覇剣の皇姫アルティーナ

覇剣の皇姫アルティーナ 3 3   

覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫)

【覇剣の皇姫アルティーナ 3】 むらさきゆきや/himesuz ファミ通文庫

Amazon

あたしは帝都へ行くわ。たとえ、そこに暗闇が待っていようとも。

難攻不落の敵要塞を見事に制圧したアルティーナ。そこへ一通の書状が届く。
それは第二皇子ラトレイユから建国記念祭に出るようにとの要請だった。
宮廷には軍権を握るラトレイユだけでなく、その参謀ジェルマン、第一皇子オーギュスト、地方貴族を束ねる公爵家の女傑など、幾つもの勢力が策謀を巡らせていた。
アルティーナの大望を阻む政敵たちに軍師レジスは後手を踏んでしまうが……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第三弾!
あ、ダメだこの娘。絶対に王様にしちゃいけないタイプだ。理想というだけの明確なビジョンもなく、善意だけで邁進しようとしている。結果を気にせず過程に拘り近視眼的に目の前のことにかまけて全体を台無しにするタイプだ。堪え性もないし、遠回りとか今は我慢して、とか出来なさそうだし。
神輿に徹することができればいいんだろうけれど、バカで直情的だからなあ。
じゃあオーギュストならいいのか、というとこの人はこの人であんまり視野が広くなさそう。国益というものについて損益を考慮するのは当然のことなんだけれど、この人の場合その損益の判断基準の見方が恐ろしく狭い感じなんですよね。自分の理解の及ぶ範疇でしか物事を捉えていないようで、為政者としてはどうにも片手落ち。ワンマン経営者にありがちな在り方なんですよね。自分の周囲にもイエスマンしか置いていないようですし。

というわけで、宮廷に赴いての、アルティーナの兄たちのお披露目と彼らとの宮廷暗闘劇が今回の目玉。ぶっちゃけ、アルティーナが戦力外どころか足を引っ張るのはわかりきっていたことなので、宮廷とは縁のなかった平民のレジスがどれだけ巧く立ち回れるかが見極めどころだったんだけれど……流石は軍師というべきか、戦術戦略のみならず、人の間を立ちまわる謀略戦も駆け引き込みで行えるのは良い傾向でした。この手の謀略戦は、先を読めれば読めるほど有利になるわけで、その点においては様々なパターンを読書によって脳内に収納しているレジスからすると、もしかすると戦場よりもまだ手の打ちやすい展開だったのかもしれない。相変わらず、前例がないパターンでは硬直してしまう危なっかしさがありますが。
でも、やはりレジスには政治は無理だよなあ。あれですよ、政争と政務はまた違う。選挙に強くても政治活動はからっきし、みたいな感じで、実際アルティーナの治世となった時にレジスが宰相として振る舞えるか、というと疑問を抱かざるをえない。政治経済の実務ほど、教科書が役に立たないものはありませんし。何が正しいかやってみなくちゃわからないし、実際に結果が出てもそれが正しかったのか分からない場合すらあるわけで。とてもじゃないですけど、レジスにアルティーナへ適切な献策が出来るとは思えん。
やはり、ここはちゃんと政治が出来る人材が欲しいですよね。アルティーナには絶対無理、ということがわかったので尚更に宰相、外務大臣候補が欲しい。今回、流れで囲うことになった人たちが、それを担ってくれたら助かるんだけれど……そこまで求めるのは立場的にも能力的にも難しいかなあ。むしろ、あの地方貴族の束ね役の人の方が有望かしら。あれは、キチンと信義を保ちつつ汚れても構わない覚悟も持ってそうだし、いい意味でも悪い意味でも強かに立ち回れそうだし。

覇剣の皇姫アルティーナ 23   

覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)

【覇剣の皇姫アルティーナ 2】 むらさきゆきや/himesuz ファミ通文庫

Amazon

対するは難航不落の要塞! 落とせなければ……皇姫は逆賊!?

