだし。それとも、ヘルプのバイトさんでも雇ってるんだろうか。雇って無さそうだなあ。普通なら、臨時で出てくれる人は確保してると思うんだが。
あの人数でやりくりしている旅館って、ほんとちっちゃいよね。
その点、今回修学旅行で訪れた旅館は、これこそ大手といった感じ、なのだけれど中身はグダグダだ。だいたい従業員を叱っている場面を客に見えるところでやるなよ。イメージ悪いから。見てるこっちまで気分悪くなる。
たまにテレビ番組のドキュメントで飲食業だかでやたら従業員を叱りつけてウチはこんなに厳しくやってます、すごいでしょ、みたいに勘違いしている店とかあるけど、ああいうの見せられると私なんざ絶対あんな店行きたくないいと思うんだがなあ。
あの番頭さん、鉢巻に法被って、どこのアイドルオタクだよ、という格好で最初は危ない客が仲居さんに絡んでるのかと思ったよ。あれってフォーマルなのか? 喜翠荘の縁叔父さんもそう言えば法被来てたし。あっちは全然違和感感じ無かったけど。とりあえず鉢巻はやめれ。
とにかく従業員に対する態度もなってない。それ以前に客に対する態度もなってない。つまりろくでもない、ということで。お客である緒花たちに初見で舐めた態度とってくるって、接客業としてあかんだろう。
まあ仲居のバイトたちもバイトたちだけど、そこは事前に教育しておくのが筋ってものだろうし。客に不愉快な気分を味わわせることを何より避けないと……って、そう言えば一話じゃ喜翠荘でもろくに教育もウケずに緒花ちゃんがアレなことしてたなあw


ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.121 花咲くいろは 『鶴来 民子』
ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.121 花咲くいろは 『鶴来 民子』
ブシロード 2011-08-31
売り上げランキング : 742


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第12話 『じゃあな。』/第13話 四十万の女 〜傷心MIX〜  

なんかこうしてみると、恋愛って追いかけられたもの勝ちだな、と思えてくる。緒花の背中を足元おぼつかない様子で追いかけていた頃のコウちゃんはどこへ行ってしまったのか。今のコウちゃんと来たら、別人のように落ち着いていて、余裕があって、緒花を目で追っていない。緒花に対して必死じゃなくなった、というだけで何故こんなにもよそよそしく感じてしまうのだろう。別に素っ気なくしている訳でも、邪険にしている訳でもないのにね。ちゃんと緒花が飛び出してしまった時は追いかけてきてくれたし、緒花に対して優しく気を回してくれている。その姿はどこか大人びていて、カッコイイ。
それでも、かっこ悪くてもみっともなくても空回りしていても、緒花に対して一生懸命だった頃のコウちゃんの方が好きだった。
全部後の祭り。緒花の居場所は既に東京にはなく、お互いまだ多分好きだったにも関わらず、人生がすれ違ってしまったのだ。
緒花から、歩み寄ることはもう無いだろう。彼女が喜翠荘を選んだことは、13話で酔った口から本音で漏れている。彼女は自分の居場所を、もうそこだと決めたのだ。もし二人の人生がもう一度重なるとすれば、コウちゃんがこちらに来るしか無い。しかし、来たところでコウちゃんの居場所がコチラにあるかはわからない。緒花がぐずりながら、コウちゃんに迷惑かけらんない、と言っているのは、つまるところこっちに来てもらうとか、そんな無茶でリスクの多いことお願いなんて出来ない、という所なのだろう。本気になるほどワガママを言えない女なのである。

そういや、あのコウちゃん狙いの書店のバイトの女の子、ムチャクチャ言ってたなあ。フラれたくせに、フッた相手の好きな女に迷惑だから身を引けとは、何様だこのやろう。むかつくむかつく。
とはいえ、この女の十分の一ほどでいいから、民子にも女の気概を持って欲しいものだが、民子は民子で徹ラブのくせにそれと同じくらい今や緒花ラブだからなあ。むしろ民子の方が緒花よりも恋愛下手っぽい。そもそも人間関係立てるのからして下手っぽいもんな。


なんやかんやで里帰りに来てくれたママさん。この人、母親としては失格も失格で、緒花も母じゃなくて女として生きてる、とのたまっているが、意外と女同士で腹割って話す分には義理堅いし対等に接してくれる人なんですなあ。翻ってみてみると、それは緒花を孫扱いしないものの、ちゃんと一個人として扱ってくれる女将と相通じるところがある。変なところで似たもの三代だ。
そして、ママさんの旅館への指摘がいちいち適格で、対比でコンサルタント(笑)のタカコさんの酷さが余計に浮き彫りになる。
いつもどおり、どんなお客だろうと変わらず接客すること、と訓示をのたまいながら、でも自分は顔見たらぶち切れるから関わらないのであとよろしく、とぶっちゃける女将さんに笑った。この人、思いっきり自分を棚にあげやがったw
女将にママに緒花。三人揃っての酒盛りを見てると、この一家が女系だというのがよくわかる。ここに弟くんが入ってこれないのは仕方ないのだろうけど……情けないなあw
緒花が間に入った、という訳でもないのだけれど、おそらくふたりきりで再会してたなら、それこそ感情的にもつれてしまっていたかもしれない女将とママの再会は、二人とも余裕を持ってできて、和解なんて堅苦しい言葉を使うのもおこがましい、自然な空気感、家族としての一緒の空間が描けてて、うん、このシーンは見れて良かった。
ママは立ち去り際に、戻りたくなったらいつでも戻っておいでと言ってくれた。緒花の居場所はもう喜翠荘なのだけれど、それでも此処に居られなくなったらもう良く場所がない、という初期の後がないという感覚を思い出すなら、他に戻る場所があるというのは気持ち的にも助かりますよね。それが母親のところならなおさらに。

