蔓木鋼音

ヴァルキリーワークス 4 3   

ヴァルキリーワークス 4 (GA文庫)

【ヴァルキリーワークス 4】 逢空万太/蔓木鋼音 GA文庫

Amazon

ラブラブ駄ルキリーワークス第4弾!

「わたしは別に、リキの赤ちゃんなんて……赤ちゃん……リキの……」
自分で言って想像してしまったのか、フェルスズは真っ赤になってしまう。理樹とゆかいな仲間達の日常は、今日も絶賛平常運行中だ。プールにお風呂に学校にと、総食系男子のリビドーは止(とど)まることを知らない。

「見ーっけた」

だがそんな日常も、再び現れたヴァルトラウテによって破られるのだった。背後に暗躍するフードマン、そして理樹に《鋼鐵粉砕》の秘石を託す謎の戦乙女、それぞれの思惑が絡み合う。

「少年君。切り札――持ってるよね?」
「ええ――ちょっと忙しいですよ」

二人で一人のヴァルキリーアクションコメディ、怒涛の第四弾!!
科乃さんが好みのドストライクすぎて、参りましたーーっ!
これまで出てきたヴァルキリーたちは、フェル子にしても馬子にしても剣子にしても、基本的にお馬鹿でリキにいいように弄ばれるのがお仕事の子たちだったわけですけれど、その中で科乃さんは待ち望んでいたリキを窘めることができる上に、ヴァルキリーを愛でつつ統制できる管理者権限の持ち主だったわけです。
基本的にハーレムというのは、ヒロイン側にボス格がいないとかなりグダグダになっちゃうんですよね。普通、男の側に全権をもたせるとろくな事にならないですし。
ただ、この作品の場合肝心のリキが、欲望に忠実で狡猾なわりにヒロイン側のメンタルフォローに長けているので、案外全部彼に任せちゃっても上手くまわる可能性は非常に高いと思うのだけれど、こいつ本当に自重しないので尋常でない爛れ方をしかねない結末になりそうなんですよね。フェル子たちって、総じて「ペット」的なところがあるし。
その点、科乃さんはリキをちゃんと叱れる人材で(怒る、じゃないのがポイント)、唯一家庭、もしくはハーレムを切り盛りできる逸材で、事実上の正妻ポジション、というよりも女主人の役割を担える人なんですよね。これが出来る人が今まで居なかっただけに、科乃さんの重要度はとてつもなく大きいです。
その上で、リキの乱行を窘めながらも、時折擽るような力加減でヤキモチを焼いてみせるその絶妙の可愛さ加減。最高です。
これまで正体を明かさずに居るときは、きっちり距離を開けていて、こういうかわいい面は一切出さずにクラスメイトという立場を順守していたのですが、気持ちを通じ合わせてからの、あのヒラリとチラ見せするように飾らない素の感情を垣間見せてくるところは、何気に女としての技量も感じさせてくれていいんですよね。駆け引きしているつもりがあるのかはわかりませんけれど、フェル子さんを始めとしてみんな純真無垢に自分の中身をぶちまけてイイ顔している子たちばかりだったので、科乃さんみたいなのはやっぱり新鮮なのですよ。
糸目系のキャラクターだったのもツボ入りまくりです。この手の子はなかなか本音見せてくれずに、そもそもメインヒロインにならないタイプばかりなものですから、科乃さんがガッツリ味方でありリキたちの支え役に回ってくれたのは嬉しかったなあ。

とまあ、ヴァルキリーサイドでもゲームマスター側で働いていた科乃さんが、色々と事情を証してくれたことで、状況も徐々に進展していくことに。フェル子さんが誰も正体を知らない謎の存在、ということは今のところそれ以上の事は何もわかっていないのだけれど、世界が大混乱に陥ってない理由や、そもそも何人のヴァルキリーが今回の一件に参加しているのか、などもわかってきましたし、さらにこっそりと接触してくる謎のヴァルキリーなどもあり、じわじわと本筋に突入してきた感じ。
ヴァルトラウテについては予想通りを通り越して、ちょっとチョロすぎんじゃね!? と叫んでしまうくらいチョロかったわけですけれど、さすがにその後の展開は度肝を抜かれました。いやいや、これってそんな深刻なお話じゃなかったですよね? さすがに、チョロすぎて制裁くらったのか!?