黒騎士ジェロームとの決闘を経て、兵達の信頼を得た皇姫アルティーナ。
しかし、安息も束の間、蛮族が侵攻してくる。
皇姫軍は軍師レジスの采配で勝利するも、その情報を掴んだ兄皇子より、
ヴァーデン大公国有する難攻不落の要塞を攻略せよ、との命令が下る。
皇姫軍の弱体化を狙った無理難題だが、従わねば反逆者にされてしまう。
そこでレジスは言う、無数の砲台への対抗策があると。
覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第二弾!
ジェロームさんが完全にツンデレさんです。ってか、この人、自分を打ち倒したアルティーナには今のところあんまりビビッと来ていないっぽいんだよなあ。むしろ、レジスの方に興味津々というか。蛮族の王様、じゃなくてリーダーか。彼も、姫様よりレジスの方に夢中ですし、もしかしてアルティーナ、あんまりカリスマないんじゃね? 一般兵には大人気だから、今のところ構わないんでしょうけれど。ところで、あの蛮族のリーダー、ちゃんと男ですよね? イラスト見る限り、ごっつい男だったから実は女、なんて詐術はないだろうけれど、でもだとするとガチでホモセクシャルなのか。じょ、情熱的ですね!!
まあちゃんと女性にもモテているので、男ウケだけ良いわけではなさそうなのでその点は安心安心。クラリス嬢は、主人公にだけデレていて、他の人には取り付く島もないという態度も露骨なのだけれど、それだけ人見知りというか、他人に心を許さない女性が、レジスにだけ打ち解けているというのは、あざといけれどやっぱり来るものがありますよね。最近のメイドさんには珍しく、戦闘力も高いパーフェクトソルジャー、というわけでもなく、男性に迫られると逆らうことの出来ない本物のか弱い女性、というのも得点高いし。
前回の感想では、レジスにまったく政争や大戦略を描けるいわゆる腹黒なセンスが見受けられなかったので、せめて宮廷生活を経験しているアルティーナが、そのあたりの政治的な駆け引きを担当するのかな、と頭の片隅で考えていたんですが……こりゃ無理だ。このお姫様は腹芸なんか全然出来ない、思ったことを思った通りにやってしまう脊髄反射型だ。こういう子に軍略としてはともかく、政治や外交的な駆け引きをやれ、と言っても絶対無理。考えるより先に行動してしまう以上、損得を考慮し十手二十手先を読んで狡猾に立ち回る事も出来ないでしょう。不思議と人を惹きつけ、多くを巻き込んで引っ張っていくカリスマがあるので、本来ならその辺は周りで支える人間が担当すればイイのでしょうけれど、肝心のレジスがからっきしだからなあ。
今のところですけれど、基本的にこの子、起こったことに対する対処ばかりで率先して主導権を握るような行動には打って出てないんですよね。現状、任官してひっきりなしに激動する状況に追いまくられていたので、仕方ないといえば仕方ないのですけれど、この段階でヴォルクス要塞をゲットした後のグランドデザインをどれだけ描いているかが、彼の軍師としての真価が問われるところだろうなあ。少なくとも、第二皇子がどんな策を仕掛けてきても対応できるような体制を整える、じゃなく、彼の考えを読んで及第。出来れば、コチラの思惑通りに動くように、或いは動くしかないように第二皇子の思考行動を制限、誘導出来れば軍師として最良なんだろうが。

ちなみに、肝心の要塞攻略戦なんですが。読んでて思ったんですけれど、これって本当に実行できるんだろうか? 絵に描いたような、というか本に書いてあるような教科書通りの作戦で、その通りできるならばなかなか堅実で間違いのない作戦なんだと思います、これ。
でも、本当に実行段階に持ってけるのか、これ? ゲームなら物資の調達や運搬、兵器の運用はボタン一つで片付くけれど、現実としては極めて難度が高い気がするんだが。見事に兵站という概念が抜けている。これこそ机上の空論ってやつなんじゃないかしら。
その辺は、あんまり突き詰めない方がいいのかなあ。
作戦そのものは、突拍子のないものではなく、非常に現実的なものなのですが、荒唐無稽さを廃したよりリアルな展開を描くと、そこに付随するあらゆるものにも現実が厳然と付き纏ってきてしまうものなのだ、という点は覚えておくと面白いかもしれません。

1巻感想

覇剣の皇姫アルティーナ3   

覇剣の皇姫アルティーナ (ファミ通文庫)