TVアニメーション「花咲くいろは」 オフィシャルガイド いろはのいろは
TVアニメーション「花咲くいろは」 オフィシャルガイド いろはのいろはスクウェア・エニックス

スクウェア・エニックス 2011-07-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第11話 夜に吼える  

あれ? 先週、お母さんと一緒に来ていた覆面記者っぽい人はなんだったんだろう?
何か別の伏線、ということになるんだろうか。例えば雑誌の特集のおかげで評判が落ちてしまった老舗旅館の名誉挽回してくれるような何かのキッカケになるとか。

まあそれは置いておくとして、理不尽なディスり記事に怒り心頭の緒花。彼女のお怒りも的外れでもなく、どうやら新興ホテルと其のお零れに与ろうというハイエナがうろついているようで、嫌な話である。
女将さんは泰然自若として構えているけれど、実際に悪意をもって陥れようとしてきているのであれば、無策でいるのはかなり不味いはず。まあこの女将さんの場合従業員には平常運転を心掛けるように言いながら、ちゃんとあれこれやってるかもしれないけれど。何気に地域全体の問題みたいだし。
尤も、それで納得できないのが緒花という少女である。だからと言って、雑誌社に殴りこみ、というのは……こ、怖い女だなあw とはいえ、その行動力は褒めるべきなのかもしれない。まず自分が動かなけりゃ何も始まらないし、動き出しもしない、というのは既に喜翠荘で示していますしね。何だかんだと女将もその辺、緒花の行動力は認めているフシがあるからなあ。
だがしかし、肝心のその記事を書いたのが母親だったと知れた日には……ヒドイ話だな、おい。仕事だからと割り切るのは当然かも知れないけどさ、社会人としては兎も角母親としては最低だよ、幾ら何でも。ただでさえ娘の養育放棄しておきながら、その預けた先に被害を与えるような仕事を請け負うって、そりゃ子供怒るよ、怒って当然だよ。そんな仕事で金稼いで養ってきたって言われても、緒花は養われる以上の子どもが与えられるべきものを与えられず、その上家事などで家庭を支えてきた事を考えるなら、そんな偉そうなこと言えないでしょう。家事も労働なんだぜ。だいたい、あんた男を選んで子供を放り出したじゃないか。
と、お母さんを悪者にしてしまえば楽なんだろうけど、そう単純な話じゃないんだ、と思いたい。ほんとに底から母親であることを捨ててるわけじゃないですしねえ。ちゃんと娘を娘として可愛がってますしねえ。でも、普通はグレると思うぞ。

母親との一件だけでも心のなかグチャグチャだろうに、そこにさらに孝ちゃんも絡んできて、ドロドロのベチャベチャである。甘酸っぱい関係だと思ってたら、男に女の影があったでありんす。ギクシャクした挙句に、自分が彼に対してひどく不誠実であったことに気付かされ、なんかもうわやくちゃ。一日で咀嚼するにはあまりにも濃厚すぎて、一人だとこのまま東京砂漠で野垂れ死にしそうな勢いだったので、絶好のタイミングで現れた民子とは抱きつきしがみつきもう結婚しちゃえよ、という感動である。さて、誰の指示で来たのやら。まさか徹さんが心配しすぎて車だしたのに民子が無理やりついてきたって構図でもないだろうけど。抱きつくのはやっぱり民子なのね。

花咲くいろは ホビロンTシャツ ブラック サイズ:L
花咲くいろは ホビロンTシャツ ブラック サイズ:L
コスパ 2011-07-25
売り上げランキング : 2186


