藤川恵蔵

忍ばないとヤバい! ★★★☆   



【忍ばないとヤバい!】 藤川 恵蔵/猫屋敷 ぷしお MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
お前、忍者のクセに目立ちすぎだろ!?

忍者は今も日本に存在する。そして、日本の治安を陰から守っているのだ──
そんな忍者を目指している16歳の少年、影山忍は最終試験の真っ最中。試験内容は、正体が隠して普通の高校を卒業することだった。
最初の一年、クラスで誰よりも目立つことなく過ごせた忍。このままあと二年過ごせば無事合格するはずだったが──やたらと忍に絡んでくる金髪ギャル転校生・白石雪の正体は実は忍者だった!
しかも抜け忍である彼女は忍の家に転がり込んできて!?
「今日からこの家に泊めてくれない?」って、それはマズいだろ!
果たして忍は無事高校を卒業できるのか!? 新感覚現代学園忍者ラブコメ、開幕!

続きを読む

さあ、脱獄を始めましょう ★★★☆   



【さあ、脱獄を始めましょう】  藤川 恵蔵/ 茨乃 MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
俺の暮らすこの町全体が一つの監獄!? 衝撃のバトルファンタジー!

都市パノプティコン。四方を山に囲まれた、美しい町。そこで暮らす少年ヴァンは、なんの変哲もない平凡な人生を送っていた。ところが、プラチナに輝く髪を持つ謎の少女・ダイヤと出会ってから、彼の人生は変わり始める。

「ここは監獄。貴方は囚人で私は看守です」

これは、囚人と看守による巨大な監獄都市からの「脱獄」の物語。



続きを読む

鬼畜先生の博愛教育 ★★★☆  



【鬼畜先生の博愛教育】 藤川 恵蔵/小森 くづゆ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

目には目を、歯には歯を。異能で荒れる学園を異能でねじ伏せ更生させる!

学園島タルタロス――ごくまれに異能を持つ者が産まれるようになった現代において、政府がそういった特殊な能力を持つ者たちを管理・教育するために、いくつもの異能学園をまとめて作り上げた巨大な教育施設である。そこに新任教師として赴任した神永カムイは、異能学生の集まる今の学園がいかに荒れているかを目の当たりにする。ただでさえ異能に対応できる教師が少ない上に、異能によるイジメや喧嘩、果ては異能を狙う外部の悪党たち――荒れ狂う学園を、かつて自らも異能学生として“異能バトル”に明け暮れていたカムイが、学園の問題と真っ向からぶつかり、豪快に力業で解決していくことに――!

