講談社ノベルス

悲鳴伝4   

悲鳴伝 (講談社ノベルス)

【悲鳴伝】 西尾維新 講談社ノベルス

Amazon

西尾維新史上、最長巨編――西尾維新がはなつ、新たなる英雄譚。地球の悲鳴が聞こえるか。

彼の名は空々空。
どこにでもいない十三歳の少年。
風変わりな少女、剣藤犬个が現れたとき、
日常かもしれなかった彼の何かは終わりを告げた。
ひどく壮大で、途轍もなく荒唐無稽で、
しかし意外とよく聞く物語は、
そんな終わりを合図に幕を開ける。
人類を救うため巨悪に立ち向かう英雄は、
果たして死ぬまで戦うことができるのか!?
うわぁ……また、なんつー悪趣味極まるものを書いたもんだなあ、と思わず感心してしまうほど、うん、悪趣味としか言いようの無い物語でした。近年、作者はわりと善性に寄り基づいた話ばかり書いてきていたので、このへんで一度ちゃぶ台ひっくり返したかったのかしら。
とは言え、この話は悪趣味ではあっても、人間の悪意とか醜悪さとか邪悪さを露悪的に見せつけて歪んだ悦を得るようなのとは、やっぱりちょっと違うんですよね。そういうダークさからは距離を置いているように見える。むしろ、酷さを滑稽に見せようとしている節すらある。戯言シリーズ、特に零崎編の悪徳やズレた倫理観も相当に滑稽な悪趣味さ加減でしたけれど、本作は正義のヒーローもののテンプレを微に入り細を穿つ形で善悪を鏡面反転させていくやり口といい、より悪趣味を洗練させたようにすら伺える。少なくとも、魔法少女リスカあたりから比べると、相当に洗練されている。
でも、一番肝心な部分では、愛と正義を貶めたりしないんですよね。どこがヒーローなんだ、英雄なんだ、と首を振りたくなるような主人公の在り方をして……悪の秘密結社が正義の味方を代行しているような醜悪な秩序の規律を前にして……それでも最後に浮かび上がってくるのは愛の讃歌なあたりに、西尾維新という作家の一貫性を見る事ができるのではないでしょうか。
情動が湧かず、感動することもなく、厳密な意味で感情すらないのではないかという主人公の空々空。彼には本当の意味で善悪などの概念も持たず、正邪の分別もなく、ただ周りに合わせて生きているだけの、空っぽの器だ。それも、底が抜けて何を注いでも満たされない空っぽの壊れた器である。そんな破綻した人間にも、愛はあったのだろうか。人が人を好きになる当たり前の想いが存在したのだろうか。ともすれば、彼に向けられた少女たちの愛情は、彼に何の影響も与えずに素通りしていってしまったようにも見える。でも、本当に彼の中には何も残らなかったのだろうか。そこに一抹でも愛の痕跡を探そうとする行為は無為の事なのだろうか。
感動を持たない人間に、愛は存在しないのだろうか。
そんなはずはない。殺人鬼にも、虚言使いにも、刀にも、完全体にも、裸エプロン先輩にも愛はあったのだ。ならば、心動かない英雄にもそれに相応しい愛の形があったはず。あったはずなのだ。
何より彼には、意志があり、恥を持ち、求める思いがある。ならば、それは心があるということだ。たとえ揺れ動かなくても、そこに心はあったのだ。心があれば、愛がある。演じた先に、真実はある。
彼は人類にとってのヒーローではなかったかもしれないけれど、一人の少女にとっては間違いなく英雄であり、ヒーローであり、位相が違ったとしても愛を交わした相棒だったのだろうと、そう思う。
だからこれは、大嘘でも戯言でもなんでもなく、紛うことなき英雄譚だ。一人の少女の悲鳴を止めた、小さなヒーローの物語なのだろうと、そう思う。

少女不十分4   

少女不十分 (講談社ノベルス)

【少女不十分】 西尾維新/碧風羽 講談社ノベルス

Amazon

悪いがこの本に粗筋なんてない。これは小説ではないからだ。だから起承転結やサプライズ、気の利いた落ちを求められても、きっとその期待には応えられない。
これは昔の話であり、過去の話であり、終わった話だ。記憶もあやふやな10年前の話であり、どんな未来にも繋がっていない。いずれにしても娯楽としてはお勧めできないわけだが、ただしそれでも、ひとつだけ言えることがある。
僕はこの本を書くのに、10年かかった。
「少女」と「僕」の不十分な無関係。