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第10話 微熱  

過労により熱で倒れてしまった緒花。熱に浮かされ心細さに打ちひしがれる緒花と、そんな彼女を取り巻く喜翠荘の面々のとある一日。

取り敢えず、今や喜翠荘のみんなが緒花の事を大好きなのは良くわかった。少なくとも、みんなが倒れた緒花の分まで頑張ろう、と奮起するくらいには。最初はあんなに要らん子扱いだったのにねえ。ちゃんと扱ってくれたのって巴さんくらいじゃない。
どうも演出面が、熱に浮かされた緒花の視点を順守しているのか、時系列やらの脈絡が入り乱れててあっちこっちにフラフラしてたのは、見ているこちらまでふわふわと足元のおぼつかない変な気分にさせられてしまった。
緒花も気が弱っていたのか、自分の存在意義にまで思い耽ってしまってメソメソしてましたけど、あれだけみんなよって高って仕事の合間合間にお見舞いに来てくれるんだからよかったじゃないの。此処に来る前の母親と住んでた頃だったら、緒花はきっと一人ぼっちで寝こんでたんだろうし。病人食とか作ってもらったことあるんだろうか。喜翠荘に来る前はそうした孤独に耐性があった、というか一人でいる事を気にもとめない変な意味で浮世離れした所があった緒花だけれど、ここで心細く感じてしまうというのは、彼女にとってこれまでなかった居場所ができたって事なんでしょうなあ。
最初の扱いからどんな酷な生活を強いてくるのかと思った女将も、何だかんだと従業員としてだけじゃなくてちゃんと孫として見てくれてますし。先の入院した時といい、今回の寝込んでる緒花の様子を見に来た時といい、あれは女将としてだけじゃなくちゃんとお祖母ちゃんとしての優しい目でしたもんねえ。

さてもエラいことになってるのが徹さんですよ。兄さん、あんたもしかして高校一年生の子供にマジなのか? 過労で倒れたと聞いた時の徹さんの慌てっぷりが、なんともはや。
また豪勢な病人食まで作って、わざわざ手ずから食べさせに行くし。あの態度は、民子もわかっちゃうよなあ。これは複雑だ。肝心の民子からして、緒花に敵愾心を膨らます前にあの娘のことが大好きになってしまってるわけですし。何から勝手に一人で板挟みになってるよなあ、民子。それでも、このタイミングで緒花にあんなデレた顔を見せるとは思わなかった。民子から、あんたが居なきゃ、なんて言葉が出てくるなんてねえ。良かったねえ。

まあそれにもまして、なこちのデレっぷりがハンパないのですが。なにこのダダ甘お姉ちゃん。あんた、最初あんなに緒花のこと怖がって逃げまわってたのにw
いちいちテレビをつけて行く演出にはちょっと感心してしまった。細かいけど、あれって印象的。風邪っぴきで寝込んでる時は、そういえば音があったほうが安心できたっけかなあ。子供の頃はそんなだったと、言われてみればそう思う。

次郎丸さんは駄目だ。あれはなんとかしろw 病人に何を聞かせてるんだ、何を。

花咲くいろは お風呂ポスター
花咲くいろは お風呂ポスター
コスパ 2011-07-30
売り上げランキング : 211


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第9話 喜翆荘の一番長い日  


孝ちゃんがこれは不幸すぎる!! でも、ちゃんと緒花が挫けかけた時に助けてるんですよねえ。緒花からするとこれ、孝ちゃん様様で孝ちゃん株あがりまくってるはずなのに、肝心の孝ちゃんにはそれが伝わっていないと。もう少し自信持てよー。あと、旅行は計画的に。なんか孝ちゃんのバイト先の美人の眼鏡のお姉さんが意味深に登場したのを見る限り、孝ちゃんはそっちに流れちゃうのかなあ。

距離が離れたことで孝ちゃんは心の距離感も離れたような弱気になっているのとは裏腹に、緒花の方はむしろ一緒に居た頃よりも孝ちゃんの存在感が胸の中で増している。両方共離れていくのと比べたら随分マシなんだけれど、それでもこれもすれ違いの一つだよなあ。そして、そんな緒花に心惹かれていっている徹。お前が望むなら、ってそりゃあ同僚や先輩や上司の言葉じゃなくて「男」の言葉である。
民子のこともあるし、これは本格的に四角関係って事になるのか!? 今のところ、孝ちゃん緒花ライン以外は一方通行な訳であるが。

覆面記者はまさかの母娘連れ。あのコンサルタントほんとになんとかしろよ。というか、あの格好で客の前に出るって失礼じゃないのか?

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-07-20
売り上げランキング : 180


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第8話 走り出す  

花咲くいろは 第8話 走り出す

おい、このコンサルタント正気か!? 素人でもわかるくらいむちゃくちゃ言ってやがるぞ!? だいたい、次郎丸さんが探ってきた客が覆面記者かどうか分からないのに、間違ってたらどうするんだ。次郎丸さんだぞ!?
それに、サービスに差を付けてると知られたら、旅館として致命的。旅行雑誌の記者であって週刊誌の記者じゃないからまだマシかもしれないけど、情報はすぐに回るぞ。相手が記者じゃないとしても、サービスの悪さがお客さんを通じてネット上で散逸するかもしれないし。
ともかく、サービス業でサービスを蔑ろにしようという提案それ自体が狂ってる。このコンサルタント、絶対此処以外では業務してないよ。こんな仕事してたら干されるどころか訴えられるし。