鬼畜か? これ鬼畜かしら!? カムイ先生のこれって、脳筋って言うんじゃないの!?
わりと力任せに物事を解決してますけど、結果としてそうなっているだけで、ちゃんとその場その場では対応をよく吟味し思慮しているので何も考えずに暴力に訴えたり、という真似をしてるわけじゃないんですよね。
よく考えた結果、パワーに訴えているだけで。うん、脳筋ですね!
ただ、その能力で残虐ファイトとか……まあ多少蹂躙戦なんかはしていますけれど、必要以上に生徒たちを痛めつけたり傷つけているわけではないですし、そんな「こいつはひでえ」という有様を現出させているわけではないので、鬼畜呼ばわりはちょっと可哀想なんじゃないかな。
カムイ先生、ちゃんと理想をもって先生やろう、生徒時代にかまけていた能力バトルにはもうウツツを抜かさずに生徒を育て導いていこう、とちゃんと真っ当な若き情熱をたぎらせて先生になったんですよ。熱血教師じゃないですか。
鬼畜はむしろ、そんなカムイ先生を騙して呼び寄せ、「先生が一人もいない」という超絶ブラック環境な学校タルタロスに赴任させた白銀校長の方じゃないかな!?
いきなり新任教師、学校唯一の教師になる、である。
まあ授業の方はオンラインで外部から講師が画面を通じてやるので、学業に関してはそんなに問題ないみたいなんだけど。
白銀校長の目論見としては、カムイ先生に期待しているのは教師としてではなく、異能者として学園内の治安維持をはかるための常駐警備員だったんですよね。教師として理想に燃えるカムイ先生に対してそれは、結構な鬼畜だと思うんだけどなあ。
とはいえ、カムイ先生、おおらかというか鷹揚というかあんまり深く悩まない性質なのか、おおむね「まあいいや」という感じで流しちゃうんですよね。そして、構わず先生として日々起こる学園内のトラブルに首を突っ込んでいくのである。というか、向こうから舞い込んでくるんですけどね、トラブル。学校唯一の先生狙い撃ちで。
それは、同時に生徒たちが抱えているそれぞれの問題にも起因していて、カムイ先生も受け身にはならずに、積極的にその問題解決に生徒たちに踏み込んでいくのである。
まあ短気で手が早いカムイ先生であるからして、その解決方法は腕力!のケースが多いだけで。
難しい問題は力づくで、となってしまうだけで。知恵の輪を解くには引きちぎるのが一番早い、ってなってるだけで。
生徒思いの先生なんだよぉ、本当に。
勤務初日に十人以上の生徒に襲われて、返り討ちにボコボコの半殺しにしたりしていますが、本人は暴力反対なのです。力づくで無理やり問題を解決するのはよくない、とちゃんと思っているんです。だいたい力づくになってますけど。
むしろ、物騒な考え方をしているのは年の離れた幼馴染でこの学校の生徒でカムイ先生の助手みたいな役回りを自認している雪姫の方なんですよね。ヤンデレだろう、この娘。先生に振り向いてもらうとか好きになってもらうとかを既に通り越して、既にガチ嫁のつもりで侍ってますしね。思考の方向が超暴力的で、まず先生の邪魔するやつは処す、事情があろうと処す、という考え方の人ですし。やられたら百倍返しだ!(物理)の人なので、何気に先生が赴任してきて再会したときも超ボッチ状態でしたし。いや、ボッチというより孤高、敵も味方も関係なく周辺に人はおらず、という感じで。色んな意味で無敵の人、なんじゃないだろうかこれ。
わりとカムイ先生への当たりは普通でコミュニケーションにも難があるタイプには見えずにカースト上位の友達多そうなキャラに見えたのでしばらく気づきませんでしたけれど。
やばいね、うん。
ただ、振り返ってみるとこの作品のキャラって、大半がヤンデレ気質な気がするので雪姫も別にヤンデレが売りってわけじゃないんですよね。標準装備? 白銀校長も、雪姫曰くカムイ好きを拗らせきった上で、ペットを籠に閉じ込めって好きが高じすぎて弄り殺すタイプみたいですし、数々のトラブルを引き起こしてカムイ先生を犯罪者に仕立て上げて失職させようとしていた都城雅という少女も、正義感の拗らせすぎで相当に思い込みの激しいタイプでこれ惚れられるとヤバい系でしたし、さらのその背後で暗躍し、カムイ先生をトラブルの渦中に放り込んでいたライバルとも旧友とも言える人物も、カムイを憎んでいるんじゃなくてむしろ好きすぎてちょっかいかけるのが高じすぎてちょっとテロリズムになってるだけですし。だけって……。うん、十分ヤンデレしてますよね。
敵も味方も、ヒロインも総じて病んでる気がするんだけどなあ。例外はほんと、常識人の焔ちゃんだけなんじゃないだろうか。
こういう連中に囲まれているので、脳筋なカムイ先生だけど情熱は真っ当だし、生徒時代のやんちゃを反省して大人になった今は何とか立派な大人として生徒たちを導いてあげたい、という考え方は親身に接する姿は博愛とも言えるし、豪快でいい先生なんですよね。
まあ、若干頭のネジ外れている感もありますし。自分に対する敵意とか頓着しない、鈍感というか
精神が鉛という所もありますけど、行動論理もしっかりしてますし倫理観もそれなりにちゃんとした人ですし、鬼畜先生はほんと言い過ぎだと思いますよ。せめて脳筋先生で勘弁してあげてください。

そして、日向くんは確かに登場人物全員がこいつやべえ、というだけあってヤバかったです、いろんな意味でw
いやでも、完全に踏み外して思考回路もズレているようで、時々本質をズバッと突くような事も行っているので、夢の世界だけで生きているわけじゃなさそうなんですよね。悪い子ではないのだ、悪い子では。ヤバいけど。


藤川 恵蔵・作品感想

ポンコツ勇者の下剋上 2 ★★★★   



【ポンコツ勇者の下剋上 2】 藤川 恵蔵/ぐれーともす MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

勇者の素養がない英雄。今度は世界を救う勇者の“仲間”を探す旅に――!?

