行田尚希

路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店 3 3   

路地裏のあやかしたち (3) 綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)

【路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店 3】 行田尚希 メディアワークス文庫

Amazon

路地裏にひっそりと佇む、加納表具店。店を営むのは、若く美しい環。掛け軸や屏風に込められた思念を鎮める仕事を引き受けている彼女のもとには、様々な事情を抱えた妖怪が相談を持ち込んでくる。
今回登場するのは、音痴なのにミュージシャンををめざす〈鵺〉、弁護士として働く〈天邪鬼〉、そして〈雪女〉の蓮華。
彼らの切ない物語に触れ合ううちに、高校生・洸之介は将来の進路を深く考えるようになる――。人間と妖怪が織りなす、ほろ苦くも微笑ましい、どこか懐かしい不思議な物語。多くの読者に愛されたシリーズも、これにて完結!!
前回のお話が、人の人生に寄り添う妖怪たちの話であったように、今回の「鵺」「天邪鬼」「雪女」のお話は、「将来」を想起させる話になっている。夢を追い続ける鵺。望む職につき、しかし現実に悩む天邪鬼。時を経て別れた人間の親友と再び会う事に悩む雪女。ずっと変わらずに居てくれる彼ら妖怪たちだけれど、何も変わらずにいるわけではないんですよね。変わっていく環境に併せて、或いは自分で変えて、変わりゆく関係を変わることで結び続けて、彼らもまた変化の中にいる。
それを知った時、実感した時、洸之介の中でどんな意識の変化があったのかはわかりません。そこに安堵を見たのか、勇気を得たのか。
いずれにしても、自分の中の本当にやりたい事を見出していく姿は、ここちの良いものでした。自分でも気づいていなかった、自分の中の将来への望みを、無理矢理でも強引でもなく、自然な形でかぶさっていたものが剥離していくように見えてくる様子は、とても自然なもので、この作品の妖怪たちの人との交わり方もそうだったのだけれど、この自然な感じがこの作品の根幹でもあったような気がします。
それでいて、決定的な後押しをしてくれたのが、家族である母親だった、というのは柔らかな思わずはにかんでしまうような優しい感触だったなあ。実に姉御肌な、というかそれを通り越して男前なお袋さんである。
てっきり、改めて環さんのもとで本格的に修行するのかと思っていたのだけれど、洸之介の中で芽生えた表具というものへの「欲」は、そんなところに留まらなくて、芸術家で絵師だった父親と、理系の研究者である母親の両方の特性を受け継いだ道へと展望を開き、環さんのもとで小さくまとまるのではなく、師匠であると同時に次の時代に新たな技術を取り込んで伝えていってくれる伝承者でもある環さんに、新しい技術を創りだして伝えたい、というのは、随分と格好いい展望じゃないですか。こうやって、やりたい事が具体的に定まって、邁進していけるって羨ましいです、素直に。それをずっといつまでも見守ってくれる人が、血の繋がった家族以外にもこんなにもたくさんいるというのが。いってらっしゃいと送り出してくれる人がいて、帰ってくる場所があるからこそ、気持よく旅立てる。
若々しくも落ち着いた、とても健やかな物語でした。

1巻 2巻感想

路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店 23   

路地裏のあやかしたち (2) 綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)

【路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店 2】 行田尚希 メディアワークス文庫

Amazon

路地裏にひっそりと佇む、加納表具店。店を営むのは、若く美しい環。実は彼女、五百年以上も生きている化け狐だった。掛け軸や屏風などにこめられた思念を鎮める仕事を引き受けている彼女のもとには、様々な事情を抱えた妖怪が相談を持ち込んでくる。環に弟子入りした人間の高校生・洸之介は、さまざまな妖怪と知り合い、やがて心を通わせていくことになる―。人間と妖怪が織りなす、ほろ苦くも微笑ましい、どこか懐かしい不思議な物語。待望の続編が、いよいよ登場!