暇だった所に突如常連の予約や飛び込みの客が集まり、なこちと徹が休みを取っていた事もあって喜翠荘は慌ただしい雰囲気に。張り切って自分も仲居をやる、と腕まくりしたとたん、発作で病院送りになる女将さん。若旦那に呼ばれて勇躍喜翠荘を破滅に追いやろうとするコンサルタント。実はプレッシャーに弱い小心者であることが発覚してしまった板長。
先週の巴さんのセリフじゃないけど、はい喜翠荘おわたー、状態である。
板長、こんなところで豆爺と並ぶ喜翠荘の萌えキャラだったことを暴露しなくていいから!! なんでこんな立派そうな料理人が、こんなうらぶれた旅館の板前やってるのかと不思議に思うこともあったのだけれど、そうか……これじゃあ重圧かかるような職場だと無理だな。巴さんも何だかんだと流されちゃってるし、駄目だこの旅館。しっかりした人がホントに居ねえ。女将さん居ないとジ・エンドだ。徹さんは口は悪いけど、あの人が一番しっかりしてるのか?
そんな喜翠荘滅亡カウントダウンに突入した中で、緒花が女将さんの代わりに奮起。いいなあ、此処にはいない女将さんの代わりに、喜翠荘の在り方を代弁する緒花、カッコイイわ頼もしいわ。あー、やっぱりこの娘以外次の女将はいないわー。消去法かもしれないがw
しかし、この娘のやり方は泥臭いなあ(苦笑 なこち、休みのところを呼び出されて嬉しそうなのはいいんだが、ちょとヘンタイっぽいぞ。

と、緒花が走りまわる一方で、ついにコウちゃん襲来。緒花が今回萎んでいた時にタイミングよく電話かけてきたり、とコウちゃんの存在は確かに緒花の力となり勇気を与えているんだけれど、なんかすれ違いフラグがひしひしと。徹さんを呼びに行った事が巧いことこんがらがりそうな伏線になってるよなあ。でも、コウちゃんにはよければ叔父さんクビにして、若旦那を交代して欲しいんですが。

花咲くいろは 8 [Blu-ray]
花咲くいろは 8 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2012-02-15
売り上げランキング : 295


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第7話 喜翆戦線異状なし  

第7話 喜翆戦線異状なし

新任当初の緒花など問題にならないくらいとんでもない事をしでかしながら、ぶん殴られるどころか尊敬される巴姉さん(爆笑
女将さん、全部わかってるぜー、みたいに意味深に見守ってたけど、普通はあかんやろ! あんな特殊なお客さんの接客に対する反応まで見抜いてるっていうのなら、女将さん凄いけどさ。
このサバゲー集団もなかなか意味のわからない団体さんやね。近場にサバゲー用のフィールドがあってそこで遊ぶ為に泊まりに来てるのかと思ったら、ずっと旅館の周りでサバゲーごっこしているだけだし。そもそも旅館の泊まって料理も食べないで戦闘糧食しか口にせえへんって……いや、そこまで拘るなら野営しぃやw

巴姉さん、公式ページで見たら年齢が28歳という事実を把握。あー、結構いってるんだ。25,6かな、と漠然と思ってたんですが、そうか28歳ならコスプレはちとキツいよなあ。いまどき28歳だったら婚期逃してる、という程でもないと思うんだが、友達全員もう結婚しちゃってるというのは確かにプレッシャー凄まじそうだ。
巴さんの中の人、能登さんって北陸の人だったのね。ネイティブの北陸弁が実に素晴らしかった。イントネーションの耳障りがすごくいいんですよね。今回は聞いてて惚れ惚れとしてしまったなあ。
実家ぐらしじゃなくて一人暮らし、というのもどういう経緯があって今の喜翆荘に勤めるようになったんだろう。通勤の様子を見ていると、住まいから職場までそれなりに離れてるみたいだし。出勤時間、あれ滅茶苦茶早そうなんだよなあ。まだ明け方以前の夜ってかんじだし。午前五時くらい? 喜翆荘に到着してるのが夜明けくらいで6時くらいにみえるし。
そもそも、喜翆荘って人が少なすぎる。毎年来る常連さんを知らなかったということは、菜子が仲居として勤めるようになってから一年経ってないという事だろうし、しばらく仲居は巴さん一人で回してた時期もあるということなんだろうか。

いずれにしても、今回はノリがはちゃめちゃで楽しかった。巴さんは巴さんで、後輩の菜子と緒花が可愛くて仕方ないというのが伝わってくるんだけど、実際イイ先輩ですよ。変に体育会系でもないですしねえ。

TVアニメ「花咲くいろは」イメージソング集 湯乃鷺リレイションズ
TVアニメ「花咲くいろは」イメージソング集 湯乃鷺リレイションズTVサントラ

ランティス 2011-06-08
売り上げランキング : 911


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第5話 涙の板前慕情  

第5話 涙の板前慕情

ホントに軽やかに地雷踏みぬいていく子だなあ、緒花さんは(爆笑
この子、前の学校でも友達居なかったんだろうな。なんかコゥちゃんしか親しい人いなかったっぽいしw
そのコゥちゃんも何度地雷を踏み抜かれたんだろう。この子、献身的というか微妙にM気がありそうだから、相性よかったのかしら。