ほぉーー! ほぉーー! ほぉぉーー!
なるほど、これは新境地だなあ。
記憶にある限り、西尾維新という作家がこういう話を書いたという覚えはない。自伝的な小説、という意味じゃないですよ。偽悪的でも享楽的でも退廃的でもない、不真面目でもなく巫山戯てもおらず、楽しそうでもなくかといってつまらなそうでもなく、ひどくコツコツと、或いは訥々と、真剣に神妙に慎重に、勢いだけは変わらずに一気に綴り上げたような、言うなればエンターテインメントたるサービスを一切考えないように築き上げた作品だ。
「西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作」「この本を書くのに、10年かかった」というえらく派手とも言えるキャッチコピーは、読む前に受け取っていた西尾維新本人の執筆に関するものではなく、実は中の人の語り手の事だった、というまたやられた! という毎度おなじみ受け手を翻弄する作為タップリの宣伝文句だったわけだけれど、あながち詐言とも言えないのかもしれないと、読後に思うようになったのでした。
10年目の区切りだったからこそ、化物語シリーズやめだかボックスの原作など、作家として走り始めて今アブラの乗り切った状態で多くの進行中の作品を抱えている今だからこそ、外に弾けるように広がる話ではなく、真逆とも言っていい内へ内へと凝縮して圧縮して内圧で爆ぜてしまいそうな密度を得た小さな事件を手がけてみたかったんじゃないかと感じたんですよね。
あとがきでも、それらしきことに触れてますしね。振り返ってみれば、二期に入ってからの化物語シリーズも、あれもこれもと様々なスタイルを試し切りするかのような、餓狼じみた意欲を、貪欲さを感じていましたっけ。その迸りの一つの突端がこれなのかも。心なしか、猫物語の方向性に似たものも感じましたし。
まさにそれ新境地。であると同時に原点回帰とも語れてるんですよね、これ。その通り、この物語、ラストには「彼」という小説家が語り部としての魂を実装してしまう起因となる出来事が待っているのですが、果たしてこの原点回帰は「彼」だけのものなのか。
見つめ直してわかりやすい具体的な形の「原点」が「思想」が、「望んだ在り方」なんてものがあるほど、人間なんて具体的な生き物じゃないし、「彼」が、そして「中の人」も曖昧模糊の不定形で在らんとするのはしつこいほど作中でも語られているわけですから、これが回帰した原点という結論だ、なんてちゃんちゃらおかしい話ですけれど、でも内へ内へと潜った末に出てきた一つの確かな「物語」であるのは間違い無いと思うのですよ。
これが小説である以上、なにも内包していない「大嘘」であるはずがない。
ならば、ここで語られる作品のスタイルへのスタンスが、作者が自身の作風をかえりみて導きだした答えの一つという名の「物語」であるというのは、少なくとも「嘘」じゃないはずなのだ。だったら、これを読んで「ふーん」とほくそ笑んだりして見せて、わかった風にクビを上下に振ってみるのもまあ悪くないんじゃないですかしら?

ちなみに、名前の出てきた作品の元ネタ、結構読んでないっぽいのが多くてショック。というか、本になってないのもありますよね、これ。そもそも、実際に書かれているのかいないのかも知らないのがあるんだが。
そんでもって、ここで語られたとおりだとすると、忍野忍って阿良々木くんに直球で「そう」だったのか。「そう」であっても変化球かと思ってた。ありゃやこりゃこりゃニヤニヤじゃんよw

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係4   

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)