【覇剣の皇姫アルティーナ】 むらさきゆきや/himesuz ファミ通文庫

Amazon

あたしは皇帝になる。あなたの叡智が必要なの。

剣も弓も苦手で、本ばかり読んでいる落ちこぼれ軍人のレジス。左遷された辺境で、彼は運命を変える少女と出会う。赤い髪、紅い瞳を持ち、覇者の大剣を携えた皇姫アルティーナ。落胤が故に、14歳にもかかわらず、辺境軍の司令に任じられていたが、彼女は己の境遇を嘆くことなく、とある大望を抱いていた。「あなたを信じるわ」少女から軍師として求められたレジスは共に困難へと立ち向かっていく。覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー!!
すみません、この作品については完全にアンテナの外でした。知略戦主体の軍師が主人公の戦記モノなんて、好みも好みのドストライクにも関わらず、存在を知ったのが舞阪さんの【ガブリエラ戦記】のあとがきで、だなんて。あとがきで他作品の宣伝なんて初めて見ましたけれど、ここで書かれてなかったら当分気づかなかったでしょうし、感謝感謝。
最近、徐々にこの手の戦記モノが増えてきているというのは嬉しいなあ。
というわけで、辺境に左遷されてしまい、そのまま隠遁して読書三昧の生活を送ってやろう、と企んでいたレジスの前に現れたのは、彼の評判を聞きつけた同じく厄介者として辺境の守備隊司令官として中央から遠ざけられていた皇姫アルティーナ。
面白いのが、この段階でアルティーナが殆ど無名、少なくとも軍の指揮官や王族としては何の実績も名声もなく、お飾りのお姫様として遇されているところでしょうか。後ろ盾となる大貴族や軍、派閥というものもなく、彼女が名目上の司令官を拝命している辺境部隊も、コチラも不遇をかこっているかつての戦役の英雄が実権を握っていて、アルティーナの言うことなんか何も聞いてくれない。ここまで徒手空拳の段階から立身を強いられるお姫様というのも珍しい。逆に言うと、ここまで何も持っていないにも関わらず、王宮に閉じ込めておかずに辺境なんかに飛ばしてしまった、宮廷の実権を握っている皇太子はこの段階で下手を打ってしまっていた、という事なんでしょうなあ。アルティーナの心底をどれほど見抜いていたのか、辺境の国境守備隊司令官として燻って不満を溜め込んでいる将軍ジェロームの元に、神輿となりかねない皇姫なんて存在を送り込む危険性についてどれほど考慮していたのか。暴発させて諸共処分する目算でも合ったのか、さすがに二人の野心まで把握していなかったのか。今のところ、怜悧で才気煥発といった風情の皇太子が、実際にどれほどのやり手かどうかはまだ直接的に描写はされていないので、そこは暫し待ってみないとわからないが。
ともあれ、まずアルティーナは徒手空拳の段階から自分の命令を聞いてくれる軍勢を手に入れないといけない、というところから始めなければならなかったわけで、さらにその為には全く働く気のないレジスと、飼われる気など毛頭ない野獣のような将軍ジェロームを手懐けないといけない、という相当に高いハードルが最初から用意されていたわけです。つまるところ、忠実な家臣団の形成ですな。……これ、主人公、レジスじゃなくてアルティーナの方なんじゃないの?(笑
しかも、なかなか厳しいことにこのジェローム将軍、相当に野心は高いみたいなんですよね。この手の戦記モノだと初期段階でくっついてくる側近武官は忠誠心マックスなんですが、このジェロームさんはアルティーナがある程度ラインを割ってしまうような下手を打てば、即座に見捨てるか実権を奪い取る気満々なところが伺えるあたり、スリル満点です。と、同意に軍師であるはずのレジス。彼の働きを見ていると、内政官、事務官、そして軍略家としては非常に高い力量を見せているのですが、彼当人が持つ不安としては自分は読んだ本にあった事をそのまま引用しているだけで、応用力、想像力に欠けるんじゃないか、という点を気にしているようです。今のところは、まだそこで味噌がついたことはないので実際どうなのかはまだまだわからないですし、見ている感じでは柔軟に知識を現実に応用していく能力については非常に長けているように見えるので当人が抱いているほど不安は感じませんねえ。ただ、それよりもハッキリとしている彼の欠点、というか持ち合わせていない分野の能力として、どうも政治的センスにいささか欠けている節があるんですよね。それも、政治的なパワーバランスについて、まったく無頓着なきらいがある。先に仕えていた恩人である人に献策する際に、貴族間の面目や力関係を全く考慮していなかったり、その後も政治的な駆け引きや配慮についていまいち見識を持っていないような素振りを幾度か見せてるんですよね。つまるところ、レジスって参謀職どまりで宰相としてはいささか能力に欠けている節がある。尤も、人心掌握についてはちゃんと見識を持っているようですし、その方面について勉強や知見を増やしていけば、適性がないというわけではないと思うのですけれど、今のところは非常に心もとない。この手の政治力学に対するセンスや知見に欠けていると、やることが頭のいいバカの所業になりかねない。増長や傲慢さとは縁のない謙虚な青年ですけれど、それでも自分の知識や常識の中だけで結論を出してしまう、というケースはあり得ますからね。
ジェロームも、政治的な駆け引きに長けていれば、英雄にも関わらずこんな辺境に追いやられてくすぶっているはずもないので、そっち方面については全然ダメだろうし。そうなると、意外にも政略戦についてはアルティーナ本人に求められる事になりそうなんですよね。ジェロームの部隊を掌握してのち、どうやって皇帝の座を奪取するかのグランドデザインも、レジスはしばらく頼りになりそうにないから、アルティーナ本人がある程度方向性や段取りを自分で考えなきゃいけなさそうですし(レジスはこの段取りや方向性が決まった後、実際にそれを成立させるための戦略・作戦立案、実務処理については辣腕を振るいそうなんですが)……いやこれ、人材がまだまだ足りてないですよ? 少なくとも、レジスは軍師を標榜するにはまだだいぶ成長が必要っぽいなあ。ただ、それは同時にアルティーナ姫と一緒にメキメキと成長していく余地があるということでもあるので、その意味では非常に楽しみ。

 

4月25日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索