というわけで、治郎丸さんがいらない事を言ったせいで、トオルちゃんがライバル旅館に引き抜かれる、という話に。少なくとも次郎丸さんが話しているときは「もしかして」という仮定の話だったにも関わらず、立ち聞きしていた民子が激昂して割り込んできた混乱を境にして、いつの間にかそれが「事実」として罷り通っている有様に思わず笑ってしまった。君ら、さっきまでそういう話しもあるかもしれないよ、という前提で話してたのに(苦笑
だいたい、なんで全員で風呂場の掃除してるんだよ。それは次郎丸さんの仕事であって、仲居も総出でデッキブラシで擦ってる場合じゃないでしょうに。こいつら、あんまり仕事してねえなw

挙句に、最終的に緒花がライバル旅館に単身乗り込む事態に。こらこら、思い込みの挙句に何をしでかしてやがるw 相手とこっちが本気で仲が悪い敵対的な関係だったら、緒花の行為は相当マズイことになってただろうに。ほんとに何をしでかすかわからん爆弾娘だなあ。しかし、何故かその行為がトオルの琴線に触れたようで……あれ? フラグ立った?
正直、民子のトオルへの思慕は、彼女が板前見習いとして雇ってもらった時にトオルに口をきいてもらった事など、ああ惚れても仕方ないなあ、という部分はあるんだけれど、残念ながらとても成就するような恋愛には見えないんですよね。あこがれが高じているだけに見える。トオルと民子じゃ、どうしても恋人という関係にはなれなさそう。少なくとも、民子が緒花に接しているような、いやそれはちょっと違うか、もっと自然な素の姿でトオルに接せるようになるまでは。でもそれって尊敬する先輩として崇める以上はまず無理なんだよなあ。

緒花、ようやくこぅちゃんにメールを返信する。長かったな、おい。コゥちゃん、なんか思いつめて旅行雑誌開いてるぞ!? もしかして、来襲するのか!?

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-07-20
売り上げランキング : 81


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


花咲くいろは 第4話 青鷺ラプソディー  

第4話(ニコニコ動画)

緒花の地雷踏破率が凄まじすぎるッ。なんでこいつは片っ端から一個も見逃さずに踏みぬいていくんだ。その華麗なコンボには思わず見惚れるほどであった。見惚れるってなんだよw
でも、ここまで来ると緒花の空気の嫁なさはもはや特技なのではないかとすら思えてくるな。

というわけで、うっすらと慕情編になってきた。結局のところ女どうしが打ち解ける一番の要素ははやり恋話という事なのか。一応、民子のトオルへの恋心が話の主体になってきているけれど、同じく緒花の方も身辺が落ち着いてきた途端に、東京に残してきたコゥちゃんへと想いを馳せるようになってきたしなあ。
しかしコゥちゃん、勝ち逃げならぬ告白逃げを打ってしまった有様からもっとヘタレた一方通行の片思いだったのかと思ったら、何気に甘酸っぱいことしてたんじゃないか。
最初、離れ離れになると分かったとき、緒花はコゥちゃんのこと特に何も意識していないあっさりとした様子だったので、全然脈無しだと思ってたのに、此処に来て思い出すのはコゥちゃんとのただの友達とは言えない甘酸っぱい思い出ばかり。ってか、メールの返信出してなかったのかよ。コゥちゃんだって勇気振り絞ってメール出しただろうに、返ってこなかったら凹むべえ。
ただ、メールを変身しない理由がどういう内容で送り返したらいいかわからないってんだから、もしかしたらこぅちゃんにとっては良いように回っているのか。完全にコゥちゃんのこと意識してるって事ですもんね。恋人居るのか、と聞かれて「コゥちゃんとはそんなんじゃないですよッ」とこの四話だけで二回も慌てて否定しているあたり、どこかでそうであったらよかったのに、と思っているところがあるって事ですしねえ。しかし、彼からの告白がきっかけだったとしても、ここまでコゥちゃんのことで度々物想いに耽るようになるとは思わなかったなあ。コゥちゃん関係の話は物語の導入における刺身のツマみたいなもので、それ以降はコゥちゃんの存在自体なかったかのように扱われるのかと思い込んでいた。
いずれ、コゥちゃん再登場もあるんだろうか。まさかとは思うが、次郎丸ルートなんてキワモノへと逸れる恐ろしい想像も。何しろ、かっこいい人と言われて即座に次郎丸が思い浮かぶあたり、緒花の趣向は少々アレなところがあるようだし。もしかして、男の趣味の悪さは母親譲りなのか? コゥちゃんもどっかアレなのか!?

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-07-20
売り上げランキング : 87


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第3話 ホビロン  

あれ? 朝の連続テレビ小説のつもりで見ていたら、いつの間にか火曜サスペンス劇場になっていたぞ!?
ちょっ、断崖絶壁の上に追いつめられて、みんなの前で罪を告白するって、様式美すぎるっ。さすがにその後海に飛び込んだケースは初めて観たように思うが。なんて斬新な! ……斬新なのか?