ところで、ノルマであるはずの、ゲットしたヴァルキリーは必ずリキと一緒にお風呂に入らなきゃいけない、という展開が科乃さんについては見当たらなかったんですけれど! 水着なんかにゃ、騙されなから!!
科乃さんの代わりに、ママさんとお風呂入ってイチャイチャしている件について。こ、こいつガチだ。

1巻 2巻 3巻感想

よろず屋退魔士の返済計画 3.時を越えた再会4   

よろず屋退魔士の返済計画 3 時を越えた再会 (オーバーラップ文庫)

【よろず屋退魔士の返済計画 3.時を越えた再会】 SOW/蔓木鋼音 オーバーラップ文庫

Amazon

過去からの依頼、よろず屋退魔士最大のミッション開始!

「おう、我が息子よ、久しぶりだなぁ! 」
今日も借金返済に励む狗朗とみぎりの元に借金の原因を作った追儺獅郎が帰ってきた。これまでの恨みをぶつける狗朗に対し、獅郎はある人物からの依頼を持ってきたという。渡された手紙を開くと封印されていた術が発動し、二人はなんと過去の世界に飛ばされてしまう。
20年前の東京で困惑する彼らの前に現れたのは、死んだはずの狗朗の母親、神堂杏花だった。杏花が持っていたトランクには狗朗とみぎりを過去へと飛ばした術と同じ封印が施されていたのだった。
借金返済コメディ、今度は過去からの依頼に挑む!
運命って言葉、最近はネガティブな意味合いで使われる事が多くって、「運命を打ち破れ」みたいな立ち向かうべき壁、或いは檻のようなものとして捉えられてるじゃないですか。でも、本来「運命」という言葉はもっと素敵で晴れやかでキラキラと輝いているものだったんじゃないかな、と思うのです。無数にあるはずの選択を消し去り、決まった結末へと収束していく、終わりへと至る「運命」ではなく……出会いであり再開であり、そこから無限に広がっていく起点となるべき始まりとなる「運命」。
「運命」とはきっと、祝福された奇跡のことなんだろう。それも、ただ与えられるものではなく、連なり積み上げ紡ぎ上げた想いの結実として、産まれい出たるモノなのだと……この狗朗とみぎりの運命の物語を読んで、熟とそう願ったのでした。
きっとこれは、終わりへと至るはずだった運命が、始まりへと生まれ変わる偉大な恋の物語。
元々、狗朗とみぎりの関係って凄く特別感が漂っていたんですよね。ただの女性上位の幼馴染関係、というには新堂本家に行ってしまった狗朗を、みぎりは七年間も誰も帰ってこない家で待ち続けていた、というみぎりの姿が普段の行動的で活力が漲っていて腹に一物も二物も抱えている腹黒で、常に一手二手先を読んでいる聡明さとは裏腹で、その愚直で一途で想い人の帰還をじっとじっと耐えて待ち続ける女という姿とのギャップがみぎりという少女のキャラクターに一言で言い表せない情の深さを纏わせることに成功していたように思う。
普段は狗朗を顎でこき使い傍若無人なくらいに振舞っている彼女だけれど、その根底には彼に対して自分の人生をまるごと捧げて悔いる事がないだろう一途さと献身が垣間見えて、もう一方の狗朗のみぎりに対する深い信愛、それこそ命を彼女のために費やす事に何のためらいも抱かないような、大切にしようという気持ちと相まって、この二人のカップルは普段のドタバタな関係からは想像できないくらい深く深く結びついていて、傍から見ていても、時々思わずドキッとするような奈落に片足を突っ込んでいるような、触れてはいけない神聖さすら感じるような絆を感じさせるものがあったわけです。
私は、二人のこの表層は軽々として、しかし深いところでは侵し難いほど通じ合い捧げあった関係が大好きでねえ、近年読んだ本の中でも特別好きなカップルの一つでした。
でも、果たしてこの二人にこれほどの想いが生まれた発端は何だったのか、あのみぎりが、七年という時を待つことに費やすほどの気持ちはどこから生まれたものなのか。そういうものだと疑問にも思わなかったのだけれど、どうやら二人のつながりにはきちんとした理由があり、奇跡があり、つまり二人にはちゃんと掴みとった運命があったのです。そのすべてが明かされるのがこの物語。過去から未来へと繋がる、運命の恋の物語。
その詳細は本編を参照してもらうとして、私はますますこの二人のことを好きになりましたよ。運命によって結ばれる、とは他人任せに聞こえるけれど、彼らの場合は決して誰かから与えられた決まりきった結末ではなく、正気を失うほどに求めて渇望して足掻いて苦しんでそれでも追い求めた果てのことであり、同時にそんな過去からの想いとは棚を別にして、今を生きる狗朗とみぎりが改めて自分たちで始めた関係であり、七年という十代の少女にとっては人生の大半を費やして、待って待って待ち焦がれた果てに取り戻した再会の運命であり、神堂杏花と追儺獅郎というロミオとジュリエットが全霊を賭して掴みとった末に生まれた愛の結晶なのである。
過去からの想いがあってこそ生まれたものであり、しかし過去に縛られない未来の始まりとして生じた「運命」。
そんな二人の運命に、目いっぱいの祝福を。彼らのこれからが幸せでありますように。とても、素敵な物語でした。

