徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

見習い神官レベル1

見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに-3   

見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに- (ファミ通文庫)

【見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに-】 佐々原史緒/せんむ  ファミ通文庫

Amazon

多くの犠牲と謎を残し、砂の巨人となり滅びたペルスカ。その黒幕と思しきリベカを警戒し、ヨシュア達は太守ダルタスを護衛してルステラへ赴くことになる。だが現れたのは偽教師だった破戒神官。そして彼女を追って、雷凰の対・雷鳳の少年が襲来する!神々の禁忌を犯したリベカを捜しているという彼は、人と神魔の婚姻もまた禁忌だと告げてきて―。「リベカ様を助けて」と願う敵と明かされる神魔の秘密を前に、ヨシュアが選ぶ道は!?シリーズ堂々完結!!
幕間におけるリベカの回想を読んでると痛感してしまったのだけれど、リベカが抱えている家族への執着、殺された姉やその姉から託された弟であるヨシュアへの偏執的なまでのこだわりは、結局とうとう最後までヨシュアには理解されなくて、違う言語で喋っているような噛み合わなさのまま終わっちゃってるんですよね。いや本当に哀れ。
これはもう、それぞれの立っている時間が全く異なっちゃってるんですよ。リベカは過去にしがみついて過去という位相から喋っているのに対して、ヨシュアは現在に立ち未来の方ばっかり見ているから、リベカの声は聞こえてもそこに込められている過去という位相にしがみついた情念については観測できてないのよ。だから、リベカが何を考えているのかサッパリわからない。
でも、仕方ないのよ、これ。ヨシュアはさ、今新婚ホヤホヤなのよ。可愛い新妻とイチャイチャしながら、家族計画立ててるのよ。二人の未来に向けて一緒にあれこれ楽しい苦労をしながら積立ててってる最中なのよ。さらに、そんな新婚生活や将来にむけての展望を、支えてくれるトモダチも出来て、今は現在と未来に対して精一杯であり夢中であり、後ろ振り返っている暇なんてないのですよ。今が旬の新婚夫婦に、小姑が呼んでもいないのに首突っ込んできて、応援してくれるどころかいちゃもんばっかりつけてきた挙句に、昔はああだったこうだった、と茶々入れてこられても、耳に入るもんですか。
それでもヨシュアとしてもリベカは家族だし、姉弟だから気にかけますけれど、前提が違うことを理解してないから、お互い噛み合うもんじゃなし。そのまま、全く歩み寄ることなく、そもそもボタン掛け違っている事にすら気づかないまま、終わってしまったのはやっぱり憐れな話です。
しかし、ことヨシュアとスーリィンの結婚生活に視点を移すなら、お互いに愛し合いながらも人間と神魔という種族の差によるしがらみとわだかまりが多少なりとも意識の端にこびりついていたのを、神魔位階第一との直接対面によって一気に吹き払ってしまいましたからね。もう何の憂いもなくなったわけですから、素晴らしきハッピーエンドじゃないんですかね。
なんかなー、単に事実を客観的にみるならば上級神魔の黄昏って感じの世界の流れで暗い雰囲気になりそうなものだったんだけれど、スーリィンの解釈と大言壮語がもう突き抜けてて、素晴らしく楽観的で、なんだかその終わりはとても素敵な事なんじゃないかと思えてきてしまいました。ほんと、大した嫁さんですよ。確かに上級神魔の歴史は終わっちゃうかもしれないですけれど、それが一つに交わって先へ先へと新たな形で繋がっていく新たな世界の形が出来上がるのだとしたら、その成り立ちが幸せによって生まれるのなら、やっぱり偉大なるハッピーエンドなんじゃないでしょうか。
まあその偉大なるスタートが、留年によってはじまるというのは、やっぱり憐れなんですけれどw
当初は、一人だけ年かさという主人公のヨシュアが、幼い子供たちの保護者役、牽引役となる不思議な配役のお話だなあ、と思っていたのですけれど、いつしかちびっ子たちがヨシュアとスーリィンのかけがえの無い仲間となり、生涯の友となり、導き役となり、支えとなっていたのには、今更ながら人間関係って面白いなあと頷くばかりでした。あの子たちと、こういう関係になるなんて、ほんと最初は思いもしなかったもんなあ。
最後まで、色々と堪能させていただきました。面白かった。
諸般の事情から出版できなくなりそうだった短篇集が、どうやら電子書籍限定で出版されることになったそうで。ありがたい限りです。これ、こういうケース増えてくればいいんですけどねえ。

シリーズ感想

見習い神官レベル1 亡き姫君のための狂想曲   

見習い神官レベル1 -亡き姫君のための狂想曲- (ファミ通文庫)