売れない小説家に監禁され、亀甲縛りの実験体にさせられる緒花15歳。この歳で、縛られる体験をする子はめったといないだろうなあ。普通に生きてたら体験できないことだろうし。その割に冷静というか平静なんだよね、緒花ちゃん。これも空気読んでないって事になるんだろうか。
その後も、縄から解放されたあとも騒がず逃げ出さずに、勝手に七転八倒してる小説家相手に、彼の書いたエロ小説を寸評したり……その年でエロ小説読むなよーw というか、なんだあの妄想は。ナノさん、胸でっけーー。

女将の指示で各部屋を掃除して回っている途中で、緒花の監禁が発覚して小説家の所業が明らかとなり、あとは逃亡する小説家を追いかけてのやたらとホノボノとしたカーチェイスを経ての、断崖絶壁の上での罪の告白シーンへと繋がるわけだけど……なんかもう、凄いわ。めちゃくちゃ面白い。なにこれ、心をズタズタに傷めつけるようなきっつい薄幸少女の奮戦記という当初の面影どこに言ったw 理不尽で上からしかモノを言わない怖い雰囲気が強かった年重の従業員さんたちも、一連の大騒ぎのお陰でみんなどこか天然で人のよい面白い人達、という印象に変化してしまったし、ノリが一気に陽気でポップになったなあ。
いやあ、笑った笑った。すんげえ面白かった。

何だかんだと同年代の二人とも、仲良くなったわけじゃないけどちゃんと向き合えるようになって、緒花も小説家の書いた自分のモデルの登場人物を通じて、この実家とも言える旅館で住み込みで働くようになって、それから自分がどうしたいのか、具体的な目的はともかく、これからここでやっていくためのモチベーション、漠然とした方向性は掴めたみたいだし、何より女将の婆ちゃんが緒花に対して決して無視も負の感情もいだいておらず、むしろ期待含みだというのが分かったのが大きいよ。これからは憂いなく明るい気持ちで見ていられそう。少なくとも、人間関係ギスギスすることがあっても、緒花がこれ以上悲惨な境遇になることはなさそうだし。最初が一番下だったからなあ。
なんにせよ、空気嫁なかろうがなんだろうが、あの子の強さはすでに輝いてると言っても過言じゃないくらいあたしにゃあ眩しいですよ。


あー、面白かった。これは傑作だわー。
コーちゃんとの仲、遠距離恋愛になったらいいのにのう。彼から来たメールを覗き込んで感慨にひたっている緒花の様子が、甘酸っぱい雰囲気がなかなかに心地良かったのでした。

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-07-20
売り上げランキング : 76


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第2話 復讐するは、まかないにあり  

やっべえ、この娘、めちゃくちゃカッチョええ!!
いずれ同い年の民子と菜子とは真正面から向き合わなきゃいけないんだろう、とは考えてましたけど、大概そういうイベントって、何かきっかけがあってなし崩しに距離感が僅かなりとも縮まるというステップの段階があるものなんですが、この緒花って子は偉いわ、凄いわ。偶然や流れによって生じるきっかけを座して待たず、自分から、敢えて自分からぶつかっていきやがった。まだ好感度あがるどころか、マイナス段階の状態なんですぜ。まともに世間話も出来てない状態なんですよ。仲良くなんて一切なってない。本音をぶつけるには、まだハードルが高すぎる段階だってのに。
悠長に待ってらんない状況だった、というのは理解できる。しかし、それを実行に移せるにはいったいどれだけの勇気が必要なのか。どれだけ仲良くなったって、本音でぶつかるってとてつもない勇気がいることなのに。
民子と菜子に、文字通り飛びかかっていった瞬間は、あれは惚れたわ〜〜。いやあ、一話観た段階で緒花ってこれまた凄いバイタリティのあるヒロインだとは思ってたけれど、こりゃ途方も無いわ。
確かに、もうちょっと落ち着け、とか勢いの良さ、頑張り方が空回りしてて周りをよく見ろ、と思うところも多々あるけど、というかあの性格って仲居さんの仕事にあってるのかは激しく疑問な所もあるのだけれど、あの叩かれても叩かれても潰れない「強さ」は、今の時代、じゃなくどの時代でも掛け替えのない資質だと思いますよ。
いやいや、これは気持ちのいい主人公があらわれたものだ。