【零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係】 西尾維新/竹 講談社ノベルス

Amazon
 bk1

ふむ。
実のところ零崎人識と無桐伊織の二人については、異性関係に発展する要素があるのかと勘ぐっていたのだが、これを読む限りでは純粋な意味で兄妹である。少なくとも、人識の方からは。伊織はよくワカラナイ。この子は素直でイイ子であるわりに、その心底に迷彩が掛かっているという、ある意味実に女の子らしい娘なので、人識に懐き、親しみ、頼りにし、翻って自分が付いてなきゃなー、と考えているのはわかるのだけれど、それがどういう感情と人間関係に基づいたものなのか、はてさて。
これまで、自分の家族は双識の兄貴だけだと明言してきた人識。ある一時期、もしくはある一瞬、とある少女を家族のように思っているのだと吐露したことはあったけれど、概ねこれまで人識にとって家族と呼ぶべき人はたった一人だったわけだ。
そしてそれから、人識が家族について言及することはなかったわけだけれど、唯一の家族だった双識と死に別れた後も、人識はどうやら天涯孤独、にはならなかったようだ。
双識が死んだ当初は、人識も自分が天涯孤独になったと思っていたようだったけれど、新しく出来た妹を放っておけなかった時点で、具体的には一度置き去りにしながらついつい心配になって戻ってきてしまった時点で、もう彼の中では伊織の存在は逃れられない妹だったわけだ。
両手を失い、慣れない義手で日常生活にも四苦八苦する伊織の面倒を甲斐甲斐しく見る人識の、伊織の立場が危うくなったとき、ごくごく自然に彼女を庇おうとした人識の、その態度ときたら面倒見のよいお兄ちゃんそのものである。見習ったわけでもないだろうし、変にちょっかいを掛けず、追い回さず、あくまで伊織を立てて無闇矢鱈とおせっかいをやかない点では全然似ていないのだけれど、それでもその面倒見の良さは不思議と双識と重なって見える。
同時に、この風来坊で自由人で寂しがり屋の殺人鬼を、気にかけ追いかけ付き纏い、それでも閉じ込めず縛らず在るが儘に受け入れる、という意味では伊織もまた、作中で語られるとおりに、零崎双識の後継者なのだろう。
亡くなり果てても、彼の魂はしっかりと二人の弟妹に受け継がれているわけだ。

一方でこれは、今は亡き石凪萌太と闇口崩子のもう一組の兄妹の物語でもある。
生前、萌太は幼い頃から闇口の殺し名の宿命から妹を庇い続け、さらには父親の存在から妹を守るために新しい世界に彼女を連れ出し、崩子に帰るべき家と大切な人達との出会いをもたらした。
今や彼女を愛してくれている人がどれだけいるか、崩子を無断で連れ出した哀川さんに対して、恐ろしい数の恐ろしいメンツから恐ろしいまでのバッシングが発せられた挙句に人類最終が送り込まれてきた、という事実を見れば明らか、自明である。
そして彼は、自分が死んだ後ですらもなお、崩子のことを守り続けた。自分がいなくなったあとも、彼女がしっかりと生きて行けるように。
その無辺の愛情はどこからくるのだろう。お兄ちゃんとは、これほどまでに年下の弟妹を愛してあげるのが普遍的なんだろうかね、この物語の世界は。
理澄に対する出夢にしても、玖渚友に対する直くんにしても、どのお兄ちゃんも、過保護なくらい過保護じゃないか。
そういえば、原作やってる漫画の「めだかボックス」にしても同様の傾向が(笑

思えばコレ、戯言シリーズの世界観の時系列では、最終巻以降の時代を描いた唯一のアフター作品なんじゃないだろうか(他、なんかあったっけ?)
思いがけないハッピーエンドで終わった件のシリーズ、その後のお話でもみんな、それなり以上にしっかりと、前向きに、幸せ的な方向性で生きているのを確認できて、何ともホッとさせてもらった。
人識の身に起こっていることは気がかりだけれど、彼が独りでないのなら、それはきっとたいしたことではないのだろう。

にしても、哀川さんと真心ちゃんは、二人して行き着くとこまでイッちゃってるなあ。人類ってなに? と深刻に疑問を覚えてしまう存在だ。なんか、今更にして今にして、ようやくこの二人が同一で、同系列で、きょうだいで、おやこ、なんだと得心できた。似てるよ、うん。

匂宮出夢との関係  零崎双識との関係

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係4   

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)