今回は「鎌鼬」「座敷童」「ぬらりひょん」という各話とも、人と密接に触れ合う妖怪たちの話が描かれている。その為か、前巻よりもより顕著に人間の世界に寄り添って生きている彼ら妖怪たちの姿が浮き彫りになっていた気がする。彼らは、人間とは違う時間、数百年の時を悠々と生きているのだけれど、かと言って彼らと人間との間には隔てられた壁のようなものは一切感じられないんですよね。この手の生きる時間の違う存在同士が交じり合う物語は、それだけそのすれ違いがピックアップされるものなんだけれど、環さんをはじめとしてここで描かれる妖怪たちは、現代に染まりきってしまっているわけでも過去に縛られているわけでもなく、凄くフラットに、自然に今を生きてるんですよね。何十年、何百年も前のことをつい一昔のように懐かしそうに語りながら、その同じ口で現在の出来事を楽しそうに喋ってる。そんな彼らの姿を見ていると、歴史の彼方にあるような時代が地続きなんだなあ、と実感できると同時に、彼らがそんな長い時間を生きることを苦にして居らず、その時々に生きていた人間たちと一緒の時間をすぐ側で共有してくれてたんだなあ、と思うとなんだか嬉しいようなありがとうとお礼を言いたくなるような、そんな気分にさせられる。大切な人たちとの別れも沢山あったんだろうけれど、鎌鼬も座敷童も、ぬらりひょんもその別れを悲しい思い出として抱え込むのではなく、宝物のような思い出として大切に連れ添ってくれている。そんな彼らの今を生きる姿は、なんだかとても楽しそうだ。
洸之介の兄弟子であり、加納表具店に集まる妖怪たちの良き弟分である人間の表具師、兵介に訪れた人生の岐路に対して、みんなの態度は環さんをはじめとして、みんな親戚みたいな親しさで、ほんと家族みたいな優しい関係なんですよね。
表具の知識を血肉として自分のものにしていく洸之介を見る、嬉しそうな環さんの笑顔とか、優しさの塊みたいなんだよなあ。遠くから見守るのでも、高みから見下ろすのでもなく、一緒の時間を過ごしてくれるのがそれだけで嬉しい。
ただ、高校3年生の洸之介は、ちょうど将来の展望というものを具体的に突きつけられている真っ最中で、変わらずに居てくれるだろう彼らの存在が、前回は安心へとつながっていたのだけれど、今は逆に不安へと転じてしまっているんですね。周りが変わらない中で、しかし自分は変わって行かなければならないにも関わらず、その未来への展望が思い描けない。彼らが一緒に歩いて行ってくれると確信しているからこそ、自分がどう歩いて行けばいいのかわからないことに焦燥が募ってしまう。安らぎが、逆に彼を追い立てる心地にさせてしまっているわけだ。
こればっかりは、誰かが手を引いてゆくべき道へと引っ張ってくれるのを待つわけにはいかない。環さんたちは決して離れていったりしないけれど、だからと言って先導してくれる存在ではありませんからね、洸之介自身が自分の道を見つけなければいけない。
個人的には、自然なくらいに表具に夢中になっていると思うのだけれど、洸之介にとってはそれは盲点なのかなあ。環さんに表具について指導して貰い、実践している時の彼はとても楽しそうなんだけれど。

ところで、揚羽さんのあの反応は、つまりそういう事なんだろうか。おやおやまあまあ。

1巻感想

路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店3   

路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)