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-07-20
売り上げランキング : 25


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

花咲くいろは 第1話 十六歳、春、まだつぼみ  


朝の連続テレビ小説、と言われてるの納得。いや、実際に連続テレビ小説って観たことないんだけど、だいたいのイメージってあるじゃあないですか。

何だかんだと、この主人公の女の子には頭がさがる。自分がやろうと決めたことなら幾ら辛くても、理不尽で納得できない仕打ちを受けても我慢して頑張れるかもしれないけど、いやそれでも尊敬に値するのですが、この娘は別に旅館で働く為に来た訳じゃないのですよ。シングルマザーの母親が付き合っている男性の借金による夜逃げに付き合って逃げてしまった挙句に、娘の彼女は祖母の所に丸投げ。高校入学と同時に見知らぬ土地に一人で来るハメになった彼女を祖母は歓迎するどころか、お前なんか孫じゃない、家には置いてやるからその分働け、とばかりに使用人扱い。まだ15歳ですよ、彼女。いくらなんでもこの仕打はないんじゃね? しかも、同い年らしい旅館の仲居と料理人の少女たちときたら、まともにコミュニケーションもとってくれない。
それでも、衣食住を保証してくれるのだからと与えられた仕事を頑張り、同僚の娘たちと何とか仲良くなろうと立ち回ったら、裏目に出て宿泊客に迷惑をかけてしまい大騒動に。同い年の娘には仕事をナメるな! と怒鳴られるわ、祖母には引っぱたかれるわ。知らんがなそんなん。そら、働かされるなんぞ思ってなかったろうから心構えなんか出来てなかったろうし、そもそも教育も何も受けてないんだからやっちゃいけない事とやっていいことの区別もつかんでしょう。まだこの娘、自分が職場で寝起きしている、という意識ないんだから。ばあちゃんの家に来た、というつもりで来てまだ一日経ってないんだから。
境遇がキツすぎて、ちょっと貰い泣きしそうだ。これで辛いから逃げられるならまだいいんだが、この娘の場合行くところも無いわけだし。普通メゲますよ。凹みますよ。萎びますよ。
なのにこの緒花ちゃん、へこたれないんですよ。めっちゃ頑張るんですよ。自分がやらかしたことで本来関係の無い民子が叱られるのに義憤して、彼女をひっぱたくなら自分もひっぱたけ! と毅然と宣う気の強さ。もう彼女からしたら理不尽の連続にも関わらず、ちょっと泣きながらも雄叫びあげながら雑巾がけするその姿に、またも泣きそうになってしまった。

緒花頑張れ、ちょー頑張れ。これは応援せざるを得ないッ(涙


しかしこれ、背景から何から異様に綺麗だと思ったら、P.A. Worksの仕事だったのか。いや、なるほどさすがだわ。true tearsからさらにレベルあがってる感じ。見てて引き込まれるほど惚れ惚れするわー。

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2011-07-20
売り上げランキング : 88


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

6月2日

冬瀬
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


灰島 シゲル
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


あざね
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


トルトネン
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


shiryu
(Kラノベブックスf)
Amazon Kindle B☆W


水仙 あきら
(Kラノベブックスf)
Amazon Kindle B☆W


嶋野 夕陽
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


タンサン
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


月夜乃 古狸
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

6月1日

たかた
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


明治 サブ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


慶野 由志
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


黒雪 ゆきは
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


望 公太
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


脇岡こなつ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


心音 ゆるり
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


たすろう
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


レオナールD
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


水口敬文
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


羊思尚生
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ときたま
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


農民ヤズー
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


午前の緑茶
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


結石
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


真丸イノ/ぷにちゃん
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


hi8mugi/柏てん
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


狩野アユミ/小田ヒロ
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


わかさこばと/春の日びより
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴華/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


じゃが
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


得能正太郎
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


柳原満月
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


板垣ハコ/手島史詞
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瀬菜モナコ/かたなかじ
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月31日

川井昂
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月30日

Kindle B☆W


ジェームズ・リッチマン
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


てん てんこ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


百黒 雅
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


アトハ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


槻影
(GCノベルズ)
Amazon B☆W


樋辻臥命
(GCノベルズ)
Amazon B☆W

5月29日

重野なおき
(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


清水栄一/下口智裕 (ヒーローズコミックス) Amazon Kindle B☆W


朱白あおい/半月板損傷
(ヒーローズコミックス わいるど)
Amazon Kindle B☆W


富士防人/外岡馬骨
(ヒーローズコミックス わいるど)
Amazon Kindle B☆W


重野なおき
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W

5月26日

尾野凛/たかた
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


坂野杏梨/逢沢大介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


騎羽こうじ/瀬尾優梨
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


伊勢海老ボイル/慶野由志
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ワタナベ タカシ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


絢瀬あとり/九頭七尾
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東大路ムツキ/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


和ヶ原聡司/柊暁生
(電撃コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木快
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


いみぎむる/ Spider Lily
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


石坂ケンタ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


加藤陽一/スメラギ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


芽々ノ圭/ほえ太郎
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


七沢またり/堤りん
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ななつ藤
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


多門結之/Sin Guilty
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


サラマンダ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


えのき
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Team RWBY Project/スエカネクミコ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ノッツ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

白梅ナズナ/まきぶろ
(comic LAKE)
Amazon Kindle B☆W


葦尾乱平/涼樹悠樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


奈々鎌土/名無しの権兵衛
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


アイサコ/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


左藤圭右/割内タリサ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しゅにち/友橋かめつ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろいはくと/大崎アイル
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/青木翔吾
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/黒瀬浩介
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/マツセダイチ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/関根光太郎
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次/海法紀光
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次/海法紀光
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タナカトモ/諸星サロ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ルーカスフィルム/大沢祐輔
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