【零崎人識の人間関係 零崎双識との関係】 西尾維新/竹 講談社ノベルス

Amazon
 bk1

戯言ワールドのキャラクターたちの多くが自己規定と言う檻に縛られて生きていた中で、肝心の零崎人識くんはどうだったのかというと、彼は逆に確固とした自己規定というモノが無い人間と言っていいかもしれない。つまり、彼は自己の中に拠り所となるものをモテなかったわけだ。
それが良しだったか悪しだったかは、何とも言えない。だが、ある一定の時期までは、彼はその在り方のまま、自分という存在に対して真の意味で自由となろうとしていた。
自分の存在以外に、拠り所となるものを持とうとしていたというべきか。
中学生の彼は、殺人鬼たる零崎人識である自分と一般人である汀目俊希を使い分けて生きていたわけだが、その状態は同じく殺し屋・匂宮出夢と探偵・匂宮理澄という兄妹の人格を使い分けていた出夢とは決定的に異なっている。
中学の頃の彼は、殺人鬼と一般人、本来両立し難い両方の自分が混在する事に戸惑いながらも、手探りでそんな自分を受け入れようとしていた。
その拠り所となっていたのが、曖昧で正体の判然としない人識をワカラナイままそのまま受け入れてくれる兄・双識の存在であり、この中学時代、人識の中で最も大きな存在としてリソースを傾けつつあった、匂宮出夢との人間関係だったわけだ。
ところが、匂宮出夢との関係は最悪の形で破綻してしまう。彼女は最悪の裏切りを以て、構築されつつあった人識のパーソナリティを完膚なきまでに粉砕してしまったのだ。一般人・汀目俊希としての彼は完全に滅却され、内にも外にも拠り所を失った不安定な零崎人識という殺人鬼みたいなモノだけが置き去りにされ、路傍に晒されてしまったわけだ。
この時期の人識がもっとも自由で全盛期であり、すなわち自暴自棄だった、と言われる所以である。
そしてこの巻は、糸の切れた凧のように自暴自棄に漂流する零崎人識が、唯一残された絆であり拠り所である兄・零崎双識との関係に基づいて、裏切同盟――呪い名6名による連合軍との死闘に勤しみ、肉体的にボロボロになりながら、逆にボロボロだった精神を立て直していく物語である。
同時に、失われた出夢との関係が、人識の中で大切なものだったと認め、受け入れるための物語であり、繋がりが絶たれてしまった今もなお大切なものであり続けるのだと理解する物語でもあったのだろう。

殺人鬼・零崎人識の、少年時代の終りである。


匂宮出夢との関係 無桐伊織との関係

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係4   

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)

【零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係】 西尾維新/竹 講談社ノベルス

Amazon
 bk1

実存を立証し続けなければならない人生というのは大変だなあ。
戯れ言シリーズの世界における登場人物たちというのは、多かれ少なかれ「〜でなければならない」と自らを縛って生きている人たちが多い。そうしなければ、存在し続けることが出来ないのだと信じ込んでいるかのように、だ。
悲劇なのは、その信仰があながち思い込みではない点にある。裏の社会に住まう者も、表の世界で生きる一般人であろうと、その深刻さはあまり変わりが無く、過酷な日常を生き抜く上で彼らの「自分は〜〜でなければならない」という規定は、埋没し脱落し希死念慮に陥りそうな自らを支える拠り所として機能していると言える。
だが、ある程度事実真実に基づいた信仰とは言え、「〜〜でなければならない」という自縄自縛は決して絶対のものではない。それを逸脱し、乗り越え、踏み越え、捨て去り、置き去りにして、自らを縛る戒めから解き放たれることは決して不可能ではないし、それが自身の破滅を意味しているわけでもない。
事実、興味深いことにこの世界のキャラクターたちの中で、順当な幸福を手に入れるのは、こうした自己規定を克服した人々というパターンが多いのだ。
主人公の一人である戯言遣い然り、死線の青然り、赤色の人もそうだろうし、この巻じゃないけれど、崩子ちゃんもその該当する一人になるのだろう。

そして、恐らく彼女もそれを為せる可能性を、本当に心の間近までたぐり寄せていたはずだったのだ。
――匂宮出夢。
敢えて彼女と呼ぼう。自らを男の人格だとうそぶいているが、妹と混ざりかけていた云々を抜きにしても、出夢のメンタリティというのは女性のものだと思う。
彼女は零崎人識との関係が深まるに連れて、これまで自分を成り立たせてきた自己規定が決して真理でも絶対の命題でもないのだと気づかざるを得ない状況へと追い込まれていく。
自分を成り立たせてきた柱を打ち砕かんとする衝撃を前に、彼女は呆然と立ちすくみながらも、その破壊を受け入れる勇気を、人識との交流の中で芽生えさせ、奮い立たせようとしていた。
あとは、未知へと踏み出し、これまで自分を守ってきた殻を脱ぎ捨てる、その一歩を待つだけだったのだ。あとは、自覚するだけだったのに。