【見習い神官レベル1 亡き姫君のための狂想曲】 佐々原史緒/せんむ ファミ通文庫

Amazon

修練場を燃やしてしまってあわや落第かと思われたが、何とか進級を果たしたヨシュア。張り切って二年生をはじめようとした矢先――まさかのイジメの標的に!?
刃を向けるでも毒を盛るでもない嫌がらせに、むしろ新鮮と思うヨシュアだが、突き止めた犯人は、何と最上級生の現首席だった!
暴虐王【アフェク】の自主留年のせいで、とんでもない迷惑を被っているという彼女は、実は、暗殺者時代のヨシュアとある因縁があり……!?
最凶嫁つき学園ライフ、好評第3弾!
二年に進学してもレベル1のまま、と勘違いされそう。レベル制度のある世界じゃありませんからね、念のため。
二年生になったということは、キッチリ一年間作中でも時間が経ったということで、振り返ってみると始まった当初からずいぶん色々と変わってきたものもあり、変わらないものもあり。そうなんだよなあ……このシリーズが始まった時って、主人公のヨシュア一人だけが一回り年上の青年で、周りの子たちは幼いと言ってイイくらいの本の子供ばかりで、なんでこのシリーズは主人公が子供の引率みたいな役回りなんだ? と首を傾げたものでしたが……。
内心正直に言うと、子供たちのことを面倒くさい、鬱陶しいというくらいにしか思っていなくて、一回り年上で外の世界でそれなりに過ごしてきた分社会経験も豊富ということで、ともすれば好き勝手に動きまわる無軌道な子供たちの面倒を見て、あれこれと世話を焼いて、みんなのおかん役みたいな役回りになってヒーヒー言っているばかりだったヨシュア。嫁のスーリィアとも自由にイチャイチャ出来ず、ストレスをどんどん蓄積していっているのが傍目にもよくわかって、何とも息の詰まる学生生活を送っていたものですけれど……旅を通じて子どもたちとも打ち解けて、スーリィアの事も自分の過去の事もバレてしまった事で逆に隠し事をする必要がなくなり、いつしか自然に笑えてる事が増えてたんですよね。そういえば、ティエルが変にヨシュアに突っかからなくなったのも、ヨシュアが子供を適当にあしらう笑顔の仮面をかぶらなくなって、自然に彼女に接するようになってからなんですよね。今回ヨシュアが過去の罪を突きつけられる事で苦悩を抱え、ふと子供たちと心の距離を置こうとしてしまっていた時にティエルが鋭く指摘してきたことで、それを思い出した。
この子たち、なにも考えずにスィーリアの事やヨシュアが昔暗殺者として働いていた事を受け入れていたのかと思ってたんだけれど、彼らは彼らなりに真剣に、ヨシュアの過去とその犯した罪について向き合ってたんだなあ。ヨシュアの過去を他人事ではなく、その罪もひっくるめて一緒になって抱えていくんだ、というあの心意気には、思わず言葉を失ってしまいました。なにも考えてないなんてとんでもない。彼らは覚悟を持って、暗殺者だったヨシュアを、仲間として、家族として受け止めていたのだ。
年上のお兄さんに引率される幼い子供たち、なんて最初の頃の印象なんて、もうとっくに吹き飛んだよ。今のこの子たちは、ヨシュアにとって対等以上の、掛け替えの無い一生涯の親友たちだ。

そんな風に、ヨシュアが新たな人生を歩みだしているように、かつてヨシュアが手にかけた被害者の遺族たちもまた、過去にそのままとどまっているわけではない。ヨシュアが出会ったこの学園で出会ったネイラという少女もまた、変転する人生を溺れながら、ここまで辿り着いて新たな生活の中を歩み始めている一人だった。
ヨシュアもネイラも、こうして学園という箱庭の中で過ごすことで過去に区切りをつけて、新たな人生を手に入れいている一方で、外に取り残された彼らの家族たちは未だに過去から現在に続く連続性の中に囚われているのを見ると、俗世との断絶という意味合いもあるこの学園での時間というのは、何かしらの意味があるんだなあ。でも、外に取り残された人たちからすると、連続性を断ち切って違う人生を歩みだしているヨシュアやネイラたちに対して、許しがたい怒りを感じてしまうのもわからなくはない。裏切り、置き去り、妬みか喪失感か。そうした負の感情による吸引は、断絶に後ろめたさを感じてしまっている人間には悪夢めいた痛みを得てしまうものなのだけれど、ヨシュアはスィーリアという嫁がいて、今ティエルたちみたいな大事な友だちが、身内が出来る事で決別という痛みを乗り越える決意が出来ていて、今改めて自分の犯した罪に対しても向き合う意思を持つに至っていたのだけれど、ネイラはずっと友達と呼ぶ使役精霊一人だけだったのよね。それ以外に初めての大きなつながりをヨシュアに求めた事は、果たしてネイラにとってどういう心境だったんだろう。彼のことについては、気づいていたというのだから。
何れにしても、彼女もまた決別という決断を選び通したのである。意思の力は、斯くの如く凛として尊いものであるのか。