1巻 2巻感想

ヴァルキリーワークス 3 4   

ヴァルキリーワークス 3 (GA文庫)

【ヴァルキリーワークス 3】 逢空万太/蔓木鋼音 GA文庫

Amazon

二人で一人のヴァルキリー第三弾!

「私は……理樹殿が望むのでしたら、はしたなく喘いでも……」
理樹の下にまた一人、戦乙女がやってきた。大神家に束の間、滞在する事になった《白き駿馬》ロスヴァイセ。
理樹と混浴しようとしたり、寝床に迫る様子を見て、フェルスズは気が気でない。そんな愛すべき少女達とお肌の触れ合いをしたり休日にはデートしたりと、人生を謳歌する理樹。
だが、そんな安息の日々も長くは続かなかった。
また新たな戦乙女が目の前に現れたのだ。しかも彼女は神威を実体化させて問答無用で襲いかかってきて――!?

「フェル子さん、僕と結婚してください」
「えぅぅっ!?」
二人で一人のヴァルキリーアクションコメディ、第三弾!!
馬ルキリー……あれ? 発音的には合ってるのか。理樹に馬子呼ばわりされて怒るどころか、理樹のお母さんに「馬子です!」と元気よく自己紹介する始末のロスヴァイセさん。頭部が馬面で馬頭だった頃はけんもほろろの扱いだったくせに、美人になって帰ってきた途端に手のひらを返す理樹くんは、とてもナイスガイだと思います。
でも馬子さん、馬頭だった時はヤンデレ風味に危ない感じの人だったのに、美人になって戻ってきたら微妙に人間性もまともになってたような気がするぞ。残念ではあるものの、剣子さんみたいに壊れてないし、むしろ恋愛方面以外では理知的で世話好き、フェルスズに対しても後輩として凄く気を配って面倒みてくれてたし。こんなにフェル子さんに気を使ってくれるヴァルキリーは初めてなんじゃないだろうか。いや、ヴァルキリーこれまでフェル子さんと剣子さんと馬子さんしか出てなかったけどさ。あれだけ理樹に対して夢中になっていながら、ヴァルキリーとしてのお仕事については蔑ろにするつもりはなく、むしろ勤勉だったりするところは好印象ですし、それでいながらイレギュラーなフェル子さんを、お姉さんとして導き、また彼女を攻撃する存在からは守ろうとしてくれましたし、あれ? なんか凄くイイヒロインだぞ? 
しかし、そうなると何気にただのイイ人枠に入ってしまいそうなのが微妙にかわいそうなところ。そう、今回についてはある意味メインヒロインなんじゃないか、という超強力な存在が登場してしまいましたからね。
今のところ剣子さん含めても、理樹の本命……てか、この少年は片っ端から見境なく喰っちゃうつもりなので、本命という概念があるのか定かではないのですが、一番ペロペロしてるのはフェル子さんだったんですが、実際彼の奔放なセクハラを以前から常々受け止めていて、やんわりあしらっていた、理樹とバッチリ息のあった夫婦めいた雰囲気すら醸し出していた存在が既に居たりするのです。彼女については、しかしヴァルキリー関連の事情からは距離を置いていることもあってか、あれだけ息があっていながらもヒロインとしては弱い立場にあったんですが……そういった配置の問題をいっぺんにひっくり返す展開が待っていたわけで……。フェルスズさん、大ピンチですよ、大ピンチ!! 馬子さんに嫉妬してる場合じゃありません!!
いや、積極的でバリアフリーな馬子さんに対抗して、ついついいつもよりも理樹のセクハラを許しちゃってるフェル子さんのチョロさ、弄られやすさはそれはそれでOKなんですけど。存分に嫉妬して自爆してください、と言いたいのですけれど。
しかし、馬子さんの説明と謎の存在の介入によって、どうやらフェル子さんのイレギュラー度はまあ別にいいじゃん、と流してしまうわけにはいかないレベルのようで。なにしろ、いつもなら見境なく現れたヴァルキリーを手篭めにしてしまう理樹くんが、今回は何もせずに追い返しちゃうほどだったもんなあ。いや、まあ既に直前に大物を釣り上げて大満足していたから、という可能性もあるけれど。
……どうやら、ヴァルキリーをゲットするたびに一緒にお風呂に入るのはノルマのようなので(今回もキッチリ馬子さんとお風呂あります)、次の巻ではちゃんと弓子さんとも入浴するんですよね。入浴するのは義務なのです。彼女相手はこれまでの娘たちと比べても、ドキドキ度がかなり上昇方向に変わってくると思うんですけど。これまでうまく流されてきたのが流しきれなくなった時にどうなるのか、いやいや困りましたねえ!!