彼女は、最悪と出会ってしまった。

そうして、未来の可能性は無造作に毟り取られてしまったわけだ。
運が悪かった? 彼とここでであってしまうのは運命だった? そんな言葉で片付けられてしまうには、割り切れなさ過ぎる。摘み取られた可能性があまりにまぶしすぎて、胸を掻き毟られるかのように切ない。
こうして出夢は、往くべきだった道を外れ、同じ道を行くはずだった人識はワケも分からず一人置いてけぼりにされ、結果空っぽになりながら人識もまた、道なき道へと転げ落ちていく。
ただただ、原因となった男が呪わしい。

あれは、確かに「最悪」だ。

零崎双識との関係 無桐伊織との関係

零崎曲識の人間人間  

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)

【零崎曲識の人間人間】 西尾維新/竹 講談社ノベルス


とりあえず、零崎舞織こと無桐伊織が久々に堪能できたので大満足ですw
初登場作品の人間試験以来じゃないかしら、こんなに伊織ちゃんが登場してくれたのは。と言っても、この本の一話だけなんですが。
なんだかんだと人識とはよろしく…ええ、よろしくやってた模様で。元の家族を失い、新たにできた兄を失い、両手まで失っての逃避行の日々。つい先日までただの女子高生だった伊織にゃヘヴィすぎる状況なのでもっと暗い雰囲気なのかと思いきや、ほんとによろしくやってた模様で。むしろ、一緒にいる人識くんの方が気にしてるくらいで。
なーんか、思ってた以上に人識は伊織のこと大切にしてるんだよなあ。本人は双識から託されたからだの、もっと突き放したクールな関係を気取ってますけど、やってること見たらめちゃくちゃ大切にしてるじゃないですか。もともと、実は世話好きだったりする子でしたけど、いーちゃん相手の時と比べても、身が入ってるというか親身になってるのがわかる。
自分では偽装のつもりで曲識に告げた「恋人」という関係。傍から見てるとそれ、偽装とも言えないですよ、これじゃあ。伊織の方は、まったくまんざらじゃないみたいですし。
曲識のセリフじゃないですけど、人識は変わったよなあ。最初に出た頃のなにしでかすかわからないヤバい雰囲気は鳴りを潜めて、抜き身だった刃が鞘に収まったような安定感を感じるようになりましたよ。見てて、危なっかしさみたいなのが消えた。
いーちゃんも本当にイイ方に変わりましたけど、この人識もイイ方に変化したもんだ。本人にはあんまり自覚ないみたいだけど。

それにしても、人識はまず置いておいて。零崎一賊って殺人鬼である以外はみんな意外と人間的、人格的に真っ当な人が多いですよね。ってか、双識にしても、軋識にしても、本編の主人公(?)たる曲識にしても、変態的なところはあるにしても、破綻度で言えばこの戯言使いシリーズに出てくる人間の中では本当に真人間に近い人ばかりのように見える。喜怒哀楽にも欠損なく、親しきヒトを慮り、優しさを忘れず、友情を大切にし、家族を守る。
ほんと、なんで殺人鬼なんだ? と思うくらいに。

さて、次回は本命、零崎人識の物語。戯言シリーズのもう一人の主人公格のお話ですし、なにより伊織にいじられ振り回される人識が存分に堪能できそうで、楽しみ楽しみ。
……いまさらバッドエンドみたいなのは無しですよ?