無事3巻まで出て、さらにまだ4巻にも続くという、佐々原作品としては久々に3巻超えのシリーズが出来ましたよ、っと。ただ、どのシリーズも何故か四巻で締めちゃっているので、ここは4巻で満足せずにさらに長期シリーズを目指して欲しいものです。

佐々原史緒作品感想

見習い神官レベル 1.放課後は朝まで砂漠で3   

見習い神官レベル1 ~放課後は朝まで砂漠で~ (ファミ通文庫)

【見習い神官レベル1 放課後は朝まで砂漠で】 佐々原史緒/せんむ ファミ通文庫

Amazon

いちゃラブ度倍増! (生殺し度もUP!!) だがそこへ“暴虐の沈黙王"が来襲!?

見聞の旅から無事戻り、優等生のティエルに教えを請うて、魔操の習得に励むヨシュア。だが何とこれっぽっちも上達しない。このままでは落第する! 焦る彼に、さらに不運が降りかかる。夜な夜な寮を抜け出しているのを上級生に見つかったのだ。しかも相手は首席最上級生、人呼んで"沈黙の暴虐王"。これで落第確定かと戦慄するヨシュアだが、彼はとある"取引"を持ちかけてきて――!?
元・最強暗殺者の最凶嫁つき学園ライフ、好評第2弾!
もしかして、本当に魔操の腕前まったくあがらずにレベル1のまんま(この世界はレベル制ではないので、あくまで比喩表現です)なのかとハラハラしてたら、ちゃんと上達してるじありませんか! まあ、ヨシュアが魔操を上手く出来ないのは技術の問題ではない部分が大きいので、最初からレベル1相当じゃないじゃん、と思うところもあるのですが。いずれにしても、きちんと魔操出来たんだから、タイトルもレベル1のままというのは何気に酷い。このままだと、延々レベル1のまんまですもんね、どれだけ上達しても。
普通に、巻数ごとにレベルあげていけばよかったのに。というかこれ、毎回第一巻と誤解されかねないぞ。

クラスメイトの子供たちに、スーリィアのことがバレた事で結果的にスーリィアの方が精神的に安定したというか余裕が出てきた感じがする。前は、存在自体を秘密にしていた事によって、かなり汲々とした生活を送っていたせいか寂しがっててちょっと精神的に余裕なかったもんなあ。それが、子供たちとも普通に顔を合わせてお話できるようになったことで、スーリィアにも余裕が出てきて、夫婦生活の方にも潤いが出てきたように見える。具体的には、ヨシュアへのイチャイチャの仕方に切羽詰まった感が薄れて、自然に愛情を寄せてくるようになった、と。
元々ヨシュアの方もスーリィアを大好きで、ほぼ正式に夫婦関係営んでるんだから、スーリィアにまとわり付くような鬱陶しさがなくなって、ヨシュアの様子を見てちゃんと彼の邪魔にならない時に擦り寄ってこられたら、理性に対するダメージとしては、そりゃ今の方が深刻ですわ。
ほんと、肉体関係まで持っていけないのは単純にこれ以上関係を深めると、スーリィアのことが学校にバレてしまう、という一点だけで、それ以外に障害ないったら全然無いんだもんなあ。
ちなみに、ティエルが独り悶々とヨシュアへの恋心を育て持て余しながら苦悶していますけれど、残念ながら年齢的にどうやったって、子供たちは対象外なものですから、ヒロインにはなりようないんですよねえ。もう、傍目にはちっちゃい子が大人のお兄さんにドキドキしている、という構図は甘酸っぱいというよりも微笑ましい、としか見えないw
今回は、人間と神魔の愛の末路、という主題があったんだろうけれど、ヨシュアとスーリィアではもう結論出ちゃってるからなあ。過去の悲恋とその残影を前にしても、共感はしても今更それを我が身に当てはめて苦悩することもなく、ブレることはありませんでしたし。相手のことを大切に思うが故に相手の意思を無視する事はままある事だし、それが決して悪い事とは言えないんだけれど、ヨシュアとスーリィアに関しては同意がなされているので、すれ違いにならない安心感はあります。

さて、今回の目玉は子供たちはメインのカップルよりもむしろ【沈黙の暴虐王】ことアフェク先輩(男)その人だったのではないでしょうか。もうキャラ立ちすぎというか、佐々原さん昔からこの手の暴虐だけれど理不尽じゃないキャラ上手いよなあ、と思うんですよね。無茶苦茶しているようで、頼れる感バッチリだし、暴言毒舌の嵐にも関わらず何気に愛嬌が感じられて、嫌な感じさっぱりしないし。逆に女性キャラじゃないのがイイのかもしれない。
スピンオフ作品かなんかで、女性主人公出して相方この人にしてくれんかなあ。

佐々原史緒作品感想
 
1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索