【路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店】 行田尚希 メディアワークス文庫

Amazon

高校生の小幡洸之介は、画家である父の作品が夜になると動き出すという怪奇現象に悩まされていた。「そうした事件を解決してくれる場所がある」と耳にして訪ねると、そこはいかにも怪しげな日本家屋。意を決して中へ入った洸之介が目にしたのは、驚くような光景だった。そして彼は、加納環と名乗る、若く美しい女表具師と出会う―。人間と妖怪が織りなす、ほろ苦くも微笑ましい、どこか懐かしい不思議な物語。第19回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。
煙草屋のお婆ちゃん結界!(笑
人避けの結界とか張ってるんじゃないんだ。お婆ちゃんに見張ってもらってるんだ。いや、それ以前に煙草屋のお婆ちゃんなんて存在自体がもう妖怪なんぞより伝説の向こう側の存在じゃあないですか。まだ駄菓子屋のお婆ちゃんの方が居てそうだ。
そんな煙草屋がある時点で、随分と古風で明媚な街だというのが窺い知れる。そも、横丁だとか小径というのが風情があるんですよね。これは、その辺の商店街だとかではなかなか醸し出せない彩食である。
さて、本作が取り扱うのは表具師と呼ばれる絵画などを彩る表装を手がけるお仕事。この話の中では主に掛け軸や絵画の装飾などを手がけているけれど、表具師の仕事内容というのはかなり多岐に渡っているようで結構現代でも需要があるようだ。職業訓練校などもあるようですし。とは言え、平安時代から続く伝統工芸のジャンルでもあり、父親が画家だったとはいえ当人は特にそちらの勉強もしたことのない一般的な高校生だった主人公が、ひょんなことから出会った美人の女表具師に弟子入りして、表具という職人の世界に入り込んでいく、というシチュエーションにはこうそそるものがある。まあ、まだ本格的な弟子入りというわけでもなく、通り一辺倒基本的な知識を教えてもらい、実践しながら覚えていく、というわりとのんびりした雰囲気で、厳しい職人の世界、という感じではないんですけどね。
でも、若い子がこういう古くから続き今にもしっかりと根付いている工芸の世界に参入していく、というのはやっぱりいいものですよ。彼がこの後、父親の残した絵の表装を完成させてなお、表具師の道へと進むのかはまだわかりませんけれど、若い人がこういう技術の担い手となって行ってくれる事は良いことだと思うんだ。
って、あんまりそんな伝統工芸とか職人の世界の話じゃないんですけどね。むしろ、古い絵に託された想いが溢れて、付喪神と化した絵の想いを汲み取り、それに適した表装を仕立てることで絵を残した人、受け取った人の気持をつなげ、また純粋に絵を素晴らしい形で見栄えよくして仕立てあげる、というまあ言うなレバ人情話の連作集でありますな。
様々な職業、仕事を通じて、人の想いを汲み取っていく、というパターンは今やメディアワークス文庫の王道路線とも言うべき流れになってきているような気がします。その意味では、のっけから新人作品でこういう話が投稿され、受賞してこうしてお目見えしてきた、というのはあるべくして、なのかなあ。
ここに登場する妖怪たちは、非情に人間味あふれていて、えらく現代社会に適応してしまっている人たちなのですけれど、その分人間としての魅力には長けていても、やや神秘性については失われてしまっているきらいがあります。何百年も生きているが故の、人間を超越した精神性、異なる価値観、というものはあんまり見当たらないのですが、ただ若い風体のわりに時折垣間見せる年輪を経たどこか透徹とした立ち居振る舞いは、人情モノとしては十分な重さのような気がします。狸は例外として。
特に面白いのが、主人公の洸之介と加納環の関係でした。さすがはメディアワークス文庫というべきか、主人公とヒロインであるはずの二人の関係は、色恋沙汰が介在しない艶めくものがないものでした。かと言って冷めた他人の付き合いというわけではなく、師弟でありつつも厳しい上下関係があるものでもなく、どちらかというと親戚のお姉さんという風な、身内特有の親密でありながらどこか憧れに彩られた近くも遠い距離感、なのです。環さんも、洸之介の事を可愛い弟分のように扱っていて、双方ともにそうした近くて遠い関係に満足しているので、とても穏やかな雰囲気に浸ることが出来ました。どちらかが寂しい思いをしている時には、純粋に優しく寄り添って隙間を埋めあえるような、やわらかな関係。流れる時間の異なる二人ですけれど、洸之介がおとなになり、自分の家族を持って、やがて老いていったとしても、この二人はさいごまで変わることなく優しく寄り添えあえる関係なんだろうなあ、と思えたことが心地よい感慨でした。


 

4月25日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索