選ばれし勇者のみが扱える神剣――聖光剣エクスキャリバーを無事に勇者の下に届け、目的を果たしたかに見えた少年・クロウ。ところが全部で12本あるという神剣の姉妹剣の過半数が所在不明という事実が判明。これでは魔王戦に臨めないということで、聖光剣の精霊・ホリーの導き(という名の脅し)によって残りの神剣を探すことになり……
〈貴方が私と一緒に探してくれないなら、もう人類には滅びてもらうしかありませんねえ〉
「……俺が姉妹剣を全部見つけるよ……」
そう覚悟を決めたクロウの下へ、姉妹剣を持った暗殺者が訪れ――!?
おおおっ!? ちょっと主人公のクロウくん、思っていたのとは全然違う方向でこの子ヤバイ子なのか?
一巻の印象では、根本的に怠惰でやる気ないタイプなのに妙なところで責任感が強くて自分しか出来ないことがあったら、どんな困難を前にしても頑張ってしまう子。他人に評価してもらうことに殆ど興味なく、ある種の自己満足で充足できるが故に、前回なんぞ世界中を敵に回すような状況になってしまっても臆さなかった、という風に見えてたんですよね。
基本的にそれは間違っていないと思うんだけれど、立脚点が想像していた善性によるものとは全然違うのかも知れない、このクロウくん。
生まれ育ちの孤独さ、育ってきた環境の下劣さ。それから救い出してしまった恩人に何も報いることの出来なかったという無力感。自分の無能さと、それ故の苦しみ多き生涯をこれまで渡り歩いていた経験が彼を形作っているのだとすれば、その研ぎ澄まされた才覚と根底にある冷たい鋼のような精神性は絶望と諦観によって形成されているのではないだろうか。
自分に期待せず、他人を利用することでしか何もなし得ない自分に対する嫌悪感。そこから派生して生まれてくるのは、冷徹なまでに理想も願望も介在しない現実主義だ。先の勇者捜索で、国に反逆者認定されてすら思いとどまらずに、勇者の発見をやり遂げたのは彼にとってはそれが世界を魔王の脅威から救うために必要なただの現実だったからなのかもしれない。正当な世界の破滅に対する危機感が、それ以外を余分として処理してしまったが故の邁進だったのか。
クロウくんに情がないとかそういうことはないんですよね。親しいクラスメイトを心配し、世話になった恩師に気遣い、幼い勇者を慰め、うるさい聖剣の精にはなんだかんだ構ってあげている。
ただ、目的を達するためには手段を選ばない以前に拘泥すらせず、降った暗殺者の少女にもう殺しという汚れ仕事をさせないという大切にする態度を示しながら、一方で欠片もその心底を信用していなかったその心持ち。なんというか、ダーティーである……というよりもバランスが崩れている、或いは偏りきっている、リミッターが外れている? というべきなのか。
無知とやたら強烈な女の情念故に倫理観と常識に欠けている幼女勇者は、いわば未成熟ゆえのアンバランスさなので成長いかんによっては突拍子のない子に育ったとしても壊れた人間になるようには見えないんだけれど……ヤンデレにはなりそうな気質ではあるが。
クロウくんに関してははっきりと異常者のたぐいっぽい。
誰が悪いというわけではなく、状況と環境とクロウくん自身の見通しの甘さの結果とは言え、この主人公を選択の余地のないところまで追い詰めてしまったのは、果たして誰にとっての致命になるのか。
完全にスイッチ入ってしまったクロウくんの、これからの活躍が色んな意味で楽しみすぎます。

しかし、電書の特典SS読むと聖剣ホリーと勇者シオン、二人きりだとそこまで仲悪いようにも見えないんですよね。ホリー、幼女勇者のことあれだけ毛嫌いしているのに、何気に過保護かというくらい細々と面倒見てますし。恋愛脳のホリーですけれど、意外と子供の面倒見るの嫌いじゃないのかしら。

1巻感想

ポンコツ勇者の下剋上 ★★★☆  

ポンコツ勇者の下剋上 (MF文庫J)

【ポンコツ勇者の下剋上】 藤川 恵蔵/ぐれーともす MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

勇者の素養がない少年が、神剣を勇者に届けるだけで英雄に!?