1巻 2巻感想

ヴァルキリーワークス 2 4   

ヴァルキリーワークス 2 (GA文庫)

【ヴァルキリーワークス 2】  逢空万太/蔓木鋼音 GA文庫

Amazon

神威を回収する理樹とフェル子に新たな敵!?

「ああ……グラムかっこいいなぁ……。欲しいなぁ……敵をぷすってしたいなぁ……
きっと血と汗と涙を垂れ流しながら無様にのたうち回るんだろうなぁ……」
「リキぃ! あの人怖いですよぅっ! 」
――二人の前に現れた、新たな戦乙女の目的は!?

「また新しいヴァルキリー……!?」
鮮やかな赤色の髪。
吊り目がちなその表情は、美醜で言えば大変に美しいが、気の強さがありありと滲み出ていて、人が寄り付かなさそうな雰囲気を醸し出している少女である。
「あなたは誰さんですか?」
「あんたらに名乗る名前なんてないわよ! 」 「あ、じゃあ勝手に名前付けますね。『もりそば』か『うおのめ』か、どっちがいいです?」
「どっちもよくねーわよ何でその二つなのよ! 」
人間界へと散らばった神威を回収するフェル子と理樹の前に現れた新たな戦乙女の狙いとは!?

二人で一人の合体 ヴァルキリー物語!
理樹くんはフェル子さんに夢中だから、他のヴァルキリーが出てきてもあまり食指を動かさないんじゃないか、なんて妄想をしていた時期もありました。
この肉欲系男子がそんな躊躇などするはずもなし!!
今度の犠牲者、ぺろりと食べられてしまう羊さんは剣子さん。剣子さんって、シュヴェルトライテという本名お陰でさっぱり覚えられんよ!! にしても、理樹くんわりと見境なしだ!! 気絶してる女の子の胸をとりあえず揉む、とか普通に犯罪ですから! フェル子さんも口八丁に騙されてないで、普通倒れてる女の子の胸を揉むのはエロ目的であってまっさ〜ジとかじゃないですから。なんでこの子、素直に言われたこと納得しちゃうんだろう、こういう純真なところ可愛いなあ。しかも、剣子さんにちょっかいをかける理樹くんに一番に構われなくなってジリジリと嫉妬してしまうフェル子さん。あーた、構われるということはセクハラされるということなのに、いいんですか? いいんですね? むしろ、セクハラしてください、というもっとしてくださいオーラがひしひしと漏れでていて、何この娘、エロくね?
この、嫌々でも積極的でもない、騙されてる、口車に乗せられてしまってわけわからないままオープン全開、というのがいいんだよなあ、フェル子さん。
一方の新キャラの剣子さんも、強気一辺倒でありながらこの人も頭が残念でうまく回らない人なので、理樹くんに言いくるめられて、ハテナマークが飛び交いながらもウンウンと頷いてOK出してしまうタイプ。こちらもまた駄ルキリー全開です。だからどうして、お風呂に入浴中に押し入られながら言いくるめられて一緒に入っちゃうんだ、このヴァルキリーたちは(苦笑
にしてっも、これだけ好き放題やっておきながら、まるで嫌な感じがしない主人公の理樹くんが凄まじい。この子、ほんとに肉欲に任せて攻め攻めひたすらに攻め、というやりたい放題なのに、臭みがないというか粘性がないというか、強引さがなくてさらっとしてるんですよね。ついつい、フェル子さんも剣子さんも警戒心を抱けずに体をひらいちゃうのもわからなくもない。怒るに怒りきれないうちに爛れてきてしまってます、あいやー。これがジゴロというやつですか。もう敬服します。尊敬の念をいだきます。
話のほうも、フェル子さんが何気に謎の存在であることが発覚したり、脅威の馬頭さんがガチヒロインとして舞い戻ってきたり、と進展があるのかないのかわからないなりに進んでいるようで、でもそれはそれとして安定の理樹くんのエロエロセクハラ魔神っぷりが楽しくて仕方ない。
ほんとに食べちゃってもいいんですよ? フェル子さん的にももう狼狽えながらも絶賛OKサイン出しまくり中ですし。