…って、人識の話ばっかりしてしまった。曲識主人公の本なのにw
 

12月2日

左高例
(カレヤマ文庫)
Kindle


芥見下々
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


近藤憲一
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


末永裕樹/馬上鷹将
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木小波
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


yatoyato
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三条陸/芝田優作
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天望良一
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


猗笠怜司
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


かっぴー/nifuni
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


かっぴー/nifuni
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山崎将
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


榊健滋
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三浦糀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ソウイチロウ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


飛田ニキイチ/ELDEN RING(株式会社フロム・ソフトウェア)
(ヒューコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松本渚/久部緑郎
(ヒューコミックス)
Amazon Kindle B☆W


成瀬乙彦
(ヒューコミックス)
Amazon Kindle B☆W


浅倉秋成/大沢形画
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


長岡太一
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


鹿島初
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

燦々SUN
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


すめらぎ ひよこ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


明治 サブ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


水鏡月 聖
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


花宮 拓夜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


海山 蒼介
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


ナナシまる
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


はむばね
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


鏑木 ハルカ
(角川スニーカー文庫)
Kindle B☆W


たすろう
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


空埜一樹
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


桟とび/依空まつり
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


槙島ギン/カンチェラーラ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鳴原/軽井広
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


七星郁斗/琴子
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


北国良人/楢山幕府
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴華/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


高瀬若弥/佐々木ラスト
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


渡辺つよし/北条新九郎
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三本コヨリ
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ぎんもく
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


桜霧琥珀
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


機織機
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


力水
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

アトハ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


月汰元
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


ながワサビ64
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

逢沢 大介
(エンターブレイン)
Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


はまじあき
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


肉丸
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


MOTO
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


バニライタチ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


芽々ノ圭/ほえ太郎
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


綾村切人/ナフセ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


水口鷹志
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


肉丸/ジョーさん。
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


さびしうろあき
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Schuld
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


熊乃げん骨
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


岸本和葉
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


白河勇人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


不手折家
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


たまごかけキャンディー
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


日之影ソラ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


森下りんご
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


ムラサキアマリ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鵜飼有志
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


黒鍵 繭
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


志瑞 祐
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


久追遥希
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


七沢 またり
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


北川 ニキタ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


yokuu
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


巴里の黒猫
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


埴輪星人
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


ネコクロ
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


レオナールD
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


とーわ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


東條チカ/カルロ・ゼン
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


坂野杏梨/逢沢大介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


いわさきまさかず/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


谷和也/鈴木小波
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


騎羽こうじ/瀬尾優梨
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


福井晴敏/大森倖三
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


雪仁/かがちさく
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


葦尾乱平/涼樹悠樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


舘津テト/白青虎猫
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しゅにち/友橋かめつ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろいはくと/大崎アイル
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


びび/五示正司
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七浦なりな/桜あげは
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ちさかあや/大志充
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


日之影ソラ/みつなり都
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


紺矢ユキオ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


後藤羽矢子/玖珂ツニヤ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


竹葉久美子
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Byte
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


仲谷鳰
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


月見だしお/Ceez
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ぷらぱ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


緋呂河とも/ながワサビ64
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


高村資本/OKARI
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


蛇野らい/槻影
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ハンバーガー
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手/日崖タケ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


渡航/佳月玲茅
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


初鹿野創/椎名くろ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


深見真/真じろう
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


平坂読/さきだ咲紀
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月24日

甲田 学人
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


冬馬倫
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


紅玉 いづき
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


久川 航璃
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

伊織ハル
(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


カワバタヨシヒロ/羊太郎
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


La-na/南野海風
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


春野友矢
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


木城ゆきと
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


石黒正数/講談社
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


石黒正数
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


皆川亮二
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


山口つばさ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


藤田和日郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


榎本あかまる
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


田素弘
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


三原和人
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


栗田 あぐり
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


鍵空とみやき
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W

11月21日

二上圭
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


ほのぼのる500
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


佐々木鏡石
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


弁当箱
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


龍流
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月18日

羊太郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


いつきみずほ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


阪田 咲話
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七野 りく
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


日の原 裕光
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


戸塚 陸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七野 りく
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


水沢 夢
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


持崎湯葉
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


昏式龍也
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


猿渡かざみ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


shiryu
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


Cuvie
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


千明太郎
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


眞邊明人/藤村緋二
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


カルロ・ゼン/フクダイクミ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


福地翼
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田中モトユキ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ねこぐち
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月17日

西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


山本崇一朗
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


久世蘭
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


木南ユカ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


裏那圭/晏童秀吉
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲葉みのり
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


二宮裕次
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


椎橋寛
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ/ぺんたごん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三都慎司
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