星河だんぱ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/栄田健人
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


涼樹悠樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


岸本和葉
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


しば犬部隊
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


鴨山兄助
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


KAZU
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


星野星野
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


岡沢六十四
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ラストシンデレラ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


五月 什一/原作・監修:なきそ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


岩波零
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


十文字青/原作・プロデュース:Eve
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鈴木 大輔
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鳳乃一真/原作:Liars Alliance
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


十文字 青
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


綾束 乙
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


3人目のどっぺる
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


七沢 またり
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


新巻 へもん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


夜州
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


Y.A
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


百均
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


紺染幸
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


高岡 未来
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


仁科 裕貴
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月23日

小野はるか
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


クレハ
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


円城寺 忍/監修:天狼プロダクション
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


冲方 丁
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W

5月22日

田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


嶋水えけ
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

やしろ
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


こまるん
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


流石ユユシタ
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


西の果てのぺろ。
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


永野水貴
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月19日

超法規的かえる
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


らいと
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


大楽 絢太/原作・監修:タツノコプロ
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


来生 直紀
(富士見ファンタジア文庫
Amazon Kindle B☆W


初美 陽一
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


亜逸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏乃実
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


冬目景
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


キナミブンタ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


安田剛助/藤島真ノ介
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


黒イ森/島崎 無印
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


多田大我
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


立華凪/大寺義史
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高橋慶太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


mogi
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月18日

カミツキレイニー
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


中西 鼎
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


立川浦々
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


吉野 憂
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


サイトウケンジ/波多ヒロ
(チャンピオンREDコミックス) Amazon Kindle B☆W


吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ねこぐち
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月17日

西尾 維新
(講談社BOX)
Amazon Kindle B☆W


蒼月 海里
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


左リュウ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


茨木野
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


おとら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W

5月16日

西尾 維新
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月15日

友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


尼野 ゆたか/原案:佐々木 禎子
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


硯 朱華
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


三上康明
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


干野ワニ
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


空地大乃
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


池中織奈
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月12日

島本和彦
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ゆきの
(夜サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伏見ダイキ
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


堂本裕貴
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


ヨウハ/SCRAP
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


小山愛子
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七尾ナナキ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瑚澄遊智/漂月
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


森みさき/森下りんご
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


持崎湯葉
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


あずみ朔也
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


小林湖底
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


路紬
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月11日

朝倉亮介
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中吉虎吉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音/朱里
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


谷川ニコ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W

5月10日

佐島 勤
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬
(電撃文庫)
Amazon B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


三枝零一
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


杉井 光
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鏡 遊
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


比嘉智康
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


谷山走太
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


南野 海風
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


水野 藍雷
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


原純
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


リュート
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


香月美夜
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


赤野用介
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


雨川透子
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


ニシキギ・カエデ
(TOブックスラノベ)
Amazon Kindle B☆W


わんた
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


馬路まんじ
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


まゆらん
(ツギクルブックス)
Amazon Kindle B☆W


千嶌オワリ/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


湯水快/山座一心
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W
5月9日

サイトウケンジ/奈央晃徳
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


羽仁倉雲/アロハ座長
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


堺しょうきち/白井ムク
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


橿原まどか
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


シンジョウタクヤ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


三簾真也
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤチモト/resn
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


園原アオ/割田コマ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


冬葉つがる/友麻碧
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


秋月煌介/鈴木市規
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


錬金王/五色安未
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


川上泰樹/伏瀬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


カジカ航/伏瀬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


片岡人生/近藤一馬
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ナナシ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月8日

二階堂幸
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


桑原太矩
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


比村奇石
(プレミアムKC)
Amazon Kindle B☆W


比村奇石
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ずいの/系山冏
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


パミラ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ブラック木蓮/郊外の某
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

ケンノジ/松浦はこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


伊崎喬助/無望菜志
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


南野海風/古代甲
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


白石新/さめだ小判
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


坂木持丸/つきやまなみき
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


小鈴危一/しらび
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


相崎壁際/四季ムツコ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


クール教信者
(まんがタイムコミックス)
Amazon Kindle B☆W


きたむらましゅう
(まんがタイムコミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月5日

Kindle B☆W

5月2日

金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


浅野りん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


三上康明/田中インサイダー
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


縞野やえ/MB
(角川単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


助野嘉昭
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


馬渕朝子/安藤コウヘイ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


yatoyato
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


上月ヲサム
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


橋本悠
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


仲間只一
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/岩崎優次
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三浦糀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マポロ3号
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


住吉九
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊於/下城米雪
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


せるげい/くまなの
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


火狩 けい
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ちると
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


神ノ木 真紅
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


よしふみ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


葵すもも
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


天池 のぞむ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


守雨
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

5月1日

ののあ
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


太陽ひかる
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


南野海風
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


マチバリ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


海野アロイ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


まきぶろ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索