王立士官学校の卒業を間近に控えたクロウ。ある日彼は、選ばれし勇者にしか扱えない神剣――聖光剣エクスキャリバーの声を聞いてしまう! 声の主である聖光剣の精霊・ホリーが言うには、世界を滅ぼす魔王が復活するため、一刻も早く勇者を探して聖光剣を渡さないといけないらしい。クロウは、剣を勇者に届けるというお手軽なお使いだけで世界を救う立役者になれるならと快諾し、勇者を探す旅に出た。ところが問題児のクロウと、性格がハチャメチャなホリーの2人で旅は前途多難! さらに見つけた勇者は、なんと奴隷の幼女で――!? 一体どうやって連れて帰ろう……? 〈あの子の主を、私を使ってぶった切れば良いんじゃないですか?〉「良くねえよ!」
頑張ったなあ! いやこれ、あらすじだと軽い気持ちで神剣の運び屋請け負ったみたいな書き方されているけれど、王家に保管されている神剣を盗み出して、いまいちあてにならない剣の精霊の対勇者レーダーしか頼りがない状態でどこにいるかわからない勇者を探しに行く、というミッションがただ事で済むはずがないと最初から承知していないはずがなく、なんだかんだこのクロウ、相当の覚悟を持って挑んでるんですよね。勇者になれない自分でも、出来ることがあるんじゃないか、と。怠惰で無能で事なかれ主義の彼がこれだけの事をしでかしたのは、身の程を越えた野心でも出世欲でもなく、ただただ魔王が出現して世界が破滅する、という危機感であり、それを知っているのが自分だけという孤立無援の状況であったわけで……いや、それでもなかなかこれだけの事は仕出かせないですよ。下手をすれば、どころか間違いなく神剣を盗み出したカドで処刑されるだろう事を理解しながら。これで自分に自信を持っている人間ならまだしも、彼は自分の無力さ無能さを痛感した上で受け入れている人間である。語りかけてくる剣の精霊は、まあろくでもないことしか言わない糞ビッチで罵倒混じりの放言はやる気をゴリゴリ削ってくるものばかり。
数少ない親しかった人たちも含めて周りの人間、世界そのものが彼を糾弾し、彼に真実を告げた神剣の精霊はろくでなし。世界の危機を知ってしまった自分は筋金入りの能無し。これで、一人で頑張って、勇者の女の子を見つけて、奴隷身分で鬼畜外道に身請けされてしまったのを救い出し、無事王都まで連れて帰る、という偉業を無い能力と機転を振り絞ってやり遂げたんだから、頑張った、本当に頑張ったよ。しかも、見返りを求めず、本当の意味で世界の危機を救うために。
これが、最初から無私無欲の聖人君子みたいなやつだったらそんなもんか、と思うところだけれど、彼はもっと俗人であり、やる気に欠ける面倒くさがりの人間であり、楽して生きていければいいやという男であったのである。そんな、彼なりの人生観を、生き様を、在り方を、信念を投げ捨てて、多くの人に罵られ責め立てられながら、ただ自分でもやれることがあるんだ、というささやかな満足感と引き換えに、そして本気で世界を守るために、頑張ったのである。
こういう、頑張る子は本当に好き。一人で暴走するんじゃなくて、一人で頑張るしかなかった状況で、逃げ出さず投げ出さず、自分の責任を自分で決め、それを成し遂げる姿は、本当に格好いいと思う。神剣精霊は、ぶっちゃけクズだと思うけれど、イケメン勇者じゃなくクロウの頑張りに惚れたのは、見る目がないわけじゃないんだなあ、と。
しかし、このクロウくん。決断の思い切りの良さといい人間観察力といい判断の速さや機転の利かせ方とか、戦う力云々でいうと確かに最下層なのかもしれないけれど、もっと大雑把に「仕事」という括りでならめちゃくちゃ有能なタイプだよなあ。
むしろ、彼がまだ幼く分別のない勇者ちゃんの守り役になったの、多くの人にとって幸いなんじゃないだろうか。いわゆる政治感覚や交渉、組織間のパワーゲームに関する知識や感覚についてもかなりのものがありそうだし。

 

6月15日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月30日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

5月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索