戸塚たくす/西出ケンゴロー
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


日向夏/倉田三ノ路
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


麻生羽呂/高田康太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


池澤真/津留崎優
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田尾典丈
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


福留しゅん/天城望
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


廣本シヲリ/しきみ彰
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

村枝賢一/石ノ森章太郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


古川五勢
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


小村あゆみ
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


伊藤京介
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


ひととせひるね
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


関口太郎
(講談社コミックス月刊マガジン
Amazon Kindle B☆W


加藤元浩
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


周藤蓮
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


逆井 卓馬
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


しきみ 彰
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


友麻 碧
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W


西尾 維新
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏原 エヰジ
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W


水辺チカ/友麻碧
(KCx)
Amazon Kindle B☆W


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


蕗野冬/ほのぼのる500
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


香守衿花/もちだもちこ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


東里桐子/ラチム
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


墨天業/久宝忠
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W 


螢子/あてきち
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


伊尾微
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


ジャジャ丸
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月11日

漆原玖/門司柿家
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


成家慎一郎/ナハァト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金井千咲貴
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


顎木あくみ/高坂りと
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


鉢谷くじら
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


万野みずき/野営地
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


山内泰延
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


長岡マキ子/カルパッチョ野山
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


竜騎士07/夏海ケイ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

天野こずえ
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


川原 礫
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐島 勤
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


二丸修一
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


白金 透
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


東崎惟子
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


ひたき
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鏡 遊
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


赤月ヤモリ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


榊 一郎/木尾寿久(Elephante Ltd.)
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


岩田洋季
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


午鳥志季
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


烏丸 紫明
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


巻村 螢
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


壁首領大公
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


神無月 紅
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


古宮九時
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


わんた
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


小鳩子鈴
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ニシキギ・カエデ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


ほのぼのる500
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Kindle B☆W


あfろ
(まんがタイムKR フォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W


うちのまいこ
(まんがタイムKR フォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W


まめ猫
(まんがタイムKR フォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W


秋月壱葉/望月麻衣
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


クール教信者
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


碓井ツカサ
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W


野田宏/ふくしま正保
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


野田宏/若松卓宏
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


千月さかき/姫乃タカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


斯波浅人/浅名ゆうな
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


otakumi/ベキオ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


天海雪乃/タンバ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


岡叶/夏目純白
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


由伊大輔/高橋びすい
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


吾嬬竜孝/西崎義展
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


吾嬬竜孝/西崎義展
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Crosis/松尾葉月
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

さばねこ/ちゃつふさ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


カタセミナミ/千月さかき
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


MIGCHIP
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


天原/masha
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


車王
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


荒木佑輔/メソポ・たみあ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


横田卓馬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


塀流通留/藤井ふじこ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


内々けやき/あし
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


福田直叶/むらさきゆきや
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


冬葉つがる
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


松琴エア/はにゅう
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


西田拓矢/海空りく
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


カジカ航/伏瀬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


真島ヒロ/上田敦夫
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


藤栄道彦
(バンチコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月8日

安部真弘
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


蛙田アメコ/冬野なべ
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月7日

雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


妃羅/山田リューセイ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


鳥羽徹/栗元健太郎
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


裕夢/ボブキャ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


こゆびた べる
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


えぞぎんぎつね/阿倍野ちゃこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


風来山/沖野真歩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


相崎壁際/四季ムツコ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


平成オワリ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


美袋和仁
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

雨堤 俊次
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W


山本 巧次
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W


ヒロサキ/冬馬倫
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


冨月一乃/雨宮れん
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W
 

Amazon Kindle B☆W


11月4日

尾田栄一郎
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


冨樫義博
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


矢吹健太朗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


加藤和恵
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


権平ひつじ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松井優征
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木祐斗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


辺天使/津田穂波
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊藤砂務
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ちると
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


横山左
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松本直也
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲岡和佐
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


静脈/依田瑞稀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊科田海
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/羽田豊隆
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ONE/村田雄介
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マポロ3号
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


篠原健太
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


近本大/新川権兵衛
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


三上康明/田中インサイダー
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


岡本倫
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


新井春巻
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ARATA/まきしま鈴木
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


せるげい/くまなの
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


渡 琉兎
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


葵すもも
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


綾村 実草
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


並木 陽
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索