1巻感想

ヴァルキリーワークス3   

ヴァルキリーワークス (GA文庫)

【ヴァルキリーワークス】  逢空万太/蔓木鋼音 GA文庫

Amazon

「それじゃ――キス、しましょうか」

理樹が出会ったのは一人の戦乙女(ヴァルキリー)だった。
神界より「神威の回収」のためやってきた彼女は、一生懸命だがどうにも不器用で……。
『這いよれ! ニャル子さん』の著者が新たに紡ぐ、残念系駄目ヴァルキリー――駄ルキリーと少年の、出会いと戦いの物語。

「それじゃ――キス、しましょうか」
「いきなりですか!?」
驚愕に目を見開くフェルスズ。
「フェル子さん一人であのでかいのに勝てます?」「それは、その……か、勝てますとも! 」
「本当に?」「……多分」「本当に?」「……」

理樹が迷い込んだのは色彩を失った世界。そこに一人、色を纏う少女の存在があった。彼女の名はフェルスズ――「戦乙女」なのだという。彼女との出会いで、理樹の平穏な日常は崩壊し、知られざるこの世の真実に触れることとなる。

「舌入れていいですか?」
「駄目ですっ! 」

――そして。
はじめての、がったい。

駄ルキリーと少年が織り成すアクション×ラブコメディが開幕!
この主人公、勇者だろう! うははは、すげえすげえ、何という肉欲系男子。肉食型草食獣。自分に正直すぎて、逆にかっこ良く思えてきた。世の中、ヘタレ主人公が多すぎる中で、この理樹くんは勇者すぎる。なんという躊躇の無さ、迷いなくセクハラし、しかも嫌がられないというスマートさ。これは、男としてもしかして尊敬するべきなのか? というか、尊敬します。あんた、すげえですよ。
口が上手いのか、雰囲気に下品さがないからか、普通のエロ小僧と違って女性受けは悪くないんですよね。それどころか、むしろ喜ばれてる? 日常会話で「おっぱい揉ませてください」とクラスメイトに挨拶して嫌われないとか。これ、わりとガチでそのまま押せ押せで行ってたらそのうち仕方ないなあ、となりそうで参りますね。
そして、実際押し切られてしまったのが駄ルキリーのフェル子さん。正直、フェル子さんぐらいのダメっ子なら、それほど珍しくもないんですよね。色々と無能な部分の多いフェル子さんですけれど、言うほど何からなにまでダメって感じでもないのです。それが、これほど残念系に見えてしまうのは、理樹くんの口車に良いように乗せられて、言われるがまま乗せられるがまま餌付けされるがまま好きなように弄ばれてしまっているからでしょう。
出会って速攻で気を失っている間に自宅にお持ち帰りされて、胸を揉まれて、キスされて、ベロチューまでされて、自宅に囲われて、お風呂に同伴させられ、同じ部屋に寝泊まりするように強要され、さりげに同衾までさせられて、と僅か一巻で完全に囲い込まれてしまった囚われのフェル子さん。
この男、マジで狙ってます。チャンスがあったらガチで食っちゃうつもりです。そして、この男、いざとなってもヘタレる要素は皆無です。チャンスがあったらという受け身じゃなくて、自ら狡猾にチャンスを用意し、有無を言わせず頷かせる押しの強さを誇るドSです。そして、この駄ルキリー、押せば押すだけ受け入れちゃうドMです。
あかん、止める要素が何処にもない! 理樹くんのお母さんからして、理樹くんを全力でサポートするつもりですから、母子協力してフェル子さんを食べちゃおう計画を進行させてますから、理樹くんの家に滞在している以上、もはやフェル子さんは蜘蛛の巣に囚われているようなものです。もう、食べられるのを待つのみ。
次の巻あたりでフェル子さんのお腹に新しい命が宿っていても、もう何の不思議もありませんからね!
ああ、ひたすら弄られるフェル子さんが、可愛すぎる。あのイジめてオーラは逸材の一言だわなあ。

一応、流れからして他のバルキリーがフェル子さんの対抗馬としてどんどん出てきそうなんだけれど、あのロスヴァイセのひどさを見ると、ヒロインはフェル子さん一筋なのかな。一応、クラスメイトのおっぱいさんもヒロイン枠に入りそうだけれど、理樹くんわりとフェル子さんだけに夢中っぽいので、言動ほどには他の女の子にはちょっかい出さなさそうだけど。
 
1月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


電撃コミックスNEXT
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W

1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索